電動工具を扱うメーカーとして知られる「マキタ」。業務用掃除機を多くラインナップしていますが、最近は使い勝手のよいコードレス掃除機も人気を集めています。

そこで今回は、「マキタの掃除機」のおすすめモデルをご紹介。コスパ良好な製品を揃えているので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

マキタの掃除機の特徴

パワフルな吸引力

By: rakuten.co.jp

マキタの掃除機は充電式掃除機をメインにラインナップしています。一般的に充電式のコードレス掃除機はコード付きのキャニスター型掃除機に比べて吸引力に不安がありますが、マキタの製品はパワフルな吸引力が魅力のひとつです。

なお、連続使用時間は短めですが、バッテリーは取り外し可能。予備バッテリーを別途用意しておけば、より長い時間掃除することもできます。

リーズナブルな価格

安価なモデルが多くラインナップされているのも魅力のひとつ。他社製品に比べても吸引力やバッテリーの性能では劣らないにもかかわらず、リーズナブルな価格で購入できます。

同社の掃除機は機能がシンプルで、付属品が少ないのもポイント。コスパ良好で使いやすい掃除機を探している方はぜひチェックしておきましょう。

マキタの掃除機の選び方

集塵方式をチェック

紙パック式

By: amazon.co.jp

掃除機本体に紙パックを装着し、中に吸い取ったゴミを溜めるタイプです。パックが満杯になったら紙パックごと捨てるだけと、ゴミ捨てが簡単なのがポイント。ワンタッチで簡単に取り外せるほか、水洗いなども不要なので、手軽さや衛生面を重視する方におすすめです。

なお、使い捨てのためランニングコストがかかるのがデメリット。費用を抑えたい方は、再利用できる「ダストバッグ」対応の機種を選びましょう。

カプセル式

By: amazon.co.jp

マキタのカプセル式掃除機は、吸引時の空気圧によってゴミを溜める仕組み。紙パックやダストバッグは付いておらず、本体のカプセルに直接ゴミを集塵します。カプセル式の集塵容量は600ml以上あり、紙パック式よりも容量が大きいため、お手入れ回数が少なく済むのがメリットです。

本体をひねるとカプセルが開き、サッとゴミ捨て可能。掃除機本体にゴミが侵入するのを防ぐフィルターにゴミが詰まると、吸引力が落ちやすいのがデメリットです。フィルターは水洗い可能なので、こまめに洗って掃除機の吸引力をキープしましょう。

サイクロン式

By: amazon.co.jp

サイクロン式とは、遠心力によってゴミと空気を分離する集塵方式のこと。マキタでは、以前はキャニスタータイプの掃除機にしか搭載されていませんでしたが、最新モデルではスティック掃除機でもサイクロン式が登場しています。また、従来のスティック掃除機をサイクロン式に変えられる別売りアタッチメントもあるので、気になる方はチェックしてみてください。

バッテリーをチェック

By: amazon.co.jp

一般的な家庭で使う場合、もっともおすすめなのは「10.8V」のバッテリーを搭載したシリーズです。性能のバランスがよく、マキタ製掃除機のなかでも人気があります。

車や階段のような狭くて掃除しにくい場所で使うなら、「7.2V」のシリーズが最適。吸引力はやや劣るものの、本体サイズが小さくて軽いので扱いやすいのが魅力です。

吸引力や稼働時間の長さを重視するなら、よりパワフルな「14.4V」か「18V」のシリーズがおすすめ。「14.4V」は充電式芝刈り機に使われるバッテリー、「18V」は大型電気工具にも搭載されている強力なバッテリーです。オフィスなど広いスペースを掃除するのにも適しています。

重さをチェック

By: amazon.co.jp

マキタのスティック掃除機は、軽くて扱いやすい点が人気です。しかし、吸引力の高いモデルになればなるほど、高性能でパワフルなバッテリーを搭載しているため重くなります。軽量モデルもラインナップされているので、使う場所や用途などを考慮して、自分にとって使いやすいモデルを選んでみてください。

吸引力をチェック

By: amazon.co.jp

掃除機を選ぶ際に気になるのが吸引力。マキタは吸い込む力の目安として「吸込仕事率」を公開しています。吸込仕事率とは、吸引力をW(ワット)で表したものです。この数値が大きいほどパワフルなことを意味しています。

また、吸引力は運転モードやオプションによっても変動するので注意。吸引力を重視する場合は、一時的に吸引力を高める「パワフルモード」、特殊な繊維を使った「高機能ダストバッグ」などが搭載されているか確認してみてください。

マキタの掃除機おすすめモデル

マキタ(MAKITA) 充電式クリーナ CL282FDRFW

マキタ(MAKITA) 充電式クリーナ CL282FDRFW

強力な吸引力が魅力の紙パック式スティッククリーナー。60Wの吸込み仕事率で運転できる「パワフルモード」を搭載し、狭い隙間に溜まったゴミもきれいに吸い取ります。用途に合わせて42Wの「強」と15Wの「標準」モードに切り替えられるのも魅力です。

