家庭用ゲーム機のグラフィックや操作性の向上により、バーチャル空間への没入感は日に日に高まっています。ゲーム世界をリアルに感じるためには、より高画質な4Kテレビも欠かせません。

そこで今回は、ゲームにおすすめの4Kテレビをご紹介。4Kテレビの選び方や4Kモニターとの違いなども解説しているので、購入を検討している方はチェックしてみてください。

4Kモニターと4Kテレビの違い

テレビチューナーの有無

4Kモニターと4Kテレビはどちらも4Kの映像を映す点で共通していますが、使用用途は異なります。4Kテレビはテレビ放送を視聴するために開発された機器のことで、テレビ放送を視聴できます。

一方、4Kモニターはパソコンなどに接続して映像を映す機器です。テレビチューナーは搭載されておらず、4Kモニター単体ではテレビを視聴できません。

内蔵スピーカーが搭載されているかどうか

By: toshiba.co.jp

4Kモニターはパソコンなどに接続して使用することを前提として開発されています。そのため映像を映す機能のみ搭載したモノが多く、スピーカーを内蔵している機器は少数です。

また、スピーカーを内蔵していたとしても、4Kモニターの音質は基本的に4Kテレビよりも劣るため音質重視の方にはおすすめできません。

一方、4Kテレビはテレビ放送やDVD、ゲームなどで使用することを前提として開発されています。そのためスピーカーを内蔵しているモノが多く、音作りに力を入れているモノも多いため、映画やゲームを高音質で楽しみたい方におすすめです。

ゲーム用4Kテレビの選び方

画面サイズは視聴距離で決める

適切な画面サイズは、4Kテレビと視聴場所との距離によって異なります。大画面の方が迫力を感じられますが、近くから大画面で観ると画面全体を見渡せず目にも悪影響です。逆に視聴場所が遠いのに、小さな画面だと細かい部分まで観えません。

目安として、4Kテレビからの視聴場所までの距離が1.5~1.8mまでの場合は32~49型、1.8~2.0mの場合は50~55型のモノがおすすめです。

特にゲーム用の4Kテレビを検討している方は、ゲームへの没入感を高められるよう40型以上のモデルが適しています。大型のモノを選ぶ場合は設置スペースにも留意しておきましょう。

操作と映像の遅延時間が短い機種を選ぶ

ゲーム用として4Kテレビを検討する場合は、コマンドを入力してから画面に反映されるまでの間に遅延の発生しないモノがおすすめです。テレビ番組などを観るために使用する場合は関係ありませんが、ゲームプレイ時に大きく影響します。

特にFPSや格闘ゲームなどをする方は、0.1秒の遅延が勝敗を分けることもあるため、遅延の少ないモノや反応速度が速いモノを選びましょう。

4K HDRへの対応

By: sony.jp

HDRとはハイダイナミックレンジと読み、高画質な映像コンテンツに欠かせない機能です。HDRに対応していると映像本来の明るさや色、コントラストを高くできるため、より色鮮やかでクリアな映像の再生ができます。

ただ、HDRを楽しむためには4Kテレビとゲーム機の両方がHDRに対応している必要があるため注意しましょう。ゲーム機のなかではPS4やPS4 Pro、Xbox One SがHDRに対応しています。

また、HDRはゲームだけでなく「Netflix」などのHDR映像を観るためにも必要です。HDR対応コンテンツを利用している方や利用予定のある方は、HDR対応の4Kテレビを選びましょう。

内蔵スピーカーの音質と音量、サウンド機能を確認する

By: sony.jp

ゲームへの没入感を高めるためにサウンド機能にも注目しましょう。4Kテレビのなかには高性能のスピーカーを搭載しているモノや画面から音を出して映画館のような迫力を感じられるモノなど、さまざまな工夫を凝らしたモデルがあります。

ただ、薄型の4Kテレビはサウンド面を重視の方には不向きです。省スペース性に優れていることから人気がありますが、内蔵スピーカーのサイズも4Kテレビの大きさに比例して小さく、音質も劣化する傾向にあります。

