掃除機をこまめにかける方にとって気になるのが音。特にマンションやアパートなどの集合住宅の場合は、静音性の高い製品の方が気兼ねなく使えるので便利です。

そこで今回は、騒音が少ない「静音掃除機」のおすすめモデルをピックアップ。サイクロン式・紙パック式・ロボット掃除機に項目を分けてご紹介するので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

静音掃除機の選び方

運転音で選ぶ

騒音の大きさは音圧レベルのdB(デシベル)で表記されます。例えば、1m離れた相手との通常の会話が約60dB、室外機の運転音は50dBあたりが目安です。通常の会話程度の運転音なら、隣室や階下に音が漏れにくいので、60dB前後の掃除機を選びましょう。

なかには、50dB台という静音性の高いモデルもラインナップしています。ただし、掃除機の音は吸引力に比例して大きくなる傾向にあるので留意しておきましょう。

また、吸込口のブラシを回転させると運転音は大きくなりがち。静音性を重視する方はブラシの回転などをコントロールできるかもチェックしておきましょう。

掃除機のタイプで選ぶ

サイクロン式

By: rakuten.co.jp

サイクロン式は、吸込口から吸い込んだ空気とゴミやホコリを遠心分離することにより、ゴミやホコリだけをダストカップに溜めるタイプの掃除機です。

溜まったゴミが空気の流れを妨げにくいため、吸引力が落ちにくいのがメリット。また、定期的なダストボックスのお手入れが必要なものの、紙パック式と比べて消耗品を買い足す必要がないので、ランニングコストを抑えられるのもポイントです。ただし、ダストカップの容量が少ないことが多いので、溜まったゴミをこまめに捨てる必要があります。

紙パック式

By: rakuten.co.jp

紙パック式は吸い込んだゴミやホコリを紙パックに溜めるタイプの掃除機。構造がシンプルなので、比較的リーズナブルなモデルが多いのが魅力です。

紙パック式の場合、吸引した空気は常に紙パックを通過するので、ゴミが溜まってくると吸引力が低下する傾向にあります。また、排気された空気のニオイが気になるケースもあるので、紙パックの交換するタイミングは気にしておきましょう。

ロボット掃除機

By: rakuten.co.jp

ロボット掃除機は掃除機自体が自走することにより、手間を省けるのが魅力。種類としては大きく分けて2つあり、通常の掃除機のようにゴミを吸引するタイプはじゅうたんで使用できますが、拭き掃除専用タイプは基本的にフローリングなどでしか使えません。ロボット掃除機の仕様をきちんとチェックしておきましょう。

ロボット掃除機は、段差を乗り越えられるほか、センサー感知による落下防止機能を備えたモデルが多いのがポイント。ただし、性能に差があるので、自宅の実情に合わせたモデルを選ぶことが必要です。

また、上位機種になるとWi-Fi機能を搭載したモデルもあり、スマホなどからリモート操作も可能。外出先から清掃の指示ができるので便利です。

吸引力で選ぶ

By: hitachi.co.jp

静音掃除機の吸引力を表す指標として、ワット(W)数で示される「吸込仕事率」があります。数値は200〜500Wほどが一般的。数値が大きいほど吸引力が高いことを示しています。ただし、あくまでも掃除機本体の吸引力を表しているので、あくまでも目安として考えておきましょう。

実際の吸引力は吸込口の構造によっても異なります。より高い吸引力を求めるのであれば、モーター式のヘッドを備えたモデルがおすすめ。ブラシをモーターで回転させることにより、ゴミをかき出します。

サイズ・重量で選ぶ

By: rakuten.co.jp

最近の掃除機はスリムで持ち運びしやすいスティックタイプが主流。本体重量は1kg程度の軽量モデルが人気です。

一方、キャニスタータイプの重量は約2〜5kgほど。階段などの登り降りにおいて負担が大きいので、スティックタイプと比べると重さは気になりますが、吸引力に優れたモデルも多くラインナップしています。

コードレスかコード式かチェック

By: twinbird.jp

静音掃除機の電源方式には、充電式の「コードレス式」タイプと、ACプラグを直接挿して利用する「コード式」タイプの2種類が存在します。コードレスタイプの掃除機は、利用時に電源コードを必要としないのが特徴。連続で運転できる時間は限られている一方で、取り回しやすいのがメリットです。

コード式タイプの静音掃除機は、本体を移動したりコードを巻き取ったりする際に、音が発生しやすいものの、近くにACコンセントがあれば時間を気にせず利用できます。

静音掃除機のおすすめモデル|サイクロン式

東芝(TOSHIBA) サイクロンクリーナー VC-CF30

2つの気流を駆使しながらパワフルな吸引力を生み出す「デュアルトルネードシステム」を採用したサイクロンクリーナーです。運転音は58〜63dB。静音性に優れていながら、吸引力99%以上持続できるのも魅力です。

