生活空間を清潔に保つために欠かせない「掃除機」。各メーカーからさまざまな種類が販売されており、キャニスター型やスティック型、ロボット掃除機など多種多様なモデルからライフスタイルに合わせて選べます。

ただし、自分に適したモデルを選択する際には迷ってしまうことも。そこで今回は種類別におすすめモデルをご紹介します。選び方についても解説するので、購入を検討している方はチェックしてみてください。

掃除機の種類

スティック型

By: amazon.co.jp

スリムな本体にモーターを内蔵している掃除機がスティック型です。軽量モデルが多く、片手で使える手軽さが魅力。立て掛けておいてサッと掃除したいときや、高い場所の掃除にも便利です。収納しやすく、壁掛けできるモデルも販売されています。

ハンディクリーナーとしても使える、2WAYモデルにも注目。身の回りをサッと掃除する際や車内の清掃でも役立ちます。取り回しやすいコードレスタイプが主流で、一軒家から一人暮らし向けの部屋までさまざまな場面で活躍。ただし、キャニスター型と比べてやや吸引力に劣るのが難点です。

ロボット掃除機

By: rakuten.co.jp

コンパクトな円形状で、部屋を自動で移動しながらゴミを吸い込む掃除機です。アイロボット社が世界初の家庭用ロボット掃除機「ルンバ」を開発して一気に普及しました。本体にカメラやセンサーを搭載し、物体や部屋の位置を検知しながら自走。ゴミ捨てなど最小限の手間ですむため、掃除する時間をほかの家事に当てられます。

留守中に掃除するように設定しておくことも可能。Wi-Fi機能を搭載したモデルなら、外出先からスマホを利用して遠隔操作できるため便利です。なかには、掃除範囲を指定できるマッピング機能を搭載したモデルもあります。

ロボット掃除機について詳しく知りたい方はこちら

キャニスター型

By: panasonic.jp

本体に搭載したキャスターで床上を転がしながら掃除する、昔ながらのオーソドックな掃除機がキャニスター型です。一部のモデルを除いてコード式が主流。スティック型より大きめのモーター搭載と相まって、パワフルな吸引力を発揮します。

ゴミの処理が簡単な紙パック式を採用しているモデルが多いのも特徴。ゴミ捨ての際にチリやホコリが舞い上がらず、衛生的に処理できるのが魅力です。長いホースとパイプを備えているため取り回しにやや難があるものの、最近はモーターの小型化により軽量で扱いやすいモデルも販売されています。

キャニスター掃除機について詳しく知りたい方はこちら

ハンディクリーナー

By: amazon.co.jp

片手で楽に掃除できるコンパクトな掃除機です。身の回りやデスク上など、細かな場所を手軽に掃除できるのが魅力。車内の狭いスペースを掃除する際にも役立ち、車用として備えておくのもおすすめです。付属のアタッチメントが充実し、さまざまな用途に合わせて付け替えできるモデルも販売されています。

紙パックを使用せず、ダストカップにゴミをためる仕様が一般的。キャニスター型やスティック型と比較して吸引力が弱めで、部屋を掃除するメイン掃除機としては不向きです。なかには、液体を吸い込めるモデルも販売されているのでチェックしてみてください。

ハンディクリーナーについて詳しく知りたい方はこちら

掃除機の選び方

サイクロン式と紙パック式の違い

サイクロン式

By: balmuda.com

吸い取ったゴミと空気を遠心分離させて、ゴミだけをダストボックスに集める構造がサイクロン式です。フィルターが目詰まりしにくく、吸引力の低下を防げるのが特徴。紙パック不要でランニングコストを抑えられるほか、排気のイヤなニオイが気になりにくいのもメリットです。

ゴミを一度に多くためられないため、ゴミ捨ての手間が多くなりがちなのがデメリット。紙パック式と異なり、ゴミを捨てる際に細かいチリやホコリが舞い上がりやすい点にも注意が必要です。衛生面が気になる場合には、ダストカップを水洗いできるかをチェックしてみてください。

紙パック式

By: amazon.co.jp

純正品や汎用品の紙パックをセットし、吸い込んだゴミをためるのが紙パック式です。満タンになったら、そのまま取り外して捨てるだけとゴミ捨てが簡単。サイクロン式と異なり、細かいチリやホコリが舞い上がる心配もありません。

