コンパクトサイズで気軽に掃除できるのが魅力の「ハンディクリーナー」。ゴミに気が付いたとき、サッと取り出して掃除できるのが強みです。また、家の中だけでなく、車内の掃除にも重宝します。

最近ではさまざまなメーカーからハンディクリーナーが発売されており、どのアイテムを購入するか迷いがちです。そこで今回は、おすすめのハンディクリーナーをご紹介。選び方やおすすめのメーカーについても解説するので、チェックしてみてください。

ハンディクリーナーの選び方

集塵方式をチェック

サイクロン式

By: amazon.co.jp

サイクロン式のハンディクリーナーは、遠心力によってゴミと空気を分離しながら集塵するのが特徴です。フィルターが目詰まりしにくいのが魅力。カップ内のゴミをこまめに捨てることで、吸引力を維持したまま使い続けられます。

また、ダストカップに直接ゴミを集めるので消耗品を購入する必要がなく、ランニングコストを抑えられるのがポイント。加えて、ダストカップが丸洗いできるモデルを選べば、手入れも楽に行えます。

紙パック式

By: amazon.co.jp

紙パック式のハンディクリーナーは、吸い込んだゴミを紙パックに集めるのが特徴です。掃除の頻度によるものの、およそ2~3ヶ月に1回程度交換すればよく、ゴミを捨てる頻度が少なくて済みます。

また、ゴミ捨ての際には紙パックごと捨てられるので、ゴミに直接触れることがなく衛生的なのもポイント。加えて、ゴミを捨てる際に集塵したゴミが舞い散りにくいことや、メンテナンスがほとんど必要ないのも魅力です。

紙パックレス式

By: amazon.co.jp

紙パックレス式のハンディクリーナーは、サイクロン式のモデルと同様にダストカップに直接ゴミを集めるのが特徴。ランニングコストを抑えられるのが魅力です。また、ワンタッチでゴミが捨てられるので、衛生的に使用できます。

サイクロン式との違いは、遠心力でゴミと空気を分離する機能が備わっていないことです。そのため、カップやフィルターの手入れをこまめに行う必要があります。しかし、その分サイクロン式のモデルよりも安い傾向にあるので、初めてハンディクリーナーを購入する方におすすめです。

コード式かコードレスか

By: amazon.co.jp

ハンディクリーナーには、コード式とコードレスの2種類があります。コード式のハンディクリーナーはコードレスのモデルよりも吸引力に優れるモノが多いことや、電池切れの心配がなく長時間使用できることが魅力です。

一方のコードレス式ハンディクリーナーは、取り回しやすく、狭い所や高い所などの掃除しにくい場所にも使用できるのがポイント。また、充電しておけばコンセントから離れた場所を掃除しやすいのでおすすめです。

ダスト容量をチェック

By: amazon.co.jp

ハンディクリーナーによって、ダスト内に溜めておけるゴミの量が異なります。ダスト内のゴミがいっぱいになると吸引力低下の原因に繋がることもあるので注意が必要。そのため、ハンディクリーナーを選ぶ際にはダスト容量をチェックするのがおすすめです。

特に、頻繁にハンディクリーナーを使用する場合は、集塵容積が0.5L以上あるモデルを選ぶのがおすすめ。一方でダスト容量が多いモデルは、本体が大きくなる傾向にあるので、取り回し重視の方や頻繁に使用しない方はコンパクトさを重視して選ぶのがおすすめです。

吸引力をチェック

By: rakuten.co.jp

ハンディクリーナーのデメリットは、一般的な掃除機と比較してサイズが小さく、吸引力が低いことです。今まで普通の掃除機を使っていた方がハンディクリーナーに買い替えると、物足りなさを感じてしまうことがあります。

そのため、ハンディクリーナーを選ぶ際には、吸引力をチェックしておくのがおすすめです。吸引力は「吸引仕事率(W)」で表されるのが一般的で、数値が大きいほど吸引力に優れます。

重さをチェック

By: amazon.co.jp

ハンディクリーナーは片手で持つことを想定して作られているモデルが多いため、本体の重さをチェックしておきましょう。使用頻度が多い場合や卓上などを掃除する機会が多い場合は、1kg以下を目安に選ぶのがおすすめです。

また、先端部分が交換できるモデルや、付属品のあるモデルの場合は、その部品の重量も一緒にチェックしておくのがおすすめ。重量の軽いモデルは取り回しがよく、掃除したいときにサッと取り出して使えるのが魅力です。

