近年高画質化が進んでいるテレビ。とはいえ、新型モデルに買い替えた場合でも、なんらかの原因でテレビ映りが悪いことがあります。その問題点が“受信電波の弱さ”だった場合には「テレビブースター」を導入するのがおすすめです。

そこで今回はテレビブースターのおすすめ製品をピックアップ。複数台のテレビとレコーダーに電波を分配している方や田舎の山奥に住んでいる方はテレビの受信電波強化につながるので、ぜひ購入を検討してみてください。

テレビブースターとは?

By: amazon.co.jp

電波の発信所からの距離が遠かったり複数台のテレビに電波を分配すると信号が弱くなり、場合によっては映りが悪化してしまいます。そんな時に活躍するのがテレビブースターで、放送電波を増幅してテレビ映像の映りを改善してくれます。

ただし、アンテナ受信の段階でテレビが映らないほど弱い電波については、一般的な屋内用ブースターで増幅しても改善しないこともあるので注意が必要です。

テレビブースターの種類

屋内用と屋外用

By: amazon.co.jp

一般的なテレビブースターはコンパクトで設置も簡単な屋内用が主流です。通常の範囲内での映りの悪化には大きな効果が期待できますが、屋外に設置してあるアンテナ直下に取り付けることができないので、電波の増幅効果は低め。

屋外用のテレビブースターは基本的に業者に設置してもらう必要があるため、工事費用がかかってしまいます。サイズも大きく少々邪魔になってしまうという場合もありますが、屋内用と比較して大幅に電波の増幅効果が大きいので、映りが悪すぎるという場合に購入を検討してみてください。

地上デジタル用とBS/CS用

By: amazon.co.jp

テレビブースターは地上デジタル放送(現在はUHF電波帯のみ使用)の電波信号を増幅できるタイプが基本です。これに加えてBS/CS放送電波の増幅にも対応するタイプもあります。

また、地デジとBS/CS両方を視聴しているという場合、アンテナはそれぞれ別物なので映りが同じとは限りません。地デジの映りが悪くてもBS/CSの映りは良いという場合もありえますので、その点は留意しておきましょう。

BS/CSにも対応すると価格は高くなる傾向があるので、地デジのみに必要で予算も抑えたい場合は地デジのみでよいでしょう。なお、数は少ないですがBS/CS放送のみに対応するモデルもあります。

テレビブースターの選び方

By: dxantenna.co.jp

利得と雑音指数で選ぶ

「利得(ゲイン)」とは、入力した電波信号をどのくらい増幅させることができるかということを指します。単位はデシベル(dB)で、数値が大きいほど電波の受信状態を改善させる能力が高いという意味です。

電波が強い場合、利得が高すぎるとかえって映りが悪くなる場合もあるので調節機能の有無もチェックしましょう。また、中には最大利得まで一定の範囲内で自由に調節できるモデルもあります。

「雑音指数(NF)」とは、受信した信号がどの程度ノイズの影響を受けているかを表す指標のことです。単位は利得と同じでデシベルで表し、数値が小さい方がノイズの影響を受けにくく信号の品位を落とさずに増幅させることができます。

定格出力で選ぶ

受信品質を保ったまま増幅できる最大出力レベルの性能を表した数値が「定格出力」です。出力レベルが定格出力の範囲内であれば、スムーズに増幅されてキレイな映像が映りますが、その範囲を超えたレベルになると映像がみだれたり故障するなどの不具合が生じることがあります。なので、なるべく定格出力の上限に幅をもたせた数値の高いモデルを選ぶのがベストです。

テレビブースターのおすすめ BS/CSにも対応 7選

日本アンテナ(NIPPON ANTENNA) 屋内用卓上型ブースター 地デジ/BS/110°CS対応 VBC22CU

地上デジタル/BS/CSに対応した屋内専用のコンパクトな卓上ブースターです。サイズが21.4×8.8×4.8cm、重量340gと一般的な屋内用と比べても小型で、目立ちにくいデザインとも相まって設置がしやすいのも魅力です。

内部は金属製のケースでカバーされたシールド構造のため、性能定低下につながる電波の漏れや外部からのノイズの侵入を効果的に防いでくれます。利得は地デジのUHF帯で最大22dB、CS/BSで最大16dBです。

十分な機能を備えており、価格設定もリーズナブルなコスパの高さが魅力。地デジしか見ない方にもおすすめのモデルです。

DXアンテナ(DX ANTENNA) CS/BS-IF・UHF デュアルブースター 家庭用 GCU433D1

本製品は家庭用ブースターとして初めて、地デジの33dB形の中電界用としても43dB形の中・弱電界用としても使えるモデルです。従来のブースターは電界に合わせたブースターを別個に用意する必要がありましたが、本機ではスイッチで切りかえるだけで対応できます。

また、地デジのUHF帯の出力は105dBμV、BS/CSの出力は102dBμVという高出力も魅力。利得を28dB、33dB、43dBの3段階から調節することも可能です。出力モニター端子も搭載しており、防水キャップを外す手間なく出力チェックができます。地デジとBS/CSの両方を増幅して、受信環境の変化への対応も重視したいという方にすすめです。

DXアンテナ(DX ANTENNA) 卓上用 CS/BS-IF・UHFブースター TCU15L1B

2.3Wの低消費電力性が特長のテレビブースター。価格設定もリーズナブルで屋内用地デジ/BS/CSに対応しています。本体サイズは37×90×114mmのコンパクトなフォルムで、付属のスタンドを利用して縦置きもできるため場所を取りません。

