テレビの映りが悪くなったときに役立つ「テレビブースター」。テレビの映像にノイズが入る、音声が途切れやすい場面に効果的なアイテムです。しかし、ブースターの性能には専門的な用語が多く、どれを選べばよいか迷う方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめのテレビブースターをご紹介。マンションで使えるモノから4K・8K対応のモノまで幅広くピックアップしているので、参考にしてみてください。

※商品PRを含む記事です。当メディアはAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部が弊社に還元されます。

テレビブースターの効果とは?

By: rakuten.co.jp

テレビブースターとは、アンテナが受信するテレビ電波を増幅するための機器です。アンテナで受信した信号は、テレビへ届くまでにさまざまな要因によって減衰します。そのため、テレビの映りが悪くなったり、受信環境が悪化したりといった現象が起こります。

ブースターを使用することで、テレビの映りや受信環境の改善が可能。高層ビルに囲まれている地域や電波塔から離れている地域などでは、アンテナで受信できる電波が弱い傾向があるため、ブースターの設置が効果的です。

また、複数台のテレビへ電波を分配していたり、アンテナからテレビまでの距離が離れていたりする環境も、受信する電波が弱まる要因のひとつ。ブースターを使用して電波を増幅することで、安定した視聴環境への改善が期待できます。

テレビブースターの選び方

電波の受信状況に合った屋内用か屋外用かチェック

By: rakuten.co.jp

テレビブースターには、主に「屋内用」と「屋外用」の2種類があります。屋内用はテレビとテレビ端子の間に設置するのが一般的。屋外用は機器が分離されており、アンテナ直下に増幅部、テレビのそばに電源部と2つに分けて設置します。

屋内用は、アンテナが受信する電波がそこまで弱くないという場合におすすめです。テレビの台数を増やして電波が弱くなったときや、テレビを移動してケーブルの長さを延長したときなどの使用に適しています。

また、マンションやアパートなどの集合住宅に住んでいて、アンテナにブースターを取り付けられない場合にも屋内用を選びましょう。

屋外用は、山間部の地域や高層ビルなどに囲まれている場所に住んでいて、アンテナが受信する電波レベルが低い場合に適しています。

ノイズを抑えたいなら「雑音指数(NF)」の低いモノを

By: amazon.co.jp

雑音指数とは、受信した電波がノイズの影響をどれくらい受けるかを表した数値です。低いモノほどノイズの影響を受けにくく、受信した電波の質を落とさずにテレビまで届けられるため、映像を快適に視聴できます。

ブースターを使用すると、電波レベルを上げるだけでなく、電波に混ざるノイズも増幅します。そのため、ノイズを抑えたい場合は、できるだけ雑音指数の低いモノを選ぶのがおすすめです。目安としては、地デジ用は3dB以下、BC・CS用は6dB以下のモノを選びましょう。

ただし、雑音指数はアンテナから送られてきた電波のノイズを低減できる数値ではないのが注意点。元の品質のまま電波を増幅できるかどうかを示している数値なので、間違えないようにしましょう。

電波受信状況が悪いなら「利得(ゲイン)」の大きいモノを

By: rakuten.co.jp

「利得(ゲイン)」とは、ブースターが増幅できる電波信号の大きさを示している数値です。大きさの単位は「dB」で表され、数値が大きいモノほど強い電波を増幅できます。アンテナが40dBの電波を受信できる状態なら、利得が30dBのブースターを使うと総量70dBの電波をブースターから住宅全体に送ることが可能です。

なお、安定する電波レベルは使用するテレビの機種などによって異なります。必ず使用しているテレビの基準を確認するようにしましょう。

電波塔からの距離が遠い地域や電波を遮蔽する建物がある地域など、電波の受信状況が悪い地域の方には、利得の数値が大きいブースターがおすすめです。

定格出力をチェック

By: amazon.co.jp

「定格出力」とは、ブースターの最大出力レベルを表す数値のことです。「dBμV」という単位で表記され、数値が大きいモノほど高性能。ブースターを選ぶ際は、できるだけ定格出力の大きいモノを選ぶのがおすすめです。