それでも薄く高音質な4Kテレビが欲しい方は、できるだけ高音質になるよう工夫を凝らしたモノを選びましょう。特にゲームや映画を楽しむ場合は、音が周囲から鳴っているように疑似体験できるサラウンド機能や、重低音をブーストできるモデルがおすすめです。

ゲーム用4Kテレビのおすすめモデル

ハイセンス(HISENSE) 4K対応液晶テレビ 58S6E

機能性に優れたゲーム用4Kテレビです。明暗部による色ムラの少ない「直下型バックライト」や、動きのあるシーンもくっきりと映し出す「SMR」を搭載。お気に入りのゲームをきれいな映像で楽しめます。最小遅延を約0.83msに抑える「低遅延ゲームモード」を使えば、動きの速いゲームも快適にプレイ可能です。

最先端の音響最適補正技術「Eilex Prism」、高品位サラウンドサウンド「DOLBY AUDIO」など、音質面に優れているのも大きなポイント。Googleアシスタント・Amazon Alexa対応のスマートスピーカーと繋げれば、テレビを消したり、音量を調節したり、さまざまな操作が音声のみで可能です。

東芝(TOSHIBA) REGZA 50M540X

東芝の人気シリーズ「REGZA」の2020年モデル。視聴環境の明るさや色温度の違いをリアルタイムに検出する「おまかせAIピクチャー」を採用することで、ゲームはもちろん映画やスポーツなど、さまざまなコンテンツが高画質で楽しめます。高音から低音までバランスのよい迫力のあるサウンドを再現する「レグザパワーオーディオシステム」を搭載しているのも魅力。

画像処理の遅延時間を約0.83msに短縮する「映像遅延時間短縮」や、液晶表示の残像感を効果的に低減する「4Kダイレクトモーション120」により、FPSや格闘ゲームのような機敏なプレイが要求されるゲームも快適に楽しめます。2つのコンテンツを同時に楽しめる「ダブルウインドウ」を使えば、テレビを見ながらゲームをプレイすることが可能です。

ティーシーエル(TCL) 4K液晶テレビ 43K601U

ゲーム用の4Kテレビが欲しいけど、価格が高くて手が出せない方におすすめのモデルです。気軽に購入できるリーズナブルな価格を実現しながら、奥行きや質感までリアルに再現する「HDR」や、鮮やかな色彩を再現する「4K UHD」に対応。きれいな映像でゲームが楽しめます。

また、スタイリッシュな「黒色メタル製ベゼル」を採用することで、デザイン性に優れているのもポイント。インターフェイスには、4K60fpsに対応したHDMI端子を搭載しています。

シャープ(SHARP) AQUOS 4T-C40BH1

価格と性能のバランスに優れたシャープの人気モデル。照明や外光の映り込みを抑える「高精細4K低反射液晶パネル」を採用しており、部屋の明るさに左右されることなく、見やすい画面でゲームが楽しめます。また、高音域から低音域まで臨場感豊かに再現する「バスレフ型スピーカーボックス」により、高音質でゲームが楽しめるのも特徴です。

ほかにも、新4K衛星放送を視聴中に別の裏番組が録画できる「4Kダブルチューナー」や、無操作で一定時間経過すると自動で電源が切れる「無操作電源オフ」など、便利な機能を多数搭載。ボタン数が少なく文字が見やすい「シンプルリモコン」を採用しているのも魅力のひとつです。

パナソニック(Panasonic) VIERA TH-43GX755

基本性能が充実したゲーム用4Kテレビです。斜めから見ても色やコントラストの変化が少ない「4K高輝度IPS液晶パネル」を採用。家族や友人など大人数でゲームを楽しみたい方におすすめです。動きの速い映像も残像を抑えてクッキリ描写する「クリアモーション」により、FPSや格闘ゲームのようなレスポンスが重要なゲームもノンストレスで楽しめます。

