スイッチひとつですぐにお湯が沸く「電気ケトル」は、忙しい朝の必需品。火を使わないのでコンロの前に立っている必要がなく、時間を有効に使えます。しかも、保温ができるモデルや倒れてもお湯が飛び出さない安心設計のモデルなど、ラインナップも多彩です。

そこで今回は、多機能で安全性にこだわった国内メーカーの電気ケトルから、おすすめモデルをご紹介。電気ケトル初心者の方はもちろん、買い替えを検討している方も、ぜひ参考にしてみてください。

国内の電気ケトルの選び方

本体の素材で選ぶ

プラスチック製

By: tiger.jp

国内メーカー品のなかでも、広く普及しているタイプの電気ケトル。プラスチック製の電気ケトルは本体が軽く、女性でも扱いやすいのが特徴です。安価なため、電気ケトルを初めて購入する方におすすめ。カラーバリエーションに富んでおり、キッチンに合ったカラーを選択できるのもメリットです。

ただし、衝撃に弱く、ぶつけたり落としたりすると傷が付きやすいので注意しましょう。長年使い続けると変色するなど、プラスチック特有の経年劣化も難点。水を入れる内部容器までプラスチックでできているモノは、お湯にプラスチックのニオイが移ることもあるので、定期的なお手入れが必要です。

ステンレス製

By: amazon.co.jp

ステンレス製は、プラスチック製に比べ耐衝撃性に優れています。本体の重量は重くなりますが、傷が付きにくく、万が一電気ケトルを落としても破損する心配が少ないのが特徴です。

また、ステンレス製はスタイリッシュな見た目のモデルが多いのもポイント。生活感が出にくいので、インテリアにこだわりがある方や、来客時などお茶を淹れる機会が多い方におすすめです。

ただし、全体がステンレスで作られているモノは熱伝導率が高く、お湯を沸かした後は電気ケトル本体も熱くなるのが難点。国内メーカー品は取っ手がプラスチック製など、やけどを防ぐ配慮が施されているモノもあります。

ガラス製

By: irisohyama.co.jp

ガラス製の電気ケトルは無機質でモダンな雰囲気を持ち、インテリアによくなじみます。表面が滑らかなので汚れが落ちやすく、ニオイ移りしにくいのが特徴。また、お湯の残量が目で見てわかりやすいのもポイントです。

しかし、ほかの材質に比べて強度や柔軟性に劣るため、取り扱いには注意が必要。衝撃に弱く、万が一落とせば割れてしまう可能性があります。ガラス部分が多いモノほど重く、汚れが目立つなどの難点があるので、よく考えたうえで選びましょう。

使用シーンに合った容量を選ぶ

By: amazon.co.jp

国内メーカーの電気ケトルの容量は0.6~1Lが一般的。1~2人でコーヒーなどの飲み物に使うなら、0.6Lの小型サイズが適しています。容量が小さい分、本体が軽いので毎日使っても苦にならず、お手入れも簡単。3~4人家族でコーヒーやインスタントスープ用に沸かす場合は、0.8~1L程度がぴったりです。

国内メーカーの電気ケトルの多くは保温機能がないため、使う分だけを沸かす使い方が主流。使わなかったお湯は無駄になってしまうので、使用シーンに合った容量を見極め、自分に合ったサイズ選びをしましょう。

安全機能の有無

By: amazon.co.jp

国内メーカーの電気ケトルは、安全性に配慮しているモデルが多いのが魅力。電気ケトルの多くは簡単な構造なので倒すとお湯が溢れ出てしまいますが、倒してもごくわずかしか漏れない「湯漏れ防止機能」を搭載しているモノもあります。

また、ガラスやステンレスは熱を伝えやすいため、触るとやけどをする危険も。二重構造になっている電気ケトルを選べば、やけどの心配を軽減できます。

特に、小さな子供がいる家庭や、ペットが倒す危険がある場合は、安全機能を搭載している国内メーカーの電気ケトルがおすすめです。

手入れのしやすさ

電気ケトルは水を入れて使うモノなので水垢が付きやすく、こまめなお手入れが必要です。外側が拭き取りやすい形状か、フタを外して洗えるかなどをチェックしておきましょう。

