トーストはもちろん、お餅を焼いたり、グラタンなどの料理を作ったりする際に活躍する「オーブントースター」。数多くの製品が取り揃っているので、購入を検討している方は、どんな製品を選べばいいのか悩んでしまうかと思います。

そこで今回はおすすめのオーブントースターをご紹介。ぜひ参考にしていただき、毎日の食事を便利にしてくれるベストな1台を探してみてください。

オーブントースターとは?

By: amazon.co.jp

オーブントースターは食材を加熱するキッチン家電。パンやピザ、グラタンなどを手軽ながらしっかり焼き上げてくれるのがポイントです。

最近では、従来品に比べて食材の特性に合わせた調理ができる高性能な製品が相次いで発表され、オーブントースターで調理できる食材や料理の幅は広がりを見せています。

オーブントースターの種類

食パンを焼くことに特化した「ポップアップトースター」

By: amazon.co.jp

「ポップアップタイプ」は食パン専用のトースターです。内部のヒーターが食パンに密接するため、オーブンタイプよりも素早く焼き上げることができます。

また、サイズが小さくコンパクトなので、置き場所にも困らず使えるのも大きな魅力。なお、食パン以外の食材は基本的に調理することができない点は考慮しておきましょう。

パン以外の食材も焼ける「オーブントースター」

By: amazon.co.jp

パン以外にもいろいろな食材を調理したい方におすすめなのが、オーブントースター。鮭のホイル焼きやグラタンなど、1台でさまざまな調理を楽しめます。一方で、サイズが大きいタイプも多いため、設置場所のスペースを取ることも考慮しましょう。

お菓子作りにも使える「コンベクションオーブン」

By: amazon.jp

庫内に設置されたヒーターから発する熱で食材を加熱するオーブントースターに対し、庫内で空気の対流を起こし、熱を循環させることで食材を加熱するのがコンベクションオーブンです。

熱が循環するので、食材をムラなく温められる上にスピーディーに加熱できるのが魅力。オーブントースターでは上手く仕上がらないピザやケーキの焼き上げ、油を使わない揚げ物など美味しく仕上げられることでも人気があります。

水で焼くため栄養素をしっかりキープできる「ウォーターオーブン」

By: amazon.jp

シャープのヘルシオに代表される過熱水蒸気を活用したウォーターオーブン。最大の特徴は過熱水蒸気で加熱させることにより、塩分や油分をカットして調理できること。レンジやオーブン、グリルなど、さまざまな使い方ができるのも魅力です。

オーブントースターの選び方

用途に合わせて種類や加熱方式を選ぶ

オーブントースターはトーストのみを焼くために使うのか、もしくは揚げ物や惣菜などにも併せて使うのかによって選ぶ製品が変わります。

トーストを焼くだけであれば、大きさに注意しつつ、加熱方式のシンプルな機能の製品がよいでしょう。他の食品も併せて温めたい場合はトースト以外も温められるモードが付いている製品がおすすめです。

加熱式次第では食品の油を落としてくれたり、仕上がりの食感が変わったりします。例えば、水蒸気を利用した製品であればふっくらと仕上がり、赤外線を利用した製品だと外はカリッと中はもっちり、のような微調整が可能です。

家族構成や調理内容を考慮しながら庫内の広さをチェック

By: amazon.co.jp

オーブントースターは庫内の広さも重要です。一度にトーストを何枚焼けるのか確認するのがおすすめ。また、トースト以外にも他の食材の加熱を考えている方は、庫内が広めのオーブントースターを選ぶとより便利です。

本体の大きさで選ぶ

By: amazon.co.jp

オーブントースターを選ぶ際は設置場所を想定し、その広さに合った本体のサイズを選ぶことも大切。例えば、一人暮らしのワンルームのようなキッチンでは、大きすぎるオーブントースターを買っても置けないことがあります。また、高性能なモノほどサイズも大きくなるので、性能の高さよりも設置する場所に置けるかどうかで決めるのも重要です。

