リビングや寝室に置いておけば、ホコリなどが気になったときにサッと使える「ハンディクリーナー」。掃除機をひっぱり出してくるまでもない、食べこぼしなどちょっとした掃除がしたい時に便利です。また、乾いたゴミだけでなく、飲みこぼしや窓の結露など液体を吸い込めるモデルもリリースされています。

そこで今回は、ハンディクリーナーのおすすめモデルをご紹介。選び方も解説しているので、ぜひ参考にして選んでみてください。

ハンディクリーナーの選び方

集じん方法で選ぶ

サイクロン式

By: amazon.co.jp

サイクロン式は、本体のダストカップに吸引したゴミを集める方式です。効率よく集じんできるため吸引力が落ちにくく、長期に渡って快適に使えるのが魅力。また、使い捨ての紙パックが不要なので、ランニングコストを抑えたい方にもおすすめです。

デメリットは、紙パック式と違い本体に直接ゴミをためるため、お手入れが必要な点。とはいえ、ダストカップに溜まったゴミを捨ててさっと水で丸洗いするだけの製品が多く、さほど手間はかかりません。ハンディクリーナーの主流はサイクロン式なので、迷ったらまずはこのタイプを検討してみてください。

紙パック式

By: rakuten.co.jp

紙パック式は本体に機種専用の紙パックをセットし、そこに吸い込んだゴミを集める方式。ゴミがたまればそのまま紙パックごと捨てられるため、ホコリが舞うこともなく衛生的かつ手軽にお手入れできるのが魅力です。

ただし、紙パックは使い捨てなのでランニングコストがかかってしまうのが難点。また、掃除をしたいときに紙パックを切らしていた場合、ハンディクリーナーを使えません。お手入れの際に手を汚したくない方におすすめのタイプです。

ダスト容量で選ぶ

By: amazon.co.jp

ハンディクリーナーは、本体サイズが小さいので小回りが利くのがメリットですが、ダスト容量が少ないことに注意しましょう。

ワンルームで身の回りだけを掃除する方なら気にする必要がありませんが、何部屋も掃除をしたり、ペットを飼っていて頻繁に掃除をしたりするなら、ダスト容量を確認しておきましょう。大容量タイプならゴミ捨ての回数が減らせるため便利です。

コードの有無で選ぶ

By: amazon.co.jp

ハンディクリーナーは、車内の掃除やちょっとしたリビングの掃除などを手軽に行えるのが特徴です。製品の利点を活かすためにも、取り回しが容易な充電式のコードレスタイプがおすすめ。内蔵の充電池で稼働するので、煩わしいコードを省いて快適に掃除を行えます。また、コンセントが近くにない場所でも簡単に掃除でき、車の座席やアウトドアでのテントなど屋外での掃除にも活躍します。

一方で、コード式は充電切れがなくいつでも使えるのがメリットです。リーズナブルで吸引力の高い製品を探している方は、コード式をチェックしてみてください。

重量やサイズをチェック

By: amazon.co.jp

ハンディクリーナーは片手で操作するので、扱いやすい重量の製品をチェックすることが大切です。一般的に、1.5kg程度の製品なら片手でラクに扱えると言われています。特に、掃除するスペースが広い場合や掃除の頻度が高い場合は、重量を重視するのがおすすめです。

また、収納の観点からサイズも重要なポイント。購入前にサイズをしっかりと確認し、取り出しやすい位置にスペースを確保できるか想定してみましょう。コードレスタイプのなかには、充電器にセットして立てかけることで収納と充電をまとめて行える製品も存在します。

その場合は、コンセント付近にハンディクリーナーと充電器を置くスペースが取れるかどうかチェックしてみてください。また、本体のほかにノズルや延長用パイプなどのアタッチメントが付属するモデルの場合は、付属品の収納スペースも確認しておきましょう。

