国内外のメーカーが続々と参入している「掃除機」。面倒な掃除を楽にするには、用途にあった使い勝手のよいモデルを選ぶことが大切です。現在流通しているモデルは数年前よりも性能が上がっているので、掃除機を買い換えたいと考えている方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、掃除機のおすすめモデルをランキング形式でご紹介。吸引力や操作性はもちろん、お手入れが簡単かどうかなどのポイントも解説しているので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

掃除機の種類

スティック型

スティック型は比較的軽く、持ち上げて高い場所を掃除する際にも適しています。スリムな形状なので、家具の多い部屋や狭い部屋でもスムーズに動かしやすく、取り回しのよさが魅力です。スタンドなどを使って縦置きできるモノが多く、より省スペースで収納できます。

ハンディクリーナーとしても使える2WAYタイプのモデルも多く展開しているのもポイント。ハンディクリーナーは、より小回りがきく小型の掃除機で、ゴミを取り残しやすいソファのすき間や壁際などの掃除に最適です。興味のある方は、チェックしてみてください。

キャニスター型

By: amazon.co.jp

キャニスター型は、本体に車輪を搭載し、床に転がしながら移動できるのが特徴。本体を持ち上げて操作する必要がなく、広い部屋の床掃除でも疲れにくいのがメリットです。

大きなモーターを搭載しており、吸引力の高いモデルが多いのも特徴。カーペットやフローリングの木目に落ちたゴミを強力に吸い取れるのが魅力です。集塵容量も比較的大きく、ゴミ捨ての頻度を抑えられます。

ロボット掃除機

自動で床掃除をするロボット掃除機。ゴミを吸い取る「掃除機タイプ」と、水拭きやから拭きができる「拭き掃除タイプ」があります。自分で掃除機をかける必要がなくなり、家事の負担を軽減できるのがメリットです。外出中に運転しておけば、帰宅時にきれいな床でくつろげます。

充電式バッテリーで稼働するのも特徴です。自由に動き回り、部屋中を掃除。障害物を感知するセンサーなどを搭載し、衝突を予防します。上位モデルでは、フロアの間取りを学習し、掃除場所の指定や部屋ごとにスケジュールを設定可能です。

ロボット掃除機についてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

掃除機の選び方

コードの有無をチェック

掃除機には、バッテリーで稼働するコードレスタイプと、コンセントに電源コードを差して使うタイプがあります。

コードレスタイプは、場所を気にせず使える手軽さが魅力です。車内などコンセントがない場所でも使えます。自由に動かせる取り回しのよさも人気の理由です。掃除を終わらせるのに必要な時間を考慮し、バッテリーの連続使用時間が十分足りるモノを選びましょう。

電源コードタイプは、コンセントから安定して電力を供給します。時間を気にせずゆっくり掃除できるだけでなく、本来の吸引力を発揮できるのもメリットです。比較的低価格なモノが多く、バッテリー交換などのメンテナンス費も不要。コストを抑えたい方は、チェックしてみてください。

集塵方法をチェック

サイクロン式

By: jp.sharp

吸い取ったゴミを空気の流れから遠心分離するサイクロン式。細かいゴミなどによる排気フィルターの目詰まりを軽減し、本来の吸引力を長く維持できるのがメリットです。ゴミを分離する性能が高いほど、排気の汚れ対策にもなり、小さな子供のいる家庭にも人気があります。

ゴミを収容するダストカップやフィルターは、定期的にお手入れが必要。取り外しが簡単で、丸洗いできるモノがおすすめです。フィルターのお手入れが不要な「フィルターレス式」を搭載したモデルもあります。興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。

紙パック式

By: jp.sharp

ゴミを手軽に捨てられ、お手入れも簡単な「紙パック式」。紙パックを取り出してそのまま捨てられ、手を汚しにくいうえ、ホコリが舞い散りにくいのが魅力です。容量が大きいモデルが多く、ゴミ捨ての回数が少なくて済みます。

ただし、空気とゴミを一緒に収容するので、フィルターが目詰まりしやすいのが難点。吸引力を復活させるには、紙パックを交換する必要があります。紙パックの交換以外に手入れする必要はなく、メンテナンスは非常に簡単です。

