ホームパーティーや宴会などで大量の氷を使用したいときにおすすめなのが「製氷機」。冷凍庫では製氷が追いつかない場合でも、製氷機があればスピーディーに氷を作ることが可能です。

そこで今回は、おすすめの家庭用製氷機をピックアップ。選び方についても解説しているので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

家庭用製氷機の選び方

製氷時間をチェック

By: amazon.co.jp

製氷時間は、製氷機を選ぶうえで重要なポイントです。短時間で製氷できるモノも多く、なかには6分程度で氷が作れるモノもラインナップされています。

なお、ロックのお酒に入れるような「硬くて溶けにくい氷」を作りたい場合は、ゆっくりと凍らせる必要があるので注意が必要。製氷機のなかにはスピードはあまり速くなくても硬い氷を作れるモデルもあるため、しっかりと確認しておきましょう。

用途に合った製氷数かチェック

By: amazon.co.jp

製氷機によって、1回に作れる量に幅があります。ジュースやお茶などを冷やす用など頻繁に氷を使用するなら、一度に作れる個数は少なくても製氷するスピードが速いモノがおすすめ。ホームパーティーやかき氷用など一度に大量の氷を使用する機会が多いなら、製氷時間は長めでも一度に作れる個数が多いモノを選びましょう。

また、1日に製氷できる量についてもチェックしておくと安心です。家庭用製氷機の多くは約12kgが主流ですが、なかには24kgほど製氷できるタイプもあります。

できる氷のタイプをチェック

By: amazon.co.jp

製氷機によってできる氷のタイプが異なるので要チェック。高速で作れる氷の場合、氷の形状は中に空洞のあるキャップ型が大半を占めます。製氷できるスピードが速いのがメリットですが、柔らかくなりがちで、比較的溶けやすいので留意しておきましょう。

一方、時間をかけて凍らせた氷は、透明度が高く硬いため溶けにくいのがメリットです。キューブ型の氷になることが多く、お酒のロックアイス用に適しています。また、三日月形のクレセントアイスが製氷できるタイプもあり、見栄えを重視する方にはおすすめです。

さらに、氷のサイズを選べる製氷機もあるので要チェック。小さいサイズならジュースや麺類などの食材を冷やす用に、大きいサイズならかき氷用などに使い分けられるため便利。シチュエーションに合わせて氷のサイズを変えたい方におすすめです。

アウトドアで使用するなら持ち運びやすさをチェック

By: rakuten.co.jp

製氷機は水道水を貯水タンクに注いで製氷する構造のため、電源さえあれば屋外でも使用できます。キャンプやバーベキューなどで氷が作れると便利。家から大量に持参したり、コンビニで購入したりする手間を省けます。

製氷機の重量は10kg前後が主流ですが、アウトドアで使うならできるだけ軽いモノがおすすめ。また、車に積んでもスペースを取らず、手で抱えやすいコンパクトな製氷機を選ぶのもポイントです。

丸洗いできればお手入れが簡単

By: rakuten.co.jp

製氷機は水垢が付いたり、雑菌が繁殖したりと意外に汚れやすいので、こまめな掃除が必要です。製氷機のなかには、貯水タンクやできあがった氷を保管するバスケットが着脱可能なタイプもラインナップしています。お手入れが簡単なのでぜひチェックしてみてください。

家庭用製氷機のおすすめ人気モデル

ベルソス(VERSOS) 高速製氷機 VS-ICE02

6~13分で、2種類の氷が作れる高速製氷機。氷のサイズは25×20mmのSサイズと、30×25mmのLサイズから選べます。飲み物用やかき氷用など、目的に合わせて使い分けが可能です。

ボタンを押すだけでスピーディーに氷を作れるため、急な来客やホームパーティーなどすぐに氷を用意できます。水タンクの容量は2.2Lで、1日で約12kgの製氷が可能です。

専用のアイススコップが付属しており、作り立ての氷をすぐに取り出して使えるので便利。スタイリッシュなデザインで、スピーディーに氷を作りたい方におすすめの家庭用製氷機です。

ベルソス(VERSOS) 高速製氷機 VS-ICE06

8~10分ほどで9個の氷を作れる高速製氷機。約1.7Lの貯水タンクを備えており、水道水を注いでボタン操作を行うだけで簡単に氷を作れます。1日の製氷量は12kgなので、ちょっとしたホームパーティーやアウトドア用途などにおすすめです。

氷の大きさは直径25×長さ30mmの大サイズと、直径20×長さ25mmの小サイズの2通りから選べます。製氷された氷は約900gまで保管できる氷ケースに貯蔵され、ケースがいっぱいになると自動停止するので便利です。

