家庭用ゲーム機のハイスペック化が進み、今やゲームのグラフィックは実写と見間違えるほどリアルな映像になっています。ゲームプレイに最適な機能を搭載した4Kテレビも続々とリリースされています。

そこで今回は、ゲームに最適な4Kテレビの選び方のポイントと、人気モデルの中からおすすめの4Kテレビをご紹介します。

4Kモニターと4Kテレビの違い

「4Kモニター」と「4Kテレビ」は、映像を映すという機能は同じです。しかし、パソコン用に開発されたモニターと、テレビ放送を視聴するために開発されたテレビとでは利用シーンが異なるため、搭載されている機能もそれぞれ違っています。

テレビチューナーの有無

4Kモニターは、パソコンと接続して画像を映すための周辺機器です。テレビを視聴するためのものではないため、基本的にテレビチューナーは搭載されていません。一方、4Kテレビには地上デジタル放送やCS放送を視聴するための機器なので、標準装備としてテレビチューナーが内蔵されています。

内蔵スピーカーが搭載されているかどうか

By: toshiba.co.jp

4Kモニターはパソコンに最適化された映像機器のため、スピーカー未搭載のモデルが主流です。一部、スピーカーを搭載しているモデルもありますが、4Kテレビと比べるとゲームや映像コンテンツを十分に楽しむには、用途として物足りなさを感じるのは否めません。

4Kテレビは放送番組の視聴や映画などの映像コンテンツ、ゲームを楽しむことを想定して設計されています。サウンド面でこだわりのある製品が多い点も、モニターとテレビの異なる部分です。

ゲーム用4Kテレビの選び方

画面サイズは視聴距離で決める

By: sony.jp

4Kテレビを視聴する距離によって、最適な画面サイズが異なります。距離が離れているのに画面が小さいと、細かな部分が見難く、近くから観るのに大画面だと画面全体を見渡せないなど、ゲームを満足に楽しめません。4Kテレビは大きければ大きいほどいいというわけではないので、注意してください。

視聴距離が約1.5~1.8mであれば32~49型、視聴距離が約1.8~2.0mであれば50~55型がおすすめです。ゲーム用4Kテレビの場合、設置場所に余裕があるのならば、40型以上のテレビを選びましょう。

操作と映像の遅延時間が短い機種を選ぶ

By: toshiba.co.jp

プレイヤーの操作に対して映像の反応速度のズレ(遅延)があると、ゲームプレイにストレスを感じることも少なくありません。特に、FPSや格闘ゲームをプレイする場合は、勝敗にも大きく影響します。ゲーム用の4Kテレビを選ぶ際は「映像遅延が少ない」や「反応速度が速い」など、ゲーム機能に対応しているかどうかをチェックしましょう。

4K HDRへの対応

By: sony.jp

HDR(ハイ・ダイナミックレンジ)とは、映像本来の明るさや色、コントラストを高くすること。より鮮明でリアルな描写を可能とした高画質機能のことで、テレビがHDR信号に対応していない場合は、画像自体が表示されないので注意が必要です。ゲーム機では、PS4やPS4 Pro、Xbox One Sが対応しています。

「Netflix」や「ひかりTV 4K」などのHDR映像サービスや、Ultra HD ブルーレイレコーダーなど、HDRコンテンツを楽しむためにも必要な機能なので、4Kテレビを選ぶ際には必ずチェックしましょう。

内蔵スピーカーの音質と音量、サウンド機能を確認する

By: toshiba.co.jp

4Kテレビを選ぶ上でポイントとなるのが画面はもちろん、サウンド面も重要です。薄型テレビはスピーカーを内蔵するスペースが確保しにくいため、ボリュームを上げても小さく聞こえたり、音が割れたりすることもあります。

特に4Kテレビでゲームや映画などの映像コンテンツを楽しむ方は、サラウンド機能や重低音などのサウンド機能も必ず確認しましょう。

ゲーム用4Kテレビのおすすめ

東芝(TOSHIBA) 40V型 4K対応 LED液晶テレビ REGZA 40M510X

レグザの「M510Xシリーズ」は、4K HDR対応の4Kテレビです。約5.8msecの低遅延と高画質を実現した4Kゲーム・ターボ機能を備えています。格闘ゲームのように、1秒未満の素早い操作が求められるゲームをプレイする際におすすめです。

