電動工具を扱うメーカーとして知られる「マキタ」。業務用掃除機を多くラインナップしていますが、最近は使い勝手のよいコードレス掃除機も人気を集めています。

そこで今回は、マキタの掃除機からおすすめモデルをご紹介。コスパ良好な製品を揃えているので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

マキタ(MAKITA)とは?

By: amazon.co.jp

マキタは、1915年にモーター・電灯器具・変圧器の販売修理を行うための会社として創業されました。1959年に電動工具メーカーへ転換して以来、独自の高いモーター技術を生かした製品を数多く展開しています。

また、工具のグローバルブランドとしても有名で、アメリカ・イギリス・ドイツを含む世界8ヵ国に工場を設置し、世界170ヵ国で販売。高品質な製品・サービスに定評があり、世界中で愛用されています。

掃除機においては、独自の高出力モーターと高性能バッテリーを採用したモノが人気です。充電式ながら、パワフルな吸引力が魅力。バッテリーは着脱でき、互換性のある工具や掃除機と併用できます。予備バッテリーを用意すれば、充電切れを心配せずに使用できるのもポイントです。

マキタの掃除機の特徴

パワフルな吸引力

By: rakuten.co.jp

マキタの掃除機は充電式掃除機をメインにラインナップしています。一般的に充電式のコードレス掃除機はコード付きのキャニスター型掃除機に比べて吸引力に不安がありますが、マキタの製品はパワフルな吸引力が魅力のひとつです。

なお、連続使用時間は短めですが、バッテリーは取り外し可能。予備バッテリーを別途用意しておけば、より長い時間掃除することもできます。

リーズナブルな価格

安価なモデルが多くラインナップされているのも魅力のひとつ。他社製品に比べても吸引力やバッテリーの性能では劣らないにもかかわらず、リーズナブルな価格で購入できます。

同社の掃除機は機能がシンプルで、付属品が少ないのもポイント。コスパ良好で使いやすい掃除機を探している方はぜひチェックしておきましょう。

マキタの掃除機の選び方

集じん方法をチェック

紙パック式

By: amazon.co.jp

紙パック式は、マキタの掃除機のなかでラインナップが多いタイプです。吸い込んだゴミを直接紙パックに収容します。一般的に、毎日掃除すれば紙パックがいっぱいになるまで数週間です。ゴミは紙パックごと取り外して捨てられます。

メリットとしては、ゴミ捨て時にホコリの舞い散りが少ないうえ、紙パック自体にフィルターを搭載しお手入れが不要なこと。デメリットとしては、交換用の紙パックを購入する手間・コストがかかることがあげられます。

紙パックの代わりに、ダストバッグが使えるモノも多く存在。紙パックに比べて目が細かいのが特徴です。細かい粉状のゴミを漏らさず集じんでき、排気の汚れを軽減できるのも魅力。さらに目の細かい高機能ダストバッグも人気があります。

ダストバッグは、洗えば再利用できるのがメリット。掃除のたびにゴミを捨てれば、吸引力の低下を予防できるのも魅力です。なお、捨てる際にゴミが舞い散りやすいので留意しておきましょう。

カプセル式

By: rakuten.co.jp

カプセル式は、吸い取ったゴミを着脱式カプセルに収容します。容量が600〜750mlと大きく、紙パックの250〜330mlに比べ、ゴミ捨ての頻度を抑えられるのがメリットです。また、取り外しも容易で、簡単にゴミを捨てられます。

デメリットとしては、ゴミ捨ての際にホコリが舞い散りやすいことと、定期的にフィルターのお手入れが必要なことです。通常タイプは筒状のプレフィルターとフィルターの2種類が必要で、その分お手入れに手間がかかります。

手間を軽減したい方は、プレフィルターが不要な高性能フィルター対応モデルがおすすめ。さらに、フィルターの目が細かいので、粉じんなどの漏れや、排気の汚れを軽減できるのも人気の理由です。

