掃除機は生活の必需品ともいえる家電。”ゴミを吸い取る”という本来の目的のために吸引力が強いモデルを選ぶのはもちろん重要ですが、使用頻度の高いアイテムなので、掃除するのが楽しくなるよう自分好みのデザインを選ぶのも大切です。

そこで今回は、インテリアとしても映えるおしゃれなデザイン掃除機をご紹介します。スタイリッシュな製品を多くピックアップしたので、ぜひチェックしてみてください。

デザイン掃除機の選び方

機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

たとえデザインがおしゃれでも使いにくいと不便なので、見た目を重視する方でも機能はしっかりとチェックしましょう。

たとえば、ハウスダストの発見センサーが付いているモノなら、吸い残しを防ぎキレイに掃除できておすすめ。部屋の空気にも気を配りたい方は、空気清浄機能が付いているデザイン掃除機を選ぶのがおすすめです。

デザインで選ぶ

By: rakuten.co.jp

おしゃれな掃除機を選びたい場合は、やはりデザインが大切。スティックタイプの掃除機ならおしゃれでスマートな雰囲気を演出できるため、その中からお気に入りのモデルを見つけるのがおすすめです。

掃除機本体のデザインを見るのはもちろん、部屋のインテリアとの相性をチェックするのも重要なポイント。白い家具が多い方なら白いデザイン掃除機、黒い家具が多い方なら黒いデザイン掃除機というように選べば、統一感が出てよりおしゃれになります。

軽さで選ぶ

By: amazon.co.jp

デザイン掃除機の本体が重いと掃除するときに負担がかかるので、軽さも必ず確認しておきましょう。概ね2kg前後のモデルなら、重さがあまり気にならずスムーズに使えます。中には本体重量が1kg台のモデルもあるので、軽量性重視の方は要チェックです。

静音性で選ぶ

By: amazon.co.jp

夜に掃除機をかけることが多い場合は、運転音が60db以下の静音性に優れたモデルがおすすめです。

「ハイモード」や「ローモード」など切り替えができるモデルなら、昼はハイモードでパワフルに、夜はローモードで静かにと時間に応じて使い分けられて便利。そのため静音性の高さでデザイン掃除機を選ぶ場合は、モード切り替えができるモデルもぜひ検討してみてください。

自立タイプかどうかで選ぶ

By: promo.electrolux.co.jp

デザイン掃除機は自立できるタイプを選ぶと便利です。たとえば掃除機をかけているときに来客があった場合、手を離すだけでその場に自立するため、置き場所を探さなくても簡単に掃除を中断できます。

壁に立てかけたり横に置いたりする必要がないので、収納場所が限られている方も自立タイプのデザイン掃除機をチョイスするのがおすすめです。

お手入れのしやすさで選ぶ

By: amazon.co.jp

ゴミが溜まるダストカップ部分を水洗いできるモノを選べば、お手入れがしやすく清潔な状態を保てるためおすすめ。掃除機のヘッドにある回転ブラシを取り外して洗えるモデルもあります。こまめにお手入れをしたい方は、部品の水洗いがしやすいデザイン掃除機を選んでみてください。

デザイン掃除機のおしゃれモデル

パナソニック(Panasonic) スティッククリーナー イット MC-BU500J

壁に当たったときにノズルの前面が開く「ガバとり構造」を採用したパナソニックのデザイン掃除機。これにより、壁際に溜まりがちなゴミをキレイに吸引できるのが特徴です。また、ノズルを回転させてI字型に形を変えれば、家具と壁の隙間もスムーズに掃除ができます。

「ハウスダスト発見センサー」が搭載されているのも魅力のひとつ。ハウスダストが残っている場合は赤く点灯して知らせてくれるので、吸い残しを防げます。ハンディクリーナーとしても使用ができるので、さまざまな場所に対応しているデザイン掃除機を探している方におすすめです。

パナソニック(Panasonic) スティッククリーナー MC-BU110J-T

流線型のフォルムがおしゃれなパナソニックのデザイン掃除機。ヘッド部分に抗菌仕様のブラシを採用しており、清潔な状態をキープしながらもしっかりとゴミを掻き出して吸引してくれます。

ハンディクリーナーとしても使えるほか、付属の「すき間用ノズル」と「たな用ブラシ」を活用すれば部屋の至るところを掃除できるため便利。ワンタッチでスムーズに取り外せるダストボックスを搭載しているので、使用した後のお手入れもラクに行えるのが魅力です。

プラスマイナスゼロ(±0) コードレスクリーナー XJC-Y010

おしゃれな家電や雑貨を展開している国内ブランド「プラスマイナスゼロ」のデザイン掃除機。ドイツのハノーファーで行われる「iFデザインアワード」で金賞を受賞した実績があります。

摩耗が少ないDCブラシレスモーターを採用しており、寿命が約1500時間と長いのが特徴。また、搭載されているリチウムイオンバッテリーもパワフルで、約57分の連続使用ができます。一度の充電で長く使いたい方におすすめです。

ダイソン(dyson) コードレス掃除機 V8 Fluffy SV10 FF2

“吸引力の変わらない、ただひとつの掃除機”というキャッチフレーズでおなじみの人気メーカー「ダイソン」のモデル。運転音が前モデルのV6シリーズと比べて約50%低減されているため、夜でも気兼ねなく掃除ができます。吸引時のパワーも向上しており、しっかりとゴミを吸い取れるのが魅力です。

