テレビのなかでも、迫力のある映像を大画面で楽しめる65インチモデル。引越しなどで、小型テレビや中型テレビからの買い替えを検討されている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、65インチテレビのおすすめモデルをご紹介。人気メーカーや選び方も解説するので、ぜひ参考にして自分にぴったりの1台を見つけてみてください。

65インチテレビの選び方

テレビの種類をチェック

液晶テレビ

By: rakuten.co.jp

液晶テレビのディスプレイは、偏光フィルターやガラス、RGBの液晶パネル、バックライトなど複数の層からできており、バックライトの白色光を液晶パネルに透過させて映像を映し出す仕組みを採用しています。比較的リーズナブルなモノも多く、初期費用を抑えたい方にもおすすめです。

なお、暗い部分が実際よりも明るく見えてしまう「黒浮き」という現象が起こりやすいのがデメリット。さらに、バックライトが内蔵されている分だけ画面に厚みが出てしまう点にも留意しておきましょう。

有機ELテレビ

By: rakuten.co.jp

有機ELテレビのディスプレイは、ガラスとRGBカラーフィルターのみで構成されているのが特徴。有機ELパネル自体にRGBの光を放つ素材が配置されているため、バックライトが不要です。黒浮きの心配も少なく、より鮮明な黒色の表現が可能。また、バックライトがない分薄型なのもメリットです。

ただし、比較的新しいタイプのテレビなので、ラインナップが少ないのは懸念点。さらに、液晶テレビに比べて価格が高めな点にも留意しておきましょう。特に、65インチの有機ELテレビは高価なモデルが多いため、予算に余裕のある方におすすめです。

解像度をチェック

By: rakuten.co.jp

65インチテレビは、画素数3840×2160の4Kに対応したモデルが主流。そもそも、テレビなどの映像ディスプレイはRGBのドットの集まりによって画像を表現する仕組みで、三原色のドットをひとまとまりにしたセルのことを画素と呼びます。

4KはフルHDの4倍の画素数を有しており、1画素あたりの面積が狭いのも特徴のひとつ。画面サイズが大きくなっても、粗くなりにくいのが魅力です。

録画機能の有無をチェック

By: irisohyama.co.jp

テレビ周りの配線をスッキリさせたい方や、録画機器の購入予算を抑えたい方は、録画機能が搭載されている65インチテレビを要チェック。最近のモデルでは、録画機能に優れたモデルが多数ラインナップされています。

製品のなかには、3つのチューナーを内蔵し、裏番組を最大2つまで録画できるモデルが存在。また外付けHDDに対応したモノであれば、容量を気にすることなく使い続けられるのが魅力です。

VODサービスをチェック

By: hisense.co.jp

定額で映画やドラマ、アニメなどのコンテンツを楽しめるVODサービス(動画配信サービス)に対応したモデルも多くラインナップ。ただし、メーカーや製品によって対応しているVODサービスは異なります。すでに契約している方や今後契約する予定がある方は、対象のVODサービスに対応しているかどうかもチェックしておきましょう。

代表的なVODサービスとしては、「Hulu」「Netflix」「U-NEXT」などが挙げられますが、無料で利用できる「YouTube」なども人気。なお、「Android TV」を内蔵しているモデルであれば、ほとんどのVODサービスに対応可能です。

65インチテレビのおすすめメーカー

ソニー(SONY)

By: rakuten.co.jp

ソニーは、人気シリーズ「BRAVIA」のテレビを販売している大手家電メーカー。同社のテレビは漆黒と豊かな色彩が魅力で、さまざまな映像を美しい高画質で視聴できます。サウンドにも力を入れており、映像と音が一体となって生み出される臨場感を味わえるのも特徴。アクション映画など迫力のある映像を楽しみたい方におすすめのメーカーです。

また、さまざまなVODサービスに対応した「Android TV」を搭載したモデルも豊富。デザイン性も高く、インテリアに合わせやすいのも魅力です。

パナソニック(Panasonic)

