家庭用ゲーム機のグラフィックや操作性の向上により、バーチャル空間への没入感は日に日に高まっています。ゲーム世界をリアルに感じるためには、より高画質な4Kテレビも欠かせません。

そこで今回は、ゲームにおすすめの4Kテレビをご紹介。4Kテレビの選び方や4Kモニターとの違いなども解説しているので、購入を検討している方はチェックしてみてください。

4Kモニターと4Kテレビの違い

テレビチューナーの有無

4Kモニターと4Kテレビはどちらも4Kの映像を映す点で共通していますが、使用用途は異なります。4Kテレビはテレビ放送を視聴するために開発された機器のことで、テレビ放送を視聴できます。

一方、4Kモニターはパソコンなどに接続して映像を映す機器です。テレビチューナーは搭載されておらず、4Kモニター単体ではテレビを視聴できません。

内蔵スピーカーが搭載されているかどうか

By: toshiba.co.jp

4Kモニターはパソコンなどに接続して使用することを前提として開発されています。そのため映像を映す機能のみ搭載したモノが多く、スピーカーを内蔵している機器は少数です。

また、スピーカーを内蔵していたとしても、4Kモニターの音質は基本的に4Kテレビよりも劣るため音質重視の方にはおすすめできません。

一方、4Kテレビはテレビ放送やDVD、ゲームなどで使用することを前提として開発されています。そのためスピーカーを内蔵しているモノが多く、音作りに力を入れているモノも多いため、映画やゲームを高音質で楽しみたい方におすすめです。

ゲーム用4Kテレビの選び方

画面サイズは視聴距離で決める

適切な画面サイズは、4Kテレビと視聴場所との距離によって異なります。大画面の方が迫力を感じられますが、近くから大画面で観ると画面全体を見渡せず目にも悪影響です。逆に視聴場所が遠いのに、小さな画面だと細かい部分まで観えません。

目安として、4Kテレビからの視聴場所までの距離が1.5~1.8mまでの場合は32~49型、1.8~2.0mの場合は50~55型のモノがおすすめです。

特にゲーム用の4Kテレビを検討している方は、ゲームへの没入感を高められるよう40型以上のモデルが適しています。大型のモノを選ぶ場合は設置スペースにも留意しておきましょう。

操作と映像の遅延時間が短い機種を選ぶ

ゲーム用として4Kテレビを検討する場合は、コマンドを入力してから画面に反映されるまでの間に遅延の発生しないモノがおすすめです。テレビ番組などを観るために使用する場合は関係ありませんが、ゲームプレイ時に大きく影響します。

特にFPSや格闘ゲームなどをする方は、0.1秒の遅延が勝敗を分けることもあるため、遅延の少ないモノや反応速度が速いモノを選びましょう。

4K HDRへの対応

By: sony.jp

HDRとはハイダイナミックレンジと読み、高画質な映像コンテンツに欠かせない機能です。HDRに対応していると映像本来の明るさや色、コントラストを高くできるため、より色鮮やかでクリアな映像の再生ができます。

ただ、HDRを楽しむためには4Kテレビとゲーム機の両方がHDRに対応している必要があるため注意しましょう。ゲーム機の中ではPS4やPS4 Pro、Xbox One SがHDRに対応しています。

また、HDRはゲームだけでなく「Netflix」などのHDR映像を観るためにも必要です。HDR対応コンテンツを利用している方や利用予定のある方は、HDR対応の4Kテレビを選びましょう。

内蔵スピーカーの音質と音量、サウンド機能を確認する

By: sony.jp

ゲームへの没入感を高めるためにサウンド機能にも注目しましょう。4Kテレビの中には高性能のスピーカーを搭載しているモノや画面から音を出して映画館のような迫力を感じられるモノなど、さまざまな工夫を凝らしたモデルがあります。

ただ、薄型の4Kテレビはサウンド面を重視の方には不向きです。省スペース性に優れていることから人気がありますが、内蔵スピーカーのサイズも4Kテレビの大きさに比例して小さく、音質も劣化する傾向にあります。

それでも薄く高音質な4Kテレビが欲しい方は、できるだけ高音質になるよう工夫を凝らしたモノを選びましょう。特にゲームや映画を楽しむ場合は、音が周囲から鳴っているように疑似体験できるサラウンド機能や、重低音をブーストできるモデルがおすすめです。

ゲーム用4Kテレビのおすすめ

ハイセンス(HISENSE) 4K smart BS/CS 4Kチューナー内蔵 LED液晶テレビ 50型 50A6800

ハイセンス(HISENSE) 4K smart BS/CS 4Kチューナー内蔵 LED液晶テレビ 50型 50A6800

ハイセンスの50V型4Kテレビです。画面が大きいため、少し離れて視聴するのに適しています。HDR対応のほか、レグザと共同開発した高性能な画像エンジンを搭載しているのが特徴。薄暗いホラーゲームから色鮮やかなRPGまで幅広くリアルな色彩で楽しめます。