紙パック自体がフィルターの役割を果たすため、お手入れの手間が少ないのもメリットです。ただし、吸引した空気がゴミ中を通過する構造であり、排気のイヤなニオイが気になる場合があります。ゴミがたまるにつれて吸引力が低下しやすいのもデメリットです。

紙パックを常に用意しておく必要があり、ランニングコストがかかる点にも留意しておいてください。

コードレスのメリットとデメリット

By: amazon.co.jp

掃除機にはコンセントから給電するコード式と、充電池で駆動するコードレス式があります。なかでも、スティック型はコードレスモデルが主流。わずらわしいコードがないため取り回しやすく、階段や車内などコード式では掃除しにくい場所で活躍するのがメリットです。

ただし、充電する手間が必要であり、充電切れになるとしばらく使用できないのがデメリット。十分な電力を得られるコード式と異なり、吸引力が劣るのも難点です。長時間使用したい場合には、予備のバッテリーを用意しておくと安心。すばやく充電できる急速充電機能に対応しているかも要チェックです。

ヘッドの種類と特徴

モーター式パワーブラシ

By: rakuten.co.jp

ヘッドにモーターを内蔵し、内部のブラシを高速回転させるタイプです。じゅうたんやカーペットの奥に入り込んでいるゴミをかき出しながら吸い込むのが特徴。とくに、女性の長い髪の毛やペットの毛が気になる場合に活躍します。通常、ブラシの回転をストップさせても掃除できるため、フローリングでも問題ありません。

モーターの力で前に進む「自走式モーター」搭載モデルも要チェック。軽い力で掃除しやすく、長いホースとパイプが手の負担になりやすいキャニスター型の操作をサポートします。

ただし、モーター内蔵によってやや大きく重め。階段など持ち運びながらの掃除では、重さが気になる場合があります。各メーカーの上位機種に採用されており、高価格な点にも留意しておいてください。

タービンブラシ

By: irisohyama.co.jp

モーターを内蔵しておらず、空気を吸い込む力を利用してブラシを回転させるタイプです。モーターがない分、モーター式パワーブラシと比べて軽く操作性に優れているのが特徴。コンパクトで持ち運びやすく、階段を掃除する際にも重宝します。

モーター式パワーブラシと比較してゴミをかき出す能力には劣るものの、やや低価格なのが魅力。高性能ながら購入コストを抑えられる、コスパのよいモデルを求めている方におすすめです。

床ブラシ

By: amazon.co.jp

ヘッド内にモーターや回転ブラシを搭載していないのが床ブラシです。吸込む力のみで掃除するタイプで、集塵力には劣るものの軽い使い心地が特徴。買い求めやすい低価格のモデルが多く、なるべく購入コストを抑えたい方に適しています。

じゅうたんやカーペットの奥のゴミを強力にかき出す能力はなく、フローリングの多い家や階段、畳などを掃除する際におすすめです。

吸引力を重視するなら「吸込仕事率」をチェック

By: panasonic.jp

掃除機の吸引力は「吸込仕事率」で確認できます。「W」で表示されており、数値が大きいほどパワフルな吸引力を発揮。キャニスター型で400~500W、スティック型で20~100Wほどが目安です。キャニスター型のなかには600Wを超えるモデルもあり、吸引力を重視したい方はチェックしてみてください。

コード式とコードレスでも吸込仕事率は異なり、一般的にコードレスは弱め。吸込仕事率の表記がないコードレスの場合、バッテリーの性能で判断するのがおすすめです。

ただし、吸込仕事率はあくまで吸込み力の目安。ヘッドやブラシの種類などによっても、ゴミを取り除く能力が左右される点に留意しておきましょう。

軽量モデルなら移動や収納も簡単

By: rakuten.co.jp

持ち運びやすさや収納性を重視するなら、軽量モデルがおすすめです。キャニスター型でヘッドとホースを含んだ重さ3.0kg前後、スティック型なら2.0kg前後が使いやすい目安。なかには、モーターの小型化やパイプに軽い素材を採用して徹底的に軽量化を図っているモデルも販売されています。

スティック型の場合、モーターの位置を要チェック。本体下部に搭載されているモデルは重心が安定しやすいものの、高い場所を掃除したいなら手元に近い場所にモーターを搭載しているモデルのほうが操作性に優れています。掃除したい場所や、収納場所などを考慮して選んでみてください。

