リビングや寝室に置いておけば、ホコリなどが気になったときにサッと使える「ハンディクリーナー」。食べこぼしなどちょっとした掃除がしたいときに便利です。また、乾いたゴミだけでなく、飲みこぼしや窓の結露など液体を吸い込めるモデルもラインナップされています。

そこで今回は、ハンディクリーナーのおすすめモデルをご紹介。選び方も解説しているので、ぜひ参考にして選んでみてください。

ハンディクリーナーの選び方

集じん方法で選ぶ

サイクロン式

By: amazon.co.jp

サイクロン式は、本体のダストカップに吸引したゴミを集める方式です。効率よく集じんできるため吸引力が落ちにくく、長期にわたって快適に使えるのが魅力。また、使い捨ての紙パックが不要なので、ランニングコストを抑えたい方にもおすすめです。

デメリットは、紙パック式と違い本体に直接ゴミを溜めるため、お手入れが必要な点。とはいえ、ダストカップに溜まったゴミを捨ててサッと水で丸洗いするだけの製品が多いので、さほど手間はかかりません。ハンディクリーナーの主流はサイクロン式なので、迷ったらまずはこのタイプを検討してみてください。

紙パック式

By: rakuten.co.jp

紙パック式は本体に機種専用の紙パックをセットし、そこに吸い込んだゴミを集める方式。ゴミが溜まればそのまま紙パックごと捨てられるため、ホコリが舞うこともなく衛生的かつ手軽にお手入れできるのが魅力です。

ただし、紙パックは使い捨てなのでランニングコストがかかってしまうのが難点。また、掃除をしたいときに紙パックを切らしていた場合、ハンディクリーナーを使えません。お手入れの際に手を汚したくない方におすすめのタイプです。

ダスト容量で選ぶ

By: amazon.co.jp

ハンディクリーナーは、本体サイズが小さいので小回りが利くのがメリットですが、ダスト容量が少ないことに注意しましょう。

ワンルームで身の回りだけを掃除する方なら気にする必要ありませんが、何部屋も掃除をしたり、ペットを飼っていて頻繁に掃除をしたりするなら、ダスト容量を確認する必要があります。大容量タイプなら、ゴミ捨ての回数が減らせるため便利です。

コードの有無で選ぶ

By: amazon.co.jp

ハンディクリーナーは、車内の掃除やちょっとしたリビングの掃除などを手軽に行えるのが特徴です。

製品の利点を最大限活かしたい場合は、取り回しが容易な充電式のコードレスタイプがおすすめ。内蔵の充電池で稼働するので、煩わしいコードを省いて快適に掃除を行えます。また、コンセントが近くにない場所でも簡単に掃除できるのも魅力のひとつ。車の座席やアウトドアでのテントなど屋外での掃除にも活躍します。

一方で、コード式は充電切れがなくいつでも使えるのがメリットです。リーズナブルで吸引力の高い製品を探している方は、コード式をチェックしてみてください。

重量やサイズをチェック

By: amazon.co.jp

ハンディクリーナーは片手で操作するので、扱いやすい重量の製品をチェックすることが大切です。一般的に、1.5kg程度の製品なら片手でラクに扱えるといわれています。特に、掃除するスペースが広い場合や掃除の頻度が高い場合は、重量を重視するのがおすすめです。

また、収納の際に邪魔にならないよう、購入前にサイズをしっかりと確認する必要があります。取り出しやすい位置にスペースを確保することができるか、きちんとチェックするようにしましょう。

そのほか、コードレスタイプのなかには、充電器にセットして立てかけることで収納と充電をまとめて行える製品も存在します。立てかけ式のモデルは、コンセント付近にハンディクリーナーと充電器を置くスペースが取れるかどうかチェックしてみてください。また、本体のほかにノズルや延長用パイプなどのアタッチメントが付属するモデルの場合は、付属品の収納スペースも確認しておきましょう。

静音性をチェック

By: amazon.co.jp

夜間にハンディクリーナーを使う頻度が高いなら、近所への騒音や寝ている家族に配慮してできるだけ運転音が静かなモノを選ぶのがおすすめ。あまりに運転音が大きいと、使いたい時間帯に使えなくなってしまいます。特にマンションやアパートなどの集合住宅で使用する場合は、静音性を重視しておきましょう。

最近のハンディクリーナーには、吸引力を高めたことにより運転音が大きいモノがあります。逆に、静音設計を重視したモデルは吸引力が低めでニーズを満たさない場合があるので、購入前に吸引力と運転音をよくチェックして性能に満足できるか判断しましょう。