また、何度も使っているうちに、水道水の塩素が白く残ってしまうことも。内部が拭き取りやすい形のモノがおすすめです。電気ケトルは電化製品なので、汚れてもボディを丸洗いできるモノはほとんどありません。長く使うためにも、お手入れのしやすさをチェックしてみてください。

電気ケトルのおすすめ国内メーカー

象印マホービン(ZOJIRUSHI)

By: amazon.co.jp

1918年に創業した、魔法瓶でおなじみの老舗国内メーカー。電気ポットに足りない点を改良しつつ、電気ケトルに技術を活かしています。

象印の電気ケトルの特徴は、安全性に配慮していること。「湯漏れ防止機能」や「蒸気レス機能」などを搭載しているモデルが多いので、小さな子供がいる家庭におすすめです。また、頻繁にお湯を使う方のために、保温機能を搭載しているモノもあります。

タイガー魔法瓶(TIGER)

By: amazon.co.jp

1923年創業のタイガー魔法瓶は、安全性を追求した作りで多くのユーザーから支持されているメーカーです。

「わく子」という電気ケトルシリーズを展開しており、高機能な作りが特徴。豊富な安全機能と高い沸騰力がありながら、手ごろな価格が魅力です。

保温機能は搭載していませんが、電気ケトルとしての機能が充実しているので、少量のお湯を頻繁に沸かす方向け。カップ1杯なら1分未満で沸かせるモデルもあり、忙しい朝などに使いたい方向けです。

バルミューダ(BALMUDA)

By: amazon.co.jp

モダンでスタイリッシュなデザインの製品を展開しているバルミューダ。2003年に設立した新しい国内メーカーながら、先進的な技術とクリエイティブな魅力溢れる商品展開で急成長を遂げています。

電気ケトルは海外製品のようなクールなフォルムで、キッチンのインテリアを邪魔しない美しさが特徴。また、「空焚き防止機能」や「自動電源オフ機能」など、安全面にも配慮しています。

国内メーカーの電気ケトルおすすめモデル

象印マホービン(ZOJIRUSHI) 電気ケトル CK-AX10

カルキ臭を低減するコースを搭載

豊富な機能を搭載した国内メーカーの電気ケトル。保温機能を搭載しており、沸騰後も約1時間程度90℃をキープ可能です。保温機能はオン・オフを切り替えられるため、シーンに合わせて使い分けられます。

細く滑らかな注ぎ口を搭載。お湯を狙った位置に的確に注げます。また、コーヒーをじっくりと淹れたい場合に便利な「ハンドドリップモード」にも対応しており、用途に合わせて湯量を切り替えながら使用可能です。

「カルキとばしコース」も便利な機能。沸とう後、約2分30秒間カルキとばしを行い、水道水で気になりがちなカルキ臭を低減します。また、フタは簡単に外せる構造なので、給水もお手入れも手間がかかりません。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) 電気ケトル CK-AJ08

熱い蒸気の発生を抑制し火傷しにくい

蒸気が外に出ず安心して使用できる国内メーカーの電気ケトルです。本体の底部と上部に1つずつ「沸とう検知センサー」を搭載。蒸気の発生を抑制できるので熱い蒸気で火傷しにくく、同時に周囲の結露も防ぎます。

「スピード沸騰」機能も特徴。カップ1杯分のお湯なら約65秒で沸かせるため、忙しい朝でもコーヒー・お茶・スープなどを素早く作れます。狙った位置にお湯を注ぎやすい、滑らかな形状の注ぎ口も魅力です。

約1時間の保温機能にも対応。沸騰後、お湯を約90℃にキープできます。お茶やコーヒーをおかわりしたい場合など、再度お湯を沸かす手間がかかりません。

タイガー魔法瓶(TIGER) 電気ケトル PCL-A120

傾けてもお湯が漏れにくい止水構造

安全性に優れた国内メーカーの電気ケトル。本体は樹脂製ながら二重構造を採用しており、内部の熱が表面まで伝わりにくく安心して使用可能です。また、保温性も優れているため、お湯を沸かした後も短時間であれば熱い状態をキープできます。

