オーブンに内蔵されたファンによって熱を対流させ、均一に焼き上げる「コンベクションオーブン」。トーストはもちろん、ピザ、焼き菓子、肉料理、グラタンなど、さまざまな調理が楽しめるオーブンとして近年注目を集めています。

そこで今回は、話題の調理器具「コンベクションオーブン」をピックアップ。購入する際のポイントを交えながら、おすすめの人気モデルをご紹介します。

コンベクションオーブンとは?

By: amazon.co.jp

コンベクションは「対流」という意味。コンベクションオーブンとは、ヒーターによる直接加熱を行いつつ、内部にあるファンで熱風を循環させることによって、食材を均一に焼き上げる調理器具です。ヒーター式オーブンと比べて焼きムラが少ないほか、焦げを抑えられるのもポイントです。

コンベクションオーブンとトースターの違い

By: amazon.co.jp

トースターは、固定されたヒーターによって直接食材を焼き上げます。そのため、ヒーターに近い部分は焦げ目がついているのに、遠い部分はまだ熱が伝わっていないなど、焼きムラが生じやすい傾向があります。

一方、コンベクションオーブンは、ヒーターによる加熱とは別に、ファンで熱風を庫内に対流させて食材を包み込むように焼き上げる点で大きく異なります。食材の全方向に熱が加わるので、パンならば外はカリッと、中はしっとりと焼きあがるのが特長です。

また、コンベクションオーブンはトースターと比べて汎用性が高く、ケーキやピザ、グラタンはもちろん、油を使わないで揚げ物料理を作ることもできます。

コンベクションオーブンの比較ポイント

料理にあった調理機能で比較する

コンベクションオーブンの主な調理機能としては、①コンベクション、②オーブン、③グリル、④スローベークが挙げられます。機種によってそれぞれ機能が異なるので、コンベクションオーブンを選ぶ上では検討すべき比較ポイントです。

コンベクション機能

By: amazon.co.jp

オーブン内部の熱をファンで対流させて、食材をムラなく高温で焼き上げる機能です。ヘルシーなノンフライメニューをはじめ、ピザやトーストなどの調理に向いています。

オーブン機能

By: amazon.co.jp

上下のヒーターでオーブン内の温度を高温に保ち、じっくりと焼き上げる機能です。ローストビーフやローストチキン、ケーキ、クッキーなどの調理に使います。

グリル機能

By: delonghi.co.jp

上側のヒーターを使って、表面を一気にこんがりと焼き上げる機能です。グラタン、焼き魚、焼き鳥などの調理に向いています。

スローベーク機能

By: delonghi.co.jp

下側のヒーターを使って、ゆっくり加熱する機能です。プリンや茶碗蒸し、角煮など、時間をかけて火を通す調理に向いています。

本体と庫内サイズ、段数をチェックする

本体のサイズ

By: amazon.co.jp

本体のサイズは、コンベクションオーブンを選ぶ上で重要なポイントです。調理の際には本体が高温になるため、事前に設置場所やその周辺の寸法をチェックする必要があります。

オーブン内のサイズ

By: amazon.co.jp

オーブン内のサイズは、調理のしやすさや使い勝手を左右する項目です。広さはもちろんですが、高さも大切なポイント。高さが20cmほどあると、ケーキやクッキーなどのお菓子づくりやローストチキンのような大きな食材の調理しやすくなります。

段数

By: amazon.co.jp

段数も調理のしやすさに関係する部分です。上・下の2段や、上・中・下の3段で焼ける製品もあります。高さが異なっても均一に火が通るのは、コンベクションオーブンならではの強みといえるでしょう。

お手入れのしやすさ

By: siroca.co.jp

料理を作るものですから、調理の後のお手入れのしやすさも、コンベクションオーブンを選ぶ上では重要なポイント。掃除のしやすい構造になっているか、オーブン皿などに汚れにくい加工がされているか、といった点にも注意しておきたいところです。

