スイッチ1つですぐにお湯が沸く「電気ケトル」は、忙しい朝の必需品。火を使わないのでコンロに立っている必要がなく、時間を有効に使えます。しかも、保温ができるモデルや倒れてもお湯が飛び出さない安心モデルなど、ラインナップも多彩です。

今回は電気ケトルのなかでも、多機能で安全性にこだわった国内メーカーのおすすめモデルをご紹介。電気ケトル初心者の方はもちろん、買い替えを検討している方もぜひ参考にしてみてください。

国内の電気ケトルの選び方

本体の素材で選ぶ

プラスチック製

By: amazon.co.jp

国内メーカー品のなかでも一番広く普及しているタイプの電気ケトル。プラスチック製の電気ケトルは本体が軽く、女性でも扱いやすいのが特徴です。安価なため、電気ケトルを初めて購入する方にもおすすめ。国内電気ケトルのプラスチック製はカラーバリエーションに富んでいるので、キッチンに合ったカラーを選択できるのもメリットのひとつです。

ただし、衝撃には弱く、ぶつけたり落としたりすれば傷が付きやすいため注意しましょう。長年使い続けると黄変するなど、プラスチック特有の経年劣化も難点。水を入れる内部容器までプラスチックでできているモノは、お湯にプラスチックのニオイが移ることもあるので定期的なお手入れが必要です。

ステンレス製

By: amazon.co.jp

ステンレス製は、プラスチック製に比べ耐衝撃性に優れています。本体の重量は重くなりますが、傷が付きにくく、万が一電気ケトルを落としても破損する心配が少ないのが特徴です。

また、ステンレス製はスタイリッシュな見た目のモデルが多いのもポイント。生活感も出にくいので、キッチンインテリアにこだわりがある方や、来客時にお茶を淹れる機会が多い方におすすめです。

ただし、全体がステンレスで作られているモノは熱伝導率が高く、お湯を沸かした後は電気ケトル本体も熱くなることが難点。国内メーカー品は取っ手がプラスチック製など、やけど防止のための配慮が施されているモノもあります。

ガラス製

By: amazon.co.jp

ガラス製は表面が滑らかなので汚れが落ちやすく、ニオイ移りしにくいため清潔に保てます。また、ガラス製電気ケトルはお湯の残量が目で見てわかりやすいのもポイント。

さらに、無機質でモダンな雰囲気を持つガラス製の電気ケトルは、どんなインテリアにもよくなじむのでデザインにこだわりたい方にもおすすめです。

しかし、ほかの材質に比べて強度や柔軟性が劣るため、取り扱いには注意が必要。衝撃には弱く、万が一落とせば割れてしまう可能性があります。また、電気ケトルにガラス部分が多いモノほど重いことや汚れが目立つなどの難点もあるので、考慮したうえで選びましょう。

使用シーンに合った容量を選ぶ

By: amazon.co.jp

国内メーカーの電気ケトルの容量は0.6~2Lと幅広く、一般的なサイズは0.6~1L前後です。1~2人でコーヒーなどの飲み物に使うなら0.6Lの小型サイズがおすすめ。容量が小さい分、本体が軽いので毎日使っても苦にならず、お手入れも簡単です。

3~4人家族でコーヒーやインスタントスープなど使う分だけ沸かす場合は、0.8~1L程度が適しています。沸かしたお湯を保温用の水筒に入れ替えて使ったり、料理用に使ったりするなら2Lを選ぶのもおすすめです。

また、国内メーカーの電気ケトルの多くは保温機能がないため、使う分だけを沸かす使い方が主流。使わなかったお湯は無駄になってしまうので、使用シーンに合った容量を見極め、正しくサイズ選びをしましょう。

安全機能の有無

By: amazon.co.jp

国内メーカーの電気ケトルは、安全に配慮しているモデルが多いのが魅力です。電気ケトルの多くは簡単な構造なので倒すとお湯が溢れ出てしまいますが、倒してもごくわずかしか漏れない流水防止機能を搭載しているモノもあります。

