トーストやピザ、グラタンなど幅広い調理に対応できる「オーブントースター」。最近の市場動向としては大手家電メーカーはもちろん、いわゆる“ジェネリック家電”と呼ばれる低価格路線のブランドや高級志向で奮闘している新興勢力などが台頭しており、競争が激化しています。

そこで今回は2017年おすすめのオーブントースターをランキング形式でご紹介。また、一人暮らしにおすすめのモデルやコスパの高い製品もピックアップしたので、購入を検討している方はぜひ参考にしてください。

オーブントースターとは

By: item.rakuten.co.jp

オーブントースターは食材を加熱するキッチン家電。パンやピザ、グラタンなどを手軽ながらしっかり焼き上げてくれるのがポイントです。最近では水蒸気の力で食材を焼き上げるタイプなども販売されており、技術革新や新機能を搭載したモデルがリリースされています。

トースターの種類

オーブンタイプ

By: amazon.co.jp

パン以外にも色んな食材を調理したいなら、ヒーターで加熱する仕組みの「オーブンタイプ」がおすすめ。鮭のホイル焼きやグラタンなど1台あれば多様な調理が楽しめます。

庫内が広く一度にたくさんの食材が調理できるのもオープンタイプならではのメリット。一方、サイズがそこそこ大きく設置する場所によっては邪魔になることもあるため、キッチンが狭いという方は注意が必要です。

ポップアップタイプ

By: amazon.co.jp

「ポップアップタイプ」は食パンを加熱するために作られた食パン専用のトースターです。内部のヒーターが食パンに密接するため、オーブンタイプよりも素早く焼き上げることができます。

また、サイズが小さくコンパクトなので、置き場所にも困らず使えるのも大きな魅力。なお、食パン以外の食材は基本的に調理することができない点は考慮しておきましょう。

オーブントースターの選び方

価格

近年、パンを焼くトースターは1000~2000円程度のいわゆる低価格路線のアイテムが市場に溢れていましたが、今では数万円もする高級トースターも登場しました。この背景には、そもそも市場シェアを確保していた製品の多機能化がユーザーのニーズとして合わなくなり、シンプルかつわかりやすい機能を特出する家電に注目が集まり、その波がトースターにも波及した結果です。

毎朝トーストを食べるような人だったら、まるでレストランで出されたような美味しいトーストを食べたいものです。よって自分のライフスタイルに合った価格帯のものを選ぶのも1つの選択肢です。

本体の大きさ

By: amazon.co.jp

まず購入前に決めておきたいのが設置場所。例えば一人暮らしのワンルームのようなキッチンでは、あまり大きすぎるオーブントースターを買っても置けないのであれば本末転倒。やはり高性能になればなるほど大きさも大きくなるものなので、設置する場所で決めるのも手です。

オーブンタイプのモノで狭い場所に置きたい場合は、縦型のオーブントースターを選ぶのがおすすめ。横幅を25センチ程度で収められるものもあるので、ぜひチェックしてみてください。

庫内の広さ

By: item.rakuten.co.jp

オーブントースターは庫内の広さも重要です。一般的な食パンのサイズは12×11cm程度、ピザのMサイズは直径25cm程度。奥行きと横幅が25cm以上あれば、食パン4枚、もしくはMサイズのピザなら中に入れることが可能です。その他、グラタンなどを作る場合には、自宅のお皿のサイズもチェックしておくことをおすすめします。

掃除のしやすさ

By: item.rakuten.co.jp

ついつい使う時だけのことを考えがちですが、使った後のメンテナンスも重要。パンくずをそのまま放置しておくと、カビが生えて衛生的な問題も発生してしまう場合があります。なので、パンくずトレーがついているか、扉や網は取り外しできるなど掃除がしやすいモデルを選ぶのがおすすめです。

調理を考える

By: amazon.co.jp

トーストを焼くだけなら単機能なトースターでも十分。マフィンなどのスイーツを焼いたりする場合は温度設定ができるタイプ、油を使わず揚げ物や焼き物をしたい場合は高温の水蒸気で焼くウォーターオーブンタイプなど、つくりたい料理を考えておくことも重要です。