利得は15dB、定格出力は90dBμVとなっており、2局程度の写りの悪さを改善する場合に向いています。

日本アンテナ(NIPPON ANTENNA) CS・BSラインブースター CSB-C25-SP

BS/CS専用のテレビブースターです。コンパクトなフォルムで、アンテナと機器の間のケーブル中に挟み込むようにして設置します。BS/CSの利得は18~26dBで、電源はBS/CSアンテナに電源供給されているケーブルからとる仕組みです。

電波を分配しているテレビの台数を増やした際、映りが悪くなってしまったという時などにおすすめ。また、本製品は「スカイパーフェクTV!」の受信にも対応しています。

マスプロ電工(MASPRO) BS/CS/UHF用ブースター UBCB35

コンパクトボディで2.8Wの低消費電力性が魅力の地デジ/BS/CS対応のテレビブースターです。地デジの定格出力は105dBμVの高出力、UHF雑音指数1.5以下という高性能さが魅力。利得は地デジで32~37dB、BS/CS26~35dBです。

本体と別の電源部の背面はフックで吊るせる仕様となっており、壁などに取り付けることが可能。また、断線したりショートしてしまった場合は、電源部作動表示灯が異常を知らせてくれるため安心です。なお、本機はBSの4K/8K放送には対応しないので注意して下さい。

DXアンテナ(DX ANTENNA) CS/BS-IF・UHFブースター 4K/8K対応 CU43AS

BSの4K/8K放送にも対応したテレビブースターです。4K/8K放送受信により使用周波数が3224MHzまで拡大することで、高域周波においてはケーブルなどの信号のレベルが低下してしまい、これまで同様の増幅では4K/8K帯域をうまく映せない可能性があります。なので、本製品には信号のレベルが低下を考慮し高い周波数ほど利得を高くする「チルト特性」という機能を設けています。

増幅部のサイズが従来よりも約20%スリムになり、スイッチを押すだけで簡単に33dB型または43dB型に調整できます。すでに4K放送を受信している方にはもちろん、将来の導入を考えている方におすすめの1台です。

テレビブースターのおすすめ 地デジ専用 7選

DXアンテナ(DX ANTENNA) UHFデュアルブースター 家庭用BU433D1

地デジの33dB形または43dB形をスイッチで切り替えて使えます。増幅部は従来のモデルと比較して約20%小型化しているのでスッキリと設置できるのも魅力。断線、未接続、過電流及びショートなどの異常をLEDで判別できる機能も便利です。

日本アンテナ(NIPPON ANTENNA) 屋内用卓上型ブースター 地デジ対応 VB-33MU

縦、横置きができる地デジ専用屋内用ブースターで、テレビ回りの空いたスペースに置いて使えます。内部は金属ケースに覆われていて電波の漏洩、飛込み防止に対応したシールド構造で、しっかりと性能を確保しています。

利得はUHF帯で25dB~33dB、定格出力は93dBμV、2系統の出力を持ち出力1はテレビやレコーダーなどから衛星アンテナへ送る電気をそのまま通過させるのも便利なポイントです。

マスプロ電工(MASPRO) UHF用ブースター UB41

屋内はもちろん屋外設置にも対応する地デジ専用ブースターです。利得38~43dB、NF1.5dB以下、定格出力105dBμVと高い性能を有しています。信号の強さに合わせて入力レベルを0dBかマイナス10dBで切り替えできるのも便利。消費電力がわずか1.7Wとなっており、電気代が気になる方もにもおすすめです。

また、ベランダなどにある垂直な棒への取り付けに加え、取り付け金具を付け換えることによって水平な棒などにも設置可能。屋外設置の自由度が高いのもポイントです。さらに、増幅部と電源部の間でショートや断線が起きた場合、電源部表示灯により感知できるので故障も防げます。

ホーリック(HORIC) アンテナブースター 室内・地デジ専用 HAT-ABS024

超小型の地デジ専用屋内用ブースターです。複数台のテレビやレコーダーに電気信号を分配した際、減衰してしまった電波を増幅してくれます。取り付け方はアンテナ配線の途中に挟み込むように設置し、付属のACアダプターをコンセントにさすだけと設置も簡単。人差し指ほどのサイズなので場所を取ら無い点も魅力です。

利得は15〜19dB程度で、映像がやや荒れてしまっているという場合に向いています。

(DX ANTENNA) 屋外用 地上デジタル放送専用ブースター U20L3C

超小型の地デジ専用ブースター。弱電界地域で主に高感度アンテナと一緒に前置ブースターとして屋外用として使用するのが主な利用方法です。

人差し指サイズの超小型で、屋内用としても使用可能。利得は20dB、NFは1.0dB以下、電源は付属しておらず同軸ケーブルを通してテレビやデジタルレコーダーなどのBS電源供給機能を利用して使います。

マスプロ電工(MASPRO) UHFラインブースター 18dB型 UB18L-P

目立ちにくい小型の地デジ専用ブースターです。増幅部を覆う防水キャップも付属しているので屋外使用にも対応可能。

利得は16~20dB、NFは1.0dB以下、取り付けもUHFアンテナ「スカイウォーリー」のF型出力端子に接続するだけで簡単にできるのもうれしいポイントです。

オーム電機(OHM) テレビブースター 地デジ対応 AN-0557

現在テレビ用の電波としては使われなくなったVHF帯の増幅にも対応した屋内用ブースターです。現在もVHF帯の電波を使用して送信されているFMラジオの電波を増幅できます。アンテナ入力のあるFMラジオの受信状態改善に活用可能。ちなみに現在では、FM電波を増幅できるブースターは少なくなっています。

もちろん、UHF帯である地デジにも対応。地デジの利得は24~28dB、定格出力レベル96dBμ、VHFの利得は24~28dB、定格出力レベル96dBμVの性能です。リーズナブルな価格ながら利得を調整できるコスパの高いモデルです。TV2台、TVとレコーダーなど別々に分けて接続できるのも魅力です。