ゲームを快適に楽しみたい方にはゲーム向けテレビがおすすめ。ゲーム本来のパフォーマンスを発揮できるだけでなく、遅延が少ないので快適にプレイできます。

そこで今回は、おすすめのゲーム向けテレビをご紹介。選ぶ際の注意点やポイントなども分かりやすく解説しているので、購入を検討している方はチェックしてみてください。

ゲーム向けテレビの選び方

テレビの種類をチェック

液晶テレビ

By: amazon.co.jp

液晶テレビは、液晶シャッターとカラーフィルターで作り出した映像を、バックライトで照らして映し出すのが特徴。現在販売されているテレビのほとんどはこのタイプです。製品のバリエーションが豊富、価格が安いなどのメリットがあります。

デメリットとしては、液晶テレビは構造上黒い部分からバックライトの光がわずかに漏れる「黒浮き」が発生してしまうため、暗所の多いゲームをプレイするのにはあまり向いていません。また、通常の液晶テレビのなかにはゲーム機からの信号を表示するまでに少し時間がかかるモデルもあります。動きの速いレースゲームやFPSなど、ゲームのジャンルによっては注意が必要です。

有機ELテレビ

By: lg.com

有機ELテレビは、単体発光が可能な「有機EL素子」を使って映像を映し出す最新のテレビです。色の純度が非常に高く、純粋な黒も再現できるため、暗所の多いゲームも快適に楽しめます。電流を流すと瞬時に発光する応答速度の早さも魅力なので、レースゲームやFPSのような動きの速いゲームを楽しみたい方にもおすすめです。

ただし、液晶テレビと比べると製品の価格が高くなるため、コストパフォーマンスを重視する方にはあまり向いていません。また、有機ELテレビは画面サイズの大きいモノしかなく、一番小さいモノでも55インチからとかなり大きいため、狭い部屋でゲームを楽しみたい方は注意が必要です。

画面サイズをチェック

By: lg.com

ゲーム向けテレビには、画面が小さく見やすいコンパクトなモノから、迫力のある映像が楽しめる大画面のモノまで、用途やシチュエーションごとにさまざまな画面サイズがあります。選び方の目安として、ワンルーム・寝室・子供部屋で使うなら「24~32インチ」、6畳~12畳くらいのリビングで使うなら「40~50インチ」、12畳以上の広いリビングで使うなら「55インチ以上」がおすすめ。

ちなみに、狭い部屋で画面サイズの大きなテレビを選んでしまうと、画面全体を見渡せず目が疲れやすくなります。逆に広い部屋で画面サイズの小さなテレビを選んでしまうと小さな文字や描写が見にくく不便です。部屋の広さと画面サイズをしっかりと考慮して選びましょう。

解像度をチェック

ハイビジョン(HD)

By: amazon.co.jp

ハイビジョン(HD)は、小型テレビや低価格帯のテレビが採用している解像度。ドット数は1366×766とそれほど多くはないため、画面サイズが32インチを超えてくるとゲームによっては映像が荒く感じることがあります。あまり画質にこだわらない方や、価格重視で選びたい方におすすめです。

フルハイビジョン(Full HD)

フルハイビジョン(Full HD)は、32~50インチの中型テレビが多く採用している解像度。ドット数は1920×1080とハイビジョンよりも多いため、きれいな画質でゲームを楽しめます。価格と性能のバランスにも優れているので、コストパフォーマンスを重視する方にもおすすめです。

4K

By: amazon.co.jp

4Kは中型・大型テレビに多い解像度。ドットの数は3840×2160とフルハイビジョンの4倍にもなるため、キメ細かな高精細映像が楽しめます。ゲームをきれいな映像で楽しみたい方におすすめです。

遅延をチェック

ゲーム向けテレビを選ぶ際には、いかに遅延の少ないモデルを選ぶかが重要なポイントです。テレビの遅延は、画面上のドットがほかの色に変化するまでの時間を指す「応答速度(ms)」によって大きく変わり、基本的には応答速度が短いほど動きの速いゲームも残像が軽減され滑らかに表示されます。

例えば、FPSやレースゲームのような動きの激しいゲームを快適に楽しむなら「1ms以下」、ロールプレイングやパズルゲームのような動きの穏やかなゲームを遊ぶなら「5~10ms」の応答速度がひとつの目安になってきます。

なかには、遅延時間を短くする「ゲームモード」を搭載したモデルもあるので、ゲームをより快適に楽しみたい方は応答速度だけでなく、ゲームモードの有無もしっかりと確認しましょう。

