4Kから8Kへと高画質化が進んでいる液晶テレビ。とはいえ、新型モデルに買い替えた場合でも、なんらかの原因でテレビ映りが悪いことがあります。原因が”受信電波の弱さ”だった場合には「テレビブースター」を導入するのがおすすめです。

そこで今回はテレビブースターのおすすめ製品をピックアップ。複数台のテレビとレコーダーに電波を分配している方や田舎の山奥に住んでいる方はテレビの受信電波強化に繋がるので、ぜひ購入を検討してみてください。

テレビブースターとは?

By: amazon.co.jp

テレビブースターは、テレビの放送電波を増幅する機器で、主に電波の届きにくい山間部や海辺などで使われます。テレビブースターには屋内用や屋外用、地上デジタル放送用などさまざまなタイプがあるため、各々の状況によって適切なモノを選ぶことが大切です。

また、テレビが全く映らないほど弱い電波の場合、アンテナの受信電波自体が弱すぎる恐れがあります。そうした場合は、屋内用のテレビブースターを使用しても改善しないため注意しましょう。

テレビブースターの種類

屋内用と屋外用

By: amazon.co.jp

一般的なテレビブースターはコンパクトで設置も簡単な屋内用が主流で、受信電波の弱さが原因の場合におすすめです。ただし、屋外に設置してあるアンテナ直下に取り付けることができないため、電波の増幅効果は低減します。

屋外用のテレビブースターは基本的に業者に設置してもらう必要があるため、機器代とは別に工事費が必要です。サイズが大きく邪魔になってしまう場合もありますが、屋内用と比較して電波の増幅効果が高いので、映りが悪すぎるという場合は購入を検討してみてください。

地上デジタル用とBS/CS用

By: amazon.co.jp

テレビブースターは地上デジタル放送(現在はUHF電波帯のみ使用)の電波信号を増幅できるタイプが基本です。これに加えてBS/CS放送電波の増幅に対応するタイプもあります。

ただし、BS/CSに対応したモデルは、価格が高い傾向にあるため、予算を抑えたい場合は地デジのみのモデルがおすすめ。なお、数は少ないですがBS/CS放送のみに対応するモデルもあるのでスペックの確認をしておきましょう。

テレビブースターの選び方

By: amazon.co.jp

利得と雑音指数で選ぶ

「利得(ゲイン)」とは、入力した電波信号をどのくらい増幅できるかを指します。単位はデシベル(dB)で表し、数値が大きいほど電波の受信状態を改善させる能力が高いという意味です。

電波が強い場合、利得が高すぎるとかえって映りが悪くなる場合もあるので調節機能の有無もチェックしましょう。また、中には最大利得まで一定の範囲内で自由に調節できるモデルもあります。

一方、「雑音指数(NF)」とは、受信した信号がどの程度ノイズの影響を受けているかを表す指標のことです。単位は利得と同じデシベルで表し、数値が小さい方がノイズの影響を受けにくく信号の品位を落とさずに増幅できます。

定格出力で選ぶ

受信品質を保ったまま増幅できる最大出力レベルの性能を表した数値が「定格出力」です。出力レベルが定格出力の範囲内であれば、スムーズに増幅されて綺麗に映りますが、その範囲を超えたレベルになると故障の恐れがあります。そのため、なるべく定格出力の上限に幅をもたせた数値の高いモデルがおすすめです。

テレビブースターのおすすめ|BS/CSにも対応

日本アンテナ(NIPPON ANTENNA) 屋内用卓上型ブースター VBC22CU

地デジとBS/CSに対応した卓上用テレビブースターです。最大利得は地デジで17~22dB、BS/CSで9~16dB。定格出力は95dBと基本的な性能を備えています。

また、本製品のケーブルは、デジタルテレビなどから衛星アンテナへ送る電波を通過させられるため、電波の漏洩や飛びこみを防止できるのがポイントです。さらに、スマートなデザインで、インテリアに馴染みやすいのも魅力。

基本的な性能と高いデザイン性を兼ね備えているうえ、価格がリーズナブルなので手を出しやすく、テレビブースターを試したい方におすすめです。

DXアンテナ 4K/8K対応ブースター CU43AS

本製品は、地デジとBS/CSに対応しているテレビブースターです。地デジは33dB型と45dB型の2タイプに対応。デュアルブースターを採用しており、スイッチひとつで切り替えられます。