オーブントースターの人気おすすめメーカー

パナソニック

By: amazon.co.jp

リーズナブルで一人暮らしにぴったりな単機能オーブントースターから高性能モデルまで幅広いラインナップが魅力です。ナショナルブランドの時代から日本の食卓を支えてきた調理家電を多く出していて、サポート体制もしっかりしています。

シャープ

By: amazon.co.jp

シャープのオーブントースターといえば「ヘルシオ グリエ」。同社のウォーターオーブン「ヘルシオ」と同様、過熱水蒸気だけで調理する加熱方法を採用しているのが特長です。また、コンパクトなサイズ感なので使い勝手も良好です。

バルミューダ

By: amazon.co.jp

1万円を超える高級トースターブームを作ったメーカーです。とことん美味しいトーストを作るために細部にわたり設定されていて、レストラン並み、それ以上の最高級のトーストができあがります。毎朝、トーストを食べるような方におすすめ。

アラジン

By: amazon.co.jp

ストーブで有名なメーカーなだけに、ヒーターは約0.2秒で発熱。一気に食材を温められます。また、レトロなデザインも魅力。キッチンのインテリアとしても最適です。

2017年注目のオーブントースターおすすめランキング

第1位 バルミューダ(BALMUDA) The Toaster K01E-KG

高級トースターの代名詞的存在であるバルミューダのオーブントースター。最初にパンの表面だけを焼き、内部の水分を閉じ込める独自のスチームテクノロジーと、パンの内部をじっくり加熱していく温度制御機能を採用。このことで、外はサクッ中はふんわりとしたおいしいパンが食べられます。

また、スチームを使わずヒーターのみで調理する「クラシックモード」を搭載しているので、パン以外にもクッキーなどの焼き菓子やグラタン、お餅など多様な料理をつくることが可能。さらに、冷凍したパンでもプラス1分加熱することで香ばしく焼き上げられます。スタイリッシュでおしゃれなデザインなので、キッチンのインテリアとしてもぴったりなオーブントースターです。

第2位 デロンギ(DeLonghi) ディスティンタコレクション EOI407J

2015年にグッドデザイン賞を受賞した、上品でどこか懐かしいクラシックなデザインが魅力。機能性も高く、食材をムラなく加熱する独自の「M字型シーズヒーター」を採用することで、表面はパリッと中はもちっとした美味しいトーストを焼き上げます。

庫内は少し広めに作られているので、食パンなら同時に4枚まとめて調理することが可能。セットで付いてくる専用の付属プレートを使えばパン以外にも、ケーキやローストビーフなどいろいろな料理を楽しむことができます。

温度と時間をセットするだけで簡単に使えるシンプル設計、フッ素加工を施したお手入れしやすい庫内など使いやすさに優れているのも魅力のひとつ。また、カラーも豊富にラインナップしているので、キッチンの雰囲気に合わせて好きな色を選択できるのもおすすめポイントです。

第3位 アラジン(Aladdin) Aladdin AET-G13N

オーブントースターはその構造上、電源を入れてから食材を加熱するまで時間が掛かりますが、本製品は約0.2秒の早さで発熱する独自の「遠赤グラファイト」を搭載しています。なので、短時間で素早く食材を焼き上げることが可能です。

付属で付いてくるグリルネットやグリルパンを使えば、焼く以外にも「あぶる」「温める」「蒸す」などいろんな調理法を楽しむことが可能。油を使用しないヘルシーな料理も作れます。レトロな雰囲気がおしゃれで、SNS映えするオーブントースターを探している方におすすめです。

一人暮らしに最適なオーブントースターおすすめランキング

第1位 パナソニック(Panasonic) NB-DT51

食材に合わせて3本のヒーターをコントロールして加熱する「遠近赤外線ダブル加熱」、120~260度まで8段階の温度調節できる「オーブン機能」、湿気た食品を焦がさず乾燥させる「ドライ機能」など、コンパクトオーブンながら便利な機能が充実しています。

