自宅で高精細な映像を楽しめる「4Kテレビ」。最近では低価格なモデルも多く、購入しやすいモデルも増えています。とはいえ、各メーカーからさまざまなラインナップがあり、どれを選ぶべきか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめの4Kテレビをご紹介。4K対応テレビとの違いや選び方も詳しく解説します。

4Kテレビとは?

By: amazon.co.jp

4Kテレビとは、4K(3840×2160)の解像度を実現し、高精細な映像を映し出せるテレビのこと。従来のフルHD(1920×1080)の約4倍の解像度を実現しており、大画面でも画素の粗さが目立ちにくく、映像本来の美しさを楽しめます。

肌の質感や葉っぱ1枚1枚の存在感などディテールをしっかり表現できるのも魅力のひとつ。また、動画配信サービスの4Kコンテンツや、4K解像度の映像を収録したUltra HD Blu-rayなども、4Kテレビなら再生可能です。最近は安価なモデルも多いので、テレビの買い換えを検討している方は、この機会に4Kテレビをチェックしてみてください。

4Kテレビと4K対応テレビの違い

By: amazon.co.jp

4Kテレビと4K対応テレビの大きな違いは「4Kチューナー」を内蔵しているかいないか。4Kテレビは、新4K衛星放送を視聴するために必要なBS 4Kや110度CS 4Kのチューナーを内蔵していますが、4K対応テレビは2018年12月以前に発売されたモデルがほとんどのため、4Kチューナーを内蔵していません。

新4K衛星放送を視聴するためには、対応した4Kチューナーとアンテナが必要。つまり、4Kテレビの場合は別途アンテナだけ設置すれば4K番組を視聴できますが、4K対応テレビの場合は4Kチューナーとアンテナの両方を用意する必要があります。

4Kテレビの選び方

パネルの種類をチェック

リーズナブルでラインナップ豊富な「液晶テレビ」

現在テレビの主流なタイプである「液晶テレビ」。バックライトを光源として採用しており、比較的リーズナブルに購入できるのが特徴です。各メーカーからのラインナップも豊富で、小型から大型まで選びやすいのも魅力。また、さまざまな機能が充実しているのもポイントです。

高画質で大画面の「有機ELテレビ」

By: amazon.co.jp

有機ELパネルはパネル自体が光源の自発光方式を採用しているため、バックライトを搭載していないのが特徴。薄型化を実現しており、省スペースに設置しやすいだけでなく、壁掛けスタイルでの設置にも適しています。

また、深みのある黒色を表現できるのも魅力のひとつ。高コントラストかつ高画質な映像を楽しめるのもメリットです。

一方、有機ELテレビは基本的に48インチ以上の大型テレビが多く、ラインナップも少なめなのが現状。価格も液晶テレビに比べて高価なので、購入する際は予算も考慮したうえで検討してみてください。

画面サイズをチェック

By: sony.jp

4Kテレビは、部屋の広さによって適したサイズを割り出すことが可能です。一般的に4Kテレビの視聴距離は「画面の高さ×1.5」が目安とされています。一人暮らしの部屋や子供部屋など6畳ほどの広さならば49インチ以下のモデル、リビングのような8畳以上のスペースに設置する場合は55インチ以上のモデルがおすすめです。

録画機能とチューナー数をチェック

By: regza.com

頻繁に録画をする方は、録画機能やチューナー数もチェックしておきましょう。録画機能が搭載された4Kテレビは、学校や仕事などでリアルタイムで視聴できない番組を保存して、好きなときに楽しめます。

一般的な4Kテレビには標準的に録画機能が備わっており、外付けHDDを取り付けるだけで録画できるモノがほとんど。複数チューナーを搭載したモデルであれば、裏番組の2番組同時録画などができて便利です。

スピーカー性能をチェック

高画質映像に加えて、迫力あるサウンドを楽しみたい方はスピーカー性能も要チェック。スピーカー性能を知るための目安としては、スピーカーの最大出力「W(ワット)数」を確認しましょう。

W数は大きくなるほどパワフルなサウンドを再生できるのが特徴。一般的な4Kテレビは20〜40W程度ですが、スピーカー性能にこだわりたい方は60W以上の大迫力モデルがおすすめです。なかには、80Wを超えるモデルもラインナップされているので、気になる方は確認してみてください。

各種機能をチェック

臨場感とリアルな映像が楽しめる「HDR(ハイダイナミックレンジ)」

By: regza.com

「HDR(ハイダイナミックレンジ)」は、画面の明暗部をくっきり表現できる技術。自然な色合いを表現できるため、映像への没入感を高めます。より色鮮やかな映像を楽しみたい方は、HDR機能を有しているモデルをチェックしてみてください。