ただし、安定した視聴環境へ改善するためには、出力される電波を定格出力の範囲内に収める必要があります。出力される電波とは、ブースターの利得と、アンテナが受信する電波を足したdB数です。定格出力の範囲を超えると、映像の乱れやノイズが発生する可能性があります。

入力レベル範囲を調節できると便利

By: amazon.co.jp

テレビブースターのなかには、電波の増幅量や入力レベルの範囲を調節できるモノが存在します。テレビの映像は、電波レベルが低い場合だけでなく、高すぎる場合にも乱れる可能性があります。そのため、電波レベルが高すぎるときに、入力レベルの範囲を調節できると便利です。

「利得調整機能」は、定格出力に合わせて利得を調節できる機能。スイッチで2〜3段階に切り替えできるモノや、ダイヤルを回して微調整できるモノなどがあります。調節できる範囲は機種によって異なりますが、多くの機種は10〜20dB程度の調節が可能です。

「入力アッテネーター機能」は、アンテナからブースターに入力される電波レベルを下げる機能です。ブースターに対して入力レベルが高すぎるときに使用して、ブースターのトラブルを防止できます。

BS・CS・4K・8Kに対応しているかチェック

By: amazon.co.jp

BS・CS・4K・8Kといった電波を増幅したい場合には、対応しているテレビブースターが必要です。増幅できる電波は機種によって異なるので、改善したい放送に対応しているモノを選びましょう。

地デジの電波のみを増幅したい場合は「UFH対応」と記載のあるモノで対応可能。地デジとBS・CSの両方を増幅する場合には、「UHF+BS/CS対応」を選ぶ必要があります。

4K・8K放送の受信環境も改善したい場合は、4K・8K対応なのかも要チェック。ひと通りの電波に対応しているモノなら、将来的に4K・8K放送を視聴したくなったときにブースターを設置し直す手間が省けるのでおすすめです。

テレビブースターのおすすめメーカー

マスプロ電工

By: amazon.co.jp

マスプロ電工は、テレビ用アンテナを中心としたテレビ受信機器や、衛生放送・放送中継機器・セキュリティー機器などを取り扱う電気機器メーカーです。

テレビブースターは、屋内用から屋外用まで幅広くラインナップ。利得を段階的に調節できる高機能なモデルを多数展開しています。幅広い電波環境の地域で使えるモノが多いので、どの性能を選べばよいか迷っている方におすすめです。

日本アンテナ

By: nichian.net

日本アンテナは、アンテナ本体をはじめとするテレビ受信用機器や、固定局用アンテナ・車載用アンテナといった通信用機器を取り扱う電気機器メーカー。電波法よりも厳しい基準で製品開発するなど、品質へこだわっているのが特徴です。

アンテナブースターは、卓上型のモデルや電源部の着脱が可能なモデルなど、さまざまなモデルを多数ラインナップ。高品質なモノを探している方におすすめのメーカーです。

DXアンテナ

By: dga.jp

DXアンテナは、テレビアンテナやCATV関連機器などの受信・通信関連機器のほか、セキュリティカメラや防犯システムなど幅広く取り扱う電気機器メーカーです。

テレビブースターは、複数放送に対応したモデルを多数ラインナップしているのが特徴。高性能なモノから比較的安価なモノまで展開しているので、さまざまな種類から選びたい方におすすめのメーカーです。

テレビブースターのおすすめ|屋内用

マスプロ電工 UHF・BS・CS テレビ・レコーダー ブースター UBCTRW30-P

マスプロ電工 UHF・BS・CS テレビ・レコーダー ブースター UBCTRW30-P 2018

地デジ・BS・CS・4K・8K放送の増幅に対応しているテレビブースターです。出力端子を2つ搭載しており、テレビとレコーダーなど2つの機器への分配が可能。レコーダーへの分配によって、テレビの映りが悪くなった場合などにおすすめです。

