簡単接続でBS・CS放送を視聴できるようになる「分波器」ですが、いざ購入しようとすると、見慣れないメーカー名やスペックなど、何を基準に選んでよいのかわからなくなってしまいます。

そんな悩みに応えるため、本記事ではおすすめの分波器をご紹介。さらにはチェックしておきたいポイントについても解説しています。分波器選びに迷ったら、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

分波器とは?

By: amazon.co.jp

分波器とはアンテナ線に入力された信号を「地上デジタル」と「BS・CS」それぞれに分けるためのアイテムです。

集合住宅などでは、1つのアンテナ線を通して地上デジタルとBS・CS放送の両方が送られることがよくあります。一方でテレビ側の入力端子は地上デジタルとBS・CSそれぞれ別々に設けられています。

アンテナ側は1つの出力端子、テレビ側は2つの入力端子なので、そのままでは接続できません。そのため必要になるのが分波器です。分波器は1つのアンテナ線から送られる信号を地上デジタルとBS・CSそれぞれの信号に分離して、別々の端子から出力します。

なお、分波器を使ってBS・CSを楽しむためには、アンテナがBS・CSを受信している必要があります。受信していない場合にはアンテナの変更が必要です。

分配器との違い

By: amazon.co.jp

分波器と似たモノに「分配器」があります。分配器は入力した信号を2つ以上に分ける働きをします。1箇所のアンテナ線に対し、複数のテレビを接続したい場合や、テレビとレコーダーそれぞれに信号を送りたい場合に利用します。

なお「分配器」を使ってBS・CS放送を視聴することも可能です。ただし、画質にこだわりたい方は分波器の使用をおすすめします。なぜなら分配器は1つの信号を複数に分けるため、それぞれの信号は小さくなるためです。入力信号が100だとすると、2箇所に分配した場合、信号の大きさは50と50になってしまいます。

信号があまりに小さくなってしまうと、映像の乱れに繋がるうえ、場合によってはうまく映らないこともあります。

BS・CSを高画質で楽しみたい方は「分波器」を、複数テレビやレコーダーを接続したい方は「分配器」を選択しましょう。名前・機能・見た目が似ているため、購入時には注意が必要です。

分波器の選び方

見たい映像に合った周波数対応製品をチェック

BSやCSを見たいなら2000~2600MHz対応タイプ

4K・8K対応ではないテレビでBS・CS放送を楽しみたい場合には2000~2600MHz対応タイプの分波器がおすすめです。4K・8K対応型よりも比較的価格が安く、出費を抑えられます。

手持ちのテレビが4K・8K対応型ではなく、しばらくはテレビを買い替える予定はない場合には、分波器としての役割は十分です。なお、4K・8K対応の分波器であれば、従来のBS・CSにも対応しています。

4K・8Kの映像に対応させたいなら3224MHzを基準に

4K・8Kテレビで高画質を楽しみたい場合には3224MHz対応の分波器を選びましょう。

最新の製品であれば基本的に4K・8K放送に対応していることがほとんど。またはパッケージに「4K・8K対応」と書かれているはずなので、それら製品を選べば間違いありません。

4K・8K対応の分波器でない場合、テレビ側が対応していても地デジ画質になってしまうので注意しましょう。

形状をチェック

分波器単体

By: amazon.co.jp

手持ちのケーブルを利用したい場合や、レイアウトを自由に配線したい場合は、分波器単体の製品がおすすめです。

分波器単体の製品は比較的安価なため、手持ちのケーブルを利用する場合、出費を抑えることが可能となります。また既存のケーブルが無駄になることもありません。

アンテナ線を新たに購入する場合、長いケーブルと短いケーブルの組み合わせや、極端に短いケーブルなど柔軟な配線が可能です。

なおケーブル購入時には、長さだけでなく、ノイズへの強さやコネクターの素材や形状についてもチェックしておきましょう。配線のしやすさを考える場合にはケーブルの太さも重要です。太いほど伝送効率は上がりますが配線は難しくなります。細いケーブルには曲げやすく目立たないというメリットがあります。