また、ガラスやステンレスは熱を伝えやすいため、触るとやけどをする温度にまで熱くなることも。透明プラスチックで覆われているモノや二重構造の電気ケトルを選べば、やけどを防止できます。

特に小さな子供がいる家庭や、ペットが倒す危険がある場合は、安全機能を搭載している国内メーカーの電気ケトルがおすすめです。

手入れのしやすさ

電気ケトルは水を入れて使うモノなので汚れにくいと思われがちですが、意外と頻繁なお手入れが必要です。外側が拭き取りやすい形状かどうかや、フタを外して洗えるかどうかをチェックしておきましょう。

何度も使っているうちに水道水の塩素が白く残ってしまうこともあるため、中が拭き取りやすい形のモノがおすすめ。電気ケトルは電化製品なので、汚れてもボディを丸洗いできるモノはほとんどありません。長く使うためには汚れの落ちやすさやお手入れのしやすさも重要です。

電気ケトルのおすすめ国内メーカー

象印マホービン(ZOJIRUSHI)

By: amazon.co.jp

1918年に創業した老舗国内メーカー。魔法瓶でおなじみのメーカーで、電気ケトルの国内シェアはトップクラスです。

電気ポットが主流だった時代から知名度の高い象印は、電気ポットの足りない点を改良しながらその技術を電気ケトルに活かしてきたため、今も根強い人気を集めています。

象印の電気ケトルの特徴は、安全性に配慮していること。湯漏れ防止や蒸気レス機能などを搭載しているモデルが多いので小さな子供がいる家庭におすすめです。また、頻繁にお湯を使う方のために、保温機能を搭載しているモノも展開しています。

タイガー魔法瓶(TIGER)

By: amazon.co.jp

1918年創業のタイガー魔法瓶は電気ケトルの国内シェアトップクラスのメーカーです。海外メーカーにはない安全性を追求した作りで多くのユーザーから支持されています。

タイガー魔法瓶は「わく子」という電気ケトルシリーズを展開しており、高機能な作りが特徴です。必要な安全機能は搭載しながらも、低価格かつ高い沸騰力があります。

保温機能は搭載していませんが、電気ケトルとしての機能は充実しているので少量を頻繁に沸かす方向け。カップ1杯なら1分未満で沸かせるモデルもあるため、忙しい朝に使う電気ケトルとしておすすめのメーカーです。

バルミューダ(BALMUDA)

By: amazon.co.jp

モダンなデザインでスタイリッシュな製品を展開しているバルミューダ。2003年に設立した新しい国内メーカーながら、先進的な技術とクリエイティブな魅力溢れる商品展開で急成長を遂げています。

電気ケトルは海外製品のようなクールなフォルムで、キッチンのインテリアを邪魔しない美しさが特徴。また、空焚き防止や自動電源オフ機能などの安全面にも考慮したメーカーです。

国内メーカーの電気ケトルおすすめ

象印マホービン(ZOJIRUSHI) 電気ケトル CK-AW10

象印の多機能な電気ケトルです。高級感溢れる落ち着いたメタリックカラーが特徴。容量は1Lなので2〜3人で使用する場合も十分なサイズです。

フタの一部や取っ手は熱さを感じにくいプラスチック製を、水を入れる内側容器はプラチナフッ素加工のステンレス素材を採用。プラチナナノ粒子の働きでお湯を弱アルカリ化させ、お茶をさらにおいしくするのに役立ちます。「カルキとばしコース」を搭載しているのでカルキ臭を軽減することも可能です。

また、上部に手をかざしても熱くならない「蒸気レス」機能を搭載しており、家具や壁が蒸気で劣化するのを防ぎます。「転倒湯もれ防止構造」なので、万一倒してもお湯がこぼれにくく安心です。

