ホームパーティや宴会などで大量の氷を使用したい時に活躍してくれるのが「製氷機」。自前の冷凍庫では事足りず、かといってコンビニまで走って行くのも面倒な時に活躍してくれ便利なアイテムです。

家庭用モデルであればの約10分前後で氷ができるのもポイント。そこで今回は、おすすめの家庭用製氷機とその選び方をご紹介します。

家庭用製氷機の選び方

製氷時間

By: amazon.co.jp

製氷時間は、製氷機を選ぶ時の大切な指標です。製氷機を使う場合は短時間で氷をつくることが目的としている場合がほとんどなので、一般的には製氷時間が早いほうが好まれます。とはいえ、早く出来上がる氷は溶けやすいというデメリットがあることも覚えておきましょう。

なお、ロックのお酒に入れるような「硬くて溶けにくい氷」を作りたいという場合はゆっくりと凍らせなければなりません。製氷機の中にはスピードはあまり早くなくても硬い氷を作れるモデルもあるので、しっかりと確認しておきましょう。

製氷数

By: amazon.co.jp

製氷機はいくら製氷時間が早くとも、1回目に出てくる量が少なかったり小さかったりする場合があります。なので、大量に作りたいなど、使用する用途を確認して置くことが重要です。上述した製氷時間と製氷数のバランスをみて、購入することをおすすめします。

各種機能

By: amazon.co.jp

製氷機の中には、便利な機能を備えたモデルがあります。例えばタイマー機能を搭載している製氷機であれば、氷が必要なタイミングで製氷できるので便利です。

他にも、本体内部に氷のバスケットを搭載している製氷機を使用すれば、製氷後にバスケットだけを取り出して楽に氷を使用することが可能。製氷機を選ぶ際は機能面も注目してみてください。

家庭用製氷機のおすすめ人気モデル

ノーブランド 高速製氷機 楽氷くん

冷蔵庫であれば製氷に数時間かかりますが、本製品を使用すれば最短約6~13分で氷が完成。コンビニやスーパーに買いに走る手間が省けます。タンクは2.2Lの大容量で、1日で約12kgの氷を作り出すことが可能。さらに氷は20×25mmのSサイズと25×30mmのLサイズの2種類から用途に合わせて選べます。

操作は、貯水タンクに水を入れてスイッチを押すだけ。コンパクト設計で、アウトドアやお子さんの部活など屋外に持ち運んで活用する際も便利です。

ベルソス(VERSOS) 高速製氷機II VS-ICE02

最短約6~13分で1回目の氷が完成します。つくり方は、貯水タンクに直接水を注ぐだけと簡単です。本体上部の手前側に操作スイッチが搭載しているので、操作がしやすいのも魅力。

氷の形は穴が空いたキャップのような形で、サイズは20mm×25mmのSサイズと25mm×30mmのLサイズの2種類をシーンに合わせてつくり分けられます。専用のアイススコップが付属、本体のカラーはレッド・シルバーの2種類から選択可能です。

ICEPLUS(アイスプラス) HIM-56A

1日に目安として約25kgの氷をつくることができる大容量の家庭用製氷機。ご家庭での使用はさることながら、ホームパーティーや仲間内で行うキャンプなど、大人数の行事などで活躍できます。

3Lの貯水タンクに水を入れて、本体上部の真ん中にあるスイッチを押すと、最短約6~12分で氷が完成。本体上部のフタは大きく開くので、水を注ぐ時や氷を取り出すときもスムーズです。

水が無くなると点灯する給水センサー・氷が満タンになると点灯する氷満タンセンサーを搭載し、動作が分かりやすいのも魅力。

ROOMMATE(ルームメイト) クリスタルアイスメーカー EB-RM5800G

一般的な製氷機だと白くてあまり硬くない氷ができますが、クリスタルアイスメーカーは透明の硬い氷を作れるのが特徴です。約25分で24個の氷を作り出し、ニーズに合わせて氷の厚さを薄い・厚いから選択が可能。ウイスキーに入れたり、そうめんや冷やし茶漬けなどの料理に入れてもキレイに盛り付けられます。

氷の満氷量は1kg・水タンクの容量は1.5Lと家庭で使う際には申し分ないです。また、セット後に放置しておいても、氷が満タンになるか水が不足するとブザーでお知らせしてくれる機能を搭載しているので安心。氷スコップも付属しているので、別途用意せずともすぐに使用できます。

Nostalgia Electrics(ノスタルジア・エレクトリックス) ICE100COKE

コーラ好きの方におすすめの、コカ・コーラデザインの家庭用製氷機です。インテリアがアメリカンテイストであれば相性抜群。ホームパーティーなどで使用しても写真映えが期待できるのでおすすめです。また、本体のサイドに栓抜きが付いているので、瓶ビールや瓶ジュースの開栓に便利。

1日あたり約12kgの氷が生産可能、氷の貯蔵容量は約2.3kgと大量の氷をストックできます。製氷後は、本体を持たなくても内部のバスケットを取り外して持ち運びできるのが魅力です。

ケーズウェーブ(K's Wave) アイスディスペンサー ZB-08

操作パネルをタッチして操作をするスタイリッシュな製氷機。タイマー機能が付いているのが特徴で、タイミングを指定して製氷したい人におすすめです。また、穴の空いた筒状の氷が約11分ごとに12個出来上がるので、すぐに氷が必要という場合にも活躍してくれます。

給水タンクが氷バスケットの下に備えてあり、氷が溶けても製氷に再利用される便利な仕組みです。氷バスケットが満タンになるとセンサーが動き、自動的に製氷をストップしてくれるので安心です。

Shop405 高速製氷機 405-imcn01

水を入れてスイッチを押すだけで製氷がスタート。最短約6〜12分程度で9個の氷が出てきます。その後もどんどん氷を作っていくので、急な来客や晩酌がしたくなった時にも便利です。氷のサイズはSとLの2種類から選択できるので、水筒に入れる、グラスに入れる、かき氷用など用途に合わせてつくることが可能。

本体上部の窓部分から氷の量が確認でき、水切れや氷の満タン時は自動で停止するので安心です。お手入れも簡単で、水が中に残っている場合は専用のホースを付けて簡単に排水できます。