吸引力をチェック

By: amazon.co.jp

掃除機の吸引力は「吸込仕事率」でチェック可能です。日本電機工業会規格で定められた測定方式で計算され、ワット(W)という単位で表します。スティック型よりもキャニスター型、コードレスよりも電源コード付きタイプの方が吸引力が高い傾向です。コードレスタイプに関しては、バッテリーの性能もチェックしてみましょう。高性能なほど電力の供給が安定し、本来の吸引力を発揮できます。

ヘッドの形状や性能をチェック

By: amazon.co.jp

ヘッドはT型が一般的ですが、その大きさや形状はさまざま。用途に応じて、使い勝手のよいモノを選ぶのが重要です。リビングや寝室の掃除なら、薄型タイプがおすすめ。家具やベッドの下のすき間にヘッドを潜らせて掃除できます。

ブラシの性能をチェックするのもポイント。ブラシのなかでも回転ブラシは、ローリングの木目やカーペットの上のゴミなどを掻き出す役割があり、高性能なほどきれいにゴミを取り除けます。

「タービンブラシ」は空気の流れで回転。省電力なのが魅力です。より効率的にゴミを吸い取りたい場合は、モーターで回転する「パワーブラシ」が最適。パワーブラシのなかには、回転ブラシの力でヘッドが前進する「自走機能」を搭載したモノも人気があります。

階段での移動が多いなら軽量モデルを選ぼう

By: jp.sharp

掃除機を上の階へ持ち運びたい場合は、1~3kg程度の軽量モデルがおすすめです。スティック型には、2kg前後のモノが多く、階段だけでなく持ち上げて高い場所もラクに掃除できます。

キャニスター型なら、アタッチメントを除いて3kg以下の軽量モデルが人気です。持ち運びしやすいうえ、強い吸引力できれいに掃除できます。

掃除機のおすすめメーカー

ダイソン(dyson)

吸引力の高いサイクロン掃除機で一躍有名になったダイソン。パワフルなモーターを搭載しているのが特徴で、じゅうたんの奥底に入り込んだゴミもしっかり吸い取ります。

ワンタッチでゴミ捨てができるのもポイント。アタッチメントを付け替えれば、よりコンパクトなハンディクリーナーとしても使えるため、汎用性の高い掃除機を探している方におすすめです。

マキタ(MAKITA)

By: amazon.co.jp

マキタは業務用の電子工具を多数扱うメーカー。新幹線の車内掃除などに採用されている紙パック式のスティッククリーナーが有名です。電動工具を豊富に取り揃えているため、掃除機のバッテリーも高性能なのが特徴。1回の充電で長時間使用でき、吸引力が高いのも人気の理由です。

また、マキタのスティッククリーナーはデザインがシンプルなのもポイント。充電池を取り外して充電できるのも魅力です。

東芝(TOSHIBA)

By: amazon.co.jp

東芝のクリーナーは吸引力、操作性、運転時間、手入れのしやすさなど、トータルバランスのよさが特徴。日本の住宅環境を考え、使い勝手に配慮しています。長年同じ掃除機を使っている方が買い替えを検討する際におすすめのメーカーです。

幅広いラインナップのなかでも強い吸引力が持続するフィルターレスサイクロンクリーナーが人気。自走式のヘッドブラシは幅が広く効率よくゴミを吸い取れます。また、溜まったゴミは高速気流で圧縮する仕様となっており、本体の小型化を図っているのも魅力です。

メーカーのおすすめモデル

アイロボット(iROBOT) ルンバi7+

ルンバシリーズで初めて自動ゴミ収集機「クリーンベース」に対応した「ルンバ i7+」。ルンバが清掃を終えてベースに帰還すると、自動的にゴミをクリーンベース内の紙パックに排出します。

紙パックは密閉型のため捨てるときにゴミが散らばらないことも魅力。週1~2回の掃除であればおよそ1年間交換の必要がなく、基本的にゴミを見ない・触らない生活が叶います。

また、ルンバに「部屋」の概念を持たせたことも特徴。「Imprint スマートマッピング」と呼ばれるこの機能を使うことで、ルンバが部屋の間取りや状況を学習・記録します。専用アプリ「iRobot HOME」を使えば、掃除する部屋や曜日の指定も可能です。

