4Kから8Kへと高画質化が進んでいる液晶テレビ。とはいえ、新型モデルに買い替えた場合でも、なんらかの原因でテレビ映りが悪いことがあります。原因が受信電波の弱さだった場合には「テレビブースター」を導入するのがおすすめです。

そこで今回は、テレビブースターのおすすめ製品をピックアップ。複数台のテレビとレコーダーに電波を分配している方や、山奥など電波の届きにくいところに住んでいる方はテレビの受信電波強化に繋がるので、ぜひ購入を検討してみてください。

テレビブースターとは?

By: amazon.co.jp

テレビブースターは、テレビの放送電波を増幅する機器で、主に電波の届きにくい山間部や海辺などで使われます。テレビブースターには屋内用や屋外用、地上デジタル放送用などさまざまなタイプがあるため、各々の状況によって適切なモノを選ぶことが大切です。

弱い電波を増幅することで、よりきれいな映像を楽しめるのがメリット。なお、テレビが全く映らないほど弱い電波の場合、アンテナの受信電波自体が弱すぎる恐れがあります。そうした場合は、屋内用のテレビブースターを使用しても改善しないので留意しておきましょう。

テレビブースターの種類

屋内用と屋外用

By: amazon.co.jp

一般的なテレビブースターは、コンパクトで設置も簡単な屋内用が主流。受信電波の弱さが原因の場合におすすめです。屋外用と比較して電波の増幅効果は低減するといわれていますが、ちょっとした増幅なら室内用でも問題なく使えます。また、取り付けが簡単なのも魅力です。

屋外用は、屋内用と比較して電波の増幅効果が高いのが特徴。映像がほとんど映らなかったり、映りが悪すぎるといった場合におすすめです。なお、屋外用のテレビブースターは基本的に業者に設置してもらう必要があるので留意しておきましょう。

地上デジタル用とBS/CS用

By: amazon.co.jp

テレビブースターは地上デジタル放送(現在はUHF電波帯のみ使用)の電波信号を増幅できるタイプが基本。加えて、BS/CS放送電波の増幅に対応するタイプもラインナップされています。BS/CSに対応したモデルは価格が高い傾向にあるため、地デジしか見ない方や、予算をなるべく抑えたい場合は地デジのみのモデルがおすすめです。

なお、なかには4Kや8Kに対応しているモノもラインナップ。使用しているテレビの環境にあわせて選んでみてください。

テレビブースターの選び方

ノイズを抑えたいなら「雑音指数(NF)」の低いものがおすすめ

By: amazon.co.jp

雑音指数は、アンテナから入ってきたテレビ電波の信号がテレビブースターを通過する際に受けるノイズの強さを示します。雑音指数の数値が低くなるほど信号に含まれるノイズの割合が減り、よりクリアな映像が見られるのが特徴です。高画質でテレビを楽しみたい場合は、できるだけ雑音指数が低いモノを選んでみてください。

電波受信状況が悪いなら「利得(ゲイン)」の大きいモノがおすすめ

By: amazon.co.jp

利得(ゲイン)とは、テレビブースターが増幅できる電波信号の大きさを示す数値のこと。dBという単位で増幅する信号の大きさを示し、数値が大きくなるほど電波をより強く補強できます。

利得が大きくなるほど高い増幅効果が見込めるので、テレビの入力値が低いなどの理由で電波状況を改善したい場合はできるだけ利得の数値が大きいテレビブースターを選びましょう。ただし、後述する定格出力との兼ね合いもあるため、使用環境に応じて複数のゲイン値が選択できるモノがおすすめです。

定格出力をチェック

By: amazon.co.jp

定格出力とは、安定した映像信号を出力できる電波の許容範囲のこと。信号がが定格出力の範囲内に収まっていれば、テレビできれいな映像が楽しめます。

ただし、信号が定格出力よりわずかでも大きいと、途端にノイズが増えて映像が乱れたり、音声が途切れたりするので注意が必要。また、定格出力を大幅に超えるとテレビブースターが故障するリスクもあるため、できるだけ定格出力の幅が大きいモノを選んでみてください。

入力レベル範囲を調節できると便利

By: rakuten.co.jp

テレビの入力レベルは小さすぎても大きすぎても支障をきたすのが難点。小さいと安定して電波を受信できないのでテレビが見られません。また、テレビブースターで電波信号を増幅しても定格出力を上回ると映像や音声が乱れるので、安定したテレビ視聴には定格出力に合わせた入力レベルの調節が必要です。

必要に応じて入力レベルを調節できる「ゲインコントロール」や「入力ATT」などの機能がテレビブースターに搭載されていると便利。モデルによって調節できる入力レベルの範囲は異なりますが、大抵の環境に対応できる0〜20前後の調節が可能なモノを選ぶのがおすすめです。