サイクロン式

By: amazon.co.jp

吸い込んだ空気とゴミをサイクロンユニットで遠心分離するサイクロン式。空気中の細かいゴミまでしっかりダストカップに収容でき、フィルターの目詰まりや排気の汚れを予防できるのがメリットです。

マキタの掃除機では、サイクロン式のラインナップは少なめ。サイクロンユニットを内蔵したモノと、別途サイクロンアタッチメントを取り付けることで利用できるモノが存在します。

外付けアタッチメントの場合、ダストケースが透明で中のゴミが外から見えるのもポイントです。ゴミ捨てやお手入れのタイミングをひと目で確認可能。400mlと容量も大きく、ゴミ捨ての頻度も抑えられます。ダストケースに搭載されているフィルターは、丸洗いできお手入れしやすいのも魅力です。

なお、ゴミはダストケースを取り外して捨てる仕組み。捨てる際は、ゴミの舞い散りに注意しましょう。

バッテリーの種類をチェック

By: amazon.co.jp

マキタの掃除機は、独自のリチウムイオンバッテリーを搭載した充電式のモノが多いのが特徴です。ひとくちにバッテリーといっても、電圧7.2〜18Vのさまざまなシリーズを展開しており、製品によって対応できるバッテリーが異なります。

電圧が高いバッテリーほどパワーがあり、高い吸引力を実現できます。バッテリー容量が大きなモノが多く、より長く稼働できるのもメリット。ただし、バッテリー自体の重量も増えるうえ、価格も高くなる傾向にあります。

掃除機の吸引力や稼働時間を重視する方は、14.4V以上のバッテリーに対応したモデルがおすすめ。軽量性や取り回しのよさ、コスパを重視する方は、10.8V以下のモデルを検討してみてください。

軽くて使いやすいモデルを探しているなら「スティックタイプ」

By: amazon.co.jp

スティックタイプは、文字通り本体・パイプ・ノズルを一直線状に配置した掃除機です。本体に搭載されたハンドルを握り、ノズルを掃除したい部分にあてながら使用します。片手でも操作しやすい1kg前後の軽量なモノが人気です。

コードレスで使える充電式タイプがほとんどなので、コンセントに電源ケーブルを挿す手間がなく、気になるゴミをサッと掃除できます。小回りが利くので、狭い部屋の掃除にも最適。立てることでコンパクトに収納でき、一人暮らしの方にもおすすめです。

ラインナップが豊富なのもポイント。吸引力の高いモデルから、使いやすさにこだわった軽量モデルまで幅広く展開しています。お手頃なモノも多いので、コスパ重視の方はチェックしてみてください。

吸引力重視なら「キャニスタータイプ」

By: amazon.co.jp

底面にキャスターを搭載し、床に転がしながら掃除機を移動させるキャニスター式。本体が重くても、移動しやすく腕にかかる負担を軽減できるのが魅力です。大きなモーターとバッテリーを搭載したモノが多く、より高い吸引力を実現できるのもメリット。吸引力重視の方はチェックしてみてください。

マキタの掃除機では、業務用を多くラインナップしています。集じん容量が大きく、広範囲の掃除に最適です。なかには、固形ゴミだけでなく液体を吸い込めるモノも存在します。家庭用では、充電式のサイクロンモデルを展開。サイクロンユニット部にフィルターがなく、お手入れも簡単です。スティック型に比べて吸引力が高く、細かいゴミもしっかり吸い取れます。

お掃除の手間を省きたいなら「ロボット掃除機」も

By: amazon.co.jp

マキタでは、自動で床掃除をするロボット掃除機も展開しています。障害物や段差を感知するセンサーを搭載し、スムーズに部屋中を動き回りながら床のゴミを吸い取ることが可能です。

高電圧・大容量バッテリーにも対応し、テニスコート約3面分と広範囲の床を掃除できるのもメリット。ダストボックスの集じん容量も大きく、ゴミ・ホコリが発生しやすい場所を掃除したい方にもおすすめです。

