ガスやIHコンロでお湯を沸かそうとすると、お湯が沸くまでの間コンロ近くから離れることができなかったり、沸くまでコンロを一時的に占領してしまったり、不便なことが多いもの。そこで役に立つのが、電気があればどこでもお湯を沸かせる電気ケトルです。

そこで、今回は使い勝手だけでなく、安全性も優れている高機能な国内メーカーの電気ケトルを紹介します。初めて購入を検討されている方はもちろん、買い替えを考えている方は要チェックです。

電気ケトルについて

電気ケトルとは?

By: amazon.co.jp

電気ケトルとは電気式のやかんのことです。本体または下に敷く電源プレートに付いているプラグにコンセントを挿して、電源スイッチを入れれば熱でお湯が沸くシステムです。

なお、日本では電気ケトルが普及する前に保温効果の高い電気ポットが浸透していたので、国内市場シェアは「タイガー魔法瓶」や「象印マホービン」など生活家電を数多く取り揃えているメーカーが牽引しています。

電気ケトルのメリット

By: amazon.co.jp

電気ケトルは家庭用コンセントさえあれば、どこでもお湯を沸かすことができるのがメリット。キッチンはもちろん、自分の部屋でもコーヒーや煎茶、紅茶などをおいしく満喫できるのも魅力です。

また沸騰するのが早いので、必要な時にさっとお湯を沸かせるのも特長。職場に設置する際にも役立ちます。やかんと違い、電気ケトルは本体が熱くならない構造の製品が多いので、火傷のリスクが少ないのもポイントです。

電気ポットとの違い

WMH-30

By: amazon.co.jp

電気ポットとの違いは、お湯を沸かせる量です。電気ポットのほうがサイズが大きいので、その分入れられる水の量が多いです。さらに性能としては保温機能の有無が挙げられます。

電気ケトルの電気代は?

outlet-1329193_1920

電気代は地域など生活環境によって異なりますが、やかんをガスコンロにかけて1L沸かそうとすると約3~4円、電気ケトルは約2~3円が目安です。

電気ケトルに合うライフシーン

By: amazon.co.jp

電気ケトルが1回にお湯を沸かせる量は多くても1ℓ程。満タンで沸かせば、コーヒーやカップラーメンを飲食する分には十分な量です。せわしない朝食シーンや小腹が空いた際の夜食など、少量のお湯を必要する場合は特に重宝します。

本体の材質について

By: amazon.co.jp

本体に使われている材質は大きく分けて3つあります。それぞれメリットとデメリットがあるので購入を検討されている方は、しっかりチェックしてください。

【プラスチック製】
多くの製品に使われていて、軽くて安価な物が多いです。素材が柔らかく、衝撃を吸収して中身までは被害が及びにくいですが、外側は傷がつきやすく破損していまうこともあります。なお、汚れが付着すると落とすのが手間。プラスチック特有の臭いと味が気になる方もいます。

【ステンレス製】
汚れが付きにくく、強度が高いことが特長。凹んだり傷がついたりすることもありますが、耐久性は十分。なお軽量モデルもありますが、金属なので総じて重いものが多いです。

【ガラス製】
表面が滑らかなので汚れが落ちやすく、清潔に保つことができます。ガラス素材は水の成分が変化しにくく味や水質が安定し、臭いが移りにくいのが特長です。他の材質に比べて強度や柔軟性が劣るため、衝撃が加わると破損の原因になります。取り扱いには十分注意しましょう。

国内メーカーの電気ケトル14選

タイガー魔法瓶(Tiger) 電気 ケトル わく子 PCF-G080

商品価格 ¥ 2,799

子どもがいる家庭におすすめの電気ケトル。本体は二重構造となっていてるため、外側が熱くならないのがポイントです。また、転倒時に水がこぼれにくい「転倒流水防止構造」や、70%程度の蒸気をカットする「省スチーム設計」も特徴も魅力。沸騰スピードはカップ1杯60秒程度。

ふたを外して洗えるので、お手入れがしやすいのもおすすめです。シンプルなデザインかつ、そして安全面で実用面も高いケトルです。

象印(Zojirushi) 電気ケトル CK-AW10

商品価格 ¥ 7,500

保温機能付きの電気ケトル。1時間程度の間、約90℃の高温をキープできます。また、お湯が沸いたら音が鳴るので、少し離れた場所にいても便利。なお、サイレントにすることも可能です。気になる水道水のカルキ臭は、カルキとばしコースを使って除去できます。

蒸気レス、液漏れ防止機能も自動的に働き、転倒してもこぼれにくい安全設計も魅力。空だきを防ぐ、自動電源オフ機能も搭載されているおすすめの電気ケトルです。

タイガー魔法瓶(Tiger) 電気 ケトル 蒸気レス わく子 PCJ-A080

商品価格 ¥ 3,161

蒸気レスの電気ケトル。ふたの内部が蒸気キャッチャー構造になっているため、熱気による火傷を防げるのが特長です。注目すべきポイントは、カップ一杯の水がたった45秒程度で沸く沸騰の速さ。コーヒーブレイクしたい時や気軽にお茶を飲みたい時に、すぐにお湯が沸かせます。

沸騰したら自動的に電源が切れるので、沸かしすぎる心配は不要。その他、空だき防止機能も付いているなど、安全対策がしっかり施されています。軽量で持ち運び便利なおすすめケトルです。