静音性をチェック

By: amazon.co.jp

夜間にハンディクリーナーを使う頻度が高いなら、近所への騒音や寝ている家族に配慮してできるだけ運転音が静かなモノを選ぶのがおすすめ。あまりに運転音が大きいと使いたい時間帯に使えなくなってしまいます。特にマンションやアパートなどの集合住宅で使用する場合は静音性を重視しておきましょう。

最近のハンディクリーナーには、吸引力を高めたことにより運転音が大きいモノがあります。逆に、静音設計を重視したモデルは吸引力が低めでニーズを満たさない場合があるので、購入前に吸引力と運転音をよくチェックして性能に満足できるか判断しましょう。

購入後に後悔しないためは、自分がハンディクリーナーに求めるものをよく考えることが大切です。音がうるさくても吸引力が重要なら、ハンディクリーナーを使用する時間帯に配慮し、窓を締めて掃除するよう心がけましょう。

連続稼働時間をチェック

By: amazon.co.jp

コードレス式は、1回の充電で何分連続して使用できるかがポイント。掃除をする場所が狭い場合は、10分以下で充電が切れても問題ありませんが、ある程度の広さを掃除する場合20分前後は連続運転できないと不便です。また、あまりに充電時間が長いと使いたいときに使えないという問題が生じるので、充電時間も確認しておきましょう。

コードレス式ハンディクリーナーの充電池には、ニッカド充電池とリチウム充電池があるため、それぞれの特徴を把握してから選ぶことも大事です。ニッカド充電池を内蔵したモノは本体が安いというメリットがありますが、放電しやすく充電した電力を使い切らないと追加充電できないデメリットがあります。

一方、リチウム充電池を内蔵したモノは本体が多少高くなりますが、放電が少なく追加充電可能なのがメリット。コードレス式を選ぶ際には使用頻度や使い勝手をよく考え、自分のライフスタイルに合った充電池タイプを選びましょう。

付属のアタッチメントもチェック

By: amazon.co.jp

アタッチメントが豊富に付属しているモデルなら、さまざまな掃除を効率よく行えて便利です。例えば、狭い場所に差し込みやすい細口ノズルは、壁と家具の隙間を掃除する際に活躍します。延長用パイプは、棚の上など高い場所の掃除におすすめです。

また、複数のヘッドが付属するハンディクリーナーも登場しており、掃除したい床の素材や場所に合わせて使い分けることも可能。他にも、布団のダニやホコリを吸引できる布団用ヘッドなど、モデルによって多様なアタッチメントが付属しています。自身の用途に応じてチェックしてみてください。

ハンディクリーナーのおすすめメーカー

ダイソン(dyson)

By: amazon.co.jp

サイクロン掃除機を開発したダイソンはイギリスの電気機器メーカー。クリーナーは、どのモデルも吸引力が高く人気があります。扇風機やドライヤーなども手がけており、独創性のあるおしゃれなデザインが魅力的です。

ハンディクリーナーは、特許技術の2 Tier Radialサイクロンの搭載によるパワフルな吸引力と連続運転時間の長さが特徴。サイクロンによる強力な遠心力が微細なゴミも空気から分離して吸い取るため、部屋の隅々のホコリをきれいに掃除したい方におすすめです。

マキタ(MAKITA)

By: rakuten.co.jp

総合電動工具メーカーのマキタは、充電式の電動工具や園芸工具が有名です。特に、電動工具の分野では世界でもトップシェアを有するメーカー。そのノウハウを活かした高性能な掃除機も評価が高く、プロの清掃業でも採用されています。

そのため、ハンディクリーナーも同社の得意とするリチウム充電池を搭載したモデルが中心。コンパクトでありながらパワフルな吸引力が魅力で、高性能なハンディクリーナーを探している方におすすめです。

また、マキタはアフターサポートが充実しているのもポイントで、全国の営業所へ修理を依頼できます。国内メーカーならではの安心感とハイスペックな性能が人気のメーカーです。

ツインバード工業(TWINBIRD)

