2018年12月から新4K衛星放送がスタートし、次第にラインナップも豊富になってきた「4Kテレビ」。フルHDテレビと比べて画面サイズが大きく、価格帯も高価なため購入時には慎重な判断を要します。

そこで今回は、4Kテレビのおすすめ機種をピックアップ。選び方についてもご紹介するので、改めて4Kテレビの基本事項をおさえておきたい方もぜひチェックしてみてください。

4Kテレビとは?

By: sony.jp

「4Kテレビ」とは、横3840×縦2160画素の解像度で表示できるディスプレイを搭載した高画質モデルのこと。テレビを含む映像ディスプレイは赤・青・緑から成る3原色のドットの集まりによって画像を表現し、この3色のドットをひとつにしたセルが「画素」となります。

テレビの画面は大画面になるほど画質が粗くなってしまいますが、4K解像度であれば大画面でも高精細な映像を楽しむことが可能です。

4Kテレビの選び方

テレビの種類をチェック

液晶テレビ

By: sony.jp

液晶テレビは、ラインナップが豊富かつ比較的価格が安いのがメリットです。安いモデルであれば5万円前後から購入できるため、あまり予算に余裕がない方でも十分選択肢に入ります。

しかし、バックライトの白色光を液晶パネルに透過させてRGBの三原色に変換している都合上、黒色がやや明るく見えてしまう「黒浮き」という現象が起こる点には注意が必要。背景が暗い映画などを思う存分楽しみたい場合は、有機ELの方が有利です。

また、バックライトがある分だけ画面に厚みが出てしまう点もデメリットとして挙げられます。設置スペースに余裕がない場合や、圧迫感が気になる方は有機ELも検討してみてください。

有機ELテレビ

By: amazon.co.jp

有機ELテレビは、バックライトがなくカラーフィルターとガラスのみで構成されているのが特徴。有機ELパネルに、RGBそれぞれの光を放つ素材を配置しています。これにより、液晶テレビではボヤけてしまいがちな黒色がより鮮明になるほか、本体もより薄型化が可能です。

なお、パネルの多くは韓国メーカーのLGエレクトロニクスが生産しています。国内大手家電メーカーの有機ELテレビは、そのパネルに画像処理エンジンやチューニングを施しており、映り方にも微妙な違いがある点には注意しておきましょう。

サイズをチェック

子供部屋やワンルームは「49インチ以下」がおすすめ

4Kテレビは解像度が高く、画質がキレイなのが特徴。「視聴距離」が短いほど視野角が広がり、迫力ある映像を楽しめるのがポイントです。

4Kテレビに適した視聴距離は、「画面の高さ×1.5倍」とされています。たとえば、49インチの4Kテレビは高さが約60cmなので、最適な視聴距離は約90cmです。子供部屋やワンルームにとっては収まりがよい距離感なため、購入する際は49インチ以下を目安としてみてください。

リビングルームは「50インチ以上」がおすすめ

4Kテレビのポテンシャルを活かすためには、50インチ以上の大きな画面の方がおすすめです。とはいえ、価格はサイズに比例して高くなるので、まずはサイズを決めたうえで各製品を比較するようにしましょう。

リビングや広めの部屋には50インチ以上、10畳以上あるリビングには60インチ以上の4Kテレビが候補となります。4Kテレビに適した視聴距離の目安となる「画面の高さ×1.5倍」を考慮して、臨場感のある映像美を楽しみましょう。

LEDバックライトの種類をチェック

By: amazon.co.jp

直下型

液晶テレビは特殊な液体を封入したガラスとバックライトを組みあわせていますが、このバックライトが全面に配置されているのが直下型です。通常、バックライトにはLEDが採用されています。

直下型のメリットはコントラスト比が高く、迫力ある映像を楽しめること。画面全体が均一で明るく、ムラのないメリハリのある映像を体感できます。

また、画面全体にバックライトが配置されているため、範囲別に輝度を制御することが可能。映像の黒い部分は輝度を下げ、明るい部分は輝度を上げられるので、コンテンツをより鮮明に映し出せます。

デメリットは、液晶パネルの背面全体にバックライトを配置するため、本体が厚くなってしまうこと。部品数も多いので、本体重量が重く、消費電力が高いのが難点です。なお、直下型の4Kテレビを壁掛けにしたい場合は、壁の強度を確認してから設置するようにしましょう。

エッジ型

エッジ型は、液晶パネル上下または左右のみにバックライトを配置したタイプ。光源は蛍光管とLEDがありますが、最近の液晶テレビは消費電力を低くするために、ほとんどがLEDを搭載しています。