持ち手は「新らくわざグリップ」を採用。なめらかな曲線仕様を施すことで、自然な角度で握れるのが特徴です。フローリング・畳・じゅうたんなど、床環境問わず、スムーズなかけ心地を実感できます。

強力な気流でゴミを圧縮する「トルネードプレス」を搭載。ネットにゴミが付着するのを低減できます。また、フィルターやダストカップは取り外して水洗い可能。清潔な状態を保てるのも魅力です。

日立(HITACHI) サイクロン式クリーナー CV-SP900H

吸引力の持続率99%以上を実現したサイクロン式クリーナーです。流路や集塵部をスムーズな設計にすることで、パワーロスを低減。吸い込んだ空気を効率よく加速させて力強い吸引力を生み出します。運転音は59dBを実現。優れた吸引力と静音性を兼ね備えています。

本体重量は約2.5kg。軽量モデルなので、移動や取り回しが簡単です。ホースが軽くてしなやかに動くため、家具の引っかかりも抑えられます。また、ヘッドを踏みながら手もとのレバーを引くと、ズームパイプを好みの長さに調節可能。吸引力や静音性だけでなく、使いやすさにこだわっているのも魅力です。

パッとブラシ・ワイドふとんブラシ・ほうきブラシなど、アクセサリーも豊富。場所に合わせて付属ツールを付け替えれば、効率よく掃除できます。

日立(HITACHI) スティッククリーナー PV-B300H

自走スムースヘッドを採用したスティッククリーナーです。ブラシの回転で進むため、軽やかなかけ心地を実感できます。また、ヘッド前面を壁につけたときに、前面から底面へ空気が流れる「きわぴた構造」を採用しており、壁ぎわのホコリやゴミを吸い取りやすいのも魅力です。

集塵部を外すと、ハンディクリーナーとしても使用可能。棚やエアコンの上などの掃除も手軽におこなえます。ハンディブラシ・すき間用吸口などのアクセサリーも充実。用途に合わせて付属品を付け替えることで、効率よく掃除できます。

ダストケース下部に集めたゴミを圧縮する「からまんプレス構造」を採用。髪の毛が絡まりにくく、パワフルな吸引力を維持しやすいのも魅力です。

パナソニック(Panasonic) 充電式掃除機 MC-SB10J

ハンディタイプとしても使用できるコードレススティック掃除機です。運転音は、LOW・HIGHモードともに60dB台を実現。音を抑えつつ、優れた吸引力を実現しています。また、掃除場所に合わせて、スティック・ハンディの切り替えが可能。フローリング・棚・車内など、さまざまな場所を掃除できます。

パナソニック独自技術のLEDライト付き「ガバとり構造」を採用。ノズルが壁に当たると前部が開くため、壁際に溜まりやすいホコリや汚れも吸引できます。さらに、ブラシは抗菌仕様なので、清潔な状態を保ちやすいのも魅力です。

大容量ダストボックスを搭載していながら、約2.7kgと軽量なのも魅力。スタイリッシュな設計のため、棚の間などの狭いスペースにもコンパクトに収納できます。

静音掃除機のおすすめモデル|紙パック式

日立(HITACHI) かるパック CV-KP900H

運転音51〜57dBの静音設計を実現した掃除機です。高性能な小型ファンモーターを搭載しており、パワフルな吸引力と静かな運転を実現。ゴミが溜まってもパワーを維持しやすいのが魅力です。

掃除機を押すときも引くときも吸引する「パワフルスマートヘッド」を採用。ゴミの取り残しを減らせます。また、ヘッドの押し引きに合わせて前後のフラップが開閉する「ダブルシンクロフラップ」を搭載。ヘッドが床にはりつくのを抑え、軽やかなかけ心地を得られます。

パナソニック(Panasonic) 紙パック式掃除機 MC-JP830K

運転音59〜62dBを実現した紙パック式掃除機です。紙パックは立体三層構造の不織布素材を採用。ハウスダストを逃しにくく、清潔な排気をおこないます。

「からまないブラシ」を搭載しているのもポイント。円錐形のタブルブラシが、からんだ髪の毛やペットの毛を自然に除去するため、ブラシのお手入れにかかる負担を軽減できます。ブラシに抗菌加工を施しているのも魅力です。

重量は約2.0kgと軽量設計なので、本体を片手で持ち上げながら掃除も可能です。ホースが曲がらず自立するため、スマートに収納できます。

パナソニック(Panasonic) 紙パック式掃除機 MC-PJ20G

ハイパワーと軽量設計を両立した掃除機です。モーターを搭載したパワーノズルにより、スムーズに掃除機をかけられます。マイナスイオンが静電気を抑えながら、フローリングのゴミやホコリをキャッチ。拭き掃除のような仕上がりになるのも魅力です。

