トーストはもちろん、お餅を焼いたり、グラタンなどの料理を作ったりする際に活躍する「オーブントースター」。最近は製品ラインナップが多く、購入を検討している方はどんな製品を選べばいいのか悩んでしまうかと思います。

そこで今回は、おすすめのオーブントースターをご紹介。ぜひ参考にしていただき、毎日の食事を便利にしてくれるベストな1台を探してみてください。

オーブントースターとは?

By: amazon.co.jp

オーブンとは、対流熱でパンやピザ、グラタンなどを手軽にしっかり焼き上げられる調理器具のことを言います。トースターは、食パンをトーストするためのもので、元々は食パンを焼くために特化した調理器具です。

オーブントースターは、オーブンとトーストをあわせたような調理器具で中までしっかり火を通せるほか、表面をパリッと仕上げることができます。適度に焦げ目を付けたものや表面をパリッとさせたい料理に最適です。

オーブントースターの種類

食パンを焼くことに特化した「ポップアップトースター」

By: amazon.co.jp

「ポップアップタイプ」は食パン専用のトースターです。内部のヒーターが食パンに密接するため、オーブンタイプよりも素早く焼き上げることができます。

また、サイズが小さいので、置き場所に困らず使えるのも魅力。なお、ポップアップタイプは、基本的に食パン以外の食材に使用できないため、注意しておきましょう。

パン以外の食材も焼ける「オーブントースター」

By: amazon.co.jp

パン以外にもさまざまな食材を調理したい方におすすめなのが、オーブントースター。鮭のホイル焼きやグラタンなど、1台でさまざまな調理を楽しめます。一方、サイズが大きいタイプも多いため、設置場所のスペースを取ることも考慮しましょう。

お菓子作りにも使える「コンベクションオーブン」

By: amazon.jp

庫内に設置されたヒーターから発する熱で食材を加熱するオーブントースターに対し、庫内で空気の対流を起こし、熱を循環させることで食材を加熱するのがコンベクションオーブンです。

熱が循環するので、食材をムラなく温められる上にスピーディーに加熱できるのが魅力。オーブントースターでは上手く仕上がらないピザやケーキの焼き上げ、油を使わない揚げ物など美味しく仕上げられることでも人気があります。

水で焼くため栄養素をしっかりキープできる「ウォーターオーブン」

By: amazon.jp

ウォーターオーブンは、シャープのヘルシオに代表される過熱水蒸気を活用したオーブントースターの一種です。最大の特徴は、過熱水蒸気で加熱させることにより、塩分や油分をカットして調理できること。レンジやオーブン、グリルなど、さまざまな使い方ができるのも魅力です。

オーブントースターの選び方

加熱方式で選ぶ

電熱式

By: amazon.co.jp

オーブントースターの加熱方式で主流なのが「電熱式」です。石英ガラスで覆われた電熱線からの放射熱で食材を加熱します。表面に直接熱が当たるためトーストなど焼き色を付けたい食材に適していますが、厚みのある食材は中まで火が通りにくいため要注意。

スタンダードなタイプとして各メーカーから販売されているため、ラインナップが豊富で選びやすくリーズナブルなのが魅力です。

遠赤外線ヒーター式

By: amazon.co.jp

「遠赤外線ヒーター式」は食材の中までしっかり加熱し、表面をこんがり焼き上げるのが特徴です。メーカーによっては、立ち上がりが速く短時間で焼き上げる「遠赤グラファイト」や、内側を温めながら表面を焼く「遠近赤外線ダブル加熱」などを採用したモデルも販売しています。電熱式に比べ高価格であるのが難点ですが、焼きムラが少なく美味しく仕上げられるのが魅力です。

スチーム式

By: amazon.co.jp

焼きムラが生じやすくパサつきがちだったオーブントースターの弱点を解消したのが「スチーム式」。庫内に加熱した水蒸気を発生させて食材の水分を保ちながら焼くため、外は香ばしく中はふっくらジューシーに仕上げられます。