さらに、頻繁にお湯を沸かす場合に重宝する「1時間あったか保温」機能も搭載しているため、沸騰後も約90℃を1時間キープしてくれます。保温機能はボタンで選択できるので使わないときに電気代を無駄にすることはありません。待機電力は0円、最大消費電力は1300W。0.8L沸かした際の電気代はおよそ2.3円で約4分かかります。省エネ重視の方におすすめのモデルです。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) 電気ケトル CK-HB08

低価格ながら安全性に優れた電気ケトル。「転倒湯もれ防止構造」やレバーを離すと給湯がロックされるなどの基本的な安全機能はしっかりと搭載しています。また、蒸気を約70%セーブする構造なので周囲の結露を軽減できるのも特徴です。

水量窓が付いているため、外側から水の残量が確認できるのもポイント。外側・内部容器共にプラスチック素材を主に採用しており、軽くて使いやすいものの、ステンレスに比べてこまめな手入れが必要です。

最大消費電力は1300Wで0.8L沸かした際の電気代はおよそ2.3円、約4分で沸くところなどは上位モデルとほとんど差がありません。0.8Lの使いやすいサイズで十分な機能を備えた手軽なモデルです。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) 電気ケトル CK-AX10

象印マホービン(ZOJIRUSHI) 電気ケトル CK-AX10

コーヒーを淹れる際に便利な「ハンドドリップモード」を搭載した電気ケトル。スイッチを切り替えるだけで通常モードよりも湯量少なめで注げるので、専用器具を用意せずとも対応できるのが特徴です。

また、内容器の底部と上部に2つの沸騰検知センサーを搭載しており、蒸気レスに配慮しているのもポイント。ちょっとだけ保温したいときに便利な「1時間あったか保温」や、不快な臭いが気になる際に効果が期待できる「カルキとばしコース」が用意されているのも魅力です。

本製品の容量は1L。なお、同シリーズには容量が0.8Lのモデルもラインナップしています。また、兄弟モデルとして「CK-AJ08」もありますが、こちらにはハンドドリップモードが搭載されていません。気になる方は価格と用途のバランスを検討したうえで購入するようにしましょう。

タイガー魔法瓶(TIGER) 電気ケトル わく子 PCH-G080

高級感のあるブラックパールが魅力の0.8Lの電気ケトル。本製品の大きな特徴は高い沸騰力です。ヒーターをステンレスの底に直接取り付けた「ブリントヒーター」構造により、カップ1杯がたった45秒で沸かせます。

消費電力は最大1300Wとほかの電気ケトルと同程度ながら、素早く沸くので忙しい朝に最適です。140mlを沸かすためにかかる電気代はわずか0.2円ほどと省電力なのもポイント。ただし、たくさん沸かすときは他機種と時間や電気代に大きな差はないので、少量を頻繁に沸かしたい方におすすめです。

内容器はステンレスを採用しているため、ニオイが付きにくく、二重構造で本体も熱くなりにくい仕組み。さら、防汚処理が施してあるので、お手入れの楽さも魅力です。「蒸気レス機能」「転倒お湯漏れ防止構造」も搭載されており、小さな子供がいる家庭でも安心。省エネと安全性の両方を兼ね備えた電気ケトルです。

タイガー魔法瓶(TIGER) 電気ケトル わく子 PCI-G120

0.8Lや1Lでは足りない方におすすめの1.2Lと大容量の電気ケトル。カップ1杯140mlを沸かすのには60秒ほどと一般的ですが、省スチーム設計と転倒流水防止構造を搭載しているのが特徴です。安全性を確保しながら価格を抑えたい方にピッタリ。

外側と内部容器共に軽量なプラスチック素材を採用しているうえ、水の残量が確認できるメモリ付きなのもポイントです。

本製品は、2013年にキッズデザイン賞を受賞したモデルの後継モデルなので、子供がいる家庭にも最適。たっぷりお茶を飲む方や料理の下ごしらえにお湯を使う方におすすめです。

