トーストはもちろん、お餅を焼いたり、グラタンなどの料理を作ったりする際に活躍する「オーブントースター」。最近ではさまざまな製品がラインナップされており、どの製品を選べばいいのか悩む方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめのオーブントースターをご紹介。選び方もあわせて解説するので、毎日の食事が便利になる1台を探してみてください。

オーブントースターの選び方

加熱方式で選ぶ

スタンダードで種類も多い「電熱」

By: irisplaza.co.jp

オーブントースターの加熱方式で主流なのが「電熱式」です。石英ガラスで覆われた電熱線からの放射熱で食材を加熱します。表面に直接熱が当たるため、トーストなど焼き色を付けたい食材に適していますが、厚みのある食材は中まで火が通りにくいため要注意。

スタンダードなタイプとして各メーカーからラインナップされているので、種類が豊富で選びやすくリーズナブルなのが魅力です。

中までしっかりと加熱できる「遠赤外線ヒーター」「遠赤グラファイト」

By: aladdin-aic.com

「遠赤外線ヒーター」は、赤外線の熱によって食材の中までしっかり加熱し、表面をこんがり焼き上げられるのが特徴です。

メーカーによっては、立ち上がりが早く、短時間で焼き上げる「遠赤グラファイト」や、内側をあたためながら表面を焼く「遠近赤外線ダブル加熱」などを採用したモデルも展開されています。電熱式に比べ高価格ですが、焼きムラが少なく美味しく仕上げられるのも魅力です。

水分を保ちながら焼く「スチーム」

By: amazon.co.jp

最近人気なのが「スチーム」タイプ。あらかじめ少量の水を庫内に設置しておいて、スチームを発生させることで、食材を乾燥させずに表面はパリッと、中はふんわり焼き上げられるのが特徴です。

独自のスチームテクノロジーを採用したバルミューダなどが話題を呼び、各メーカーで取り扱いが多くなった加熱方式。特に、パンの焼き加減にこだわりたい方におすすめです。

水蒸気によって焼く「過熱水蒸気」

By: jp.sharp

過熱水蒸気を採用したトースター。シャープのウォーターオーブン「ヘルシオ」が知られています。本体付属のタンク内の水を100℃以上に加熱して、過熱水蒸気を発生。過熱水蒸気が食材に触れて温度が低下するときに生じる凝縮熱によって、食材を焼き上げます。

外側はサクサク、内側はモチモチした食感に仕上がるのが特徴。またノンフライ調理や、温度の違う食材を同時に加熱する際に焼きムラが起きにくいなどの魅力があります。

焼きムラが少ない「コンベクション」

By: tiger.jp

「コンベクション」は、ヒーターのほかにファンを搭載しているのがポイント。ファンを回すことにより、庫内に熱風を循環できます。ヒーターからの放射熱に加えて、対流熱で加熱するため、庫内に熱をすばやく行き渡らせることが可能。さらに、均一に加熱できるので、ムラなく焼き上げられるのがメリットです。

また、コンベクション式オーブントースターは、油を使わずに揚げ物調理ができるノンフライ調理に対応したモデルが多いのも特徴。熱の立ち上がりが早いため、予熱することなくオーブン調理できるモノもラインナップされています。

一度に焼けるパンの枚数で選ぶ

オーブントースターを購入する際は、一度に焼ける食パンの枚数を購入前にチェックするのがおすすめ。1〜2人暮らしならスタンダードな2枚焼きのモデルがおすすめです。

家族が3人以上の家庭なら、4枚焼きの大型モデルを検討してみてください。忙しい朝も一度に家族分の食パンをトーストできます。最近では4枚焼きが可能なモデルのなかにもコンパクトな製品が登場しているので、設置スペースに困っている方にもおすすめです。

調理モードで選ぶ

オーブントースターのなかには、高性能な「調理モード」を搭載したモデルもラインナップされています。食材やメニューに合わせて焼き色を自動コントロールする「マイコン機能」や、食材に適した温度と時間で加熱する「オートメニュー」は初心者にもおすすめ。予熱不要でスピーディーに加熱できる「オーブン機能」なども便利です。

掃除のしやすさで選ぶ

By: tiger.jp

オーブントースターは網に直接パンを置くことから庫内が汚れやすいので、お手入れのしやすさも大切です。一般的にオーブントースターの下部には「パンくずトレー」が設置されており、取り外し可能なモデルなら簡単にお手入れできます。

また、食材を置く網や本体前面の扉、スチーム管などの各部品を取り外して丸洗いできるモデルなら、さらに清潔な状態を保つことが可能。オーブントースター内の汚れを放置していると、不衛生なだけではなく火事や故障の原因にもなりかねません。日々快適にお手入れができるモデルを選びましょう。