他の加熱方式に比べて種類が少なく、高価ですが、独自のスチームテクノロジーを用いた「バルミューダ」や過熱水蒸気を採用した「ウォーターオーブンレンジ」は、仕上がりのよさから人気の高い製品です。

コンベクション式

By: amazon.co.jp

ヒーターとファンを併用して焼き上げるのが「コンベクション式」。ヒーターで加熱された空気をファンが庫内に循環させる仕組みです。庫内の温度が均一に保たれるため、ムラを抑えて焼き上げられます。

熱風を利用して調理を行うので、油を使わずに揚げ物が作れるのに加え、食材の余分な油を落として美味しくヘルシーに仕上がるのが魅力。製品数は少ないですが、価格帯の幅が広く5000~10000円で購入できるのが特徴です。

庫内の広さで選ぶ

By: amazon.co.jp

オーブントースターは庫内の広さも重要です。一度にトーストが何枚焼けるかを確認しておきましょう。また、トースト以外にも他の食材の加熱を考えている方は、庫内が広めのオーブントースターを選ぶとより便利です。

本体のサイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

オーブントースターを選ぶ際は設置場所を想定し、その広さに合った本体のサイズを選ぶことも大切。例えば、一人暮らしのワンルームのようなキッチンでは、大きすぎるオーブントースターを買っても置けないことがあります。また、高性能なモノほどサイズも大きくなるので、性能の高さよりも設置する場所に置けるかで決めるのも重要です。

もしくは、縦型のオーブントースターを選ぶのもおすすめ。横幅25cm程度で収められるモノもあるので、ぜひチェックしてみてください。

調理モードで選ぶ

By: amazon.co.jp

オーブントースターは進化しており、高性能な「調理モード」を搭載したモデルも販売されています。食材やメニューに合わせて焼き色を自動コントロールする「マイコン機能」や食材に適した温度と時間で加熱する「オートメニュー」、湿気ったスナックを再乾燥しパリッとさせる「ドライ機能」などがあり、ボタンを押すだけで手軽にさまざまな料理が作れて便利です。

機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

オーブントースターの機能はモデルによってさまざま。庫内の温度を無段階もしくは段階別に調節できる「温度調節機能」、ノンフライ調理が可能な「コンベクション機能」、蒸し料理が作れる「スチーム機能」などがあり、「焼く」以外の調理が行えるモデルも登場しています。

求める機能は人によって異なるため、用途に合ったオーブントースターを選ぶとよいでしょう。パンが焼ければよいという方は、時間で焼き加減を調節するシンプルなモデルがおすすめです。

メンテナンスのしやすさで選ぶ

By: amazon.co.jp

お手入れのしやすさも重要なポイント。パンくずをそのまま放置しておくと、カビが発生してしまう恐れがあります。パンくずトレーの有無や各種パーツの取り外しが可能かどうかは、しっかりチェックしましょう。

オーブントースターのおすすめメーカー

象印マホービン(ZOJIRUSHI)

By: amazon.jp

象印マホービンは、炊飯器やポットで有名なメーカーです。オーブントースターに関しては食材に合った最適な温度で美味しく仕上げる機能が魅力。また、リーズナブルな製品が数多くラインナップされているので、コスパ重視の方にもおすすめです。

タイガー魔法瓶(TIGER)

By: amazon.jp

タイガー魔法瓶はその名の通り、魔法瓶の技術がさまざまな製品に活かされており、調理家電も多数販売しています。オーブントースターには、シンプルな機能が1台に集結されているのが特徴で、はじめての方でも使いやすいのがポイントです。

バルミューダ(BALMUDA)

By: amazon.co.jp

他のメーカーとは違う視点で製品を開発しているバルミューダ。1万円を超える高級トースターブームを作ったメーカーとしても知られています。また、機能の高さに加え、おしゃれなデザインも注目されているポイントです。

コイズミ(KOIZUMI)

By: amazon.jp

コイズミは、シンプルな機能とリーズナブルな価格が魅力のメーカー。一人暮らしでも十分活躍してくれる機種が多くラインナップしているので、とりあえずオーブントースターを安く買いたい方におすすめです。

