一度お湯を沸かしておくだけすぐに給湯できる「電気ポット」。特に電気代が気になる方にとっては、保温を細かく設定できることは省エネにもなるので便利です。また、美味しいお茶やコーヒーなどを飲むには最適な温度がありますが、それらにも調整しやすい点も魅力です。

そこで今回は、電気ポットのおすすめモデルとその人気メーカーをご紹介。電気ケトルとの違いや選び方のポイントも解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

電気ポットと電気ケトルの違い

By: amazon.co.jp

電気ポットの特長

電気ポットの大きな特長は保温機能です。一度お湯を沸騰させて設定温度に達するまでは電気ケトルと同じですが、ややぬるめの80℃程度での保温も可能。いつでも適した温度のお湯が使えます。

また、電気ポットは電気ケトルに比べて容量が大きいのも見分け方のポイント。大量のお湯を沸かして保温しておくことができるので、1日に何度もお湯を使用する機会がある方におすすめです。

電気ケトルの特長

容量が少ない傾向にある電気ケトルは湯沸かしの早さが特長。保温機能が採用されていないので、電気代も抑えられます。一人暮らしの方、お湯を使用する機会が少ない方におすすめです。

電気ケトルについてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

電気ポットの選び方

保温性能で選ぶ

保温する際の温度を細かく設定できる電気ポットであれば、用途に合わせた給湯ができる上、無駄な電力を省くことができます。容器に魔法瓶を採用しているモデルは電力なしでも温度をキープできるのでおすすめです。

容量で選ぶ

電気ポットは2.2Lもしくは3.0L容量が中心です。容量が大きいタイプのほうが湯沸かし時間、保温のための電気代が多く必要であることを念頭に置いてください。

お湯を出す方式で選ぶ

電気ポットの出湯方式には、電動のポンプを使ってお湯を吸い上げる電動式と、ボタンの押し込みによってお湯を吸い上げるエア式の2種類があります。電動式の場合はボタンを押すだけで簡単にお湯が出ますが、電源につないでいないと使用できません。一方、エア式の場合はやや力は必要ですが、電源につないでいなくてもお湯が出せる点がメリットです。

また、電動式とエア式を使い分けられるハイブリッドモデルもありますが、他の2タイプと比べると本体価格がやや高くなります。

お手入れのしやすさで選ぶ

お手入れのしやすさも大きなポイント。なかには自動洗浄モードを搭載しているモデルもあります。また、手洗いの場合はフタを完全に取り外せるかどうかなど、容器が洗いやすい構造なのかをチェックするのがおすすめです。

電気ポットの電気代

By: amazon.co.jp

電気ポットでお湯を沸かす際のコストは電気ケトルの電気代やガスでお湯を沸かした場合のガス代と大きな差はありません。電気代に大きく影響するのは保温のための電力です。

魔法瓶機能を搭載したモデルは保温性能に優れているので節電を助けてくれるのでおすすめ。また、省エネモードを搭載しているどうかもチェックポイントです。

電気ポットのおすすめメーカー|タイガー魔法瓶

1923年から魔法瓶を作り続けてきた日本の老舗メーカー。真空断熱技術による保温性の高い魔法瓶で人気を博しています。魔法瓶の特性を活かした省エネ保温が特長の電気ポットを展開。炊飯ジャーがグッドデザイン賞を受賞するなど、デザイン性の高さにも定評があります。

タイガー魔法瓶(TIGER) 蒸気レスVE電気まほうびん とく子さん PIM-A300

鋭角デザインのスタイリッシュな電気ポットです。出しっぱなしになることが多い電気ポットにおしゃれなモデルを選びたい方におすすめ。

本製品の特長は蒸気を水滴に変えてポットで循環させるという蒸気レスの構造です。高温の蒸気によるやけどの心配がなくなる点や、結露を気にすることなくどこでも使用できる点などのメリットがあります。