By: amazon.co.jp

ツインバード工業はさまざまな家電製品を開発する日本の電機メーカー。ジェネリック家電と呼ばれるコスパのよい生活家電や調理家電が人気です。大手家電メーカーにはないアイデア製品を多数開発しており、大ヒット商品も生まれています。

ハンディクリーナーは、用途に合わせて選べる豊富なラインナップが魅力。サッと取り出して手軽に使えるものから、1台で家中を掃除できるものまで揃っています。使い勝手を重視しつつデザインにも力を入れているのも特徴です。

ハンディクリーナーのおすすめ人気モデル

ダイソン(dyson) ハンディクリーナー V7 Triggerpro HH11 MH PRO

ダイソン(dyson) ハンディクリーナー V7 Triggerpro HH11 MH PRO

吸引力の強さと多彩なアタッチメントが魅力のハンディクリーナーです。パワフルな「ダイソンデジタルモーターV7」を搭載し、特許技術の「2 Tier Radialサイクロンテクノロジー」を採用。常に高い吸引力をキープし、静音設計で快適に掃除を行えるのが魅力です。

集じん方法はサイクロン式で、ワンタッチでゴミを捨てられるため衛生的に使えます。充電池を搭載したコードレスタイプであり、約3.5時間でフル充電が完了。一度の充電で吸引力のモードに応じて約6〜30分使用できます。

付属のミニモーターヘッドは、微細なゴミやハウスダストまで吸引できるので、アレルギー体質の方やペットを飼っている方にもおすすめ。ほかに布団用ヘッドやミニソフトブラシ、細口ノズル、延長ホースなど豊富なアタッチメントが付属しています。1台で幅広い掃除に対応できる、ハイスペックなハンディクリーナーです。

マキタ(MAKITA) 充電式クリーナー CL100DW

マキタ(MAKITA) 充電式クリーナー CL100DW

軽量性に優れた人気のハンディクリーナーです。ヘッドやパイプを外した状態の本体質量がわずか880gと軽いため、取り回ししやすいのが魅力。リチウム充電池によるコードレス式なので、コンセントの位置に縛られずさまざまな場所の掃除に活躍します。

充電は、バッテリーのみを充電器にセットする方式で、約50分の短時間でフル充電が完了するのもメリット。一度の充電で約12分連続使用できます。集じん方法はサイクロン式で、ダスト容量は600mlです。アタッチメントはT型ヘッドの他に細口ノズルや延長用のストレートパイプが付属しています。

ハンディクリーナーとしてだけでなく、スティック型のコードレス掃除機としても使えるため、一人暮らし用の掃除機としてもおすすめ。軽く使い勝手のよいハンディクリーナーです。

マキタ(MAKITA) 充電式クリーナー CL107FDSHW

マキタ(MAKITA) 充電式クリーナー CL107FDSHW

マキタによる人気の高いハンディクリーナーです。リチウム充電池によるコードレス式でありながらパワフルな吸引力を備えているのが魅力。吸引力は簡単なボタン操作で3段階に調整でき、状況に応じて使い分けられます。

急速充電に対応しており、約22分でフル充電が完了するのもメリット。吸引力のモード設定によって約10〜25分連続使用できるため、広い部屋の掃除にも役立ちます。集じん方法は紙パック式で、容量は330mlです。

ヘッドやパイプを除いた重さが1.1kgと軽く、扱いやすいのもポイント。暗い場所の掃除に便利なLEDライトを搭載しており、バッテリー容量が少なくなると点滅するので、突然のバッテリー切れがなく安心して使えます。

アタッチメントは、細口ノズルとストレートパイプが付属。オプションで豊富なアタッチメントが用意されており、必要に応じて買い足せます。コストパフォーマンスに優れたおすすめの製品です。

ツインバード工業(TWINBIRD) パワーハンディークリーナー ハンディージェットサイクロンEX HC-EB51GY

ツインバード工業(TWINBIRD) パワーハンディークリーナー ハンディージェットサイクロンEX HC-EB51GY

コード式のパワフルなハンディクリーナーです。180Wの吸引力でしっかりとゴミやホコリを吸引できるほか、サイクロン式を採用しているため吸引力が持続します。ダスト容量は700mlで、たっぷりとゴミをためることが可能です。