By: rakuten.co.jp

パナソニックの「VIERA」シリーズは、独自のテクノロジーによる高画質が魅力です。例えば、高画質化技術「ヘキサクロマドライブ」を搭載したモデルは、シーンに応じて明暗部の色合いを高精度に補正可能。映像本来の豊かな階調を忠実に再現します。

また、さまざまなVODサービスに対応しているのも魅力のひとつ。家族でネット動画を楽しみたい方にもおすすめのメーカーです。

ハイセンス(HISENSE)

By: lg.com

ハイセンスは中国発のメーカーで、リーズナブルな製品を多く展開しているのが魅力。4Kチューナー内蔵モデルや、さまざまなVODサービスに対応した高性能モデルなども展開されています。

また、階調表現力に優れた「NEOエンジン 2020」を採用しているモノであれば、よりなめらかな映像を楽しむことが可能。コスパ重視で予算を抑えたい方におすすめのメーカーです。

65インチテレビのおすすめモデル

ソニー(SONY) 4K液晶テレビ BRAVIA KJ-65X8000H

画質にこだわりたい方に適した65インチテレビです。超解像エンジン「4K X-Reality PRO」を内蔵しているのが特徴。さまざまコンテンツを4K相当にアップコンバートすることで、高精細な映像を楽しめます。

また、Android TV機能を搭載しており、NetflixやHulu、U-NEXTといったさまざまなVODを楽しめるのもポイント。リモコンでの音声検索を活用すれば、コンテンツを声で簡単に検索できます。

さらに、ダブルチューナーを採用しているのも魅力。外付けHDDに接続すれば、裏番組の録画も可能です。使い勝手に優れたモデルを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

パナソニック(Panasonic) 4Kダブルチューナー内蔵ビエラ GZ2000シリーズ TH-65GZ2000

有機ELタイプを採用した65インチテレビです。解像度は3840×2160。パナソニック独自の「Dynamicハイコントラスト有機ELディスプレイ」により、従来の有機ELよりも高コントラストを実現しているのが特徴です。色鮮やかな映像を堪能したい方に適しています。

また、画質だけでなく、音質にも優れているのもポイント。テレビの上部には「イネーブルドスピーカー」を配置しています。音を天井に向けて反射させることで、通常よりも立体感のある音響で楽しめるのがメリットです。

高画質化技術「ヘキサクロマドライブ プラス」を採用しているのもポイント。有機ELパネルの特性に応じて色を補正し、高精細な色合いを再現します。さらに、シンプルなデザインを採用しており、スタイリッシュなお部屋のインテリアになじみやすいのも魅力です。

ハイセンス(HISENSE) 65v型 4K液晶テレビ 65U7F

「NEOエンジン 2020」を搭載した、おすすめの65インチテレビです。階調の表現力と微小信号の再現性が従来よりも向上しているため、より精細な映像を楽しめます。

また、画面を複数エリアに分けて解析し、部分的にノイズ処理を施すことで、立体感のあふれる映像を楽しめるのもメリット。さらに、「高精細ノイズ処理」機能により、映像内のエッジ部分や平坦部分を認識し、発生するノイズを低減できます。

「ワイドビューアングル」モードにすれば、通常よりも広い視野角でテレビを見ることが可能。キッチンでの料理など、テレビが正面にない状況でも、快適にドラマや番組を視聴できます。比較的リーズナブルながら高い機能を有する、おすすめの65インチテレビです。

東芝(TOSHIBA) M530X SERIES 4K液晶レグザ 65M530X

3840×2160の解像度で、鮮やかな映像を楽しめる65インチテレビです。「レグザエンジン Evolution-S」を搭載。階調性や微小信号の再現性を高めているため、映像の細部まできれいに映し出せるのが魅力です。

