韓国の総合家電メーカー「LG」。薄型テレビでは世界トップクラスの実績を持ち、国内大手メーカーに比べて価格が安めなのも魅力です。LGの高い技術力と生産力を背景にした薄型テレビの数々は、リーズナブルなだけでなく高画質で多機能。デザイン性に優れたラインナップもポイントです。

そこで今回は、LGのテレビからおすすめモデルをピックアップ。4K液晶と有機ELに分けてご紹介します。

LGについて

By: lg.com

LGは、正式名称がLGエレクトロニクスといい、韓国を代表する企業です。LGは、もともとのグループ名であるLucky-Goldstarの略。この名称は、LGエレクトロニクスの前身である「金星社(GOLDSTAR)」と総合化学メーカーの「ラッキー」が、1995年に経営統合して誕生したブランドに由来します。

現在のLGは総合家電・情報通信メーカーで、韓国電機業界ではサムスン電子に次ぐメーカーです。日本国内では、テレビ・ディスプレイを中心に家電製品全般を販売しています。スマートフォンやパソコンなど、IT関連機器においても日本人の生活に馴染みのあるメーカーです。

LGのテレビがおすすめの理由

By: lg.com

LGのテレビがおすすめの理由は、高品質な製品が比較的リーズナブルに購入できるからです。特に有機ELテレビはパネルを自社生産しており、生産コストが安いのが特徴。高コスパな有機ELテレビを多数ラインナップし、世界でもトップクラスのシェアがあります。

また、LGのテレビはHDR(ハイダイナミックレンジ)各規格への対応も早く、高精細な光表現が魅力。高画質な映像が楽しめます。

薄型化によるスタイリッシュなデザイン性もポイント。壁に貼り付くような薄さのモデルもあり、インテリア性も良好です。

LGテレビの選び方

液晶と有機ELのどちらか選ぶ

By: lg.com

LGのテレビは、大きく分けて液晶テレビと有機ELテレビの2種類をラインナップ。性能・薄さ・価格にさまざまな違いがあるので、自分の用途に合ったモノを選びましょう。

液晶テレビは、比較的リーズナブルに購入できるのが特徴。バックライトを画面に当てて映像を映し出す構造のため、暗い部分の表現が苦手などデメリットもありますが、安さを重視したい方におすすめです。

有機ELテレビは液晶テレビに比べて高価ですが、色彩豊かな映像を楽しめるのが特徴。また、バックライトがないので、深みのある黒の表現が魅力です。ほかにも、薄型・軽量で壁掛けしやすいなどメリットがあり、性能を重視して選びたい方はチェックしてみてください。

画面サイズをチェック

By: lg.com

一般的に画面サイズは視聴距離を目安に決めるとよいとされています。最適な視聴距離とは、テレビをもっともきれいに視聴できる距離のこと。4Kテレビの場合、最適な視聴距離は「画面の高さ×約1.5倍」とされています。

例えば、6〜8畳ほどの部屋であれば40〜50インチ、10畳ほどなら50〜65インチ、12畳以上なら65インチ以上がおすすめ。小さめな画面サイズでも、最適な視聴距離であれば迫力ある映像を楽しめます。

画質をチェック

By: lg.com

テレビを選ぶ際は画質も要チェック。画質にこだわりたい方は4Kテレビがおすすめです。2018年には新4K衛星放送も開始し、高画質な映像コンテンツが気軽に楽しめるようになりました。

4Kテレビとは、フルハイビジョンの約4倍である「3840×2160」の解像度を備えたテレビのこと。高精細な表現が可能で、映像本来の魅力をしっかり引き出せるのが特徴です。特にテレビは大画面になるほど映像の粗が目立ちますが、4Kテレビであれば大画面でも高画質で視聴できます。

LGではリーズナブルな4Kテレビを豊富にラインナップ。なかには、4Kテレビより優れた画質の8Kテレビも販売しているので、気になる方はチェックしてみてください。

Wi-Fi対応かチェック

機能性を重視したい場合は、Wi-Fiに対応しているかも重要なポイント。Wi-Fiを介してインターネットに接続すれば、視聴できるコンテンツの幅も広がります。

「U-NEXT」「Hulu」「Netflix」といったVODサービスを楽しめるモノもラインナップ。いずれかのVODサービスと契約していれば、豊富な映像作品を鑑賞できます。

なかには、対応していないVODサービスもあるので、購入する際は利用したいサービスが対応しているかもチェックしてみてください。

LGテレビのおすすめモデル|4K液晶

LGエレクトロニクス(LG Electronics) 49SM8100PJB

6〜8畳の部屋でもすっきり設置可能な49インチのLGテレビ。4Kチューナーを内蔵し、新4K衛生放送の視聴が可能。AI映像・AI輝度・AIサウンドなどの技術により、設定が最適化された映像コンテンツを楽しめるのも特徴です。

また、LG独自の「ThinQ AI」により、自然な会話での音声認識に対応。ほかにもGoogle アシスタントとAmazon Alexaも搭載しているので、幅広いリクエストに応えます。直感的な操作ができるため、機械が苦手な方にも扱いやすい仕様です。

さらに、Wi-Fi機能を搭載しており、豊富なVODサービスを利用できるのもポイント。比較的コンパクトな多機能テレビを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) 55UM7500PJA

独自のAI技術を採用した55インチのLGテレビです。映像コンテンツに最適な画像処理をする「AI映像」や、映像ジャンルに適したサウンドを実現する「AIサウンド」など便利な機能を搭載。さまざまなジャンルのコンテンツを高画質・高音質で楽しめるのが特徴です。