マキタの掃除機おすすめモデル

マキタ(MAKITA) 充電式クリーナー CL107FDSHW

基本的な機能が充実した使い勝手のよい紙パック式スティック掃除機。充電時間は22分で、最大25分の稼働が可能です。付属の10.8V1.5Ahのリチウムイオンバッテリーはスライド式で簡単に着脱できます。

最大吸引仕事率32Wのパワフルモードを搭載し、隙間のゴミもしっかり吸引。ワンタッチスイッチを搭載し、パワフル・強・標準モードをラクに切り替えられるのもメリットです。

バッテリーと本体を合わせた重量は約1.1kgと軽量で、片手でもスムーズに操作できます。ハンドル部にはLEDライトを搭載し、暗い隙間も明るく照らせて便利です。付属のサッシノズルを使えば、タンスの後ろなどもきれいに掃除できます。

容量330mlの抗菌紙パックに加え、容量500mlのダストバッグが付属しているのもポイント。手を汚したくない場合は紙パック、ゴミの量が多い場合はダストバッグというように用途に応じて使い分けられます。

マキタ(MAKITA) 充電式クリーナー CL105DWN

本体にケーブルを接続して充電する紙パック式スティック掃除機。10.8V1.3Ahリチウムイオンバッテリーを内蔵しており、コンセントがある場所ならどこでも充電できます。バッテリーの取り外しが面倒な方におすすめです。

ワンタッチスイッチを搭載し、吸込仕事率23・14・5Wの3モードを簡単に切り替えられます。弱運転なら最長約23分、パワフル運転なら最長約8分の連続使用が可能。充電時間は3時間と長めなので家中の掃除には向きませんが、一人暮らしの方やサブ機として使用したい方に最適です。

ノズル・パイプを外せば、ハンディクリーナーとしても使用可能。約1kgと軽量で操作しやすく、家具の上もサッと掃除できます。

床磨き・毛取り用の2種類のブラシを搭載した「フロア・カーペットノズル」を付属しているのもポイント。フローリングだけでなく、毛足0.7cm以下のカーペットも1本のノズルで対応できて便利です。直立しやすい構造で、場所を取らずに収納できます。

マキタ(MAKITA) 充電式クリーナー CL142FDRFW

最大吸込仕事率29Wの強モードでも、最長約20分と長く稼働できる紙パック式スティック掃除機です。プロ仕様のハイパワーモーターと14.4V3Ahリチウムイオンバッテリーを採用しており、約22分の急速充電に対応。休憩している間にフル充電が可能です。

また、吸込口が斜めにカットされているので、パイプを取り外せばハンディとしても使用できます。本体・バッテリーを合わせて約1.4kgと、片手でも持ち上げやすい重量です。手を離したい際に便利なハンドストラップも付いています。

マキタ(MAKITA) 充電式クリーナー CL182FDRFW

プロ用充電工具にも採用されている、ハイパワーモーターと高電圧バッテリーを搭載した紙パック式スティック掃除機です。最大吸引仕事率37Wと高い吸引力で、最大20分の稼働を実現。18V3Ahのリチウムイオンバッテリーは、約22分の急速充電に対応しています。

ワンタッチスイッチを搭載しているのもポイント。強・標準モードをラクに切り替えられるうえ、ボタンを押し続けなくても連続運転することが可能です。バッテリーと本体を合わせた重量は、約1.5kgと標準的。ハンドル部にハンドストラップが搭載されているのも嬉しいポイントです。

抗菌紙パック10枚に加え、ダストバッグが付属しているのも魅力。ダストバッグならゴミを頻繁に捨てられるため、吸引力の低下を予防したい場合に便利です。紙パックよりも目が細かく、粉状のゴミを漏らさず集じんできるので、コーヒー粉などを吸い取りたい場合にも適しています。