従来モデルと比較して吸引力は10倍にアップ。大きなゴミから微細なハウスダストまで吸引します。ルンバ本体のダストボックスは水洗いもでき、お手入れが簡単なこともポイント。床掃除からゴミ捨てまで任せられるおすすめのモデルです。

スティック型掃除機のおすすめランキング

第1位 ダイソン(dyson) V11 Absolute SV14ABL

ダイソン(dyson) V11 Absolute SV14ABL

パワフルな「ダイソンデジタルモーターV11」を搭載したスティック型掃除機です。従来モデルと比較して吸引力が25%向上しているほか、運転音を11%低減。サイクロン式の音の大きさが気になる方にも使いやすいおすすめモデルです。コードレスタイプで専用充電ドックを備えており、ツールを収納したまま充電できます。

安定したパワー供給により、パワフルな吸引力を最長60分間キープしたまま掃除が可能。ゴミやホコリに触れることなく簡単にゴミ捨てできるのも便利です。微細な粒子もキャッチするフィルターを搭載しており、排気された空気の清潔さを保つ効果が期待できます。

第2位 ダイソン(dyson) V10 サイクロンスティッククリーナー Fluffy SV12FF

ダイソン(dyson)V10 サイクロンスティッククリーナー Fluffy SV12FF

リチウムイオン電池を搭載したコードレスタイプのスティック型掃除機。ソフトローラークリーナー使用時約40分、ダイレクトドライブクリーナーヘッドの使用時は約30分の掃除が可能です。よりパワフルな吸引力で掃除したいときは、強モードで約5分間使用できます。

ハンディクリーナーに切り替えて使えるのも注目ポイント。掃除しにくいソファ周りや車の清掃にも活用できるモデルを探している方におすすめです。すき間ノズルが付属しており、狭い場所や手が届かない場所も掃除可能。用途によって先端ブラシを引き出して使えるコンビネーションノズルも付属しています。

第3位 ダイソン(dyson) コードレス Dyson V7 Slim SV11 SLM

ダイソン(dyson) コードレス Dyson V7 Slim SV11 SLM

コンパクトなモーターヘッドを搭載した、コードレスタイプのスティック型掃除機です。カーボンファイバーブラシとナイロン素材ブラシを組み合わせた構造により、フローリングやカーペットはもちろん繊細なラグの細かいホコリもしっかりと取り除きます。

日本の居住スタイルに合わせて設計されており、小型軽量化を実現しているのもポイント。ハンディクリーナーとしても使えるため、力の弱い方でも手軽に扱えるおすすめモデルです。モーターで駆動しない付属ツールの使用時で、最長30分間掃除できます。

第4位 東芝(TOSHIBA) サイクロン式スティッククリーナー TORNEO V cordless VC-CL1600

東芝(TOSHIBA) サイクロン式スティッククリーナー TORNEO V cordless VC-CL1600

サイクロン部のフィルターがない、フィルターレスサイクロン構造「バーティカルトルネードシステム」を採用したスティック型掃除機です。6気筒の気流でチリや花粉などの微細な粒子を分離。排気フィルターで目詰まりを抑えながらパワフルな吸引力をキープします。

スティック使用時の重さ約1.8kgと、軽量で持ち運びやすいのも魅力のひとつ。サイクロン部と電池のバランスを考慮して設計しているほか、握りやすいグリップの採用で簡単に操作できます。ヘッドの操作も手元で自由におこなえるなど、操作性に優れたモデルを求めている方におすすめです。

自走式ヘッド「ラクトルパワーヘッド」は滑らかな使い心地が特徴。ワイドな吸込口により、細かいゴミをしっかりと除去します。ダストカップ式にはゴミが付着しにくい帯電防止加工を施しており、ゴミ捨て時にホコリが舞い上がりにくいのもおすすめポイントです。

第5位 マキタ(MAKITA) カプセル式&サイクロンコードレス掃除機 CL281FD

マキタ(MAKITA) カプセル式&サイクロンコードレス掃除機 CL282FD

高効率な速度制御モーター「ブラシレスモーター」を搭載した、サイクロン式のコードレススティック型掃除機。パワフルモード時吸込仕事率60Wの強い吸引力を実現しているほか、軸受部にポールベアリングを採用するなど耐久性にも優れたモデルです。

排気口に設けた吸音スポンジの効果により、騒音も低減。マンションやアパートなど、周囲への音が気になる場合におすすめです。ゴミ捨てはカプセル式でひねって外すだけと簡単。カプセル内部にリブを設けた構造で、本体内部へのゴミ侵入を予防しています。付属のロック付きサイクロンアタッチメントを活用すれば、手軽にゴミ捨てしたいときに便利です。

第6位 三菱電機(MITSUBISHI) コードレススティッククリーナー iNSTICK ZUBAQ HC-JD1J

三菱電機(MITSUBISHI) コードレススティッククリーナー iNSTICK ZUBAQ HC-JD1J

コンパクトなフォルムで重さ約1.9kgのコードレススティック型掃除機。持ちやすさと使いやすさにこだわって開発されており、ロングノズルとロングホースを活用すれば、狭い場所や高いところも楽に掃除できるおすすめモデルです。

お手入れしやすい自走式パワーブラシを採用しているのも注目ポイント。回転ブラシ部分は引き抜くだけで簡単に取り外せるため、毛が絡んでしまったときに便利です。高効率な小型モーターの搭載により、小型ながらパワフルな吸引力を発揮。銀ナノHEPAフィルターとプレフィルターは微細なゴミをキャッチするほか、洗えるためお手入れも簡単です。

第7位 シャープ(SHARP) コードレススティッククリーナー EC-SR3SX

シャープ(SHARP) コードレススティッククリーナー EC-SR3SX

高電圧25.2Vバッテリーと大風量高圧3Dファンモーターを搭載したコードレススティック型掃除機です。給排気経路の最適化と相まって、従来モデルより約55%吸引力が向上したパワフルな吸引能力を発揮します。

本体パイブ部にアルミ素材を採用して軽量化を図っているのも特徴。重さ1.9kgの軽量ボディを実現しており、取り回しやすいモデルを求めている方におすすめです。バッテリーを2個装着でき、最長約120分使用できるのも魅力。充電切れが心配なときは、掃除中でも充電できるため便利です。

自走アシスト機能の強化で筋力負担が約30%軽減しており、力の弱い方でも楽に掃除可能。ゴミが溜まりやすい壁際をバンパーが検知して自動的にパワーを上げて吸い込む「スミワザ」機能により、無駄な電力消費を抑えられるのもおすすめポイントです。

第8位 パナソニック(Panasonic) スティッククリーナー MC-SB30J

パナソニック(Panasonic) スティッククリーナー MC-SB30J

小型モーターの採用で、重さ約1.6kgの軽量化を実現したスティック型掃除機。軽さと吸引力のバランスに配慮したフォルムにより、軽快な使い心地を実現しています。グリップの突起が持ち手にフィットする「マルチグリップ」を採用。用途に応じて握る位置を変えながら使用できる取り回しのよさも魅力です。

延長部分を外せばハンディクリーナーとして使えるのも便利。狭い場所や高いところも掃除しやすいなど、さまざまなシーンで使えるおすすめモデルです。充電時に壁に立て掛けやすい「壁ピタゴム」が付いており、掃除の途中に壁に立て掛けても倒れにくくなっています。

第9位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) キャニスティッククリーナー IC-CSP5

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) キャニスティッククリーナー IC-CSP5

紙パック式を採用しているスティック型掃除機です。大容量紙パックでゴミ捨ての回数を減らせるほか、取り出して捨てるだけと簡単。ゴミ捨ての際に、ホコリやチリが舞い上がるのが気になる方におすすめのモデルです。コード式タイプで長時間使用しても吸引力が落ちないのも魅力。コードリールで巻き取り収納できるため片付けも簡単です。

ブラシの回転力で進む自走式パワーヘッドは、優れたダストピックアップ率を発揮。カーペットのすき間に入り込んだ細かいゴミもかき出します。ほこり感知センサーで目に見えないゴミを感知し、点灯リングの色でゴミの量を確認できるのも便利です。

第10位 日立(HITACHI) スティッククリーナー ラクかるスティック PV-BFL1

日立(HITACHI) スティッククリーナー ラクかるスティック PV-BFL1

小型軽量の「ハイパワーファンモーターTR」の搭載により、延長パイプとヘッドの合計重量1.4kgの軽さを実現したスティック型掃除機です。手元の軽い使い心地で、段差を掃除する際も楽々で持ち運びも簡単。ハンディクリーナー時もノズルを含めて1kg未満と、軽さを重視したい方におすすめの超軽量モデルです。

軽快に掃除できるコードレスタイプで、専用のスティックスタンドが付属。そのまま立てて収納できるので後片付けも簡単です。ゴミ捨ては、ダストケースを外さずにボタンを押せば捨てられるワンプッシュ式を採用。分解して丸洗いもできるので、衛生面に配慮したい方にもおすすめです。

キャニスター型掃除機のおすすめランキング

第1位 ダイソン(dyson) V4 Digital Absolute CY29 ABL

ダイソン(dyson) V4 Digital Absolute CY29 ABL

高速でパワフルなモーター「ダイソンデジタルモーターV4」を搭載したキャニスター型掃除機です。複数のサイクロンが同時に機能する「2 Tier Radialサイクロンテクノロジー」を採用。強力な遠心力による強い風量により、繊細なゴミもしっかりと分離します。

360°回転するハンドル部は、手元にかかる負担を軽減。床面から高いところまで場所を選ばず快適に掃除できます。ゴミはレバーを押すだけで一切触れず捨てられるため、衛生面が気になる方にもおすすめ。フィルターは月1回洗浄するだけと、余分なコストがかからないのも魅力です。

第2位 東芝(TOSHIBA) サイクロン式クリーナー TORNEO V VC-SG910X

東芝(TOSHIBA) サイクロン式クリーナー TORNEO V VC-SG910X

強い吸引力が持続する「フィルターレスサイクロン」を採用した、サイクロン式キャニスター型掃除機。10気筒の気流で微細な粒子を分離できる「バーティカルトルネードシステム」により、吸込仕事率は最大180Wの強力な吸引力を発揮するおすすめモデルです。

ヘッドを浮かせると、約6秒後に一時停止する「節電ストップ機能」に注目。浮かせたままだと約60秒後には完全停止し、無駄な電力消費を減らしたい方に最適です。ゴミの有無を自動検知する「ゴミ残しまセンサー」を搭載しており、カーペットの下など目に見えない場所の掃除で重宝します。

さらに、暗い場所をLEDで明るく照らす「ワイドピカッとブラシ」で、家具の下やすき間も掃除しやすく便利です。ダストカップにほこりが付きにくい帯電防止加工を施しているほか、ネット部へのゴミの付着も低減。ゴミを約7分の1にまで圧縮して捨てやすくします。

第3位 パナソニック(Panasonic) サイクロン掃除機 MC-SR570G

パナソニック(Panasonic) サイクロン掃除機 MC-SR570G

目に見えない微細なハウスダストを検知できる、クリーンセンサーを搭載したサイクロン式キャニスター型掃除機。ハウスダストの検知をランプの点灯で確認できるため、ゴミの取り残しを防げます。LEDナビライトを搭載しており、家具の下など暗くて見えにくい場所も掃除しやすいおすすめモデルです。

基盤やモーター、ダストボックスの素材の見直しで小型軽量化を実現。本体重量2.6kgと手軽に持ち運びでき、軽快な操作性も魅力です。8気筒遠心分離ユニットにより、細かなチリもしっかりと分離。ダストボックス内のプリーツフィルターを省いた構造でお手入れも簡単です。

体積を圧縮したゴミは、ボタンを押すだけのワンタッチ操作で捨てられるのも便利。ダウスボックスは丸ごと水洗いできるので、常に清潔な状態で使用できます。

第4位 シャープ(SHARP) サイクロン式クリーナー RACTIVE Air EC-AS710

シャープ(SHARP) サイクロン式クリーナー RACTIVE Air EC-AS710

本体重量1.8kgの軽量なサイクロン式キャニスター型掃除機です。パイプ部には飛行機やロケットに採用される、軽量で耐久性に優れたドライカーボンを使用。手元質量1.1kgと、本体を持ちながら高い場所や階段なども軽快に掃除できるモデルです。

充電バッテリー内蔵のコードレスタイプで、曲がり角を気にせずに取り回しできるのがポイント。立ったままヘッドを着脱してすき間を掃除できる「スグトルブラシ」を搭載しているなど、掃除しやすい操作性を重視したい方におすすめです。

第5位 パナソニック(Panasonic) 紙パック式掃除機 Jコンセプト MC-JP820G

パナソニック(Panasonic) 紙パック式掃除機 Jコンセプト MC-JP820G

本体重量わずか2kgのキャニスター型掃除機です。パワーノズルには、樹脂の中に空洞を設けて樹脂使用量を抑えた「中空ガラス配合軽量プラスチック」を採用。ハンドル部の改良と相まって、階段周りやカーテンレールなど高い場所も楽に掃除できる操作性を実現しています。

内径を4mm細くしたスリムホースの採用で、バタつきを抑えて小回りが効きやすいのもポイント。滑らかなフラット構造により、細いホースでもスムーズにゴミを吸引します。紙パック式を採用しており、取り出してそのまま捨てるだけと簡単。チリやホコリが舞い上がるのが気になる方におすすめのモデルです。

ロボット掃除機のおすすめランキング

第1位 アイロボット(iROBOT) ルンバ e5 e515060

アイロボット(iROBOT) ルンバ e5 e515060

ゴム製のデュアルアクションブラシを搭載したロボット掃除機です。髪の毛やペットの毛も絡みにくい構造なのがおすすめ。センサーでゴミや汚れを感知して集中的に清掃するほか、デュアルバーチャルウォールで清掃エリアを自在に設定することも可能です。

「iRobot HOMEアプリ」を活用すれば、曜日や時間など清掃スケジュールを細かく設定できるのも便利。外出先から掃除の指示もおこなえるため、一人暮らしなど手軽に掃除を済ませたい方にも最適なモデルです。

第2位 Anker ロボット掃除機 Eufy RoboVac 11S

Anker ロボット掃除機 Eufy RoboVac 11S

部屋に合わせて掃除モードを選択できるロボット掃除機。掃除のタイミングも設定できるなど、手間をかけずに掃除したい方におすすめのモデルです。約7.2cmの薄型フォルムにより、家具の下など手が届きにくい場所も掃除可能。100分間の連続稼働時間で掃除の途中に充電が切れる心配もありません。

パワーが低下したら自動で充電ステーションに帰還するため、常にフルパワーでしっかりと掃除できるのもポイント。パワフルな吸引力ながら静音性にも優れており、赤ちゃんが寝ているときなど運転音が気になる場合も安心です。

第3位 パナソニック(Panasonic) ロボット掃除機 RULO MC-RS520

パナソニック(Panasonic) ロボット掃除機 RULO MC-RS520

3種類の障害物検知センサーを搭載したロボット掃除機です。レーザーセンサー・超音波センサー・赤外線センサーにより、約2cm幅の障害物まで検知。ギリギリまで接近して取り残しなく掃除します。さらに、クリーンセンサーで約20μmの微細なハウスダストも検知できるなど、高性能なハイグレードモデルの購入を検討している方におすすめです。

スマホアプリ「RULOナビ」で外出先から操作できるのも便利。掃除モードの選択もできるため、留守中に掃除を済ませたい場合に重宝します。静電気を抑えてフローリングのゴミやホコリをキャッチする「マイナスイオンプレート」を搭載。フローリングがメインの住宅での使用にも適したモデルです。

第4位 アイライフ(Ilife) ロボット掃除機 V8e

アイライフ(Ilife) ロボット掃除機 V8e

抜け毛が絡みにくい「ブラシレスフローティング吸引口」を採用したロボット掃除機です。吸引口が床の形に応じて上下に動き、効率よく掃除します。M字クリーニングルートシステムにより、同じ場所を繰り返して掃除する無駄がないのもポイント。付属のエレクトロウォールを活用すれば、掃除の必要ないエリアに進入させない設定も可能です。

衝突・落下防止センサーや水拭き機能を備えているなど、高機能ながらリーズナブルな価格設定も魅力。コスパのよいモデルを求めている方におすすめです。