家庭用ゲーム機のグラフィックや操作性の向上により、バーチャル空間への没入感は日に日に高まっています。ゲーム世界をリアルに感じるためには、より高画質な4Kテレビも欠かせません。

そこで今回は、ゲームにおすすめの4Kテレビをご紹介。4Kテレビの選び方や4Kモニターとの違いなども解説しているので、購入を検討している方はチェックしてみてください。

4Kモニターと4Kテレビの違い

テレビチューナーの有無

4Kモニターと4Kテレビはどちらも4Kの映像を映す点で共通していますが、使用用途は異なります。4Kテレビはテレビ放送を視聴するために開発された機器のことで、テレビ放送を視聴できます。

一方、4Kモニターはパソコンなどに接続して映像を映す機器です。テレビチューナーは搭載されておらず、4Kモニター単体ではテレビを視聴できません。

内蔵スピーカーが搭載されているかどうか

By: toshiba.co.jp

4Kモニターはパソコンなどに接続して使用することを前提として開発されています。そのため映像を映す機能のみ搭載したモノが多く、スピーカーを内蔵している機器は少数です。

また、スピーカーを内蔵していたとしても、4Kモニターの音質は基本的に4Kテレビよりも劣るため音質重視の方にはおすすめできません。

一方、4Kテレビはテレビ放送やDVD、ゲームなどで使用することを前提として開発されています。そのためスピーカーを内蔵しているモノが多く、音作りに力を入れているモノも多いため、映画やゲームを高音質で楽しみたい方におすすめです。

ゲーム用4Kテレビの選び方

画面サイズは視聴距離で決める

適切な画面サイズは、4Kテレビと視聴場所との距離によって異なります。大画面の方が迫力を感じられますが、近くから大画面で観ると画面全体を見渡せず目にも悪影響です。逆に視聴場所が遠いのに、小さな画面だと細かい部分まで観えません。

目安として、4Kテレビからの視聴場所までの距離が1.5~1.8mまでの場合は32~49型、1.8~2.0mの場合は50~55型のモノがおすすめです。

特にゲーム用の4Kテレビを検討している方は、ゲームへの没入感を高められるよう40型以上のモデルが適しています。大型のモノを選ぶ場合は設置スペースにも留意しておきましょう。

操作と映像の遅延時間が短い機種を選ぶ

ゲーム用として4Kテレビを検討する場合は、コマンドを入力してから画面に反映されるまでの間に遅延の発生しないモノがおすすめです。テレビ番組などを観るために使用する場合は関係ありませんが、ゲームプレイ時に大きく影響します。

特にFPSや格闘ゲームなどをする方は、0.1秒の遅延が勝敗を分けることもあるため、遅延の少ないモノや反応速度が速いモノを選びましょう。

4K HDRへの対応

By: sony.jp

HDRとはハイダイナミックレンジと読み、高画質な映像コンテンツに欠かせない機能です。HDRに対応していると映像本来の明るさや色、コントラストを高くできるため、より色鮮やかでクリアな映像の再生ができます。

ただ、HDRを楽しむためには4Kテレビとゲーム機の両方がHDRに対応している必要があるため注意しましょう。ゲーム機のなかではPS4やPS4 Pro、Xbox One SがHDRに対応しています。

また、HDRはゲームだけでなく「Netflix」などのHDR映像を観るためにも必要です。HDR対応コンテンツを利用している方や利用予定のある方は、HDR対応の4Kテレビを選びましょう。

内蔵スピーカーの音質と音量、サウンド機能を確認する

By: sony.jp

ゲームへの没入感を高めるためにサウンド機能にも注目しましょう。4Kテレビのなかには高性能のスピーカーを搭載しているモノや、画面から音を出して映画館のような迫力を感じられるモノなど、さまざまな工夫を凝らしたモデルがあります。

ただ、薄型の4Kテレビはサウンド面を重視の方には不向きです。省スペースに設置できることから人気がありますが、内蔵スピーカーのサイズも4Kテレビの大きさに比例して小さく、音質も劣化する傾向にあります。

