食パンをトーストするのに欠かせない「オーブントースター」。お餅を焼いたりグラタンを調理したり、さまざまな用途で使えるほか、ノンフライ調理に対応したモデルも販売されています。

オーブントースターは種類が多く、どれを選べばよいのか迷ってしまうことも。そこで今回は、おすすめのオーブントースターをピックアップしました。選び方についても解説するので、購入を検討している方は参考にしてみてください。

トースターの種類

オーブントースター

トースターのなかでも、スタンダードなタイプがオーブントースターです。庫内のトレイや網の上に食材を置いて、内部のヒーターで加熱します。高温のヒーターを利用してグラタンやピザなどのグリル調理でも活躍。クロワッサンや菓子パンをあたためたいときにも役立ちます。

ただし、庫内が広くヒーターまで距離があり、食パンに焼き目をつけるのに少し時間がかかる場合があるのは懸念点。また、食材の水分が蒸発しやすく、モデルによってはパンのモチモチ感が損なわれる場合もある点には留意しておきましょう。

ポップアップ式トースター

食パンを縦向きで挿入して焼くタイプがポップアップ式トースターです。使い方は、各スロットにパンを挿入してレバーを下ろすだけと簡単。パンが焼き上がると、ポンッと跳ね上がって出てきます。熱源が食パンに近く、すばやく焼き上がるのが魅力です。

食パンの焼き上げに特化したモデルが主流ですが、クロワッサンやベーグルなどをあたためられるモデルもあります。オーブントースターと比較してコンパクトなサイズも特徴。設置場所に困っている方や、一人暮らしの方におすすめです。

ポップアップ式トースターについてもっと知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。

ホットサンドメーカー

By: amazon.co.jp

食パンに具を挟んで焼き上げるタイプがホットサンドメーカーです。アウトドアで活躍する直火式と、自宅で手軽に使える電気式があります。軽量コンパクトで収納場所に困らないのが特徴。電気式であれば、食パンをセットして電源を入れるだけと操作も簡単です。

タイマー機能付きのモデルなら、好みに合わせて焼き加減を調節できて便利。お手入れのしやすさを重視するなら、プレートを分解して丸洗いできるタイプがおすすめです。上下のパーツを分解して小型のフライパンとして使えるモデルもあり、食パン以外の食材を調理したいときに役立ちます。

ホットサンドメーカーについてもっと知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。

オーブントースターの選び方

ヒーターをチェック

スタンダードで種類も多い「電熱」

By: amazon.co.jp

オーブントースターのなかでもスタンダードなのが「電熱」です。電熱線からの放射熱で加熱するタイプ。食材に直接熱が当たって焼き色をつけやすいものの、厚みのある食材の中まで火が通りにくい場合があります。

各メーカーから多種多様なモデルがラインナップされており、比較的リーズナブルな価格で購入できるのが魅力です。

中までしっかりと加熱できる「遠赤外線ヒーター」

By: tiger.jp

「遠赤外線ヒーター」は、電磁波の一種である遠赤外線を加熱に使用する仕組み。食材内部の分子を振動させることで、摩擦熱を生み出すのが特徴です。表面だけではなく中までしっかりと熱の通った、ふっくらと美味しいパンが焼けます。

また、焼きムラが少ないほか、こんがりとした焼き色を表面に満遍なくつけられるのもポイント。食欲をそそる、美味しそうな見た目にトーストを仕上げたい方におすすめです。

発熱の立ち上がりが早い「遠赤グラファイト」

By: amazon.co.jp

「遠赤グラファイト」は鉄の約10倍熱伝導率を有する、ポリイミドシートをグラファイト結晶化した素材。電源を入れて、すぐに発熱を開始できるのが特徴です。

また、瞬時に庫内温度を上昇させ、高温で短時間に焼き上げるのもポイント。パンの水分が内部に保持されたままの状態で全体を加熱できます。外はカリッと、中はもちもちとした食感豊かなトーストに仕上げたい方にもおすすめです。

加熱方式をチェック

水分を保ちながら焼く「スチーム」

By: amazon.co.jp

少量の水を給水口に注ぎ、庫内に「スチーム」を充満させて加熱する方式です。食材の表面に水分の膜を張り、内部の水分蒸発を抑えて焼き上げるのが特徴。細かなスチームと高温ヒーターによって表面はカリッと、中はふんわりとした食感を実現します。

