パン作りだけでなく肉料理やケーキなど、いろいろな調理ができるオーブントースター。電子レンジやオーブンとは異なるメリットがあり、近年は多機能モデルもラインナップしています。そこで今回は、おすすめ機種を選び方とともにご紹介。オーブントースターの魅力をお伝えします。

オーブントースターのメリット

By: amazon.co.jp

オーブントースター機能は、電子レンジの多くにも装備されています。それでもあえて単体機を選ぶ大きなメリットは、食材に直接熱を加えてすぐに温めをスタートできるところ。

また、ヒーターとの位置が至近で温度が上がりやすく、食材の過熱が早い点も魅力。見た目、美味しさに関わる「焦げ目」が付けられるのも利点です。揚げ物を温め直すときも、ある程度のクオリティが保たれた状態に仕上がります。一般的に考えられている以上に加熱できる食材が多く、活用できる料理の範囲も広いのもメリットです。

オーブントースターは一人暮らしには不向き?

By: amazon.co.jp

オーブントースターはサイズの違いがあり、一人暮らしでも使いやすいコンパクトな機種もあります。トーストの枚数で見ると、1〜2人程度向けの2枚焼きサイズが人気なので、むしろオーブントースターは選び方によっては一人暮らしにおすすめ。

簡単・便利・短時間で加熱・調理ができるオーブントースターは、トースト以外にも活躍できる点でも一人暮らしにも向いています。

オーブンとの違い

By: amazon.co.jp

実際にできる料理も似たものが多く、高温での加熱という点ではオーブンと同じですが「加熱方法」に違いがあります。オーブントースターは、食材に直接熱を当てて加熱。食材表面が高温になるため、焦げ目をつけることや表面をパリっとさせるのを得意とします。

一方、オーブンは庫内の温度を上昇させて食材を加熱する仕組み。直接火を当てず加熱するため、長時間加熱しても焦げにくく、表面だけでなく内側までしっかり加熱できます。オーブンはオーブントースターよりもサイズが大きいことが多いので、食材をたくさん焼けます。

焼き色の付き方や、焼きムラのなさを優先するならオーブンがおすすめ。本格的な大型オーブンならば、料理をたくさん作れるというメリットもあります。逆に言うと、そこがネックにならないのであれば、オーブントースターでも十分対応できます。

オーブントースターの選び方|ワット数

By: amazon.co.jp

オーブントースターの選び方として重要なのは、ワット数を見るということです。一般的なオーブントースターの最大ワット(W)数は、ほぼ同じで1200W前後。違うところは調節の可否や細かさです。

比較的安価な機種ではスムーズに調節できず、常に最大Wで動作するタイプもあります。焼き加減の調整が難しく、他に電力消費の大きい電気製品を併用していると家庭のブレーカーが落ちる可能性も高まります。

ワット数の調節は電力の数値をそのまま表示するものと、温度を表示するものがあります。それぞれ3〜6段階程度のざっくりとしたモノから、ダイヤル調節で詳細な設定が可能なものまでラインナップされています。使いやすさに着目した選び方のポイントは、ワット数よりもその範囲内での調整具合によります。

オーブントースターの選び方|機能

By: amazon.co.jp

機能面での選び方のポイントは、温度による加熱の強さの調整機能の有無。数千円クラスの安価な機種も多いですが、ほんの数百円の差で有無が分かれます。

パンを焼くのみに使うのであれば不要ですが、使い勝手を考慮すると調整できるタイプがおすすめです。食材ごとに焼き上げ温度を変えたり、好みの焼き加減にしたりすることも可能で、料理と味の幅もぐっと広がるのがポイント。

あらかじめ登録されたメニューをボタンひとつで調理してくれるオートメニュー機能も便利です。必要な量の食材を入れてボタンを押すだけ。焼き上げ時間と焼き加減を自動で調節できます。

