掃除機をこまめにかける方にとって気になるのが、音。特にマンションやアパートなどの集合住宅の場合は、静音性の高い製品の方が気兼ねなく使えるので便利です。

そこで今回は騒音が少ない「静音掃除機」のおすすめモデルをピックアップ。サイクロン式・紙パック式・ロボット掃除機に項目を分けてご紹介するので、気になる方はぜひチェックしておきましょう。

静音掃除機の選び方

運転音で選ぶ

騒音の大きさは音圧レベルのdB(デシベル)で表記され、例えば1m離れた相手との通常の会話が約60dB、換気扇の運転音は50dBあたりが目安となります。通常の会話程度の運転音なら、隣室や階下に音が漏れにくいので、約60dB程度以下の掃除機を選びましょう。

なお、現在市場に流通している掃除機は、50dB台という静音性の高いモデルもラインナップさせています。ただし、掃除機の音は吸引力に比例して大きくなる傾向にあるので、その点は留意しておきましょう。

また、吸込口のブラシを回転させると運転音は大きくなりがちになります。静音性を重視する方はブラシの回転などがコントロールできるかなどもチェックしておきましょう。

掃除機のタイプで選ぶ

サイクロン式

By: amazon.co.jp

サイクロン式は、吸込口から吸い込んだ空気とゴミやホコリを遠心分離することにより、ゴミやホコリだけをダストカップに溜めるタイプの掃除機です。

溜まったゴミが空気の流れを妨げることがないため、吸引力が落ちにくいのが、サイクロン式掃除機のメリット。また、定期的なダストボックスのお手入れが必要なものの、紙パック式と比べて消耗品を買い足す必要がないので、ランニングコストを抑えられるのもポイントです。ただし、ダストカップの容量が少ないことが多いので、溜まったゴミをこまめに捨てる必要があります。

なお、サイクロン式を代表するダイソンの掃除機は発売当初のモデルから比べるとだいぶ静かになりましたが、それでも運転音は総じて大きめ。一方、国内メーカーの掃除機は日本の住宅環境を考慮しており、静音性の高いモデルも揃えています。

紙パック式

By: rakuten.co.jp

紙パック式は吸い込んだゴミやホコリを紙パックに溜めるタイプの掃除機。構造がシンプルなので、比較的リーズナブルなモデルが多いのが魅力です。紙パック式掃除機には50dB台の静音タイプも販売されています。

紙パック式の場合、吸引した空気は常に紙パックを通過するので、ゴミが溜まってくると吸引力が低下する傾向にあります。また、排気された空気のニオイが気になるケースもあるので、紙パックの交換するタイミングは気にしておきましょう。

なお、消耗品の紙パックを常備しておく必要がありますが、通常は1パックあたり1ヶ月ほどが使用期間の目安となります。

ロボット掃除機

By: amazon.co.jp

ロボット掃除機は掃除機自体が自走することにより、ユーザーの手間が省けるのが魅力。種類としては大きく分けて2つあり、通常の掃除機のようにゴミを吸引するタイプはじゅうたんで使用できますが、拭き掃除専用タイプは基本的にフローリングなどでしか使えません。ロボット掃除機の仕様はきちんとチェックしておきましょう。

ロボット掃除機の多くは段差を乗り越えられるとともに、センサー感知による落下防止機能を備えたモデルが多いのがポイント。ただし、性能に差があるので、自宅の実情に合わせたモデルを選ぶことが必要です。例えば、赤外線センサーは黒いフローリングやじゅうたんでは、段差を検知できずに落下してしまう場合もあるので、確認しておきましょう。

また、上位機種になるとWi-Fi機能を搭載したモデルもあり、スマホなどからリモート操作も可能。外出先から清掃の指示ができるので便利です。

吸引力で選ぶ

By: amazon.co.jp

静音掃除機の吸引力を表す指標として、ワット(W)数で示される「吸込仕事率」があります。だいたい200〜500Wほどが一般的です。ただし、あくまでも掃除機本体の吸引力を表しているのに過ぎず、実際に掃除した際の吸引力を反映しているとは限りません。そのため、あくまでも目安として考えておきましょう。