スタンダードな電熱式と比較して価格はやや高めですが、パンの焼き加減にこだわりたい方におすすめ。独自のスチームテクノロジーを採用したモデルが各メーカーから販売されています。

水蒸気によって焼く「過熱水蒸気」

By: jp.sharp

本体に水タンクを搭載し、「過熱水蒸気」を利用して焼き上げる加熱方式です。水を100℃以上の高温で加熱して、過熱水蒸気を発生させるのが特徴。過熱水蒸気が食材に触れて水に戻った際に発生する凝縮熱で食材を焼き上げる仕組みです。外側はサクサク、中はモチモチのトーストを楽しめます。

ノンフライ調理や、簡単な焼き料理に活用したい場合にもおすすめ。パンと目玉焼きを一緒に調理できるなど、温度の異なる食材を同時に加熱しても焼きムラになりにくいのがポイントです。

焼きムラが少ない「コンベクション」

By: amazon.co.jp

ヒーターだけでなくファンも利用する加熱方式が「コンベクション」です。循環ファンで熱の対流を発生させて、トースター庫内を均一に加熱。パンをムラなく焼き上げられるほか、じっくり加熱する料理も調理できます。

油を使用しないノンフライ調理に対応しているモデルが多いのも特徴。すばやい発熱により、予熱せずにオーブン調理できるモデルも販売されています。価格は比較的高めに設定されていますが、さまざまな調理に活用できる使い勝手のよさが魅力です。

コンベクションオーブンについてもっと知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。

同時に焼けるパンの枚数をチェック

By: amazon.co.jp

一度に焼けるパンの枚数はモデルによって異なります。家族の人数や一度に食べる量を考慮して、適切な大きさのモデルを選択しましょう。1~2人暮らしの場合、食パン2枚を同時に焼けるタイプがおすすめです。3人以上の家族なら、3~4枚同時に焼けるモデルが適しています。

一人暮らしのワンルームなどで設置場所の確保が難しい場合は、2段式で使えるコンパクトなモデルもおすすめ。なかには、3~4枚を同時に焼けるタイプながら、比較的コンパクトなサイズを実現しているモデルもあります。

調理モードをチェック

オーブントースターのなかには、多彩な「調理モード」を搭載したモデルが販売されています。マイコン機能を搭載したモデルなら、食材やメニューに合わせて焼き時間を自動でコントロール可能。さまざまなオートメニューを搭載しているモデルもあります。

油を使用せずに調理できる「ノンフライ調理モード」を搭載したモデルにも注目。おもにコンベクションタイプのオーブントースターに搭載されており、健康志向の方におすすめです。そのほか、クッキー・餅・焼き芋の自動調理に対応しているモデルもあるので、自身の好みやライフスタイルに合わせて選んでみてください。

温度調節機能をチェック

By: amazon.co.jp

オーブントースターの温度調節機能は、大きく分けてダイヤルタイプとボタンタイプの2種類があります。ダイヤルタイプはシンプルなトースターに採用されることが多く、機器の操作が苦手な方でも直感的に使いやすいのが魅力です。

ボタンタイプは、設定温度を細かく調節できるのがメリット。とくに、グリル料理に活用したい場合には、食材に合わせて温度調節できるモデルがおすすめです。また、カリッとした食感を楽しみたいなら、1000W以上の強火に設定できるモデルを検討してみてください。消費電力は大きくなるものの、すばやい焼き上げにより、外側カリッと中はもっちりとした食感が味わえます。

掃除のしやすさをチェック

By: amazon.co.jp

食パンを焼き網に直接置いてトーストする場合、庫内がパンくずで汚れやすくなります。とくに、毎日使用する方はなるべく掃除しやすいモデルを選ぶのがおすすめです。一般的にオーブントースターにはパンくずトレイが付属しているので、引き出して掃除しやすいかをチェックしておきましょう。

焼き網や扉、スチーム管など部品を細かく取り外せるモデルがお手入れしやすく便利です。丸洗いした後に隅々まで拭き上げておけば、清潔な状態で使用できます。衛生面が気になる方はお手入れしやすさも重視して選んでみてください。

オーブントースターのおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

パナソニックは、大阪府門真市に拠点を構えている大手電機メーカーです。さまざまな生活家電を手がけており、オーブントースターも豊富にラインナップ。なかでも「遠近トリプルヒーター」と「インテリジェント制御」を搭載した「ビストロ」は、火力や時間設定なしの自動調理が特徴です。

また、多くのモデルでキッチンに溶け込むシンプルなデザインを採用しているのもポイント。操作性に優れた火力切り換えダイヤルとタイマーダイヤルを搭載したモデルは、直感的に使いやすく、機器の扱いが苦手な方でも安心して使えます。

アラジン(Aladdin)

By: amazon.co.jp

アラジンは、レトロでおしゃれな石油ストーブやファンヒーターで知られている、イギリスメーカーです。オーブントースターも手がけており、特許技術「遠赤グラファイト」採用のモデルが有名。0.2秒で発熱すると謳われている、すばやい立ち上がりが魅力です。

また、同メーカーらしいレトロな外観もポイント。インテリアに溶け込みやすいデザインを求めている方に適しています。焼き網が外れるなど、お手入れしやすいモデルが多い点もメリット。2枚焼きタイプにくわえて、人数の多い家庭で重宝する4枚焼きタイプもラインナップされています。

象印マホービン(ZOJIRUSHI)

By: amazon.co.jp

象印マホービンは、大阪府大阪市に本社を置く、魔法瓶で知られている企業です。炊飯器や電気ポットなどの生活家電に力を入れており、オーブントースターも豊富にラインナップしています。なかでも、温度を5段階で細かく調節できるモデルが便利。食パンをこんがり焼きたい場合やロールパンのあたためなど、さまざまな用途で活躍します。

「マイコン自動コース」や「30分ロングタイマー」搭載の機能性に優れているモデルも充実。また、お手入れしやすさを重視しているモデルも販売しています。

オーブントースターのおすすめ

パナソニック(Panasonic) オーブントースター ビストロ NT-D700

美味しく焼き上げる「遠近トリプルヒーター」搭載

遠赤外線と近赤外線のヒーターを組み合わせた、「遠近トリプルヒーター」搭載のオーブントースターです。遠赤外線で表面をサクッと焼き上げて、近赤外線で中を同時に加熱。7200通りものトーストプログラムで最適化する「インテリジェント制御」と相まって、厚切りや冷凍の食パンも美味しく焼き上げます。

15項目のオートメニューを搭載しているので、多彩なメニューを手軽に楽しみたい方におすすめ。120~260℃まで8段階の温度調節機能により、さまざまなオーブン調理でも活躍します。キッチンに溶け込むモノトーンデザインも魅力。クリックダイヤルを中心としたシンプルな操作性もポイントです。

パナソニック(Panasonic) オーブントースター NT-T501

シンプルなデザインと構造で忙しい朝にもおすすめのモデル

一度に4枚の角食パンをトーストできるオーブントースターです。広い庫内のため約24cmのピザも調理可能。たくさん食べたい方や忙しい朝に家事を時短したい方におすすめのモデルです。

火力切り換えとタイマーの2種類のダイヤルだけのシンプルな構造で操作もシンプル。火力を315W・570W・600W・885W・1200Wの5段階で調節できるほか、30分タイマー搭載で長時間メニューにも対応します。キッチンにマッチしやすいシンプルで優しいデザインも魅力です。

パナソニック(Panasonic) オーブントースター NT-T500

食パンをムラなく焼き上げられる「3面ディンプル庫内」採用

ヒーターの熱をワイドに反射する「3面ディンプル庫内」採用のオーブントースターです。熱をさまざまな方向へ反射させて庫内全体をあたためるので、食パンをムラなくトーストを焼き上げられます。ワイドビッグ庫内で一度に3枚の食パンをトースト可能です。

メニューに合わせて火力を5段階で調節でき、クロワッサンのあたためから高温で焼くお餅まで対応。また、フライを調理したいときに便利な「フライネット」も付属しており、フライをべたつかせずにあたためられます。

パナソニック(Panasonic) コンパクトオーブン NB-DT52

さまざまな使い方ができる多機能オーブントースターです。ワンタッチで火加減・時間をコントロールできる「7つのオートキー」と、3本のヒーターを独立制御する「遠近赤外線ダブル加熱」を搭載。トーストはもちろん、面倒な揚げ物や焼き芋なども、ボタンひとつで手軽に調理できます。