タイガー魔法瓶の強みである真空断熱技術を駆使した高真空2重瓶の採用もポイント。プラグを抜いても2時間ほど90℃をキープできると謳う高い保温性が魅力です。電気のない場所でもプッシュボタンでお湯を注げるという利便性も持ち合わせています。

98・90・80・70℃から細かく保温設定を変更できるのもうれしいポイント。低めの温度を選択すれば電気代を節約できるだけでなく、料理の下ごしらえや調乳に適した温度のお湯を使用することができます。

沸騰する前にヒーターを切って湯わかし時間の短縮と節電を両立する「節電湯わかしモード」、6~10時間までの1時間きざみで電源を自動オフにする「節電タイマー」、2時間以上使われなかった場合に自動で設定温度から5度下げる「節電保温モード」など、節電機能が充実しているのも人気の秘訣です。

タイガー魔法瓶(TIGER) 蒸気レスVE電気まほうびん とく子さん PIG-S300

メタリックボディを採用した高級感のある電気ポット。左右のどちらからもお湯を注ぐことができるワイドレバー式の給湯ボタンを備えています。蒸気を外に出さない蒸気レス構造をしている上、電気がないところでも給湯ができるので使用する場所を選ばないのもうれしいポイントです。

魔法瓶構造によってプラグを抜いてから3時間程度90℃以上を維持できると謳う保温性能の高さが特長。省エネ性に優れた電気ポットをお探しの方におすすめのモデルです。

電気ポットのおすすめメーカー|象印マホービン

1918年の創業から長い歴史を誇るメーカーです。「快適で、便利で、もっとゆたかな暮らしを」という理念を反映させた多種多様な調理家電を展開しています。

利便性に加えて省エネ性を追求したものづくりが魅力。電気ポットにおいては電力なしでも温度をキープできるまほうびん構造や、光省エネモードといった工夫が凝らされています。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) VE電気まほうびん CV-WA30

蒸気レス構造により置き場所を選ばない電気ポット。1300Wによる高速沸騰が特長で、従来モデルとほとんど同じ消費電力で湯沸かし時間を大幅にカットしています。沸騰させずに設定の温度に沸かすセーブ機能で時短、節電が可能なのもうれしいポイントです。

光省エネモードを搭載しており、消灯を検出すると自動で70℃保温に切り替わって消費電力量を削減。光を検出すると自動で設定温度に復帰するので操作の必要がなく、忙しい朝にはうれしい機能です。2時間操作がない場合に70℃保温を開始するベーシックな省エネモード、6~10時間の5段階オフタイマーもしっかり備えています。

98・90・80・70℃の4つに、まほうびん保温を加えた5段階の設定が可能。コーヒーやお茶、ミルクそれぞれに合わせたお湯を注ぐことができます。プラチナフッ素加工がなされた内容器によってお湯が弱アルカリ化するのも注目したい特長。この効果は沸とう時間を伸ばして水質を変化させ、茶葉からのカテキン抽出量が上昇させるお茶コースに生かされています。

電気ポットのおすすめメーカー|テスコム

美容と健康をキーワードにした日本の家電メーカーです。使用者の視点で利便性を追求し、常に新しいアイディアを形にする挑戦を続けているのが特長。素材の鮮度を保って体の中から健康になるというテーマの真空ミキサーを筆頭に、調理家電でも高い人気を誇っています。

テスコム(TESCOM) 電気ポット PureBlack TP18-W

1.2L容量のコンパクトな電気ポット。一人暮らしの方やリーズナブルなモデルを探している方におすすめです。お湯を沸騰させたあとは自動で保温に切り替わり、本体上部のプッシュボタンで給湯するというシンプルな仕様。余計なボタンがないので誰もが操作しやすいのもうれしいポイントです。

衛生面・耐久性のどちらにも優れているステンレスを採用した容器は広口タイプ。ワンタッチでフタが取り外せる上、手を入れて洗うことができるのでお手入れが簡単です。電源コードには脱着式のマグネットプラグを採用しており、引っかけてしまった場合にもすぐに外れるよう配慮しています。