掃除機のおすすめメーカー

ダイソン(dyson)

By: amazon.co.jp

イギリスに本拠地をかまえている電気機器メーカーです。世界ではじめてサイクロン式掃除機を開発したことで知られ、空調家電やヘアケア関連などを展開。掃除機においてはスティック型を中心にキャニスター型やハンディ型、ロボット型など幅広くラインナップしています。

なかでも、従来モデルのパワフルな吸引力はそのままに、25%の軽量化を実現しているコードレススティック型モデルに注目。軽い操作性でさまざま場所の掃除で活躍します。

マキタ(MAKITA)

By: amazon.co.jp

国内の電動工具メーカーです。掃除機では業務用の充電式集じん機のほか、家庭向けのコードレススティック型掃除機をラインナップ。紙パック式のスティック型を販売している数少ないメーカーでもあります。

なかでも、長寿命・低騒音・省エネが特徴のブラシレスモーター搭載したモデルをラインナップしているのがポイント。パワフルな吸引力と長く愛用できる高い耐久性を実現しているほか、低騒音と低振動によって長時間の掃除でも快適に使用できます。

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

大阪府に拠点をかまえている大手電機メーカーです。生活家電をはじめ幅広いジャンルで製品を手掛けており、掃除機においてもさまざまなモデルを展開。キャニスター型やスティック型、ロボット掃除機など充実したラインナップが魅力です。

なかでも、クリーンセンサーを搭載したモデルに注目。目に見えないゴミやハウスダストを検知すると、自動で吸引力を上げてゴミをしっかり吸込みます。

掃除機のおすすめモデル|スティック型

ダイソン(dyson) サイクロン式 コードレス掃除機 Dyson Micro

重さ1.5kgと、軽量なのが特徴のコードレススティック型掃除機です。8つのサイクロンによる強力な遠心力でゴミと空気を分離。毎分最大10万5000回転のパワフルなモーター搭載と相まって、大きなゴミから細かいホコリまでしっかり吸い取ります。

従来モデルと比較して45%小型化したヘッドにより、軽快な操作性を求めている方におすすめ。家具下の狭いスペースの奥までヘッドが届きやすいのも便利です。モーターとカーボンファイバーブラシを搭載し、ゴミを強力にかき出しながら吸込みます。

ツールを付け替えれば、ハンディクリーナーとして使えるのもポイント。コンビネーション隙間ノズルや卓上ノズルなど、アタッチメントが充実しているのも魅力です。

ダイソン(dyson) サイクロン式 コードレス掃除機 Dyson Digital Slim Fluffy

パワフルな吸引力はそのままに、従来モデルと比較して25%の軽量化を実現しているコードレススティック型掃除機です。コンパクトなスリムモデルながら、独自の高効率サイクロンでパワフルな吸引力を発揮。0.3μもの微細な粒子を吸い取れると謳っています。

最長40分間吸引力を落とさずに掃除できるのも魅力。着脱式バッテリーで予備を用意しておけば、最長80分間の使用が可能です。スムーズに開閉するクリアピンにより、ゴミやホコリに触れずゴミ捨てできるのも便利。ダストカップは水洗いできるため、衛生的に使いたい方におすすめです。

本体やツールを収納しながら充電できる専用充電ドックが付属。壁掛け式の収納用ブラケットも付属しており、収納場所の確保が難しい場合に重宝します。使い勝手に優れた、おすすめのコードレス掃除機です。

バルミューダ(BALMUDA) サイクロン掃除機 The Cleaner C01A

独自の「ホバーテクノロジー」により、まるで浮いているかのような軽快な操作性を実現しているコードレススティック型掃除機です。ヘッドを自在に動かせる360°スワイプ構造を採用。前後・左右・斜めなど、さまざまな方向へ動かしながら掃除できます。

2つのブラシを内側に回転させて床面との摩擦を低減する「デュアルブラシヘッド」を搭載。軽い力で掃除しやすいモデルを求めている方におすすめです。ヘッドを回転させて縦方向に操作すれば、家具下の狭いスペースもスムーズに掃除可能。スライド動作によって壁際やコーナー部、階段の掃除も楽々です。