オーブントースターのおすすめランキング|ファミリー向け

第1位 象印マホービン(ZOJIRUSHI) オーブントースター こんがり倶楽部 ET-GM30

ワンタッチでおまかせ調理ができるマイコン機能を搭載したオーブントースターです。パンを焼くだけの「トースト」や食材の温め直しが可能な「フライあたため」、絶妙な温度調節で表面を香ばしく中をふわっと焼き上げる「サクふわトースト」など全7コースから選べます。お子さんでも扱いやすく、忙しい朝に便利な機能です。

庫内上部に遠赤外線ヒーター2本と下部に電熱ヒーター3本を備え、1300Wのハイパワーで食材を加熱。80~250℃の間で細かい温度設定ができるため、レシピの幅も広がります。

さらに、パンの2次発酵から焼き上げまで簡単に行える「手作りパン」コースも搭載。多彩な機能を備え手軽に調理が行えるので、自炊が多い方や料理好きな方におすすめです。

第2位 バルミューダ(BALMUDA) スチームオーブントースター BALMUDA The Toaster K01E

独自のスチームテクノロジーと温度制御で本格的なトーストが味わえるオーブントースター。給水口に少量の水を注ぎ庫内に水蒸気を充満させ、パンの水分や香りなどを閉じ込めたまま表面を軽く焼き上げます。トーストならではのサクッとした食感とパン本来の風味を楽しみたい方におすすめです。

また、170・200・230℃の3段階から温度設定が可能なクラシックモードと、チーズトーストやクロワッサンなどパンの種類に合わせて選べる4つのモードを搭載。クラシックモードではスチーム調理を行わないため、お餅やクッキー、グラタンなどを焼くのに適しています。無駄を省いたシンプルかつコンパクトなデザインも魅力です。

第3位 パナソニック(Panasonic) コンパクトオーブン NB-DT51

遠赤外線で外をこんがり焼き、近赤外線で中を温める「遠近赤外線ダブル加熱」が特徴のオーブントースター。庫内上部に遠赤外線・近赤外線ヒーターを1本ずつ、下部には遠赤外線ヒーターを1本搭載しており、メニューに合わせて焼き加減を細かく調節できます。

湿気ってしまった食材を焦がさず熱で再乾燥し、パリッとした食感を蘇らせる「ドライ機能」も特徴のひとつ。湿気った食材を無駄にせず美味しく食べられるのが魅力です。

さらに、「惣菜パン」「焼きいも」「フライ温め」など7種類の「オートキー」も備えており、ワンタッチで焼き加減と時間の自動調節が可能。便利な機能が充実したおすすめのオーブントースターです。

第4位 タイガー魔法瓶(TIGER) オーブントースター やきたて KAK-A100

コンパクトかつシンプルなオーブントースター。31.2×27.1×22.4cmとコンパクトながら、庫内が直径約20cmとワイドなのが魅力です。上部に遠赤外線ヒーターを備えており、下火・上火・あたため・中・強の5段階から火力の調節が可能。上火調理でこんがり焦げ目を付けたり、下火で食感を損なわないように食材を温めたりできます。

焼き網がネット状になっているため、食材が落ちにくく、ヒーターの汚れを軽減できるのもポイントです。また、パンくずトレーと焼き網を取り外せるのでお手入れが簡単。家庭用としてはもちろん、一人暮らしの方にもおすすめです。

第5位 シロカ(siroca) ハイブリッドオーブントースター ST-G121

グラファイトヒーターとコンベクションにより、約0.2秒の瞬間発熱を実現したオーブントースター。立ち上がりが速いのに加え、熱風を循環させて素早く焼き上げるため食材の水分を逃しにくく、外はサクサク、中はもちもちした食感が楽しめます。

通常のオーブン調理とヘルシーなノンフライ調理が可能。いずれも予熱不要で準備の手間が省けるため、スムーズに調理できます。庫内は食パンを4枚並べられる広さがあり、トーストとベーコンエッグなど同時に調理できるので家事や仕事で忙しい方におすすめ。58種類のレシピを収録したオリジナルレシピブックが付属するのも嬉しいポイントです。

