家電のなかでも比較的高価な印象があるテレビ。初期費用を抑えてできるだけリーズナブルに買い替えたい方も多いはずです。そんな方には「ハイセンス」のテレビがおすすめ。低価格ながら高性能でコスパのよい製品が揃っています。

そこで今回は、ハイセンステレビのおすすめモデルをご紹介。ぜひ本記事を参考に、自分にぴったりの1台を見つけてみてください。

ハイセンス(HISENSE)とは?

By: hisense.co.jp

ハイセンスとは、1969年に誕生した中国発の大手家電メーカー。テレビを中心に大きくなった企業で、長年培ったノウハウを活かし、リーズナブルながら高性能な製品を販売しています。

日本の家電メーカー「東芝」のテレビ部門を買収したことでも有名で、さらなる技術力を手に入れ世界的にも勢いのある企業です。4Kチューナーを内蔵したモデルや高画質エンジンを搭載したモデルなど、多機能なモデルも多く取り扱っています。

ハイセンスのテレビの特徴

By: hisense.co.jp

ハイセンスのテレビは、低価格で購入できるのが最大の魅力。東芝の「レグザエンジン」を搭載したことで、低価格ながら高画質を楽しめるようになりました。

下位モデルから上位モデルまで幅広くラインナップされており、どれも日本製の同等モデルと比べて非常にリーズナブルな価格で購入できるのが特徴です。「低遅延ゲームモード」を搭載しているモデルもあり、ゲームモニターなどマルチに活躍します。

ハイセンスのテレビの選び方

サイズをチェック

By: hisense.co.jp

テレビを選び際に重要なのがテレビの画面サイズ。画面サイズは最適な視聴距離と部屋のサイズを重視して選ぶのがポイントです。

4Kテレビの最適な視聴距離は、画面の高さ×1.5倍とされています。4Kテレビは解像度が高く、大画面でも高画質で視聴が可能です。フルHDテレビの最適な視聴距離は、画面の高さ×3倍とされています。フルHDは大画面になるほど画質の粗さが目立ってしまうので、視聴距離はやや遠めです。

たとえば、52インチのテレビを設置する場合の視聴距離は、4Kテレビが約1mでフルHDテレビは約1.9mがベスト。設置する部屋が一人暮らしの6畳程度であれば24~32インチ、リビングなど12畳以上の広いスペースが確保できるのであれば、40~52インチ程度の大きさがおすすめです。

解像度をチェック

4K

By: hisense.co.jp

4KはフルHDに比べて4倍の解像度を誇り、横3840×縦2160画素まで表示できます。4K画質はひとつひとつの画素面積が狭いため、大画面にしても画質が落ちにくいのが特徴です。

ハイセンスの4Kテレビは新4K衛星放送を視聴するのに必要な「4Kチューナー」を内蔵したモデルもラインナップ。ほかのメーカーよりもリーズナブルに購入できるのでおすすめです。

フルHD

By: hisense.co.jp

フルHDは横1920×縦1080画素まで表示できます。4Kテレビに比べると画素数が低いため、大画面になるほど画像の粗さが目立ってしまうのがデメリット。32型など小さめの画面サイズであれば十分高画質で視聴可能です。

また、4Kテレビよりもリーズナブルかつ豊富なラインナップが揃っているのも魅力のひとつ。一人暮らしを始める方にもおすすめの解像度です。

ハイセンスのテレビおすすめモデル

ハイセンス(HISENSE) 65V型 4K液晶テレビ 65S6E

最先端の音響最速補正技術を採用した、65インチの4K液晶テレビです。「ドルビーオーディオ」の採用によって、広がりと奥行のあるクリアなサウンドを実現しています。

また、地デジ映像、BS/CS 4K放送映像の雑音を軽減する「NEOエンジン」を搭載。さらに、4Kチューナーが内蔵されているため、地デジやBS、110°CSなど新4K衛生の放送も受信できます。

画面は、「バックライトブーストフィルム」で遮光を防いで輝度をアップできるのもポイント。鮮やかな映像を、大型テレビで堪能したい方におすすめのモデルです。

ハイセンス(HISENSE) 58V型 4K液晶テレビ 58S6E

スマートスピーカーに対応した、58インチの4K液晶テレビです。GoogleアシスタントやAmazon Alexaなどが搭載されたスマートスピーカーを使えば、テレビをハンズフリーでコントロールできます。

さらに、クリアで繊細な映像を表現する「NEOエンジン」を搭載。地デジやBS/CS 4K放送映像のノイズを抑え、質感まで細やかに再現します。また、「バックライトブーストフィルム」によって遮光を抑え、画面の輝度をアップ。深みのあるコントラストで映像を楽しめます。

加えて、スピーカーには最先端の音響最適補正技術「Eilex PRISM」を採用。音楽や映画などを、臨場感あふれる高音質で再生できます。動画配信サービスにも対応しているので、音質にこだわりながらネット動画を楽しみたい方におすすめのモデルです。

ハイセンス(HISENSE) 50V型 フルハイビジョン液晶テレビ 50A6800

高性能の映像エンジンが搭載された、50インチのフルハイビジョンテレビです。レグザとの共同開発で生まれた「レグザエンジン NEO」によって、観やすさが重視された高画質を実現。4Kの高精細さを、より鮮やかに楽しめます。

また、映像の輝度情報をより忠実に再現する「HDR規格」に対応。HDR10やHLGなど、最新のHDR規格に対応しているため、リアルな明暗と豊かな色彩が体感できるのも魅力です。