利得調整機能を備えており、ダイヤルを回して利得の微調整が可能。地デジは25〜32dB、BS・CSは20〜30dBの範囲で変更できます。また、地デジとBS・CSの入力を、混合入力または別入力へ切り替えできるスイッチも備えているのも便利です。

通常のBS・CS放送に加え、「スカパー!プレミアムサービス」にも対応しているのもポイント。スカパーを契約している方にもおすすめです。

マスプロ電工 UHF テレビ・レコーダー ブースター UTRW30BC-P

マスプロ電工 UHF テレビ・レコーダー ブースター UTRW30BC-P 2019

地デジのみの増幅が可能な屋内用テレビブースターです。1台でテレビとレコーダーへ2分配出力できるのが特徴。レコーダーへの分配によって、地デジ放送の映像が途切れたり、ノイズが入ったりといった現象が起こる場合の使用におすすめです。

25〜32dBの利得に対応しており、定格出力レベルは95dBμV。雑音指数も3dB以下と比較的小さいので、ノイズの少ない視聴環境が期待できます。また、利得調整ダイヤルを備えており、ダイヤル操作によって連続で利得を調節できるのも便利です。

日本アンテナ UHF卓上型ブースターNAVBC22UE-BP

日本アンテナ UHF卓上型ブースターNAVBC22UE-BP

17~22dBの利得に対応している屋内用のテレビブースターです。雑音指数が4dB以下と小さいため、ノイズの少ない視聴環境が構築できます。加えて、定格出力レベルが95dBμVと、十分な性能が備わっているのもポイントです。

内部が金属ケースで覆われているシールド構造が採用されているのも特徴。電波の漏洩や飛び込み防止にも対応しています。

本体サイズは、幅89.5×奥行50×高さ33mm。重量も軽いため、簡単に移動や再設置などが可能です。また、縦置きと横置きの両方に対応しているため、テレビ周りがすっきりとさせられます。

動作時には、本体に搭載されたパイロットランプが点灯するため、稼働状況が一目で視認できるおすすめモデルです。

日本アンテナ CS・BS卓上型ブースター NAVBC22CSE-BP

日本アンテナ CS・BS卓上型ブースター NAVBC22CSE-BP 2023

4K・8K対応のBS・CS放送を増幅するテレビブースターです。周波数帯域が1032MHzのときは12dB、3224MHzのときは18dBの利得に対応します。BSやCSの電波信号のみ増幅させたい方におすすめです。

高さ33×幅89.5×奥行50mmのコンパクトな設計が魅力。手のひらに収まるサイズなので、設置スペースが狭い場所にもぴったりです。また、縦置き・横置き両方に対応しているため、スペースに合わせてすっきりと設置できます。

内部は金属ケースに覆われているのも特徴。電波の漏洩や飛び込み防止の効果が期待できます。さらに、動作時はパイロットランプが点灯する仕様なので、ひと目で動作状況が確認可能です。

日本アンテナ CS・BS/UHF卓上型ブースター NAVBC22SUE-BP

日本アンテナ CS・BS/UHF卓上型ブースター NAVBC22SUE-BP

地デジはもちろん、BSやCSも増幅させられる屋内用のテレビブースターです。地デジでは17~22dB、BSやCSでは12/18の利得レベルに対応しています。加えて、地デジ・BS・CSで95dBμVの定格出力レベルに対応しているのも魅力です。

地デジの雑音指数が4以下と、ノイズの影響を受けにくいのもポイント。BSやCSでも、4以下の雑音指数を実現しています。さらに、電波の漏洩や飛び込み防止に対応したシールド構造が採用されており、内部が金属ケースに覆われているのも特徴です。