また、本体に4Kチューナーを内蔵しており、新4K衛星放送を楽しめるのも魅力のひとつ。広視野角・高発色のIPS4Kパネルを搭載しているので、あらゆる角度からでも観やすく、家族みんなで楽しみたい方にもぴったりです。

HuluやNetflixなど豊富なVODサービスを単体で視聴できるのも嬉しいポイント。価格も比較的リーズナブルなため、コスパを重視したい方もチェックしてみてください。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) 55SM9000PJB

色の表現力が特徴的な55インチのLGテレビです。LG独自の「NanoCell Display」を採用しており、赤や緑の表現力が向上。液晶テレビが苦手とする黒色の表現も「NanoBlack」の搭載により、高精細に再現可能です。

また、「オートサウンドチューニング」により、どんな角度で視聴しているのかをAIが認識し、最適なサウンドで楽しめるのも魅力のひとつ。前後左右だけでなく、上方向からもサウンド出力をするため、臨場感に溢れた空間音響を実現しています。

「Amazonプライムビデオ」「Hulu」「U-NEXT」といったVODサービスを単体で楽しめるのもポイント。スタイリッシュなデザインでインテリアにも馴染みやすく、機能面だけでなく見た目も重視する方におすすめのモデルです。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) 65UK6300PJF

広視野角・高発色を実現するIPSパネルを搭載した65インチのLGテレビです。独自の液晶分子配列により、あらゆる角度からでも高画質映像を視聴可能。また、画像エンジンの「α7 Intelligent Processor」を搭載し、映像本来の色やコントラスト、輝度など魅力を引き出せるのが特徴です。

内蔵スピーカーの迫力もポイント。包み込まれるような立体音場をつくり出す「DTS Virtual:X」に対応しているので、その場にいるかのような優れたサウンド体験を楽しめます。

Bluetooth接続にも対応しており、スマホの音楽をテレビで流したりテレビの音をヘッドホンで聴いたりできるのもポイント。機能性に優れた大画面テレビを探している方におすすめです。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) 86NANO91JNA

同社の有機ELテレビにも搭載している高性能映像エンジン「α7 Gen3 AI Processor 4K」を搭載した86インチのLGテレビ。高精度な色再現や色合いの調節、輝度制御などにより、大画面ながら美しい映像を楽しめるのが特徴です。

スピーカーに「Dolby Atmos AI sound」を採用しているのもポイント。迫力のあるサウンドを出力可能なため、映画やゲームが臨場感たっぷりに味わえます。

さらに、「Apple AirPlay2」に対応しており、iPhoneなどで視聴していた動画や音楽を手軽に投影可能。高い機能性を備えた大型テレビを探している方におすすめです。

LGテレビのおすすめモデル|有機EL

LGエレクトロニクス(LG Electronics) OLED48CXPJA

有機ELモデルとしては珍しい48インチのコンパクトなLGテレビ。AI対応の映像エンジン「α9 Gen3 AI Processor 4K」の搭載により、映画やゲームもよりクリアに表現し、有機ELパネルの魅力を最大限に引き出します。

また、音が映像と調和しながら立体音響を表現するサウンド規格「Dolby Atmos」に対応しているのも魅力のひとつ。高精細な映像に相まって没入感を高めます。

テレビ本体が、約3.9mmの薄さを実現しているのもポイント。スタイリッシュなデザインなので、性能面はもちろん、インテリアを重視する方にぴったりのモデルです。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) OLED55B9PJA

地上デジタル・BSデジタル・110°CSデジタルのチューナーを、それぞれ2基ずつ内蔵した55インチのLGテレビ。4Kの裏番組録画も可能で、外付けHDDに高画質番組を保存できるのが特徴です。

また、AI技術に対応した有機EL専用エンジン「α7 Gen2 Intelligent Processor」を搭載。画像処理から音質調節まで最適化し、美しい映像と臨場感あるサウンドを両立しているのも魅力です。

さらに、4KのHFR規格に対応し、最大120フレームの表示が可能。スポーツ番組などの素早い動きでも、なめらかな映像で楽しめます。直感的な操作ができる「マジックリモコン」も付属しているので、機械が苦手な方にもおすすめです。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) OLED65WXPJA

約3.9mmの薄さを実現した65インチのLGテレビです。有機ELの特性を最大限に活かしたスリムなデザインが特徴。「壁に掛ける」から「壁に貼る」テレビは、近未来的でインテリアにもマッチします。

AI対応の映像エンジン「α9 Gen3 AI Processor 4K」により、映画やゲームなどのコンテンツをクリアに表現可能。立体音響システムの「Dolby Atmos」にも対応しているので、映像のなかにいるような臨場感が味わえます。

また、発生するブルーライトが少なく、目に優しい設計なのも嬉しいポイント。暗い部屋で映画鑑賞したり、長時間ゲームをしたりする方にもおすすめです。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) OLED88ZXPJA

8K有機ELパネルを搭載した88インチのLGテレビ。4Kの約4倍の解像度があるモデルです。専用エンジン「α9 Gen3 AI Processor 8K」を搭載しており、2K・4K画質の映像を8K相当の画質にアップスケーリングして楽しめるのが特徴。

また、映像と調和しながら立体音響を演出するサウンド規格「Dolby Atmos」に対応しています。8Kならではの高画質な映像と相まって、まるで映画館にいるような没入感を味わえます。

ゲームモニターとしての性能も良好です。パソコンとテレビのリフレッシュレートを同期させて、ゲームにおけるズレやカクつきを低減する「NVIDIA G-SYNC Compatible」に対応。映画・ドラマ・ゲームなど幅広いコンテンツを高画質・高音質で楽しめるおすすめモデルです。