人数の多い家庭や、ピザを丸ごと焼きたい場合に便利な「4枚焼きトースター」。数枚を早く焼き上げられるだけでなく、外はサクッと中はふんわりとしたおいしいトーストを焼き上げられるメーカーこだわりの焼き方を搭載したモノが人気です。

そこで今回は、4枚焼きのおすすめトースターをご紹介。選び方も参考に、気になる方はぜひチェックしてみてください。

4枚焼きトースターの選び方

加熱方式で選ぶ

スタンダードな「電熱式」

By: rakuten.co.jp

電熱式トースターは、電熱線を耐熱性の高い石英ガラスで覆った構造の石英管ヒーターを搭載しています。ヒーター自体の製造コストが低く、手頃な価格のトースターに多い加熱方式です。価格重視の方は、チェックしてみてください。

なお、弱点として、遠赤外線の放出量が少なく主にヒーターの放熱で加熱するため予熱や調理に時間がかかりやすいことや、焼きムラができやすいことが挙げられます。

電熱式トースターで4枚の食パンをおいしく焼きたい場合は、庫内の上下にあるヒーター本数が多いモノやU・M字型のヒーターを搭載したモノがおすすめです。広範囲を効率よく加熱でき、焼きムラを予防できます。

じっくり熱を通す「遠赤外線式」

By: amazon.co.jp

遠赤外線式トースターは、遠赤外線放出量の多いヒーターを搭載しています。ヒーターの放熱に加え、遠赤外線による伝熱により、庫内や食材を効率よく加熱。予熱にかかる時間を短縮できるのがメリットです。

たっぷりの遠赤外線を浴びることで、トーストをすばやく焼き上げられるのもポイント。パンの水分蒸発も抑えられ、外はこんがりと中はふんわりとした食感のトーストに仕上がります。時短で調理したい方はもちろん、トーストのおいしさにこだわりたい方にもおすすめの加熱方式です。

機能で選ぶ

コンベクション機能

By: rakuten.co.jp

庫内に搭載したファンが風を起こし、熱風を対流させて食材を調理するコンベクション機能。表面をムラなく加熱できるので、食パンをムラなくこんがりと焼き上げられるのが魅力です。

汎用性が高いのもメリット。トーストや焼き物以外にも、油を使わずに揚げ物を作ったり、食材を乾燥させてドライフルーツやビーフジャーキーを作ったりと、料理の幅が広がります。オーブンやノンフライ、ドライなど多彩な調理機能を楽しみたい方は、ぜひチェックしてみてください。

スチーム機能

By: rakuten.co.jp

スチーム機能を搭載したトースターは、焼きたてパンのような、ふっくら・もっちり感を楽しめるトーストを焼けると評判です。あらかじめセットした水が、加熱時にスチームとなり庫内に充満。ヒーターの熱と熱量の多いスチームにより、食パンの表面をカリッと焼き上げます。

加熱時にパンの水分蒸発を抑えられ、トーストの中身をふんわり仕上げられるのもメリットです。焼くと硬くなりやすいフランスパンのトーストにもおすすめ。焦げやすいクロワッサンもおいしくトーストできます。

お店で買ってきたパンをトーストして、家で焼きたてのおいしさを味わいたい方などにも最適です。

温度調節機能

By: rakuten.co.jp

トースターの庫内温度を調節できる温度調節機能。強・中・弱と大まかに温度設定できるモノから、最低温度から最高温度まで無段階に調節できるモノまでメーカーによって違いが大きいのが特徴です。

庫内温度を調節すれば、好みに合わせてトーストの仕上がり具合を調節できるうえ、トーストだけでなくオーブンとして使用できるのが魅力。焼き物はもちろん、煮物や蒸し物、ケーキなども作れます。

設定できる温度域が広いモノであれば、パンやヨーグルトの発酵といった低温調理もできて便利です。トーストだけなら大まかな温度設定で十分ですが、オーブン料理のレパートリーを増やしたい方は細かく温度設定できるモノを選んでみてください。

調理モード・オートメニューで選ぶ

By: rakuten.co.jp

調理モードを搭載したトースターは、モードに合わせて上下ヒーターのオン・オフを切り替えられ、それぞれの調理に合った加熱ができるのが特徴。トーストやオーブンはもちろん、グリルやスローベークなど多彩な調理が可能です。

初心者の方におすすめなのが、オートメニューを搭載したトースター。食材をセットし、ボタンを押すだけで調理できるのが魅力です。調理モード・温度・タイマーも設定する必要がなく、誰でも簡単においしく調理できます。