本体を傾けてしまってもお湯が漏れにくい「止水構造」が魅力。さらに、「給湯ロックボタン」も搭載されており、ロックしておけば万が一倒してしまった場合でも注ぎ口からのお湯漏れを防きます。ロックは片手で簡単に解除可能です。

沸騰を検知すると、自動で電源がオフになる機能も。お湯を沸かしている間に電気ケトルを見ている必要がなく、並行してほかの作業ができるので、忙しいときに重宝します。

タイガー魔法瓶(TIGER) 電気ケトル PCM-A080

コードレスで、さまざまな場所に移動できる

コンパクトで使いやすい国内メーカーの電気ケトル。サイズは幅161×奥行き213×高さ185mmで、小さなキッチンやテーブルの上にも無理なく設置可能です。本体部分はコードレスなので、さまざまな場所に移動させて使用できます。

内部の湯量をチェックできる小窓を、左右両方に搭載。左右どちらの手で持っても自然な目線で湯量を確認できます。また、フタにはロック機構を搭載。倒してしまっても注ぎ口からのお湯漏れを防げます。

本体二重構造により、表面が熱くなって火傷する危険を軽減。コンパクトながら、安全性にも配慮されています。

タイガー魔法瓶(TIGER) 蒸気レス 電気ケトル PCJ-A081

力に自信がない方でも扱いやすい軽量サイズ

軽量で扱いやすい国内メーカーの電気ケトル。0.8Lの容量ながら重量は約0.9kgと軽量で、力に自信がない方でも扱いやすいのが魅力です。二重構造により本体表面が熱くなりにくいので、両手で支えながら使用できます。

内部に「蒸気キャッチャー構造」を搭載。蒸気が外に出にくいため、熱い蒸気で火傷したり周囲が結露したりといったトラブルを防ぎます。

カップ1杯分であれば約45秒で沸かせるスピードも特徴。飲みたいとき、飲みたいだけお湯を沸かせます。

バルミューダ(BALMUDA) The Pot K02A

注ぐ量を直感的に調節できる

素材にステンレスを採用した国内メーカーの電気ケトル。注ぎ口に工夫が施されており、注ぐ湯量を直感的に調節できます。ドリップコーヒーにはゆっくりと、カップラーメンには素早くといったように、用途に合わせて使用可能です。

一度に沸かせるお湯の量は、約0.6L。コーヒーであれば約3杯、カップラーメンであれば約2杯分に相当するので、一人暮らしの方はもちろん、家族のいる方にもおすすめです。よく使う量に合わせて設計されているため、無駄なくお湯を沸かせます。

手になじみやすく設計されたハンドルも魅力。ハンドルの先にはネオン管を用いた電源ランプが搭載されています。小型ながらさまざまな角度からしっかりと視認でき、動作状況をひと目で把握可能です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 電気ケトル IKE-G1500T

素材にガラスを採用した国内メーカーの電気ケトル。お湯の量や沸き具合を外から簡単に確認できます。汚れや傷が付きにくいうえ、お手入れに手間がかからず気軽に使える点も魅力です。

60℃から100℃まで、5分刻みで温度を設定できる温度調節機能を搭載。コーヒー・お茶・赤ちゃん用のミルクなど、用途に適した温度のお湯を簡単に沸かせます。最大95℃までの保温機能もあり、あたたかいお湯を好きなときに使用可能です。

コーヒーと日本茶に適した温度をワンタッチで設定できるボタンも。取り外し可能な茶こしが付いているため、簡単にお茶を作れます。用途に合わせた柔軟な使い方をしたい方におすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ricopa 電気ケトル IKE-R800

レトロ風なデザインが特徴的な国内メーカーの電気ケトルです。カフェに置いてあるような、おしゃれなデザインの電気ケトルが欲しい方におすすめ。インテリアになじみやすく、キッチンやリビングなど自由な場所で使えます。

容量は約0.8Lで、外側から湯量が確認できる小窓を搭載。電源プレートの底面に3つのゴム脚が付いているので滑りにくく、電気ケトルの転倒を防ぎます。コードが長くて邪魔になりがちな場合は、コードホルダーで使用場所に合った長さに調節可能です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ドリップケトル IKE-C600T

