家電のなかでも比較的高価な印象があるテレビ。初期費用を抑えてできるだけリーズナブルに買い替えたい方には「ハイセンス」のテレビがおすすめです。低価格ながら高性能でコスパのよい製品が揃っています。

そこで今回は、ハイセンステレビのおすすめモデルをご紹介。ぜひ本記事を参考に、自分にぴったりの1台を見つけてみてください。

ハイセンス(HISENSE)とは?

By: amazon.co.jp

ハイセンスとは、1969年に誕生した中国発の大手家電メーカー。テレビを中心に成長した企業で、長年培ったノウハウを活かし、リーズナブルながら高性能な製品を販売しています。

日本の家電メーカー「東芝」のテレビ部門を買収したことでも有名で、さらなる技術力を手に入れ世界的にも勢いのある企業です。4Kチューナーを内蔵したモデルや高画質エンジンを搭載したモデルなど、多機能なモデルも多く取り扱っています。

ハイセンスのテレビの特徴

By: rakuten.co.jp

ハイセンスのテレビは、低価格で購入できるのが最大の魅力。東芝の「レグザエンジン」を搭載したことで、低価格ながら高画質を楽しめるようになりました。

下位モデルから上位モデルまで幅広くラインナップされており、日本製の同等モデルと比べてリーズナブルな価格で購入しやすいのが特徴です。「低遅延ゲームモード」を搭載しているモデルもあり、ゲームモニターなどマルチに活躍します。

ハイセンスのテレビの選び方

サイズをチェック

By: hisense.co.jp

テレビを選ぶ際に重要なのがテレビの画面サイズ。画面サイズは適した視聴距離と部屋のサイズを重視して選ぶのがポイントです。

4Kテレビの最適な視聴距離は、画面の高さ×1.5とされています。4Kテレビは解像度が高く、大画面でも高画質で視聴が可能です。フルHDテレビの最適な視聴距離は、画面の高さ×3とされています。フルHDは大画面になるほど画質の粗さが目立ってしまうので、視聴距離はやや遠めです。

たとえば、52インチのテレビを設置する場合の視聴距離は、4Kテレビが約1mでフルHDテレビは約1.9mがベスト。設置する部屋が一人暮らしの6畳程度であれば24~32インチ、リビングなど12畳以上の広いスペースが確保できるのであれば、40~52インチ程度の大きさがおすすめです。

解像度をチェック

4K

By: rakuten.co.jp

4KはフルHDに比べて4倍の解像度を誇り、横3840×縦2160画素まで表示できます。4K画質はひとつひとつの画素面積が狭いため、大画面にしても画質が落ちにくいのが特徴です。

ハイセンスの4Kテレビは新4K衛星放送を視聴するのに必要な「4Kチューナー」を内蔵したモデルもラインナップ。ほかのメーカーよりもリーズナブルに購入しやすいのでおすすめです。

フルHD

By: rakuten.co.jp

フルHDは横1920×縦1080画素まで表示できます。4Kテレビに比べると画素数が低いため、大画面になるほど画像の粗さが目立ってしまうのがデメリット。32型など小さめの画面サイズであれば十分高画質で視聴可能です。

また、4Kテレビよりもリーズナブルかつ豊富なラインナップが揃っているのも魅力のひとつ。一人暮らしを始める方にもおすすめの解像度です。

YouTubeやNetflixなどのVODサービスに対応しているか

By: hisense.co.jp

大画面でネット動画を楽しみたい方は、VODサービスに対応しているかもチェックしましょう。VODとは、動画配信サービス全般を指します。無料でも楽しめるYouTubeをはじめ、定額で映画やドラマなどを視聴できるNetflixやU-NEXT、Amazon Prime Videoなど豊富。自分好みのコンテンツから幅広く選べます。

ハイセンスのテレビの多くはVODサービスに対応。コストを抑えながらテレビ放送とVODサービスの両方を楽しみたい方におすすめです。自分の利用したいVODサービスに合わせて選んでみてください。