象印(Zojirushi) 電気ケトル CK-HB08

商品価格 ¥ 3,663

手が小さな方でも持ちやすコンパクト&軽量の電気ケトルです。カラーはホワイトとピンクの2種類。上蓋はスムーズに外せるので、給水や洗浄時に便利です。

本体が熱くなりにくいのもポイント。転倒した際に安心の「湯もれ防止構造」なので安全面もサポート。急な来客時やコーヒーブレイクなどで手軽に使えるおすすめの電気ケトルです。

象印(Zojirushi) 電気ケトル 800ml CK-AH08

置く場所に左右されない蒸気レスの電気ケトル。リビングや壁際など、蒸気が気になる場所でも使えるので便利です。搭載されているコードは1.5mととても長いので、コンセントから離れた場所でも使用可能です。

沸騰したら自動で湯沸かしを完了する「沸とう検知センサー」、空だきの際に自動で電源をオフする「空だき防止センサー」なども搭載。本体も熱くなりにくい安全設計で子どもがいる家庭でも安心です。

ドリテック(DRETEC) ステンレスケトル マキアート PO-115BK2

商品価格 ¥ 2,150

スマートで清潔感あるデザインが魅力のステンレス製電気ケトル。注ぎ口がティーポットのように細いので、ドリップコーヒーや紅茶を作る際に便利で、お湯も冷めにくいのが特長です。

ワンタッチでお湯が沸き、沸騰したら自動的に電源が切れるので消し忘れの心配もなく省エネ仕様。使い勝手のよい、おすすめの電気ケトルです。

ドリテック(DRETEC) 電気ケトル PO-340

商品価格 ¥ 2,386

ホワイトカラーを基調に、淡いブルーが使われた清涼感のある電気ケトル。ブルーの他にピンクもラインナップしています。注ぎ口にはカバーが付いているので、ホコリが入りにくく衛生的なのもポイントです。

湯沸かし中はライトが光り、湯沸かし後は自動的に電源がOFFになるため、湯が沸くまで待ち続ける必要はありません。忙しい朝などに便利な電気ケトルです。

ドリテック(DRETEC) ステンレスケトル PO-141

商品価格 ¥ 3,691

おしゃれなヴィンテージカラーのステンレス製。カラーはアイボリー、レッド、ブラウンの3色をラインナップしています。湯量が調整しやすい細い注ぎ口は、ドリップが楽しめる本格仕様です。

お湯が沸くと自動的に電源が切れる自動電源OFF機能や水が入っていない状態での空焚き防止機能など、安全面にも配慮したおすすめの電気ケトルです。

ビタントニオ(Vitantonio) VEK-600

商品価格 ¥ 6,250

透明ガラスで中身がくっきりと見える、クリーンでシンプルなデザインの電気ケトル。ガラス製なのでお湯への臭い移りがなく、特に香りが気になる日本茶や紅茶におすすめです。

スピード沸騰で300mLで約2分間、1Lの場合は約5分半でお湯が沸きます。1Lの大容量なので、急な来客時でもスムーズ対応することが可能。もちろん一人でゆっくりコーヒーを味わいたい時も手軽に使えておすすめです。

レコルト(recolte) 電気ケトル クラシック リーブル RCK-2W

商品価格 ¥ 5,940

フォルムがかわいらしいのクラシック仕様のケトル。0.8Lの水が3~4分で沸騰します。丈夫なステンレス製ですが、重さ720gと軽量なので、持ち運びもラクラクです。スマートな注ぎ口はコーヒーのドリップに最適。蓋も取り外せて、お手入れも簡単なおすすめの電気ケトルです。

バルミューダ(BALMUDA) 電気ケトル K02A

商品価格 ¥ 11,788

洗練されたデザインの電気ケトル。コーヒーなら3杯、カップヌードルなら2杯分のお湯を沸かせます。手にしっくり馴染むハンドルと、湯切れのよいノズルは、コーヒーを注ぐ時はゆっくりと、カップラーメンには素早く注げるよう、流量を簡単にコントロールできるので、使い勝手のよいモデルです。

TESCOM PureBlack 電気ケトル TKE200-W

商品価格 ¥ 4,040

60℃から沸騰の間で温度設定ができるので、少し低めの緑茶から熱々のコーヒーまで対応可能な電気ケトル。赤ちゃんのミルクなども適度で作れるので便利です。

ふたは湯漏れしにくい構造になっているので、誤って転倒させたときも安心。また、注ぎ口にはカバーが付いているの、衛生的にもおすすめの電気ケトルです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 電気ケトル IKK-1000

商品価格 ¥ 3,980

容量1Lの電気ケトル。1度に2~3人分のドリンクを作れるので、家族で使うのにもおすすめです。筐体には中身が見える窓が付いていて、残量がすぐにわかるメモリ付き。蓋にはストッパーが付いていて、お湯が漏れにくくなっていることに加え、空だきを防止する機能や自動電源OFF機能が付いていて、安全面も配慮したモデルです。

シロカ(siroca) 電気ケトル SEK-208

商品価格 ¥ 1,397

0.8L満水に水を入れても約5分半でスピーディーにお湯が沸くので、カップ麺を食べたい時、コーヒーを飲みたい時にすぐにお湯が作れて便利。沸騰したら自動で電源がOFFとなるので、沸かしすぎることなく省エネです。ケトルの中の水量は、筐体についているメモリで確認できるので、必要な量の水を簡単にセットできます。