もしくは、縦型のオーブントースターを選ぶのもおすすめ。横幅25cm程度で収められるモノもあるので、ぜひチェックしてみてください。

メンテナンスのしやすさで選ぶ

By: amazon.co.jp

お手入れのしやすさも重要なポイント。パンくずをそのまま放置しておくと、カビが発生してしまう恐れもあります。パンくずトレーの有無や各種パーツの取り外しが可能かどうかは、しっかりチェックしましょう。

機能で選ぶ

温度調節機能の有無

By: amazon.jp

温度調節が細かくできるかどうかも確認しましょう。揚げ物の温めなら160℃、ピザをカリッと焼くなら230℃、こんがりトースターなら250℃など、好みによって仕上がりを選べるのも魅力。いろいろなメニューを自宅で簡単に楽しみたい方は要チェックです。

機能の利便性で選ぶ

By: amazon.jp

最近のオーブントースターは、ボタンを押すだけ食材に最適な温度を自動でコントロールする機種が付いているモデルがあります。また、操作が簡単なモノが多いのも魅力。下ごしらえをした食材を入れてボタンを押すだけの機種もあるので、機械が苦手で微妙な操作ができない方にもおすすめです。

オーブントースターのおすすめメーカー

象印マホービン(ZOJIRUSHI)

By: amazon.jp

炊飯器やポットで有名な象印マホービン。オーブントースターに関しては食材に合った最適な温度で美味しく仕上げる機能が評判です。また、リーズナブルな製品が数多くラインナップされているので、コスパ重視の方にもおすすめです。

タイガー魔法瓶(TIGER)

By: amazon.jp

タイガー魔法瓶はその名の通り、魔法瓶の技術がさまざまな製品に活かされており、日本人になじみのよい調理家電を多数発売しています。オーブントースターには、シンプルな機能が1台に集結されているのが特徴で、はじめての方でも使いやすいのもポイントです。

バルミューダ(BALMUDA)

By: amazon.co.jp

他のメーカーとは違う視点で製品を開発しているバルミューダ。1万円を超える高級トースターブームを作ったメーカーとしても知られています。また、機能の高さに加え、おしゃれなデザインも注目されているポイントです。

コイズミ(KOIZUMI)

By: amazon.jp

シンプルな機能とリーズナブルな価格帯が魅力なコイズミのオーブントースター。一人暮らしでも十分活躍してくれる機種が多くラインナップしているので、とりあえずオーブントースターを安く買いたい方におすすめです。

オーブントースターのおすすめランキング|家庭向け

第1位 象印マホービン(ZOJIRUSHI) オーブントースター ET-GM30

1300Wのハイパワーで加熱する象印マホービンのオーブントースター。庫内の上部に2本の遠赤外線ヒーター、下部に3本の電熱ヒーターを備え、さまざまな調理に対応できるので、自炊が多い方におすすめです。

マイコン機能による調理モードも多数搭載しているので、忙しい時も便利。また、絶妙な温度調整が可能なので、あえて焦げ目をつけずにトーストを焼くことが可能です。内側はふんわり、外側がカリッとしたトーストを好む方におすすめ。

さらに、30分のロングタイマーもあるので調理時間の長い焼き芋などを美味しく仕上げることも可能。温度調節は、80~250℃で調節できるので、バリエーション豊かなメニューを楽しめるおすすめのオーブントースターです。

第2位 パナソニック コンパクトオーブン ホワイト NB-DT51-W

近赤外線で中にじっくりと火を通し、遠赤外線で表面をこんがりと焼く「遠近赤外線ダブル加熱」を搭載したオーブントースター。8段階、120~260℃まで予熱なしの温度調節ができます。ワンタッチでモードの選択ができ、自動的に湿度と調理時間が調整されるので焦がしてしまう心配がありません。

第3位 タイガー魔法瓶(TIGER) オーブン トースター KAK-A100

トーストはもちろん、グラタンやピザも加熱できるオーブントースター。本体の外寸はコンパクトですが、庫内はワイドサイズで直径20cmのピザを丸ごと焼けます。

火力は5段階で調整可能。また、焼き網とパンくずトレーは取り外し可能なので、お手入れが簡単なのも魅力。価格もリーズナブルなので、1台あると便利なおすすめのオーブントースターです。