マキタ(MAKITA) 充電式クリーナー CL282FDFCW

高効率なブラシレスモーターと、18V3Ahのリチウムイオンバッテリーを搭載した紙パック式スティック掃除機。最大吸込仕事率60Wの高い吸引力を有しているので、吸引力にこだわりたい方にぴったりです。付属のバッテリーは、約22分の高速充電に対応。容量も大きく、パワフルモードでも最長約15分間と長く稼働できます。

ワンタッチスイッチでパワフル・強・標準モードをスムーズに切り替えられるのもポイント。低騒音・低振動設計で、長時間でも快適に掃除できます。抗菌紙パック10枚に加え、高機能ダストバッグが付属。紙パックよりも約170ml容量が大きいうえ、細かな粉じんもしっかり内部に閉じこめて排気の汚れを軽減できるのもメリットです。

空気からゴミを遠心分離してダストケースに収容する、サイクロンアタッチメントによってフィルターの目詰まりを軽減し、吸引力の低下を予防できます。排気が気になる方にもおすすめです。

マキタ(MAKITA) 充電式クリーナー CL070DS

By: makita.co.jp

フックを搭載し、壁などに吊り下げて収納できるカプセル式スティック掃除機です。本体と7.2V1.0Ahのリチウムイオンバッテリーを合わせて約0.81kgと軽量なのもポイント。片手で持ち上げやすく、高い場所もラクに掃除できます。

最大吸込仕事率は14Wと標準的で、約8分の連続運転が可能です。バッテリーは約30分でフル充電が可能で、数回に分ければ広範囲でもその日のうちに掃除を終わらせられます。

マキタ(MAKITA) 充電式クリーナー CL108FDSHW

10.8V1.5Ahのリチウムイオンバッテリーと本体を合わせて約1kgと軽量ながら、ゴミをしっかり吸い取れるカプセル式スティック掃除機です。吸込仕事率30Wのパワフルモードを含めた、3モードを搭載しているので、ゴミの多さや大きさに合わせて、吸引力の切り替えが可能。ワンタッチスイッチを搭載し、運転中でも簡単に操作できます。

片手でも持ち上げやすく、高い場所を掃除したい方にもおすすめ。ハンディクリーナーとしても使用でき、テーブルの上に散らばったゴミ掃除にもぴったりです。ハンドルにはLEDライトを搭載。暗い場所も明るく見渡せるので、隙間のゴミも残さず掃除できます。別売のサイクロンアタッチメントに対応しているのもポイント。吸引力の低下や排気が気になる方は検討してみてください。

マキタ(MAKITA) 充電式クリーナー CL110DW

気になるゴミを手軽に掃除したい方におすすめのカプセル式スティック掃除機。10.8V1.3Ahのリチウムイオンバッテリーを内蔵し、最大吸込仕事率21Wの運転で約10分間連続使用できます。

広範囲の掃除には向きませんが、部分的に散らばったゴミを吸い取るのにぴったりです。充電時間は約3時間で、一人暮らしの方や、サブ機を検討している方に向いています。

「トリガスイッチ」を搭載し、スイッチを押している間のみ運転する仕組みを採用。無駄な電力消費を軽減できるのもメリットです。本体は0.93kgと軽量で取り回しも良好。パイプを取り外せばハンディクリーナーとしても使用でき、家具の上などもラクに掃除できます。

マキタ(MAKITA) 充電式クリーナー CL280FDRFW

目の細かい「高機能フィルタEX」を付属し、吸い込んだ粉じんなどの細かいゴミも逃さずダストカップに収容できるカプセル式スティック掃除機。小さな子供がいる家庭や、排気が気になる方にもおすすめです。約750mlと集じん容量が大きく、ゴミの多い場所の掃除にも適しています。

別売のサイクロンアタッチメントにも対応。空気のゴミを遠心分離するので、フィルターが詰まりにくく長時間使用しても本来の吸引力を維持できるのがメリットです。

高効率ブラシレスモーターと18V3Ahリチウムイオンバッテリーにより、最大吸込仕事率45Wの高い吸引力を実現しているのも魅力のひとつ。約20分の連続使用が可能です。低騒音・低振動設計で、長時間でも快適に使用できます。