最近のトレンドはスチーム調理機能。本体に少量の水を入れて行う「高温スチーム加熱機能」を使うと、パンの表面だけが軽くさっくり焼け、中身はふっくらとしたトースターに仕上がります。水を入れる手間があることは考慮する必要があります。選び方のコツとして最新のトレンドを取り入れるか否かもチェックすべきポイントです。

オーブントースターの選び方|サイズ

By: amazon.co.jp

電子レンジ、炊飯器などキッチン家電で溢れている台所では、オーブントースターを設置するスペースがなかなか確保できないこともあるので、サイズ感をよく考えるというのも大切な選び方です。オーブントースターのサイズは、一般的に幅35cm程度、高さは25cm程度が相場です。

奥行きは庫内容量によって異なり、小さめだと28cm程度ですが、大きいと35cm程度。庫内容量を確保しつつ、内部構造を2段の縦長にすることで、奥行きを抑えている機種もあります。また、ごく少数ですが幅25cmクラスの超小型機があることも。置き場所で困らないためには奥行きの確認も選び方としては重要です。

オーブントースターの選び方|パンの枚数

By: amazon.co.jp

オーブントースターは電子レンジのように庫内容量ではなく、同時に焼ける食パンの枚数で庫内の広さを示します。最も一般的なのは2枚焼きタイプ。やや小型で、1人から2人向けのパーソナル的用途です。家族向けには4枚タイプ。大きさが気になるなら3枚タイプもあります。

なお、ごく少数ですが1枚タイプもあります。家族と暮らしている方は、1度に焼けるパンの枚数も選び方として候補に入れてみてください。

オーブントースターの選び方|便利さ、味に関わる装備

味に関わる装備

By: amazon.co.jp

味にも関わるオーブントースターの重要な基本装備の選び方としては、まずヒーターの種類を見るのがおすすめです。主流は電熱式ヒーターですが、遠赤外線ヒーターを採用した製品もあります。遠赤外線ヒーターは食材の奥までしっかり熱を通せ、表面はこんがり仕上がるので、より料理が美味しくなります。

また、庫内の壁面に細かい凹凸をつけるディンプル加工にも注目。熱を乱反射することによって多角的に拡散できます。そのため、食材の焼きムラが抑えられ、味も見た目もよくなります。

前面はガラスでできているのが普通ですが、透明ではなく中が見えないミラーガラスになっているものがあります。調理時に熱を反射できるので、焼きムラを軽減する効果があり、味のクオリティの上がります。調理時は内部のランプにより食材の様子も確認可能。スタイリッシュで生活感を抑えた雰囲気もメリットです。

メンテナンス性

By: amazon.co.jp

食材から出るゴミが庫内に溜まりやすいオーブントースターは、内部の掃除が大切。食材のカスなどを放っておくと、そこから発火したり故障につながったりすることもあります。その点を考えると、掃除しやすいかどうかも重要なポイントです。

注目したいのは、まず着脱式のパンくずトレイです。パンくずが庫内底部のトレイ上に集まるので、手入れがしやすくなります。次に前面ドアの着脱の有無。簡単に丸洗いできるのでいつも清潔に使用できます。

このうちパンくずトレイは多くの機種に搭載されていますが、着脱ドア採用機は少数です。

オーブントースターの注意点

By: amazon.co.jp

便利なオーブントースターですが、使い方を間違えると危険なこともあるので注意点を守って正しく使いましょう。

まず、油やタレ、バターなどが垂れてヒーターに当たると煙が出ることがあります。垂れそうなものがある場合は、網ではなく必ず天板に載せて焼くのがよいです。

大量のパンくずが底にあるのも発火の一因になるので、庫内の掃除は小まめにする必要があります。アルミやオーブンシートを使って焼くことも多いですが、ヒーターに触らないように気をつけてください。

