ゲームを快適に楽しむ際に活躍する「ゲーム向けテレビ」。ゲーム本来のパフォーマンスを発揮できるだけでなく、遅延が少ないモデルも展開されており、快適にプレイできます。

そこで今回は、おすすめのゲーム向けテレビをご紹介。選ぶ際の注意点やポイントなども分かりやすく解説しているので、購入を検討している方はチェックしてみてください。

ゲーム向けテレビとゲーミングモニターの違い

ゲーミングモニターは、ゲームプレイに特化して設計されているのが特徴。コントローラーやキーボード入力時のタイムラグが短いので、FPSやアクションゲームも快適にプレイできます。また、暗いシーンの視認性を高めるなど、対戦を有利に進められる機能が充実しているのが魅力です。

一方、ゲーム向けテレビはゲーミングモニターの特徴や機能が一部搭載されているのがポイント。ゲーミングモニターを使用するのと近いプレイ環境で快適にゲームが楽しめます。

通常のテレビと同じようにテレビ番組を視聴できるのもメリット。ゲーミングモニターとテレビを別々に用意する必要がないため、本格的なゲーミングとテレビ視聴の両方を楽しみたい方にはゲーム向けテレビがおすすめです。

ゲーミングモニターについて詳しく知りたい方はこちら

ゲーム向けテレビの選び方

テレビの種類をチェック

液晶テレビ

液晶テレビは、液晶シャッターとカラーフィルターで作り出した映像をバックライトで照らして映し出すのが特徴です。比較的価格がリーズナブルなほか、製品のバリエーションが豊富に展開されています。

なお、黒い部分からバックライトの光がわずかに漏れる「黒浮き」が発生しやすいのがデメリット。暗部の多いゲームをプレイするのにはあまり向いていません。また、通常の液晶テレビのなかには、ゲーム機からの信号を表示するまでに少し時間がかかるモデルもあります。動きの速いレースゲームやFPSなど、ゲームのジャンルによっては注意が必要です。

有機ELテレビ

By: amazon.co.jp

有機ELテレビは、単体発光が可能な「有機EL素子」を使って映像を映し出すテレビのこと。色の純度が高く、純粋な黒も再現できるため、暗部の多いゲームも快適に楽しめます。電流を流すと瞬時に発光する応答速度の速さも魅力。レースゲームやFPSのような動きの速いゲームを楽しみたい方におすすめです。

ただし、液晶テレビと比べると製品の価格が高くなるため、コストパフォーマンスを重視する方には不向き。また、有機ELテレビは画面サイズの大きいモノが多いため、狭い部屋でゲームを楽しみたい方は注意が必要です。

解像度をチェック

PS4やNintendo Switchにはフルハイビジョン(Full HD)対応モデルを

By: amazon.co.jp

フルハイビジョン(Full HD)は、主に40インチ以下の液晶テレビで採用されている解像度です。画素数は1920×1080を実現しています。より高精細な4Kが登場するまでは高画質品位として長年親しまれてきましたが、現在は標準的な画質という位置づけとされています。

フルハイビジョンはPS4やNintendo Switchなど、現在広く普及している家庭用ゲーム機で採用されているのがポイント。PS4やNintendo Switchをテレビでプレイする場合はフルハイビジョン品位で十分楽しめます。

価格と性能のバランスにも優れているので、コストパフォーマンスを重視する方にもおすすめ。ただし、50インチを超える大画面モデルでは、ゲームによっては映像が荒く感じることがあるので留意しておきましょう。

PS4 Pro・PS5・Xbox Series Xには4Kに対応しているモノがおすすめ

By: amazon.co.jp

4Kは40インチ以上のテレビで採用されていることが多い解像度。画素数は3840×2160で、フルHDの約4倍も高精細なのが魅力です。

家庭用ゲーム機では、PS4 Pro・PS5・Xbox Series Xなどの最新世代機で4K対応が開始。なお、PC向け4K対応ゲームにもラインナップされています。

4Kゲームのなかには、毎秒120フレームレート(fps)の高速描画に対応するモノが存在。ハイスペックな4Kゲームの画質を最大限に活かして楽しむには、4K/120fps入力対応の4Kテレビがおすすめです。

遅延をチェック

ゲーム向けテレビを選ぶ際は、遅延の少ないモデルを選ぶのが重要です。テレビの遅延は、画面上のドットがほかの色に変化するまでの時間を指す「応答速度(ms)」によって大きく変わるのがポイント。基本的には応答速度が速いほど動きの速いゲームも残像が軽減され、滑らかに表示されます。