購入後に後悔しないためは、自分が重視するポイントをよく考えることが大切です。音がうるさくても吸引力が重要なら、ハンディクリーナーを使用する時間帯に配慮し、窓を締めて掃除するよう心がけましょう。

連続稼働時間をチェック

By: amazon.co.jp

コードレス式は、1回の充電で何分連続して使用できるかも重要です。掃除をする場所が狭い場合は、10分以下で充電が切れても問題ありません。ただし、ある程度の広さを掃除する場合は、20分前後は連続運転できないと不便です。また、充電にかかる時間が長いと使いたいときに使えないという問題が生じるので、充電時間も確認しておきましょう。

コードレス式ハンディクリーナーの充電池には、ニッカド充電池とリチウム充電池があるため、それぞれの特徴を把握して選ぶことも大事です。ニッカド充電池を内蔵したモノは本体が安いというメリットがありますが、放電しやすく充電した電力を使い切らないと追加充電できないデメリットがあります。

一方、リチウム充電池を内蔵したモノは本体が多少高くなりますが、放電が少なく追加充電可能なのがメリット。コードレス式掃除機を選ぶ際には、使用頻度や使い勝手を考慮して、自分のライフスタイルに合った稼働時間を備えたモデルを選びましょう。

付属のアタッチメントもチェック

By: amazon.co.jp

アタッチメントが豊富に付属しているモデルなら、さまざまな掃除を効率よく行えて便利です。例えば、狭い場所に差し込みやすい細口ノズルは、壁と家具の隙間を掃除する際に活躍します。延長用パイプは、棚の上など高い場所の掃除におすすめです。

また、複数のヘッドが付属するハンディクリーナーも登場しており、掃除したい床の素材や場所に合わせて使い分けることも可能。ほかにも、布団のダニやホコリを吸引できる布団用ヘッドなど、モデルによって多様なアタッチメントが付属しています。

ハンディクリーナーのおすすめメーカー

ダイソン(dyson)

By: amazon.co.jp

サイクロン掃除機を開発したダイソンはイギリスの電気機器メーカー。クリーナーは、どのモデルも吸引力が高く人気があります。扇風機やドライヤーなども手がけており、独創性のあるおしゃれなデザインが魅力的です。

ハンディクリーナーは、特許技術の「2 Tier Radialサイクロン」を搭載したことによるパワフルな吸引力と連続運転時間の長さが特徴。サイクロンによる強力な遠心力が、微細なゴミも空気から分離して吸い取るため、部屋の隅に溜まったホコリをきれいに掃除したい方におすすめです。

マキタ(MAKITA)

By: amazon.co.jp

総合電動工具メーカーのマキタは、充電式の電動工具や園芸工具が有名です。特に、電動工具の分野では世界でもトップシェアを有するメーカー。そのノウハウを活かした高性能な掃除機も評価が高く、プロの清掃業でも採用されています。

そのため、ハンディクリーナーも同社の得意とするリチウム充電池を搭載したモデルが中心。コンパクトながらパワフルな吸引力が魅力で、高性能なハンディクリーナーを探している方におすすめです。

また、マキタはアフターサポートが充実しているのもポイント。国内メーカーならではの安心感とハイスペックな性能が人気のメーカーです。

ツインバード工業(TWINBIRD)

By: amazon.co.jp

ツインバード工業はさまざまな家電製品を開発する日本の電機メーカー。ジェネリック家電と呼ばれるコスパのよい生活家電や調理家電が人気です。大手家電メーカーにはないアイデア製品を多数開発しており、大ヒット商品も生まれています。

ハンディクリーナーは、用途に合わせて選べる豊富なラインナップが魅力。サッと取り出して手軽に使えるモノから、1台で家中を掃除できるモノまで揃っています。使い勝手を重視しつつデザインにも力を入れているのが特徴です。

ハンディクリーナーのおすすめ人気モデル

ダイソン(dyson) ハンディクリーナー V7 Triggerpro HH11 MH PRO

ダイソン(dyson) ハンディクリーナー V7 Triggerpro HH11 MH PRO

コードレスタイプのサイクロン式ハンディクリーナーです。紙パックを必要とせずワンタッチでゴミを捨てられるため、手の汚れやチリ・ホコリが気になる方におすすめのモデルです。特許技術の「2 Tier Radialサイクロン」を搭載しており、静音ながらも高い吸引力を発揮します。