場所に合った付属品をチェック

By: rakuten.co.jp

ハンディクリーナーの付属品には、ノズルやブラシなど、さまざまなモノがあります。付属品が豊富にあるモデルを選べば、さまざまなシーンに対応できるのが魅力。狭い場所や家具の下にあるスペースのゴミもサッと吸い込めます。

また、水分を吸引できるアタッチメントが付属したモデルを選べば、飲み物をこぼしてしまってもサッと掃除できるのがポイント。子供やペットのいる家庭におすすめです。

ハンディクリーナーのおすすめメーカー

マキタ(MAKITA)

By: amazon.co.jp

マキタは、1938年に設立された日本の総合電動工具メーカーです。世界50カ国以上に営業拠点を有しており、園芸用機器やエア工具を主に手掛けているのが特徴。また、家庭用機器等の製造や販売も行っています。

マキタのハンディクリーナーは、スティッククリーナーのノズルを外すとハンディククリーナーとして使用可能。本体重量が1kg以下のモデルが多く、楽に取り回せます。また、リーズナブルな価格ながらも充分な吸引力を持ち、コストパフォーマンスに優れているのが魅力です。

シャーク(Shark)

By: rakuten.co.jp

シャークは、アメリカ・ボストンに本社を置く電機メーカーです。日本には2018年に上陸しており、コードレススティッククリーナーやハンディクリーナー、スチームモップなどを主に手掛けています。

シャークのハンディクリーナーは、シンプルなデザインと高性能が特徴。ドックに置くだけで充電できるほか、ワンタッチでゴミが捨てられるなど、手軽に使用できるのも魅力です。

ダイソン(dyson)

By: rakuten.co.jp

ダイソンはジェームズ・ダイソン氏が設立したイギリスの電気機器メーカー。掃除機で有名なメーカーですが、空調家電やヘアケア製品、照明器具なども手掛けています。

ダイソンのハンディクリーナーの特徴は、サイクロンが用いられていること。吸塵力が低下しにくいうえに、堅牢で軽量に設計されているので、長く使えます。

ハンディクリーナーのおすすめモデル|コードレス

マキタ(MAKITA) 充電式クリーナー CL280FDFCW

ブラシレスモーターを採用したコードレス式のクリーナー。吸引仕事率が45Wと、高い吸引力が備わっています。また、ボールベアリング搭載で耐久性が高く、安定しているのが特徴です。

排気口に吸音スポンジを搭載しており、低騒音性に優れているのもポイント。時間帯を問わず、使いたいときにサッと取り出して使えます。また、「エラストマ一体モータケース」が振動を低減。長時間でも快適に使用できます。

ゴミ捨てはカプセルを捻って外すだけで簡単に行えるのが魅力。また、付属の「ロック付サイクロンアタッチメント」を使用すれば、より簡単にゴミ捨てが行えます。取り回しやすく、気軽に使えるハンディクリーナーを探している方におすすめです。

マキタ(MAKITA) 充電式クリーナー CL281FDFCW

集塵容量が750mlのコードレス式クリーナー。付属の「ロック付サイクロンアタッチメント」を使えば1L以上のゴミを溜めておけます。また、高輝度LEDライト搭載で、見えにくい所も掃除できるのが魅力です。

標準時で約50分の連続使用時間を誇るリチウムイオンバッテリーを搭載。広々とした部屋やスペースも一度に掃除できます。また、バッテリー切れお知らせ機能が備わっているのも特徴です。

「ストレートパイプ340」や「高機能フィルターEX」など、種類豊富なアタッチメントが付属しているのもポイント。さまざまな場所のゴミが吸い込めます。低振動・低騒音で、集合住宅に住んでいる方にもおすすめのアイテムです。

マキタ(MAKITA) 充電式クリーナー CL282FDFCW

簡単に運転モードが切り替えられるワンタッチスイッチを搭載したコードレス式のクリーナー。標準時で約50分の連続使用時間が備わったリチウムイオンバッテリーを搭載しているので連続作業に便利です。

手を汚さずにゴミが捨てられる紙パック式。集塵容量は330mlあります。「ロック付サイクロンアタッチメント」を使えばより多くのゴミが集塵可能です。

紙パックが正しくセットされていないとフタが閉まらない構造になっているのもポイント。本体内部にゴミが侵入するのを防ぎます。利便性・耐久力・吸引力を兼ね備えているアイテムです。