FPSやレースゲームのような動きの激しいゲームを快適に楽しむなら「1ms以下」、ロールプレイングやパズルゲームのような動きの穏やかなゲームを遊ぶなら「5~10ms」の応答速度が目安です。

なかには、遅延時間を短くする「ゲームモード」を搭載したモデルも展開されています。ゲームをより快適に楽しみたい方は、応答速度だけでなく、ゲームモードの有無もしっかりと確認しましょう。

画面サイズをチェック

By: hisense.co.jp

ゲーム向けテレビには、画面が小さく見やすいコンパクトなモノから、迫力のある映像が楽しめる大画面のモノまで、用途やシチュエーションごとにさまざまな画面サイズがあります。選び方の目安として、ワンルーム・寝室・子供部屋で使うなら「24~32インチ」、6畳~12畳程度のリビングで使うなら「40~50インチ」、12畳以上の広いリビングで使うなら「55インチ以上」がおすすめです。

狭い部屋で画面サイズの大きなテレビを選んでしまうと、画面全体を見わたせず目が疲れやすくなることも。逆に広い部屋で画面サイズの小さなテレビを選んでしまうと、小さな文字や描写が見にくく不便です。部屋の広さと画面サイズをしっかりと考慮して選びましょう。

ゲーム向けテレビの人気メーカー

ソニー(SONY)

「ソニー」は、東京に本社を構えている総合電機メーカーです。主にテレビやパソコン、音響機器などを取り扱っています。

テレビは業務用映像機器で培った映像エンジン「X-Reality PRO」や、画面から音が聞こえる「アコースティック サーフェス オーディオプラス」など、メーカー独自の技術を搭載しているモデルが人気。機能性を重視する方におすすめのメーカーです。

LGエレクトロニクス(LG Electronics)

「LGエレクトロニクス」は、韓国の家電メーカー。テレビ・冷蔵庫・エアコンなど、さまざまな家電製品を展開しています。高品質ながらコストパフォーマンスにも優れているのがメリットです。

有機ELテレビの技術力が高く、きれいな映像でゲームが楽しめるのがポイント。コスパ重視の方にはもちろん、画質を重視する方におすすめのメーカーです。

東芝(TOSHIBA)

By: amazon.co.jp

「東芝」は、日本の総合電機メーカー。子供部屋や寝室に適した小型テレビから、迫力のある映像が楽しめる大型テレビまで、さまざまな種類のテレビを取り扱っているのが特徴です。

一部の最新モデルには、映像処理のレスポンスを向上させる「ゲームダイレクト」を搭載しているのもポイント。FPSやアクションゲームなどを快適に楽しみたい方におすすめです。

ゲーム向けテレビのおすすめモデル|4K対応

ソニー(SONY) 55V型 4K有機ELテレビ XRJ-55A90J

自然な美しさを表現できる4K有機ELテレビです。認知特性プロセッサー「XR」の映像分析・処理により、被写体に適した解像処理を加えて細部まで現実に近い質感を再現します。

Google TV機能を搭載しているのもポイント。ネット動画・映画・ゲーム・音楽など、さまざまなジャンルのコンテンツを楽しめます。Googleアシスタントを使うと、音声でコンテンツ検索やテレビ操作も可能です。

ソニーブラビア公式アプリ「My BRAVIA」をインストールすると、スマートフォンをリモコン代わりにできるのもメリット。使い勝手のよいゲーム向けテレビを探している方におすすめです。

ソニー(SONY) 75V型 4K液晶テレビ KJ-75X9500H

リアルタイム処理能力に優れた4K液晶テレビです。ソニー独自の高画質プロセッサーを搭載。高い映像分析能力により、解像度・ノイズ量・色・明るさを分析して、臨場感あふれる映像を表現します。

残像感を低減する「X-Motion Clarity」を搭載。FPSやアクションゲームなど、動きの速い映像も明るさを保ったまま滑らかに表現します。また、ソニー独自の音響技術「アコースティックマルチオーディオ」を採用。迫力のあるゲームサウンドも楽しめます。

Android TV機能を搭載。ネット動画アプリの高速起動を実現しており、さまざまな動画を大画面テレビで楽しめます。ハンズフリー音声検索にも対応しているので、テレビに話しかけるだけで操作できるのも魅力です。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) 48V型 有機ELテレビ OLED48C1PJB

高画質・高音質を実現するAIプロセッサーを搭載した有機ELテレビです。地上波のスポーツ・ネット動画・映画など、さまざまな映像ジャンルをAIが自動認識。人の肌を自然なトーンに変換して、クリアな映像を届けます。

ブルーライト低減フィルターを搭載しており、長時間のゲームプレイでもブルーライトによる影響を軽減できるのも特徴。さらに、室内の明るさに合わせて映像を自動調節する「Dolby Vision IQ」を搭載しているのも魅力です。