タイマーは0.5~25分で設定でき、温度は120~260℃の8段階調節が可能。基本性能が充実していながら、本体サイズは横幅331×高さ263×奥行き305mmを実現しているので、コンパクトなオーブントースターが欲しい方にもおすすめです。

アラジン(Aladdin) グラファイト グリル&トースター AGT-G13A

わずか0.2秒で発熱すると謳う特許技術「遠赤グラファイト」を搭載した、4枚焼きタイプのオーブントースターです。鉄の約10倍もの熱伝導率により、高い庫内温度で一気に焼き上げるのが特徴。180°回転して高さを変えられる焼き網の効果と相まって、表面はカリッと、中はモチモチに焼き上がるのが特徴です。

付属のグリルパンは四角く深さがあり、さまざまな調理に活用可能。フタをすればグリルパン内の温度を330℃まで上げられるため、焼く・煮る・蒸す・炊く・あたためなど多彩な調理を楽しめます。料理家で管理栄養士の藤井恵氏考案のレシピが付属しているのも魅力。満足度の高いおすすめモデルです。

アラジン(Aladdin) グラファイトトースター AET-GS13B

レトロな外観が印象的なオーブントースターです。2枚焼きタイプで1~2人暮らしにおすすめ。鉄の10倍もの熱伝導率が特徴の遠赤グラファイトにより、高温で一気に焼き上げます。短時間で焼き上げて、パン内部の水分を完全に飛ばさないのが特徴。モチモチとした食感を味わえるのが魅力です。

焼き網の左右と中央部分の幅を変えているのも注目。中央部分の幅を狭くして食パンの裏面が焼けすぎるのを防ぎ、ムラのなく焼き上がります。焼き網は簡単に取り外せるため、お手入れしやすく便利。操作性に優れた大型つまみを備えており、温度調節やタイマー設定を正確に合わせやすい仕様です。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) オーブントースター EQ-JA22

上下ヒーターを交互に高火力で加熱する「高火力スイッチヒーティング」搭載のオーブントースターです。トーストはもちろん、揚げ物のあたためやピザなどメニューに合わせて加熱を調節可能。8つのマイコン自動コースを搭載し、手軽にさまざまな調理を楽しめるおすすめモデルです。

ダイヤル中心のシンプルな操作性も魅力。白黒反転液晶を採用しており、見やすい画面でメニューを簡単に選択できます。扉や焼き網、スライド式くず受け皿を外して丸洗いできるのも便利なポイント。メニューに合わせて温度を80~250℃で温度調節できるほか、調理時間の長いメニューに便利な「30分ロングデジタルタイマー」を搭載しています。

バルミューダ(BALMUDA) The Toaster K05A

2枚焼きタイプの高級オーブントースターです。かつてブームを巻き起こしたモデルをリニューアル。使いやすいデザインと、より高度に進化した「温度制御」システムを採用しています。

また、独自の「スチームテクノロジー」を搭載しているのも特徴。パンを焼く際は上部の給水口から入れた水を使って庫内に高温のスチームを充満させ、表面を一気に焼き上げます。細かな温度制御と組み合わせることで食感と香りのバランスを保ちつつ、内部に熱を通して焼き上げるのが魅力です。

トースト・チーズトースト・フランスパン・クロワッサンからなる4種類の専用モードを備えているのもおすすめのポイント。スチームを使わず一定の温度で焼き上げるクラシックモードを使えば、予熱いらずで餅・グラタンなども調理できます。

タイガー魔法瓶(TIGER) コンベクションオーブン&トースター KAT-A130

熱を閉じ込めて焼く「断熱Wガラス」採用のオーブントースターです。2重のガラス扉で熱を閉じ込めて庫内の熱を均一に保つのが特徴。ヒーターから発した熱をファンで庫内全体に循環させるコンベクションタイプで、加熱ムラを抑えてパンを焼き上げます。

幅約32.5cmのワイドな庫内により、3枚の食パンを同時にトースト。上部の黒遠赤ヒーターを含めた3本のヒーターにより、食材の芯まで効率よく加熱します。1300Wのハイパワーで、グラタンやピザのオーブン調理に活用できるのも便利なポイント。焼き網がスライドする「取りやすいん棚」により、トーストや料理を取り出しやすい仕様です。