シャーク(Shark) EVOPOWER W30 充電式ハンディクリーナー WV251J

コンパクトなコードレス式ハンディクリーナー。グレイ・シルバー・レッドの3種類があり、部屋に合ったカラーが選択できます。置くだけで充電できるドックが付属しており、必要なときにすぐ使えるのが魅力です。

スティック型のコードレス掃除機と同等のモーターが搭載されているのが魅力。リチウムイオンバッテリーが2個付属するので、長時間の使用にも便利です。

ダストカップ内のゴミは触れることなくワンタッチで捨てることが可能。ダストカップとフィルターは取り外して水洗いできるので、きれいな状態を保てます。取り回しがよく、高い吸引力が備わっているアイテムです。

シャーク(Shark) 充電式サイクロンハンディクリーナー CH951J

空気の流れを作り出しながらゴミを集める、「デュアルサイクロン」搭載のコードレス式ハンディクリーナー。作業効率が高く、ゴミが詰まりにくいのが特徴です。車のシートや家具の下などの狭い隙間も楽に掃除できます。

付属のブラシロール搭載ミニモーターヘッドを使用すれば、布団やマットレス、布に付着したゴミなどもサッと吸引可能。繊維に絡みつく髪の毛も取り除きます。

ドックに本体を置くだけで充電できるのもポイント。アタッチメント類もドック内に入れられるので、コンパクトに片づけられます。また、ワンタッチでゴミが捨てられるので、衛生的なのもポイントです。

ダイソン(dyson) V7 Trigger HH11MH

フル充電時で最大30分、モーターヘッド使用時で約20分の連続駆動時間を誇るコードレス式のハンディクリーナー。広範囲を一度に掃除できます。また、「コンビネーションノズル」や「隙間ノズル」などのアタッチメントが付属しており、あらゆる場所に使用できるのが魅力です。

「ダイソンデジタルモーターV7」が強い吸引力を生み出し、微細なゴミから目に見える大きなゴミまで取り除きます。ダイソン独自の「2 Tier Radial サイクロン」がゴミと空気を分離するため、吸引力が落ちにくいのもポイントです。

吸い込んだゴミは触れることなくワンタッチで捨てられるため、衛生的なのが特徴。また、運転音や振動が小さいので、時間帯を問わず使用できます。軽量かつパワフルなモデルを探している方におすすめです。

フカイ工業(FUKAI) ハンディクリーナー FBC-777

市販の充電式乾電池ですぐに使えるコードレス式のハンディクリーナー。本体重量が電池装着時で690gの非常に軽量なのがポイント。取り回しやすく、あらゆる場所に持ち運びできるのが魅力です。

ゴミやホコリだけでなく液体を吸引できるのが特徴。水気のある場所に適しているほか、飲み物をこぼしてしまってもサッと掃除できるのがポイントです。また、ダストカップは独立しており、ゴミ捨ても楽に行えます。

吸水ノズルやブラシ付きノズルなど3種類のアタッチメントが付属。サッシの隙間や狭い所など、さまざまな場所に使用できます。利便性に優れたハンディクリーナーを探している方におすすめのアイテムです。

ハンディクリーナーのおすすめモデル|コード式

ツインバード工業(TWINBIRD) ACハンディーサイクロンクリーナー HC-E243SBK

立てたまま収納できるコード式のハンディクリーナー。場所を取らず、使いたいときにサッと取り出せます。また、高速遠心分離サイクロン方式で紙パックを使う必要がなく、経済的に使用できるのもポイントです。

本体サイズ約225×220×390mm、重量約1.5kgとコンパクトサイズ。取り回しがよく、あらゆる場所のゴミを吸い込めます。また、吸引仕事率が50Wと高い吸引力が備わっており、ゴミを素早く吸い込むので、掃除時間を短縮できるのも魅力です。

すき間ノズルや延長パイプなど、3種類のアタッチメントが付属。家具の間やカーテンレールの上など、手が届きにくい場所のゴミやホコリにも対応できます。オールマイティに活躍するハンディクリーナーを探している方におすすめです。

ツインバード工業(TWINBIRD) パワーハンディークリーナー ハンディージェットサイクロン EXHC-E251GY

吸引仕事率180Wと非常に高い吸引力が備わっているコード式のハンディクリーナー。小さなゴミやホコリから目に見える大きなゴミまで素早く吸い込みます。また、電源コードは約6mあり、広範囲を掃除できるのも魅力です。