エッジ型のメリットは光源がテレビの端に設置されるので、本体を薄くできること。重量も軽いため、テレビの壁掛けもスマートに対応できます。また、バックライトの数が少ないので消費電力が低く、本体価格も比較的リーズナブルなため、コスパを重視する方にもおすすめです。

デメリットは、画面の映像や色にややムラが出てしまう点。直下型のように部分的な輝度のコントロールも難しいので、映像全体がボヤけやすいことも考慮しておきましょう。

機能をチェック

By: jp.sharp

HDR機能

「HDR」とは、ハイダイナミックレンジの略。従来のSDR(スタンダードダイナミックレンジ)と比較して、明暗の表現の幅が広いのが特徴です。

たとえば、SDRだと日陰のところが真っ黒になってしまったり、日の当たる部分が白っぽくなってしまったりと、映像が不自然になってしまうことがあります。一方、HDRに対応したテレビであれば、より自然界に近い色彩で明暗を表現することが可能です。

現在では、Blu-rayや動画配信サービスなど、多くの映像コンテンツがHDRに対応しています。映像美を重視するならばHDRは必須といえるので、しっかりと確認しておきましょう。

4Kアップコンバート機能

アップコンバート機能とは、4K解像度ではない映像を4K相当に変換する機能のことです。たとえば、過去にテレビ番組を録画したBlu-rayやDVDなど、4Kではないコンテンツも4K相当の美しい映像に生まれ変わります。お気に入りの過去作品を高画質で楽しみたい方は、アップコンバート機能を有した4Kテレビがおすすめです。

4Kチューナーを内蔵しているかどうか

By: amazon.co.jp

ひと口に「4Kテレビ」といっても、4Kチューナーを内蔵しているかどうかで、購入後に大きな違いが出てきます。

現在放送されている新4K衛星放送を4K画質で視聴するためには、4Kチューナーが必須。内蔵されている4Kテレビであれば問題ありませんが、非搭載の場合は、別途4Kチューナーを用意する必要があるので注意しておきましょう。

なお、チューナーを内蔵していない4Kテレビであっても、Ultra HD Blu-ray(UHD BD)やネット動画配信サービスなどの4Kコンテンツ自体は視聴できます。とはいえ、購入してからスムーズに新4K衛星放送を楽しみたい方は「4Kチューナー内蔵4Kテレビ」がおすすめです。

倍速機能をチェック

By: amazon.co.jp

スピード感のある映像をより美しく見るのに有効なのが倍速機能。採用されているモデルは120コマで映像を表示するため、従来の60コマよりも映像の動きが滑らかになります。

倍速機能を搭載している機種は、残像や画面のチラつきを低減できるので、躍動感のあるスポーツやアクション映画などを視聴するのに最適。映像の細やかな動きを見逃したくない方はぜひチェックしておきましょう。

動画配信サービスに対応しているか

By: toshiba.co.jp

4Kテレビの多くは、定額で映画やドラマ、アニメなどの多彩なコンテンツを楽しめる動画配信サービスに対応しています。すでに契約している方や将来的に契約を検討している方は、そのサービスに対応している4Kテレビを選ぶのがおすすめです。

代表的なサービスは、国内で利用者が多い「dTV」「Hulu」「U-NEXT」をはじめ、世界的に知名度が高い「Netflix」、月額料金が安い「Amazonプライムビデオ」、そして「4Kアクトビラ」「ひかりTV 4K」「YouTube」など。製品によって対応しているサービスが異なるので、動画配信サービスを利用したいと考えている方は対応しているコンテンツを確認しておきましょう。

4Kテレビのおすすめメーカー

東芝(TOSHIBA)

REGZAシリーズを展開している「東芝」。国内で初めて4Kチューナー内蔵テレビを発表したメーカーで、すぐに4K衛星放送を楽しめるモデルをラインナップしています。

また、REGZAの上位モデルに搭載されている「タイムシフトマシン」に対応している場合、指定した放送局や時間帯の番組をまるごと撮り溜めすることが可能。録画忘れを防げるので、気になる方はチェックしてみてください。

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

パナソニックのVIERAシリーズは、独自テクノロジーによる画質の高さが魅力。高画質技術の「ヘキサクロマドライブ」を搭載したモデルは、通常RGBの3原色で色を再現するところ、シアン・マゼンタ・イエローを加えることで、より自然に近い色を再現できるのが特徴です。

また、さまざまなVODに対応しているのもポイント。テレビ番組だけではなく、動画を楽しみたい方にもおすすめです。

ソニー(SONY)

