高いデザイン性と機能性を備えた「ダイソン」の掃除機。高い吸引力が魅力で、排気がきれいな掃除機としても有名です。ただし、スティック型やキャニスター型など種類が豊富なため、どれを購入すればいいか悩んでしまう方も多いはず。

そこで今回は、ダイソン掃除機のおすすめモデルをご紹介。特徴や選び方も解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

ダイソン(dyson)とは?

By: dyson.co.jp

ダイソンは、1993年にプロダクトデザイナーのジェームズ・ダイソンによって設立されたイギリスの大手電機メーカー。吸引力がおとろえにくい「サイクロン式」を採用した掃除機を、世界で初めて開発したメーカーとして有名です。

国内メーカーの掃除機と比較して価格はやや高めですが、デザイン性と機能性が高く国内の掃除機シェアでも上位を占めています。現在では掃除機のほかに空気清浄機や羽根のない扇風機などをラインナップしているのも特徴です。

ダイソンの掃除機の特徴

ダイソンの掃除機は、“吸引力の変わらない、ただひとつの掃除機”というキャッチコピーにもあるように、高い吸引力が特徴です。従来の掃除機のように紙パックを使わない「サイクロン式」のため、安定したパワーを供給し吸引力を持続させます。

また、強力な「ダイソン デジタルモーター」も魅力のひとつ。高速回転で空気とゴミを分離しつつ0.3ミクロンの微細な粒子を捕らえ、部屋の空気よりもきれいな空気を排出すると謳われています。

さまざまな場所に対応するアタッチメントが豊富なのもうれしいポイント。ヘッドを付け替えるだけで家中どこでも掃除できるので、コスパも良好です。

ダイソンの掃除機の種類

スティック型

By: amazon.co.jp

ダイソンのスティック型掃除機は、コードレスで取り回しやすいのが特徴です。本体にリチウムイオンバッテリーを内蔵しており、充電式なのでコンセントの位置を気にせず使えます。

ヘッド部分が長く、高い場所も掃除しやすいのがポイント。さらに、種類として「V8」「V10」「V11」などのラインナップがあり、数字が大きくなるほど吸引力が高くなります。ただ、高性能になるほど価格も高くなるので、予算に合わせて選びましょう。

本体は自立ができないため、壁に穴を空けて設置できる「収納用ブランケット」がついています。デザイン性も高いのでインテリアに馴染むのも特徴です。

キャニスター型

By: dyson.co.jp

ダイソンのキャニスター型掃除機は、大きなモーターを搭載しており、より高い吸引力が特徴です。コードがついたタイプなので充電が不要で、一度に広範囲を掃除したい方におすすめです。

「V4」は「収納用フロアドック」が付属しており、自立させた状態で収納可能。そのほかのモデルは、収納スペースなどにそのまま立てて収納できます。「Dyson V4 Digital」には「セルフライティング機能」も搭載。本体のバランスが崩れても自動で起き上がるため、取り回しやすいのが特徴です。

ハンディクリーナー

ダイソンのハンディクリーナーは、軽量設計で小回りがきくのが特徴。ダイソン特有のパワフルな吸引力を備え、掃除機が使えない車内や布団掃除などにも便利です。さらに、アタッチメントが豊富な点も魅力のひとつ。延長ホースや隙間ノズルなどに付け替えれば手の届きにくい場所の掃除も簡単にできます。

コンパクトでパイプなどがないため、スティック型やキャニスター型に比べるとリーズナブルに購入できるのがうれしいポイント。ハンディクリーナーを選ぶ際には、付属するアタッチメントの種類や連続使用時間を重視してチェックするようにしましょう。

ロボット掃除機

ダイソンのロボット掃除機は、多機能かつ効率よく掃除できるのが特徴。ボタン1つで稼働するので、手間がかからないのもうれしいポイントです。パワフルな吸引力を備え、部屋の形やルートなどを学習しつつ無駄なく掃除します。