また、オンキヨーと共同開発したクリアダイレクトスピーカーは、透明感のある響きと厚みのあるサウンドが特長。ゲームの迫力と臨場感を演出します。ゲーム機能はもちろん、高画質とサウンドのバランスが良好。4Kテレビの入門機としておすすめのテレビです。

東芝(TOSHIBA) 49V型 4K対応 LED液晶テレビ REGZA 49BZ710X

レグザの「BZ710Xシリーズ」は、高画質に加えて迫力の重低音が魅力の高機能モデルです。4Kゲーム・ターボの搭載で、約10msecの低遅延で、コントローラーのレスポンスが勝敗を決めるアクションゲームも快適にプレイできます。

同シリーズのもうひとつの魅力は、迫力の重低音が体感できる「バズーカオーディオシステム」。オンキヨーと共同開発した「バズーカウーファー」によって迫力ある重低音とリアルなサウンドが楽しめます。

東芝(TOSHIBA) 50V型 4K対応 LED液晶テレビ REGZA 50Z810X

レグザ「Z810Xシリーズ」は、豊かな色彩や高精細な映像表現力に優れた「レグザエンジンBeauty PRO」を搭載したハイエンドモデルです。ゲームの快適さを追及した「4Kゲーム・ターボプラス」の採用することで、高精細画像とゲーム時の画像遅延を0.83msecまで短縮。遅延のストレスを気にすることなく快適なゲームプレイが楽しめます。

また、レグザパワーオーディオシステムを採用しているのもポイント。高音から低音まで立体感のあるクリアな音がテレビで楽しめます。ゲームをはじめ、地デジ番組、ブルーレイ、VODなど、さまざまな映像コンテンツを楽しみたい方におすすめです。

ソニー(SONY) 43V型 4K 液晶テレビ BRAVIA KJ-43X8000E

ブラビア「X8000Eシリーズ」はHDR信号に対応した4Kテレビです。ソニー独自の「トリルミナスディスプレイ」技術を採用して色再現領域を拡大。よりリアルな色彩を楽しめます。また、高画質映像エンジン「4K X-Reality PRO」により、動きの激しいアクションゲームでも、遅延が少なく直感的なゲームプレイができるものポイントです。

また、クリアで豊かな低音を出す「バスレフ型スピーカー」や、マルチサラウンドシステムを4Kテレビのスピーカーだけで再現する「S-Force フロントサラウンド」技術など、迫力のある音にもこだわっています。4Kテレビでゲームだけでなく、動画ストリーミングサービスなどの映像コンテンツも楽しみたい方におすすめです。

ソニー(SONY) 49V型 4K 液晶テレビ BRAVIA KJ-49X9000E

ブラビア「X9000Eシリーズ」は、ゲームはもちろん、テレビ番組やネット動画など、4Kの美しさで楽しめる機能を備えた高画質4Kテレビです。ソニー独自開発の4K高画質プロセッサー「HDR X1」と「4K X-Reality PRO」による画像処理によって、細部までリアルに映し出すのが特長です。

また、スタンドで自立させる「テーブルトップスタイル」のほか、別売りの壁掛けユニットを使用すれば「壁掛けスタイル」にも対応できます。テレビまわりがスッキリするので、省スペースを考えている方にもおすすめです。

ソニー(SONY) 55V型 4K 液晶テレビ BRAVIA KJ-55X9500E

ブラビア「X9500Eシリーズ」は、高音質サウンドと高精細な映像にこだわった高性能モデル。ソニーの高画質モデルZ9Dシリーズにも搭載されている4K高画質プロセッサー「X1 Extreme」と、映像エンジン「4K X-Reality PRO」を搭載しています。

テレビ番組など、普段の見ているフルHD画像を4K画質にアップコンバートが可能で、映像本来の細かな質感を4K画質でリアルに再現。低遅延と高画質を両立している「ゲームモード」機能でゲームプレイも思う存分堪能できます。

同シリーズは、ハイレゾ対応のスピーカーを搭載しているのも大きな特長。リアルで迫力のある音楽が楽しめます。映像もサウンドも妥協したくないという、スペック重視の方におすすめです。