ソニーの4K対応BRAVIAは、高画質プロセッサー「X1」を搭載。4Kコンテンツを高画質で視聴できるのはもちろん、地上デジタル放送やブルーレイなどのハイビジョンコンテンツも4K画質で楽しめます。

また、デザインに力を入れているのも特徴。家電感が抑えられているので、リビングや寝室など、インテリアとあわせやすいのが魅力です。

LGエレクトロニクス(LG Electronics)

有機ELテレビ分野で高いシェアを占めているLGエレクトロニクス。ほかの4Kテレビメーカーと比べて有機ELテレビのラインナップが多く、55インチから80インチを超える大型モデルまで展開しています。

また、価格帯が広いのもポイント。なかには液晶テレビとほとんど変わらない低価格モデルもあるので、液晶からの乗り換えを検討している方にもおすすめです。

ハイセンス(HISENSE)

手に取りやすい価格設定が魅力の海外メーカー「ハイセンス」。最近は、東芝と共同開発した映像エンジン「レグザエンジン NEO plus」を搭載したモデルも登場しており、映像表現がパワーアップしています。

機能性に優れたモデルも多くラインナップされているので、コスパ重視で4Kテレビを探している方はチェックしておきましょう。

4Kテレビのおすすめ|40~49インチ

東芝(TOSHIBA) REGZA 43C340X

東芝の人気シリーズ「REGZA」のスタンダードモデル。独自の新映像エンジン「レグザエンジンG」を搭載しており、新4K衛星放送や地上デジタル放送を美しく映し出します。液晶表示の残像感を効果的に低減する「4Kダイレクトモーション120」により、動きの速い映画やゲームがクリアな映像で楽しめるのも魅力です。

価格の安いスタンダードモデルながら、録画予約の手間が省ける「簡単連ドラ予約」や、番組を見ながら別の2番組を同時に録画できる「BSも地デジも3チューナーW録」、録画番組を好きなところから再生できる「Wマジックチャプター」など、便利な録画機能が充実しているのもポイント。2つのコンテンツを同時に楽しめる「ダブルウインドウ」を使えば、テレビを見ながらゲームをしたり、地上デジタル放送を同時に2番組楽しんだりも可能です。

ソニー(SONY) BRAVIA KJ-43X8000H

ソニーの最新技術が詰まった「BRAVIA」の2020年モデルです。コントラスト・精細感を向上させる独自の4K高画質プロセッサー「HDR X1」に加えて、あらゆるコンテンツを高精細に表示する超解像エンジン「4K X-Reality PRO」を搭載。普段見ているテレビ番組はもちろん、お気に入りの映画やゲームも美しい映像で楽しめます。

音質面では、3次元のリアルな立体音響を実現する「ドルビーアトモス」や、音質劣化が少ない忠実な音を再現する「S-Master」を搭載しているので、テレビの音質にこだわりたい方にもおすすめです。動画や音楽、ゲームなど、さまざまなコンテンツが楽しめる「Android TVアプリ」に対応しているのも嬉しいポイントです。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) 4Kテレビ 49UN7400PJA

シンプルで使いやすいLGエレクトロニクスの2020年モデルです。上下左右どこから見ても色鮮やかな「IPSパネル」を採用。家族や友人など大人数での視聴時も美しい映像で楽しめます。4K・8K放送で実際に採用されているHLGや、HDR10などのHDR規格にも対応。映画やゲームをきれいな映像で楽しみたい方にもおすすめです。

機能面では、AIが映像のジャンルを分析して音質を最適化する「AIサウンド」、最新映画や話題のドラマが気軽に楽しめる「ネット動画アプリ」、ゲーム世界を美しく再現する「HGiGゲームモード」を搭載。Amazon Alexaや、Google アシスタントなどのAIスピーカーと接続すれば、チャンネルの変更や音量調節、電源のオンオフなど音声のみであらゆる操作が可能です。

ハイセンス(Hisense) 4Kテレビ 43U7F

価格と性能のバランスに優れたハイセンスの人気モデルです。ノイズを軽減させて映像を見やすくする「高精細ノイズ処理」をはじめ、映像を複数のエリアに分けて解析する「エリア別高精細復元」や、豊かなコントラストと色彩表現を可能にする「ワイドビューアングル」など、最新の映像技術を多数搭載。