テレビブースターのおすすめ|屋内用

マスプロ電工 BS・CSラインブースター BCB24LW

コンパクトながらさまざまな種類のテレビ放送に対応できる屋内用テレビブースターです。4K・8K放送の伝送周波数帯域をカバーしており、BSや110°CSの信号を増幅が可能。また、地デジやCATVの信号も通過できます。

雑音指数は10dB以下、利得は24dB、定格出力は95dB以下。衛星アンテナからのケーブルが長い場合や、分配数が多い場合などにBS・CS信号の減衰を補うのにおすすめです。

BS・CS受信時は最大5台までのテレビ分配に対応。背面のスイッチで電流通過モードに切り替えれば、テレビから確保した電源をアンテナへも供給が可能です。

マスプロ電工 4K・8K放送対応テレビ・レコーダーブースター UBCTRW30-P

置き場所に困らない薄型デザインの屋内用テレビブースターです。高さ13.7×幅8.9×厚さ3.1cmと薄くコンパクトなのが特徴。邪魔になりにくいので、テレビやレコーダーの脇などにも手軽に設置できます。

CATVには非対応ですが、地デジ・BS・110°CSの信号増幅が可能。雑音指数は6dB以下、利得は30dB、定格出力は95dB以下に対応しているため、地デジや衛星放送の画質がいまいち優れない場合におすすめです。4K・8K放送の伝送周波数帯域もカバーしています。

テレビやレコーダーからの直接給電を受けられるのでアダプター不要で使用可能。USB端子からの給電にも対応しており、付属のUSBケーブルを使えばパソコンでテレビを見る場合にも活用できます。

DXアンテナ 卓上用UHFブースター TU30S(B)

さまざまな設置スタイルで使用できる屋内用テレビブースターです。地デジ放送に対応するUHF信号に対して電波の補強が可能。テレビの信号が弱い場合や、複数台のテレビに信号を分配する場合でも高画質な地デジ放送が楽しめます。

利得は32dBで、定格出力は95dB以下に対応。本体背面の利得調節ボリュームを回せば、-10〜0の範囲で利得値を微調整できるので細かな設定がしやすいのがポイントです。また、雑音指数が3db以下のため、ノイズを抑えた高画質なテレビ放送が視聴可能です。

本体底面にはスタンド機能を備えておりテーブルへの設置も簡単。さらに、背面のスライドカバーを上に押し上げればネジの取り付け穴が現れるので、壁掛けにも対応できます。

DXアンテナ 卓上用4K・8K放送対応CS・BS・ UHFブースター TCU30S(B)

優れたコスパで人気のある高性能な屋内用テレビブースターです。UHF・110°CS・BSに加えて、新4K・8K衛星放送にも対応しているのが特徴。さまざまな種類のテレビ放送に対応しながら価格がリーズナブルなので、コスパ重視の方におすすめです。

110°CS・BSで使用する場合の利得値は27dBで、定格出力は97dB以下。背面の利得調節ボリュームを使えば、-10〜0の範囲で微調整が可能なのもポイントです。また、雑音指数も6dB以下と優れています。

DXアンテナ 4K・8K対応CS/BS-IF・UHFデュアルブースター GCU433D1S

1台で地デジ放送も4K・8K衛星放送も高画質で視聴できる高性能な屋内・屋外両用テレビブースターです。UHF・BS・110°CSの信号増幅に加えて、4K・8K放送の伝送周波数帯域もカバーできるのが特徴。チャンネル数が増加した場合にも対応できます。

UHF受信時の利得は43dBで、入力レベル調整機能によって28dBと35dBにも対応が可能。BS・CS受信時の利得もスイッチ切り換えによって28dBと35dBの2種類が選択できます。定格出力もUHFは105dB以下、BS・CSは103dB以下と高出力なのも魅力です。

雑音指数はUHF受信時で1.5dB以下、BS・CS受信時で7dB以下。また、ケーブル断線やショートなどの異常が発生した場合に素早く気付けるLEDランプを電源部に搭載しています。

日本アンテナ UHF卓上型ブースター VRB33MU

テレビとレコーダーに同時接続して使いたい方におすすめの屋内用テレビブースターです。屋内用としては珍しく、出力端子を2個備えているのが特徴。出力スイッチを切り換えることで出力を2分配できるので、複数台の機器で同時に使用できます。

雑音指数は3dB以下、利得は25〜33dB、定格出力は95dB以下に対応しています。信号の増幅はしませんが、110°CSやBSにも接続が可能です。

電通スイッチをONにすれば、出力端子に接続したテレビやレコーダーからもアンテナへの給電が可能なのもポイント。また、付属のスタンドを底面に取り付けることで、設置環境に合わせて縦置きと横置きの両方から選べます。