オーブントースターのおすすめメーカー

象印マホービン(ZOJIRUSHI)

象印マホービンのオーブントースターは、お手入れのしやすさが魅力。焼き網や扉を取り外せるモデルが発売されているため、こまめにお手入れを行い、衛生的にオーブントースターを使用したい方におすすめのメーカーです。

価格も比較的リーズナブルなので、初めてオーブントースターを購入する方はチェックしてみてください。

アラジン(Aladdin)

By: aladdin-aic.com

暖房器具メーカーとして有名なアラジンは、暖房器具に搭載している特許技術「遠赤グラファイト」をオーブントースターにも採用しています。わずか0.2秒で発熱すると謳われており、高温ですばやく焼き上げるためパンの水分蒸発を最小限に抑えることが可能。パン本来の味や食感、香りをしっかりと堪能できます。

レトロなデザインも人気の理由。おしゃれで機能性に優れたオーブントースターを探している方におすすめのメーカーです。

バルミューダ(BALMUDA)

By: amazon.co.jp

バルミューダは2015年にスチーム式のオーブントースターを発売し、高級オーブントースターのブームを巻き起こしたメーカー。独自のスチームテクノロジーと細かな温度制御により、食パンを外はカリカリ、中はフワフワの食感に焼き上げられるのが魅力です。

そのため、パンのトーストに特化したオーブントースターを探している方におすすめ。高価ではありますが、食パンやクロワッサンなどパンの種類に合わせてトーストできます。美味しいトーストを追求する方は、ぜひチェックしてみてください。

タイガー魔法瓶(TIGER)

By: tiger.jp

タイガー魔法瓶はスタンダードなオーブントースターだけでなく、ハイスペックなコンベクション式のオーブントースターも豊富に製造しています。コンベクション式モデルはムラなく食材を加熱でき、多彩なオートメニューに対応しているのが魅力です。

高性能なオーブントースターを探している方は、ぜひ購入を検討してみてください。

オーブントースターのおすすめ

象印マホービン(ZOJIRUSHI) オーブントースター こんがり倶楽部 EQ-JA22

焦がさずに加熱する「高火力スイッチヒーティング」搭載のオーブントースターです。上2本の遠赤外線ヒーターと下ヒーターをスイッチさせて、食材の表面と裏側を焦がさないように加熱。トレーを使用する調理では、下からの加熱をハイパワーに切り替えて温度ムラを抑えます。

8つのマイコン自動コースでさまざまな食材をおまかせで調理できるのも便利。火加減の難しい冷凍トーストや冷凍ピザも美味しく焼き上げます。メニューの選択はダイヤル操作で簡単。はっきり見やすい白黒反転液晶を搭載しています。

焼き網を外せば、扉ごと簡単に取り外せる点にも注目。焼き網とくず受け皿は丸洗いできるなど、お手入れしやすいモデルを探している方におすすめです。

アラジン(Aladdin) グリル&トースター AGT-G13AG

上ヒーターにグラファイトヒーター、下ヒーターに石英管ヒーターを搭載したオーブントースターです。4枚焼きタイプで発熱時間わずか0.2秒の立ち上がりの早さが特徴。外はカリッと、なかはもちっとしたトーストをスピーディーに焼き上げるおすすめモデルです。

また、四角い形状のグリルパンが付属。330℃の高温で焼く・煮る・蒸す・炊くなど、さまざまな調理を楽しめます。180°回転する焼き網で好みの焼き方を選べるほか、ステンレス製でお手入れしやすいのも魅力です。料理家が考案したレシピブックが付属しています。

アラジン(Aladdin) グラファイトトースター CAT-GS13B

鉄の約10倍の熱伝導率をもつ素材「遠赤グラファイト」ヒーター搭載のオーブントースターです。0.2秒で発熱して短時間で一気に焼き上げるのが特徴。大型つまみを搭載しており、温度調節とタイマー設定が簡単にできます。

焼き網の左右と中央部分の幅を変え、裏面の焼き上げにこだわって開発されている点にも注目です。中央部分の幅が狭く、食パンの裏面が焼けすぎるのを予防。焼きムラが付きにくい、美味しいトーストを味わいたい方におすすめのモデルです。

バルミューダ(BALMUDA) The Toaster K01E-KG

パンのトーストに特化したおすすめのオーブントースターです。スチーム式を代表する人気製品で、本体上部の給水口から5ccの水を入れ、発生させたスチームで加熱できるのが特徴。細やかな温度コントロールを行うことで、食パンを外はカリカリ、中はフワフワに焼き上げられます。