利得は地デジで40~46dB、CS・BSで26~34dB。比較的高い利得に設定されていますが、利得切り替えができるため安心です。地デジの場合は28、33、43dB、CS・BSの場合は20、30dBに切り替えられます。

定格出力は、地デジで9波105dB、CS・BSで36波102dB。比較的定格出力値が高いため、受信品質を保ちながらスムーズに増幅できます。

また、4K・8Kに対応しているため、フルハイビジョンよりも滑らかに動くスーパーハイビジョンを楽しみたい方にもおすすめです。

マスプロ電工(MASPRO) UHF・BS・CSブースター UBCBW35

地デジとBS/CSに対応しているテレビブースターです。定格出力は地デジで9波105dB、BS/CSで48波103dBと比較的高いため、安定した電波受信が期待できます。

また、チルト付き入力レベル調節機能を搭載しており、BS/CS帯域の周波数特性によるレベル差を補正できるため、幅広い帯域で安定した電波を受信できるのが特徴。テレビ映りに波がある場合にもおすすめです。

4K・8Kにも対応しているため、スーパーハイビジョンでテレビを楽しみたい方にもおすすめ。本格的な性能を備えていますが、リーズナブルな価格なのも魅力です。

マスプロ電工(MASPRO) UHFブースター UB35

利得は32~37dBで、定格出力は105dBと高出力なのが特徴の地デジ対応テレビブースターです。また、伝送周波数470~710MHzに対応しており、今後展開が予定されている700MHz帯サービスの影響も抑制できます。

ただし、BS/CSのほかFM・VHF、CATVには対応していないため、普段から地デジを見ている方におすすめ。リーズナブルなうえ、本体サイズははがき程の大きさなので、設置しても邪魔にならないのが魅力です。

ワンバイワン(1byone) チャージャ

地デジのほかVHF、FMに対応しているテレビブースターです。利得は20dBと比較的低めですが、定格出力は100dBに対応。また、NF値が4dB以下なので増幅してもノイズが入りにくく、快適にテレビを視聴できます。

さらに、手のひらに収まるコンパクトサイズなので、テレビの裏など目立たない場所へ収納したい場合にも便利です。作動中は赤いインジケータが点灯するため、作動状態をひと目で確認できます。

マスプロ電工(MASPRO) UHFラインブースター UB18L-P

電源と本体が一体化した地デジ対応テレビブースターです。増幅部をUHFアンテナ「スカイウォーリー」のF型出力端子に直接接続して使用します。コンパクトサイズなので設置しても邪魔にならないのが魅力です。

利得は16~20dBと低めですが、伝送周波数帯域は470~770MHzと幅広く対応しており、700MHz帯の電波影響も抑えられるのもポイント。特に四角いブロックノイズが出ている場合に効果を発揮します。

日本アンテナ(NIPPON ANTENNA) CS/BS/UHF卓上型ブースター VB-33CU

地デジとBS/CSに対応している卓上型のテレビブースターです。利得は地デジの場合25~33dB、BS/CSの場合20~25dBに対応しています。定格出力値はBS/CSで24波95dB、UHFで9波93dBです。

利得や定格出力値は低めですが、つまみで調節でき、それぞれの環境に合わせて適切な設定が可能。また、スタンドが付属するため、横置きだけでなく縦置きでも設置できるため、テレビの横や後ろなど狭いスペースにも設置できます。

また、利便性が高く、リーズナブルであることに加え、スマートなフォルムでデザイン性も高く、インテリア重視の方にもおすすめです。

ユープラス株式会社(YOU+) 電源供給機 TPI-SET1

本製品は、BS/CSに対応しているテレビブースターです。地デジの映りはよくてもBS/CSだけ映りが悪い場合におすすめ。地デジ対応機能を省いているため、リーズナブルなのも魅力です。