スポーツも滑らかに映し出す「倍速機能」

By: sony.jp

スポーツやアクション系の映画などスピーディーな映像を視聴したい方には、「倍速機能」を搭載した4Kテレビがおすすめ。動きが早いシーンでも残像やチラつきなどが少なく、滑らかに映し出すことができます。

ただし、ゲームをプレイする際は一部反応速度が遅く感じられる場合もあるので、シーンによって使い分けることが重要です。

NetflixやAmazon Prime Videoが見られる「動画配信サービス」

By: sony.jp

多くの4Kのテレビはインターネット接続に対応しており、「Netflix」や「Amazon Prime Video」などの動画配信サービスを再生できます。定額で映画やドラマ、アニメなどさまざまなコンテンツを視聴できるので、わざわざDVDやBlu-rayなどをレンタルしなくても手軽に楽しめるのが魅力です。

なお、動画配信サービスの種類は年々増えており、モデルによっては対応していないことも。自分の利用したい動画配信サービスが決まっている方は、対応しているかを事前に確認しておきましょう。

映像を4K相当に変換する「4Kアップコンバート」

By: amazon.co.jp

地デジ放送やBlu-ray、ネット動画などをできるだけ高画質で視聴したい方は「4Kアップコンバート」機能を搭載したモデルがおすすめ。4K解像度に対応していないさまざまなコンテンツに高画質処理を施し、4K相当の映像に変換するのが特徴です。

4Kアップコンバート機能の性能はメーカーによって異なるので、事前に確認が必要。すでに持っているDVDやBlu-ray、お気に入りの動画などを高画質で視聴したい方は、ぜひチェックしてみてください。

4Kテレビのおすすめメーカー

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

「ソニー」は東京都港区に本社を置く、日本の総合電機メーカーです。ヘッドホン・イヤホンなどのオーディオ機器を始め、テレビやカメラ、スマホなど幅広い製品を手掛けているのが特徴。ソニーは技術力でも定評があり、それぞれの製品にこだわりの機能が搭載されています。

4Kテレビに関しては、高画質・高音質を両立した「ブラビア(BRAVIA)」シリーズを展開。液晶テレビ・有機ELテレビのどちらもラインナップしており、自分に合ったモノを選べます。

東芝(TOSHIBA)

「東芝」は家電製品やテレビ、パソコンなど幅広い製品を展開する日本の電機メーカーです。販売しているテレビのブランドは「レグザ(REGZA)」。地デジ放送などコンテンツそれぞれに特化した高画質処理を行う「レグザエンジン」を搭載しているのも特徴です。

最大6チャンネルの番組をまるごと録画できる独自機能「タイムシフトマシン」を搭載したモデルもラインナップ。音質面でも「レグザパワーオーディオ」を搭載したモデルなら、迫力あるサウンドを楽しめます。

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

「パナソニック」はエアコンや洗濯機、照明器具など幅広い製品を手掛ける日本の大手電機メーカーです。4Kテレビに関しては、「ビエラ(VIERA)」シリーズを展開。液晶テレビから有機ELテレビまで幅広くラインナップしているので、自分に合ったモデルを見つけられます。

高さ方向の音表現を可能にする「イネーブルドスピーカー」を備えたモデルもラインナップ。「AutoAI画質」により、シーンに合わせて画質を最適化できるので、4Kの魅力を最大限に引き出せます。また、地震などの揺れでテレビが転倒するのを予防できる「転倒防止スタンド」を同梱しているのも魅力。小さい子供がいる家庭でも安心して設置できます。

4Kテレビのおすすめモデル|40~49インチ

ソニー(SONY) BRAVIA KJ-48A9S

有機ELパネルを採用することで、高精細な映像を楽しめる4Kテレビです。幅広い色彩表現が可能な「トリルミナスディスプレイ」を採用。スポーツシーンなど動きが激しい映像も滑らかに表現できる「倍速駆動パネル」を搭載しているのも特徴です。

また、「Android TV」を備えており、さまざまな動画配信サービスを利用できるのも魅力のひとつ。音質面でも画面自体を振動させて音を出す「アコースティック サーフェス オーディオ」を搭載しているので、没入感のある視聴体験を実現します。

スタイリッシュなデザインで、どこに設置してもインテリアに馴染みやすいのもポイント。画質や音質、機能性にも優れたモデルを求めている方におすすめです。

東芝(TOSHIBA) REGZA 48X8900K

高精細かつ高コントラストを実現できる有機ELパネルを採用した48インチの4Kテレビです。引き締まった黒で豊かな色彩を表現しているのが特徴。低反射パネルを搭載しており、明るい部屋でも高画質な映像を楽しめます。

また、独自の高画質映像処理エンジン「レグザエンジンZR I」を備えているため、4K放送やネット動画をより鮮明に表現できるのも魅力。音質面でも「レグザ重低音立体音響システムXP」を搭載することで、立体的かつ迫力のあるサウンドを実現しています。