付属のアタッチメントに付け替えて、ハンディクリーナーとして使用可能。ダストカップとブラシ、フィルターは取り外して丸洗いできるため、常に清潔な状態を保てます。

マキタ(MAKITA) 紙パック式&サイクロン CL107FDSHW

紙パック式のコードレススティック型掃除機です。スポンジ付きで優れた密閉性の「バルブステーコンプリート」を採用。ワンタッチでカバーをオープンでき、手を汚さずにゴミ捨てできるおすすめモデルです。

重さが1.1kgと軽量で腕への負担を軽減。軽快な操作性で快適に掃除できます。1回の充電で最長25分の使用が可能。スライド式バッテリー搭載で着脱も簡単です。約22分で充電が完了する急速充電にも対応。急な充電切れ時にすばやく充電して掃除を続けられます。

バッテリー容量が少なくなると、LEDの点滅で知らせる機能も便利です。

パナソニック(Panasonic) スティッククリーナー MC-SBU530J

スティック型ながら、吸込仕事率最大140Wものパワフルな吸引力を誇る掃除機です。リチウムイオン電池を8本搭載して長時間運転を実現したコードレスタイプ。充電切れを心配せずに、時間をかけてしっかり掃除したい方におすすめです。

クリーンセンサーで目に見えないゴミやハウスダストを検知し、自動で吸引力を上げてゴミをしっかり吸引。ゴミの量に応じてパワーをコントロールするため、無駄な消費電力を抑えて充電が長持ちしやすいのも魅力です。

二次分離部のフィルターレスサイクロン方式により、お手入れしやすいのもポイント。ダストカップごと丸洗いできるため、衛生面が気になる方でも安心して使えます。

パナソニック(Panasonic) サイクロン式スティッククリーナー MC-SB51J

重さ1.6kgと軽量ながら、吸込仕事率最大100Wを発揮するコードレススティック型掃除機です。最適な回転数で駆動する小型モーターによってハイパワーを実現。軽さと吸引力のバランスに優れた、軽快に操作しやすいおすすめモデルです。

握りやすく快適に取り回しできる、マルチグリップを採用。グリップの突起が持ち手にフィットし、用途に応じて握る位置を変えられて便利です。クリーンセンサー搭載でゴミの量に応じて運転を制御するのもポイント。見えにくいゴミをしっかり吸い取ると同時に、無駄な消費電力を抑えられるのも魅力です。

パナソニック(Panasonic) コードレス サイクロン式スティッククリーナー MC-SB10J

ノズルが壁に当たると前部が開く、独自の「ガバッとパワーノズル」搭載のコードレススティック型掃除機です。ブラシが壁際まで届いて、ゴミをかき出しながら吸込みます。LEDを搭載し、暗い場所を照らしながら掃除できる便利なおすすめモデルです。

大容量ダストボックスを備えており、お手入れも簡単。約25cmの幅に収まるスリムタイプで、省スペースで保管したい場合に重宝します。ハンディクリーナーとしても使える2WAYタイプにより、デスク上や車内の清掃でも活躍。付属のすき間ノズルと棚用ブラシを活用すれば、さまざまな場所の掃除で役立ちます。

Shark コードレススティッククリーナー EVOPOWER SYSTEM CS401J

スタイリッシュなデザインが魅力的なコードレススティック型掃除機です。専用ドックが付属し、置いておくだけで充電できるのが便利。アタッチメントも収納できます。独自開発の「ブラシレスパワーフィン」搭載で取り残しを防げるのが特徴。長い髪の毛やペットの毛も絡まず、お手入れの手間を減らせるおすすめモデルです。

ハンディクリーナーとしても使える2WAYタイプで、身の回りをサッと掃除したい場面で活躍。片手でリリースボタンをつまむだけと、簡単に切り替え可能です。バッテリーが標準で2個付属しているのもポイント。あらかじめ充電しておけば、突然の充電切れを気にせず掃除に集中できます。

マルチノズルや布団用ノズルなどアタッチメントが充実しているのも魅力です。

ツインバード工業(Twinbird) サイクロンスティック型クリーナー TC-E181W

約5mの電源コードを備え,た、コード式スティック型掃除機です。コンセントから給電するため充電の手間がなく、充電切れを心配せずに掃除したい方におすすめ。重さ1.8kgの軽さと吸込仕事率100Wのパワーにより、効率的な掃除を実現します。ハンディクリーナーとして使えるのも便利です。