充電時間は約3.5時間で、吸引モードによって最長30分の使用が可能です。また、便利なアタッチメントが付属しているのも特徴で、微細なゴミやハウスダストを吸引できる「ミニモーターヘッド」、布団用ヘッドやミニソフトブラシなどが付属しています。

ダイソン(dyson) ハンディクリーナー V6 Car Boat Extra HH08 MH CB2

ダイソン(dyson) ハンディクリーナー V6 Car Boat Extra HH08 MH CB2

コードレスタイプのハンディクリーナー。運転時間は最大20分間で、運転中の吸引力が終始変わらないのが特徴です。特許技術の「ダイソンデジタルモーター V6」を搭載しており、毎分最大11万回の回転によって強力な吸引力を実現しています。

充電は車のシガーソケットから充電できるのがポイント。車の掃除用に強力な吸引力のハンディクリーナーを探している方におすすめのモデルです。また、ベッドや布団での使用に最適なミニモーターヘッドが付属しており、細かい繊維に入り込んだダニやハウスダストをかき出しながら吸い込みます。

ダイソン(dyson) ハンディクリーナー V7 Mattress HH11COM HH11COM

ダイソン(dyson) ハンディクリーナー V7 Mattress HH11COM HH11COM

静音かつパワフルな「ダイソンデジタルモーター V7」を搭載したハンディクリーナーです。同社のV6シリーズより運転音が軽減されているのが特徴。振動の低減と空気経路の効率化によって音質が改善されており、夜間の掃除や赤ちゃんのいる家庭で音が気になる場合におすすめのモデルです。

さまざまアタッチメントが付属しているのもポイント。伸ばして曲げられる延長ホース・コンビネーションノズル・すき間ノズルなど、通常のハンディクリーナーでは届きにくい場所を掃除したい場合に便利です。

マキタ(MAKITA) 充電式クリーナー CL280FDZW

マキタ(Makita) 充電式クリーナー  CL280FDZW

スティック型として使用できる充電式ハンディクリーナー。パワフルモード時45Wのブラシレスモーターを採用しており、強力に吸引力と従来モデルと比べて2倍もの耐久性も実現しています。紙パック式を採用しているため、手を汚したくない方におすすめです。

排気口に「穴あき吸音スポンジ」を搭載しており、騒音を低減。また、「エラストマ一体モータケース」の採用により低振動も実現しています。長時間の掃除も快適に行えるモデルです。

マキタ(MAKITA) 充電式クリーナー CL182FDRFW

マキタ(Makita)充電式クリーナー CL182FDRFW

紙パック式を採用している充電式クリーナーです。スティックタイプとハンディタイプの2WAYモデルで、使用するアタッチメントによって切り替え可能。部屋・階段・車などさまざまな場所を掃除できるモデルを探している方におすすめです。

連続運転が可能なワンタッチスイッチを搭載しているほか、持ちやすく高い場所や狭いところを掃除する際に便利。また、ハンドストラップを装備しており、手にかけておけば誤って落としにくく安心です。

ツインバード工業(TWINBIRD) ハンディクリーナー HC-E251GY

ツインバード工業(Twinbird) ハンディクリーナー HC-E251GY

パワフルなサイクロン式のハンディクリーナー。電源にはAC100Vを使用するため、ハンディクリーナーのなかでは最大レベルの吸込仕事率180Wを実現しており、吸引力の強いモデルを探している方におすすめのモデルです。

車を掃除するのに適したアタッチメントが豊富なのもポイント。レールや狭い場所に最適なすき間ノズルや、シートやドアの内張りなどに適したソフトブラシなど、徹底的に愛車を掃除できます。また、ダストケースやフィルターは取り外して丸洗いでき、清潔に使用できるのも特徴です。

ツインバード工業(TWINBIRD) ACハンディクリーナー HC-EB41W

ツインバード工業(Twinbird) ACハンディクリーナー HC-EB41W

軽量コンパクトなハンディクリーナーながら、吸込仕事率60Wを実現しているモデルです。電源にAC100Vを使用してパワフルな吸引力を実現しており、高速遠心分離サイクロン方式によって強力な集じん効果が長持ちします。また、紙パックを使用しないので経済的。ランニングコストが気になる方におすすめです。

ダストケースやフィルターは水洗い可能なので衛生的なのも魅力のひとつ。さらに、布団ノズルや掃除しにくい場所に最適なすきまノズルなど、便利なアタッチメントも付属しています。