また、ブラシバーと吸引口が本体の幅と同じ長さに設計されており、一度の通過で大量のゴミを回収可能。効率的かつ確実に掃除できるのがうれしいポイントです。

スマホアプリと連携すれば、外出先でも遠隔で操作が可能。本体の運転状態や運転スケジュールの設定なども細かく決められるので、日中忙しい方でも部屋を綺麗に保てます。

ダイソンの掃除機の選び方

シリーズごとの特徴をチェック

By: amazon.co.jp

現在発売されているダイソンの掃除機は、「Vシリーズ」がメイン。Vのあとの数字が大きくなるほど性能が高くなるのがポイントです。搭載されているモーターが異なり、回転数が増えることにより吸引力がアップ。2020年6月には「Digital Slim」シリーズが新登場し、軽量でコンパクトなモデルとして注目を集めています。

また、シリーズ名のあとに「Absolute」「Fluffy」などが入っており、付属品の内容を示すのが特徴。ヘッドやブラシの種類が異なりますが、同じシリーズであれば基本スペックは変わりません。

重量をチェック

By: amazon.co.jp

掃除機を選ぶ際には、本体やヘッドの重量もチェックしておきたいところ。2階建て以上の家で使用したい方は、軽量モデルを選びましょう。スティック型やハンディ型の方が軽量で取り回しやすいのでおすすめです。

ダイソンの掃除機はほかのメーカーに比べて重いといわれてきましたが、軽量化も進んでいます。キャニスター型でも軽量モデルがあるため、掃除機を使用する場所や人に合わせて選ぶのがポイント。

スティッククリーナーなら2.0kg程度、キャニスター型掃除機なら3.0kg程度を目安に選んでみてください。

連続使用時間をチェック

By: amazon.co.jp

コードレス掃除機を購入する際に注目したいのが「連続使用時間」。ダイソンのコードレス掃除機はリチウムイオンバッテリーを採用しており、安定したパワー供給が魅力です。

連続使用時間はバージョンによって異なり、V11とV10が約60分、V8が約40分、V7は約30分。バージョンが上がるほど使用時間も増えるので、長時間の掃除が可能です。ただ、バージョンが上がるにつれて価格も高くなるため、予算と相談して決めましょう。

また、時間にとらわれず長時間使用したい方はコードがついているキャニスター型掃除機がおすすめです。

付属のアタッチメントをチェック

By: amazon.co.jp

ダイソンの掃除機はアタッチメントの豊富さも魅力。機種によって付属されているアタッチメントが異なるので、購入する際はしっかりチェックしましょう。

アタッチメントの種類には、布団掃除に便利な「フトンツール」や、コンピューターのスクリーンなどデリケートな部分に最適な「ミニ ソフトブラシ」、頑固な汚れを落とせる「ハードブラシ」などがあります。それぞれ単品で購入可能ですが、機種によっては対応していないこともあるのでセットになっているタイプがおすすめです。

ダイソンの掃除機のおすすめ|スティック型

ダイソン(dyson) V7 Fluffy SV11 FF OLB

軽量ながらもパワフルな吸引力を備えたスティック型掃除機です。「ダイソン デジタルモーター V7」を搭載しており、大きなゴミから細かいホコリまでしっかりと吸い取ります。

さらに、0.3ミクロンの微細な粒子を捕らえると謳われる「ポストモーターフィルター」を採用。フローリングの掃除に適した「ソフトローラークリーナーヘッド」を搭載し、大小のゴミを同時に吸引できます。

本体重量はわずか2.47kgと軽量なので、高い場所や家具の下なども自在に掃除できて取り回しもスムーズ。約3.5時間でフル充電でき、最大30分運転可能です。軽量で使い勝手のよい掃除機を探している方は、本製品をチェックしてみてください。

ダイソン(dyson) V8 Slim Fluffy SV10K SLM

日本の住まいに合わせて最適化された、軽量かつコンパクトなスティック型掃除機です。軽量かつ小型化のクリーナーヘッドを搭載。本体重量は2.15kgと軽くスリムなヘッドで、家具の下や細かな部分まで快適に掃除できます。

