トーストはもちろん、お餅を焼いたり、グラタンなどの料理を作ったりする際に活躍する「オーブントースター」。最近は製品ラインナップが多く、購入を検討している方はどんな製品を選べばいいのか悩んでしまうのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめのオーブントースターをご紹介。選び方もあわせて解説するので、毎日の食事を便利にしてくれるベストな1台を探してみてください。

オーブントースターの種類

パン以外の食材も焼ける「オーブントースター」

By: amazon.co.jp

パン以外にもさまざまな食材を調理したい方におすすめなのが、オーブントースター。鮭のホイル焼きやグラタンなど、1台でさまざまな調理を楽しめます。一方、サイズが大きなタイプも多いため、設置場所のスペースを取ることも考慮しましょう。

オーブントースターの選び方

加熱方式で選ぶ

電熱式

By: amazon.co.jp

オーブントースターの加熱方式で主流なのが「電熱式」です。石英ガラスで覆われた電熱線からの放射熱で食材を加熱します。表面に直接熱が当たるためトーストなど焼き色を付けたい食材に適していますが、厚みのある食材は中まで火が通りにくいため要注意。

スタンダードなタイプとして各メーカーからラインナップされているため、種類が豊富で選びやすくリーズナブルなのが魅力です。

遠赤外線ヒーター式

By: amazon.co.jp

「遠赤外線ヒーター式」は食材の中までしっかり加熱し、表面をこんがり焼き上げられるのが特徴です。メーカーによっては、立ち上がりが速く短時間で焼き上げる「遠赤グラファイト」や、内側を温めながら表面を焼く「遠近赤外線ダブル加熱」などを採用したモデルも展開されています。電熱式に比べ高価格であるのが難点ですが、焼きムラが少なく美味しく仕上げられるのが魅力です。

スチーム式

By: amazon.co.jp

焼きムラが生じやすくパサつきがちだったオーブントースターの弱点を解消したのが「スチーム式」。庫内に加熱した水蒸気を発生させて食材の水分を保ちながら焼くため、外は香ばしく中はふっくらジューシーに仕上げられます。

ほかの加熱方式に比べて種類が少なく高価ですが、独自のスチームテクノロジーを用いた「バルミューダ」や過熱水蒸気を採用した「ウォーターオーブンレンジ」は、仕上がりのよさから人気の高い製品です。

コンベクション式

By: amazon.co.jp

コンベクション式は、ヒーターのほかにファンを搭載しているのがポイント。ファンを回すことにより、庫内に熱風を循環させられます。ヒーターからの放射熱に加えて、対流熱で加熱するため、庫内に熱が素早く行き渡らせることが可能。さらに、均一に加熱できるので、ムラなく焼き上げられるのがメリットです。

また、コンベクション式オーブントースターは、油を使わずに揚げ物調理ができるノンフライ調理に対応したモデルが多いのが特徴。熱の立ち上がりが早いため、予熱することなくオーブン調理できるモノもラインナップしています。

調理モードで選ぶ

By: amazon.co.jp

オーブントースターのなかには、高性能な「調理モード」を搭載したモデルもラインナップされています。食材やメニューに合わせて焼き色を自動コントロールする「マイコン機能」や食材に適した温度と時間で加熱する「オートメニュー」、湿気たスナックを再乾燥しパリッとさせる「ドライ機能」などがあり、ボタンを押すだけで手軽にさまざまな料理が作れるので便利です。

オーブントースターのおすすめメーカー

象印マホービン(ZOJIRUSHI)

By: amazon.jp

象印マホービンは、炊飯器やポットで有名なメーカーです。オーブントースターに関しては食材に合った最適な温度で美味しく仕上げる機能が魅力。また、リーズナブルな製品が数多くラインナップされているので、コスパ重視の方にもおすすめです。

タイガー魔法瓶(TIGER)

By: amazon.co.jp

タイガー魔法瓶はその名の通り、魔法瓶の技術がさまざまな製品に活かされており、保温性に優れた調理家電を多数ラインナップしています。オーブントースターには、シンプルな機能なのが特徴で、はじめての方でも使いやすいのがポイントです。

バルミューダ(BALMUDA)

By: amazon.co.jp

ほかのメーカーとは違う視点で製品を開発しているバルミューダ。1万円を超える高級トースターブームを作ったメーカーとしても知られています。また、機能の高さに加え、おしゃれなデザインも魅力のひとつです。

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

パナソニックのオーブントースターは、遠赤外線ヒーターを採用したモデルが主流です。遠赤外線に加えて、近赤外線ヒーターを搭載したモデルもあり、食材の外・内側ともにしっかり加熱します。