基本のトーストモード以外に、チーズトースト・クロワッサン・バゲットの3モードを搭載しており、パンの種類に合わせて選択可能です。クラシックモードを利用すると、スチーム機能を使わず上下のヒーターで食材を加熱できます。

タイマーを使えば好みの焼き加減に仕上げることも可能です。焼き網や給水パイプなどは取り外して洗えるので清潔に使い続けられるのも魅力。パンの焼き加減にこだわる方におすすめの製品です。

▼【レビュー】バルミューダの高級トースターの実力とは?噂通りの焼き上がり

タイガー魔法瓶(TIGER) オーブントースター KAT-B130

同社が魔法瓶で培ってきた技術を応用したオーブントースター。ガラス扉を2重構造にした「断熱Wガラス」を採用し、熱の放出を防いで庫内の温度を一定に保ちます。幅約32.5cmのワイド庫内で3枚のトーストを一度に焼ける仕様。焼きムラも少なく、忙しい朝に活躍するおすすめモデルです。

上ヒーターには高火力を発揮する「黒遠赤ヒーター」を搭載。上下3本のヒーターで食材の芯まで効率よくあたためます。温度調節は約80~250℃まで無段階で設定でき、さまざまな食材の調理に対応可能。30分まで設定できるタイマーにより、グラタンや焼き芋など調理時間の長いメニューにも重宝します。

また、表面にこびりつきを防ぐシリコン加工が施された深皿調理トレーが付属。フレンチトーストや魚のホイル焼きに活用できます。焼き網とパンくずトレーは外して丸洗いできる、メンテナンスしやすさも魅力の1台です。

タイガー魔法瓶(TIGER) コンベクションオーブントースター KAT-A130

ヒーターからの熱を庫内全体に循環させる「熱風コンベクション」を採用したオーブントースターです。2重のガラス扉で熱を閉じ込める「断熱Wガラス」の採用と相まって、庫内の熱を均一に保ち加熱ムラを抑えます。トースト3枚を焼き上げる時間を従来モデルと比較して約30秒短縮しており、忙しい朝に役立つおすすめモデルです。

2重構造のガラス扉を採用し、従来モデルと比べて水分蒸発率を約8.9%削減しているのも注目ポイント。表面はサクッと、中はアツアツでふわっとした食感のトーストを味わえます。また、焼き網がまっすぐにスライドする「取りやすいん棚」が付属。中の料理やトーストを取り出しやすいのが魅力です。

1300Wの高火力ヒーター搭載で、グラタンやピザなどさまざまなメニューでも活躍。庫内には熱反射率の高い「ガルバニウム鋼板」を採用しています。

デロンギ(DeLonghi) スフォルナトゥット コンベクションオーブン EO12562J

ファンを回して庫内の熱を循環させるコンベクションタイプのオーブントースターです。やわらかい熱を対流させて、食材を包み込むようにじっくりと火を通すのが特徴。庫内の温度を一定に保ちながら、ムラなく焼き上げます。

また、コンベクション・オーブン・グリル・自動解凍・保温の5つの調理機能を搭載。1400Wもの高火力と相まって、トーストはもちろん本格的なオーブン料理を楽しみたい方にもおすすめのモデルです。さらに、時間や温度を合わせやすいダイヤル式で操作も簡単。手前に引き出してもしっかりと安定する構造のワイヤーラックを採用しています。

ヨーロッパの厳しい基準をクリアしている点にも注目。2重構造の扉と断熱構造により、従来モデルと比較して表面温度が低く安全に使いやすい製品です。

デロンギ(DeLonghi) スフォルナトゥット・イーヴォ ミニコンベクションオーブン EO90155J

コンパクトながらトーストを一度に4枚焼けるオーブントースターです。上下のヒーター間は11.5cmと余裕があり、高さのある耐熱容器も入れられます。スクエア型とM字型のシーズヒーターを上下に配置した仕様。庫内に熱を行き渡らせて、ムラなくトーストを焼き上げます。レッドカラーのダイヤルや角を丸くしたスタイリッシュなフォルムも魅力。デザイン性を重視したい方にもおすすめのモデルです。

2重構造で熱を逃さない「サラウンドコンベクションシステム」で設定した温度を一定にキープ。オーブン表面温度の上がりすぎを抑制できるため、安全性にも優れています。

シャープ(SHARP) ヘルシオ グリエ AX-GR1

たっぷりの過熱水蒸気を利用してトーストを焼き上げるオーブントースターです。食パンに水分を与えながら表面をすばやく焼き上げるのが特徴。冷凍パンでも外こんがり、中もっちりの焼き上がりを実現するおすすめモデルです。時間が経過してしんなりとしたクロワッサンも過熱水蒸気でリベイクできます。