出入力ケーブル一体型

By: amazon.co.jp

とにかく簡単に分波器を利用したい方は「出入力ケーブル一体型」がおすすめです。必要なモノは揃っているので、購入後は壁のアンテナ線とテレビを接続するだけでセットアップが完了します。

また、出入力一体型の分波器にはケーブルの接触不良が起きにくいというメリットがあります。

機械の接続には不安な方や、できるだけ簡単に設置したい方には出入力一体型の分波器がおすすめです。

出力ケーブル一体型

By: amazon.co.jp

現状でアンテナの端子とテレビを接続して地上デジタル放送を視聴している方は、少なくとも1本はアンテナケーブルが使えます。そのケーブルを有効活用できるのが「出力ケーブル一体型」です。

メリットは、手持ちのケーブルを有効利用できるため無駄がないこと。出力ケーブル一体型の分波器は余計なモノを増やしたくない方におすすめのタイプです。

また、入力ケーブルがない分、出入力一体型と比較して価格も安くなる傾向にあります。価格を抑えたい方は、ぜひチェックしてみてください。

ダブル分波器

By: amazon.co.jp

1箇所のアンテナ線から複数のテレビやレコーダーに接続したい方、なおかつそれぞれで地上デジタル放送とBS・CS放送を楽しみたい場合、ダブル分波器がおすすめです。

ダブル分波器は、分波器と分配器の機能が一緒になった製品です。分波器と分波器機をそれぞれ買い揃える必要がないため、出費を抑えられます。また、機器の数や配線も減り、省スペース化につながるのもメリットです。

また、分配器と分波器を接続すると接点が増えるため、信号のロスも起きやすくなります。ダブル分波器を利用すれば配線による信号のロスを最小限に抑えることが可能です。

コネクターの形状をチェック

S型

By: amazon.co.jp

ケーブルとコネクターが一直線に繋がっているタイプが、S型(ストレート型)です。壁側の出力端子(アンテナ側)と入力端子(テレビ側)を直線的に接続できるため、配線が短くて済むのがメリットです。

一方で、S型のコネクターは配線次第でケーブルが目立つこともあります。そのためテレビなどで、配線が上手く隠せる場合におすすめの端子です。

L型

By: amazon.co.jp

アンテナケーブルを壁やテレビに沿うように配線したい場合には、L型のコネクターがおすすめです。

壁などに沿わせるため、配線自体は長くなってしまいますが、配線の方法によってはアンテナ線を隠せます。

なお分波器によって、アンテナ側はL型、テレビ側はS型など端子を組み合わせたパターンも存在しています。用途や配線のやり方にあわせて選ぶことが肝心です。

ネジ込み式タイプ(F型)

By: amazon.co.jp

しっかりと配線したい方におすすめなのが「ネジ込み式タイプ」です。ネジでしっかりと固定することによって接触不良を防ぎ、安定した信号を受信できます。

また、ネジ込み式の分波器は簡単には外れないため、小さな子供がいる家庭やペットのいる家庭にもおすすめです。

ネジ込み式のデメリットは接続するのに手間がかかること。テレビの裏に手をまわしにくいといった場合には、作業が大変になる可能性があります。

とはいえ、分波器は頻繁に抜き差しするものではありません。安定した接続を求める方にはネジ込み式タイプがおすすめです。

プッシュ式タイプ

By: amazon.co.jp

簡単に接続したい方におすすめなのがプッシュ式タイプです。アンテナ線のコネクターをジャックに差し込めばそれで接続が完了します。

プッシュ式タイプのデメリットとしてはケーブルが外れやすいことですが、テレビやレコーダーをめったに動かさないのであれば、あまり心配する必要はありません。接続の手軽さを求める場合にはプッシュ式タイプがおすすめです。