また、上位機種の中には、かたまり肉を回転させながらじっくり焼き上げる機能を有するモデルも登場。料理好きな方におすすめのメーカーです。

オーブントースターのおすすめ

象印マホービン(ZOJIRUSHI) オーブントースター こんがり倶楽部 ET-GT30

象印マホービン(ZOJIRUSHI) オーブントースター こんがり倶楽部 ET-GT30

リーズナブルな価格ながら、サイズが大きめのオーブントースターです。庫内寸法は幅27.0×奥行き29.5×高さ9.0cm。トーストなら4枚、大きめの25cmピザも焼けるのがメリットです。上に2本、下に3本のヒーターを搭載しており、最大1300Wの高出力タイプで、80〜250℃までメニューに合わせて温度調節できます。タイマーは最長30分と長めなので、焼き芋も焼くことが可能です。

また、お餅が垂れずに焼ける「もち焼きネット」が付属しているのもポイント。焼網と全面扉は取り外して丸洗いできます。基本性能・メンテナンス性・価格のバランスがとれた、おすすめのオーブントースターです。

タイガー魔法瓶(TIGER) スチームコンベクションオーブン KAX-X130

タイガー魔法瓶(TIGER) スチームコンベクションオーブン KAX-X130

「GRAND X」シリーズは、タイガー魔法瓶のハイエンド調理家電。本モデルは、遠赤外線カーボンヒーターおよびスチームコンベクション構造を採用したオーブントースターです。

上部に、熱の立ち上がりが速い「速熱ヒーター」を1本、そして下部に2本の「遠赤ヒーター」を搭載しており、食材の表面をパリッと焼き上げます。また、ボイラーで熱せられたスチームが庫内に行き渡るため、食材が保湿されるのもポイント。ジューシーなまま内側を加熱できます。

温度は約80〜250℃の範囲で10℃ごとに設定可能。「ロースト」「ピラフ」「手作りパン」など20種類のオートメニューキーを搭載しており、簡単に調理できます。料理好きな方におすすめの高機能なオーブントースターです。

タイガー魔法瓶(TIGER) コンベクションオーブン&トースター KAS-G130

タイガー魔法瓶(TIGER) コンベクションオーブン&トースター KAS-G130

7000円前後と、コンベクション式としてはリーズナブルなオーブントースターです。出力は最大1300Wのハイパワー。80~250℃の無段階温度調節ができるため、幅広い料理に対応できるのがメリットです。

「グラタン」「手作りパン」など7つのオートメニューを搭載しており、ワンタッチで簡単に調理できます。タイマーは長めの30分。調理トレイに蓄熱性の高いホーロー加工を施してあるのもポイントです。庫内が広く、25cmピザも焼き上げられます。

パナソニック(Panasonic) ロティサリーグリル&スモーク NB-RDX100

パナソニック(Panasonic) ロティサリーグリル&スモーク  NB-RDX100

オーブン・トースター・グリル・スモーク4役を1台でこなす、パナソニック高機能モデルです。1350Wの大出力。上部ヒーターは近赤外線・遠赤外線が各1本、下に3本の遠赤外線ヒーターを搭載しています。温度は120〜240℃の範囲で7段階の調節が可能です。庫内サイズは幅27.0×奥行き29.0×高さ11.2cmと広いのがメリット。食パンは4枚同時に並べられるほか、25cmピザも焼けます。

本モデルのポイントは、「360°回転ロティサリーグリル」機能を搭載しているところ。約600gまでの塊肉を低速回転させながら、遠近赤外線で焼き上げます。そのため、肉が固くなることもなく、ジューシーに仕上げることが可能。ローストビーフや丸鶏の炙り焼きが家庭で簡単にできるのがメリットです。

さらに、「減煙・減臭機構」を搭載しており、燻製を作る時の煙と臭いを軽減できます。料理好きな方におすすめの多機能オーブントースターです。

パナソニック(Panasonic) コンパクトオーブン NB-DT51

パナソニック(Panasonic) コンパクトオーブン NB-DT51

遠近3本の赤外線ヒーターで加熱する、パナソニックの人気モデルです。上には遠近それぞれの赤外線ヒーターを1本ずつ、下には遠赤外線ヒーターを1本搭載。遠赤外線ヒーターで外をこんがり焼くとともに、近赤外線ヒーターで中をしっかり温めます。

最大出力は1300W。120℃~260℃の範囲で8段階温度調節可能です。予熱の必要がないので、スピーディーに調理できます。トースト・冷凍ピザ・フライ温めなど7つの「オートキー」が便利な機能。温度や時間を自動でコントロールしてくれるので、手間がかからないのがメリットです。

また、新たに「ドライ機能」を搭載しているのもポイント。湿ってしまった煎餅なども、焦がすことなく乾燥できます。オーブン機能も充実したおすすめのモデルです。

日立(HITACHI) オーブントースター HTO-CF50

日立(HITACHI) オーブントースター HTO-CF50

庫内サイズが幅26.1×奥行き24.8×高さ8.9cmと幅広なオーブントースターです。角型食パンを4枚焼けるほか、23cmサイズのピザも調理可能。また、グラタンも同時に2皿並べられます。

本モデルの特徴は80〜250℃と、温度調節できる範囲が広い点です。低めの80℃で食材をじっくり温められるほか、高めの250℃でしっかり焼き上げられます。しかも無断階で調節可能なので、細かく温度設定をすることで、幅広いメニューに対応可能です。