高レスポンスでゲームも快適にプレイできる「有機EL瞬速ゲームモード」を備えているのもポイント。汎用性の高い4Kテレビを探している方はチェックしてみてください。

パナソニック(Panasonic) VIERA TH-49JX850

4Kチューナーを2基搭載し、4K放送の2番組同時録画に対応した49インチの4Kテレビです。シーンに合わせて画質を自動で最適化する「AutoAI画質」を搭載。暗いシーンも明るいシーンも高コントラストで表現できます。

また、4K映像本来の光や色を忠実に再現できる独自の「ヘキサクロマドライブ」を搭載しているのも魅力のひとつ。高さ方向の音も表現できる立体音響技術「Dolby Atmos」に対応しているので、まるで音に包まれているかのような没入感のある視聴体験を楽しめます。

地震などの揺れでテレビが転倒してしまうのを予防できる「転倒防止スタンド」が付属しているため、小さい子供がいる家庭でも安心して設置できるのもおすすめです。

パナソニック(Panasonic) VIERA TH-40JX750

シーンごとに適した画質を自動で調節する「AutoAI画質」を搭載した40インチの4Kテレビです。豊かなコントラストも実現できるため、暗いシーンでも明るいシーンでもしっかり表現可能。また、独自の「ヘキサクロマドライブ」の搭載により、4K映像本来の色を忠実に再現できます。

ほかにも「スマートTVアプリ」により、さまざまなネット動画を快適に視聴できるのも魅力のひとつ。高音質設計のスピーカーシステムを備えているので、音質面も良好です。

ハイセンス(HISENSE) 43U7FG

比較的リーズナブルに購入できる43インチの液晶テレビです。地デジ放送から4K放送、ネット動画まで高精細に映し出せる「NEOエンジン 2021」を搭載しているのも特徴。また、ADSパネルを採用することで、斜めからでもきれいに視聴できる高コントラストを実現します。

利便性に優れたプラットフォーム「VIDAA U」に対応しており、さまざまな動画配信サービスを利用できるのも魅力。外付けHDD録画に対応しているため、お気に入りの番組を残せるのもポイント。録画番組のCMや音楽の切り替わりなどを自動判別してチャプターを作成するので、見たいシーンのみを視聴できます。

4Kテレビのおすすめモデル|50~59インチ

ソニー(SONY) BRAVIA XRJ-55X90J

認知特性プロセッサー「XR」を搭載した55インチの4Kテレビです。直下型LED部分駆動により、液晶テレビながら高コントラストな映像を実現しているのが特徴。さまざまな動画配信サービスを視聴できる「Google TV」を搭載しているので、大画面で快適にネット動画を視聴できます。

また、「Google アシスタント」を備えており、音声でコンテンツの検索やテレビの操作ができるのも魅力。音質面でも独自の音響技術「アコースティック マルチ オーディオ」を搭載しているので、映像と音の一体感を楽しめます。

スタイリッシュなデザインのため、インテリアに馴染みやすいのもポイント。画質や音質、デザイン性にこだわりたい方はチェックしてみてください。

ソニー(SONY) BRAVIA XRJ-55A90J

実際に目で見ているかのような自然な美しさを体感できる、独自の認知特性プロセッサー「XR」を搭載した55インチの4Kテレビです。音質面でも、定位感の増した音の臨場感を味わえるのが特徴。映像美と音質どちらも妥協したくない方におすすめです。

また、画面から音が出る独自技術「アコースティックサーフェスオーディオ プラス」を搭載することで、映像と音が一体となった視聴体験を実現。ほかにも、PS5との連携機能「Perfect for PlayStation5」を備えているので、PS5に適した画質設定で快適にゲームをプレイできます。

「Google TV」の搭載により、豊富な動画配信サービスを利用できるのもメリット。高性能な有機ELテレビを探している方もチェックしてみてください。

東芝(TOSHIBA) REGZA 55Z670K

4K放送やネット動画などを高精細に楽しめる独自の「レグザエンジンZR Ⅰ」を搭載した55インチの4Kテレビです。「スリム直下型高輝度倍速パネル」を備えており、液晶テレビながら高コントラストを実現。スポーツシーンなど動きが激しい映像も滑らかに表現できます。

音質面でも「レグザ重低音立体音響システムZP」を搭載。立体音響技術「Dolby Atmos」にも対応しているため、臨場感あふれるサウンドを楽しめます。Google アシスタントに対応しており、音声でコンテンツを検索したり、テレビ本体を操作したりできるのもメリット。機械の操作が苦手な方や、初心者の方にもおすすめです。