サークル式ハンドルの採用で、力に自信のない方や高齢者に使いやすいのがポイント。従来モデルではボディに搭載していたスイッチを手元スイッチに改良し、操作性がより向上しています。

ダストケースを取り外さずワンタッチでゴミ捨てできる「ラクステ」機能を搭載。紙パック不要でランニングコストを抑えられるのも魅力です。

ツインバード工業(Twinbird) サイクロンスティック型クリーナー TC-5134

手軽に使える機能性を目指して開発されたスティック型掃除機です。コード式で充電の手間や充電切れの心配は不要。部品点数を減らして低コスト化を図っており、買い求めやすい低価格が魅力のおすすめモデルです。

モーターやブラシを搭載していない床ブラシ採用のシンプルな構造で、故障しにくいのもポイント。紙パック不要でランニングコストを抑えられます。ダストボックスは水洗いできるため、常に清潔な状態で使用可能。ハンディクリーナーとして使えるのも便利です。

掃除機のおすすめモデル|ロボット掃除機

アイロボット(IRobot) ロボット掃除機 ルンバ e5

独自の「Aeroforce3段階クリーニングシステム」搭載のロボット掃除機です。モーターが生み出す気流で掃除機内部に真空状態をつくるのが特徴。「ゴム製デュアルアクションブラシ」と「パワーリフト吸引」により、微細なゴミを浮き上がらせて吸い取ります。

汚れ具合やゴミの量をセンサーで検知する「ダートディテクトテクノロジー」を搭載。きれいになると判断するまで徹底的に駆動し、おまかせで部屋の隅々まできれいにできるおすすめモデルです。床の種類に合わせてクリーニングヘッドの高さを自動調節し、段差のあるカーペットでも軽々乗り越えます。

スマートスピーカーに対応しているのも魅力。GoogleアシスタントやAmazon Alexaを使用すれば、話しかけるだけで駆動して家中をきれいにします。バッテリー残量が少なくなると、自動でホームベースへ戻って充電するのも便利です。

パナソニック(Panasonic) ロボット掃除機 RULO MC-RSF1000

レーザーセンサーを搭載し、正確に室内を認識するロボット掃除機です。レーザーが360°全方位を検知して走行しながらマップを作成。従来モデルでは見逃していた細かなゴミを取りきる効果を期待できるおすすめモデルです。クリーンセンサーによって、約20μmの微細なハウスダストも検知できると謳っています。

センサーで段差を認識して、自動でリフトアップするのもポイント。マットやカーペットの段差も難なく乗り越えられるほか、防止センサーによって落下も防ぎます。アプリを活用すれば、曜日ごとのスケジュール設定も可能。禁止エリアや時間設定もでき、安心して使えます。

Anker Eufy RoboVac L70 Hybrid

障害物との衝突を回避する、衝突防止機能や落下防止センサーを搭載したロボット掃除機です。「EufyHomeアプリ」上で掃除しないエリアを指定可能。掃除している地点をアプリで確認できるなど、はじめてロボット掃除機を購入する方でも安心して使えるおすすめモデルです。

バッテリーの残量が少なくなると、掃除を一時中断。充電ステーションで充電が完了したら、中断した位置に戻って掃除を再開します。Amazon Alexaに対応しているのも便利。話しかけるだけで掃除開始や一時停止、充電ステーションに戻すなどの操作が可能です。

床の種類によって自動運転するほか、モッピングモードで水拭きできるのもポイント。吸引と水拭きの2つのモードを状況によって使い分ければ、床を常に清潔な状態に保てます。

掃除機のおすすめモデル|キャニスター型

パナソニック(Panasonic) サイクロン掃除機 MC-SR580K

モーター式パワーブラシを搭載した、サイクロン式のキャニスター型掃除機です。円すい形のダブルブラシによって、からんだ髪の毛やペットの毛が絡まりにくいのが特徴。ブラシをお手入れする手間を軽減できるおすすめモデルです。

一次分離と二次分離にメタル部品を採用した「ダブルメタル」により、ダストボックス内部のゴミの付着を抑えられるのもポイント。「8気筒遠心分離ユニット」の高速回転による遠心力でゴミと空気を強力に分離して、吸引力の低下を防ぎます。