自動車の車内清掃に役立つアタッチメントが豊富に付属しており、車用のハンディクリーナーを探している方におすすめ。ブラシの硬さが異なる2種類のヘッドと細口ノズル、延長パイプが付属しています。

フロアマットや座席などの場所に応じてブラシを使い分けたり、狭い隙間のホコリを細口ノズルで吸引したり、と幅広い場面で効率よく掃除可能。コードの長さは約6mなので、取り回しも良好です。

フロアブラシを取り付けた状態での重さは約1.9kg。充電切れのないパワフルなハンディクリーナーを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ツインバード工業(TWINBIRD) サイクロンスティック型クリーナー TC-E152B

ツインバード工業(TWINBIRD) サイクロンスティック型クリーナー TC-E152B

スティック型掃除機としても使える2wayタイプのハンディクリーナーです。掃除したい場所に合わせて2種類を使い分けられるため、効率よく掃除を行えます。コード式で100Wのパワフルな吸引力を備えているのもメリットです。

吸引力が低下しないサイクロン式を採用しており、紙パックが不要なのもポイント。ダスト容量は500mlで、コードの長さは5mであり、1部屋の掃除に十分対応できます。一人暮らしの方やサブ用掃除機におすすめです。

コードを巻きつけられるコードフックを搭載しているため、収納の際もすっきりとしまえて便利。ゴミ捨てが簡単な「ラクステ」機能も付いています。本体重量は約1.7kgと、取り回しも苦になりません。

アタッチメントには細口ノズルが付属しており、狭い場所や溝などの掃除にも活躍します。細口ノズルは本体のポール部分に収納可能。使いやすさにこだわったおすすめのハンディクリーナーです。

ブラックアンドデッカー(Black + Decker) リチウム乾湿両用ダストバスター WD7201

ブラックアンドデッカー(Black + Decker) リチウム乾湿両用ダストバスター WD7201

液体も吸い取れる軽量ハンディクリーナーです。乾湿両用タイプなのでこぼしたジュースや窓の水滴なども吸引でき、掃除の幅が広がります。重さがわずか700gと軽く取り回しに優れているため、使いたいときに素早く取り出し掃除を行うことが可能です。

集じん方法には、サイクロン式を採用しており、ダスト容量は乾いたモノだと175ml、湿ったモノだと125mlのゴミをためられます。フィルターとダストカップは水洗い可能なので、清潔に使えるのもメリットです。

また、リチウム充電池を内蔵したコードレスタイプなので、約10時間でフル充電が完了し、約8分連続使用できます。さらに、豊富なノズルアタッチメントが付属しているのもポイント。液体吸引用ラバーパット・先細ノズル・ブラシノズルを使い分け、乾湿両方のさまざまなゴミを吸引できます。

電源のオン・オフやフィルターの取り出しをワンタッチの簡単操作で行えるのも魅力。乾湿両用のハンディクリーナーを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ブラックアンドデッカー(Black + Decker) コードレスデザインクリーナー フレキシーII PD1420L

ブラックアンドデッカー(Black + Decker) コードレスデザインクリーナー フレキシーII PD1420L

スタイリッシュなデザインのハンディクリーナーです。本体に巻きつけられた長さ1.5mのロングノズルで、家具の上や狭い場所もスムーズに掃除できます。ジャバラタイプのロングホースがついたハンディクリーナーを探している方におすすめです。

リチウム充電池を内蔵したコードレスタイプで、重さが約1.44kgと、取り回ししやすいのが魅力。約4時間でフル充電が完了し、約13分連続使用できます。本体サイズが約幅30×奥行15×高さ23cmのコンパクトな大きさなのもポイントです。

充電台に2つのノズルパーツと本体をまとめてセットできるので、収納スペースを取らずすっきりと設置できます。集じん方法はサイクロン式で、容量560mlのダストカップを搭載。水洗い可能なため衛生的に使えます。

ゴミ捨てがワンタッチ式で、手が汚れずに済むのもメリット。一人暮らしの方やサブ用掃除機を探している方におすすめのモデルです。

シャーク(Shark) EVOPOWER W30

シャーク(Shark) EVOPOWER W30

洗練されたデザインの高性能なハンディクリーナーです。人間工学に基づいたデザインで、重さがわずか620gと軽量性に優れているため、扱いやすいのが魅力。カラーバリエーションも豊富であり、インテリアに合わせて選べます。

集じん方法はサイクロン式で、集めたゴミは手を汚さずワンタッチでゴミ捨て可能。ダストカップとフィルターは水洗いに対応しており、衛生的に使えます。リチウム充電池を内蔵したコードレスタイプで、約2.5時間の短時間で充電が完了するのもメリットです。

約12分連続使用できるバッテリーが2つ付属しているため、広い部屋や長時間の掃除にも活躍します。バッテリー残量はLED表示でチェックでき、コンパクトな充電ドックに本体を収納しておくだけで充電が行えるので便利です。

アタッチメントは、細口ノズル・マルチノズル・布団用ノズルが付属。気軽に使えるハイスペックなハンディクリーナーを探している方におすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ハンディクリーナー IC-HN40E

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ハンディクリーナー IC-HN40E

リーズナブルな2wayタイプのハンディクリーナーです。付属の延長パイプを取り付けるとスティック型掃除機としても使えます。コード式で70Wの吸引力を備えており、しっかりと吸い込めるのが特徴です。

重さは約1.3kgで、サイズは約幅21×奥行15×高さ41cm。軽量かつコンパクトなので気軽に使用でき、収納も容易です。集じん方法はサイクロン式で、ダストカップは簡単に水で洗えます。

コードは約4.5mの十分な長さがあり、ハンドル部分に巻きつけてすっきりと収納可能。アタッチメントはフロアブラシの他に細口ノズルと小型ブラシが付属しています。さまざまなシーンの掃除に役立つ、コストパフォーマンスのよい製品です。

パナソニック(Panasonic) 充電式掃除機 MC-B20JP

パナソニック(Panasonic) 充電式掃除機 MC-B20JP

コードレスタイプの軽量ハンディクリーナーです。本体重量が約1.3kgと軽く、サイズが約12×30×15cmとコンパクトなため、取り回しに優れておりちょっとした掃除に最適。コードレスタイプでありながら吸引力が強いので、快適に掃除を行えます。

さらに、急速充電に対応しており、約2時間でフル充電できるのもポイント。吸引力は2段階に調整可能で、強で約10分、標準で約22分連続使用できます。集じん方法はサイクロン式を採用。ダスト容量は350mlあり、ダストカップは洗えるため衛生面も安心です。

ヘッド部分には抗菌加工が施されているので、絨毯やカーペットなどの掃除にもおすすめ。アタッチメントは、はけブラシ付きの細口ノズルが付属しています。コードレスで手軽に使えるパワフルなハンディクリーナーです。

パナソニック(Panasonic) 電気掃除機 MC-D25CP

パナソニック(Panasonic) 電気掃除機 MC-D25CP

吸込力145Wのハイパワーを備えたハンディクリーナーです。コード式ならではの強力な吸引力でしっかりとゴミやホコリを吸い取れるのが特徴。サイズが約13×29×19cmとコンパクトなので、収納も容易です。

本体重量は約1.8kgありますが、コードが5mと十分な長さがあるため、取り回しは苦になりません。集じん方法にはサイクロン式を採用しており、ダスト容量は400mlです。ゴミ捨てが簡単に行える構造なのでお手入れも手軽に行えます。

アタッチメントには、細口ノズルとブラシ付きノズルとして使える「2WAYノズル」を付属。コンパクトで吸引力が強いハンディクリーナーを探している方におすすめのモデルです。