本体サイズは幅230×奥行310×高さ325mmとコンパクトで、重量は約7.6kg。軽量で持ち手も付いているため、持ち運びにも便利です。

405 新型高速自動製氷機 氷ドンドン コンパクト 405-imcn02

最短6分台で製氷を行える高速製氷機。氷の大きさはSサイズとLサイズの2通りから選択できます。本体サイズ幅222×奥行313×高さ320mmとコンパクトで、キッチンやダイニングにも置きやすいのが魅力です。

給水タイミングと製氷終了タイミングが一目でわかるランプを搭載しているのが特徴。タンクから水がなくなった場合には「ADD WATER」ランプが点灯、氷が満タンになった場合には「ICE FULL」ランプが点灯し、製氷を自動で停止します。

蓋部分に大きめの窓がついているのもポイント。いつでも製氷している内部の様子を確認できます。製氷の必要がなくなった場合には、余った水を専用のコック付きホースから排水できるため、後処理を簡単にできるのも便利です。

サンコー(THANKO) 卓上小型製氷機 IceGolon DTSMLIMA

最速約6分で氷が作れる高速製氷機です。タンクに水を入れボタンを押すだけの簡単操作により、1回で7個の製氷が可能。1日最大24kgの氷を作れます。比較的安い価格帯に設定されているのも魅力です。

氷の大きさは、25×28mmのSサイズと27×30mmのLサイズから選べ、目的に応じて選択できます。タンクの容量は約1.3Lで、バスケットには氷35個分である約315gの保管が可能。静音設計で製氷時の音が気にならないのもポイントです。

バスケットの氷が満タンになったり、タンクに水がなくなったりするとランプが点灯して知らせます。本体底面にある排水キャップを外せば、簡単に排水可能です。

本体サイズは幅240×奥行き260×高さ290mmとコンパクト。庭でのバーベキューやアウトドアにもおすすめの製氷機です。

ROOMMATE 自家製クリスタルアイスメーカー EB-RM5800G

短時間で硬く透明な氷が作れる家庭用製氷機です。水道水を使って、約25分間でキューブ型の氷を24個作ることが可能。一度にたくさんの氷を用意できるので、ホームパーティーでも活躍します。

水タンクの容量は1.5Lで、約1kgの氷を保管可能。氷の厚さを2種類選べるため、目的やシーンに合わせて好きな厚さの氷を作れるのも魅力です。

タンク内の水が不足したり、バスケット内の氷が満タンになったりした場合はブザー音で知らせるので便利。氷スコップ付きで、別途用意する必要がありません。また、シンプルなデザインで、どこに置いてもなじみやすいのもポイントです。

ROOMMATE 高速アイスメーカー クリアロック RM-100H

透明なロック氷を作れる製氷機。用途に合わせてさまざまな氷を楽しめる13段階の製氷モードを搭載しているのが特徴です。

2.2Lの大容量水タンクを備えているのも魅力。約1kgまでの大型氷バスケットも搭載しているため、大量の氷を準備したいときにも便利です。

最短約14分、最長でも約26分で高速製氷を行えるのもポイント。自宅でかき氷やホームパーティーを楽しみたい方におすすめのモデルです。

サンペンタウン(Sunpentown) Portable Ice Maker IM-120

約12分で約10個の氷が作れる家庭用製氷機です。氷の大きさは、25×30mmの小、25×35mmの中、30×35mmの大の3種類から選択可能。飲み物用やかき氷用など、目的やシーンに合わせて使い分けられます。

操作はタンクに水を入れてサイズを選び、スタートボタンを押すだけなので簡単です。前面にあるバスケットは700gまでの氷を保管可能。また、中身の確認に便利な引き出し型を採用しており、スコップを使えば氷の取り出しもスムーズです。

スタイリッシュなデザインで、インテリア性にも優れています。1日12kgの製氷が可能なため、冷凍庫の氷にプラスして使いたい方におすすめです。

ホシザキ(HOSHIZAKI) クレセントアイスメーカー KM-12F

透明度の高い三日月形のクレセントアイスを作れる製氷機。最大約4.5kgの氷をストックできるため、大人数の使用で活躍するのが魅力です。

氷も大きめで、1日に最大約12kgの氷が作れるのもポイント。クレセントアイスはグラスの中で映える美しい形状で、ホームパーティーなど来客の多い方にもおすすめです。たくさんの氷を必要とする方や、自宅でクレセントアイスを楽しみたい方はチェックしてみてください。

家庭用製氷機のAmazonランキングをチェック

家庭用製氷機のAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。