クリーンセンサーを搭載し、目に見えない約20μmもの微細なハウスダストを検知すると謳っているのも魅力。吸引力とお手入れに優れた、おすすめの掃除機です。

パナソニック(Panasonic) 紙パック式クリーナー MC-JP830K

本体重量2.0kgと、キャニスター型のなかでは軽量なモデルです。素材に軽量で強度に優れたPP繊維強化樹脂を採用。アルミニウム素材の高効率モーター採用と相まって、持ち運びやすい小型・軽量化を実現しているおすすめモデルです。

手の位置を変えるだけでハンドルの長さを調節できるロングハンドルを搭載。ホースの位置を下に移動させて手元重量を軽減し、ホースのバタつきを抑えています。「中空ガラス配合軽量プラスチック」採用のモーター式パワーブラシによる軽い操作性も魅力です。

ヘッドには毛がからみにくい「からまないブラシ」を搭載。髪の毛やペットの毛がほとんどからまないと謳っており、ブラシを取り外す手間を省いてお手入れも簡単です。

クリーンセンサーで取り残しを光で知らせるのも便利。純正紙パックには、ハウスダストをしっかり閉じ込める抗菌加工「逃がさんパック」を採用しています。

シャープ(SHARP) コードレスキャニスターサイクロン掃除機 EC-AS510

紙パック不要のサイクロン式掃除機です。重さ1.8kgと軽いのが魅力。キャニスター型では数少ないコードレスタイプであり、部屋から部屋へ持ち運びながら家中を掃除しやすいおすすめモデルです。

パイプに飛行機やロケットに使用されている素材「ドライカーボン」を採用するなど、徹底的に軽量化。高い場所や階段の掃除も楽々です。ブラシの回転する力でヘッドが前に進む「コンパクト自走パワーヘッド」を搭載。小回りも利きやすく、軽快な操作性を実現しています。

バッテリーは着脱式で、本体から取り外して単体で充電可能。予備バッテリーを用意しておけば、充電切れを気にせず効率的に掃除できます。パイプを立てると自立する「マジックバランス」にも注目。自立させると自動で一時停止し、パイプを寝かせると自動的に運転を再開します。

日立(HITACHI) 紙パック式クリーナー CV-KP300H

吸込仕事率650Wのハイパワーを誇るキャニスター型掃除機です。独自設計のファンモーターを搭載し、ヘッドから本体排気口までの空気経路をスムーズに設計。微細なゴミをしっかりと吸い込む、パワフルな吸引力を発揮するおすすめモデルです。

床質や操作する力に合わせて、パワーやブラシ回転数を自動調節する「ecoこれっきり運転」を搭載。設定を切り替える手間を省けると同時に、無駄な消費電力を抑えます。パワーモニターにより、3色の光で運転状況やブラシの回転数を確認可能です。

気密性を高めたヘッド「ジェット吸引スマートヘッド」で床へのはりつきを抑制。ブラシの回転で進む自走機能と相まって、軽い力で掃除しやすい快適な操作性を実現しています。

東芝(TOSHIBA) フィルターレスサイクロン式クリーナー VC-SG710X

フィルターレスで強い吸引力を実現しているサイクロン式掃除機です。フィルターの目詰まりがなく、10気筒の気流で微細な粒子を分離する「バーティカルトルネードシステム」を搭載。吸引力が99%以上持続すると謳っており、ストレスなく快適に掃除しやすいおすすめモデルです。

自走式「ラクトルパワーヘッド」搭載で軽い操作性を実現。ラウンド形状「らくわざフリーグリップ」によって自由な位置で握りやすく、方向転換も楽々です。ゴミの有無を自動検知して手元のランプで知らせる「ゴミ残しまセンサー」で取り残しを防止できます。

ヘッドを浮かせると約6秒後に停止する「節電ストップ機能」にも注目。約60秒後には運転を完全に停止して、無駄な電気代を節約します。暗い場所をLEDで明るく照らす「ワイドピカッとブラシ」を搭載し、家具下やすき間を掃除する際に便利です。

三菱電機(MITSUBISHI) 紙パックキャニスター Be-K TC-FJ2X

吸い込む風の力でブラシを自転させるタービンヘッド搭載の紙パック式掃除機です。「ふき植毛」と「ふきブラシ」が付属し、床を拭き上げたように仕上げるのが特徴。軽い力で操作しやすい「かるスマグリップ」により、段差や階段で方向転換しやすいおすすめモデルです。