トーストや焼きいも、餅、解凍など、メーカーによってオートメニューは多種多様。あらかじめメニューをチェックして選びましょう。

お手入れのしやすさで選ぶ

By: rakuten.co.jp

トーストのパンくずは、トースター庫内にたまりやすいもの。トースト以外の調理をする場合は、油の飛び散りで庫内が汚れることもあります。掃除をせずに放っておくと、パンくずや油が発火する原因になるので、定期的なお手入れが必要です。

本体の前面扉が取り外し可能なモノであれば、庫内の隅々まで掃除できます。ドアに付着した油汚れも簡単に落とせるのもメリットです。また、底面に設置されるパンくずトレーの取り外しやすさもチェック。引き出し式なら、サッと取り出せてスムーズにお手入れできます。

4枚焼きトースターのおすすめモデル

象印マホービン(ZOJIRUSHI) オーブントースターこんがり倶楽部 ET-GM30

トーストのオートメニューが充実したトースターです。トーストコース3種類、ピザコースとあたためコースがそれぞれ2種類、計7つの「マイコン自動コース」を搭載。常温の食パンはもちろん、冷凍食パンも自動でトーストできます。

「サクふわトーストコース」では、焼き目のつかない温度で加熱し、仕上げに高温でこんがりトースト。中身がふんわりおいしいトーストを楽しめるのが魅力です。

「手作りパン」コースも搭載。常温で一次発酵させた生地をセットし、ボタンを押すだけで二次発酵から焼き上げまで自動で行います。チョコパンやバターロールを自宅で簡単に手作りしたい方にもおすすめです。

前面扉は取り外して丸洗い可能。広い庫内も隅々まで掃除しやすく、常に衛生的に使用できます。くず受け皿もスライド式で取り外しやすく、お手入れが簡単です。

アラジン(Aladdin) グラファイトグリル&トースター AGT-G13A

高速に予熱でき、高温で一気に焼き上げるトースターです。庫内上部に搭載した「遠赤グラファイト」ヒーターが、約0.2秒で発熱。遠赤外線と上下ヒーターによる加熱で、庫内温度をすばやく上昇させ食パンをこんがり焼き上げます。短時間でトーストすることでパンの水分蒸発が抑えられ、外はサクッと中はふんわりとした食感を楽しめるのが魅力です。

100〜280℃まで無段階の温度調節機能を搭載。付属のグリルネットを使えば、グリルなどの焼き物はもちろん、油を使わないノンフライ調理でヘルシーな揚げ物も楽しめます。グリルネットは、180°回転式。好みに合わせて焼き方を選択できるのもメリットです。

深底・浅底の2種類のグリルパンも付属。グリルパンを重ねて加熱すれば、内部温度は最高330℃まで上昇します。煮物や蒸し物などに加え、オーブン料理と多彩な調理に対応できるのもポイントです。

テスコム(TESCOM) 低温コンベクションオーブン TSF601

トーストモードを搭載し、外はカリッと中はしっとりと焼き上げるトースター。最長15分までタイマーを設定でき、焼き加減も好みに合わせて調節できます。

35~230℃までの20段階の温度調節機能に加え、オン・オフを切り替えられるコンベクション機能も搭載。熱風で加熱するノンフライの揚げ物や、低温の温風で乾燥させるドライフードを作れるほか、庫内を低温に保ちヨーグルトやパンの発酵ができるのもポイントです。

低温なら、最長12時間の長時間調理も可能。タイマーをセットしておけば、長い待ち時間を有効に使えます。焼き網や天板に加え、便利なあし付き網も付属。2段に分けてセットでき、より多くの食材を一度に調理できるのも魅力です。

デロンギ(DeLonghi) ディスティンタコレクション オーブン&トースター EOI407J

M字型ヒーターと1200Wの高火力で、食パンをムラなくカリッとトーストできるトースター。120〜220℃まで温度を細かく調節でき、最長45分のタイマー機能も搭載し、トーストだけでなく、グリルやオーブン料理も楽しめます。複雑な設定が必要なく、ダイヤル式つまみで簡単に操作できるのも魅力です。

トレーとワイヤーラックに加え、オイルをカットしながら調理できる「オイルプレート」と余分な水分を吸い取りながら加熱する「ピザストーン」も付属。よりヘルシーなグリル料理や、こんがりおいしいピザも楽しめます。

メタリックカラーでおしゃれな外観ながら、安全性にも配慮。ドアの二重構造と本体の断熱構造で、表面温度を抑えます。また、庫内にはフッ素加工を施し、汚れがこびり付きにくくお手入れも簡単です。