ツインバード工業(TWINBIRD) サイクロンスティック型クリーナー TC-E152B

ツインバード工業(TWINBIRD) サイクロンスティック型クリーナー TC-E152B

ハンディクリーナーとしても使用できるスティック型掃除機。使用したい場所に合わせて切り替えながら使用できるため便利です。電源はAC100Vを採用しており、パワフルな吸引力を実現。電源コードの長さは5mあるので一度に広い範囲を掃除できます。

コードはコードフックに巻きつけておけるため、収納もすっきり。紙パックを使用せず経済的な「ラクステ」機能も搭載しており、ゴミ処理を簡単に行いたい方におすすめのモデルです。

ブラック・アンド・デッカー(BLACK+DECKER) リチウム乾湿両用ダストバスター WD7201

ブラックアンドデッカー(Black + Decker) リチウム乾湿両用ダストバスター WD7201

本体重量700gと軽量コンパクトなハンディクリーナーです。最大の特徴が乾湿両用の掃除機であること。食べ残しやこぼしたジュースなどの液体も吸引できるため、小さな子供のいる家庭やペットを飼っている方におすすめのモデルです。また、窓の水滴も吸引できるので、結露で困っている場合にも活躍します。

充電式のモデルで、電池が長持ちするリチウム電池を使用。車を掃除する際にも手軽に持ち出して使用できます。充電時間は約10時間で、満充電時の使用時間は約8分です。

ブラック・アンド・デッカー(BLACK+DECKER) コードレスデザインクリーナー フレキシーII PD1420L

ブラックアンドデッカー(Black + Decker) コードレスデザインクリーナー フレキシーII PD1420L

本体に長さ1.5mのロングノズルを巻きつけた、スタイリッシュなデザインが特徴的なハンディクリーナーです。通常のハンディクリーナーでは届かない高い場所や狭い場所でも掃除しやすいモデルを探している方におすすめです。

本体サイズ幅約30×奥行15×高さ23cmとコンパクトさも特徴。重さも約1.44kgと軽量なので取り回しのよさも魅力です。集じん方式はサイクロン式を採用しており、パワフルな吸引力もポイント。また、搭載している容量560mlも
のダストカップは水洗いできるため、衛生的に使用できます。

シャーク(Shark) ハンディクリーナー EVOPOWER W30

シャーク(Shark) ハンディクリーナー EVOPOWER W30

人間工学に基づいた洗練されたスリムなシルエットのハンディクリーナーです。本体重量は620gと軽く持ちやすいため、高い場所を掃除したい場合におすすめのモデルです。

約12分連続使用可能なリチウム電池が2つ付属しており、満充電時の連続運転時間は約24分。広い部屋や長時間の掃除に使用したいときに重宝します。また、本体を置くだけで充電できるドックが付属しているのもポイント。使用するたびに充電コードの抜き差しが不要なうえ、常に充電されている状態で使用できるため便利です。

MooSoo ハンディクリーナー K12

MooSoo ハンディクリーナー K12

大容量リチウム電池を搭載したハンディクリーナー。満充電状態で標準モード時24分間、パワフルモード時でも18分間もの連続使用時間を実現しています。重さわずか500gと超軽量ながら強力な吸引力も特徴。サイクロン式の採用によって、パワフルな吸引力が長時間持続します。

紙パックを使用せずにワンタッチでゴミを捨てられるので経済的。吸引口には逆流防止弁を装備しており、吸い込んだゴミが逆流することはありません。また、ダストカップとステンレスフィルターは取り外して丸洗いできるため、常に清潔に使用したい方におすすめのモデルです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ハンディクリーナー 2Way グレー IC-H404

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ハンディクリーナー 2Way グレー IC-H404

軽量でコンパクトなボディが特徴のハンディクリーナー。サイクロン式を採用しており、遠心力によってゴミと空気を分離してフィルターの目詰まりを防ぐため、長時間にわたって吸引力が長持ちします。ダストカップとフィルターは取り外して丸洗いできるので、お手入れも簡単です。

スティックモードとハンディモードの2WAYで使用できるほか、フロアブラシ・すきまノズル・小型ブラシなど便利なアタッチメントが付属。高い場所や狭い場所、車の清掃など、さまざまな場所で掃除しやすいモデルを探している方におすすめです。