また、温度設定を約80~250℃の範囲で細かく設定できるのも魅力。タイマーは最長30分まで設定できるため、グラタンや焼き芋など調理時間の長いメニューで役立ちます。

タイガー魔法瓶(TIGER) オーブントースター KAT-B130

上部のヒーターに黒遠赤ヒーターを搭載したオーブントースター。遠赤外線により食材の外側と内側を効果的に加熱できます。扉のガラスを2重にした「断熱Wガラス」の効果と相まって、トーストの水分蒸発を防いでふわっとした食感に仕上げるのが特徴です。

設定温度は約80~250℃の範囲で無段階調節可能。最長30分まで設定できるタイマーを活用すれば、フライのあたためからグラタンやお餅など高温で焼き上げるメニューまで幅広く対応可能です。

また、付属の受け皿に食材のこびり付きを防ぐシリコン加工を施しているのも特徴。深さがあるため、フレンチトーストや魚のホイル焼きを作りたい場合に便利です。焼き網とパンくずトレイは取り外して丸洗いできるので、清潔な状態を保てます。

デロンギ(DeLonghi) オーブントースター ディスティンタ・ペルラ コレクション EOI408J-GR

グッドデザイン賞の受賞歴があるおしゃれなオーブントースターです。高度なモールディング技術によって四角と丸を組み合わせた、スクエアクルデザインを採用。パールカラーがキッチン空間を華やかに演出します。

8.5Lのコンパクトサイズながらトーストを4枚同時に焼けるのも特徴。庫内に熱を行き渡らせる「M字型シーズヒーター」を採用しており、パンをムラなく美味しく焼けます。

ダイヤルを使ったシンプルな操作もポイント。オーブン・グリル・保温の、3種の調理機能を直感的に使用できます。また、オイルプレートやピザストーンなどの付属品が充実しているのも魅力です。

シャープ(SHARP) ヘルシオ グリエ AX-GR2

過熱水蒸気を利用したウォーターオーブン。100℃以上に加熱した水蒸気でパンを包み込むことで、中はふんわり外はサクッとしたトーストが焼き上げられます。低めの絶妙な温度で加熱する「弱モード」で、生食パンのふわふわ食感を再現できるのも特徴です。

タイマーは30秒~15分に設定可能で、温度調節はトースト・弱・中・強の4種類のモードに対応。焼き網をレール形式で入れるシンプルな構造を採用しており、使用後のお手入れがしやすいのも嬉しいポイントです。

付属のコーティングトレイに食材を入れれば、トーストと同時におかずの調理も可能。忙しい朝でも手間なく美味しい朝食が食べられます。

シロカ(siroca) すばやき ST-2D351

独自の「炎風テクノロジー」を採用したオーブントースター。パンをムラなく焼き上げられるのが特徴です。食パン1枚を焼くのにかかる時間は約90秒と短いため、忙しい朝でも美味しいトーストが気軽に味わえます。

大きく見やすい表示パネルをはじめ、手軽に取り外して洗えるパンくずトレイや、使用後のお手入れがしやすい90°開閉する扉など、使い勝手も良好。庫内高は10cmと広さに余裕があるので、焦げやすい厚切りパンやクロワッサンも焼けます。

パンや料理に合わせてトースターが自動で温度制御する「オートメニュー」に対応しているのも嬉しいポイントです。

日立(HITACHI) オーブントースター HTO-C3A

価格と性能のバランスに優れたオーブントースター。気軽に購入できるリーズナブルな価格を実現していながら、庫内温度は80~230℃の無段階調節が可能。1台あればグラタンや揚げ物など、さまざまな料理が気軽に楽しめます。

タイマーは15分まで設定ができ、角型・山形のパンなら一度に2枚焼き上げることが可能。スライドイン式オーブン皿で、揚げ物をヘルシーにあたため直せるのも嬉しいポイントです。

本体サイズは横幅310×高さ232×奥行き285mmとコンパクトなので、狭いキッチンや1人暮らしのワンルームでも邪魔になりにくく快適に使えます。

ブルーノ(BRUNO) スチーム&ベイク トースター BOE067

機能性とデザイン性のバランスに優れたオーブントースターです。循環ファンで熱を対流させて庫内を均一に加熱するコンベクション方式を採用。パンをムラなく焼き上げられるほか、厚みのある肉などの食材も美味しく調理できます。