パナソニック(Panasonic) VIERA TH-55JZ2000

独自設計・組み立ての有機ELディスプレイを採用した55インチの4Kテレビです。パネルの性能を引き出し、高コントラストな映像を映し出せるのが特徴。天井方向への音を表現できる「イネーブルドスピーカー」と、横方向の音の拡がりを表現する「ワイドスピーカー」を搭載しており、本格的な立体音響を楽しめます。

4K 120p入力に対応したゲーミングにぴったりの「ゲームモードエクストリーム」に対応しているのも魅力。大画面で快適にゲームを楽しみたい方にもおすすめです。また、地震などの揺れで転倒するのを予防できる「転倒防止スタンド」を同梱しているのもポイント。小さい子供がいる家庭でも安心して設置できます。

シャープ(SHARP) AQUOS 4K 4T-C50DL1

高精細・色鮮やか・高コントラストを実現する、独自の4K画像処理エンジン「Medalist S2」を搭載した50インチの4Kテレビ。8Kテレビで培ったアップコンバート技術を応用しており、さまざまなコンテンツを臨場感豊かに表現できるのが特徴です。

また、正面方向に音を届けやすい「FRONT OPEN SOUND SYSTEM」を搭載しているのも魅力のひとつ。音抜けのよいサウンドを実現しており、セリフや歌声などもダイレクトに感じられます。

豊富な動画配信サービスに対応しているため、大画面でネット動画を快適に視聴できるのもポイント。4Kチューナーを2基搭載しているので、外付けHDDへ4Kの裏番組も録画できます。

4Kテレビのおすすめモデル|60インチ以上

ソニー(SONY) BRAVIA KJ-65X80J

精細な色彩表現が可能な「トリルミナス プロ」を搭載した65インチの4Kテレビです。より細かな色を忠実に再現することが可能。繊細な質感まで、色鮮やかに表現します。

音の歪みを低減する振動板を採用した「X-Balanced Speaker」を搭載。クリアな音質と、迫力ある重低音サウンドを楽しめるのが魅力です。

Bluetooth対応のヘッドホンやスピーカーとワイヤレス接続できるのもおすすめポイント。リモコンには「Netflix」や「Hulu」などにワンプッシュでアクセスできるボタンを備えているので、快適にネット動画を視聴できます。

東芝(TOSHIBA) REGZA 77X9400

最大6チャンネルをまとめて録画できる独自の「タイムシフトマシン」を搭載した77インチの4Kテレビ。高輝度・高コントラストを実現するレグザ専用の有機ELパネルを採用しているのが特徴です。

また、4K放送やネット動画などを美しく表現できる独自開発の高画質処理エンジン「ダブルレグザエンジンCloud PRO」を搭載しているのも魅力。音質面では、立体感のあるサウンドを楽しめる「レグザパワーオーディオX-PRO」を備えています。録画機能に優れた4Kテレビを探している方にもおすすめです。

ハイセンス(HISENSE) 75U8FG

斜めからでも高コントラストかつ高画質な映像を楽しめる、ADSパネルを採用した75インチの4Kテレビ。120Hzの高性能倍速パネルを搭載しており、動きの速い映像を滑らかに表現できるのも特徴です。

ボタンを押してから表示されるまでの遅延を少なくする「ゲームモードplus」を搭載。大画面でゲームを楽しみたい方にもおすすめです。

画面の角度を左右に30°回転可能な「スイーベルスタンド」を備えているのも魅力。設置場所にとらわれず見やすい角度に調節できます。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) OLED77A1PJA

77インチの大画面で高精細映像が楽しめる4Kテレビです。有機ELディスプレイを採用しており、高コントラストな映像を実現しているのが特徴。アップスケーリング機能を搭載しているため、さまざまなコンテンツを4K相当の高画質で視聴できます。

映像ジャンルをAIが自動認識して適した画質に変換する「AI映像」や、映像ジャンルに適したサウンドに調節する「AIサウンド」などを備えているのも魅力。また、立体音響技術「Dolby Atmos」に対応しているので、臨場感あふれる視聴体験を実現できます。機能性・利便性に優れたモデルを探している方にもおすすめです。

シャープ(SHARP) AQUOS 4K 4T-C60DN1

照明などが映り込みにくい低反射の「N-Blackパネル」を採用した60インチの4Kテレビ。4K画像処理エンジン「Medalist S2」を搭載しており、高精細で色鮮やかな映像を実現しているのが特徴です。

また、「4K超解像アップコンバート」を備えており、さまざまなコンテンツを臨場感豊かに表現できるのも魅力。倍速技術を採用することで、スポーツシーンなど動きが激しい映像も滑らかに表現できます。

セリフや歌声など音声を聞き取りやすくする技術「FRONT OPEN SOUND SYSTEM PLUS」を搭載。高音質な映像を楽しみたい方にもおすすめのモデルです。

4Kテレビの楽天市場ランキングをチェック

4Kテレビの楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。