家電のなかでも比較的高価な印象があるテレビ。初期費用を抑えてできるだけリーズナブルに買い替えたい方も多いはずです。そんな方には「ハイセンス」のテレビがおすすめ。ハイセンスのテレビは近年注目を集めており、低価格かつ高性能でコスパがよいと人気です。

そこで今回は、ハイセンステレビのおすすめモデルをご紹介。テレビは高価な買い物なので、ぜひじっくり選んで自分にピッタリの1台を見つけてみてください。

ハイセンス(HISENSE)とは?

By: hisense.co.jp

ハイセンスとは、1969年に誕生した中国発の大手家電メーカー。テレビを中心に大きくなった企業で、長年培ったノウハウを活かし、リーズナブルながら高性能な製品を販売しています。

近年日本の家電メーカー「東芝」のテレビ部門を買収したことでも有名で、さらなる技術力を手に入れ世界的にも勢いのある企業です。4Kチューナーを内蔵したモデルや高画質エンジンを搭載したモデルなど、多機能なモデルも多く取り扱っています。

ハイセンステレビの特徴

By: hisense.co.jp

ハイセンスのテレビは、低価格で購入できるのが最大の魅力。東芝の「レグザエンジン」を搭載したことで、低価格ながら高画質を楽しめるようになりました。また、ハイセンステレビは下位モデルから上位モデルまで幅広くラインナップ。どれも日本製の同等モデルと比べて非常にリーズナブルのため、コスパよく購入できるのも特徴です。

東芝の高画質技術技術「レグザエンジン」や「低遅延ゲームモード」といった技術を搭載しているモデルもあり、ゲームモニターなどマルチに活躍します。

ハイセンスのテレビの選び方

サイズをチェック

By: hisense.co.jp

テレビを選び際に重要なのが「テレビの画面サイズ」。画面サイズは「最適な視聴距離」と「部屋のサイズ」を重視して選ぶのがポイントです。

4Kテレビの最適な視聴距離は、「画面の高さ × 1.5倍」とされています。4Kテレビは解像度が高く、大画面でも高画質で視聴が可能です。フルHDテレビの最適な視聴距離は、「画面の高さ × 3倍」とされています。フルHDは大画面になるほど画質の粗さが目立ってしまうので、視聴距離はやや遠めです。

たとえば、52インチのテレビを設置する場合の視聴距離は、4Kテレビが約1mでフルHDテレビは約1.9mが最適。設置する部屋が一人暮らしの6畳程度であれば24~32インチ、リビングなど12畳以上の広いスペースが確保できるのであれば、40~52インチ程度の大きさがおすすめです。

解像度をチェック

4K

By: hisense.co.jp

4KはフルHDに比べて4倍の解像度を誇り、横3840×縦2160画素まで表示できます。4K画質はひとつひとつの画素面積が狭いため、大画面にしても画質が落ちにくいのが特徴です。

ハイセンスの4Kテレビは新4K衛星放送を視聴するのに必要な「4Kチューナー」を内蔵したモデルを販売。他メーカーよりもリーズナブルに購入できるのでおすすめです。

フルHD

By: hisense.co.jp

フルHDは横1920×縦1080画素まで表示できます。4Kテレビに比べると画素数が低いため、大画面になるほど画像の粗さが目立ってしまうのがデメリット。32型など小さめの画面サイズであれば十分高画質で視聴可能です。

また、4Kテレビよりもリーズナブルかつ豊富なラインナップが揃っているのも魅力のひとつ。一人暮らしを始める方にもおすすめの解像度です。

ハイセンスのテレビおすすめモデル

ハイセンス(HISENSE) 24A50

ハイセンス(HISENSE) 24A50

スペースが取れない一人暮らしや子供部屋にも最適な24型液晶テレビ。小型でどこに設置するにもスペースをとらず、圧迫感がないのが魅力です。発色豊かな映像を表現できる「直下型LEDバックライト」を採用。明暗部の色ムラを少なくし、コントラスト豊かな映像を楽しめます。