毎分最大107000回転する「ダイソン デジタルモーター V8」を採用。0.3ミクロンの微細な粒子を99.97%捕らえると謳われ、きれいな空気を排出できるのも魅力です。最長40分間の運転が可能なため、一度の充電で部屋の隅々まで掃除できます。

さらに、LEDライトが光る隙間ノズルが付属し、隙間掃除にも活躍。高スペックながら比較的リーズナブルな価格設定で、予算を抑えたい方にもおすすめです。

ダイソン(dyson) V10 Fluffy SV12 FF

パワフルな吸引力と大容量バッテリーが魅力のスティック型掃除機。小型かつ軽量ながら、毎分最大125000回転する「ダイソン デジタルモーター V10」を採用しています。最長60分の使用が可能で、充電切れを気にする心配がありません。

フローリングに適した「ソフトローラークリーナーヘッド」のほか、豊富なアタッチメントが付属。シーンに合わせて、ミニモーターヘッド・コンビネーションノズル・隙間ノズル・ミニソフトブラシから選べるので、布団や狭いスペースにも対応できます。

さらに、掃除場所に合わせて、3つの吸引モードから選択可能。ゴミやホコリに触れることなく、ワンタッチでゴミを処理できます。さまざまシーンにしっかり対応できる掃除機を探している方におすすめのモデルです。

ダイソン(dyson) V11 Absolute Extra SV15 ABL EXT

液晶ディスプレイを搭載し、高い静音性と吸引力を備えたスティック型掃除機。小型で軽量の「Dyson Hyperdymium モーター」を搭載し、高い吸引力と静音性を備えています。

液晶ディスプレイにより、残りの運転時間や選択中の吸引モードをひと目でチェック可能。フィルター洗浄のタイミングもわかるので便利です。

使用時間は最長で60分。吸引力をキープしながら複数の部屋を一度に掃除できます。さらに、部屋の隅などに便利な「LED隙間ノズル」を搭載。LEDライトで照らしながら吸引できるので、ゴミの取り残しを減らせます。

豊富なアタッチメントが付属しているのも魅力です。収納用ブラケットのほか、専用充電ドックも付属しているため、壁に固定せずにスムーズに収納や充電可能。パワフルながら稼働音に配慮された、高性能な掃除機です。

ダイソン(dyson) Digital Slim Fluffy SV18FF

吸引力はそのままに、コンパクトかつ軽量化を実現したスティック型掃除機。本体重量はわずか1.9kgで、持ち運びやすく取り回しやすいモデルです。

さらに、小型で軽量な「スリムフラフィクリーナーヘッド」を採用。スリムなため、家具の下の奥側まで届きます。新形状の高効率スクロールサイクロンにより、微細なゴミやホコリも逃しません。

ミニモーターヘッド・コンビネーションノズル・隙間ノズルのアタッチメントが付属し、シーンに合わせて使い分け可能。液晶ディスプレイ付きで、ひと目で残り時間や運転状況などを確認できます。

使用時間は最長40分で、ワンタッチで別売りの着脱式バッテリーと交換可能。専用充電ドック付きで、収納しながら充電できます。軽くて使い勝手のよい高性能なおすすめモデルです。

ダイソンの掃除機のおすすめ|キャニスター型

ダイソン(dyson) Ball Turbinehead CY25 TH COM

高速でパワフルなモーターを搭載した、コンパクトなキャニスター型の掃除機です。効率的に多くのゴミを取り除ける「タービンヘッド」は軽量仕様のため、取り回しやすいのが魅力。

さらに、「2 Tier Radial サイクロン」により、24個のサイクロンを同時に機能させてパワフルな遠心力を生み出します。可動式連結部に独自の「Ballテクノロジー」を採用し、スムーズに方向転換できるのもポイント。本体は幅220×高さ720×奥行706mmとコンパクトサイズで、収納場所にも困りません。