ノイズを抑えられる高シールドタイプがおすすめ

By: amazon.co.jp

画質や音質にこだわりたい場合にはノイズに強い高シールドタイプの分波器がおすすめです。

分波器に外部からの電波が干渉してしまうと、ノイズとなり画面や音を乱すことがあります。シールドとは、それら電波の干渉を防ぐための仕組みです。

分波器本体の場合、ノイズ対策として金属のボディで覆われていることが一般的です。アンテナケーブルでは導線を、アルミ箔などによって覆うことでシールドをします。

特に4K・8Kなどで迫力の映像を楽しみたい方や、ライブ映像など音もしっかりと楽しみたい方は、シールドによるノイズ対策についてもチェックしてみてください。

分波器のおすすめ

マスプロ電工(MASPRO) セパレーター(分波器) SRP2W

分波器単体のみのモデルです。アンテナケーブルを自分の好きな長さに調節ができるため、ケーブルを最短距離にして配線をすっきりさせることも可能。長いアンテナケーブルを用意すれば壁のアンテナ端子から遠く離れた場所にテレビを設置することもできます。

BS・CS出力側には電圧がかかると光るLEDのインジケーター付き。チューナーから電源供給をする場合など、通電が簡単に確認できます。配線にこだわりたい方におすすめの製品です。

ホーリック(HORIC) アンテナ混合/分波器 AEM-331

ノイズに強い単体型分配器です。亜鉛ダイキャストをアルミフードで包み込むメーカー独自の2重構造でノイズへの強度を高めています。

コンパクトなサイズなため、必要最小限のケーブルと組み合わせれば、テレビ裏の配線もすっきりします。配線周りが気になる方におすすめの製品です。

本製品の耐ノイズ性能を引き出すためには、シールドされたアンテナケーブルを選ぶようにしてみてください。

DXアンテナ(DX Antenna) 混合分波器 MBUMS

カスタマイズ性に優れる分波器。DXアンテナはアンテナ機器やケーブルテレビ関連機器の大手メーカーです。アンテナケーブルの長さやコネクターの形状は自分で選択できるため、長距離の配線やごく短距離の配線も可能。

本体にはネジ穴がついているため、壁などに取り付けられます。設置場所や配線にこだわりたい方に特におすすめの製品です。

プロ向け機材なので信頼性も高く、本体ボディはダイキャスト製でノイズや衝撃に強い点も魅力的。また、混合器としても利用可能です。地上デジタルの信号とBS・CSの信号を1つにまとめられます。

マスプロ電工(MASPRO) セパレーター(分波器) SR2WTL2

大手国内アンテナメーカーであるマスプロ電工の出入力一体型の分波器。ケーブル長は入力側が2m、出力側が20cmです。

本製品の特徴は、細めのケーブルが使われていること。曲げに強いため、柔軟な取り回しが可能です。3重シールド構造でノイズにも強い点のもメリット。

腐食に強く導電性に優れた金メッキ端子で、接触不良が発生しにくい出入力ケーブル一体型分波器です。長く使い続けたい方は、ぜひチェックしてみてください。

ホーリック(HORIC) アンテナ分波器 AE-330PB

スリムな形状の出入力一体型分波器です。ホーリックはデジタル関連のケーブルを多くラインナップしており、品質の高いメーカーとして知られています。

本製品は、ホーリックならではの独自技術が使われているのが特徴。実用新案登録済の「本体2重構造」は、亜鉛ダイキャストボディをアルミで包むことにより耐ノイズ性能を高めています。

アンテナケーブルはスリムでしなやかなS-2.5C-FB規格なので、狭いスペースにも配線しやすい点もおすすめ。端子は腐食に強い金メッキタイプです。

DXアンテナ(DX Antenna) 分波器 MBUM2WS

出入力ケーブル一体型の分波器です。入力側の端子はL型なので、配線は壁に沿わせたい方におすすめ。ケーブルの長さは入力側が2mで出力側が30cmと、テレビやレコーダーが近ければ十分な長さです。

ケーブルはノイズに強く取り回しが簡単な3重シールドの「低損失極細ケーブル」です。出力側の端子は、S型のネジ込み式タイプ。しっかりと接続することで耐ノイズ性能が高まります。入出力ともに金メッキプラグを採用しているため、劣化に強いのも特徴です。