エレクトロラックス(Electrolux) ラピード ウェットアンドドライ ZB5104WD

エレクトロラックス(Electrolux) ラピード ウェットアンドドライ ZB5104WD

エレクトロラックスのハンディクリーナーのうち、乾湿両用タイプの「ラピード ウェットアンドドライ」。ホコリなどの乾燥したゴミはもちろん、濡れた場所でも使うことができます。吸水ノズルが付属しており、こぼした水を吸うことも可能。小さなお子さんがいる家庭におすすめです。

また、手首の負担を抑えられるフロントホイールを搭載。充電ステーションは5段階に角度を調節できるので、ちょっとした棚やデッドスペースなどに保管できます。スタイリッシュデザインでリビングにも置いておけるおすすめのハンディクリーナーです。

パナソニック(Panasonic) 充電式掃除機 MC-B20JP

パナソニック(Panasonic) 充電式掃除機 MC-B20JP

小型ながらパワフルな吸引力が魅力のコードレスハンドクリーナーです。モーター内蔵の「抗菌加工イオンパワーノズル」を搭載しており、じゅうたんやフローリングのゴミもしっかりと吸い取ることが可能。パワーノズルを取り外せば、カーテンなども掃除できます。

ゴミがダストボックスに溜まる「紙パックレス式」を採用。ダストボックスは水洗いに対応しているため、こまめに手入れをすることで、清潔に使い続けることができます。ちょっとした掃除におすすめのハンディクリーナーです。

パナソニック(Panasonic) 電気掃除機 MC-D25CP

パナソニック(Panasonic) 電気掃除機 MC-D25CP

サイズ幅約125×奥行29×高さ190mm、重さ約1.8kgの軽量コンパクトなハンディクリーナーです。電源はAC100Vを採用しており、吸込仕事率145Wものパワフルな吸引力を実現しています。コンパクトながらしっかりと掃除できるモデルを探している方におすすめです。

電源コードは5mと長さがあるため、広い部屋を掃除したい場合に便利。また、紙パックを使用しないので、ゴミ捨てが簡単なうえランニングコストも抑えられます。

東芝(TOSHIBA) サイクロン式クリーナー TORNEO V cordless VC-CL410

東芝(TOSHIBA) ハンディクリーナー TORNEO V cordless VC-CL410

強力な吸引力が特徴のサイクロン式クリーナーです。スティックタイプとハンディタイプを使い分けできる2WAYモデルで、部屋や階段、車などさまざま場所で使用できます。パワフルな吸引力で進みながらゴミをしっかりと取り除く、自走式の「ラクトルパワーヘッド」を搭載。ワイドな吸引口の採用によって、床の菌を約99%除去すると謳われています。

使い勝手のよさも本モデルの特徴。ラクな姿勢で握れる「らくわざフリーグリップ」を装備しているほか、場所を取らずにスマートな充電を可能にする「壁掛け用ホルダー」が付属しています。

また、無駄な電池の消費を抑える「節電ストップ機能」も便利。ヘッドを浮かせた状態が約30秒続くと運転を一時停止し、約60秒後には完全停止するため、電気代を節約したい方にもおすすめです。

エクセルバン(Excelvan) スティック&ハンディクリーナー

エクセルバン(Excelvan) スティック&ハンディクリーナー

スティック型とハンディ型の1台2役のクリーナーです。AC100Vの電源コードを使用するため、パワフルな吸引力が特徴。時間をかけてしっかりと掃除したい方におすすめのモデルです。長時間の使用でモーターの温度が上がりすぎた場合に運転をストップする「マルチプロテクション」を搭載しているので、安心して使えます。

9つもの「DIYノズルキット」が付属しているのもポイント。カーテンレールの上やエアコンの吹き出し口など、一般的なノズルでは掃除しにくい場所も掃除しやすいため便利です。

フカイ工業(Fukai Industry) 充電式ウエット&ドライハンディクリーナー FC-830

フカイ工業(Fukai Industry) 充電式ウエット&ドライハンディクリーナー FC-830

本体重量わずか720gの軽量コンパクトなハンディクリーナー。気になる場所を手軽にサッと掃除したいときに重宝します。吸水ノズルの付属で液体の吸引もできるため、ジュースなどをこぼした際に便利。小さな子供がいる家庭やペットを飼っている家庭に最適です。

充電式タイプなので紙パックは不要。ダストケースやフィルターは水洗いできるため、常に清潔に使用したい方におすすめです。充電は10~12時間で約15分の連続使用ができます。