タイマーは30分まで設定でき、食パンなら一度に4枚をまとめて焼き上げることが可能。調理方法に応じてノーマル・スチーム・コンベクションのモードが切り替えられるのも嬉しいポイントです。

汚れが溜まりやすい焼き網・くず受けトレイは、取り外して水洗いが可能。衛生面が気になる方でも安心して使えます。

テスコム(TESCOM) 低温コンベクションオーブン TSF601

1台6役の多機能オーブントースターです。オーブン・トースト・ノンフライ・発酵・乾燥・低温調理に対応しており、さまざまな料理で使用可能。バリエーション豊富な料理が楽しめる、オリジナルのレシピブックが付属しているのも嬉しいポイントです。

消費電力は1200Wで、温度は35~230℃の20段階調節が可能。庫内は広めに作られているので、食パンなら同時に4枚、一般的なMサイズのピザならカットせず丸ごと入れて加熱できます。

ミトンをつけた状態でも開け閉めができる新デザインハンドルや、簡単に掃除ができるパンくずトレイ、設定不要で美味しくパンが焼ける「専用トーストモード」など、使いやすさを考えて作られているのも大きな特徴です。

ツインバード工業(TWINBIRD) オーブントースター TS-5001LX

スタイリッシュな電熱タイプのオーブントースターです。高さ5.5cmの近火で焼き上げるロースタイルと、焼きムラを軽減するハーフミラーガラスを採用しているのが特徴。ヒーターの出力は4段階で調節でき、付属のトレイを使えばピザトーストやホイル焼きなどの調理も可能です。

本体サイズは横幅350×高さ230×奥行き180mmとコンパクトなので、狭いキッチンでもストレスなく快適に使えます。マットなボディと金属パーツを組み合わせることで、おしゃれなデザインに仕上がっているのも魅力です。

クイジナート(Cuisinart) ノンフライオーブントースター TOA-29

ノンフライ調理が可能なオーブントースターです。庫内で対流する熱風により、食材をムラなく焼き上げられるのが特徴。片付けが面倒な揚げ物も、簡単に美味しく調理できます。食材の余分な油を落として、カロリーがカットできるのも嬉しいポイントです。

温度は90~230℃、タイマーは1~60分に設定が可能で、調理モードはWARM・BROIL・BAKE・AIR FRY・BAGEL・TOASTに対応。効果的に熱が伝わるM型ヒーターを採用することで、トーストを美味しく焼き上げられるのも魅力です。

高さを自由に変えられる「リバーシブルラック」や、トーストが4枚同時に焼ける広々庫内を備えているなど、使い勝手も良好。さまざまな料理を楽しみたい方にピッタリの1台です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) オーブントースター MOT-401

基本性能が充実したオーブントースター。蓄熱性に優れた付属の専用容器を使えば、外はサクサク、中はもっちりとしたトーストや、とろけるような食感のトーストが堪能できます。

庫内は横幅275×高さ80×奥行き280mmと広めに作られており、食パンなら同時に4枚、直径23cmのピザならカットせずそのまま加熱可能。自動メニューは全20種類に対応しているので、唐揚げやハンバーグなど、さまざまな料理を気軽に楽しめます。

ほかにも、最大60分の時間調節が可能なタイマーや、好みに合わせて選べる焼き色調節など、便利な機能が充実。受け皿・専用容器は丸洗い可能なので、衛生的が気になる方でも安心して使えます。

ラドンナ(LADONNA) Toffy K-TS4-AW

電熱タイプの小型オーブントースター。本体サイズは横幅230×高さ331×奥行き234mmとコンパクトなので、小さなキッチンスペースでも邪魔になりにくく快適に使えます。庫内は2段構造で、食パンなら一度に2枚焼き上げることが可能です。

温度調節は280W・720W・1000Wの3段階切り替えに対応。1台あればトーストだけでなくグラタンやハンバーグなど、さまざまな料理が楽しめます。

焼きムラを抑える3灯ヒーターと、適温をキープする庫内温度調整器で、食パンをこんがり美味しく調理できるのもポイント。レトロで親しみのあるデザインも魅力のひとつです。

オーブントースターのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

オーブントースターのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。