ノズルが床面から離れると運転を停止する設計を採用しており、電力と運転音を抑えられます。また、カビ菌の増殖を酵素のパワーで抑制する効果が期待できる「抗菌酵素加工フィルター」を搭載。クリーンな排気をおこないます。

シャープ(SHARP) 掃除機 EC-VP510

運転音62〜66dBを実現した掃除機です。パイプ部は軽量性と堅牢性に優れたドライカーボン素材を採用。軽量ながらパワフルな吸引力を実現します。

「ラグ越えヘッド」を搭載しているのも特徴。厚みのあるラグやカーペットなどを乗り越えながら掃除できます。また、不織布の5層構造高捕集紙パックを採用。抗菌加工が施されているほか、微細なハウスダストをキャッチします。

ツインバード工業(TWINBIRD) コードレススティック型クリーナー TC-E263

自走式ヘッドを搭載したコードレススティッククリーナーです。クリーナーが自走するため、軽やかなかけ心地を体感できます。また、独自のジョイントとボールキャスターにより、フルフラットを実現。テーブルやベッドの下も手軽に掃除できます。

重量は約1.4gの軽量設計ながら、目に見えない微細なゴミを吸い取れるパワーを備えているのがポイント。ゴミセンサーを搭載しており、効率よく掃除ができるのも魅力です。

運転モードは、自動モード・強モードの2種類。自動モードの運転音は63dBと比較的静音性に優れています。さらに、抗菌ダストパックには、微細なタルク粉を99.6%キャッチすると謳われている不織布素材を採用しており、排気がクリーンなのも特徴。「ラクステ」機能により、ワンタッチでゴミ捨てをおこなえます。

静音掃除機のおすすめモデル|ロボット掃除機

パナソニック(Panasonic) ロボット掃除機 ルーロ MC-RSF1000

低騒音設計を採用したロボット掃除機です。ダストボックス・モーター・ギアなど、各所に設けた音を抑える構造により、同機種の自動モードと比べて運転音を約21%カット。「音ひかえめ設定」の運転音は47.8dBのため、時間帯を気にすることなく掃除ができます。

「360°レーザーセンサー」で室内全体を検知。部屋の間取りや形状を認識して、効率よく掃除をおこないます。また、フロント3Dセンサーが段差を検知すると、アクティブリフトにより本体をリフトアップ。マットやじゅうたんも乗り越えて掃除します。

専用アプリ「RULOナビ」をインストールすると、スマートフォンによる遠隔操作が可能。ゴミマップの作成・エリア指定・リアルタイムマップ機能など、さまざま設定を手軽におこなえます。

日立(HITACHI) ロボットクリーナー ミニマル RV-EX20

コンパクトかつ薄型設計を採用したロボット掃除機です。椅子やベッドの下はもちろん、家具の隙間にも入り込んで掃除ができます。左右には2本ずつブラシを搭載しているので、コーナーに溜まったホコリやゴミなどをかき出しながら吸い取れるのも魅力です。

マナーコースを選択できるのも特徴。通常コースよりも走行速度と吸引力を下げることで、静かに掃除ができます。リモートワーク中など、集中したい時間の掃除にもぴったりです。

スマートフォン専用アプリをインストールすると、自宅や外出先からロボット掃除機に指示を出すことも可能。日時や時間を指定しておくことで、ロボット掃除機が自動で運転を始める「スケジュール設定」機能を搭載しています。掃除をルーティーン化できるため、わざわざロボット掃除機のスイッチを押す手間を省けるのもおすすめポイントです。

エレクトロラックス(Electrolux) 14.4V Pure i9.2 ロボットクリーナー PI92-6DGM

パワフルな吸引力と静音性を兼ね備えたロボット掃除機です。運転モードは、サイレントモード・通常モード・パワーモードの3種類。汚れ具合や時間帯に合わせて運転モードを切り替えられます。

「3Dビジョンテクノロジー」を搭載。部屋の間取りや形状を認識して、障害物を回避しながら掃除をおこないます。3Dマッピングナビゲーションのはたらきにより、効率よく自動走行するのも特徴。立ち往生したり、何度も同じ場所を走行したりすることはありません。

本体は三角構造の「トライアングル・トリニティ・シェイプ」設計を採用。コーナーや壁ぎわに溜まりやすいホコリやゴミもかき出しながら吸引できます。スマートフォン用専用アプリをインストールすると、外出先からでも遠隔操作が可能です。

静音掃除機の楽天市場ランキングをチェック

静音掃除機の楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。