オーブン皿はフッ素加工済み。油や焦げなどの汚れも落としやすいのがメリット。焼き網を着脱できるほか、パンくずトレイも引き出せるなど、メンテナンスもしやすいオーブントースターです。

デロンギ(DeLonghi) ディスティンタコレクション オーブン&トースター EOI407J

デロンギ(DeLonghi)  ディスティンタコレクション オーブン&トースター EOI407J

オーブン・グリル・保温の3つの調理機能を備えた、デロンギのオーブントースター。従来モデルの1000Wから1200WにパワーアップしたM字型ヒーターを新採用したことにより、食材をムラなく焼けます。また、45分という長めのタイマーを搭載しているので、幅広い料理に対応しているのが魅力です。

付属品が充実しているのもメリット。トレイやワイヤーラックに加えて脂を落として焼けるオイルプレートや、ピザの加熱に最適なピザストーンも付属しています。断熱性が高い二重構造ドアを採用しており、表面温度が熱くなりにくいのもポイント。庫内はフッ素加工済み。汚れも落としやすいおすすめのオーブントースターです。

コイズミ(KOIZUMI) スモークトースター KCG-1202/K

コイズミ(KOIZUMI) スモークトースター KCG-1202/K

トースト・オーブン料理に加えて燻製も調理できる、コイズミのコンベクション型オーブントースターです。上下ヒーターの熱をファンにより循環させるので、庫内を素早く均一に加熱できます。出力1370Wのハイパワーモデルで100〜250℃の温度調節も可能です。

マイコン制御による20種類の自動調理メニューを搭載。時間長めの60分タイマーとともに、幅広い料理に対応できます。庫内のサイズは幅28.0×奥行き26.8×高さ7.4cm。4枚のトーストも一度に焼けます。さらに、ヒーティング&メタルフィルターを備えているため、庫内のニオイと煙を軽減できます。

シロカ(siroca) ハイブリッドオーブントースター ST-G111

シロカ(siroca) ハイブリッドオーブントースター ST-G111

1350Wと大出力なシロカのコンベクションオーブントースターです。瞬間発熱ヒーターを採用しており、立ち上がり時間は0.2秒。立ち上がり時間が短いため、予熱は不要で、ヒーターの赤外線効果によって食材をしっかり焼き上げられます。さらに、ファンで熱風を循環させるので、対流熱でムラなく加熱可能です。

また、温度調節範囲は100~280℃と、最高温度が他モデルに比べて30℃ほど高いのもメリット。さらに、油を使わずに揚げ物料理ができるノンフライ調理に対応しています。

庫内サイズは幅31.0×奥行き27.8×高さ6.0cmと広めなので、食パンなら4枚、25cmのピザも焼き上げることが可能です。広い庫内を活かして同時調理も可能なので、トーストとベーコンエッグを一度に作れます。忙しい朝に重宝するおすすめのコンベクションオーブントースターです。

シロカ(siroca) ノンフライオーブン SCO-601

シロカ(siroca) ノンフライオーブン SCO-601

9000前後で購入できる、出力1200Wのコンベクションオーブントースターです。最大の魅力は、油を使わずに揚げ物料理ができる点。唐揚げ・フライはもちろん、串かつや春巻きといった料理もカラッと仕上げられます。エビフライならノンフライ調理すれば脂質を85%カット可能なので、カロリーが気になる方でも安心です。

また、ピザプレートが付属しているのもポイント。余分な水分や油分を吸収するため、サクッとした香ばしい手作りピザを作れます。最長60分のタイマーを内蔵しており、リーズナブルながらトータルバランスに優れたオーブントースターです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) オーブントースター MOT-012

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) オーブントースター MOT-012

上下2段で調理できる縦型オーブントースター。幅35.0×奥行き33.0×高さ23.6cmとコンパクトなので、狭いキッチンでも使いやすいモデルです。300・700・1000Wの3段階で火力の調節が可能。上・中・下に3本のヒーターを備えており、ムラなく加熱できます。そのため、トーストなら2分程度で焼き上がるのがメリット。

また、15分のタイマーも搭載しています。3000円前後と安い価格ながら、前面のガラス部をミラー仕様にしたスタイリッシュなデザインも魅力です。

アビテラックス(Abitelax) オーブントースター AT980

アビテラックス(Abitelax) オーブントースター AT980

極めて安い価格が魅力のオーブントースターです。上下に2本のヒーターを備えており、最大出力は900W。上のヒーターだけなら540W、下は360Wと3段階で火力調節が可能です。そのため食パンだけでなく、グラタンなど幅広い料理の加熱に対応できます。

安価モデルながら、庫内寸法は幅25.8×奥行き21.9×高さ9.0cmと広めなのがポイント。特に、奥行きがあるので、山型パンを同時に2枚トーストできるほか、20cmのピザも焼けます。タイマーは最長15分に対応し、基本を押さえたコストパフォーマンスの高いオーブントースターです。