タイガー魔法瓶(TIGER) 電気ケトル わく子 PCL-A100

タイガー魔法瓶(TIGER) 電気ケトル わく子 PCL-A100

本体が熱くなりにくい「本体二重構造」や「転倒お湯もれ防止構造」を採用した電気ケトル。小さな子供がいる家庭でも安心して使えるのが特徴です。

水瓶をモチーフにしたくびれ仕様で、キッチンやテーブルに映えるデザインを採用しているのもポイント。ワンタッチで開閉できる「給湯ロックボタン」や蒸気が出にくい「省スチーム設計」など、使い勝手に配慮しているのも魅力です。

本製品の容量は1L。なお、同シリーズには1.2Lのモデルもラインナップしています。より大容量を求めている方はそちらもチェックしておきましょう。

タイガー魔法瓶(TIGER) 蒸気レスわく子 PCK-A080

タイガー魔法瓶(TIGER) 蒸気レスわく子 PCK-A080

フタ内部に「蒸気キャッチャー構造」を搭載した電気ケトル。蒸気の外出を抑え、安心して使えるのが特徴です。沸騰を瞬時に検知し蒸気量を抑え、最低限発生してしまう蒸気も蒸気キャッチャー内の冷却通路を通って冷却されます。

本体が熱くなりにくい「本体二重構造」や「転倒お湯もれ防止構造」、ワンタッチで開閉できる「給湯ロックボタン」、空焚きを検知すると自動的にオフになる「カラだき防止」など、使い勝手に配慮しているのもポイント。容量は0.8Lで、約140mlあたり45秒で沸騰させられるスピードも魅力です。

バルミューダ(BALMUDA) 電気ケトル K02A

スタイリッシュなデザインが魅力の電気ケトル。コーヒードリップ用のポットを思わせる細くカーブした注ぎ口が特徴です。キッチンに置くだけでおしゃれな空間を演出できます。

注ぎ口が斜めにカットしているので湯切れのよさも魅力。自宅でレギュラーコーヒーを楽しむ方にも最適な電気ケトルです。0.6Lとやや少なめのサイズですが、2~3人でコーヒーを楽しむのにピッタリ。マグカップなら約2杯分淹れられます。

電気代はトータルではほかの国内メーカーと同程度ですが、消費電力は1200Wと少し弱めなので200mlを沸かすのに1分半かかります。

また、取っ手以外は全面ステンレス素材で側面も沸騰に伴って熱くなるうえ、フタも簡単に外れる設計なので取り扱いには注意が必要。しかし、空焚き防止機能や自動電源オフ機能を搭載しているため、お湯を沸かすうえでの安全性をしっかりと確保した電気ケトルです。

ビタントニオ(Vitantonio) VEK-600

ビタントニオは、2007年に設立された国内メーカー、mhエンタープライズのキッチン・生活家電ブランド。家電をメインにポップで愛らしいデザインの製品を展開しています。

本製品は透明ガラス製を採用しており、中身もくっきり見える先進的なデザインが特徴。清潔感溢れる白いボディは家庭用にはもちろんオフィスでも好まれる見た目に仕上がっています。ガラス製なのでニオイ移りもなく、プラスチック製電気ケトルのニオイが気になる方にもおすすめです。

透明で残量がとても分かりやすいのもポイント。容量は1Lと来客時にも対応できるサイズです。消費電力は1250W、300mlの水を約2分で沸騰できます。電気代は300ml湯沸かし時で約1.1円。スマートで美しいガラス製電気ケトルを探している方におすすめの製品です。

ビタントニオ(Vitantonio) ACTY 温調ドリップケトル VEK-10

ビタントニオのなかでも比較的高価なモデル。本製品は、トップバリスタ向山岳氏監修の”コーヒーのための電気ケトル”で、ほかにはない特別な電気ケトルを求めている方におすすめです。

温度調節機能を搭載しており、50~100℃まで1℃単位で温度を設定できるうえ、設定温度まで温めたら自動で30分保温してくれるのが魅力。30分経過すれば自動で電源オフしてくれるので、空焚きの心配はなく電気代も無駄になりません。