0.3ミクロンの粒子を99.97%以上捕らえると謳うポストモーターフィルターが搭載されているので、ハウスダストが気になる方にもおすすめ。最大40分運転できるパワフル仕様のため、充電切れを気にせず快適に掃除機がけができます。

日立(HITACHI) スティッククリーナー パワーブーストサイクロン PV-BD700 N

自走スマートヘッドを搭載しているデザイン掃除機。回転ブラシの力でどんどん前に進み、ラクに掃除機をかけられるのが特徴です。伸縮性が高いため、家具の下などもスムーズに掃除できます。壁際にあるゴミを吸い取れる「きわぴた構造」が採用されているのもポイントです。

小型ハイパワーファンモーターとパワーブーストサイクロンを組み合わせたパワフルな構造により、床の溝などに入り込んだゴミも残らず吸い取れます。

ヘッドに付いている回転ブラシは取り外して水洗いが可能。ダストケースも水洗いができるので、お手入れが簡単に行えるモデルを探している方はぜひチェックしてみてください。

エレクトロラックス(Electrolux) エルゴラピード・リチウム タングステン ZB3113AKB

通常モードで約45分、最大モードでも約16分の連続使用ができるパワフルなデザイン掃除機。空気の流れと吸引力のバランスが取れた「トライアングル・パワーノズル」を採用しており、大小問わずさまざまなゴミをしっかり吸引できます。

ブラシロールクリーン機能が搭載されており、ヘッドにあるスイッチを踏めば絡まった髪の毛などを約5秒でカット&吸引できるのも魅力です。ローラー付きの布団ノズルが付属しているので、生地を傷めずにマットレスなどを掃除できます。自立タイプのため、収納場所が限られている方にもおすすめです。

シロカ(siroca) スティッククリーナー AV-S101

ハンディクリーナーとしても使える2WAYタイプのデザイン掃除機。約1.7kgと軽量なので掃除機がけがしやすいのはもちろん、持ち運びもラクに行えるのが魅力です。掃除機本体と手元の2箇所にスイッチが付いており、どちらを操作しても電源のON/OFFができます。

コード付きの掃除機なので、バッテリーの残量を気にせずに使用可能。吸ったゴミを溜めておくダストカップは取り外して水洗いができるので、ラクにお手入れできます。

三菱電機(MITSUBISHI) iNSTICK コードレススティッククリーナー HC-VXG20P

風神サイクロンテクノロジー採用で、吸引力をキープしたままキレイに排気してくれるデザイン掃除機。さらに、HEPAフィルター採用の空気清浄機能も搭載されています。自走式パワーブラシにより、軽い力で掃除ができるのもポイントです。

スタンド一体型の充電台が付属しており、掃除機を立てるだけで簡単に充電可能。インテリアによく映えるおしゃれなデザインも魅力です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) コードレススティッククリーナーラクティ IC-SDC2

メーカー独自の低重心設計が採用されており、片手でもラクに使えるデザイン掃除機。重量は1.5Lのペットボトルよりも軽い約1.35kgで、スムーズに持ち運べるのが魅力です。

「ホコリ感知センサー」が搭載されており、ホコリの量に応じて運転パワーを制御してくれるため、効率よく掃除ができます。また、ダストカップがいっぱいになると「お手入れランプ」が点灯するので、捨て時を把握しやすいのもポイントです。

ヒロ・コーポレーション(HIRO CORPORATION) コードレス掃除機 EC-720I

おしゃれな流線型のデザイン掃除機。ヘッドとノズルを繋げる部分の可動域が左右160°・後方90°と広いため、家具の下や隙間もスムーズに掃除できます。

隙間ノズルやブラシノズルなどの便利なアタッチメントが付属しているため、掃除する場所に合わせて付け替えられるのが特徴。ボディを取り外せばハンディタイプの掃除機として使えるのも魅力です。

ツインバード工業(TWINBIRD) コードレススティッククリーナー TC-E261S

紙パック式を採用しているデザイン掃除機。サイクロン式と異なり、ゴミを捨てるときにホコリなどが舞い上がる心配がないため、衛生的に使えます。

パワーブラシを搭載しているため、カーペットなどに絡みついたゴミもしっかりと吸い取れるのが魅力。また、左右180°に回転するヘッドを採用しているので、家具の下もスムーズに掃除できます。

バッテリーの残量や運転状況を知らせてくれるLEDライトインジケーターも便利。約3時間の充電で標準モードなら約30分、強モードなら約7分の使用が可能です。

ツカモトエイム(Tsukamoto-Aim) ecomo スティッククリーナー バグア AIM-SC100

世界初の水フィルター搭載を謳うデザイン掃除機。タンク内にある水がホコリを取り込んでくれます。これにより、水を流すだけでゴミを捨てられるのが特徴です。目詰まりを起こしてしまう心配もありません。

リチウムイオン電池を採用しており、5時間充電すれば約50分の連続使用ができます。ヘッドが左右90°・上下70°に動き、さまざまな場所を掃除できるのも魅力です。