クイジナート(Cuisinart) ノンフライオーブントースター TOA-28J

調理モードが充実し、多彩な料理を楽しめるトースター。3段階にパンの焼き加減を調節できる「TOAST」やベーグルをあたためる「BAGEL」、クッキーなどを焼ける「BAKE」など6つの調理モードを搭載しています。

調理モードに加え、90〜230℃まで6段階の温度調節機能、最長60分のタイマーも搭載。深さ約4cmのメッシュバスケットが付属し、フライドポテトなど細かな食材も使えて便利です。

調理モードや温度設定などは、各ダイヤル式つまみで簡単に操作できるのもポイント。また、オーブンの底にセットする「パンくずトレー」は、スライドしてラクに取り外せます。使い勝手のよさが魅力のおすすめモデルです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) コンベクションオーブン FVC-D15B

スチーム機能で、外はサクサク中はふんわりしたトーストを楽しめるトースター。焦げやすいクロワッサンも程よい焼き加減になります。スチームに使う水は、取り外し可能な水受け皿に給水。使用後は丸洗いでき、常に衛生的に使えるのもポイントです。

オン・オフを切り替えられるコンベクション機能も搭載。油を使わないヘルシーな揚げ物も作れます。また、60〜250℃までの7段階の温度調節、上下ヒーターの切り替え、最長60分のタイマーの設定も可能。一台で焼き物や蒸し物、煮物など、なまざまな料理を作れるのも魅力です。

付属の焼き網とトレーは、上段・中段・下段と設置する高さを選べます。下段にセットすれば、高さのある食材も調理できて便利。価格も安いので、コスパ重視の方にもおすすめのトースターです。

パナソニック(Panasonic) ロティサリーグリル&スモーク NB-RDX100

トーストやオーブン料理はもちろん、本格的なグリル料理や燻製も作れるトースターです。上下に遠赤外線ヒーターを搭載。上部には、近赤外線ヒーターも搭載し、効率よく庫内や食材を加熱できます。

約600gのかたまり肉を360°回転しながらじっくり満遍なくグリルできる機能や、燻製のニオイを軽減できる機能を搭載しているのも魅力です。120〜240℃の7段階の温度調節機能と、最長60分のタイマー機能を搭載。オーブン料理はもちろん、庫内が広いので直径約25cmピザもこんがり焼き上がります。

日立(HITACHI) コンベクションオーブントースター HMO-F100

オートメニューと調理モードが充実したトースターです。14種類のオートメニューと4つの調理モードを搭載。食材をセットしたら、オートメニューと仕上がり具合を選択するだけで簡単に調理できます。温度やタイマーなど、細かな設定が不要なのがメリット。初心者の方にもおすすめです。

調理モードでは、上下ヒーターのオン・オフが切り替わり、オーブンやグリル、スローベークなど多彩な調理方法を選べます。コンベクション機能も搭載し、ノンフライ調理も可能。温度も40〜250℃と幅広く設定でき、パンの発酵などの低温調理にも対応できるのも魅力です。

シロカ(siroca) プレミアムオーブントースターすばやき ST-4A251

280℃の高火力ですばやくトーストを焼き上げるトースター。6枚切りのトースト1枚であれば、約1分でできあがります。忙しい朝でも活躍するうえ、外はカリッと中はふわっとしたおいしいトーストを味わえるのが魅力です。

100〜280℃の温度調節機能と最長15分のタイマー機能に加え、コンベクション機能も搭載。庫内の熱を対流させることで、食材をムラなく加熱します。お店で買ってきたコロッケや天ぷらもサクッとあたためられるのもメリットです。

全面扉は、取り外し可能。引き出し式のパンくずトレーも搭載し、隅々までラクにお手入れできます。

ツインバード工業(TWINBIRD) ミラーガラスオーブントースター TS-D048

前面扉にミラーガラスを搭載し、おしゃれなデザインが魅力のトースターです。ミラーガラスの熱反射により焼きムラも予防。普段は鏡のように見える扉ですが、使用時は庫内が見える構造で、仕上がり具合を確認しながら調理できます。使いやすさとデザイン性を両立しているのも魅力です。

強・中・弱・あたための4段階に上下ヒーターの出力を調節できるつまみと、最長15分まで設定できるタイマーつまみを搭載。トースト以外に、ピザやグラタン、クッキーなども作れます。

網が約12cmせり出す構造で、庫内からできあがった料理を取り出しやすいのもメリット。スライド式のくず受けを搭載し、お手入れも簡単です。