ハイセンスのテレビおすすめモデル

ハイセンス(HISENSE) 24V型 フルハイビジョン液晶テレビ 24A30H

プライベートスペースによくなじむ、ハイセンスのフルハイビジョン液晶テレビです。地デジ・BS・CSの3波にWチューナーを搭載しているので、番組を観ながら裏番組の録画もできます。テレビコンテンツをじっくりと楽しみたい方におすすめです。

USB端子から市販の外付けハードディスクを接続できるため、録画データが容量いっぱいになってもハードディスクに移行して保管可能。容量を気にせずにたっぷり録画できるのがポイントです。

薄型で小型ながら、臨場感あふれるサウンドを体感できる「スーパーバス」を搭載。従来の薄型テレビでは難しかった低音域の再生を、クリアに再現できます。

ハイセンス(HISENSE) 32V型 フルハイビジョン液晶テレビ 32A40H

4Kで培った高画質処理技術を駆使した、ハイセンスのフルハイビジョン液晶テレビです。ネット動画に適した高画質処理機能も加わり、よりコンテンツに合ったクリアな映像を再現できます。

画質の調節はコンテンツに応じて自動で行うので、面倒な設定は必要ありません。また、部屋の照明や太陽光など、明るさで変わる視聴環境の変化にも柔軟に対応。さまざまな角度から画質を最適化し、映像美を再現できるのがポイントです。

ハイセンス(HISENSE) 32V型 フルハイビジョン液晶テレビ 32E40H

ネット動画の視聴に特化した映像エンジン「NEOエンジン2KSmart」を搭載しているハイセンスのフルハイビジョン液晶テレビです。VODサービスをより快適に楽しめるように、コンテンツに合わせて適切な画質補整やノイズ除去を自動で行います。

接続端子の数が豊富にあるのも魅力。HDMI端子とUSB端子をそれぞれ2ポート搭載しているほか、ネットワーク通信用のLAN端子や、オーディオ用の光デジタル端子なども搭載しています。家庭用ゲーム機やPCのモニターとして使いたい方にもおすすめです。

ハイセンス(HISENSE) 43V型 4K液晶テレビ 43E6G

さまざまなシーンに対応する多彩な映像モードを搭載したハイセンスの4K液晶テレビ。スポーツモードや映画モード、アニメモードなど、自分の観たいコンテンツに合わせて映像を最適化できる点が魅力です。

スマートスピーカーに対応しており、ハンズフリーでテレビの操作が可能。話しかけるだけで電源のON・OFFやチャンネルの変更などができます。料理中でテレビから離れているときや、就寝に合わせてテレビを消したいときにも便利な機能です。

画面静止機能により、テレビの放送中でも画面の一時停止ができます。放送自体は停止されないので音声は続けて流れるものの、情報番組や料理番組でメモを取っておきたい場面におすすめです。

ハイセンス(HISENSE) 43V型 4K液晶テレビ 43A6H

充実の機能性でさまざまなコンテンツを快適に楽しめる、ハイセンスの4K液晶テレビです。高画質映像エンジンである「NEOエンジンLite」を搭載。基本的な映像処理に加え、各シーンに特化した映像処理を行うため、高画質で表現力豊かな映像を再現します。

ゲームモードに設定すれば、テレビゲームを低遅延でプレイ可能。判定が厳しいFPSやアクションゲーム、格闘ゲームを楽しみたい方にもおすすめです。また、ALLMに対応しているので、入力機器の情報に連動して自動で低遅延・高画質のモード切り替えもできます。

VODプラットフォームの「VIDAA」を搭載しており、豊富なラインナップのVODサービスに対応。ホーム画面のカスタマイズも簡単で、観たいコンテンツにスムーズにアクセスできる点が魅力です。

ハイセンス(HISENSE) 50V型 4K液晶テレビ 50U7FG

細部まで映像を美しく表現する、ハイセンスの4K液晶テレビです。優れた質感表現や高精度のノイズ処理技術により、映像への没入感を高めます。パネルとバックライトの間には「バックライトブーストフィルム」を採用。高輝度で豊かな色彩を実現しています。