また、使用時には本体のパワーランプが光るため、稼働状況が一目で視認可能。コンパクトサイズで、テレビの近くにすっきりと設置できるおすすめモデルです。

日本アンテナ CS・BS/UHF卓上型ブースター NAVB33SUE-BP

日本アンテナ CS・BS/UHF卓上型ブースター NAVB33SUE-BP

内部が金属ケースに覆われたシールド構造が採用されている屋内用のテレビブースターです。地デジの雑音指数は4以下と小さいため、ノイズの少ない放送が楽しめます。加えて、95dBμVの定格出力レベルに対応しているのも特徴です。

地デジだけでなく、BSやCSの電波も増幅させられるのもポイント。10dB以下の雑音指数を実現しています。また、本体サイズがコンパクトで、縦置きと横置きの両方に対応しているのも魅力。邪魔にならない場所へ設置できるおすすめモデルです。

DXアンテナ CS/BS・UHFブースター 30dB形 卓上用 TCU30S B

DXアンテナ CS/BS・UHFブースター 30dB形 卓上用 TCU30S B 2019

地デジ・BS・CS・4K・8K放送を増幅できる、室内用のテレビブースターです。利得は地デジが32dB、BS/CSが25/30dB。屋内設置用のため、複数台のテレビに電波を分配して電波が弱くなってしまった場合などにおすすめです。

柔軟な取り付け方法も魅力。結束バンドを使用すれば、柱や網ラックなどにネジ止めなしで取り付け可能です。また、付属のスタンドを取り付ければ、縦置き・横置き両方に対応できる据え置きタイプとしても使用できます。

利得調整用のダイヤルをスライドカバーで隠せる設計もポイント。ブースターの見た目にこだわりたい方にも適しています。さらに、高シールド構造を採用しており、Wi-Fiや携帯電話などの影響を受けにくいため、快適な視聴環境が期待できます。

DXアンテナ CS/BS・CATV下りブースター 30dB形 卓上用 TCF30S

DXアンテナ CS/BS・CATV下りブースター 30dB形 卓上用 TCF30S 2019

4K・8Kを含むBS・CS放送と、CATVの電波を増幅できるテレビブースターです。利得はBS・CSが19〜30dB、CATV下りが25〜30dB。定格出力も95〜100dBμVと十分な性能を有しています。

ブースター本体は縦置き・横置きの両方に対応。据え置き用のスタンドを取り外して、壁面への取り付けも可能です。また、市販の結束バンドを使用すればネジ止めなしで取り付けもできるので、壁に穴を開けられない賃貸マンションでも手軽に使用できます。

入力ATTも備えており、CATVは0〜-15以上と幅広い調節が可能。BS・CSも0〜-10以上の範囲で調節できるため、さまざまな電波信号に対応できます。

テレビブースターのおすすめ|屋外用

DXアンテナ CS/BS-IF・UHFブースター 38dB形 CU38AS

DXアンテナ CS/BS-IF・UHFブースター 38dB形 CU38AS 2021

4K・8K・BS・CS・地デジ放送を増幅できるテレビブースターです。地デジは38dB、BS/CSは28/35dBの利得に対応。複数台のテレビへの分配によって、映像の映りが悪くなった場合などに適しています。

入力レベルの調整機能が充実しているのが魅力。入力レベルの調節は、スイッチ1つで0dBから-10dBへ切り替え可能。また、ダイヤル式の利得調整機能も備えており、0〜-10dBまで連続して変更できます。

多機能ながらリーズナブルな価格を実現しているのもポイント。コストを抑えて幅広い放送の映像を改善したい方や、使い勝手のよいブースターを探している方におすすめです。

DXアンテナ CS/BS-IF・UHFブースター 33dB/43dB共用形 デュアルブースター GCU433D1S

DXアンテナ CS/BS-IF・UHFブースター 33dB/43dB共用形 デュアルブースター GCU433D1S 2016

強電界から弱電界まで対応できる高出力なテレビブースターです。地デジ放送では、入力レベルに応じて利得の切り替えが可能。28dB・33dB・43dBの3段階スイッチ1つで変更できるので、どの程度の性能のブースターを選べばよいか迷っている方におすすめです。