それでも薄く高音質な4Kテレビが欲しい方は、できるだけ高音質になるよう工夫を凝らしたモノを選びましょう。特にゲームや映画を楽しむ場合は、音が周囲から鳴っているような疑似体験できるサラウンド機能や、重低音をブーストできるモデルがおすすめです。

ゲーム用4Kテレビのおすすめモデル

パナソニック(Panasonic) 4Kダブルチューナー内蔵ビエラ JZ2000シリーズ TH-55JZ2000

独自の有機ELディスプレイを搭載したゲーム用4Kテレビ。パネルの性能を最大限に引き出して高コントラストな映像を楽しめるのが魅力です。遅延を防ぐ専用モード「ゲームモード エクストリーム」に対応しているのもポイント。動きの速いゲームも楽しめます。

音質面では、音を天井に反射させる「イネーブルドスピーカー」、横方向に音が広がる「ワイドスピーカー」を搭載。Bluetoothオーディオ連携を利用すれば、スマホの音楽をテレビで再生したり、テレビの音をヘッドホンで楽しんだりもできます。

テレビ台にしっかりと吸着する独自構造のスタンドを採用しているのも特徴。転倒を防ぐため、小さな子供やペットがいる家庭でも安心して使えます。

パナソニック(Panasonic) 4Kダブルチューナー内蔵ビエラ JX750シリーズ TH-40JX750

比較的リーズナブルながら性能に優れたゲーム用4Kテレビです。自動的に低遅延のモードに切り替える「ゲームモード」に対応。動きの速いゲームも快適にプレイできます。

音質面では、音響特性・音像定位を改善した高音質設計の「20W スピーカーシステム」を搭載しているのが特徴。迫力あるサウンドが楽しめます。

声でテレビを操作できるスマートスピーカー連携のほか、スマホの動画や写真をテレビに映せる「TVシェア」などの便利な機能を搭載。機能が充実しているゲーム用4Kテレビを探している方におすすめです。

ソニー(SONY) BRAVIA 4K液晶テレビ X90Jシリーズ XRJ-65X90J

認知特性プロセッサー「XR」を搭載したゲーム用4Kテレビ。お気に入りのゲームを色鮮やかな映像で楽しめるのが特徴です。HDMI2.1でサポートする4K/120fpsの高フレームレートに対応しているのもポイント。さまざまなゲームを快適に楽しめます。

機能面では、スマホのコンテンツが大画面で楽しめる「Chromecast built-in」「Apple AirPlay 2」を搭載しているのも魅力。また、精度の高い音質と重低音を実現した「X-Balanced Speaker」や、3次元の立体音響を体感できる「ドルビーアトモス」など、音質面にも優れています。

ソニー(SONY) BRAVIA 4K有機ELテレビ A90Jシリーズ XRJ-55A90J

ソニー「BRAVIA」の2021年モデルです。人の目にとって自然で鮮やかな色を再現する「XR トリルミナス プロ」を搭載。また、被写体に合わせてコントラストを向上させるなど、自然で美しい映像を実現しています。

画面から直接サウンドを届ける音響技術「アコースティック サーフェス オーディオ プラス」により、リアルな映像体験が楽しめるのも大きな特徴です。

遅延を気にせず美しい映像でゲームが楽しめるHDMI2.1対応モデルなのも嬉しいポイント。FPSやアクションゲームも快適に楽しめます。

東芝(TOSHIBA) REGZA 55X8900K

便利な機能が充実したゲーム用4Kテレビです。画像処理の遅延時間を約0.83msecに短縮する「有機EL瞬速ゲームモード」を搭載しているのが特徴。動きの速い映像を滑らかに再現する4K/120P出力に対応しています。ボタンを押すタイミングが重要なゲームをプレイしやすいのも魅力です。