さらに、新4K衛星放送にも対応しているほか、別売りの外付けHDDを合わせることで4K番組の裏番組録画も可能。地デジ・BS・110°CSもそれぞれに3チューナーが搭載されているので、裏番組の2番組同時録画もできます。

なお、遅延が少なくFPSや格闘ゲームに適した「低遅延ゲームモード」にも対応。テレビ番組はもちろん、映画やゲームなどを快適に楽しみたい方にもおすすめのモデルです。

ハイセンス(HISENSE) 43V型 4K液晶テレビ 43U7F

ノイズを減らして美しい映像が体感できる、43インチの4K液晶テレビです。映像をいくつかのエリアに分けて解析する「エリア別高精細復元」を採用。ディティールの細やかな部分がくっきりと映るだけでなく、平坦部にもノイズ処理が施されます。

また、テレビの視野角を広げる「ワイドビューアングル」を採用しているため、テレビを斜めから楽しめるのもポイント。表現できる色彩が幅広い「広色域」で、自然で鮮やかな映像が見られるのも魅力です。

充実した動画配信サービスや、FPSや格闘ゲームなどにぴったりな「低遅延ゲームモード」も搭載。別売りの部品を購入することで壁掛けにも対応しています。部屋をスマートに演出したい方はチェックしてみてください。

ハイセンス(HISENSE) 43V型 フルハイビジョン液晶テレビ 43F68E

明暗部の輝度を豊かに表現できる、43インチのフルハイビジョンテレビです。HDR10規格や新4K衛星放送に採用されているHLG規格に対応しており、ダイナミックな映像が体感できます。さらに、外付けのBS/CS 4Kチューナーを接続すれば、HDR放送も視聴可能です。

また、地デジ映像もフルハイビジョンの4倍のなめらかさに高解像度化。829万画素の4Kで、高精細な映像が楽しめるのも魅力です。画面は、均一に明るくなる「直下型バックライト」を採用。加えて、黒の再現幅に広がりを持たせる「VAパネル」で、映像全体を鮮やかに美しく再現します。

なお、高品位のサラウンドサウンド「ドルビーオーディオ」の搭載によって、パワフルで立体感のある音質を再現できるのもポイント。地デジ、BS・110°CSの「3波Wチューナー」で裏番組も録画できるなど、機能性にも優れたモデルです。

ハイセンス(HISENSE) 40V型 液晶テレビ 40H38E

鮮明で美しい映像を体感できる、40インチのフルハイビジョンテレビです。「直下型バックライト」により、豊かな発色を再現します。また、パネルには高いコントラストが魅力の「VAパネル」を採用。黒の再現幅が広がるため、より深みのある映像を楽しめます。

さらに、地デジ・BS・110°CSの3波に「Wチューナー」が搭載されているのも魅力。番組を視聴しながらでも、裏番組の録画が可能です。加えて、低音域に厚みを出す「スーパーバス」も搭載。低音域のデータを補うことで、リアルな音響を体感できます。

なお、市販のUSB HDDを接続すれば、録画データが不足しても、新しいHDDに交換して録画番組の保管と管理が可能。スマートにフルハイビジョンを楽しみたい方におすすめのモデルです。

ハイセンス(HISENSE) 32V型 SMART LED液晶テレビ 32N20

ビデオ・オン・デマンドサービスが搭載されている、32インチのハイビジョンテレビです。「YouTube」「アクトビラ」「TSUTAYA TV」「U-NEXT」「クランクイン!ビデオ」の5つの動画配信サービスに対応。ボタンを押すだけでサービスに直接アクセスできるリモコンも付属しています。

また、「直下型LEDバックライト」によって、色ムラを抑えた鮮やかな映像が再現されるのも特徴です。さらに、広視野角を実現した「IPSパネル」で、お気に入りの番組などを斜めからでも鮮明に楽しめます。

「スーパーバス」を搭載しているため、低音が臨場感たっぷりの音で聞こえるのも魅力。優れた性能を持ちつつ、リーズナブルなテレビを探している方におすすめのモデルです。

ハイセンス(HISENSE) 32V型 ハイビジョン液晶テレビ 32E50

設置場所を選ばないコンパクトな32インチのハイビジョンテレビです。1シーンごとに映像を補正する「質感再現処理」や、エリア別の映像解析で部分に合わせた画像処理をする「エリア別高精細復元」を搭載。また、適切な輝度調整で質感を豊かに再現する「テクスチャー復元」により、立体感のある映像が楽しめます。

さらに、斜めからでも美しい映像が体感できる「IPSパネル」を採用。映像モードは、「ダイナミックモード」「スタンダードモード」「映画モード」「ゲームモード」の4種類が搭載されており、視聴コンテンツに合わせて手軽にモードチェンジできます。

なお、外付けのHDDを接続すれば、番組の録画も可能。家族ごとにフォルダ分けできる「マイフォルダ」や、毎回予約する必要のない「簡単連続録画予約」など、録画機能も充実しています。ハイビジョンテレビをスタイリッシュに楽しみたい方におすすめのモデルです。

ハイセンス(HISENSE) 24V型 ハイビジョン液晶テレビ 24A50

直下型LEDバックライトを採用した、24インチの液晶テレビです。色ムラが少なく、発色豊かな映像を再現します。コンパクト設計なので、一人暮らしや子供部屋などにもすっきりと設置可能。視野角の広い「IPSパネル」によって、斜めからでも高画質な映像を楽しめるのも魅力です。

スピーカーには、低音の倍音再生やデータ補完に特化した「スーパーバス」を搭載。薄型テレビながら臨場感のある音を体感できます。外付けHDDにも対応しているほか、3波裏番組の録画も可能。省スペースで設置できるモデルを探している方は、ぜひチェックしてみてください。