増幅部と電源部の加工や接続状態を知らせるパイロットランプを搭載。断線や未接続、過電流、ショート状態を判別し、点灯・点滅・消灯によって通知されるため、異常に気づきやすいのもメリットです。

地デジ・BS・CS・4K・8K放送の増幅に対応しており、地デジ放送帯域での定格出力レベルは105dBμV。さらに、高シールド構造により雑音指数1.5以下を実現しており、Wi-Fiや携帯電話など電波の影響を受けにくいのも魅力です。

DXアンテナ UHFブースター 33dB/43dB共用形 デュアルブースター BU433D1

DXアンテナ UHFブースター 33dB/43dB共用形 デュアルブースター BU433D1 2015

地デジ放送のみ増幅したい方におすすめの高性能なテレビブースターです。入力レベル範囲に応じて、利得を28dB・33dB・43dBの3段階で切り替えが可能。受信する電波が弱い地域から、比較的安定して受信できる地域まで、幅広い環境下で使用できます。

増幅部は高さ84×幅90×奥行47mmとコンパクトな設計が魅力。垂直マストだけでなく、水平マストへの取り付けも可能です。また、市販のステンレスバンドでの取り付けや、板壁への取り付けにも対応しています。さらに、雑音指数は1.5dB以下のため、ノイズの少ないきれいな映像が期待できます。

DXアンテナ UHF帯ブースター 38dB形 U38A

DXアンテナ UHF帯ブースター 38dB形 U38A 2021

地デジ放送のみ増幅できるテレビブースターです。標準利得が38dBと高性能なため、電波受信状況の悪い地域でも使用可能。屋外用ブースターのなかでも比較的価格が安いので、コスパを重視する方におすすめです。

スイッチ式の入力ATTを搭載しており、0から-10へスイッチ1つで切り替え可能。また、0〜-10以上を連続して変更できる利得調整ダイヤルも備えているため、入力レベルに応じて手軽に調節できます。

DXアンテナ UHF平面アンテナ 26素子相当/ブースター内蔵 UAH261B

DXアンテナ UHF平面アンテナ 26素子相当/ブースター内蔵 UAH261B 2018

ブースターを内蔵した平面型のテレビアンテナです。太陽光パネルを設置したり、屋根の形状によって屋根上にアンテナを設置できない方におすすめ。ブースターとアンテナが一緒になっているのが大きな特徴です。

利得は26〜34dBで、受信できる電波が弱い地域から中電界地域まで対応可能。また、小型な平面アンテナながら、八木アンテナ26素子相当のチャンネルに対応しているため、一般的な地デジアンテナと同等の視聴環境が期待できます。

おしゃれな住宅に調和しやすいスタイリッシュなデザインもポイント。混合器や分配器などは本体背面に取り付けられる仕様のため、周辺機器もすっきりと収納できます。さらに、強風に強い設計を採用しており、集中豪雨などによりテレビが映らくなるのを軽減できます。

テレビブースターのおすすめ|屋内・屋外両用

マスプロ電工 UHF・BS・CSブースター UBCBW45SS

マスプロ電工 UHF・BS・CSブースター UBCBW45SS 2019

4K・8Kを含むBS・CSと地デジ放送の増幅ができる、高性能なテレビブースターです。地デジは45dB、BS・CSは38dBの高利得。3段階の利得調整が可能なため、受信電波の弱い地域から比較的強い地域まで幅広い環境の方におすすめです。

BS・CSの定格出力が104dBμVと高出力なのが魅力。長いケーブルで接続している場合でも、障害を抑えた受信環境が期待できます。また、地デジも105dBμVと十分な性能を備えているのも魅力です。