映像の画質が低くても、超解像処理によって解像度の引き上げが可能。輝度やコントラストを自動で最適化できるので、さまざまなコンテンツを高画質で楽しめるのが魅力です。

正面以外からでも画面が見やすい「ADSパネル」の採用に加え、ソフトウェア上でテレビの視野角を広げられる「ワイドビューアングル」機能も搭載。テレビを見る角度を問わず、高画質な映像を求める方におすすめです。

ハイセンス(HISENSE) 55V型 4K液晶テレビ 55U8FG

高性能のゲームモード「ゲームモードPlus」を搭載したハイセンスの4K液晶テレビ。低遅延でさまざまなジャンルのテレビゲームが楽しめるので、ゲームモニター兼用としてテレビの購入を考えている方にもおすすめです。

低解像度のテレビゲームでも、超解像処理によって自動で高画質化が可能。自然なコントラストで映像を映し出せるため、暗いシーンでも見やすいのがポイントです。また、フレーム補間技術により、低フレームレートのテレビゲームでも滑らかに表現できます。

左右のスピーカーに加えて、テレビの背面にはウーファーを内蔵。薄型テレビながら迫力感のある重低音サウンドを体感できます。パネルには斜め方向からも見やすい「ADSパネル」を採用。大人数での使用にも適しています。

ハイセンス(HISENSE) 55V型 4K液晶テレビ 55A6G

スタイリッシュなノンベゼルデザインを採用したハイセンスの4K液晶テレビ。映像だけがテレビ全体に映し出されるので迫力があり、さまざまなコンテンツを高い没入感で楽しめます。

高機能なゲームモードを搭載しているため、普段からよくテレビゲームをプレイする方にもおすすめです。低遅延でテレビゲームを楽しめるほか、PCゲームにも対応しているのがポイント。PCゲームの映像美はそのままに、大画面でプレイできます。

また、電子番組表の内容をもとに、サラウンドや低音強調などを自動で補整するモードを搭載。番組によって適した音質に切り替わるので、常に聞きやすくストレスフリーな環境でテレビを楽しめます。

ハイセンス(HISENSE) 65V型 4K液晶テレビ 65U9H

メリハリのある高コントラストな映像美を実現したハイセンスの4K液晶テレビです。小型のLEDバックライトを敷き詰めた「Mini LED」と、光の波長をナノサイズの半導体粒子で変換する「量子ドット」を採用。鮮やかな色彩から漆黒までを美しく再現しています。

映像エンジンには「NEOエンジンPro」を搭載。情報量の多い4K映像を高速で処理できるので、地上波や衛星放送、ネット動画やテレビゲームなど、さまざまなコンテンツを高画質で楽しみたい方におすすめです。

音質面では、迫力感のある立体的なサウンドが特徴の「ドルビーアトモス」に対応。前後左右に加え、高さ方向まで音の広がりを再現したバーチャルサラウンド技術により、映画館さながらの臨場感あふれる映像体験を味わえます。

ハイセンス(HISENSE) 65V型 4K液晶テレビ 65U7H

AI技術によりどのような映像も美しく再現する、ハイセンスの4K液晶テレビです。映像に合わせて色の濃度や輝度、超解像処理などを自動で補整。常に最適な映像処理が行われるので、コンテンツを問わずいつでも色彩豊かな映像が楽しめます。

多彩なAI技術のひとつとして、周囲の環境の明るさに反応する環境光センサーを採用。部屋の照明や太陽光など、時間によって細かく変化する明るさや色温度に合わせて、画質を自動で最適化できます。

専用のリモコンには、VODサービスを代表する9つの配信会社にアクセスできる、「VODダイレクトボタン」を搭載。ボタンを押すだけで素早くアクセスできるので、VODサービスをメインで楽しみたい方にもおすすめです。

ハイセンスのテレビの売れ筋ランキングをチェック

ハイセンスのテレビのランキングをチェックしたい方はこちら。