フィルターの交換は不要で、1年に1回を目安に水洗いするだけなので、お手入れの手間も省けます。また、手に触れずワンタッチで簡単にゴミ捨てできるのもポイント。操作性に優れた掃除機を探している方におすすめの製品です。

ダイソン(dyson) V4 Digital Fluffy+ CY29 FF

高速かつパワフルなモーターを搭載し、柔らかいローラーで吸引するキャニスター型掃除機。フローリングに適した「ソフトローラークリーナーヘッド」により、大小のゴミをしっかり絡め取ります。

また、複数のサイクロンを同時に機能させる「2 Tier Radial サイクロン」を採用。パワフルな遠心力により強力な風量を生み出し、微細なゴミと空気を分離します。さらに、可動式連結部にはボール形状で操作性に優れ、掃除中に倒れても自動で起き上がる「セルフライティング機能」を搭載。

クリーナーヘッドのほか、コンビネーションノズル・フトンツール・カーボンファイバーソフトブラシツールの3つのアタッチメントが付いています。ほかにも、省スペース収納に便利な収納用フロアドックが付属。さまざまなシーンで使える、取り回しやすいおすすめの掃除機です。

ダイソン(dyson) V4 Digital Absolute CY29 ABL

豊富なアタッチメントを同梱した、多彩なシーンで活躍するキャニスター型掃除機。2種類のクリーナーヘッドを使い分ければ、フローリングやカーペット、畳など床の特性に合わせてしっかり対応できます。

さらに、布団やマットレスからホコリやアレルゲンを取り除くのに役立つフトンツール、髪の毛が絡まりにくいタングルフリータービンツールも付属。

高速でパワフルな「ダイソン デジタルモーターV4」や、強力な遠心力を生み出す「2 Tier Radial サイクロン」を搭載しています。効率よくゴミを吸引し、微細なゴミと空気をしっかり分離するのがポイントです。

ほかにも、省スペース収納に便利な収納用フロアドックも付属。汎用性の高い掃除機を探している方におすすめのモデルです。

ダイソン(dyson) DC48 TH

日本の住まいに合わせた、軽量でコンパクトなキャニスター型掃除機です。小型でもパワフルな「ダイソン デジタルモーター V4」を搭載。本体重量は約2.7kgで、階段や別の部屋への移動もスムーズです。

「Radial Root Cycloneテクノロジー」により、効率的な気流を生み出し、微細な粒子までしっかりキャッチ。カーボンファイバー素材とナイロンブラシを組み合わせたクリーナーヘッドが、大小のゴミをしっかり吸引します。

クリーナーヘッドのほか、フトンツール・ソフトブラシツール・フレキシブル隙間ノズルの3つのアタッチメントを付属。サイクロン内の音を低減し、静音性にも配慮されています。安い価格帯で使いやすいため、最初の1台にもおすすめの掃除機です。

ダイソンの掃除機のおすすめ|ハンディ・ロボット

ダイソン(dyson) V7 Trigger HH11MH

パワフルな吸引力の「ダイソン デジタルモーター V7」を搭載したハンディ掃除機。「2 Tier Radial サイクロン」を採用し、微細なゴミやホコリを捕らえて空気と分離できるのが魅力です。

0.3ミクロンの微細な粒子を99.97%以上捕らえると謳われており、掃除しながら室内の空気をきれいにします。わずか3.5時間の充電で、約30分の運転が可能。安定したパワー供給をおこなうので、吸引力をキープしたまま掃除できます。

標準のミニモーターヘッドのほか、コンビネーションノズルや隙間ノズルが付属。必要最低限のアタッチメントが付いています。目についた汚れを気軽に掃除できる、比較的リーズナブルなおすすめのモデルです。