加熱中、加熱後が内部も本体側面も熱くなっています。加熱した食材も同様、鍋つかみ(ミトン)を用意して取り出しましょう。

イチオシのオーブントースター6選

シャープ(SHARP) ヘルシオグリエ ウォーターオーブン専用機 AX-H1

商品価格 ¥ 27,551

水を活用するウォーターオーブンタイプ。高級電子レンジでお馴染みの「ヘルシオ」で培った技術が採用されています。「ヘルシオ」と同じように、過熱水蒸気を用いた加熱・調理が可能。過熱水蒸気は、水を使わないオーブン加熱に比べると8倍程度の熱量があり、素早く加熱できるのが特長です。

これにより、冷凍の惣菜惣菜も中身は熱く表面はサクサクに仕上りに。余計な油も落ちるので、揚げ物や焼き物がより美味しくヘルシーになります。油を使わないノンフライ調理ができるという点も魅力。ヘルシーで美味しいオーブントースターとしておすすめです。

バルミューダ(BALMUDA) スチームオーブントースター The Toaster K01E

商品価格 ¥ 24,500

パンの焼き上がりの美味しさで評判のバルミューダの2017年モデルです。独自のスチームテクノロジーと緻密な温度制御により、トーストは中はもっちり、外はカリカリにトーストが仕上がります。パンの種類に応じた5つのモードのこだわりも見事。まさに「The Toaster」です。

前回モデルと比べて、新たに到達温度の制御によりトースター調理がより行いやすくなった点も魅力。バルミューダの成功により表された、追随機を引き離す新製品。トーストの美味しさにこだわるならナンバーワンのおすすめです。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) オーブントースター ET-WM22

商品価格 ¥ 4,097

オーソドックスなスタイルのパン2枚焼き対応オーブントースター。上下に遠赤外線ヒーターを搭載し、250度まで温度設定が可能です。取り外して丸洗いできる「はずせる丸洗いとびら」「はずせる焼き網」「パンくずトレイ」など、手入れがしやすい設計もポイント。

焦げ目をチェックしながら調理する際に便利な、透明ガラス面が大きい点もおすすすめ。リーズナブルな型落ちモデルで、お得感のあるオーブントースターです。

アラジン(Aladdin) グラファイトトースター AET-GS13N

商品価格 ¥ 10,671

有名暖房器ブランドとしてのノウハウを活かした高性能機。同ブランドのストーブでも用いられるグラファイトヒーターを搭載しています。わずか0.2秒で発熱と、一般的なヒーターよりも立ち上がりが早く、遠赤外線放射量も多いのが特長です。

高温で素早く焼き上げられるので、パンの水分蒸発を最小限に抑制。中はモチモチ、表面はサクサクな仕上がりになります。レトロ風のデザインもインテリアにぴったりです。

パナソニック(Panasonic) コンパクトオーブン NB-DT51

商品価格 ¥ 16,363

食材を温めつつ外はこんがり仕上げる「遠近赤外線ダブル加熱」機能による美味しさがウリ。7コースを用意した「オートキー」により幅広い調理を簡単に行えます。120~260度まで8段階の温度調節機能も便利。焼き色も5段階調節ができるのでこだわり派も満足度の高い製品です。

特筆すべきは「ドライ機能」。時間が経ってシケってしまったスナック、せんべいなどの菓子を再乾燥するというもの。もちろん、トーストを美味しく仕上げる機能は備わっています。1台で幅広い調理を楽しめるおすすめのオーブントースターです。

ツインバード工業(TWINBIRD) スリムオーブントースター TS-D037PB

商品価格 ¥ 5,131

21×31×23cmとコンパクトなサイズが特徴のオーブントースター。食パン1枚用と思われがちですが、巧みな奥行きの取り方により、パンは2枚、横長のグラタン皿も置けます。焼き網が手前に大きく出るので、奥にある食材も取出しやすいところが便利。

ムラなく焼ける上下4本のヒーターを搭載し、4段階の出力切り替えが可能です。熱を逃がしにくく、インテリア性も高める遮光ガラスもポイント。一人暮らし用としてはもちろん、サブ機としてもおすすめです。