マキタ(MAKITA) 充電式サイクロンクリーナー CL501DZ 本体のみ

ゴミ捨てやフィルターお手入れがラクにできるサイクロン式キャニスター掃除機です。簡単に取り外せるダストカップを搭載。サイクロンユニットはフィルターがない設計で、お手入れの手間を軽減できます。

排気口には、空気清浄機にも採用される「HEPAフィルタ」を搭載。汚れは、レバーを左右に動かすだけで簡単に取り除くことが可能です。フィルター・ダストカップは取り外して丸洗いでき、衛生的に使用できます。

別売の18Vリチウムイオンバッテリーに対応。3.0Ahのモデルで、約17分稼働できます。ブラシレスモーターを搭載し、コードレスながら最大75Wの高い吸込仕事率でパワフルにゴミを吸い取れるのも魅力です。

マキタ(MAKITA) ハイブリッド集じん機 VC860DZ 本体のみ

コードレスでも、有線でも使用できる業務用キャニスター掃除機です。別売の18Vリチウムイオンバッテリーを2本使用し、合計36Vのハイパワーでコードレスながら70Wの高い吸込仕事率を実現。

100Vのコンセント電源にも対応し、有線なら最大吸込仕事率320Wで強力にゴミを吸い取れます。障害物の多い場所ならコードレス、時間を気にせず使用したい場合は有線と使い分けられるのも魅力です。

固形ゴミだけでなく、水分も吸い取れる乾湿両用タイプ。固形なら最大8L、液体なら最大6Lをダストボックスに収容できます。

マキタ(MAKITA) 充電式集じん機 VC155DZ 本体のみ

固形なら最大15L、液体なら最大12Lのゴミをダストボックスに収容できる業務用キャニスター掃除機。別売の18Vリチウムイオンバッテリーを2本使用し、コードレスで使用できます。

ブラシレスモーターを搭載し、最大吸込仕事率105Wの高い吸引力を実現。最長約40分と長く稼働できるのも魅力です。

吸引力を最大に設定しても、約59dBと静音性が高く快適に使用できます。移動用のキャスターに加えローラーを搭載した安全走行構造により、転倒を予防できるのもポイントです。

マキタ(MAKITA) 充電式ドライクリーナー VC866DZ 本体のみ

別売の18Vリチウムイオンバッテリー2本と高効率ブラシレスモーターにより、コードレスながら最大吸込仕事率90Wの高い吸引力で約50分と長く運転できる業務用キャニスター掃除機。固形のみに対応し、約8Lのゴミを収容できます。

吸引力は、30〜90Wまで無段階に調節可能。吸引力を下げれば、より長時間運転することが可能です。また、低騒音・低振動設計により、長時間でも快適に掃除できます。

フロア・じゅうたんをひとつのスイッチで切り替えられるノズルを付属し、さまざまな床に対応できるのも魅力です。高さが約4.8cmと薄型で、家具の下の狭い隙間も掃除できます。

マキタ(MAKITA) ロボットクリーナー RC200DZSP 本体のみ

約2.5Lと業界最大クラスの集じん容量があり、広いフロアのゴミも収容できるロボット掃除機。ゴミ捨ての頻度を抑えたい方にもおすすめです。「2層」集じん構造を採用。大きなゴミは下段、小さなゴミは上段のダストボックスに仕分けして効率的に集じんします。

別売の18Vリチウムイオンバッテリーを2本使用。床のゴミをかき集める大型サイドブラシと、吸込口付近に搭載したパワーブラシにより床のゴミをしっかり吸い取れるのもメリットです。

障害物・段差を検知するセンサーを搭載し、家具の多い場所でも使用できます。「センサウォール機能」を使えば、侵入禁止エリアを指定できるのもポイント。便利な入・切タイマーも搭載しています。