「柔らか伸縮すき間ノズル」や延長パイプなど、4種類のアタッチメントが付属。テレビの裏やソファの下など、手が届きにくい場所にもアプローチできます。また、シートのゴミやドアの内張りなど、車の掃除にも便利です。

本体サイズ約140×295×230mm、重量約1.9kgとコンパクト。取り回しがよく、さまざまな場所に持ち運べます。また、スタイリッシュかつ実用的なデザインもおすすめのポイントです。

ツインバード工業(TWINBIRD) パワーハンディークリーナー ハンディージェットサイクロンEX HC-EB51GY

吸引仕事率180Wと高い吸引力が備わっているコード式のハンディクリーナー。集塵容量は約0.7Lで、一度に多くのゴミが吸い込めます。また、遠心力でゴミと空気を分離するサイクロン式で、吸引力が持続するのが特徴です。

自動車の掃除に役立つ4種類のアタッチメントが付属。シートの髪の毛を絡め取ったりダッシュボードの内張にあるゴミを吸い込んだりできます。また、フロアブラシを使えば、フロアマットに入り込んだ砂も吸引可能です。

冷蔵庫の裏やソファの隙間など、家の中の掃除にもおすすめ。電源コードが約6mあるので、家の隅々まで掃除できます。また、カーペットの間に絡まった毛も掻き出すため、ペットのいる家庭にもおすすめのアイテムです。

ツインバード工業(TWINBIRD) パワーハンディークリーナー ハンディージェットサイクロンEX2 HC-EB53GY

紙パック不要のサイクロン式で、ランニングコストが抑えられるコード式のハンディクリーナー。ダストボックスが分解・丸洗いできるほか、フィルターの掃除に便利なブラシが付いており、手入れも楽に行えます。

吸引仕事率200Wと非常に高い吸引力が備わっているのが魅力。細かいゴミから目に見える大きなゴミまで素早く吸込むので、掃除の時間が短縮できます。また、電源コードが約6mあり、広範囲に対応できるのも魅力です。

すき間ノズルやソフトブラシなど、5種類のアタッチメントが付属。組み合わせによって、フローリングやカーペット、車の中やガレージなど、さまざまな場所に使用できます。タフなハンディクリーナーを探している方におすすめです。

シー・シー・ピー(CCP) SWEEPLUS CT-AC64

本体サイズが幅267×奥行134×高さ171mmとコンパクトなコード式のハンディクリーナー。本体重量も1.2kgと軽量で、あらゆる場所に持ち運べます。また、電源コードの長さが約4mあり、コンセントから遠い位置のゴミもサッと吸い込めます。

吸込仕事率は90Wあり、小さなボディでゴミをパワフルに吸引するのが特徴。付属のメインブラシがカーペットに絡まった毛も掻き出して吸い込みます。また、キーボードブラシを使えば、パソコンをキレイにすることも可能です。

メタリックレッドのボディでデザイン性も良好。コストパフォーマンスに優れたおすすめのアイテムです。

シー・シー・ピー(CCP) サイクロン式ハンディ&スティッククリーナー CT-AC84

本体質量が1.25kgと軽量なコード式のハンディクリーナー。気になったゴミをサッと吸い込むなど、ちょっとした掃除に適しています。また、本体サイズは幅230×奥行138×高さ425mmとコンパクトなのも魅力です。

ふとん用ノズルを装着すれば、ふとんクリーナーとしての使用も可能。また、すき間ノズルを使用すれば、ソファのすき間や窓のサッシなどのゴミやホコリも吸引できます。

長さが調節可能な伸縮パイプを装着することでスティッククリーナーとして使えるのもポイント。電源コードの長さが約4.5mあるので、コンセントから遠い場所も掃除できます。取り回しやすく、さまざまな用途で使用できるアイテムです。

日立(HITACHI) こまめちゃん PV-H23

集塵容積が0.6Lの紙パック式ハンディクリーナー。ダストカップを洗う必要がなく、ゴミ捨てが楽に行えるのが魅力です。また、コードの長さは5mあるので、コンセントから遠い場所のゴミもサッと掃除できます。