第4位 象印マホービン(ZOJIRUSHI) こんがり倶楽部 ET-WM22

前面の扉、焼き網は丸洗いでき、受け皿もスライド式で外せるので、汚れがすぐに洗い流せる衛生的な製品。トーストは同時に2枚焼ける大きさで、グラタン皿も2つタテに入ります。付属のネットを使えば、お餅も垂れずにこんがりと焼き色をつけて焼けるので便利です。

第5位 バルミューダ(BALMUDA) スチームオーブントースター K01E

最高の食感と香りを楽しめるスチームオーブントースター。給水口に水を入れてパンを焼くタイプで、水蒸気の力でパンがふっくらした仕上がりになるのが特徴です。トースト・チーズトースト・クロワッサン・バゲットの4モードを選択でき、各モードによって適した温度と焼き時間でパンを美味しく焼き上げるのも魅力。

また、水蒸気を使用しないクラシックモードも搭載されており、冷凍食品などを温める際にも活躍します。パンの焼き加減までこだわりたいという方におすすめのオーブントースターです。

第6位 パナソニック(Panasonic) オーブントースター NT-T500

食パン3枚を同時に焼けるオーブントースター。サイズが大きめなので、お子さんなど家族分の朝食を作るときにあると便利です。火力は5段階で調節可能。グラタンなどの焦げ目をつけたり、クロワッサンを温めたりと目的によって適した火力を選べるのもポイント。

付属品には、焼き網や受け皿、フライネットがあるため、トーストはもちろんお餅やエビフライなどの調理もできるおすすめのオーブントースターです。

第7位 シロカ(siroca) ハイブリッドオーブントースター ST-G111

わずか0.2秒で立ち上がる速熱ヒーターが搭載されたオーブントースター。食材をスピーディーかつムラなく焼き上げるため、表面はサクッと中身はもちもちとしたトーストを焼き上げることができます。

また、熱の立ち上がりが早いので予熱は不要。オーブン調理やノンフライ調理などの準備の手間が省けるところも魅力です。カラーはブラウンのほか、ホワイトも展開。おしゃれなデザインも魅力のおすすめのオーブントースターです。

第8位 デロンギ(DeLonghi) ポップアップトースター CTOV2003J

レトロな雰囲気が魅力的なポップアップ式のオーブントースター。焼き目の調整は1~6まで設定できます。通常の食パンを焼くことはもちろん、冷凍パンの解凍やパンの温め直し、パンの片面のみを焼く機能なども搭載。

パンの厚さは4枚切りの食パンまでに対応します。引き出し式で取り外し可能なくず受けが付いており、掃除のしやすさも魅力です。カラーは、オリーブグリーン・ドルチェベージュ・アズーロベージュ・レッドの4色展開。おしゃれな家電を揃えている方にもおすすめにオーブントースターです。

第9位 シャープ(SHARP) ヘルシオ グリエ AX-H1-R

過熱水蒸気を使って食材の中まで素早く熱を通し、表面を焼き上げるウォーターオーブン。パンだけでなく、フライや冷凍食品もできたてのような美味しさに仕上がります。油を使わないノンフライ調理や、パンと卵など異なる食材を同時調理できるモードも備えており、調理の幅が広がる製品です

第10位 象印マホービン(ZOJIRUSHI) こんがり倶楽部 EQ-SA22

80度〜250度まで温度調整な上火グリルタイプのオーブントースター。焼き芋などの調理時間の長いメニューにも対応した30分のタイマーを搭載しています。丸洗いのできるスライド式のくず受け皿や、取り外し可能な前面の扉が付いているので、いつもきれいに使い続けられます。

オーブントースターのおすすめ小型モデルランキング|一人暮らし向け

第1位 タイガー魔法瓶(TIGER) オーブントースター KAS-G130

タイガー魔法瓶のコンベクションオーブンは、直径25cmのピザがそのまま入る大きな庫内が特徴。遠赤ヒーターの熱が食材を包み込むので、肉や魚を焼くとこんがりジューシーに仕上がります。

付属のホーロー加工の調理トレーを使えば、ホイル焼きなどをふんわり仕上げられるのでメニューの幅が広がるのも魅力。温度は80~250℃の範囲で無段階調節ができ、タイマーは30分まで設定できます。また、トースターの焼き色を5段階で調節する機能も搭載。価格も1万円以下と安いので、一人暮らしにもおすすめです。