また、「おまかせ録画」機能を搭載しているのもポイント。好きなテーマを選択するだけで、関連性の高い番組を自動で録画できます。録画した番組は、「おまかせ録画番組表」から一週間分がまとめて表示されるので便利です。

さらに、HuluやNetflix、YouTubeなど、さまざまなVODサービスに対応しているのも魅力。機能性に優れたおすすめの65インチテレビです。

シャープ(SHARP) CQ1ライン 4T-C65CQ1

有機ELを採用している65インチテレビです。画素ごとに発色をコントロールし、深いブラックもはっきりと映し出せるのが特徴。また、シャープ独自の技術「Sparkling Drive」を採用しており、輝度を細かく制御することで立体感のある映像を楽しめます。

さらに、スポーツ中継を見る際は「4Kスポーツビュー」モードを選択可能。動きの切り替えに合わせて黒部分が差し込まれ、激しい動きで発生しやすい残像を低減できるのもポイントです。

人工知能の「ココロビジョン」を搭載しているのも魅力。家族がよく見る番組や時間帯などを分析して、さまざまコンテンツを表示します。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) 65UN8100PJA 65UN8100PJA

4Kチューナーを内蔵した65インチテレビです。画面には、高視野角で見られるIPSパネルを採用。大人数で、ゲームをしたり映画を見たりしやすいおすすめのモデルです。

また、「Amazon Alexa」「Google アシスタント」を搭載しているのもポイント。リモコンに内蔵されているマイクに話しかけるだけで、電源のON・OFFや情報検索など、さまざまな操作ができます。さらに、Netflixをはじめ、U-NEXTやHuluなど、さまざまなVODサービスに対応しているのも魅力です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 4Kチューナー内蔵液晶テレビ 65V型 65XUB30

トリプルチューナーを内蔵した65インチテレビ。同じ時間帯に見たい番組が複数あっても、最大2つまでを同時録画できるのが魅力です。また、HDR10・HLGに対応。グラデーションやコントラストを細部まで再現し、色彩豊かな映像を表示します。

さらに、Dolby規格のサウンドに対応しているのもポイント。豊かなサウンドで迫力ある音を楽しめます。テレビ好きな家族におすすめのモデルです。

オリオン電機(ORION) 液晶テレビ OL65XD100

日本のブランド「ORION」が展開している65インチテレビです。画像解析技術の「4K High-Digital Converter」を採用。普通の映像を高精細化させて、細部まで精緻に表現できるのがポイントです。

3次元カラーマネジメントシステムと12軸による色の補正をすることで、空の色や肌の色をよりナチュラルに表現可能。また、「ブルーライトガード」モードを選択すれば、目への負担に配慮しながら番組を視聴できます。さらに、壁掛けに対応しているおすすめのモデルです。

マクスゼン(maxzen) JU65SK04

コストパフォーマンスに優れた、65インチ4Kテレビです。画面にはVAパネルを採用。コントラスト比が高いので、色彩豊かな映像を楽しめるのがポイントです。

また、「LED直下型バックライト」を搭載しているのもポイント。従来のLED方式に比べ、色ムラが少なくきれいな映像を楽しめます。さらに、HDR10規格に対応しており、より立体感のある映像を視聴可能です。

ダブルチューナーを搭載しているのも魅力。外付けHDDに接続することで、裏番組の録画もできるおすすめのモデルです。

ティーシーエル(TCL) C8 シリーズ 65C8

Android TVを搭載した65インチ4Kテレビです。NetflixやHulu、U-NEXTなど、幅広いVODサービスを楽しめるのがメリット。また、Dolby Audioに対応したサウンドバーを搭載しており、力強いサウンドを鳴らすのも魅力です。

「マイクロディミング技術」を採用しているのもポイント。テレビ画面を1296のエリアに分け、映像の明暗をはっきりとわけることで奥行きのある映像を楽しめます。さらに、クロームキャスト機能を備えているのも魅力。スマホで見ている映像を大画面で表示できます。