日本アンテナ 地デジ・BS・110°CS対応卓上型ブースター VB-33CU

UHF・BS・110°CSに対応するスタイリッシュな屋内用テレビブースターです。シルバーを基調としており、コンパクトなのが特徴。同梱のスタンドを使えば縦置きにも対応できるので、テレビの横や後ろの小さな隙間にも手軽に設置できます。

地デジとBS・110°CSの両方で信号の増幅が可能。地デジ接続時は利得25〜33dB、定格出力93dBに対応し、BS・CS接続時は利得20〜25dB、定格出力95dBに対応しています。また、利得値の微調整が可能なツマミを備えているのもポイントです。

ユープラス(YOU+) 4K8K対応BS/CSラインブースター TAM-CS26

手のひらサイズながら4K・8Kにも対応する屋内用テレビブースターです。幅8.2×奥行き2.6×厚さ2cm、重さ75gとコンパクトかつ軽量なのが特徴。設置したい場所のスペースが狭い場合でも難なく取り付けられます。

利得は18〜25dB、定格出力は90dBで、BS放送と110°CS放送の信号増幅に対応。BSやCSの画質を改善したい場合におすすめです。また、テレビなどからアンテナへの通電も可能なので、電源アダプター不要でスマートに使用できます。

ホーリック(HORIC) 室内・地デジ専用アンテナブースター HAT-ABS024

地デジ放送で、特定チャンネルの受信感度を改善する場合に役立つ屋内用テレビブースターです。複数台のテレビや、レコーダーに分配することで減衰したUHF信号を増幅できるのが特徴。地デジ放送で画面にブロックノイズが発生する場合や、特定のチャンネルが受信できないといった症状を改善できます。

テレビと接続するためのアンテナケーブルが別途必要になりますが、既設したアンテナ配線の間に設置するだけで簡単に導入が可能。電源は、付属のACアダプターを使ってコンセントから供給します。手頃な価格で購入できるので、テレビブースターによる電波改善効果を手軽に試してみたい方にもおすすめです。

テレビブースターのおすすめ|屋外用

DXアンテナ UHFブースター 20dB形 U20L3C

地デジ放送の画質を改善できる小型の屋外用テレビブースターです。通常のブースターと組み合わせることで地デジ信号に対する感度をより向上できるのが特徴。メインブースター単体では電波の改善効果が弱く、テレビが見られない場合に重宝します。

利得は20dBで、定格出力は90dB以下。雑音指数は1db以下と低いので、メインブースターと併用しても画質の劣化を抑えられます。電源にはテレビやメインブースターからの給電を利用するためコンパクトに使用できるのも魅力です。

入力レベルの調節は不要で、UHFアンテナやメインブースターに取り付けるだけで簡単に導入が可能。また、付属の防水キャップを装着すれば手軽に防水処理が施せるので、屋外に安心して設置できます。

DXアンテナ 4K・8K対応CS/BS-IF・UHFデュアルブースター CU43AS

さまざまな受信環境で使えるテレビブースターです。入力レベルの調節スイッチを搭載しているのが特徴。地デジ受信時は28dB・33dB・43dBの3段階、BS・110°CS受信時は18dB・25dBの2段階で利得を調節できるため、電波の強い環境でも弱い環境でも活用できます。

定格出力がUHF受信時で105dB、BS・CS受信時は103dBと高出力なのもポイント。また、本体には接続状態を知らせるLEDランプを備えており、断線やショートなど接続ケーブルに異常が発生した場合でも一目で判別できます。

幅9×厚さ4.7×高さ8.4cmと手のひらに収まるコンパクトさも特徴。垂直マストに加えて、水平マストにも取り付けが可能で、設置の自由度が高いのも魅力です。

DXアンテナ ブースター内蔵UHF平面アンテナ UAH261B

UHF信号を増幅できるテレビブースター一体型の地デジ放送用アンテナです。利得26〜34dB、定格出力90dBのブースターをアンテナ内に備えているので、別途ブースターの用意や取り付けが不要。本製品を住宅の外壁面に設置するだけで地デジ放送が視聴できます。

本体は重量約1.7kg、厚さ4.9cmとテレビ用アンテナとしては軽量コンパクトなのも特徴。設置の際も本体を取り付け金具に装着してボルトを締めるだけのため、不安定な高所でも比較的簡単に取り付けられます。

取り付け時の厚さが壁面からわずか11.3cmと省スペース設計なのもポイント。さらに、最高50m/sまでの風速に対応できるので、豪雨や強風に遭っても安心して使えます。