高効率な「ブラシレスモータ」を搭載。ブラシ付きモーターよりも省電力で稼働でき、同じ充電量でもより長い時間運転できます。モーターの軸受部には、摩擦を抑えられる「ボールベアリング」を使用し、従来品の約2倍の耐久性を実現しているのもポイントです。

「高機能ダストバッグ」が付属しているのもメリット。通常の紙パックよりも、より効率的にゴミを収集できます。500mlと集塵容量も大きく、ゴミの量が多い場所を掃除する場合などにおすすめです。容量330mlの「抗菌紙パック」も10枚付属しており、掃除場所などに合わせて使い分けられます。

マキタ(MAKITA) 充電式クリーナ CL140FDRFW

マキタ(MAKITA) 充電式クリーナ CL140FDRFW

吸い取ったゴミを外部に逃がさない構造の紙パック式スティッククリーナーです。内部に溜まったゴミが床にこぼれ落ちにくい「ゴミストッパ」を搭載しているのがポイント。収納時などに床が汚れにくいのもメリットです。

ダストバッグ1枚と、抗菌仕様の紙パックが10枚付属しています。ダストバッグは、500mlのゴミを収容できるうえ、繰り返し使用可能です。ランニングコストを抑えたい方におすすめ。一方、紙パックは330mlと小さめながら、使い捨てができるのでお手入れが簡単です。

29Wの「強」と10Wの「標準」モードの切り換えが可能。プロ用の充電工具にも使われる「ハイパワーモータ」を搭載し、パワフルな吸引力を発揮します。吸込口の形状は「斜めカット」。付属のT型やサッシ用ノズルを外しても掃除しやすいのもポイントです。

マキタ(MAKITA) 充電式クリーナ CL107FDSHW

マキタ(MAKITA) 充電式クリーナ CL107FDSHW

軽量ながら、重いゴミも吸い取れる紙パック式スティッククリーナー。吸込み仕事率32Wの「パワフル」モードを搭載し、深い溝に溜まったゴミや大きなゴミも吸い取りやすいのがメリットです。より省電力な20Wの「強」、5Wの「標準」モードも搭載しています。

重量はバッテリーの重さを含めて約1.3kgです。片手で持ち上げても手や腕が疲れにくく、階段や高い場所を掃除したい場合に適しています。

「抗菌紙パック」が10枚付属。本体にワンタッチで外せるカバーを搭載しており、手を汚さずに紙パックを捨てられます。また、密封性を高める「バルブステーコンプリート」を搭載。本体の内部に、ゴミがこぼれ落ちにくいのもポイントです。

マキタ(MAKITA) 充電式クリーナ CL105D

マキタ(MAKITA) 充電式クリーナ CL105D

バッテリー内蔵型の紙パック式スティッククリーナー。本体に充電用コードを差して充電します。バッテリーを取り外す必要がなく、手早く充電を開始できるのがメリットです。便利な「バッテリ切れお知らせ表示」機能も搭載しています。

吸込み仕事率23Wの「パワフル」、14Wの「強」、5Wの「標準」の3つの運転モードを搭載。パワフルモードは、大きめのゴミや隙間に入り込んだゴミも吸い取れるのが魅力です。本体は約1kgと軽く、ソファや家具の上など高い場所もラクに掃除できます。

「フロア・カーペットノズル」が付属しているのもポイント。フローリング用の「床磨きブラシ」と、毛足7mm以下のカーペット用の「毛取りブラシ」の両方を1個のノズルに搭載しています。フローリングの上にカーペットを敷いた床を掃除したい場合などにおすすめです。

マキタ(MAKITA) 充電式クリーナ CL102DW

マキタ(MAKITA) 充電式クリーナ CL102DW

お手頃価格と使い勝手のよさが魅力の紙パック式スティッククリーナー。バッテリーを含め約1kgと持ち運びやさが魅力です。プロ用の充電工具にも使われる「ハイパワーモータ」を搭載し、強い吸引力でゴミを残さず掃除できます。

2つの運転モードを切り替えられる「ワンタッチスイッチ」を搭載。吸込み仕事率14Wの「強」と5Wの「標準」モードがあり、ゴミの大きさや量に合わせて吸引力を調節しながら、効率的に掃除できるのもメリットです。

壁掛け収納が可能な「フック」を搭載。物置などの壁にフック用の器具を取り付ければ、省スペースで保管できます。「ゴミストッパ」を搭載しているのもポイントです。内部からゴミがこぼれ落ちにくく、床を汚すことなく収納できます。

マキタ(MAKITA) 充電式クリーナ CL281FDFCW

マキタ(MAKITA) 充電式クリーナ CL281FDFCW

ゴミ捨てがラクにできるカプセル式のスティッククリーナーです。カプセル部は、ひねるだけで簡単に取り外せてゴミを捨てるだけのシンプルな設計。750mlの大容量で、大量のゴミを収容できます。ゴミ捨ての頻度を抑えたい方にもおすすめです。

「低騒音・低振動」設計なのも魅力。排気口に搭載した「穴あき吸音スポンジ」が運転音を吸収します。さらに、モーター部分に「エラストマ一体モータケース」を搭載し、振動を低減。長時間でも、快適に掃除できるのも魅力です。

吸込み仕事率が60Wの「パワフルモード」、42Wの「強」、15Wの「標準」の3つの運転モードを搭載。「ワンタッチスイッチ」を使用し、簡単にモードを切り換えられます。「ブラシレスモータ」を搭載し、より長い時間稼働できるのもポイントです。

マキタ(MAKITA) 充電式クリーナ L181FDRFW

マキタ(MAKITA) 充電式クリーナ L181FDRFW

ベッドやソファの下も、奥まできれいに掃除できるカプセル式スティッククリーナー。高さの低い隙間に沿わせて使う場合でも、T型ノズルが床に密着し、奥の方までゴミをしっかり吸い取ります。ノズル込みで約1m弱の長さがあり、手の届かない場所の掃除に最適です。

サッシ用ノズルが付属しているのもポイント。深さのある隙間に溜まったゴミやホコリも掃除しやすくなります。別売のさまざまなタイプのノズルにも対応。ブラシ付きやじゅうたん用など、用途に合ったノズルを買い足せば、より効率よく掃除できるのも魅力です。

「強」と「標準」の2つの運転モードを搭載。吸込み仕事率37Wの「強」モードでは、狭い隙間に入り込んだゴミもパワフルに吸い取ります。一方、10Wの「標準」モードは、長時間運転できるのがメリット。広い部屋を掃除したい場合などにおすすめです。

マキタ(MAKITA) 充電式クリーナ CL141FDRFW

マキタ(MAKITA) 充電式クリーナ CL141FDRFW

薄暗い場所も掃除しやすいカプセル式スティッククリーナー。LEDライトを搭載し、手元を明るく照らします。また、バッテリーを含めても約1.3kgと比較的軽量で、取り回しのよさも魅力です。

「斜めカット」の吸込み口を搭載。ノズルがなくてもゴミを吸い取りやすく、車内などの狭い場所の掃除に適しています。そのほかにも、T型とサッシ用ノズルが付属。ソファの下や、深い隙間に溜まったゴミを掃除しやすいのもポイントです。

吸込み仕事率29Wの「強」と10Wの「標準」の運転モードを搭載。ワンタッチ操作でモードを切り換えられ、よりスムーズに掃除を進められます。また、容量650mlのカプセルを搭載し、ゴミ捨てがラクにできるのもポイントです。

マキタ(MAKITA) 充電式クリーナ CL108FDSHW

マキタ(MAKITA) 充電式クリーナ CL108FDSHW

部屋のすみずみまで掃除できるカプセル式スティッククリーナー。バッテリー込みで約1kgと軽量で、自由に動かしやすいのが魅力です。棚の上などの高い場所も、比較的ラクに掃除できます。

吸込み仕事率20Wの「強」、5Wの「標準」に加え、30Wの「パワフル」運転モードを搭載。運転モードはボタンひとつで簡単に切り替えることが可能です。サッシ用ノズルも付属しており、部屋中の隙間に溜まったゴミやホコリをきれいに吸い取れます。

集塵容量600mlのカプセルを搭載。別売の「サイクロンアタッチメント」も使えるのもポイントです。ゴミと空気を分離することで、本来の吸引力をより長く持続できます。どちらの容器もゴミを捨てれば繰り返し使用でき、ランニングコストを抑えたい方にもおすすめです。

マキタ(MAKITA) 充電式クリーナ CL100DW

マキタ(MAKITA) 充電式クリーナ CL100DW

女性でもラクに持ち上げられるカプセル式スティッククリーナー。本体の重さが約0.9kgと非常に軽量なのが特徴です。階段や棚上の掃除にも適しています。腕の筋力に自信のない方や、疲れにくい掃除機をお探しの方にもおすすめです。

運転モードは、吸込み仕事率14Wのみで、切り替え操作が必要なく、誰でも簡単に掃除できます。ゴミ捨てがラクなのもポイントです。カプセル部をひねって取り外し、中のゴミを捨てるのみ。カプセルは繰り返し使えるので、ランニングコストを安く抑えられます。

マキタ(MAKITA) 充電式サイクロンクリーナー CL501DZ

マキタ(MAKITA) 充電式サイクロンクリーナー CL501DZ

排気がクリーンなサイクロン式のキャニスター掃除機。「遠心分離サイクロン」により、ゴミを空気から分離します。空気洗浄機などにも使用される「HEPAフィルタ」も搭載し、空気中の微細なホコリもしっかりキャッチ。子供がいる家庭でも安心して使用できるのが魅力です。

底面に「キャスタ」を搭載。床に転がしながら使用できるので、スティックタイプよりも、手にかかる負担を軽減できます。広い部屋などを掃除したい方におすすめ。コードレスなので取り回しもよく、コンセントの場所を気にせず掃除できるのもポイントです。

お手入れが簡単な「ダストカップ」を搭載。上部からカップを引き抜くだけで、ゴミをサッと捨てられます。カップの汚れが気になる場合は丸洗いも可能なので、衛生的に使える掃除機をお探しの方にもおすすめです。また、ランニングコストも低く抑えられます。