音質面では、合計出力30Wの高出力で映像の臨場感を高める「ダイナミックサウンドシステム」や、好みに合わせた音を選べる「サウンドモード」を搭載。お気に入りのゲームを高音質で楽しめるのも特徴です。

三菱電機(MITSUBISHI) REAL LCD-A40RA2000

機能性に優れたゲーム用4Kテレビです。動きのある映像をより滑らかに表現する「ダイヤモンドモーション120」や、画面に表示するまでの遅延を軽減させる「ゲームモード」を搭載。コンマ1秒を争う機敏なプレイが要求されるゲームも快適に楽しめます。

さらに、クオリティの高いサウンドが楽しめる「DIATONE NCV スピーカー」は、画面から音が出るような臨場感を実現する技術「DIATONEリニアフェイズ」など、音質面に優れているのもポイント。ボタンひとつで画面を見やすい角度に調節できる「オートターン」を使えば、いつでもベストポジションでゲームが楽しめます。

ソニー(SONY) BRAVIA KJ-49X9500G

超解像エンジン「4K X-Reality PRO」を搭載した、ゲーム用4Kテレビ。ゲーム専用のデータベースを参照することで、あらゆるジャンルのゲームが臨場感あふれる高精細映像で楽しめます。ブラビア独自の「4Kアップコンバート技術」により、フルハイビジョン画質のゲームがきれいな映像で楽しめるのもポイントです。

スマホのゲームが大画面で楽しめる「Chromecast」や、さまざまなコンテンツが楽しめる「Video & TV SideView」など、便利な機能が充実しているのもポイント。3次元のリアルな立体音響を実現する「ドルビーアトモス」と、独自の音響技術「アコースティック マルチ オーディオ」により、外部スピーカーに繋がなくても臨場感のあるサウンドが楽しめます。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) 4K有機ELテレビ OLED55C9PJA

LGエレクトロニクスの映像技術を詰め込んだ、人気のモデルです。AI対応映像エンジン「α9 Gen2 Intelligent Processor」を搭載することで、有機ELパネルのパフォーマンスを最大限に活かすことが可能。奥行き感や立体感のあるリアルな映像でゲームが楽しめます。漆黒の表現力に優れているのも特徴なので、暗闇の多いホラーゲームを楽しむのにもおすすめです。

HDMI 2.1に対応しているため、動きの激しいゲームが滑らかな映像で楽しめるのも魅力。どこに座っても最適なサウンドが届く「オートサウンドチューニング」や、映像のジャンルを分析してサウンドを最適化する「AIサウンド」など、音質面に優れているのもポイントです。

SUNRIZE 4K液晶テレビ tv75-4K

ハイスペックながら手頃な価格を実現した、ゲーム用4Kテレビです。広い視野角が魅力の「IPSパネル」や、色彩をより豊かに表現する「直下型LEDバックライト」を搭載。画面サイズは75インチと非常に大きいため、お気に入りのゲームが迫力のある高精細映像で楽しめます。

応答速度は8msに対応しており、動きの激しいゲームもノンストレスで快適にプレイが可能。視聴と録画が同時に可能な「ダブルチューナー」、複数のデバイスを繋いでおける4つのHDMI端子など、基本性能が充実しているのも嬉しいポイントです。

ティーシーエル(TCL) 4K液晶テレビ 65X10

コストパフォーマンスに優れたゲーム用4Kテレビです。比較的手の出しやすい価格を実現していながら、従来の液晶テレビよりも色再現性に優れた「量子ドットLED」や、動きの速い映像もくっきり滑らかに楽しめる「MEMC」、素材の質感や風景の奥行き感をリアルに再現できる「15000個のミニLEDライト」など、最先端の映像技術を多数搭載。

3次元のリアルな立体音響を実現する「Dolby Atomos」により、臨場感あふれるパワフルなサウンドが堪能できます。スマホのコンテンツを大画面で楽しめる「クロームキャスト」、さまざまなコンテンツが気軽に楽しめる「Android TV」などのオプション機能も魅力です。