FPS・RPG・RTSなど、さまざまなゲームジャンルに適した設定を用意。ゲームプレイ中に特定のゲーム設定を確認したり調節したりできます。リフレッシュレートは120Hzに対応。動きの速い映像も滑らかに表現できます。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) 4K液晶テレビ NanoCell TV 50NANO75JPA

基本性能が充実した4K液晶テレビです。1nmの極小粒子を敷き詰めた独自の「NanoCell Display」を採用しているのが特徴。ノイズが発生しやすい赤や緑なども濃くクリアに表示できるため、映画やゲームもより高画質で楽しめます。

画質モードをFPS・RPG・RTS・スタンダードの4種類から選択できる「ゲームオプティマイザ」を搭載。ゲームの種類に合った画質で快適なプレイが可能です。

映像のジャンルを分析して音声・映画・音楽の3つに分類する「AIサウンド」を備えているのも魅力のひとつ。機能性に優れたゲーム向けテレビを求めている方におすすめです。

東芝(TOSHIBA) 50V型 4K液晶レグザ 50Z740XS

ゲーム映像を色彩豊かに美しく再現する4K液晶テレビです。解像度がフルHDに満たないゲーム映像も鮮やかな画質で表現できます。瞬速ゲームモードを搭載しているので、約0.83msの低遅延を実現。ゲームスムーズモードでは約18.33msのレスポンスにより、ゲームのムービーシーンをなめらかに映し出せます。

オート・HDゲーム・ポータブルゲーム・SDゲームなど、ゲームの種類ごとに適した映像を届ける機能を搭載しているのもポイント。映像のよいゲーム向けテレビを求めている方におすすめです。

東芝(TOSHIBA) 65V型 4K有機ELテレビ レグザ 65X9900L

迫力の音響と美しい映像が楽しめる4K有機ELテレビです。ハイレゾ対応の「重低音立体音響システムXHR」を搭載しているのが特徴。10個のスピーカーと90Wの大出力アンプにより、ワイドレンジで立体感のあるサウンドが体感できます。

輝度性能を高めたパネル有機ELパネルを搭載しているのもポイント。また、ディープラーニング機能を内蔵した映像処理エンジン「レグザエンジンZRα」を備えているため、ゲームはもちろん、地上デジタル放送やネット動画も美しい映像で鑑賞できます。

ハイセンス(HISENSE) 43V型 4K液晶テレビ 43U7F

「NEOエンジン2020」を搭載した4K液晶テレビです。豊かな階調表現と映像の美しさを再現する性能に優れており、高精細かつなめらかな映像を楽しめます。

原音のディテールを再現する「Eilex PRISM」を採用。立体的な音場を再現できるため、FPSやSFゲームの臨場感もアップします。

横からでも高画質な映像を楽しめる「ワイドビューアングル」機能を備えているのもメリット。さまざまな角度から映像を把握できるため、複数人でゲームをするときにもおすすめです。

ハイセンス(HISENSE) 75V型 4K液晶テレビ 75A6G

比較的リーズナブルな価格で購入できる4K液晶テレビです。美しい高画質を実現する「NEOエンジンLite」や、視野角の広いADSパネルを採用。また、ノイズを抑えてなめらかな4K映像に引き上げる「4K復元」機能により、4K未満の映像も楽しめます。

ゲームモードを備えているため、低遅延なのもメリット。FPSやアクションゲームなどのゲームも快適にプレイできます。また、HDMI入力端子は3つ搭載しており、複数の機器を接続したい方にもおすすめです。

パナソニック(Panasonic) 55V型 4K有機ELテレビ VIERA TH-55JZ2000

独自の有機ELディスプレイを搭載した4K有機ELテレビです。遅延を軽減する「ゲームモードエクストリーム」に対応しているのが特徴。動きの速いゲームを楽しみたい方におすすめです。

音を天井に反射させる「イネーブルドスピーカー」と横方向に音が広がる「ワイドスピーカー」を搭載。さらに、立体音響技術「Dolby Atmos」との組み合わせにより、音に包み込まれるような臨場感あるサウンドを再生できるのもメリットです。

テレビ台にしっかりと吸着する独自構造のスタンドを採用しているのもポイント。転倒を軽減できるため、小さな子供やペットがいる家庭でも安心して使えます。

4Kのゲーム向けテレビについてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

ゲーム向けテレビのおすすめモデル|フルHD

東芝(TOSHIBA) ハイビジョン液晶レグザ 40V34

高画質化を実現する「レグザエンジン Power Drive」を搭載したハイビジョン液晶テレビです。さまざまな高画質処理によって、ノイズを低減できるのが魅力。また、動きのある映像で発生しやすいボケを抑え、クリアに再現できるのも特徴です。