第6位 シャープ(SHARP) ヘルシオ グリエ ウォーターオーブン AX-H2

熱量の高い過熱水蒸気を出し、食材の中まで素早く加熱し表面を焼き上げるスチーム式のオーブントースター。目玉焼きや野菜、ベーコンなど朝の定番メニューを同時に調理でき、手間をかけずに朝食が仕上がります。

また、油を使わないノンフライ調理が行えるほか、食材に含まれる余分な油を落としてくれるのでヘルシー志向の方におすすめ。下ごしらえした食材をトレーに並べて加熱するだけの手軽さも魅力です。買ってきた惣菜やパンも出来立てのような食感が楽しめます。

第7位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) コンベクションオーブン FVC-D15B

熱風調理が可能なコンベクション機能を搭載したオーブントースター。上下4カ所のヒーターによって温められた空気を内蔵ファンが循環させ、庫内の温度を均一に保ちながら、食材の中までムラなく焼き上げます。

60~250℃の温度調節機能付きで、トーストはもちろん、ノンフライ・グリル・煮物調理も行えるのが魅力。専用の水皿をセットすれば外はサクッと香ばしく、中はもっちりとしたスチームトーストが楽しめます。手軽に料理のバリエーションが増やせるおすすめのオーブントースターです。

第8位 コイズミ(KOIZUMI) オーブントースター KOS-1025

シンプルで使いやすいスタンダードなオーブントースター。庫内の上下に1本ずつヒーターがあり、上面・下面・両面の3段階で切り替えられます。厚切りの食パンが2枚同時に焼けるほか、冷凍ピザやフライ調理も可能。基本的な機能が備わっていればよいという方におすすめです。

付属のパンくずトレーは取り出して丸洗いできるので、お手入れが簡単で清潔に保てます。リーズナブルな価格で購入しやすくコスパに優れたモデルを探している方におすすめです。

第9位 デロンギ(DeLonghi) ディスティンタコレクション オーブン&トースター EOI407J

デザイン性の高いおしゃれなオーブントースター。マットなメタリックカラーで、キッチン空間をスタイリッシュに演出します。デザイン性だけでなく、本格的なオーブン料理を手軽に楽しめるのが魅力です。

庫内上部に遠赤外線ヒーター、下部にM字型ヒーターを備え、1200Wのハイパワーで食材を加熱。オーブン・グリル・保温の調理機能と細かな温度設定が可能で、トーストや本格オーブン料理、お菓子作りなど幅広く活躍します。複雑な設定不要のダイヤル式で操作も簡単です。

第10位 ツインバード工業(TWINBIRD) ポップアップトースター TS-D404

スペースを取らない幅11cmのスリムなポップアップトースターです。通常の食パンであれば2枚同時に焼けるほか、ベーグル・イングリッシュマフィンなどの小さいパンや冷凍保存したパンの調理も可能。焼き色は好みに合わせて淡くしたり濃くしたり6段階から調節できます。

また、誤使用防止機能を備えており、本体フタを下部の差し込み口にセットしないと動作しないため、小さいお子さんがいる家庭での使用も安心。高性能ながらリーズナブルな価格でお得感の高いモデルです。

オーブントースターのおすすめ小型モデルランキング|一人暮らし向け

第1位 アラジン(Aladdin) グラファイトトースター CAT-GS13A

特許技術「遠赤グラファイト」を搭載したオーブントースターです。鉄と比べて約10倍の熱伝導率をもつグラファイトにより、わずか約0.2秒の瞬間発熱を実現。庫内温度の上昇も速く、すぐに調理できるため朝が忙しい一人暮らしの方におすすめです。

温度は100~280℃まで調節でき、最大15分の時間設定が可能。1250Wのハイパワーで、外はこんがり、中はもっちりと焼き上げます。石窯をイメージさせるフォルムに落ち着きのあるグリーンがマッチしたレトロなデザインも魅力。おしゃれなキッチンインテリアを探している方におすすめです。