ゲーム向けテレビの人気メーカー

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

ソニーは技術力の高さが魅力のメーカー。業務用映像機器で培った映像エンジン「X-Reality PRO」や、画面から音が聞こえる「アコースティック サーフェス オーディオプラス」など、メーカー独自の最新技術を搭載しているモデルが人気です。価格はやや高めですが、その分製品のクオリティも高いため、機能や品質にこだわりたい方におすすめです。

LGエレクトロニクス(LG Electronics)

By: amazon.co.jp

LGエレクトロニクスは韓国を代表する世界的家電メーカー。高品質でありながらコストパフォーマンスにも優れているのが魅力です。また、有機ELテレビの技術力が非常に高く、きれいな映像でゲームが楽しめるのもポイント。コスパ重視の方にはもちろん、画質を重視する方におすすめのメーカーです。

東芝(TOSHIBA)

By: amazon.co.jp

東芝は子供部屋や寝室に最適な小型テレビから、迫力のある映像が楽しめる大型テレビまで、さまざまな種類のテレビを取り扱っているメーカー。一部の最新モデルには、映像処理のレスポンスを向上させる「ゲームダイレクト」を搭載。FPSやアクションゲームのようなボタンを押すタイミングが重要なゲームも快適に楽しめます。

ゲーム向けテレビのおすすめモデル|HD・フルHD

東芝(TOSHIBA) REGZA 40S22

高画質を実現する独自の情報処理エンジン「レグザエンジンファイン」を搭載したゲーム向けテレビ。残像の低減や色彩表現に富んだ映像処理が魅力です。映像の彩度に合わせて輝度を調整し、細部の質感まで鮮やかに再現できます。

テレビゲームのプレイに特化した「瞬速ゲームモード」を搭載しているのが特徴。約18.33msecの低遅延により、対戦格闘ゲームもスムーズに操作できます。また、フルHD解像度の臨場感あふれる映像により、没入感を高められるのもポイントです。

パソコンと接続することで大画面モニターとして使用できる「PCコネクト」にも対応。テレビゲームだけでなく、PCゲームをプレイしたい方にもおすすめです。

ドウシシャ(DOSHISHA) DOL24H200

リーズナブルな価格が魅力のゲーム向けテレビ。映像の遅延を最小に抑えた「ゲームモード」をはじめ、5種類の映像モードを備えています。また、好みに合わせて映像設定を切り替えられるので、プレイするゲームの種類にあわせて色合いなども調節できます。

8バンドのイコライザー機能を搭載しているのもポイント。音質を自分好みに調節できるため、臨場感のあるサウンドでゲームに没入したい方にもおすすめです。

サイズはワンルームや子供部屋に適した24インチ。ブルーライトを最大50%軽減する「ブルーライトガード」を備えているのも特徴です。長時間使用しても目が疲れにくく、安心して使用できます。

ハイセンス(HISENSE) 32E50

高性能な映像処理エンジンを搭載したHD画質のゲーム向けテレビ。細やかな映像補正でリアルな質感を再現できるのが特徴です。また、映像に適した輝度調整も行い、鮮やかな色表現を楽しめます。

家庭用のテレビゲーム機に対応した「ゲームモード」を搭載。応答速度は8msなので、パズルゲームなどをスムーズにプレイできます。ハイコントラストで立体感のある映像を楽しめるため、没入感を味わいたい方にもおすすめです。

ディスプレイには上下左右視野角178°のIPSパネルを採用。複数人でテレビを囲んでゲームをプレイする場合にも位置による色変化が少ないのも魅力です。

パナソニック(Panasonic) UN-19CF9K

パナソニックが販売するゲーム向けポータブルテレビ。画面サイズは19インチ、重量はわずか1.8kgと軽量なので、場所を気にせず自由に持ち運んで使えます。コンパクトながら、迫力のあるサウンドが楽しめる「バスレフポート付スピーカーボックス(3W×2)」や、用途やシチュエーションに合わせて調節できる「画質・音質調整機能」を搭載しているのもポイント。

ほかにも、目覚ましや就寝時に使える「オン・オフタイマー」、好きなテレビ番組の録画ができる「USBハードディスク録画機能」、照明の映り込みを軽減する「シンプルスタンド」など、便利なオプションを多数搭載。ゲーム以外に幅広い用途で活躍するおすすめのモデルです。

ゲーム向けテレビのおすすめモデル|4K対応

ソニー(SONY) BRAVIA KJ-65A9G 65インチ

ソニーの高性能なゲーム向けテレビです。リアルタイム処理能力が約2倍向上した高画質プロセッサー「X1 Extreme」や、あらゆるコンテンツを高精細にアップコンバートする超解像エンジン「4K X-Reality PRO」、高コントラストな美しい映像を描き出す「有機ELパネル」を搭載。4K対応のゲームはもちろん、4K未対応のゲームも美しい映像で楽しめます。