ゲームに必要な高画質処理を行いながら、画像処理の遅延時間を短縮する技術を搭載しているのもポイント。格闘ゲームやFPSなど、ボタンを押すタイミングが重要なゲームも快適にプレイできます。

東芝(TOSHIBA) 液晶レグザ S22シリーズ 40S22

ゲームプレイに特化した「瞬速ゲームモード」を搭載しているフルハイビジョン液晶テレビです。パソコンと接続することで大画面モニターとして使用できる「PCコネクト」に対応。テレビゲームだけでなく、PCゲームをプレイしたい方にもおすすめです。

地上デジタル放送をより高画質で楽しめる「地デジ精細感復元」機能を搭載しているのもメリット。また、映画専用の映像モードも備えているため、ゲームも映画鑑賞などにも適しています。

ハイセンス(HISENSE) 32V型 HD液晶テレビ 32A35G

高画質処理技術を採用したハイビジョン液晶テレビです。画面上のエリアを解析して、ノイズが目立つ場所を滑らかに仕上げるのが特徴。ノイズの少ないクリアな映像を楽しみたい方におすすめです。

映像モードは、ダイナミック・スタンダード・映画・ゲームの4種類。ゲームモードは遅延が少なく、FPS・格闘・アクションゲームなどを快適にプレイできます。

彩度に適した輝度を自動調節してコントラストを際立たせるテクスチャー復元機能を搭載。奥行きや質感が伝わる立体的な映像を楽しめます。

ハイセンス(HISENSE) 40V型 FHD SMART 液晶テレビ 40A40G

AIネット映像高画質処理技術を採用したフルハイビジョン液晶テレビです。ネット配信の映像やVODコンテンツを分析。色濃度・輝度・ダイナミックガンマ補正などの映像処理を自動でおこないます。解像度に応じたノイズリダクションを適用するため、低解像度から高解像度のコンテンツまで、クリアな映像を楽しめるのが魅力です。

ハイセンス独自の音響解析理論に基づく「Eilex PRISM」を搭載。サウンドリマスター・サラウンドスペース・オートボリュームなど、さまざまな機能を備えており、サウンド性能に優れているのもメリットです。

山善(YAMAZEN) 32V型 ハイビジョン液晶テレビ QRCH-32W2KHDD

高コントラストで深みのある色表現を再現するハイビジョン液晶テレビです。高画質処理をおこないながら、画像処理の遅延時間を短縮する「ゲームモード低遅延機能」を搭載。ボタンを押してから表示されるまでの遅延が少ないので、FPSや格闘ゲームも快適にプレイできます。

「直下型LEDバックライト」を採用。画面の輝度がアップするため、豊かな色彩表現を楽しめます。SFゲームの臨場感をリアルに体験できるのも魅力です。

TCL FHDスマートテレビ 32S5200A

豊かな階調表現を実現するフルハイビジョン液晶テレビです。直下型LEDバックライトを採用しており、画面全体を明るく映します。映像情報をゾーン別に分析し、繊細な部分まで明暗を分ける「マイクロディミング」機能を搭載。風景の奥行き感をリアルに再現します。

フルハイビジョンながら、HDR10/HLGコンテンツに対応。色彩豊かな映像を表現できるため、SFゲームの美しさを存分に楽しめます。Googleアシスタントにも対応しており、音声操作ができるのも魅力です。

また、クロームキャスト機能を内蔵。スマートフォンで見ている映像やゲームなどをテレビの大画面で楽しめます。

マクスゼン(maxzen) 32V型 ハイビジョン液晶テレビ J32CH02

レスポンスを重視した「ゲームモード」を搭載したハイビジョン液晶テレビです。高コントラストVAパネルを搭載しており、奥行きのある映像を楽しめるのが魅力。さらに、LED直下型バックライトを備えているため、色ムラが少ないのもメリットです。

裏録画対応ダブルチューナーを搭載しており、外付けHDDへの録画も可能。さらに、直感で操作しやすいシンプルなリモコンが付属しているのも嬉しいポイントです。

pencilライターからヒトコト

解像度や応答速度、ゲームモードの有無など、ゲーム向けテレビにはさまざまな選び方があります。通常のテレビと違い選ぶのが難しいゲーム向けテレビですが、予算や必要な機能をあらかじめ確認したうえで、自分にぴったりの1台を見つけてみてください。

記事内容について連絡
  • 【2022年版】Chromebookのおすすめ14選。2万円台の人気モデルも chevron-circle-right