また、FPSや格闘ゲームなどに適した「低遅延ゲームモート」を搭載。最小遅延約0.83msecとほとんど遅延なくプレイできるのが魅力です。さらに、フレームを補間する「SMR」にも対応。フレーム間にフレームを作りだすためブレが少なく、スピード感のある映像もスムーズに再生できます。

サウンドにもこだわっており、人の音声をよりクリアに再生する「Clear Sound」を搭載。さらに「DOLBY AUDIO」や「Hi-Sound Pro」にも対応しているのがポイント。ゲームだけでなく、映画や音楽映像も高音質で再生できます。操作性に優れているためエントリーモデルとしてもおすすめです。

東芝(TOSHIBA) REGZA 50M520X

東芝(TOSHIBA) REGZA 50M520X

東芝レグザシリーズの50V型4Kテレビです。レグザエンジンを搭載しており、滑らかなグラデーション表現可能。4K衛生放送だけでなく、地上デジタル放送もより色鮮やかに映し出せます。

特にゲーム用として魅力的なのは「4K瞬速ゲームダイレクト」機能。遅延時間がわずか0.83msecと短いため、コンマ1秒のコマンド入力で勝敗がつく格闘ゲームにもおすすめです。

さらに、HDMI2560×1440 60p入力に対応しており、より高精細なゲームも4K解像度のまま鮮明に映し出せます。PlayStation Vita TV専用のモードもあり、ポータブル機の接続にもおすすめです。

バスレフ型フルレンジスピーカーを搭載しているため、低音から高音までバランスよく再生できます。また、音像補正技術で画面から音が聞こえるように設計されており、映像と音声との間に一体感を感じられるのも魅力です。

ソニー(SONY) 4K液晶テレビ X9000Fシリーズ BRAVIA KJ-49X9000F

ソニー(SONY) 4K液晶テレビ X9000Fシリーズ BRAVIA KJ-49X9000F

ブラビアのX9000シリーズから出ている49V型4Kテレビです。HDRに対応しているほか、LEDバックライトを液晶パネル下に配置。明暗のディテールもクリアに再生できるのが特徴です。

また、ソニー独自のアルゴリズムにより、消費電力はそのままに暗いシーンの微妙なコントラストも再生。画面が暗くなりがちなホラーゲームなどにも適しています。

さらに「HDRリマスター」機能も搭載。オブジェクトごとに色を分析・調整し、さまざまな映像をHDR相当のコントラストまでアップコンバートできます。

また、本製品は高音質な「ドルビービジョン」に対応。加えてバーチャルサラウンド機能「S-Force フロントサラウンド」を搭載しているため、横や後ろへと音が移動し、より高い臨場感を味わえます。立体的な音響を楽しみたい方は、「ドルビーアトモス」に対応したサウンドバー「HT-X9000F」と併用するのがおすすめです。

パナソニック(Panasonic) 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ TH-55EX850

パナソニック(Panasonic) 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ TH-55EX850

ビエラシリーズの55V型4Kテレビです。HDRに対応しており、白とびしやすい光のもやや黒く潰れやすい薄暗いシーンもクリアに再生できます。加えて、パナソニックの独自テクノロジー「ヘキサクロマドライブ」を搭載。色補正ポイントが多いため、薄暗いシーンでも色のグラデーションを高精細に表現します。

また、ハイレゾ対応スピーカー2つのほかに10個のスピーカーを搭載しており、音が体を包み込むように感じられるのが魅力です。特に「ミュージックモード」では、幅広い音楽ジャンルを十分に楽しめるため、音楽系のゲームをプレイする方やゲームミュージックにこだわりのある方にも適しています。

さらに、「ユーザーモード」では自分好みのサウンドに設定可能。爆発やアクションの多いゲームでは低音をアップし、ゲームミュージックを楽しみたい場合は、バランスよくチューニングするなどシーンに応じて変えられるのが魅力のモデルです。

シャープ(SHARP) AJ1ライン AQUOS 4K液晶テレビ 4T-C40AJ1

シャープ(SHARP) AJ1ライン AQUOS 4K液晶テレビ 4T-C40AJ1

アクオスシリーズの40V型4Kテレビです。回転式スタンドを採用しており、テレビの位置調整が難しい場合や、視聴場所が広い場合などに便利。4K低反射パネルを搭載しているため、テレビ前面にあるモノの映り込みも抑えられます。

さらに「4K-Master アップコンバート」機能も搭載しており、地上デジタル放送などもクリアな映像で楽しめるのがポイント。テレビ視聴だけでなく、滑らかに映像を再生する「120スピード」なども搭載しているため、スピード感のある格闘ゲームやアクションゲームにもおすすめです。