クリアな高域再生とパワフルな低音再生を実現する「レグザ重低音立体音響システムXP」を採用しているのもポイント。また、迫力のあるサウンドが楽しめる立体音響技術「Dolby Atmos」や、自然な音像定位を実現する「レグザ サウンドプロセスVIR」などを搭載しており音質面にも優れています。

自動でゲーム機器を判別してぴったりな設定に変更する「オートゲームアジャスト」に対応。ゲーム機の種類ごとに設定変更しなくても、美しい映像でゲームが楽しめます。

東芝(TOSHIBA) REGZA 48X9400S

レグザパワーオーディオX-PRO2を搭載したゲーム用4Kテレビ。10個のスピーカーと142Wのマルチアンプで立体感のあるサウンドが楽しめます。ゲーム中に高速で処理する「有機EL瞬速ゲームモード」に対応しているのも嬉しいポイントです。

映像面では、レグザ専用高コントラスト有機ELパネルを搭載。鮮やかなカラーを再現します。また、クラウド連携する高画質映像処理エンジン「ダブルレグザエンジンCloud PRO」を採用しているのも魅力。お気に入りのゲームはもちろん、地上デジタル放送やネット動画も美しい映像で楽しめます。

立体感のある音響と美しい映像が楽しめる、おすすめのゲーム用4Kテレビです。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) 65V型 有機ELテレビ OLED65C1PJB

LGエレクトロニクスの技術を詰め込んだゲーム用4Kテレビ。コンテンツに合わせて画質・音質を調整する「α9 Gen4 AI Processor 4K」と、色彩を忠実に再現するOLEDパネルを搭載しており、立体感や奥行き感のあるリアルな映像でゲームが楽しめます。

HDMI2.1で指定されたeARC・VRR・ALLMをサポートしているのもポイント。応答速度は1msを実現しているので、動きの速いゲームもストレスなく快適にプレイが可能です。

ほかにも、プレイ環境に合わせて画質モードを選択できる「ゲームオプティマイザ」や、ブルーライトを軽減できる「ブルーライト低減フィルター」など、便利な機能を多数搭載。直感的に操作できるマジックリモコンが付属しているのも魅力です。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) 43V型 NanoCell TV 43NANO75JPA

基本性能が充実したゲーム用4Kテレビです。画質モードをFPS・RPG・RTS・スタンダードの4種類から選択できる「ゲームオプティマイザ」を搭載。理想的なプレイ環境でお気に入りのゲームが快適に楽しめます。

映像のジャンルを分析して音声・映画・音楽の3つに分類する「AIサウンド」も魅力。また、別途マジックリモコンを用意することで使用可能な「オートサウンドチューニング」もポイントのひとつです。音響特性を見極めながらサウンドを調整します。音質面も良好なゲーム用4Kテレビを探している方はチェックしてみてください。

ハイセンス(HISENSE) 4K液晶テレビ 43E6G

コストパフォーマンスに優れたゲーム用4Kテレビです。美しい高画質を実現する「NEOエンジンLite」や、視野角の広いADSパネルを採用。気軽に購入できるリーズナブルな価格を実現しているのが特徴です。

HDMI入力端子は3つ搭載しており、複数の機器を接続したい方にもおすすめ。また、映画モードでのブルーライトの放出量が少ないのも魅力です。

遅延を低減する「ゲームモード」を利用すれば、FPSやアクションゲームなどの判定にシビアなゲームも快適にプレイできます。

マクスゼン(maxzen) 4K対応液晶テレビ JU75CH02

75インチの大画面が魅力のゲーム用4Kテレビです。高輝度の4K HDR VAパネルと、明暗部の色ムラが少ないLED直下型バックライトを組み合わせることで、臨場感あふれる映像を実現。お気に入りのゲームを迫力ある映像で楽しみたい方におすすめです。

遅延を気にせずプレイできるゲームモードを採用しているのが特徴。アクションゲームなども快適に楽しめます。また、同時に裏番組を録画できるWチューナーなど、便利な機能を搭載しているのもポイント。比較的リーズナブルな価格なので、コストパフォーマンスを重視する方にもピッタリの1台です。