ダイソン(dyson) V7 Triggerpro HH11 MH PRO

高い吸引力を備えたパワフルなモーターを搭載し、多彩なアタッチメントが付属するハンディ掃除機。毎分最大107000回転する「ダイソン デジタルモーター V7」を搭載し、ゴミを効率よく集めます。

15個のサイクロンを同時に発生させる「2 Tier Radial サイクロン」を搭載。強力な遠心力により風量を強めて、微細なゴミやホコリを空気から分離します。モーターとサイクロンテクノロジーの相乗効果で、パワフルな吸引力をキープ。最大30分の運転が可能です。

標準のミニモーターヘッドのほか、パソコンなどのデリケートな表面をやさしく掃除するミニソフトブラシ、頑固な汚れをかき取るハードブラシ、布団やクッションの掃除に適したフトンツールをはじめ豊富なアタッチメントが付属。カーチャージャーも付属し、車内のシガーソケットからも充電できます。

室内はもちろん、布団から車内まであらゆるシーンで活躍するハンディ掃除機です。

ダイソン(dyson) V7 Mattress HH11COM

布団やマットレスの掃除に便利なハンディ掃除機です。パワフルな吸引力を持つ「ダイソン デジタルモーター V7」により、布団の繊維からハウスダストやホコリをキャッチできると謳われています。さらに、ゴミを効率よく捕らえる「ポストモーターフィルター」も搭載。

複数のサイクロンを同時に発生させる「2 Tier Radial サイクロン」を採用し、強力な遠心力でゴミやハウスダストを空気から分離します。0.3ミクロンの微細な粒子を99.97%以上捕らえると謳われており、クリーンな空気を部屋に排出しながら掃除可能。使用時間は最大30分です。

フトンツールのほか、ミニモーターヘッド・隙間ノズル・延長ホースが付属し、狭い場所や家具の下などに溜まったホコリもしっかり吸引します。ゴミに手を触れることなく、ワンタッチで簡単にゴミを捨てられるのも魅力。布団やベッドはもちろん、さまざまなシーンで活躍するハンディ掃除機です。

ダイソン(dyson) V6 Top Dog HH08MHPT

室内で猫や犬を飼っている方に便利なアタッチメントが付属したハンディ掃除機。カーペットやソファに付着したペットの毛を取り除くのに適したミニモーターヘッド、頑固な汚れを掻き出すのに適したハードブラシなど、シーンに合わせて使い分けられます。

1分間に約110000回転する「ダイソン デジタルモーター V6」により、パワフルな吸引力を実現。15個のサイクロンが同時に機能する「2 Tier Radial サイクロン」を搭載し、風量を強めてゴミと空気をしっかり分離します。

使用時間は約20分間。より強力な吸引ができる「強モード」も搭載し、効率的に掃除できます。本体重量は1.63kgと軽量で、棚の上やエアコンでも簡単に持ち上げられ、2階や車への持ち運びもスムーズです。

安い価格帯で、初めてダイソンを購入する方にもおすすめ。ペットがいない家庭でも、さまざまなシーンで活躍するハンディ掃除機です。

ダイソン(dyson) 360 Heurist RB02 BN

室内環境を学習しながら、パワフルに吸引するロボット掃除機です。毎分最大78000回転する「ダイソン デジタルモーター V2」と、特許技術「Radial Root Cyclone テクノロジー」により、微細なゴミやホコリをキャッチ。

本体メモリが部屋のマップを記録し最新情報に更新することで、最適なルートで掃除します。静音モード・通常モード・強モードの3つの運転モードからシーンに合わせて選べるのもポイント。

本体サイズは幅230×奥行240×高さ120mmと小型ながら、毎分1600回転するブラシバーで、あらゆる床面からゴミを集塵します。搭載した8個のLEDライトにより、暗い場所の掃除も可能。スマホアプリと簡単に連携できるので、外出先から対応できるのも魅力です。

コンパクトでデザイン性にも優れ、インテリアにもなじみます。高性能なため価格は高めですが、忙しくて掃除に時間を割けない方におすすめです。