飲み物に合わせて温度を調節できる、国内メーカーの電気ケトル。100℃の沸騰モードのほか、コーヒーに適した90℃と日本茶に適した70℃の3段階の温度調節が可能です。設定した温度のお湯が沸くと、自動で加熱を終了する機能も搭載しています。

便利な保温機能にも対応。60~95℃の間で温度を設定し、最大1時間保温が可能です。お茶やコーヒーをもう1杯飲みたくなっても、再度お湯を沸かす手間がかかりません。

広口で完全に取り外せるフタの採用により、お手入れも簡単。多機能で使いやすい電気ケトルが欲しい方におすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) デザインケトル IKE-D1000

シンプルながら高級感のある国内メーカーの電気ケトル。本体下部にアクセントとして光沢のあるステンレスを採用しており、インテリアになじむデザインです。キッチンでもリビングでも違和感なく置けます。

お湯が沸くと自動で電源がオフになる機能を搭載。「空焚き防止機能」もあり、安心して使用可能です。また、内部のフィルターは取り外しが可能。細かい部分までお手入れしやすく、清潔さを保てます。

シロカ(siroca) 温度調節電気ケトル SK-D171

ちょうどよい温度で飲み物を楽しめる国内メーカーの電気ケトル。先端が細い形状の注ぎ口を採用しており、注ぐ湯量を直感的に調節できます。ドリップコーヒーには少しずつ注いだり、カップラーメンには多く注いだりといった使い方が可能です。

1℃単位で湯温の調節ができる温度調節機能も魅力。コーヒー・紅茶・緑茶など、飲み物に適した温度のお湯を簡単に沸かせます。また、沸かしたお湯は10~60分の間で自由に設定して保温可能です。

お手入れのしやすさもポイント。フタを完全に取り外せるので、内部までしっかりと手を入れてお手入れでき、給水も楽です。

シロカ(siroca) 電気ケトル SEK-208

シンプルで使いやすい国内メーカーの電気ケトル。約0.8Lの容量で、コーヒー5杯分のお湯をまとめて沸騰可能です。満水時でも約5分30秒でお湯が沸くので、朝の忙しい時間帯でも素早くコーヒーやスープを作れます。

万が一倒れてしまっても、お湯がこぼれにくい設計を採用しているのもポイント。ハンドルは大きく太く設計されているため、持ちやすくなっています。また、ハンドルの下部には電源ランプが付いており、湯沸かし中かどうかを離れた位置からでも簡単に視認可能です。

フタは完全に取り外しが可能。奥まで手を入れやすいので、汚れが気になった場合でもお手入れが簡単です。シンプルながら、必要な機能はしっかりと搭載されています。

ドリテック(dretec) 電気ケトル チェロ PO-152

低価格ながら使いやすい国内メーカーの電気ケトルです。容量は約1Lなので、一人暮らしの方はもちろん、子供がいる家庭でも安心して使用可能。1000Wのハイパフォーマンスにより、コーヒー1杯分のお湯なら約1分28秒で沸かせます。

ハンドル部分に搭載されたボタンを押すと、ワンタッチでフタが開く仕組み。給水やお手入れに手間がかかりません。また、注ぎ口の手前にはフィルターを搭載。フィルターは取り外して水洗いができるため、清潔な状態で使用できます。

本体をしっかりとスタンドにセットしていないと動作しない安心設計。また、「空焚き防止機能」もあります。高機能ながら、お手ごろな価格なのが魅力。コストパフォーマンスに優れた国内メーカーの電気ケトルを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ドリテック(dretec) 電気ケトル モリス PO-146

外側が熱くなりにくい構造を採用した国内メーカーの電気ケトル。内側はステンレス、外側はプラスチックの二重構造で、触れた際の熱さを軽減できます。また、保温性能も優れており、短時間であればちょうどよい温度をキープ可能です。

一度に沸かせるお湯の量は、最大で1L。スイッチを入れると自動で電源ランプが点灯するので、湯沸かし中かどうかをすぐに判断できます。また、「空焚き防止機能」のほか、お湯が沸騰すると自動で電源がオフになる機能もあるので、安心して使用可能です。

ステンレスの内部は、継ぎ目や凹凸のないフラットな構造。汚れやニオイが付きにくく簡単にお手入れができます。