テレビの視野角を広げる「ワイドビューアングル」を使えば、キッチンのようなテレビを正面から視聴できない場所でもきれいな映像が楽しめます。気軽に購入しやすい価格を実現していながら、最先端の音響最適補正技術「Eilex PRISM」や、最小遅延わずか約0.83msの「低遅延ゲームモード」など、オプション機能が充実しているのもポイント。

購入後も安心して使える「3年の長期保証」が無償でついているので、アフターサポートを重視する方にもおすすめです。

ハイセンス(Hisense) 4Kテレビ 43F60E

コストパフォーマンスの高さが魅力の4Kテレビです。気軽に購入できるリーズナブルな価格を実現していながら、発色豊かできれいな映像を再現する「直下型バックライト」や、色彩表現力に優れた「4K RGB パネル」を搭載。映像を高画質にアップコンバートする「4K Up Scale」を使えば、いつも見ている地上デジタル放送や、ゲーム・映画などもきれいな映像で楽しめます。

外付けのBS/CS 4Kチューナーを接続すれば、地デジ・BS・110度CSデジタルの3波に加えてHDR放送も視聴可能。番組を視聴しながら裏番組も録画できる「Wチューナー」を搭載しているので、万が一見たい番組が重なっても安心です。

4Kテレビのおすすめ|50~59インチ

東芝(TOSHIBA) REGZA 55Z740X

高画質映像処理エンジン「レグザエンジンCloud PRO」を搭載した4Kテレビです。視聴中のコンテンツに適切なパラメーターをクラウドから取得することで、高精細かつリアルな映像を実現。地上デジタル放送からブルーレイソフトまで、さまざまなコンテンツを美しい映像で楽しめます。

地上デジタル放送を最大6チャンネル録画することができる「タイムシフトマシン」や、総合出力80Wマルチアンプ駆動の「レグザ重低音バズーカオーディオシステムPRO」など、ワンランク上の機能が充実しているのもポイント。画像処理の遅延時間を約0.83msecに短縮する「4Kゲーム・ターボプラス」を使えば、FPSのような動きの速いゲームも快適にプレイが可能です。

パナソニック(Panasonic) VIERA TH-55GX855

BS4K・110度CS4Kダブルチューナーを内蔵した4Kテレビ。4K放送番組を見ながら別の4K放送の番組を外付けHDDに録画できます。明るく鮮やかな映像が楽しめる「4K高輝度IPS液晶パネル」や、あらゆる色を忠実に再現する「ヘキサクロマドライブ」、細部までリアルな明暗を再現する「Wエリア制御」など、最新の映像技術に対応しているのも魅力です。

音質面では、映画館で実際に採用している最新音声フォーマット「ドルビーアトモス」、歪みを抑えたサウンドを実現する「ダイナミックサウンドシステム」を採用。臨場感あふれるパワフルなサウンドで映画やゲームが楽しめます。スタンド接地面を真空に近い状態にする「転倒防止スタンド」を使えば、地震などでテレビが倒れるのを未然に防ぐことも可能です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) LUCA LT-55B628VC

ダイレクト音声操作に対応したアイリスオーヤマの人気モデル。専用リモコンに話しかけるだけで、チャンネルを切り替えたり、音量を調整したり、さまざまな操作が音声のみで行えます。チューナーは地デジ・BS・110度CSデジタルをそれぞれ搭載し、外付けHDDを繋げれば番組を視聴しながら裏番組も録画も可能。

鮮やかでメリハリのある映像が楽しめる「直下型LEDバックライト」や、発色性に優れた「IPSパネル」を採用しているので、テレビの画質にこだわりたい方にもおすすめです。応答速度は9.0msと高速なので、スポーツ番組のような動きの激しい映像も鮮明な映像で楽しめます。

オリオン(ORION) 4Kテレビ OL50XD100

コストパフォーマンスに優れたオリオンの4Kテレビです。画質を大きく左右するメインボードには、リアルな映像表現が可能な独自開発の「4Kチューナーボード」を搭載。さまざまなコンテンツが色鮮やかな高精細映像で楽しめます。HLGとHDR10の2方式をサポートしていながら、気軽に購入できる低価格を実現しているのも大きな特徴です。

機能面では、目に有害なブルーライトをボタンひとつで大幅に軽減する「ブルーライトガード」や、番組を見ながら別の番組を同時に録画できる「裏番組録画」に対応。インターフェイスには、HDMI端子を4系統搭載しているので、ゲーム機やレコーダーなど、複数のデバイスを繋げて楽しみたい方にもおすすめです。