Fファクトリー(F-Factory) アンテナ分波器 FF-4890BK

黒ボディと黒ケーブルでシャープな印象の出入力一体型の分波器です。入力側の端子はL型のため、壁沿いに配線できるので、テレビやレコーダーのコンセントとあわせて配線すればアンテナケーブルを目立たせずに設置できます。

金属ボディや3重のシールドによってノイズへの強度を高めている点も特徴。出力側の端子はネジ込み式タイプなので、しっかりと接続すれば、耐ノイズ性能を高められます。

出入力一体型の分波器としては比較的安価なのもポイント。簡単に接続できる分波器で、出費はなるべく抑えたい方に特におすすめです。

プラチナアンテナ(Platinum Antenna) 分波器 SP1

シンプルな機能が特徴の分波器です。細めのケーブルなので取り回しがしやすいのが特徴。また、プッシュ式のコネクターで、壁のアンテナ端子とテレビの入力端子に差し込むだけで接続可能です。出入力一体型なので本製品単体で全てが揃います。

ノイズに強い亜鉛ダイキャストボディや、劣化に強い金メッキプラグを採用しているのもおすすめポイント。ケーブルは入力側が1.5mで出力側が30cmと日本の住宅事情を考慮した長さになっています。とりあえず必要最低限の分波器を探している方にぴったりの製品です。

DXアンテナ(DX Antenna) ケーブル付分波器 MBUM3WS

出入力一体型の分波器です。プロの現場にも対応できるタフな作りと使いやすさが両立したモデルです。

入力側のケーブルは3m、出力側のケーブルは50cmと長めの設計。壁側のアンテナ端子から、遠い場所にテレビを設置したいといった場合にも容易に対応できます。

ノイズへの強度も高く、一定以上の遮蔽性能を保証するJEITAハイシールドマークを取得済。高い品質の出入力一体型分波器を探している方におすすめの製品です。

マスプロ電工(MASPRO) セパレーター(分波器) CSR7DW

ケーブルにノイズに強い4Cを採用した分波器。製造メーカーのマスプロ電工は、テレビアンテナ関連における国内最大手メーカーのひとつです。

ネジ込み式タイプなのでしっかりとした接続が可能。出力ケーブル一体型なので、既存のアンテナケーブルが無駄になりません。有名メーカーの分波器が欲しい方におすすめの製品です。

ホーリック(HORIC) アンテナ分波器 HATG03-SP126GDW

品質の高い分波器が欲しい方におすすめの製品です。端子部分だけでなく、本体部分にも24金メッキをほどこすことで、腐食や経年劣化への強度を高めています。またゴールドによる高級感もおすすめのポイントです。

金メッキの下はアルミと亜鉛ダイキャストによる2重構造。付属のケーブルは取り外しできるので、断線時にはケーブルだけを交換可能。分波器としては比較的高価ですが、信頼できる製品を長く使いたい方におすすめです。

タローズ(Taro’s) アンテナ分波器 TS-ABG01WH

出費をできるだけ抑えたい方におすすめの製品です。15cmの出力ケーブル付きなので、既存のアンテナケーブルと組み合わればBS・CS放送が視聴可能になります。

リーズナブルな価格帯ながら、外部からのノイズや内部からの電波漏洩を防ぐ金属ボディや、ノイズに強い4CFBケーブル、腐食に強い金メッキプラグを採用。コスパのよい製品を探している方におすすめです。

Fファクトリー(F-Factory) アンテナ分波器 FF-4877WH

低価格でコンパクトな分波器です。本体サイズは幅3cm×高さ3.7cmと配線の邪魔になりにくく、付属の出力ケーブルは20cmと必要最小限なのが特徴。配線のスペースが取りにくい方にもおすすめです。

低価格ながら、高い品質を確保しているのも魅力。コネクターには腐食に強く強度に優れたニッケルメッキが施されています。ケーブルは3重シールドでノイズに強い構造です。必要最小限の分波器を探している方は、ぜひチェックしてみてください。