また、消費電力を抑えたまま画面を明るくできる「リッチブライトネス」機能を搭載しており、節電したい方にも適しています。加えて、本製品はオーディオメーカーで有名なオンキヨーとコラボレーションモデルで、音抜けのよい2.1chフロントオープンサウンドシステムを搭載しているのが魅力。音質にこだわった4Kテレビを探している方におすすめです。

ソニー(SONY) BRAVIA 4K有機ELテレビ A8Fシリーズ KJ-55A8F

ブラビアシリーズの55V型4Kテレビです。有機ELを採用しており、液晶よりも高画質で消費電力を抑えられるのが特徴です。比較的高額なモデルですが、その分高精細な映像を楽しめます。

また、ソニー独自の階調変換機能やコマ数補間技術を搭載。薄暗い映像も微細なコントラストを検知・再現し、スピード感のある映像も滑らかに再生します。戦闘の多いアクションゲームなどにもおすすめです。

サウンド面では、画面そのものから音が出る「アコースティックサーフェス」を搭載。音声と映像との位置にズレがないため、より自然な形で視聴できます。さらに、音声のみのボリューム調節ができる「ボイスズーム」も搭載。ゲームBGMが大きい時もバランスよく再生できます。

本体背面には、サブウーファーを2基搭載しているため重低音の迫力も十分。バーチャルサラウンドサウンドに対応しており、ゲームへの高い没入感が味わえます。

パナソニック(Panasonic) 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ TH-49FX750

パナソニック(Panasonic) 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ TH-49FX750

ビエラシリーズの49V型4Kテレビです。視野が広く明るい「4K高輝度IPS液晶パネル」を採用しているのが魅力。座ったままでも寝ころびながらでも快適にゲームをプレイできます。

また、地震に強い「転倒防止スタンド」を採用しているのも特徴です。スタンドの底面がテレビ台に吸着しているため、地震の多い地域でも安心して使用できます。移動する際はスイッチを押すと簡単に吸着を解除できるため、模様替えの際も便利です。

そのほか、映像をオブジェクトごとに分析する「ヘキサクロマドライブ」を搭載しているのも魅力。質感や色、コントラストなどをよりリアルに再生できるほか、「Wエリア制御」によるグラデーション豊かな暗黒色で、ホラーゲームなどをより楽しめます。

さらに、コマを補間する「倍速表示」にも対応。動きの速い映像でもブレを抑えてクリアに再生するため、スピーディなアクションゲームにも適しています。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) OLED TV G8P series OLED55C8PJA

LGエレクトロニクス(LG Electronics) OLED TV G8P series OLED55C8PJA

55V型の4Kテレビです。HDRに対応している上、有機ELパネルを採用しているため、液晶タイプよりも高精細な映像を映し出せるほか、消費電力も抑えられます。

また、映像に含まれるノイズを4段階で徹底的に除去するため、よりクリアな映像で再生可能です。鮮明な色を再現する機能も有しており、滑らかなコントラストを楽しめます。

サウンド面は、高音質なドルビーアトモスに対応しているため、よりゲームへの没入感を高められるのが魅力。薄型ながらも10Wのフルレンジスピーカーを2基と10Wのウーファーを2基搭載しており、テレビ本体だけでも迫力のあるサウンドで楽しめます。

シャープ(SHARP) UH5ライン AQUOS 4K液晶テレビ LC-60UH5

シャープ(SHARP) UH5ライン AQUOS 4K液晶テレビ LC-60UH5

大画面でゲームをプレイしたい方におすすめの60V型4Kテレビです。HDRに対応しているほか、アクオス4Kシリーズの独自エンジンで地上波放送も高品位な映像で楽しめます。

また、「リッチカラーテクノロジー プロ」や「4K-Master アップコンバート」機能を搭載。ゲームやインターネットの画面など、あらゆるコンテンツの映像をより色彩表現豊かに表現できるのが魅力です。

さらに、「リッチブライトネス」にも対応しており、消費電力を抑えたまま画面を明るくできます。そのほか、2.1chのスピーカーを搭載しており、自然な音場の広がりが感じられるのも魅力。画質と音質にこだわりたい方におすすめのモデルです。

パナソニック(Panasonic) 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン有機ELテレビ TH-55FZ1000

パナソニック(Panasonic) 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン有機ELテレビ TH-55FZ1000

55V型の4Kテレビです。明暗の階調を滑らかに表現する「ヘキサクロマドライブ プラス」を搭載しているのが特徴。明暗の微妙なグラデーションを映し出せるため、ビビットなカラーの多いアクションゲームや暗いシーンの多いホラーゲームにもおすすめです。

薄さ4.6mmとスマートに設置できるため、壁掛けでも使用できます。壁掛け設置時は、スピーカーと画面がフラットになるため、インテリアの邪魔になりません。

また、薄型ながらも本体には計80Wのスピーカーを内蔵しており、迫力のある低音を楽しめます。