工事の必要がなく、テレビと接続するだけで電波の受信が可能になる「室内アンテナ」。室内なので風雨にさらされることなく、メンテナンスが容易に行える点でも注目のアイテムです。最近では壁に貼り付けられるタイプのモノなど、さまざまなモデルが登場しています。

そこで今回は、室内アンテナのおすすめ製品をご紹介。メリットや選び方についても解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

室内アンテナとは?

By: rakuten.co.jp

テレビを見るときは、電波を受信するためのアンテナが必要です。一般的には屋上などの室外に設置されていますが、場合によっては設置されていなかったり、設置できなかったりすることもあります。

そんなとき、部屋の中に設置してテレビが見られるようにするアイテムが室内アンテナです。一昔前と比較して、最近では高性能なモノも登場し始めています。

室内アンテナを使うメリット

By: amazon.co.jp

室内アンテナは一般的なアンテナと異なり、工事を必要としないのが大きなメリットです。また、ワンセグだけでなく、フルセグが受信できる点にも注目。スマホでも高画質なテレビ番組が視聴できます。

一般的なアンテナと比較して安価なので、手に入りやすいのもポイント。さらに、外に設置しないため、景観を損ねたくない方にもおすすめです。

室内アンテナの選び方

自宅の電界強度に合ったモデルをチェック

室内アンテナ

By: amazon.co.jp

室内アンテナとはその名の通り、室内に設置することを目的として作られたアンテナのこと。自宅とテレビ塔との距離が近い「強電界」の地域に住んでいる方であれば、室内アンテナでも十分に電波を受信できます。

室内アンテナには、「卓上型」と「ペーパー型」の2種類があるのが特徴。卓上型アンテナは、テーブルの上や棚など、据え置き型としてさまざまな場所へ設置できるのが魅力です。コンパクトな製品が多く、設置してもそれほど邪魔になりません。

一方、ペーパーアンテナは、厚さが約0.5cmほどの非常に薄型のタイプを指します。両面テープなどを使って、窓や壁などへ貼り付けられるのが特徴です。部屋のインテリアなどに合わせて、好みのタイプのモノを選んでみてください。

平面アンテナ

By: rakuten.co.jp

自宅とテレビ塔との距離があまり近くない、「中電界」地域に住んでいる方におすすめなのが平面アンテナ。室内アンテナよりも受信感度に優れているため、室内・室外兼用で使えるモノもラインナップされています。

また、屋外へ設置することを考慮して作られているので、耐久性や耐候性に優れているのもポイント。なお、弱電界にお住まいの方は、平面アンテナでの電波受信が困難なケースもあります。そのような場合は、室外用の「八木式アンテナ」を検討してみてください。

受信感度をチェック

By: amazon.co.jp

受信感度をチェックしておくのも大切。「dB(デシベル)」という単位で表され、「動作利得」という項目で感度が確認できます。電波の強い地域に住んでいる方は5dBほど、あまり強くない地域に住んでいる方は5~10dB以上のモノがおすすめです。

また、ペーパーアンテナの場合は受信範囲もあわせて要チェック。一般的には90kmが目安とされているので、自宅からテレビ塔との距離を考えて選んでみてください。

ブースター内蔵かどうかをチェック

By: amazon.co.jp

ブースターとは、テレビの放送電波を増幅する機器のこと。テレビ塔から距離の遠い地域や、山間部や海の近くに住んでいる場合には、ブースター内蔵型のアンテナがおすすめです。

しかし、電波が増幅しすぎると、ノイズの原因になってしまう可能性もあるため注意が必要。キレイに映っているのであれば、ブースターを内蔵していないモデルでも問題ありません。

室内アンテナのおすすめモデル

DXアンテナ UHF室内アンテナ US120AW

ブースターを搭載している、強電界に適した室内アンテナです。本体サイズは、高さ205×幅85×奥行85mmと縦長タイプ。ACプラグにアダプターを挿入するだけで、地デジの電波をしっかりとキャッチできます。

さらに、13~52chのオールチャンネルに対応しているのもポイント。カラーはホワイトとブラックの2色をラインナップしています。

DXアンテナ UHF室内アンテナ US10KB

小型ながら、テレビ塔からの電波をしっかりとキャッチできる強電界用室内アンテナです。13~52chのオールチャンネルに対応。気になるドラマやバラエティ番組などを快適に楽しめます。

サイズは、高さ122×幅100×奥行100mmと非常にコンパクト。テーブルや棚の上など、さまざまな場所に設置できます。また、重量は130gと軽量で、電波の受信位置を気軽に調節できるのも魅力です。

