家電のなかでも比較的高価な印象があるテレビ。初期費用を抑えてできるだけリーズナブルに買い替えたい方には「ハイセンス」のテレビがおすすめです。低価格ながら高性能でコスパのよい製品が揃っています。

そこで今回は、ハイセンステレビのおすすめモデルをご紹介。ぜひ本記事を参考に、自分にぴったりの1台を見つけてみてください。

※商品PRを含む記事です。当メディアはAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部が弊社に還元されます。

ハイセンス(HISENSE)とは?

By: rakuten.co.jp

ハイセンスとは、1969年に誕生した中国発の大手家電メーカー。テレビを中心に成長した企業で、長年培ったノウハウを活かし、リーズナブルながら高性能な製品を展開しています。

日本の家電メーカー「東芝」のテレビ部門を買収したことでも有名で、さらなる技術力を手に入れ世界的にも勢いのある企業です。4Kチューナーを内蔵したモデルや高画質エンジンを搭載したモデルなど、多機能なモデルも多く取り扱っています。

ハイセンスのテレビの特徴

By: rakuten.co.jp

ハイセンスのテレビは、低価格で購入できるのが最大の魅力。東芝の「レグザエンジン」を搭載したことで、低価格ながら高画質を楽しめるようになりました。

下位モデルから上位モデルまで幅広くラインナップされており、日本製の同等モデルと比べてリーズナブルな価格で購入しやすいのが特徴です。「低遅延ゲームモード」を搭載しているモデルもあり、ゲームモニターなどマルチに活躍します。

ハイセンスのテレビの選び方

サイズをチェック

テレビを選ぶ際に重要なのがテレビの画面サイズ。画面サイズは適した視聴距離と部屋のサイズを重視して選ぶのがポイントです。

4Kテレビの適した視聴距離は、画面の高さ×1.5とされています。4Kテレビは解像度が高く、大画面でも高画質で視聴が可能です。フルHDテレビの視聴距離は、画面の高さ×3とされています。フルHDは大画面になるほど画質の粗さが目立ってしまうので、視聴距離はやや遠めです。

たとえば、52インチのテレビを設置する場合の視聴距離は、4Kテレビが約1mでフルHDテレビは約1.9mがベスト。設置する部屋が一人暮らしの6畳程度であれば24~32インチ、リビングなど12畳以上の広いスペースが確保できるのであれば、40~52インチ程度の大きさがおすすめです。

解像度をチェック

4K

4KはフルHDに比べて4倍の解像度を誇り、横3840×縦2160画素まで表示できます。4K画質は一つひとつの画素面積が狭いため、大画面にしても画質が落ちにくいのが特徴です。

ハイセンスの4Kテレビは新4K衛星放送を視聴するのに必要な「4Kチューナー」を内蔵したモデルもラインナップ。ほかのメーカーよりもリーズナブルに購入しやすいのでおすすめです。

フルHD

フルHDは横1920×縦1080画素まで表示できます。4Kテレビに比べると画素数が低いため、大画面になるほど画像の粗さが目立ってしまうのがデメリット。32型など小さめの画面サイズであれば十分高画質で視聴可能です。

また、4Kテレビよりもリーズナブルかつ豊富なラインナップが揃っているのも魅力のひとつ。一人暮らしを始める方にもおすすめの解像度です。

YouTubeやNetflixなどのVODサービスに対応しているか

大画面でネット動画を楽しみたい方は、VODサービスに対応しているかもチェックしましょう。VODとは、動画配信サービス全般を指します。無料でも楽しめるYouTubeをはじめ、定額で映画やドラマなどを視聴できるNetflixやU-NEXT、Amazon Prime Videoなど豊富。自分好みのコンテンツから幅広く選べます。

ハイセンスのテレビの多くはVODサービスに対応。コストを抑えながらテレビ放送とVODサービスの両方を楽しみたい方におすすめです。自分の利用したいVODサービスに合わせて選んでみてください。

ハイセンスのテレビおすすめモデル

ハイセンス(HISENSE) 24型 ハイビジョン液晶テレビ 24A30H

ハイセンス(HISENSE) 24型 ハイビジョン液晶テレビ 24A30H 2022
地デジ、BS・110°CS放送の3波にWチューナー搭載

寝室やキッチンなどにも適した24インチ液晶テレビです。本体重量も2.8kgと軽量。置き場所の移動も手軽にできます。また、VAパネルを搭載しており、高いコントラストを実現。黒の締まりがよく、ハッキリした映像を楽しめます。

地デジ、BS・110°CS放送の3波にWチューナーを備えているのもポイントです。さらに、音声面では、薄型テレビでも臨場感のある音を楽しめる「スーパーバス」を搭載。従来のテレビでは出なかった低音域の音声も再生可能で、パワフルな音を再現します。

本体価格が安く、セカンドテレビとしても購入しやすいハイセンスのテレビです。

ハイセンス(HISENSE) 32型 HD液晶テレビ 32A40H

ハイセンス(HISENSE) 32型 HD液晶テレビ 32A40H 2022
4Kで培った高画質処理技術を搭載し、キレイな映像を楽しめる

YouTubeなどのネットコンテンツ再生に対応した32型テレビです。Wi-Fi接続に対応しており、スマホやタブレットなどより大きい画面で好きな動画再生を楽しめるのが特徴です。

液晶パネルには、独自のADS方式を採用。斜めから見ても色あせにくいのがポイントです。キッチンでの料理中や、家事をしながらなど正面から見られないときでも、高画質のまま視聴できます。

また、4Kで培った高画質処理技術を搭載しているのもポイント。ノイズを低減しよりクリアな映像が楽しめる「クリアノイズ処理」、ネット動画の映像を適した映像処理で高画質に再現する「AIネット映像高画質処理」などにより、キレイな映像が楽しめます。

ハイセンス(HISENSE) フルHD液晶テレビ 40A40H

ハイセンス(HISENSE) フルHD液晶テレビ 40A40H 2022
コスパの高いテレビを探している方におすすめのモデル

フルHDの解像度を備えた40インチモデルの液晶テレビ。「A40H」シリーズのなかでも40型の本機は、高いコントラストが特徴のVAパネルを採用しています。真正面からハッキリした映像を楽しみたい方におすすめです。

直下型バックライトを搭載しているため、画面が均一に明るく、明暗部の色ムラが少ない映像も魅力。また、「オート画質」機能により部屋の明るさや視聴するコンテンツをテレビが判別し、自動的にぴったりな画質に調整します。

本体価格が比較的安いのも魅力。コスパの高いテレビを探している方に、おすすめの1台です。

ハイセンス(HISENSE) 4K液晶テレビ 43A6H

ハイセンス(HISENSE) 4K液晶テレビ 43A6H 2022

4K解像度に対応した43インチの液晶テレビです。高画質映像エンジン「NEOエンジンLite」を搭載。さまざまなコンテンツやシーンに特化した映像処理をおこなうことで、高画質を実現しているモデルです。

地上波や衛星放送の番組を、ノイズを抑えながら4K映像へアップコンバートする「4K復元」を採用。自然でなめらかな4K映像に引き上げ、高画質を楽しめます。さらに、残像感を低減する「スムースモーション」によりブレの少ない映像もポイントです。

コンシューマーゲーム機もPCゲームも快適にプレイできる「ゲームモード」を搭載。遅延が少ない低遅延モードに加え、4K映像の入力も可能なので、高精細な映像体験も可能です。コスパに優れた4Kテレビを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ハイセンス(HISENSE) 倍速高画質4K液晶テレビ 43U7H

ハイセンス(HISENSE) 倍速高画質4K液晶テレビ 43U7H 2022

倍速パネルを採用した4K液晶テレビ。フレーム補間機能のクリアモーションとの組み合わせで、スポーツやカーレースのような動きの速い映像も、残像感が少なくなめらかに楽しめます。

映像エンジンには、情報量が多い4K映像を高速処理できる「NEOエンジンPro」を搭載。4K放送はもちろん、地デジやBS、ネット動画やゲームも高画質で再現します。

AIによる映像処理も特徴。視聴しているコンテンツやシーン、部屋の明るさなどさまざまな状況に合わせてテレビが自動で適した画質にしてくれます。細かい調整をせずに、高画質が楽しめるモデルです。

立体音響規格「Dolby Atmos」に対応し、映画館のような臨場感ある音声が楽しめます。また、テレビ背面にはサブウーファーを備え、迫力の重低音も実現します。予算を抑えながらも高機能モデルを探している方におすすめのハイセンスのテレビです。