三菱電機(MITSUBISHI) REAL LCD-A50RA2000

便利な機能がコンパクトにまとまった三菱電機の人気モデル。大容量2TBのハードディスクを内蔵しており、新4K衛星放送なら最大約126時間、フルハイビジョンなら最大約2160時間録画できます。別売りのUSBハブを使用すれば、最大4台の外付けハードディスクを同時接続できるのも大きなポイントです。

本体内蔵のブルーレイレコーダーを使えば、録画した番組をダビングしたり、お気に入りのブルーレイディスク・DVDを楽しんだりできるのも魅力のひとつ。画面を見やすい角度に調節できる「オートターン」や、文字が大きく使いやすい「グット楽リモコン」、消費電力を抑えられる「節電アシスト」など、便利なオプション機能が充実しているのも特徴です。

4Kテレビのおすすめ|60インチ以上

東芝(TOSHIBA) REGZA 65X930

基本性能が充実した東芝の最上位モデルです。専用のチューニングを施した「新世代有機ELパネル」をはじめ、AI技術を活用した独自の映像処理エンジン「レグザエンジン Professional」や、視聴環境に合わせて画質を自動調整する「リビングAIピクチャー」など、ワンランク上の映像技術を搭載。クオリティの高い4K映像を楽しみたい方におすすめです。

機能面では、総合出力50Wのマルチアンプを搭載した「有機ELレグザオーディオシステム PRO」、地デジ番組を最大6チャンネル約80時間分まるごと録画できる「タイムシフトマシン」、声でテレビを操作できる「ボイス機能」を搭載。インターフェイスには、ハイスピード18Gbps対応のHDMI端子を7系統搭載しているので、複数のデバイスを繋げて楽しむことも可能です。

SONY(ソニー) BRAVIA KJ-75X8000H

Android TVを搭載したソニーのハイエンドモデル。家庭内の無線LAN環境につなげれば、動画やゲーム、ショッピングなど、好きなアプリを自由に追加して楽しめます。あらかじめ必要な設定を済ませておけば、見たい動画を探したり、チャンネルを切り替えたり、リモコンを使わず音声のみでさまざまな操作が可能です。

映像面では、最適な画像処理を行う4K高画質プロセッサー「HDR X1」や、豊かな色を再現する「トリルミナスディスプレイ」を搭載。4Kのきれいな映像がより高画質で楽しめます。迫力のある重低音が体感できる「X-Balanced Speaker」を採用しているのも魅力です。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) 4Kテレビ 75SM8600PJB

独自のAIプラットフォーム「ThinQ AI」を搭載した4Kテレビ。人と人が話しているような感覚で操作ができ、機械の苦手な方でも直感的に使えます。テレビの画質を左右する映像エンジンには、AI対応の「α7 Gen2 Intelligent Processor」を採用。衛星放送やネット動画など、さまざまなコンテンツを美しい高精細映像で楽しめます。

映像に合わせてサウンドの種類を最適化する「AIサウンド」、スマートフォンのアプリやゲームが大画面で楽しめる「AirPlay 2」などの便利な機能も魅力。画面サイズは75インチと大きいため、映画やゲームを大迫力で楽しみたい方にもおすすめです。

TCL 4Kテレビ 65X10

ハイスペックながら手頃な価格が魅力の65インチ4K液晶テレビです。色再現力に優れた量子ドットLED技術「QLED」や、個別ミニLEDをコントロールする「ローカルディミング」など、独自の映像技術を搭載。映像の残像感を軽減する倍速駆動技術「MEMC 120Hz」により、動きの速い映像もくっきり滑らかに楽しめます。

そのほか、映画やゲーム、音楽などさまざまなコンテンツが楽しめる「Android TV 9.0」、臨場感あふれる大迫力サウンドが楽しめる「Dolby Atmos対応サウンドバー」を搭載。価格と性能のバランスで選びたい方におすすめのモデルです。

シャープ(SHARP) AQUOS 4T-C60BH1

4Kダブルチューナーを内蔵したシャープのスタンダードモデル。4K放送を見ながら外付けハードディスクに別番組の4K放送を録画することが可能です。気軽に購入できるリーズナブルな価格でありながら、低域から高域まで豊かなサウンドが楽しめる「バスレフ型スピーカーボックス」や、見やすい角度に調節できる「回転式スタンド」など、機能が充実しているのもポイント。

ディスプレイには、照明や外光の映り込みを抑える「高精細4K低反射液晶パネル」を採用しているので、長時間テレビを楽しみたい方にもおすすめです。LEDのバックライトシステムと液晶パネルの駆動方式を最適化する「ハイブライトネス」を使えば、電気代を抑えつつ明るく見やすい映像が楽しめます。