地デジの雑音指数が1.5dB以下と、ノイズの影響を受けにくいのもポイント。さらに、利得を45dBから35dBへ切り換える際にも雑音指数が劣化しないため、安定して映像を楽しめます。

マスプロ電工 UHFブースター UB45SS

マスプロ電工 UHFブースター UB45SS 2019

地デジ放送専用のテレビブースターです。利得は45dB、定格出力レベルは105dBμV。25dB・35dB・45dBの3段階で利得を切り換えられるため、受信できる電波の弱い地域から強い地域まで、1台で幅広い環境に対応可能です。

電源部に「異常お知らせ機能」を搭載しているのも魅力。増幅部と電源部の間で断線やショート、過電流が発生した場合に表示灯が点灯するため、ひと目で作動状況を確認できます。

増幅部は、屋内外どちらにも設置が可能。縦方向の垂直マストと横方向の水平マストのどちらにも取り付けられるため、設置場所の幅が広がります。

日本アンテナ 3.2GHz対応 CS・BS/UHF電源着脱型ブースター NSB42DSUE

日本アンテナ 3.2GHz対応 CS・BS/UHF電源着脱型ブースター  NSB42DSUE 2019

電源部が着脱可能なため屋内外両方で使用できるテレビブースター。増幅部を分離して屋根上に設置するのはもちろん、一体型として室内への設置も可能です。

地デジ放送に加えて、BS・CSと4K・8K放送の増幅にも対応。地デジ側は27dB・32dB・42dBの3段階で利得を切り換えられるほか、ツマミによる調節も可能です。また、BS・CS入力側とUHF入力側の電通切換スイッチを備えています。

電源部には、出力モニター用の端子を搭載。機器を分離して使う場合でも、接続状況などの確認が容易にできます。さらに、ケースを開けずに電源ランプを目視できる設計のため、ひと目で接続状況を確認できます。

DXアンテナ CS/BS-IFブースター C27S B

DXアンテナ CS/BS-IFブースター C27S B 2018

4K・8K対応のBS・CS増幅用テレビブースターです。アンテナへの配線の途中に接続するタイプで、屋内外どちらでも使用可能。付属のネジで固定した壁面設置のほか、市販の結束バンドを使用してアンテナマストへの取り付けも可能です。

BS/CSの利得は22/27dB。定格出力は92/97dBμVで、複数のテレビに信号を分配した際などの利用におすすめです。なお、本製品はテレビやチューナーなどからアンテナへ送られる電源によって動作します。

サン電子 地デジ用 ブースタ内蔵 屋内外兼用UHFアンテナ SDA-5-2

サン電子 地デジ用 ブースタ内蔵 屋内外兼用UHFアンテナ SDA-5-2 2014

ブースターを内蔵した地デジ専用のアンテナです。高さ75×幅275×奥行125mmとコンパクトなデザインのため、省スペースで設置できます。

設置場所は屋内外どちらにも対応しており、屋内の壁面取り付けや、屋外のマストやベランダといった場所への取り付けが可能。総合利得は19〜26dBに対応しており、屋内設置なら強電界地域、屋外設置なら中電界地域での使用に適しています。

テレビブースターの売れ筋ランキングをチェック

テレビブースターのランキングをチェックしたい方はこちら。

テレビブースターの取り付け方法

屋内用は比較的簡単に設置が可能です。まず、ケーブルで壁面のアンテナ端子とブースター、ブースターとテレビを接続します。その後、ブースターのACアダプタをコンセントに挿して完了です。

屋外用は増幅部をアンテナの真下、電源部を室内に取り付けます。屋外用の設置は高所作業を含むのに加え、複雑な調節が必要です。危険なのでベランダなど手が届く場所にアンテナが設置されている場合でも、基本的にアンテナ専門業者へ設置依頼するようにしましょう。