スピーカーには薄型スピーカー「スーパーバス」を搭載。薄型スピーカーで失われがちな低域のサウンドを「倍音再生」「低音域のデータ補完」により補い、はっきりとした低音を再現しています。外付けHDDにも対応しており、番組録画も可能。Wチューナーを搭載しているので、裏番組を録画して好きなときに楽しめます。

ハイセンス(HISENSE) 32H38E

ハイセンス(HISENSE) 32H38E

プライベート空間にピッタリの32型液晶テレビ。「直下型バックライト」の搭載により、明暗部による色ムラを少なくし、発色豊かで繊細な映像を再現。小型ながらハイコントラストな映像を楽しめます。スピーカーには薄型の「スーパーバス」を採用。低音が苦手な薄型スピーカーの低音域データを補完し、迫力のある低音を再現しています。

外付けHDDに対応しており、ハードディスクを交換すれば番組のまとめ撮りにも可能。初期費用を抑えつつ、お気に入りの番組を録画したい方にもおすすめのテレビです。

ハイセンス(HISENSE) 32N20

ハイセンス(HISENSE) 32N20

動画配信サービスの視聴に対応した32型の液晶テレビです。「直下型LEDバックライト」で色ムラが少ない発色豊かな映像を再現可能。また、IPSパネルにより斜めからでも鮮明な映像を視聴できる広視野角を実現しています。高性能かつリーズナブルなテレビを探している方にもおすすめのテレビです。

「YouTube」「アクトビラ」「TSUTAYA TV」「U-NEXT」「クランクイン!ビデオ」の5種類の動画配信サービスに対応。ワンプッシュでサービスにアクセスできるリモコンも付属しているため、快適にネット動画を視聴できます。

ハイセンス(HISENSE) 40H30E

ハイセンス(HISENSE) 40H30E

フルHDの高画質映像を楽しめる40型の液晶テレビです。明暗部分も色ムラなく照らせる「直下型LEDバックライト」を搭載。豊かな発色でハイコントラストの映像を視聴できます。また、「VAパネル」の採用により美しい黒色を再現。暗い映像でも深く豊かに描写します。

外付けHDDに対応しているため、市販のHDDを接続すれば気になる番組録画も可能。簡単で便利な「多機能リモコン」を付属しており、「10秒バック」や「30秒スキップ」で快適に録画番組を視聴できます。必要最低限の機能を備えながらリーズナブルに購入できるので、予算を抑えたい方にもおすすめのテレビです。

ハイセンス(HISENSE) 43E6800

ハイセンス(HISENSE) 43E6800

4Kチューナーを内蔵した多機能な43型の液晶テレビ。新4K衛星放送に対応した4Kチューナーを内蔵しており、4Kの高画質で放送番組を視聴できます。さらに、高性能映像エンジン「NEOエンジン」を搭載。高繊細な4K画質をさらに高め、観やすさにこだわった鮮やかな高画質映像を楽しめます。

ゲームをより快適に楽しめる「低遅延ゲームモード」を搭載。ボタンを押してから表示されるまでの遅延を低減しているため、FPSや格闘ゲームなどを好む方にもおすすめです。また、合計11個の動画配信サービスにも対応。家族でネット動画を楽しみたい方にもピッタリです。

ハイセンス(HISENSE) 50F68E

ハイセンス(HISENSE) 50F68E

ダイナミックな4K映像を楽しめる50型の液晶テレビです。フルHDの映像も4K相当の映像にアップコンバート。地上波など2K信号の映像をいつもより美しく表現します。さらに、赤・緑・青の3原色を色彩豊かに表現できる「4K RGB パネル」を採用。色ズレの少ない現実に近い色彩表現を実現し、4K解像度を最大限に表現します。

サウンドシステムに奥行きのある「DOLBY AUDIO」を搭載し、力強さとリアルなサウンドを実現。高画質な映像に合わせて、クリアなサウンドを体験したい方にもおすすめです。また、「HDR」の対応により現実に近い明るさを実現。暗めな映像を好む方にもピッタリのテレビです。

ハイセンス(HISENSE) 55U7E

ハイセンス(HISENSE) 55U7E

4Kチューナーを内蔵し多彩な機能を搭載した55型の液晶テレビです。新4K衛星放送に対応した「4Kチューナー」を内蔵。高画質な衛星放送を手軽に楽しめます。さらに、東芝のレグザとの共同開発により実現した「レグザエンジンNEO plus」を搭載。ノイズ処理と高画質処理により、4K放送をより美しく表現します。

ディスプレイにはなめらかな映像を実現する「120Hz 倍速駆動パネル」を採用。早い動きに対する残像を軽減するため、スポーツを高画質で楽しみたい方にもおすすめです。別売の「外付けHDD」を取り付ければ番組録画にも対応。裏番組の2番組録画が可能なので、複数番組のまとめ撮りをしたい方にもピッタリです。

ハイセンス(HISENSE) 55U7F

ハイセンス(HISENSE) 55U7F

高画質映像エンジン「NEOエンジン 2020」を搭載した、4Kチューナー内蔵の55型液晶テレビです。東芝との共同開発により生まれた高画質映像エンジンにより、4K解像度の映像をよりリアルに表現可能。高繊細で現実に近い映像を大画面で楽しみたい方におすすめのテレビです。

さらに、斜めからでも観やすい「ワイドビューアングル」を搭載。キッチンなど正面から視聴できない場合でも綺麗な映像を楽しめます。

本体には4Kチューナーの内蔵し、新4K衛星放送を手軽に視聴できるのも魅力のひとつ。別売の外付けHDDを使えば、気になる番組の録画も可能です。「低遅延ゲームモード」は素早い反応を必要とするFPSや格闘ゲームを好む方にもおすすめ。多機能かつリーズナブルなテレビを探している方にピッタリです。

ハイセンス(HISENSE) 58S6E

ハイセンス(HISENSE) 58S6E

4Kの高画質映像に加えて高音質サウンドシステムを搭載した、58型の大画面液晶テレビ。高画質映像を実現する高性能映像エンジン「NEOエンジン」により、4K画質をよりリアルに表現します。

スピーカーには音楽や映像を大迫力で楽しめる「Eilex PRISM」を採用。高精度で臨場感あふれる高音質を再現しているため、画質だけでなく音質にこだわりたい方にもおすすめです。

本体には4K衛星放送にも対応した「4Kチューナー」を内蔵。高繊細な4K放送を手軽に楽しめるのも魅力です。また、12個の動画配信サービスにも対応。6種のサービスに対応したリモコンを使用すれば、より快適にネット動画が楽しめます。

ハイセンス(HISENSE) 65U7E

ハイセンス(HISENSE) 65U7E

多彩な機能を搭載したハイスペックな65型の大画面液晶テレビです。東芝のレグザとの共同開発により生まれた高画質映像エンジン「レグザエンジンNEO plus」を搭載。4Kチューナーも内蔵しているため、4K放送を高繊細かつ手軽に視聴可能です。

合計11個の動画配信サービスにも対応。大画面でネット動画を楽しみたい方にもおすすめです。サウンドシステムには「DOLBY AUDIO」「Hi-Sound Pro」「Clear Sound」「BASS BOOST」の4種を採用。4Kの高画質映像に合わせて、臨場感のある高音質サウンドを楽しめます。

ハイセンス(HISENSE) 75U8F

ハイセンス(HISENSE) 75U8F

AIによる高画質と臨場感ある高音質を実現した、75型の大型液晶テレビです。東芝との共同開発により生まれた高画質映像エンジン「NEOエンジンplus 2020」を搭載。AIの採用でシーンごとの超解像処理を実現し、ノイズの少ないきめ細やかな高画質を楽しめます。

また、素早い映像もなめらかに表現する「倍速パネル」を採用。残像感の少ないクリアな映像を再現しており、スポーツ好きの方にもおすすめのモデルです。

精巧なコントラスト描写が可能な「ローカルディミング plus」により明暗部をはっきり映し出し、立体感・奥行きのある映像を実現。色鮮やかでリアルな色彩を楽しみたい方にもおすすめです。原音の持つディテールを再現するサウンドシステム「Eilex PRISM」による、クリアな高音質サウンドも魅力です。