二幸電気工業(NDK) 屋内用ケーブル付分波器 NSM-CK8

限られたスペースに設置したい方におすすめの分波器。本体幅は3cmなので、スペースが取りにくいテレビ裏などでも設置可能です。

小さいサイズながら、遮蔽構造にすぐれたダイキャストケースやシールドしたケーブルによって高いノイズ強度を持っている点も魅力。40cmの出力ケーブル付きのモデルなので、現在利用中のアンテナケーブルと組み合わせて簡単に接続が可能です。

ソリッドケーブル(SOLIDCABLE) アンテナ分波器 SEP-25F50

高品質な出力ケーブル一体型分波器。ソリッドケーブルは通信事業者や配線工事などプロの現場でも用いられる信頼性の高いメーカーです。

しっかりと接続可能なネジ込み式タイプのコネクターや、ノイズに強い3重シールド構造など、安定した接続のための基本性能がと抑えられた構造。

本製品は4K放送には対応していませんが、求めやすい価格帯を実現しています。当分テレビを買い替える予定はなく、分波器への出費は抑えたい方におすすめの製品です。

オーディオファン(Audio Fan) アンテナ分波器 AFDV2N

シンプルに使える出力ケーブル付き分波器です。既存のアンテナケーブルと組み合わせて、BS・CS放送が楽しめます。比較的安価なので、分波器への出費を抑えたい方におすすめのモデルです。

出力ケーブルは長めの50cmなので、余裕を持っての配線が可能。ネジ込み式タイプのコネクターなので、テレビ裏の掃除中や、テレビのレイアウト変更時に抜けてしまうこともありません。

日本アンテナ(NIPPON ANTENNA) ケーブル付分波器 SCUESL(20)

プッシュ式タイプの分波器・日本アンテナはアンテナ関連機器大手メーカーの1つです。

内バネ構造で抜けにくさも実現。ケーブルは細めの2Cなので取り回しも簡単です。また、通電確認ランプ付きなので、チューナーから電源供給する際には通電チェックが簡単に行えます。配線にこだわりたい方におすすめの分波器です。

エレコム(ELECOM) アンテナ分波器 DH-ATS48K05BK

パソコン周辺機器メーカーとして知られるエレコムの出力ケーブル一体型分波器です。

本製品の特徴はデザイン性の高さ。普段は目につくアイテムではありませんが、見えない部分の美しさにもこだわりたい方におすすめです。

柔軟性の高い細めのアンテナケーブルや小型のコネクターなど、配線のしやすさもポイント。またフッ素樹脂線材を利用し、3重にシールドするなど、高い耐ノイズ性能も見逃せません。コネクターには金メッキを施し、腐食への強さとデザイン性を両立させています。

ホーリック(HORIC) アンテナダブル分波器 HAT-WSP010

コスパのよい出力ケーブル付きダブル分波器。2台以上のテレビに接続したい方や、テレビとレコーダーそれぞれに接続したい方におすすめのモデルです。

ダブル分波器は構造上信号が減衰してしまうため、耐ノイズ性能が重要。本製品は金属ボディや金メッキのケーブルや、しっかりと接続できるネジ込み式タイプのコネクター、S-4C-FB規格同軸ケーブルなど、ノイズに強い構造をしています。

付属の出力用アンテナケーブルは取り外せるのも特徴。ケーブルが断線してしまった場合にはケーブルだけを交換できるため経済的です。また長めのケーブルを使えば、隣の部屋にテレビを設置するといった使い方もできます。

ソリッドケーブル(SOLIDCABLE) ダブル分波器 4144-WP

ソリッドケーブル製のダブル分波器です。テレビとレコーダーの組み合わせ、2台のテレビなど、複数機器でもすっきりと配線可能です。出力ケーブル付きなので、手持ちのアンテナケーブルを使えばすぐに接続できます。

本製品は4K・8K放送には非対応ですが、その分安いのが特徴。出費を抑えつつ、ダブル分波器を購入したい方におすすめのモデルです

分波器のAmazonランキングをチェック

分波器のAmazonの売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら。