リビングや寝室などでホコリが気になったときに、サッと使える「ハンディクリーナー」。食べこぼしを片付けたいときなど、ちょっとした掃除にも便利です。また、乾いたゴミだけでなく、ドリンクや窓の結露などの液体を吸い込めるモデルもラインナップされています。

そこで今回は、ハンディクリーナーのおすすめモデルをご紹介。選び方も解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ハンディクリーナーの選び方

集じん方法で選ぶ

サイクロン式

By: amazon.co.jp

ハンディクリーナーの主流は、「サイクロン式」。本体のダストカップに、吸引したゴミを集める方式です。効率よく集じんができるので、吸引力が落ちにくく、長期にわたって快適に使えるのが魅力。また、使い捨ての紙パックが不要なため、ランニングコストを抑えたい方にもおすすめです。

ただし、本体に直接ゴミを溜める仕組みなので、こまめなお手入れが必要です。とはいえ、ダストカップに溜まったゴミを捨てて、サッと水で丸洗いできる製品が多く、さほど手間はかかりません。

紙パック式

By: rakuten.co.jp

「紙パック式」は専用の紙パックを本体にセットして、吸い込んだゴミを集める方式です。ゴミが溜まったら紙パックごと捨てられるため、ホコリが舞いにくく衛生的。手軽にお手入れできるのも魅力です。

ただし、紙パックは使い捨てなので、ランニングコストがかかってしまいます。また、紙パックを切らした場合はハンディクリーナーを使えないため、ストックしておきましょう。

ダスト容量で選ぶ

By: rakuten.co.jp

ハンディクリーナーは本体サイズが小さく、小回りが利きますが、通常のクリーナーよりもダスト容量が少ない点には注意が必要です。

ワンルームや身の回りだけを掃除するなら気にする必要はありませんが、何部屋も掃除をしたり、頻繁に掃除をしたりするなら、ダスト容量を確認しておくのがおすすめ。大容量タイプなら、ゴミ捨ての回数を減らせて便利です。

コードの有無で選ぶ

By: amazon.co.jp

ハンディクリーナーは、車内の掃除や、リビングのちょっとした掃除を手軽に行えるのが特徴です。

製品の利点を最大限に活かしたい場合は、充電式のコードレスタイプがおすすめ。内蔵された充電池で稼働するので、コードの煩わしさがなく快適に使えます。また、コンセントが近くにない場所で使用できるのも魅力のひとつ。車の座席やアウトドアでのテントなど、屋外での掃除にも活躍します。

一方で、コードタイプのハンディクリーナーは、充電が切れる心配がありません。リーズナブルかつ吸引力の高い製品が多いのもメリットです。

重量やサイズをチェック

By: amazon.co.jp

ハンディクリーナーは主に片手で操作する製品のため、重量をチェックすることも大切です。一般的に、1.5kg程度の製品なら片手でラクに扱えるといわれています。特に、掃除するスペースが広い場合や掃除の頻度が高い場合は、軽量のモノを検討してみてください。また、収納の際に邪魔にならないよう、本体のサイズを確認しておくのがおすすめです。

コードレスタイプのハンディクリーナーのなかには、充電器に立てかけることで、収納と充電をまとめて行える製品も存在します。立てかけるタイプの場合、コンセント付近に本体と充電器を置くスペースが必要です。さらに、本体のほかに、ノズルや延長用パイプなどが付属する場合は、付属品の収納スペースも確認しておきましょう。

静音性をチェック

By: amazon.co.jp

夜間に掃除する頻度が高い方は、できるだけ運転音が静かなモノを選ぶのがおすすめ。特に、マンションやアパートなどの集合住宅で使用する場合は、静音性を重視して検討してみてください。

最近のハンディクリーナーには、吸引力が高い分、運転音が大きいモデルもあります。一方で、静音設計を重視したモデルは吸引力が低いことがあるので、購入前に吸引力と運転音のバランスをチェックしておきましょう。

音が大きくても吸引力を重視したい方は、クリーナーを使う時間帯に配慮し、窓を締めて掃除するのがおすすめです。

コードレスは連続稼働時間をチェック

By: amazon.co.jp

コードレス式の場合は、1回の充電で何分間使用できるかも重要です。身の回りやデスク周辺など、掃除する範囲が狭い場合は10分以内でも十分使用可能。部屋全体など、ある程度の広さを掃除する場合は、20分程度の連続使用ができると安心です。充電にかかる時間も製品によって異なるため、確認しておきましょう。

また、コードレス式の充電池には、「ニッカド充電池」と「リチウム充電池」の2種類があります。ニッカド充電池を内蔵したモノには、本体が安いというメリットがありますが、放電しやすく、充電した分を使い切らないと追加充電できないのが難点です。

一方、リチウム充電池を内蔵したモノは、本体がやや高価ですが、放電が少なく追加充電が可能。使用頻度や使い勝手を考慮して、検討してみてください。

付属のアタッチメントもチェック

By: amazon.co.jp

アタッチメントが豊富に付属しているハンディクリーナーなら、さまざまな場所を効率よく掃除できます。例えば、狭い場所に差し込みやすい細口ノズルは、壁と家具の隙間を掃除する際に便利。延長用パイプは、棚の上など高い場所の掃除で活躍します。

また、複数のヘッドが付属するモデルも発売されており、掃除したい床の素材に合わせて使い分けることが可能。ほかにも、ダニやホコリを吸引できる布団用ヘッドなど、製品ごとに多様なアタッチメントが付属しています。

ハンディクリーナーのおすすめメーカー

ダイソン(dyson)

By: amazon.co.jp

サイクロン掃除機を開発した「ダイソン」は、イギリスの電気機器メーカー。クリーナーは吸引力が高く、人気があります。扇風機やドライヤーなどもラインナップされており、独創性のあるおしゃれなデザインが魅力です。

ダイソンのハンディクリーナーは、特許技術の「2 Tier Radialサイクロン」による、パワフルな吸引力と連続運転時間の長さが特徴。サイクロンの強力な遠心力で微細なゴミを吸い取るため、部屋の隅に溜まった小さなホコリまで掃除したい方におすすめです。

ツインバード工業(TWINBIRD)

By: amazon.co.jp

「ツインバード工業」は、さまざまな家電製品を開発する日本の電機メーカー。「ジェネリック家電」と呼ばれる、コスパのよい生活家電や調理家電が人気です。ユニークなアイデア製品が多く、ヒット製品も多数発売されています。

ツインバード工業のハンディクリーナーは、用途に合わせて選べる豊富なラインナップが魅力。サッと取り出して手軽に使えるモノから、1台で家中を掃除できるパワフルなモノまで揃っています。使い勝手を重視しつつ、デザインにも力を入れているのが特徴です。

マキタ(MAKITA)

By: amazon.co.jp

「マキタ」は、充電式の電動工具や園芸工具で有名な、総合電動工具メーカーです。特に、電動工具の分野では、世界でも高く評価されています。また、ノウハウを活かした高性能な掃除機は、清掃業の現場でも採用されているアイテムです。

マキタのハンディクリーナーは、リチウム充電池が搭載されたモデルを中心にラインナップ。コンパクトながらパワフルな吸引力が魅力で、高性能なハンディクリーナーを探している方におすすめです。

さらに、マキタはアフターサポートが充実しているのも魅力。国内メーカーならではの安心感と、ハイスペックな性能が人気のメーカーです。

ハンディクリーナーのおすすめモデル

ダイソン(Dyson) ハンディクリーナー V6 Car Boat Extra

ダイソン(Dyson) ハンディクリーナー V6 Car Boat Extra

家や車の中を隅々まで掃除できる、コードレスタイプのハンディクリーナー。強い吸引力があり、細かいゴミまでしっかり吸い取ります。充電式で、約20分間の連続使用が可能。また、車のシガーソケットからも充電できるので、車内でも長時間の使用が可能です。

車内の掃除に便利なアタッチメントが付属しているのもポイント。座席の足元に適した延長ホースや隙間ノズルなどを使い分けて、効率的に掃除できます。パワフルな吸引力と豊富なアタッチメントで、室内の掃除にもおすすめのハンディクリーナーです。

ダイソン(Dyson) ハンディクリーナー V7 Mattress

ダイソン(Dyson) ハンディクリーナー V7 Mattress

布団やベッドのゴミをきれいに取り除けるハンディクリーナー。ダイソンならではの吸引力で、ダニやホコリをしっかりと吸い込みます。微細な生地に適した「フトンツール」をはじめ、隙間ノズルやミニソフトブラシなどの便利なアタッチメントが付属。布団だけでなく、部屋のさまざまな場所を掃除できます。

ゴミ捨てがワンタッチで行えて、手を汚しにくいのも魅力。充電式で、フル充電時で約30分間の連続使用が可能です。本体は幅20.6×高さ14.4×奥行40.4cmと扱いやすいサイズ。ハウスダストが気になる方にもおすすめのハンディクリーナーです。

ツインバード工業(Twinbird) パワーハンディークリーナー HC-E251GY

ツインバード工業(Twinbird) パワーハンディークリーナー HC-E251GY

車内の掃除に便利なハンディクリーナーです。アタッチメントとして、シートの掃除に適したソフトブラシや、柔らか伸縮すき間ノズルなどが付属。吸引力もパワフルなので、車内のゴミを隅々まできれいに掃除できます。本体サイズは幅14×高さ23×奥行29.5cmで、重量は約1.9kgです。

無骨なデザインも魅力。主に、男性から人気を集めています。付属の延長パイプを使用すればスティッククリーナーとしても使えるため、家の掃除にもおすすめです。

ツインバード工業(Twinbird) 毛トラッシュ コードレスハンディーサイクロンクリーナー HC-EB19W

ツインバード工業(Twinbird) 毛トラッシュ コードレスハンディーサイクロンクリーナー HC-EB19W

ペットを飼っている方におすすめのハンディクリーナーです。カーペットに落ちた抜け毛の掃除に適した、「毛トラッシュミニノズル」がアタッチメントとして付属。先端のエラストマー樹脂製ブラシが、通常のブラシでは除去しにくいペットの毛を吸い込みます。収納時のサイズは幅12.5×高さ18×奥行39cm程で、重量は1200g。吸い込み口は伸縮式のため、床掃除にも便利です。

また、フル充電時は最大約10分の連続運転ができるのもポイント。集じん方法はサイクロン式で、ダストケースとフィルターを取り外して水洗いができます。掃除後の手入れもラクなハンディクリーナーです。

パナソニック(Panasonic) 充電式掃除機 MC-B20JP

パナソニック(Panasonic) 充電式掃除機 MC-B20JP

カーペットやじゅうたんの掃除をしたい方におすすめのハンディクリーナー。パワーノズルを搭載しており、部屋をしっかり掃除できます。

標準モードなら、約22分の連続運転が可能です。本体サイズは幅12×高さ15×奥行30cm程で、重量は1300g。充電台に立てて置けるため、場所を取らずに収納できます。さらに、ダストボックスは水洗いでき、本体を清潔に保てるのも魅力です。

パナソニック(Panasonic) 電気掃除機 MC-D25CP

パナソニック(Panasonic) 電気掃除機 MC-D25CP

コンパクトで吸引力に優れたハンディクリーナーです。本体は幅12.5×高さ19×奥行29cmと小さめの設計ですが、高い吸引力を実現。パワフルながら運転音は66dBに抑えられており、部屋のゴミを快適に吸い込みます。コードの長さが5mと長く、コンセントの場所を変えなくても広い範囲の掃除が可能です。

通常のブラシノズルに加えて、「2WAYノズル」が付属しているのもポイント。隙間ノズルの先端が2種類に切り替えられ、狭い場所の掃除がはかどります。さらに、紙パックレス設計なので、ゴミ捨ても簡単。シンプルで使いやすい、おすすめのハンディクリーナーです。

シャーク(Shark) EVOPOWER W20 充電式ハンディクリーナー WV250J

シャーク(Shark) EVOPOWER W20 充電式ハンディクリーナー WV250J

スタイリッシュなコードレスタイプのハンディクリーナー。収納せずにリビングなどに置いておいても、インテリアにマッチするデザインです。アタッチメントとして、マルチノズル・隙間用ノズル・布団用ノズルが付属しています。

本体サイズは、幅5×高さ42×奥行6cm程とスリムな設計。重量は約620gの軽量で、片手でもラクに操作できます。集めたゴミをワンタッチで捨てられるので、手を汚しにくいのも魅力。ダストカップとフィルターは取り外しができ、本体を清潔に保つことが可能です。

日立(HITACHI) ハンディクリーナー こまめちゃん PV-H23-A

日立(HITACHI) ハンディクリーナー こまめちゃん PV-H23-A

かわいらしい製品名ながら、ハイパワーなハンディクリーナーです。強力な吸引力を備えていますが、本体は幅13.5×高さ21×奥行31.5cmとコンパクト。重量が約2.1kgありますが、本体に搭載されたローラーを転がせば、ラクに床掃除ができます。

また、延長用パイプや、すき間用吸い口などのアタッチメントが付属しているのもポイント。ダスト容量は約600mlの紙パック式で、「ごみ捨てサイン」がフィルターの交換時期を知らせます。さらに、コードの長さが5mあるため、部屋の隅々まで掃除可能。メインの掃除機としてもおすすめのハンディクリーナーです。

ブラック・アンド・デッカー(BLACK+DECKER) ハンディクリーナー オーブ ORB72LI

ブラック・アンド・デッカー(BLACK+DECKER) ハンディクリーナー オーブ ORB72LI

小型ロボットのようなユニークなデザインの、コードレス式ハンディクリーナー。直径13×奥行14cmのコンパクトサイズで、オフィスのデスクや食卓に置いておけます。付属のブラシノズルを使えば、パソコンのキーボードなどを手軽に掃除することが可能です。

本体重量が約715gと、軽量なのも魅力のひとつ。連続運転時間は約8分で、ダスト容量が約170mlの小容量タイプなので、身の回りのちょっとした掃除におすすめです。

エレクトロラックス(Electrolux) ハンディクリーナー ラピード・リチウム ウェットアンドドライ ZB6106WD

エレクトロラックス(Electrolux) ハンディクリーナー ラピード・リチウム ウェットアンドドライ ZB6106WD

洗面台などの水回りにも使用できる、乾湿両用のハンディクリーナー。窓についた結露なども除去でき、カビ対策ができます。本体サイズは幅41×高さ12×奥行14cm程で、本体重量が約1000g。本体底の前部にフロントホイールを搭載しており、片手で使用する際の負担を軽減します。

リチウムイオン電池を使用した充電式で、通常モードで14分の連続使用ができるのもポイント。アタッチメントとして、吸水ノズルとすき間ノズルが付属しています。ダスト容量が約500mlあるため、部屋中をきれいに掃除することが可能です。

フカイ工業(FUKAI) 充電式ウェット&ドライ・ ハンドクリーナー FC-800

フカイ工業(FUKAI) 充電式ウェット&ドライ・ ハンドクリーナー FC-800

こぼれたジュースなども吸い込める、乾湿両用のハンディクリーナー。重量が約720gと軽量のため、手軽に使用できます。本体サイズは幅11×高さ10.5×奥行35.5cmのスリム設計。充電スタンドが縦型なので、スペースを取らずに収納できて便利です。

アタッチメントとして、隙間ノズル・吸水ノズル・ブラシ付きノズルの3種類が付属しているのも魅力。水回りだけでなく、ソファーのほこりや狭い隙間のゴミも除去できます。軽量設計で、使い勝手のよいハンディクリーナーです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 強力吸引バキュームクリーナー CD-84VC

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 強力吸引バキュームクリーナー CD-84VC

低価格でおすすめのハンディクリーナーです。単3乾電池4本を使って作動するタイプで、充電の手間をかけずに使用できます。安い価格ながら、アタッチメントとしてスタンダードノズル・すき間ノズル・ブラシ付きノズルが付属。部屋中の細かい部分まで汚れを取り除けます。

本体サイズは幅8×高さ8×奥行16.5cmで、重量が約450gと軽量設計なのもポイント。コンパクトで小回りが利き、デスク周辺や車の中をラクに掃除できます。自宅のサブ機としても便利なハンディクリーナーです。

ハンディ機能搭載スティッククリーナーのおすすめモデル

ダイソン(Dyson) コードレススティッククリーナー Dyson V11 Fluffy SV14 FF

ダイソン(Dyson) コードレススティッククリーナー Dyson V11 Fluffy SV14 FF

ハンディ機能を搭載した、強い吸引力があるスティッククリーナー。3.5時間で充電が完了し、最長で60分の連続稼働ができます。本体に液晶ディスプレイが搭載されているため、運転時間が確認できて便利です。

また、アタッチメントとしてミニモーターヘッド・隙間ノズル・コンビネーションノズルが付属しています。先端を付け替えて、ハンディクリーナーとしても使用可能です。

マキタ(Makita) 充電式クリーナ CL181FDRFW

マキタ(Makita) 充電式クリーナ CL181FDRFW

フル充電時で、最大約40分の連続稼働が可能なスティッククリーナー。掃除中にバッテリーが切れにくいアイテムです。ストレートパイプを外せばハンディクリーナーとしても使えるため、細かい場所の掃除がラクに行えます。

ダスト容量は約650mlあり、集めたゴミがカプセルに溜まる仕様。カプセル部分をひねるとゴミ捨てができ、手を汚しにくいのが魅力です。充電式ながら長時間の稼働が可能で、部屋中をしっかり掃除できます。

シャーク(Shark) 充電式コードレスクリーナー EVOFLEX S10

シャーク(Shark) 充電式コードレスクリーナー EVOFLEX S10

日本の住環境を考えてデザインされたスティッククリーナー。本体のパイプが曲がるので、家具などの下をラクに掃除できます。アタッチメントとして、布団ツール・ホコリ取り用ブラシ・ロングフレキシブル隙間ノズルが付属。ハンディクリーナーとしても使えて、布団や棚などの掃除にもおすすめです。

充電式で、最大約19分の連続運転ができるのも嬉しいポイント。本体サイズは幅23.9×高さ109×奥行13.2cmで、重量は約3000gです。収納時は、サッとたたんでコンパクトにしまえます。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 極細軽量スティッククリーナー IC-S2-S

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 極細軽量スティッククリーナー IC-S2-S

本体サイズが幅24.5×長さ114×奥行12.5cmの、スリムなスティッククリーナー。重量は約1.6kgと軽量です。延長ハンドルを簡単に着脱でき、ハンディクリーナーとしても使えます。サイクロン式で、ダストカップとフィルターを取り外して水洗いが可能。掃除の後のお手入れも、ラクに行えます。

コードの長さが約5mあるため、広い範囲の掃除が可能です。自立式なので、掃除中の急な来客など、ちょっとした合間に立てておけるのも便利なポイント。安さと使い勝手のよさが魅力の製品です。

太知ホールディングス(ANABAS) スティッククリーナー SSC-100

太知ホールディングス(ANABAS) スティッククリーナー SSC-100

壁や家具の隙間に立てかけて収納できる、自立式のスティッククリーナー。床の汚れが気になったときに、手軽に取り出せます。長さ4.8mのコード式なので広い範囲を掃除することが可能です。本体サイズが幅25×長さ106.7×奥行14.3cmで、重量は約1.5kg。スティック部分を取り外せば、ハンディクリーナーとしても使えます。

吸引力に優れたサイクロン式で、ダストカップは取り外して水洗いが可能です。すき間ノズルが付属しており、狭い場所の掃除にも対応できます。