また、ケトルを電源プレートに戻すと自動で設定温度まで温める「バリスタ機能」を搭載。電気ケトルの性能を超えた、コーヒーやお茶をよりおいしく飲むための機能が魅力です。

容量は0.8Lと少なめで、消費電力は1200Wなので沸くまでの時間はややかかりますが、コーヒーを楽しむには十分。持ち手部分は天然ブナの木を採用しており、スタイリッシュさをより一層引き立ててくれます。

シロカ(siroca) 電気ケトル SEK-208

2000年に創業した国内メーカー、シロカ。商品開発や設計は国内で、製造はすべて海外の工場で行い、デザイン性の高さと価格の安さを両立させているメーカーです。

本製品は基本的な性能を全て網羅した電気ケトル。安価ながら、倒れてもお湯がこぼれにくい安心設計や、外からすぐにお湯の残量が確認できる視認性の高さなど使いやすさと安全性に特化しています。

0.8Lで2~3人なら十分活用できるサイズです。プラスチック製を採用しているので、軽くて扱いやすいのもメリット。消費電力は1000Wとほかのモデルと比べるとややパワーは劣り、0.8Lの水が沸くまで5分半かかるのが難点です。

しかし、国内メーカートップクラスといえる価格の安さが魅力。とにかく価格を抑えたい一人暮らしや二人暮らしの方におすすめの電気ケトルです。

ドリテック(DRETEC) 電気ケトル PO-115BK2

1997年創業の国内メーカー、ドリテックの電気ケトルです。ティーポットのような見た目が可愛らしく、持ち手以外のキラキラとツヤがあるステンレス製が魅力。プラスチック製独特のニオイ移りがなく、耐久性にも優れています。

取り扱いもシンプルなのがポイント。お湯が沸けば電源が切れるので難しい操作もありません。消費電力は900Wと、ほかのモデルに比べると沸かすのに時間を要します。140mlの水を沸かすのに約2分かかりますが、おしゃれさと安さを兼ね備えたおすすめの電気ケトルです。

ドリテック(DRETEC) 電気ケトル PO-350SV2

コーヒーのハンドドリップ向けの電気ケトルです。沸かすだけのシンプル機能ですが、1Lのサイズながら安い価格が魅力。細い注ぎ口はハンドドリップの量を調節するのに最適で、おいしいコーヒーを淹れるのに役立ちます。

メタリックな鏡面仕上げのステンレスボディは、キッチンに置いておくだけでおしゃれ。900Wと控えめなパワーなので、1Lを沸かすには20℃のお湯で約9分かかります。朝の忙しい時間よりも、のんびりしたいコーヒータイム向けの電気ケトルです。

ライソン(LITHON) D-STYLIST 電気ガラスケトル KDKE-20AW

ライソン(LITHON) D-STYLIST 電気ガラスケトル KDKE-20AW

ガラス製を採用した電気ケトル。スケルトン仕様なので湯量がわかりやすいのはもちろん、沸騰している状況を確認できるのが特徴です。

ワンタッチで湯沸かしができる手軽さもポイント。容量は2Lで、重さは830gです。沸騰時間目安は0.5Lで約4分、2Lで約14分。インテリアとしても映えるおすすめモデルです。

ライソン(LITHON) D-STYLIST 電気カフェケトル KDKE-08AB

ライソン(LITHON) D-STYLIST 電気カフェケトル KDKE-08AB

細い注ぎ口を採用したグースネック仕様の電気ケトル。湯量少なめで注げるので、ゆっくり丁寧にコーヒーを淹れたい際に便利です。

0~100℃まで測れる温度計付きで、抽出温度に配慮できるのもポイント。空焚き防止機能やオートオフ機能など、安心して使えるのも魅力です。

本製品の容量は0.8Lで、重さは620g。カフェタイムで使い勝手のよいおすすめモデルです。