コンベクションオーブンのおすすめモデル

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) コンベクションオーブン FVC-D15A-W

コスパの高さで人気のモデル。おすすめのポイントは「オーブン内の容量」です。約15Lの大容量で、食パンなら1度に4枚、丸鶏のローストチキンや大きなピザも収まって、しっかり焼けます。

調理温度は60~250℃までと幅広く、焼き加減の調節も容易。タイマーも60分まで対応など、多彩な料理づくりが楽しめます。焼き網・フライ用受皿・ピザプレートは丸洗いできるので、お手入れも簡単。はじめてコンベクションオーブンを購入する方におすすめです。

日立(HITACHI) コンベクションオーブントースター HMO-F100

コンベクション・オーブン・グリル・スローベークの4つの機能はもちろん、調理モードや温度を自動でコントロールする6つのオートメニュー機能を搭載しているのが特長です。

おすすめのポイントは、40~250℃の9段階の温度設定ができるところ。トーストから本格的なグリル料理までさまざまな料理に対応できます。特に40℃の低温調理では、パン生地の発酵ができるので、パン作りをしたい方におすすめ。

オーブン内の高さは10cmとやや低めですが、普段使いにピッタリです。また、付属のオーブン皿はホーロー加工がされており、お手入れも簡単。料理のレパートリーを広げたい方におすすめのコンベクションオーブンです。

ツインバード工業(TWINBIRD) コンベクションオーブン TS-4118B

コスパ良好で、デザインもおしゃれなツインバードのコンベクションオーブン。直径30cmのピザを丸ごと焼ける「ピザストーン」が付属されており、本格的にピザを焼くことができます。また、余分な脂分を吸収してくれるので、ヘルシー志向の方にもおすすめです。

なお、オーブン内はエナメル加工されており、耐久性に優れています。汚れがついたときも温かいうちならば塗れタオルなどでサッと拭くだけで綺麗になるのもポイント。お手入れに手間がかからない、おすすめのコンベクションオーブンです。

シロカ(siroca) siroca crossline ノンフライオーブン SCO-501

コンベクション・オーブン・グリル・スローベークの4つの調理機能、シンプルな操作、100~250℃までの温度調節など、コンベンションオーブンとしての基本機能をしっかりカバーしたモデルです。

コンパクトなサイズですが、トーストなら4枚、ピザは直径約25cmまで焼くことが可能。60種類のレシピを掲載したレシピブックが付属しているので、コンベクションオーブンを初めて使う方にもおすすめです。

ルームメイト(ROOMMATE) ミニコンベクションオーブン EB-RM7300A

容量が約9Lという、コンベクションオーブンでは小さい部類に属する製品です。横幅22cmの小型のボディは、置き場所を選ばないだけでなく、オーブン内の温度上昇が早いというメリットがあります。

トーストをはじめ、焼きおにぎり、唐揚げ、フライドポテト、グラタンなど、さまざまな料理を短時間で調理可能。冷凍食品もサクッと揚げることができます。一人暮らしの方や、気軽にコンベクション調理をしたい方におすすめします。

象印マホービン (ZOJIRUSHI) マルチコンベクションオーブン ET-YA30

特長は7本のヒーター。序盤は5本のヒーターでオーブン内と食材をすばやく温め、温度が高くなると2本のヒーターとファンに自動的に切り替わり、高温の状態が維持されます。予熱をせずに中までしっかりと火が通るのがポイントです。

本格的なオーブン料理から、ノンフライ調理、トーストまで簡単調理が可能。また、扉が取り外せるのでお手入れも簡単です。ネットや受け皿も丸洗いできます。性能重視の方はもちろん、長く使えるオーブンを探している方におすすめです。

デロンギ(DeLonghi) スフォルナトゥット・クラシック コンベクションオーブン EO14902J-W

イタリアの家電ブランド「デロンギ」。白い横長のボディがおしゃれなコンベクションオーブンです。大容量の14Lサイズで、2段調理も簡単にできます。

調理方法は簡単。温度を決めてタイマーを回すだけです。シンプル操作のため、機械が苦手の方も安心。ケーキなどの菓子やローストチキンのような本格的なオーブン料理、煮物など、さまざまな料理を楽しみたい方におすすめです。