約40mLの水タンクを搭載し、大量の過熱水蒸気を発生させるのがポイント。トースト・弱・中・強の4つのモードにより、水蒸気の量をきめ細かくコントロールします。過熱水蒸気は揚げ物調理でも活躍。余分な油を落としながら調理してヘルシーに焼き上げます。

焼き網をレール形式で入れる構造にも注目。焼き網を外せば庫内の奥まで手が届きやすく、お手入れが簡単です。水タンク・焼き網・トレー・パンくずトレーはすべて取り出して丸洗いできるため、衛生面が気になる方にも適しています。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) スチーム オーブントースター SOT-012

スチームの力でトーストを焼き上げる、4枚焼きのオーブントースターです。スチームがトーストを包み込んで外はカリッと、なかはふんわりの仕上がりを実現。付属のスチーム用カップをセットするだけど、使い方も簡単です。スチーム用カップは丸洗いできるため、清潔な状態を保てます。

また、上下ヒーターで最大1200Wの高火力を発揮。トースト4枚をムラなく焼き上げます。ドアを開けると焼き網が前に出るスライドオープンドアで、出し入れしやすいのも便利。油が出る食材を載せられる受け皿が付属しています。お手入れも簡単にできるおすすめ製品です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) オーブントースター MOT-012

縦型デザインを採用したオーブントースターです。横幅約24.2cmで狭いスペースに設置したい場合におすすめのモデル。スタイリッシュなミラー仕様でインテリアに溶け込みやすく、デザイン性を重視したい方に適しています。

上・中・下の3本ヒーターによって均一な焼き上がりを実現。ムラになりにくく、こんがりとした焼き目をつけられます。火力調節は1000・700・300の3段階切り替え。最大15分に設定できるタイマーを備えており、多彩なメニューに対応可能です。

また、スライド式パンくずトレーの付属でお手入れも簡単。2枚の受け皿が付属し、ピザや油が出る食材を調理したいときに便利です。

シロカ(siroca) プレミアムオーブントースター すばやき ST-2A251

高火力・低放射ガラス・循環ファン・庫内反射板の4つを組み合わせた「すばやき製法」採用のオーブントースター。280℃の高火力を実現しており、一般的なオープンでは難しい本格的なピザ作りを楽しめるおすすめモデルです。

コンベクション機能によって庫内の温度を一定に保てるのもポイント。循環ファンで庫内の熱を対流させて、ムラなく均一に焼き上げます。扉と網は取り外せるため、お手入れも簡単。2枚焼きのほか、4枚焼きモデルもラインナップしています。

パナソニック(Panasonic) コンパクトオーブン NB-DT52

外をこんがりと焼き上げて中をあたためる「遠近赤外線ダブル加熱」搭載のオーブントースターです。メニューに合わせて3本のヒーターを独立制御するのが特徴。近赤外線で中をあたため、遠赤外線ヒーターで表面を焼き上げます。

ワンタッチで火加減と時間をコントロールする7つの「オートキー」を搭載。ボタンを押すだけで自動的に焼き加減やあたため具合を調節するおすすめモデルです。予熱不要でスピーディーに加熱できる「オーブン機能」も便利。120~260℃まで8段階の温度調節機能を備えており、さまざまなメニューに対応します。

パナソニック(Panasonic) オーブントースター NT-T500

最大1300Wの高火力でトーストを焼き上げるオーブントースター。ヒーター熱をワイドに反射する「3面ディンプル庫内」を採用し、庫内全体をムラなくあたためます。火力をきめ細かく5段階で調節できる点にも注目。トーストはもちろんグラタンやピザ、クロワッサンのあたためなど多彩なメニューに対応できるおすすめモデルです。

また、油モノをカリッとあたためたいときに活躍する「フライネット」が付属。油もどりがなく、フライをベタつかずにあたためられます。ワイドな庫内でトースト3枚を一度に焼けるほか、約25cmまでのピザに対応します。

ブルーノ(BRUNO) ミニトースター MyLittleシリーズ BOE049

幅24×奥行21.5×高さ22.3cmのコンパクトなオーブントースターです。トースト1枚に対応しており、一人暮らし用としておすすめ。一人暮らし向けのキッチンコレクション「マイリトルシリーズ」モデルで、おしゃれで可愛らしいデザインはプレゼント用にも適しています。

上下ヒーターの搭載で上下2段調理にも対応可能。クッキーや油モノを載せられるベイキングトレーが付属しています。グリーン・ピンク・ベージュの3カラーをラインナップし、インテリアの雰囲気に合わせて選べるのも魅力です。