「傾き調節クリップ」を搭載しており、0~90°の範囲で自由に角度調節できるのもポイント。使い勝手に優れたおすすめアイテムです。

日本アンテナ(NIPPON ANTENNA) ARBL1

スタイリッシュで部屋になじみやすい室内アンテナです。本製品はブースターを内蔵しているのが特徴。受信感度は11~17dBで、テレビ塔の電波をしっかりと受信します。

また、特定有害物質の使用制限に関する指令「RoHS」に対応しており、環境面に配慮されているのもポイント。機能性だけでなく、見た目にもこだわりたい方はチェックしてみてください。

N NEWKOIN 地デジアンテナ TX

卓上型の室内アンテナです。通常のテレビに接続する際は、別売りのセットトップボックスとつなぐだけで設定が完了。HDTVの場合は、テレビの端子へ直接挿すだけで設定できます。

本製品は、360°の角度で電波を受信できるのがポイント。テレビ塔から約120kmの範囲の受信に対応しています。また、ブースターを搭載しており、受信した電波をテレビへしっかりと送信できるのも魅力です。

マスプロ電工(MASPRO) 家庭用UHF卓上アンテナ UDF2A

強電界地域に適した室内アンテナです。高さ167×幅250×奥行90mmとコンパクトなのが特徴。テレビの横などに気軽に設置できます。

ブースターを内蔵しているのもポイント。受信感度は13〜20dbで、海の近くや山間部に住んでいる方でも、きれいな映像で番組を楽しめます。設置スペースをなるべく取りたくない方は、ぜひチェックしてみてください。

pendoo 室内アンテナ TG-001

120kmまでの距離に対応している室内アンテナです。同軸ケーブルは高品質なモノを採用しており、電磁干渉や無線周波数干渉を軽減した安定感のある映像を映せます。

薄型かつ軽量な設計で設置しやすいのもポイント。テレビの後ろなど、室内アンテナを隠して置くことも可能です。およそ3分以内で設定ができる手軽さも魅力。高品質かつ扱いやすい室内アンテナを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

SD ペーパー アンテナ KAMIPIKA-WH

軽量・薄型設計の室内アンテナです。カーテンのスキマや窓の内側など、好きなところに設置できるのが魅力。テーブルの上に置いたり、窓に貼り付けたりとさまざまな使い方ができます。

テレビ塔から80km以内であれば、しっかりと電波をキャッチ可能。また、フルHDの1080pに対応しているのもポイントです。屋外アンテナが壊れてしまったときの予備用としてもチェックしてみてください。

XFTREE 室内アンテナ 002

最大で100kmまでの距離をカバーしている室内アンテナです。テレビ塔から離れている地域に住んでいる方でも、電波をしっかりと受信できます。従来モデルよりも約60%の画質向上を実現しているのもポイントです。

また、信号受信制御装置を搭載。引っ越しなどで住居が変わっても、素早く適応可能です。本製品1台で、ニュースやスポーツ中継、娯楽番組などを幅広く楽しめます。

壁や窓に貼り付けたり、テーブルの上に置いたりと、設置方法が幅広いのも魅力。ケーブル長は5mと長く、室内のどこへでも据え置き可能です。さらに、テレビ塔から35マイル以内であれば「短距離」、35マイル以上であれば「長距離」にスイッチを切り替えて適した設定を行えます。

マスプロ電工(MASPRO) SKY WALLIE mini U2SWLC3B

室内と屋外の両方へ設置できる、強電界地域に適した平面アンテナです。設置場所は、壁面をはじめ、ベランダのフェンスなどさまざな場所に対応。付属の据え置きスタンドを使用すれば、室内にも設置可能です。また、取り付け金具の位置を変えれば、最大で180°まで可動範囲を変更できます。

本体サイズは高さ360×幅150×奥行99mmとコンパクト。さらに、防水キャップを備えており、いちいち端を切らなくてもよいのもポイントです。

ケースには、良耐候性に優れたASA樹脂を採用。耐衝撃性にも優れているため、長期間使用できるアイテムを探している方におすすめです。

東芝(TOSHIBA) 地上デジタル放送アンテナ DUA-400

室内と屋外の両方へ設置できる平面アンテナです。自宅の壁面やテーブルの上など、さまざまな場所へ設置可能。別売りのアンテナ取り付け金具を購入すれば、フェンスにも取り付けられます。

付属のネジやマスト取り付け金具には、ディスゴ処理を採用。腐食しにくく、長期間安心して使用できます。アンテナの受信感度は6.5~7.8dBと良好。強電界はもちろん、中電界に住んでいる方にも適しています。