テレビブースターのおすすめ|屋内・屋外両用

マスプロ電工 UHFラインブースター UB18L-P

低雑音で高画質な地デジ放送が楽しめる屋内・屋外両用テレビブースターです。1dB以下の雑音指数を実現。信号品質の劣化をしっかりと抑えられ、地デジ放送の受信環境が不安定な場合に効果を発揮します。

重さ約30g、口径1.5×長さ5cmと軽量コンパクトなのも特徴。F型コネクターを採用しているので、マスプロのUHFアンテナ「スカイウォーリー」にも直接接続できます。

付属の防水キャップで増幅部を収納すれば屋外でも風雨の心配なく使用が可能。さらに、増幅部と電源部を直接接続すれば室内用のラインブースターとしても使えます。利得は16〜20dBで、価格が安いのも魅力です。

マスプロ電工 UHFブースター UB45SS

優れたコスパで人気のある屋内・屋外両用テレビブースターです。地デジ放送の画質を改善したい場合に重宝します。また、価格もリーズナブルなので、コスパ重視の方にもおすすめです。

3段階で利得を切り換えられるのも特徴。利得切換スイッチで35dBと45dBが選択できるほか、入力ATTで利得を抑えれば25dBにも調節が可能です。電波の弱い地域はもちろん、電波が比較的強い地域で利得を微調整したい場合にも使用できます。

雑音指数は1.5dB以下と低いのもポイント。さらに、電源部には異常を検知するとランプで通知する機能を備えているため、トラブルが生じた際にも素早く対応できます。

マスプロ電工 4K・8K放送対応BS・CSブースター BCBW35SS(A)

BS・110°CS衛星放送の画質を改善できる屋内・屋外両用テレビブースターです。BSとCSの信号を増幅できるのが特徴。本製品は増幅部単体のため使用には別売の電源供給器BPS6Wが必要になりますが、4K・8K放送の伝送にも対応しています。

BS・CS受信時の利得は32〜38dBで、定格出力は104dB以下。-10〜0dBの範囲で利得を調節できる機能も備えています。また、雑音指数も6dB以下とBS・CS用としては低雑音なのも魅力です。

加えて、垂直マストはもちろん、水平マストにも取り付けが可能。屋外に設置する際の自由度も良好です。

マスプロ電工 4K・8K放送対応UHF・BS・CSブースター UBCBW45SS

地デジと衛星放送の両方を高画質で視聴できる高性能な屋内・屋外両用テレビブースターです。UHFのほか、BSや110°CSの信号も増幅できるのが特徴。さらに、4K・8K放送の伝送周波数帯域もカバーしているので、高画質にこだわりのある方にもおすすめです。

UHF受信時の利得は35dBと45dBで、定格出力は105dB以下。-10〜0の範囲で利得の調節もでき、利得を3段階で切り換えられるため、さまざまな電波環境の場所で使えます。

BS・110°CS受信時の利得は35dBで、定格出力は104dB以下。調節スイッチを使って-10dBと-8dBチルトに設定すれば、入力レベルを3段階で調節もできます。

マスプロ電工 4K・8K放送対応CATV・BS・CSブースター 10BCBW30U-B

4K・8K放送を楽しみたいCATVユーザーにおすすめの屋内・屋外両用テレビブースターです。CATV下りの定格出力が98dB、利得が30dBと高出力・高利得。BS・CSでも定格出力103dB、利得38dBと高いため、テレビの分配数が多い住宅にも対応できます。

CATVの上り方向にも増幅回路を内蔵しているのも特徴。定格出力110dB、利得20dBと上り側も高出力・高利得なので、CATV回線でインターネットや電話などの通信サービスも余裕を持って利用できます。

取り外し可能な電源部を備えているのもポイント。屋内設置でAC100V電源が取れる場合は内蔵電源で駆動し、屋外設置でAC100V電源が取れない場合は電源部を取り外してDC15Vで駆動するなど環境に応じた使い分けが可能です。

DXアンテナ UHFデュアルブースター U43A

低予算で地デジ放送の画質を改善できる屋内・屋外両用テレビブースターです。UHF信号の増幅に対応しており、利得を3段階で調節できるスイッチを備えているのが特徴。定格出力は105dB以下で、利得が範囲内に収まるように28dB・33dB・43dBの3種類から選べます。

従来品に比べて増幅部のサイズが20%小型化しているのも特徴。電源部にはケーブルの接続状態を知らせるLEDランプが搭載されているので、断線やショートなどの異常が発生した場合にも一目で判別できます。

垂直マストと水平マストの両方に取り付けが可能なため屋外での設置場所を選ばないのもポイント。本体背面には出力モニター端子を備えており、簡単に出力レベルを測定できるので、入力レベルの調節もスムーズに行えます。

テレビブースターのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

テレビブースターのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら。