独自のサイクロン技術でパワフルな吸引力を実現するダイソンの掃除機。コードレスの掃除機から自動稼働するロボット掃除機まで、快適に掃除するための便利なモデルが豊富です。しかし、どの製品を選べばよいのか迷ってしまうこともあるのではないでしょうか。

そこで今回は、ダイソンのおすすめ掃除機をご紹介します。選び方のポイントやおすすめの機能もあわせて解説するので、自分に合ったアイテムを選んでみてください。

※商品PRを含む記事です。当メディアはAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部が弊社に還元されます。

ダイソン(dyson)の掃除機の魅力とは?何がすごい?

By: dyson.co.jp

ダイソンの掃除機は、吸い込むゴミやホコリが多くなっても吸引力をキープできることが魅力です。高い吸引力を実現するため、吸い込んだゴミと空気を遠心力で分離するサイクロン式を採用。フィルターの詰まりによる吸引力の低下を抑え、長時間でも快適に掃除できます。

また、ダイソンの掃除機は、スティッククリーナーやハンディクリーナー、キャニスター型などのさまざまなモデルをラインナップ。小型で軽量なモデルや長時間運転が可能なモデルなど、用途に合わせた製品を選択できます。

さらに、スタイリッシュでおしゃれなデザインも魅力です。ひと目でダイソン製品だとわかる独自のデザインが人気を集めています。

ダイソンの掃除機の選び方

用途に合わせた種類を選ぶ

掃除がしやすいコードレスの「スティッククリーナー」

By: rakuten.co.jp

持ち運びやすくコンパクトな掃除機を求める方には、スティッククリーナーがおすすめです。軽量サイズで使い勝手がよいことから、普段使いの掃除機としてぴったり。さらに、コードレスなので、ケーブルを気にすることなく部屋中を掃除できます。

また、ダイソン独自のサイクロン技術により、軽量ながらゴミやホコリを逃さない吸引力があるのも魅力。ワンタッチでスムーズに開閉するゴミ捨て機能を搭載しており、吸引したゴミやホコリにふれることなく衛生的に取り扱えます。

使い勝手のよさとダイソン独自の吸引力を兼ね備えていることが、スティッククリーナーの特徴です。

部屋が広い場合や吸引力を重視するなら「キャニスター型」

By: dyson.co.jp

広い室内を掃除したい方は、キャニスター型の掃除機を選びましょう。コンセントから給電できるキャニスター型なら、充電なしで長時間の掃除が可能です。また、ダイソンが採用しているボール型の本体形状には、スムーズな方向転換で家具をよけやすい特徴があります。

さらに、ダイソンのキャニスター型は、高い吸引力を重視したい方にもおすすめ。回転しながらゴミをキャッチするブラシがクリーナーヘッドに搭載されており、カーペットの奥深くに入り込んだゴミも取り除きやすい設計です。

天井や布団などの掃除場所に応じた多彩なアタッチメントが付属しているため、1台で家中を快適に掃除できる利便性も魅力的です。ただし、ダイソンではキャニスター型の生産を終了しており、製品ラインナップが少ない点には留意しておきましょう。

ちょっとした掃除や車用には「ハンディクリーナー」

By: dyson.co.jp

ちょっとしたゴミや車内の掃除で手軽に使える掃除機を選びたい方は、ハンディクリーナーがおすすめです。ハンディクリーナーは、軽量で持ち運びやすく、狭い場所やすき間などの掃除に適しています。特に、食べこぼしやペットの毛など、ちょっとした範囲の小さなゴミをすばやく取り除くのに便利です。

また、前後左右の全方向に駆動するクリーナーヘッドも特徴。家具のすき間や壁際など狭い場所にも対応します。さらに、ダイソンのハンディクリーナーは、コンパクトなボディにもかかわらず、強力な吸引力を搭載していることも魅力です。

豊富な付属ツールを切り替えることで、車内や布団などさまざまな用途での清掃にも役立ちます。

自動で部屋を掃除してくれる「ロボット掃除機」

By: dyson.co.jp

手間のかかる部屋掃除を自動化したい方は、ロボット掃除機をチェックしましょう。ロボット掃除機は室内のレイアウトを学習し、自動運転で清掃を実施。本体に搭載された複数のセンサーが障害物やカーペットなどの室内環境を把握し、レイアウトに合わせた効率的な稼働を実現しています。

また、ダイソンのロボット掃除機には、スマートフォンでのリモート操作やスケジュールの設定といった便利な機能も豊富です。スケジュールの設定を活用すれば、外出中の時間帯に掃除を指示できます。忙しくて時間を確保できない方や掃除が苦手な方におすすめの製品です。

吸引力をチェック

By: rakuten.co.jp

ダイソンの掃除機を最大限に活用するなら、吸引力をチェックしましょう。特に、モーターの回転数と新型であるかどうかに注目です。

モーターの性能を判断するポイントは、1分あたりの最大回転数。モーターの回転数が多いほど、強力な吸引力を搭載していると判断できます。吸引力の強いモデルを選びたい場合は、毎分125000回転を実現するV15・V12シリーズがおすすめです。

また、最大回転数が同じモデルを比較する場合は、モーターが新型であるかどうかも吸引力の判断基準となります。ダイソンの掃除機にはV15やV12のようなシリーズ名があり、数字が大きいほどスペックの高いモーターを搭載するモデルです。

モーターヘッドの種類に注目

By: rakuten.co.jp

コードレス掃除機を選ぶ場合は、モーターヘッドの種類に注目しましょう。ダイソンのコードレス掃除機には素材の異なるモーターヘッドがあります。掃除する場所や素材に合わせて使い分けることがポイントです。

たとえば、やわらかなナイロンフェルトを採用したフラフィクリーナーヘッドは、フローリングでの利用に適しています。軽量なブラシバーと薄型ヘッドにより、フローリングや床の隙間から小さなゴミやホコリを取り除くのに効果的です。

ラグやカーペットを掃除する場合は、硬いナイロン製のハードブラシを採用するモーターヘッドが適しています。毛先の長いカーペットの奥に入り込んだゴミをかき出す力強さが特徴です。

軽量なモデルが疲れにくく扱いやすい

By: dyson.co.jp

掃除の頻度が高い方には、持ち運びやすい軽量なモデルがおすすめです。特にダイソンのコードレス掃除機では、重量2.0kg以下のコンパクトな軽量モデルも人気を集めています。長時間の操作が必要となる広い室内や、腕に負担のかかる壁や天井の掃除にも便利です。

腕に負担のかかりにくい軽量モデルなら、持ち上げて家中を歩き回ったり階段を移動したりするときの負担も軽減。また、軽量モデルもダイソン独自のサイクロン技術による、高い吸引力を搭載しています。手軽に掃除したいときには、持ち運びの利便性と高い吸引力を兼ね備えた軽量モデルを検討してみましょう。

連続駆動時間をチェック

1度の充電で広範囲を掃除したい場合は、連続駆動時間をチェックしましょう。連続駆動時間が長いモデルを選べば、掃除中にバッテリーが切れて充電し直す手間を減らせます。特にダイソンの掃除機では、連続駆動時間が20~60分のモデルが主流です。

ただし、連続駆動時間が長いモデルほど、本体サイズや重量が増す傾向にあります。持ち運びやすさや疲れにくさを重視する場合は、着脱式の予備バッテリーを搭載できるモデルも検討してみてください。予備バッテリーを着脱できるモデルであれば、急なバッテリー切れでもスムーズに再稼働できます。

各種機能をチェック

電源の入れ方

By: dyson.co.jp

ダイソンの掃除機選びでは、モデルごとに異なる電源の入れ方もチェックしましょう。おもに、ダイソンの掃除機には、トリガー式とボタン式の2種類が採用されています。

トリガー式モデルの特徴は、掃除機の持ち手に力を加えている間だけ電源が入ることです。掃除機が常時稼働するのではなく、必要なタイミングのみ効率的にエネルギーを使えます。バッテリー消費のムダを減らしながら、広範囲を掃除したい方におすすめです。

一方で、ボタン式のモデルには、電源スイッチを入れることで継続稼働するメリットがあります。特に、障害物の周りを掃除するときには、持ち替えるたびに電源を入れ直す手間が省けて便利。トリガー式のように持ち手に力を加え続ける必要がないため、長時間でも快適に掃除できるのが魅力です。

静音性

深夜や早朝など掃除中の騒音が気になる場合は、静音性に優れたモデルを検討してみましょう。ダイソンの掃除機は音響工学に基づいた静音設計により、運転音や振動を抑制する効果が期待できます。特に、仕事や学業の都合で夜間しか掃除する時間を確保できない方におすすめです。

また、静音性に優れた掃除機は、周辺環境へも配慮できます。たとえば、掃除中の騒音を抑えることは、同居する家族やペットへの負担軽減に効果的です。集合住宅に住んでいる場合は、近隣住民に迷惑をかけてしまうのではないかといった不安も軽減できます。

液晶ディスプレイの有無

By: dyson.co.jp

ダイソンのコードレス掃除機を選択する場合は、液晶ディスプレイの有無もチェックしましょう。液晶ディスプレイを搭載するモデルでは、稼働中の吸引モードや残りの運転時間などをリアルタイムにチェック可能。さらに、吸引したゴミの量を表示できるモデルであれば、掃除の効果をより一層実感できます。

また、液晶ディスプレイでは、メンテナンス情報もチェック可能。たとえば、フィルター洗浄やゴミの目詰まりなど、使用者が判断しにくいメンテナンスのタイミングを通知します。ゴミの詰まった箇所や対処方法をイラストで表示してくれるので、ひと目で対応しやすい利便性も魅力です。

付属アタッチメントの種類

By: dyson.co.jp

掃除機をさまざまな用途で使用したい場合は、付属アタッチメントの種類にも注目しましょう。たとえば、手の届きにくい家具のすき間を掃除したい方には、隙間ノズルのアタッチメントが便利です。また、手元が暗くて見えにくい場所には、LED付きの隙間ノズルが効果を発揮します。

そのほか、ブラシツールを活用すれば、布団や車内などのさまざまな用途でゴミやホコリを効果的に取り除けます。アタッチメントが豊富なモデルは、さまざまな場所を掃除したい方におすすめです。

お手入れや収納のしやすさをチェック

By: dyson.co.jp

掃除機を長く愛用したい方は、お手入れや収納のしやすさもチェックしましょう。ダイソンのコードレス掃除機には、フィルターやブラシバーなどの部品を簡単に取り外せるモデルが豊富です。部品を取り外して手軽に水洗いできることは、クリーナーの性能を保つために重視したい要素となります。

また、大型なキャニスター型のように収納スペースの確保が必要となる場合は、収納用の付属品を活用するのが便利です。たとえば、V4シリーズに付属する収納用フロアドックを活用すれば、掃除機本体やクリーナーヘッドなどの部品をひとまとめにして、コンパクトに収納できます。

収納スペースに余裕がない場合は、自立式の充電ドックが付属するコードレス掃除機もおすすめです。

ダイソンの掃除機のおすすめ|人気

ダイソン(dyson) Dyson Cyclone V10 Fluffy SV12 FF LF

ダイソン(dyson) Dyson Cyclone V10 Fluffy SV12 FF LF

パワフルな吸引力と使いやすさを両立した掃除機です。「ダイソン デジタルモーターV10」を搭載しており、毎分125000回転を実現します。円心円状に配置した14個のサイクロンにより、強力な遠心力を生み出すのが特徴です。ゴミやホコリを空気から分離して、クリアビンへ送り込みます。

ミニモーターヘッド・コンビネーションノズル・隙間ノズルなど、多彩なアタッチメントが付属。ヘッドやソファを掃除するときはミニモーターヘッド、細かい場所を掃除するときは隙間ノズルなど、用途に応じてアタッチメントを切り替えられます。

音響工学に基づいた独自の静音設計を採用。振動を吸収する構造なので、運転音が気になりにくい仕様です。早朝や深夜など、時間帯を問わず掃除機を使用できます。アパートやマンションなどの集合住宅で使いたい方にもおすすめです。

ダイソン(dyson) Dyson V12s Detect Slim Submarine SV46 SU

ダイソン(dyson) Dyson V12s Detect Slim Submarine SV46 SU

毎分最大125000回転する「Dyson Hyperdymiumモーター」を搭載した掃除機です。コンパクトサイズかつパワフルな吸引力を実現します。微細なホコリから大きなゴミまで吸い込めるのが特徴です。

吸引口には「ピエゾセンサー」を配置しています。ゴミの量やサイズを検知し、吸引力を自動調節するのが魅力です。「毛絡み防止スクリューツール」に切り替えることで、ソファや床にある髪の毛をキャッチできます。

「Submarineウェットローラーヘッド」を活用すると、水拭きが可能です。始めから終わりまで、常に清潔な水で床をお手入れできます。ペットフードの食べこぼしや玄関の泥汚れなど、さまざまな汚れを落とせるのがポイントです。また、市販の床用洗剤や重曹水を混ぜることで、より強力な洗浄力を発揮します。

ダイソン(dyson) Dyson V15 Detect SV22 ABL2 B

ダイソン(dyson) Dyson V15 Detect SV22 ABL2 B

1台3役のはたらきをする高性能な掃除機です。スティッククリーナー・布団クリーナー・ハンディクリーナーの機能を搭載。ツールを切り替えることで、さまざまな場所を掃除機できます。ハンディクリーナーモードは、天井などの高い場所や電源を確保しにくい車内を掃除するときに便利です。

軽量かつ薄型の「Laser Slim Fluffyクリーナーヘッド」が付属。取り回しやすく、狭い隙間や家具の下までヘッドが届きます。

1回の充電で最大約60分の連続使用が可能。バッテリー性能に優れているため、一度に広範囲をお手入れできます。収納方法は壁掛けと床置きの2通りです。自立式の専用充電ドックは、本体やツールを収納しながら充電できます。

ダイソンの掃除機のおすすめ|安い・コスパ重視

ダイソン(dyson) Dyson Digital Slim Fluffy SV18 FF H

ダイソン(dyson) Dyson Digital Slim Fluffy SV18 FF H

多彩なアタッチメントが付属した掃除機です。コンビネーションノズル・隙間ノズル・フロントツール・ミニソフトブラシなどが付属。フロントツールは、空気の力でホコリやハウスダストを取り除きます。布団やクッションなどの繊細な生地をお手入れするときにも便利です。

本体には液晶ディスプレイを搭載。現在の吸引モードやバッテリー残量などを秒単位で表示します。また、フィルターのメンテナンス時期や異物の詰まりなどのトラブルを知らせるのもポイントです。

スリムな設計のクリアビンは、スムーズに開閉する構造を採用しています。ワンタッチでゴミを捨てられるので、手が汚れずに済みます。クリアビンやフィルター、ブラシバーは取り外し可能。水洗いにも対応しているので、常に清潔な状態を保てます。

ダイソン(dyson) Dyson Omni-glide Complete SV19 OF2

ダイソン(dyson) Dyson Omni-glide Complete SV19 OF2

床の上を浮いているように操作できるダイソンのコードレス掃除機です。軽い力でもさまざまな方向へ動かせる軽快で自由自在な操作性を実現。逆回転する2本のフラフィローラーを搭載し、180°フラットに寝かせた状態でも使用できます。コスパも良好なので毎日のフロア掃除におすすめです。

簡単に交換できる着脱式バッテリーを搭載しているのもポイント。バッテリー1本あたりの駆動時間は最大25分で、予備を用意しておけばより長時間の掃除にも対応可能です。電源スイッチはトリガーを引き続ける必要のないボタン式を採用しています。

手頃な価格ながら、3種類のアタッチメントが付属するのも魅力。スティッククリーナー・布団クリーナー・ハンディクリーナーの3Wayで使えます。掃除後は吸い取ったゴミを触れずに廃棄が可能。主要パーツは取り外せるため、お手入れも簡単に行えます。

ダイソン(dyson) Dyson Micro Origin SV33 FF OR

ダイソン(dyson) Dyson Micro Origin SV33 FF OR

片手で気軽に操作しやすいコンパクトサイズの掃除機です。バランスのとれた設計なので、手首に負担がかかりにくいのが特徴。高い場所から低い場所までお手入れできます。

高い場所や狭いスペースを掃除するときに便利な「コンビネーション隙間ノズル」が付属。さまざまな場所を掃除できます。バッテリー性能に優れており、1回の充電で最大約25分の連続運転が可能です。自宅だけでなく、車内を掃除するときにも活用できます。

クリアビンやフィルター、ブラシバーは取り外し可能です。汚れが溜まったときも気軽にお手入れできます。

ダイソンの掃除機のおすすめ|ハンディ・ロボット掃除機

ダイソン(dyson) Dyson Micro Focus Clean HH17

ダイソン(dyson) Dyson Micro Focus Clean HH17

ダイソン史上最軽量を謳うハンディ型掃除機です。約1.37kgと軽量ながら、毎分最大105000回の回転で微細なホコリも吸い取る「ハイパーミディアムモーター」を内蔵。ちょっとした清掃にも手軽に使える掃除機を探している方におすすめです。

円錐型のブラシバーを持つ「毛絡み防止スクリューツール」を標準装備しているのもポイント。髪の毛やペットの毛が絡むのを防ぎつつ、素早く巻き取りが可能です。また、卓上や車内などさまざまな場所の掃除に使える2種類の交換アタッチメントも付属します。

内蔵バッテリーの駆動時間は最大25分。電源スイッチはボタン式を採用しており、1度押すだけで継続して掃除を続けられます。ダイソンでお馴染みの「MAXモード」にも対応。頑固な汚れもより強い吸引力で清掃可能です。

ダイソン(dyson) Dyson V8 Focus Clean HH15

ダイソン(dyson) Dyson V8 Focus Clean HH15

毎分最大107000回転するパワフルな掃除機です。独自のサイクロンテクノロジーを採用しており、微細なゴミやホコリを空気から分離してパワフルな吸引力をキープします。

アタッチメントは、毛絡み防止スクリューツール・コンビネーションノズル・スクラッチフリーソフトブラシ・延長ホース・アジャスタブル隙間ノズルが付属。豊富なツールを備えており、用途に合わせて使い分けられます。自宅だけでなく、車内や倉庫などを掃除するときにも便利です。

連続運転時間は、1回の充電で最大約40分。一度に複数の部屋を掃除できます。クリアビンやフィルターは簡単に取り外してお手入れ可能です。

ダイソン(dyson) Dyson 360 Vis Nav RB03 BN

ダイソン(dyson) Dyson 360 Vis Nav RB03 BN

周囲の状況を検知して自動で経路を設定する「360°ビジョンシステム」を搭載したロボット掃除機です。26個の高性能なセンサーが障害物を検知して効率よく走行します。高さ約9.7cmの薄型モデルなので、家具の下の掃除も可能です。

運転モードは、オートモード・静音モード・クイックモード・強モードの4種類。オートモードは、ゴミの量を計測して吸引力を自動調節します。早朝や深夜など、運転音を控えたいときは静音モードが便利です。

「MyDysonアプリ」をインストールすると、スマートフォンとロボット掃除機の連携が可能。外出先から掃除の設定をしたり、室内をエリアで区切って運転モードを振り分けたり、さまざまな操作をおこなえます。また、AlexaやGoogleアシスタントなどの音声操作に対応しているのもポイントです。

ダイソンの掃除機の売れ筋ランキングをチェック

ダイソンの掃除機のランキングをチェックしたい方はこちら。