また、ワンタッチで火加減と時間をコントロールする「オートキー」を使えば、面倒な設定不要で対応している食材が加熱できるため、機械操作が苦手な方でも戸惑うことなく快適に使えます。

第2位 シャープ(SHARP) ヘルシオ グリエ AX-H2

水蒸気で食材を加熱する「ウォーターヒート技術」を採用しているのが特長。1台あればトーストと同時に焼き野菜や目玉焼きなどおかずの調理もできるため、効率良く食事の支度を済ませたい方にもおすすめ。

また、油を使わず調理ができる「ノンフライ調理」を使えば、から揚げや天ぷらなど揚げ物料理を美味しく調理することも可能。余分な油を落としてくれる脱油効果もあるので、ダイエット中の方やヘルシー志向な方にもおすすめです。さらに扉の裏側にもガラス素材を採用しているのでお手入れがしやすく、3ステップの簡単操作で誰でも簡単に扱えます。

第3位 ブルーノ(BRUNO) BOE-033

トースターとグリルが組み合わさった、1台2役の便利な製品です。パンを美味しく焼き上げるトースターとしてはもちろん、上蓋を開けて使えば卓上グリルとしても使えるため、1台あれば焼肉やチーズフォンデュなどいろいろな料理が楽しめます。また、上下ヒーターの電源をそれぞれ別々に操作できる「ダブルヒーター」を搭載しており、食材ごとに最適な焼き加減で調理ができるのもポイントです。

その他にも、加熱直後でも持ち手が熱くなりにくい「樹脂素材の持ち手」や、お手入れが簡単な「焼き網&トレイ」、万が一手や足を引っ掛けても安心な「マグネット着脱式コード」など、使いやすさにこだわって作られているのも魅力。

インスタ映えが期待できるおしゃれなデザインに仕上がっているので、結婚祝いなどちょっとしたプレゼントにもぴったりです。

コスパ良好のオーブントースターおすすめランキング

第1位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) MOT-012

リーズナブルな価格にも関わらず、食材をムラなく均一に焼き上げる「3本ヒーター」や、300W・700W・1000Wに切り替え可能な「3段階の火力調節」、底に溜まったパン屑を簡単にお手入れできる「パンくずトレー」など便利な機能を多数搭載しています。また、縦並びで食材が焼けるスリムな2段式を採用することで、幅を取らずに省スペースで使えるのが魅力です。

フロント部分にはにはミラーガラス調の素材を採用することで、高級感のある作りに仕上がっているのもポイント。油分の多い食材などの調理に役立つ専用の受け皿が2枚セットになっているので、パンだけでなく具材たっぷりのピザトーストや惣菜なども気軽に調理できます。

第2位 コイズミ(KOIZUMI) KOS-0703

トーストはもちろん、天面部分で目玉焼きを焼くことができる機種。800Wのヒーターは3段階から切換えができ、さらに15分アナログタイマーなど便利な機能を備えています。

価格もリーズナブルなため、コストパフォーマンス重視で選びたい方にピッタリ。パンが1枚焼けるコンパクトなサイズ感なので、一人暮らしの方におすすめです。

第3位 象印マホービン(ZOJIRUSHI) こんがり倶楽部 ET-GM30

5本のハイパワーヒーターで食材をムラなくしっかり加熱してくれるのが特長。手作りパンが簡単に作れる「手作りパンコース」、コースを選ぶだけで温度を自動調節する「マイコン自動コース」など、便利な調理機能が充実しています。庫内は奥行き約29.5cmと広めに作られているので、トーストなら4枚、ピザは25cmサイズまで対応可能です。

また、お餅を焼くのに便利な「もち焼き網」も付属。扉を外して庫内の奥まで掃除ができる他、スライド式のくず受皿が付いているので清潔に使えます。

オーブントースターのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

オーブントースターのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。