吸引仕事率が240Wと、高い吸引力が備わっているのもポイント。また、すき間用吸口や延長用パイプが付属しており、手が届きにくい場所にもアプローチ可能です。

本体と吸口に車輪が搭載されているのが特徴。本体を持ち上げることなく、転がすようにテーブルの上や下が掃除できます。ゴミに気付いたときにサッと取り出して使用できるアイテムです。

番外編:ハンディクリーナーとしても使える掃除機

ダイソン(dyson) Micro 1.5kg SV21 FF

本体重量が1.5kgと軽量なコードレススティッククリーナー。取り回しやすく、手軽に使用できます。また、小型のクリーナーヘッドを搭載しており、壁際や家具の下など、掃除しにくい場所のゴミをサッと吸い込めるのも魅力です。

ツールを切り替えることでハンディクリーナーとしても使用できるのが特徴。社内や棚の上などのほか、布団クリーナーとしても使用できます。

溜まったゴミは触れることなくワンタッチで捨てられるので、衛生的に使い続けることが可能。また、フィルターやブラシバーが丸洗いできるなど、お手入れも簡単に行えます。さまざまな用途で使えるスティッククリーナーを探している方におすすめです。

三菱電機(MITSUBISHI) コードレススティッククリーナー iNSTICK ZUBAQ HC-JD2X

ワンタッチ着脱式で、思い立ったときにサッと使えるサイクロン式掃除機。手前に引けばスティッククリーナーとして使用でき、床のホコリがサッと吸い込めます。また、持ち上げればハンディクリーナーとして使用可能。棚上や卓上をキレイにできます。

三菱電機独自の技術が用いられた「JCモーター」を搭載。吸引力が落ちにくいので、長時間の使用に適しています。また、最大毎分125000回転のパワーを誇り、小さなゴミから目に見えるゴミまで強力に吸い込むのも魅力です。

自走式のパワーブラシを搭載しているので、わずかな力で使用できるのもポイント。ふき植毛とアレルパンチ植毛が備わっており、さまざまな床面に対応します。カーペットに絡んだ毛もサッと取り除けるので、ペットのいる家庭にもおすすめのアイテムです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 極細軽量スティッククリーナー PIC-S2-S

本体重量が約1.6kgと軽量で、思い通りに操作できるスティッククリーナー。フィルターの目詰まりが少ないサイクロン式で、吸引力が持続します。また、ヨコにもタテにもヘッドが動くので、ソファ下の狭い隙間もスイスイ掃除可能です。

ボタンひとつでハンドルを取り外せば、ハンディクリーナーとしても使用可能。棚の上やソファ座面の隙間、サッシなどのあらゆる場所が気軽に掃除できます。また、電源コードの長さが約5mあり、コンセントから遠い場所も掃除可能です。

ダストカップがワンタッチで取り外しでき、ゴミが簡単に捨てられるのもポイント。また、ダストカップと集塵フィルターは丸洗いできるので、お手入れも簡単に行えます。コストパフォーマンスに優れたアイテムを探している方におすすめです。

アクア(AQUA) コードレス スティック クリーナー AQC-HF500

ヘッドにハイブリッド回転部と2つの「extraブラシ」が備わっているコードレススティッククリーナー。床の材質に応じて選び分けられるのが特徴です。また、ブラシは道具なしで簡単に着脱できます。

ハンディクリーナーとしても使用でき、小物周りなどの掃除しにくい場所のゴミをサッと吸い込めるのが特徴。また、パイプや「スキマノズル」などのアタッチメントを取り付けることで、高い場所や狭い隙間もラクラク掃除できます。

手元の表示部には大型LEDランプが搭載されており、電池残量や運転モードが一目で確認できるのもポイント。また、電池が着脱式で、本体から離れた場所で充電できるなど利便性に優れます。ペットの毛の掃除をメイン用途として作られたおすすめのアイテムです。

ラドンナ(LADONNA) Toffy マルチスティッククリーナー HW-VC1

サイクロン式で、吸引力が持続するマルチスティッククリーナー。アタッチメントが複数付属しており、狭い隙間や高い場所など、手が届きにくいところのゴミもラクラク掃除できます。また、ハンディクリーナーとしても使えるので、ちょっとした掃除にも便利です。

紙パックをセットする必要がなく、ランニングコストが抑えられるのもポイント。集塵フィルターは取り外して丸洗いできるので、お手入れも簡単に行えます。取り回しやすく、利便性に優れたスティッククリーナーを探している方におすすめです。