実際の吸引力は吸込口(ヘッド部)の構造によっても異なってきます。より高い吸引力を求めるのであれば、モーター式のヘッドを備えたモデルがおすすめ。ブラシをモーターで回転させることにより、ゴミをかき出します。

なお、掃除機に手軽さを求めるのであれば、軽く押すだけで自走するタイプのヘッドブラシもおすすめ。ヘッド部の重量は重くなりますが、女性やシニア層などでも使いやすくて便利です。ヘッド部の構造もしっかりとチェックしておきましょう。

サイズ・重量で選ぶ

By: electrolux.co.jp

最近の掃除機はスリムで持ち運びしやすいスティックタイプが主流。本体重量に関しては1kg程度の軽量モデルが人気です。

一方、キャニスタータイプの重量は約2〜5kgほど。階段などの登り降りにおいて負担が大きいので、スティックタイプと比べると重さは気になりますが、タイヤがスムーズに動くように工夫されているなど、長時間の掃除にも対応できます。そうした点は考慮しておきましょう。

コードレスかコード式かチェック

By: electrolux.co.jp

静音掃除機の電源方式には、充電式の「コードレス式」タイプと、ACプラグを直接挿して利用する「コード式」タイプの2種類が存在します。コードレスタイプの掃除機は、利用時に電源コードを必要としないのが特徴。連続で運転できる時間は限られている一方で、取り回しやすいのがメリットです。

コード式タイプの静音掃除機は、本体を移動したりコードを巻き取ったりする際に、音が発生しやすいものの、近くにACコンセントがあれば時間を気にせず利用できます。

静音掃除機のおすすめモデル|サイクロン式

パナソニック(Panasonic) コードレススティック掃除機 MC-SB10J

HIGH運転時は64dB、LOW運転時は62dBと比較的小さい音で運転できるおすすめの静音掃除機です。LEDライトを新しく搭載し、ローテーブルの下や家具同士の隙間など、暗い場所のゴミやホコリをしっかりと確認できます。

また、「ガバとり」パワーノズルを搭載。ノズルが壁にぶつかると前部が大きく開きます。抗菌仕様のブラシで、壁際のホコリをしっかりと吸引できるのが特徴です。

さらに、ハンディクリーナーとしても使用できるのがメリット。付属する「すき間用ノズル」や「たな用ブラシ」を使って、棚の上や車内といった狭い場所も掃除できます。

日立(HITACHI) サイクロン式クリーナー CV-SP900H

強力にゴミを吸い取れる、おすすめの静音掃除機です。本体の運転音はおよそ54〜59dBと静かながら、300Wの仕事吸引率を有しています。本体重量は2.5kgと軽いので、取り回しや移動をスムーズに行えるのがうれしい点です。

また、吸引力の持続率が99%以上と謳われているのがポイント。最適化された流路や集じん部、そして力強く発生する旋回気流が高い吸引力の秘訣です。

ノズル部分には、「ダブルシンクロフラップ」を採用。ヘッドの押し引きに合わせてフラップが開閉するため、より効率的にゴミを吸引できます。さらに、自走機能を搭載。軽く押しただけでノズルをスイスイと押し進められるのが魅力です。

東芝(TOSHIBA) TORNEO mini VC-CF30-R

コンパクトなボディを採用している、おすすめの静音掃除機です。サイズは幅22×奥行29.5×高さ25.5cmと小さいので、収納に場所を取りません。本体の重量は2.2kgと非常に軽いのが特徴。ラクラクと持ち運べます。

また、2つの気流を発生させる「デュアルトルネードシステム」を搭載。ネットへのゴミ付着を抑えて、お手入れの回数を減らせるのがメリットです。フィルターやダストカップにホコリが付着したら、丸洗いして清潔を保てます。