ハイセンス(HISENSE) 倍速高画質4K液晶テレビ 50U7H

ハイセンス(HISENSE) 倍速高画質4K液晶テレビ 50U7H 2022

コスパに優れた「U7H」シリーズの50インチモデル。残像感を抑える倍速機能や、AIによる自動高画質機能などを備えています。

4K120P入力のゲーム機でも約0.83msの低遅延を実現する「ゲームモードPro」に対応。映像のちらつきやかくつきを軽減する「VRR」などの機能も備えており、快適なゲームプレイができるテレビなのも特徴です。

YouTubeなどをすぐ起動できる「VODダイレクトボタン」や、スマホやタブレットの画面をワイヤレスで画面に映す「スクリーンシェア」など便利機能も搭載。さまざまな使い方で楽しめる1台です。

ハイセンス(HISENSE) 4K液晶テレビ 55U8K

ハイセンス(HISENSE) 4K液晶テレビ 55U8K 2023

Mini LEDバックライトや広色域量子ドットを搭載した4K液晶テレビ。高画質な55インチモデルのなかでも、本体価格が比較的安いのでコスパに優れたテレビを探している方におすすめです。

従来の液晶テレビより小型のLEDバックライトを多数敷き詰めた設計で、明るい上に明暗をハッキリ再現するのが特徴。加えて、量子ドットフィルムによるリアルな色彩表現も可能です。

ハイセンスの映像エンジン「HI-VIEWエンジン」を採用しているのもポイント。地デジやネット動画など、さまざまなコンテンツをAIが最適化します。テレビ本体の光センサーにより、「Dolby Vision IQ」映像規格にも対応可能です。

ハイセンス(HISENSE) 4K液晶テレビ 55E7H

ハイセンス(HISENSE) 4K液晶テレビ 55E7H 2022

グループ企業のTVS REGZAとの共同開発した「NEOエンジンPro」を搭載した55インチモデル。AIによる高画質処理により、地デジや4K放送、ネット動画なども高画質な映像で楽しめます。

また、最新のゲーム機にも対応した「ゲームモードPro」を採用しているのもポイント。快適にゲームプレイができます。さらに、斜めから見ても色あせにくい「ADSパネル」を搭載。複数人でテレビを視聴するときなど、真正面以外からでも高画質のまま楽しめます。充実した機能を採用している、おすすめのハイセンスのテレビです。

ハイセンス(HISENSE) Mini LED 4K液晶テレビ 65U9H

ハイセンス(HISENSE) Mini LED 4K液晶テレビ 65U9H

Mini LEDバックライトと量子ドットシートを採用した高画質モデル。細部までメリハリのある高コントラストと、リアルな色彩表現が可能な点が特徴です。

斜めから見ても色あせにくい「ADSパネル」を搭載。大人数での視聴や、キッチンやベランダなど正面以外からの視聴にも適しています。

また、7基のスピーカーによる迫力の立体サウンドもポイント。実用最大出力70Wのパワフルな音場は、高画質な映像とあいまって臨場感ある映像体験を実現します。

65インチの大型モデルながら、リーズナブルな価格も魅力。新技術を採用した高画質モデルを探している方はチェックしてみてください。

ハイセンス(HISENSE) 4K液晶テレビ 65UX

ハイセンス(HISENSE) 4K液晶テレビ 65UX 2023

ハイセンスのフラッグシップモデル・UXシリーズの65インチモデル。有機ELテレビに迫る高画質を追求したモデルです。「16ビットHI-VIEWエンジンX」を搭載しているのが特徴。人間が肉眼で見ているリアルな世界を、高性能AI技術によって再現します。

ハイセンス独自設計の「ダイナミックXディスプレイ」を搭載。反射を抑えて見やすい画面を実現する低反射性能や、「Mini LED X バックライト」による明るさなど、高画質映像のための機能が詰め込まれています。

また、最大出力82Wの迫力サウンドを実現するスピーカーシステムも魅力。メインスピーカーに加え、左右と上方向用のスピーカーとサブウーファーの合計10基を搭載。聞き取りやすく、迫力のある立体サウンドにより、映画館のような映像体験が味わえます。

画質・音質ともにこだわったモデルを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ハイセンスのテレビの売れ筋ランキングをチェック

ハイセンスのテレビのランキングをチェックしたい方はこちら。