フラットヘッド機構で高さ10cmまでのすき間に対応。家具下やベッド下の奥をしっかり掃除したいときに役立ちます。集じん容積1.5Lの大容量でゴミをためやすいのも便利。紙パック交換の手間を省けると同時に、ランニングコストも軽減できます。

高性能クリーンフィルター搭載によって、0.5μm以上の微細なゴミを99%以上逃さないと謳っている点にも注目。キャニスター型ながら排気がきれいで、ニオイが気になりにくいのも魅力です。

掃除機のおすすめモデル|ハンディクリーナー

ダイソン(dyson) V7 Trigger HH11MH

特許技術「ダイソンデジタルモーターV7」搭載のコードレス式ハンディクリーナーです。毎分最大11万回転で強力な吸引力を発揮。ゴミと空気を分離するサイクロン式により、微細なゴミやハウスダストをしっかり吸込みます。コンパクトで扱いやすく、デスク上や車内など狭いスペースの掃除におすすめです。

紙パック不要でランニングコストを抑えられるのも魅力。ワンタッチでゴミ捨てできる仕様で、衛生面が気になる方にも適しています。本体重量1.76kgと持ち運びも簡単。3.5時間充電して、最大30分間の連続使用が可能です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) コードレスハンディクリーナー IC-H50

重さ約500gと、業界最高クラスの軽さを実現しているハンディクリーナーです。コンパクトなコードレスタイプで、身の回りに置いてサッと掃除したい場合におすすめ。持ち運びしやすく、車内の清掃でも活躍します。スタンドに置くだけで充電できる手軽さも魅力です。

2.5時間充電し、標準モード時20分間の連続使用が可能。充電が少なくなるとバッテリー残量表示で知らせる機能も便利です。ダストカップにゴミをためるタイプでゴミ捨ても簡単。取り外して水洗いできるため、常に清潔な状態を保てます。

ツインバード工業(Twinbird) 毛トラッシュ コードレスハンディサイクロンクリーナー HC-EB29

本体重量900gのコンパクトなハンディクリーナーです。エラストマー樹脂製ブラシ搭載の「毛トラッシュミニノズル」が付属。カーペットやマットの繊維にからみついたペットの毛をかき出しながら吸引でき、ペットを飼っている方におすすめです。

わずらわしいコードのないコードレスにより、身の回りを手軽に掃除したいときに活躍。充電5時間で約10分間の連続使用が可能です。付属の充電スタンドに乗せるだけと簡単に充電できます。

紙パックのないサイクロン式で、ダストケースとフィルターは水洗い可能。付属の伸縮式延長ノズルを活用すればすき間を掃除する際に役立ちます。

ツインバード工業(Twinbird) コードレスハンディクリーナー サットリップ HC-EB04

本体重量約610gの軽量・小型ハンディクリーナーです。わずらわしいコードのないコードレス式で、ゴミが気になったときにサッと取り出して掃除できる手軽さが魅力のおすすめモデル。場所を取らないスタンド収納式を採用しており、狭いスペースにも設置可能です。

パソコン周りや棚の上など、細かい場所の掃除で役立つすき間ノズルが付属。一般的な大きさの掃除機ではゴミを吸い込みにくい場所で役立ちます。すき間ノズルを本体にすっきり収納でき、紛失を防げるのも便利。8時間の充電で10分間の連続使用が可能です。

ツインバード工業(Twinbird) コードレス ウェット&ドライクリーナー HC-EB23W

水も吸えるウェット方式とドライ方式の2通りで使えるハンディクリーナーです。吸水ノズルが付属しており、窓ガラスについた結露をすばやく除去できるのが便利。飲み物をこぼした際もそのまま吸い取れ、小さな子供がいる家庭にもおすすめです。

土や砂も吸い取れるため、ガーデニングの後始末でも活躍。「かんたん・水抜き栓」によって、ダストケースを外さずに水捨てできます。すき間ノズルとすき間ブラシに付け替えれば、通常の掃除機としても使用可能。コードレスタイプで場所を選ばずさまざま場所の掃除で役立ちます。

掃除機のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

掃除機のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。