第2位 アビテラックス オーブントースター

900Wの出力とシンプルな機能が特徴のオーブントースターです。リーズナブルな価格で気軽に使えるところが人気の理由。食パンは同時に2枚まで焼くことができ、調理時間は最長15分まで設定可能です。

また、庫内は奥行きがあるため、山型食パンのような高さのあるパンを焼けるのもポイント。リーズナブルなオーブントースターを探している方におすすめの製品です。

第3位 コイズミ(KOIZUMI) オーブントースター KOS-1014

使いやすくリーズナブルな調理器具で人気があるコイズミのオーブントースター。幅が23cmとスリムな縦型デザインが特徴で、一人暮らしの狭いキッチンにもすっきり収まります。

レトロなデザインも魅力で、扉に採用されたミラーガラスには、見た目のよさだけでなく庫内の熱を逃さないメリットもあります。また、2段構造になっているところもポイント。一度にトーストを2枚焼けるので、時短調理にも便利なおすすめのオーブントースターです。

第4位 タイガー魔法瓶(TIGER) オーブン トースター ぷちはこ KAO-A850

かわいらしいデザインが魅力的なオーブントースター。食パン1枚を焼ける大きさで、一人暮らしにおすすめの製品です。また、調理トレーが付いてくるため、食パン以外の調理を楽しめるのもポイント。

火力はメニューに合わせて「強・中・弱・あたため」の4段階で切り替えが可能。コンパクトサイズかつ、さまざまな調理を楽しめるおすすめのオーブントースターです。

第5位コイズミ(KOIZUMI) オーブントースター 目玉焼き機能付き KOS-0703

パンと一緒に目玉焼きもできるオーブントースター。上部に配置されたトレーに卵を割り焼き上げます。1枚焼きなので庫内はコンパクトですが、山形食パンに対応する高さがあるのも魅力です。

カラーはブラウンとピンクの2色展開。高級感のあるデザインにリーズナブルな価格でおすすめのオーブントースターです。

第6位 テスコム(TESCOM) トースター CT30

シンプルな機能とリーズナブルな価格が魅力のポップアップトースターです。食パンを焼くのにはもちろん、ロールパンやクロワッサンなどを温める際にも活躍します。冷凍パンの解凍も可能。

さらに、焼き色調節レバーが付いているので、好みの焼き加減を楽しめます。パンの厚さは4〜8枚切りに対応。1台あると便利なおすすめのオーブントースターです。

第7位 シロカ(siroca) ミニノンフライオーブン SCO-601

油を使わずにヘルシーなノンフライ調理ができるコンパクトで便利な製品。もちろん、トーストも外はこんがり、中は水分を残してふっくらと焼き上がります。ファンによって庫内に熱を循環させるコンベクション調理はローストビーフから焼き魚まで1台でこなすので、一人暮らしでもしっかり自炊をしたい方におすすめです。

第8位 ツインバード工業(TWINBIRD) スリムオーブントースター TS-D037PB

調理中は中が見え、使わないときは汚れやすい内部が見えにくいミラーガラスを使用したオーブントースター。ミラーガラスの効果で熱を逃しにくく、素早く、確実に食品を加熱することが可能です。ワイドを狭く、奥行きを出した作りなので、狭いスペースにも置けるのにトーストは2枚同時に焼ける広さがあります。

第9位 タイガー魔法瓶(TIGER) オーブントースター やきたて KAK-B100-HW

コンパクトなサイズ感ながら、トーストは2枚同時に、直径20cmのピザが丸ごと焼けるワイドな庫内を備えたオーブントースター。ガラス部分の大きなデザインにすることで、調理中の内部も見やすく便利です。食品に合わせて選べる調理トレーと焼き網が付いているので、餅やホイル焼きなどにも対応できます。

第10位 ドウシシャ(DOSHISHA) ピエリア COR-100B

熱風循環方式でオーブントースターとノンフライヤーの1台2役をこなす製品です。幅が約23cm、奥行きが広く取られていて、一人暮らしの部屋でも場所をとりません。忙しい方でも手軽にヘルシーな料理ができるのでおすすめです。