さらに、狭い場所でも掃除できる「2WAYブラシ」が付属。グリップ部分は人が持ちやすいように設計されているため、角度や姿勢を変えても快適に掃除を続けられます。

静音掃除機のおすすめモデル|紙パック式

パナソニック(Panasonic) 紙パック式掃除機 MC-JP830K

約59〜62dBの運転音で駆動する静音掃除機です。本体重量が2.0kgと非常に軽いので、掃除機を持ち上げて部屋間を移動する際でも、ラクラクと行えます。

ノズル部分には、「からまないブラシ」を搭載。人やペットの毛が絡まりにくいため、日頃のお手入れを簡単に済ませられます。ローラーには特殊加工が施されているので、毛が絡まりにくいのがポイントです。

さらに、「LEDナビライト」を搭載。ライトで照らしてゴミの位置を確認することで、暗い場所での取り逃しを防げます。

日立(HITACHI) 紙パック式クリーナー CV-KP900H

運転音が約51〜57dBの静音掃除機です。最大340Wの吸引仕事率を誇る、小型ファンモーターを搭載。ゴミが溜まってきたら「パワー長もち流路」を活用して、吸引力を維持させます。

また、高性能な集じんフィルターと高気密なモーターケースを採用。微細なゴミをしっかりと吸引し、ほこりやチリの舞い上がりを防げるのがうれしい点です。リア部分には抗菌フィルターが搭載されているので、菌の繁殖を抑える効果が期待できます。

本体の重量は2.3kgと軽量。ホースやヘッドも軽い素材で作られているので、移動やお掃除を軽快に行えます。コンパクトながらハイパワーで駆動する、おすすめの静音掃除機です。

三菱電機(MITSUBISHI) TC-FM2X

強力な吸引力が特徴の紙パック式掃除機です。「かるスマ」と呼ばれる、自走式パワーブラシを搭載。「アレルパンチ植毛」「ふき植毛」「ふきブラシ」の3つが、ゴミをすいすいと吸い込むことが可能。また。「アレルパンチ植毛」で舞い上がるハウスダストをブラシで吸い取ると謳われています。

本製品の運転音は、約58〜64dBと良好。軽い押し引きの力でヘッドを動かせる「かるスマグリップ」、そして約10cmまでの高さへ潜り込ませられる「フラットヘッド機構」が、毎日の掃除を簡単にします。小回りが利きやすいうえにハイパワーな、おすすめの静音掃除機です。

静音掃除機のおすすめモデル|ロボット掃除機

パナソニック(Panasonic) ロボット掃除機「ルーロ」MC-RSF1000

音ひかえめ設定時47.8dBで駆動するおすすめの静音掃除機です。スムースダクト・モーター斜め吊り保持・高精度ギアといった構造や設計を採用し、実感音を約21%低減しています。

また、パナソニックのテクノロジー「360°レーザーセンサー」を新搭載。部屋の間取りや障害物を把握して、マッピングを実行します。作成したマップに合わせて動くので、より広範を掃除できるのが魅力です。

さらに、独自の「アクティブリフト」を採用。引っかかったり止まったりしやすいマットやラグでも、しっかりと乗り越えられるのがメリットです。床面検知センサーや落下防止センサーによって、不慮の落下を防ぎます。

日立(HITACHI) ロボットクリーナー RV-EX20-N

夜家事運転モードを搭載している、おすすめの静音掃除機です。静かに運転したいときは、回転ブラシとファンモーターの駆動速度を抑えてゆっくりと掃除。ほかにも、ペットの毛をうまく処理しながら掃除できる「ペット運転」モードも使用できます。

本体サイズは、幅25×奥行約30×高さ9.2mmと非常にコンパクト。椅子同士の間やベッドの下などにも入り込めます。また、充電時の場所をそれほど多く必要としないのがポイントです。

さらに、スマホアプリで遠隔操作を行うことが可能。スマートスピーカーの「Amazon Alexa」や「Google アシスタント」と連携させれば、音声だけで本体を操作できます。

静音掃除機の楽天市場ランキングをチェック

静音掃除機の楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。