音質面では、音の広がりや明瞭感が向上した「アコースティック サーフェス オーディオプラス」に加えて、3次元のリアルな立体音響を実現した「Dolby Atmos」を採用。まるでゲームの世界にいるかのような大迫力サウンドが楽しめます。画質設定をゲームモードに切り替えれば、PS4 Proのパフォーマンスを最大限に引き出せるのもこの製品ならではの魅力です。

東芝(TOSHIBA) REGZA 50RZ630X 50インチ

東芝が販売する大人気「RZシリーズ」の2019年モデルです。細かいディテールや滑らかなグラデーションを表情豊かに描く「レグザエンジン Evolution-S」や、高精度に残像を低減する「4Kダイレクトモーション120」、緻密なコントラスト制御が可能な「HDRリアライザー」など、最先端の映像技術を多数搭載。美しい映像でゲームを楽しみたい方におすすめの1台です。

機能面では、ゲームをしながら好きなテレビ番組が楽しめる「ダブルウインドウ」、音声でさまざまな操作ができる「スマートスピーカー連携」に対応。応答速度を大幅に向上させる「4K瞬速ゲームダイレクト」を搭載しているので、アクションゲームやFPSのような動きの激しいゲームを楽しみたい方にもおすすめです。

シャープ(SHARP) 40V型 液晶テレビ AQUOS 4T-C40AJ1

4K液晶パネルに適した画質に変換してくれる「4K-Master アップコンバート」で、細かいところまで鮮明に描いてくれるモデル。反射や映り込みを防ぐ4K低反射パネルが採用されているので、画面が見やすく快適にゲームをプレイできます。

残像感を抑えて滑らかに映像を表示する「120スピード」により、動きの速いゲームを遊びたい方にもおすすめ。また、前方に音を導いて豊かに鳴らすサウンドシステムが搭載されているので、映像だけではなく音質を重視したい方もぜひチェックしてみてください。

ハイセンス(HISENSE) 43E6800 43インチ

ゲームが快適に楽しめる機能性に優れた、ゲーム向けテレビです。ボタンを押してから表示されるまでの遅延をわずか0.83msに抑える「低遅延ゲームモード」や、フレームレートを引き上げて映像を滑らかにする「フレーム補間(SMR)」を搭載。レスポンスが重要なFPSや格闘ゲームも快適に楽しめます。

映像面では、4Kがもつポテンシャルを極限まで高める「ネオエンジン」、特殊なフィルムで光の量を調節する「バックライトブートフィルム」を採用。低音から高音までバランスよく再現する「Hi – Sound Pro」や、最大7.1chのサラウンド再生を実現する「DOLBY AUDIO」など、映像だけでなく音質に優れているのも大きな特徴です。

パナソニック(Panasonic) VIERA TH-65GZ1800

パナソニックの最新技術を詰め込んだゲーム向けテレビです。液晶パネルを超える輝度と色彩を実現した「有機ELパネル」に加えて、明部の表現力を強化する「Dot Contrast パネルコントローラー」を採用。まるでその場にいるかのような美しい映像が楽しめます。動体の動きを認識して倍速補間する「オブジェクト検出 倍速表示」に対応しているので、動きの速いゲームを楽しみたい方にもおすすめです。

音質面では、実際に映画館で使われている最新の音声フォーマット「Dolby Atmos」を採用。ツイーター(20W)・ミッドレンジスピーカー(20W)・ウーファー(40W)の計80Wの3ウェイスピーカーシステムにより、大迫力のサウンドでゲームが楽しめるのも魅力です。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) OLED77W9PJA 77インチ

LGエレクトロニクスが販売するハイエンドモデルです。パネルの能力を最大限に引き出す有機EL専用の映像エンジン「α7 Gen2 Intelligent Processor」を採用。人工知能(AI)がコンテンツに合わせて画質・音質を自動調節する「AI映像・サウンド」との組み合わせにより、暗所の多いホラーゲームから、動きの激しいアクションゲームまで、さまざまなジャンルのゲームが楽しめます。

他にも、自然な会話感覚で音声操作が可能な「ThinQ AI」、スマホのゲームやアプリを大画面で楽しめる「AirPlay2」、どこに座っても最適なサウンドが届く「オートサウンドチューニング」など、便利な機能を多数搭載。画面サイズは77インチと大きめなので、大迫力ある映像でゲームを楽しみたい方にもおすすめです。

4Kのゲーム向けテレビについてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。