第2位 タイガー魔法瓶(TIGER) オーブントースター ぷちはこ KAO-A850

インテリア雑貨のようなデザインでキッチンに馴染みやすいキュートなオーブントースターです。落ち着きあるカラーリングでホワイト・ピンク・ブルーの3色をラインナップ。庫内は20.0×17.6×8.5cmの食パン1枚より大きめサイズで一人暮らしに最適です。

コンパクトながら850Wの十分なパワーを持ち、「弱・中・強・あたため」の4段階から調節可能。ネット状の焼き網で小さい食材の落下や餅垂れを防ぎ、焼きムラを抑えて香ばしく焼き上げます。トーストはもちろん、おかずやスイーツ、パンの温めなどさまざまなメニューを作れるおすすめのオーブントースターです。

第3位 象印マホービン(ZOJIRUSHI) オーブントースター こんがり倶楽部 EQ-SA22

本格的なオーブン料理が楽しめるコンパクトなオーブントースターです。庫内上部の遠赤外線ヒーターにより、表面をパリッと焼き上げる上火グリルに対応。1000Wのパワーを備え、温度は80~250℃までメニューに合わせて調節可能です。

じっくり加熱する「30分ロングタイマー」を使用すればホクホクの焼き芋も楽しめます。庫内は幅27cm、奥行き23.5cmとワイドで、グラタン皿縦置きで2人分を同時に調理できるのがポイント。メニューの幅が広がる料理好きの方におすすめのオーブントースターです。

第4位 コイズミ(KOIZUMI) オーブントースターKOS-1021

扉にミラーガラスを採用したスタイリッシュなオーブントースター。調理時に熱を反射する効果があり素早く食材を焼き上げます。庫内は2段式で2つのメニューを同時に調理できるのがポイント。上下・中央に設置された3本のヒーターにより、全体に熱が行き渡りしっかり火を通します。

300・400・700・1000Wの4段階でヒーターの切り替えが可能。サイズは24.3×25.7×33.1cmのスリムな縦型でスペースに余裕がなく置き場所に悩んでいる方におすすめです。

第5位 デロンギ(DeLonghi) トゥルー ポップアップトースター TTP220J

無駄のないシンプルなデザインで生活シーンに馴染みやすいポップアップトースター。厚さ12~24mmまでのパンに対応しており、クロワッサンやロールパンなど開口部に入らないパンを乗せて温められるラックが付属しています。未使用時はラックを本体に収納でき、開口部を覆うカバー付きで衛生面も安心です。

焼き目は好みに合わせて無段階調節可能で、トースト中にレバーを持ち上げると焼き目を確認できます。冷凍パンを解凍しながら焼いたり、パンを焦がさず温め直したりできる便利な機能も搭載。デザイン性・機能性に優れながらリーズナブルなので購入しやすいおすすめのオーブントースターです。

番外編:オーブントースターでできる料理

ホワイトソースの時短グラタン

オーブングリルがないと作れないイメージがあるグラタンですが、オーブントースターでも十分美味しく調理できます。市販のホワイトソースを使えばすぐに完成するので、作り方を覚えておくと便利。具材はお好みでじゃがいもやマッシュルームに変えても美味しく仕上がります。

クッキーミックスで作るチョコチップクッキー

自分で作るクッキーがさっくり仕上がらない場合は、市販のクッキーミックスとハイパワーのオーブントースターを使えば簡単にサクサクのチョコチップクッキーが完成。調理の際に生地を冷凍庫で冷やして型抜きしやすくするのがポイントです。好みでナッツを入れたり、仕上げに粉砂糖をふりかけたりすると一味違った味わいが楽しめます。

コンベクションオーブンで本格煮込みハンバーグ

By: amazon.jp

今まで面倒で作れなかった煮込みハンバーグも、コンベクションオーブンがあれば本格的な仕上がりに。フランパンで焼くハンバーグは火の通りが気になりますが、熱風を対流させるコンベクションオーブンなら中までしっかり火が通り、肉汁をギュッと閉じ込めた美味しい煮込みハンバーグを堪能できます。