使用周波数は10~2610MHzと、幅広い周波数に対応しているため、テレビの放送電波を安定して受信できます。ペンケース程のサイズで設置しやすいのも魅力です。

DXアンテナ CS/BS-IF・UHFブースター TCU15L1B

利得が15dBと比較的低く、定格出力値も9波と36波ともに90dBと比較的低いのが特徴のテレビブースターです。地デジ/BS/CSに対応しており、NF値が4.0dB以下とノイズが少ないのもポイント。テレビの放送電波を増幅してもノイズが入りにくく、滑らかな映像を楽しめます。

サイズは高さ37×幅114×奥行き90mmと分厚い単行本ほどの大きさです。比較的コンパクトに設計されているため、狭い場所にも収納できます。付属スタンドで縦置きすれば、テレビの裏など狭いスペースに設置したい場合にも便利です。

日本アンテナ(NIPPON ANTENNA) CS・BSラインブースター CSB-C25-SP

本製品は、テレビのライン入力端子に直接接続するタイプのテレビブースターです。BS/CSに対応しているほか、100円ライター程の大きさしかないため場所をとりません。壁面取り付け用クリップも付属するため、配線を整理したい時にも便利です。

また、スカイパーフェクTV!に対応。さまざまな番組を綺麗な映像で楽しめます。価格が安く、コスパに優れた製品です。

ホーリック(HORIC) アンテナブースター HAT-ABS024

既設アンテナ配線の間へ簡単に取り付けられるのが特徴の地デジ対応テレビブースター。利得はUHF帯で15~19dB、VHF帯の場合は11~14dBです。比較的利得の低いため、視聴中にブロックノイズが入ったり特定の番組が映らなかったりする場合におすすめ。

リーズナブルな価格で、専用アダプターも付属します。ただし、接続ケーブルが付属しない点に注意しましょう。

オーム(OHM) 卓上ブースター AN-0557

電波の入りすぎによる映りの悪さを防止できるのが特徴の地デジ対応テレビブースターです。利得は24~28dBで、0~−10dBまで調節できます。

定格出力値は96dBと基本的な性能を備えており、NF値も1.8~4.0dBと低く、増幅時のノイズを抑えられる点も魅力です。また、2系統の接続に対応しているため、分配器への接続は不要。2台同時接続できるため、2台のTVにつなぎたい場合やレコーダーとテレビをつなぎたい場合にもおすすめです。

マスプロ電工(MASPRO) UHF・BS・CSテレビブースター UBCTR30-P

利便性の高さが特徴のテレビブースターです。利得は地デジで25~32dB、BS/CSの場合は20~30dBあります。搭載されているつまみで利得の調節ができるため、電波が強すぎて映りが悪くなる心配もありません。

定格出力値は一般的な95dBです。また、地デジで2.5dB以下、BS/CSで4dB以下と低く、増幅時のノイズをしっかり抑制できます。サイズも手のひらに乗せられるほどコンパクトで、テレビの裏など狭い場所にも使用可能。利得を電波ごとに調節できる点やノイズを抑制できる点が魅力の製品です。

DXアンテナ UHFブースター U20L3C

地デジに対応した、屋外用のテレビブースター。アンテナの出力端子に取り付けるだけでテレビの放送電波をブーストできます。防水キャップが付属しているため、雨などによる劣化が心配な方も安心。ハサミ1本で簡単に防水処理を施せます。

利得は15~20dBで定格出力は90dB、NF値が1.0dB以下に抑えられているためノイズが少ないのも魅力です。

DXアンテナ デュアルブースター GCU433D1

本製品は、地デジ/BS/CSに対応しているテレビブースターです。利得は地デジで40~46dB、BS/CSで26~34dB。定格出力値も地デジの9波で105dB、BS/CSの36波で102dBと高出力です。

また、デュアルブースターを採用しているため、33dB形としても43dB形としても使用可能。さらに、LEDを搭載しているので、ケーブルの加工・接続状態をひと目で判断できます。4K・8Kにも対応しているため、スーパーハイビジョンを楽しみたい方にもおすすめです。

日本アンテナ(NIPPON ANTENNA) UHF卓上型ブースター VRB33MU

利得は25~33dBで、定格出力値は95dBと一般的な性能を備えた地デジ対応テレビブースター。NF値が3dB以下と比較的優秀なのが特徴です。

また、2出力に対応しているため、テレビとレコーダーなど2台の端末を分配器なしで接続できます。価格は少し高いですが、機能性に優れているのが魅力の製品です。