番外編:オーブントースターで調理できるレシピ

ホワイトソースの時短グラタン

By: amazon.co.jp

オーブングリルがないと作れないイメージがあるグラタンですが、オーブントースターでも十分美味しく調理できます。市販のホワイトソースを使えばあっと言う間に完成するので、作り方を覚えておくと献立に困ったときに便利。具材はお好みでじゃがいもやマッシュルームに変えても美味しく仕上がります。

材料(2人分)
・市販のホワイトソース 1缶
・マカロニ 100g
・ピザ用チーズ 適量
・鶏もも肉 100g
・玉ねぎ 1/2個
・人参 1/3本
・ブロッコリー 1/4株
・油 適量
・塩コショウ 適量

作り方
1.フライパンに油を熱して玉ねぎを炒める。あめ色になりしんなりしてきたら鶏もも肉と人参を加える
2.別の鍋にお湯を沸かし、マカロニを茹でて少し硬くなったらお湯を残して取り出す
3.2の鍋のお湯に少量の水とひとつまみの塩を入れ、ブロッコリーを入れて硬めに茹でる
4.1の鍋にホワイトソースを入れて軽く塩コショウし、マカロニとブロッコリーを入れて1分程煮る
5.グラタン皿に4を入れ、ピザ用チーズをのせてオーブントースターのグラタンモードで10分程度焼いて完成

クッキーミックスで作るチョコチップクッキー


自分で作るクッキーがさっくり仕上がらない場合は、市販のクッキーミックスとハイパワーのオーブントースターを使えば簡単にサクサクのチョコチップクッキーが完成。調理の際に生地を冷凍庫で冷やして型抜きしやすくするのがポイントです。好みでナッツを入れたり、仕上げに粉砂糖をふりかけたりすると一味違った味わいが楽しめます。

材料(4人分)
・市販のクッキーミックス 1袋
・卵 1個
・バター 100g
・牛乳 大さじ1
・チョコチップ 1袋

作り方
1.バターを湯煎で溶かし、卵を入れて白っぽくなるまでよく混ぜ合わせる
2.1にクッキーミックスと牛乳を入れて粉っぽさがなくなるまで混ぜる
3.2にチョコチップを加え、全体に均等になるように広げながら混ぜる
4.3のクッキー生地を2枚のラップで挟み、0.8cm程度の厚さに伸ばして冷凍庫に入れる
5.クッキー生地が冷えて硬くなったら冷凍庫から取り出し、型で抜いてオーブンシートを敷いた天板にのせる
6.オーブントースターのクッキーモードで15分程度焼いて完成

コンベクションオーブンで本格煮込みハンバーグ

By: amazon.jp

今まで面倒で作れなかった煮込みハンバーグも、コンベクションオーブンがあれば本格的な仕上がりに。フランパンで焼くハンバーグは火の通りが気になりますが、熱風を対流させるコンベクションオーブンなら中までしっかり火が通り、肉汁をギュッと閉じ込めた美味しい煮込みハンバーグを堪能できます。

材料(4人分)
・合い挽き肉 300g
・玉ねぎ 1個
・牛乳 大さじ3
・パン粉 1/2カップ
・オリーブオイル 大さじ3
・卵 1個
・塩こしょう 適量
・ナツメグ 適量
・デミグラスソース 1缶
・固形ブイヨン 2個
・赤ワイン 1/2カップ
・玉ねぎ 1個
・マッシュルーム 10個
・ピザ用チーズ 適量

作り方
1.みじん切りにした玉ねぎ1/2をオリーブオイルであめ色になるまで炒めて冷ます
2.挽肉に卵と牛乳で湿らせたパン粉を混ぜ、1の玉ねぎを加えてよくこねて成型し、フライパンで両面を焼く
3.フライパンでマッシュルームを軽く炒め、デミグラスソースと固形ブイヨンを加えて煮立たせる
4.3に塩コショウとナツメグを適量加えて味を整える
5.耐熱容器に2のハンバーグをのせ、4のソースを全体にかけて上にチーズをトッピングする
6.コンベクションオーブンを200℃にして20分焼いて完成