自動で掃除をする「ロボット掃除機」。ロボット型クリーナーや掃除用ロボットとも呼ばれており、エントリーモデルからハイエンドモデルまで、さまざまなモノがラインナップされています。基本的な機能だけを求める場合は、低価格のロボット掃除機がおすすめです。

そこで今回は、おすすめの安いロボット掃除機をご紹介。選び方も併せて解説するので、ぜひチェックしてみてください。

ロボット掃除機とは?

ロボット掃除機とは、自動的に掃除をするロボットです。ロボット型クリーナーや掃除用ロボットとも呼ばれています。掃除の手間を省けるのがロボット掃除機の魅力。スイッチを入れると自動で掃除を始めるため、手動で掃除機を動かさなくてよいのがポイントです。

家庭用のロボット掃除機は、本体にバッテリーを内蔵しているので、コードレスで動きます。コンセントの位置を気にせずに掃除できるのも魅力。落下防止・障害物検知センサーなどの機能を備えたモデルもラインナップしています。

また、エントリーモデルからハイエンドモデルまでの豊富な種類を展開。ハイエンドモデルほど機能性に優れている傾向にあります。ただし、基本的な性能を求めているなら、低価格で購入できるロボット掃除機がおすすめです。

安いロボット掃除機の選び方

清掃方法をチェック

By: amazon.co.jp

ロボット掃除機の掃除方法は、大きく分けて「吸引タイプ」「拭き掃除タイプ」「吸引・拭き掃除タイプ」の3種類あります。タイプによって掃除方法が異なるので、使用する場所に合わせて選びましょう。

吸引タイプは、吸引口からゴミを吸い込むタイプです。自動走行しながらゴミを集めて、本体のダストボックスに吸い込みます。ゴミをかき集めるためのサイドブラシを搭載しているモデルもあり、畳・フローリング・カーペットなどの掃除が可能です。

拭き掃除タイプは、自動で拭き掃除ができるタイプ。本体裏面のモップでゴミを吸着させるので、排気がなく床のホコリなどを巻き上げにくいのが特徴です。「吸引・拭き掃除タイプ」は、吸引による掃除に加えて、床の水拭きもできるハイブリッドタイプ。床面に合わせて使い分けられるのが魅力です。

清掃能力をチェック

メインブラシの有無

効率的にゴミを集めるには、吸引口に回転するメインブラシがあるかどうかもチェックしておきましょう。メインブラシは、フローリングの溝やカーペットに入り込んだゴミをかき出す役割を果たします。カーペットなどをしっかりと掃除したい方は、メインブラシを搭載したモデルがおすすめです。

ただし、メインブラシを搭載したモデルは、髪の毛などが絡みやすく、手入れが必要になることも。フローリングの掃除がメインの場合は、メインブラシのない吸引口のみのモデルでも十分掃除できます。

普段掃除をする場所に合わせて、メインブラシが必要かどうか検討してみてください。

吸引口の大きさ

By: amazon.co.jp

ロボット掃除機を選ぶ際は、吸引口の大きさも重要です。ゴミを吸い取るための吸引口が大きいと、髪やペットの毛などを吸い込みやすいのが特徴。また、メインブラシを搭載していないモデルであれば、毛絡みがしにくいのもポイントです。

モデルによって、吸引口の大きさが異なるので、購入する前にチェックしてみてください。

ナビゲーション能力をチェック

乗り越え可能な高さ

乗り越え可能な高さが低いロボット掃除機は、カーペットなどを乗り越えられず、段差で引っかかったり止まったりする可能性があります。部屋に段差がある場合は、乗り越え機能に優れたロボット掃除機がおすすめです。

乗り越え機能を備えたモデルを選ぶ際は、どれくらいの高さの段差を乗り越えられるのかもチェックしましょう。

落下防止センサー

ロボット掃除機を選ぶ際は、落下防止センサーを搭載しているかもチェック。階段や玄関などの段差に落下すると、本体が故障したり床が傷ついたりします。段差が多い家の場合は、落下防止センサーを搭載したロボット掃除機がおすすめです。

落下防止センサー搭載のモデルなら、本体下の距離を測定して大きな段差を検知。階段や玄関の手前でロボット掃除機が引き返します。

サイズと形状をチェック

By: amazon.co.jp

ロボット掃除機は、本体のサイズが大きくなるほど、より多くの機能を搭載している傾向にあります。一方で、コンパクトサイズのロボット掃除機は、ソファやベッドの下などの手が届きにくい場所を掃除しやすいのがメリットです。

ロボット掃除機の主な形状は、「丸型」「四角形」「三角形」「D型」の4種類。丸型は家具や段差などの障害物が多い部屋におすすめです。四角・三角形は、部屋の隅や壁際の掃除が得意。D型は、丸型・四角形・三角形の特徴をあわせたハイブリッドタイプです。

三角形・D型のロボット掃除機は、ハイエンドモデルに多く採用されています。安価なモデルにはラインナップが少ないため、留意しておきましょう。

その他の便利機能をチェック

スケジュール設定

By: amazon.co.jp

専用アプリで事前に掃除開始のスケジュールを設定しておくと、ロボット掃除機が自動で掃除を開始・終了する機能。手動で操作する必要がないので、外出中でも部屋を掃除できます。

モデルによっては、曜日と時間を組み合わせたスケジュールを設定可能。決まった日時で掃除をしたい方にもおすすめです。

スマホ連携

By: amazon.co.jp

Wi-Fi機能を搭載しているロボット掃除機なら、スマホと連携できます。専用アプリを使用すれば、掃除の開始・終了などの操作が可能。さらに、掃除した場所のチェックやスケジュール設定をスマホから管理できるモデルもあります。

専用アプリによって特徴が異なるため、購入する前に機能を確認しておきましょう。

静音性をチェック

By: amazon.co.jp

マンションやアパートなどの集合住宅の場合は、静音性に優れたロボット掃除機がおすすめです。音の大きさを表す単位は「デシベル(dB)」で、数値が大きくなるほど音も大きくなります。

静音性に優れたロボット掃除機を探しているなら、50〜60dB前後のモデルを選びましょう。また、ロボット掃除機から異音がする場合は故障している可能性もあるので、メーカーに問い合わせてみてください。

安いロボット掃除機のおすすめ|1万円以下

INSE ロボット掃除機 E31011

高さ7.2cmの薄型設計を採用した吸引タイプのロボット掃除機です。ソファやベッドなど、家具の下に潜り込んで掃除できます。本体にサイドブラシを搭載しており、壁際やコーナーなどのゴミをかき集められるのが特徴です。

約1.5cm以下のカーペットなどを乗り越えられるのも魅力。さらに、衝突・落下防止機能も搭載しているので、障害物への衝突を回避したり、階段からの落下を防げたりできます。

ランダム・計画・エッジモード、3種類の掃除モードを搭載しているため、間取りに合わせた掃除ができるのもポイント。また、バッテリーにリチウムイオン電池を採用しており、約60分間の連続運転を実現しています。

DOMO ELEKTRO JAPAN ロボット掃除機 DM0001

高さ約7.6cmの薄型設計を採用した丸型ロボット掃除機です。10cm以上の高さがあれば、狭い家具の下に潜り込み、ホコリなどを吸い込みます。重量は約1.2kgと軽量なので、持ち運びしやすいのも特徴です。

左右には、2つのサイドブラシを搭載。壁際やコーナーなどに溜まるゴミをかき出せます。また、強力ファンで床のゴミをしっかりと吸引できるのも魅力です。家具や壁に接触すると、本体前部の障害物バンパーが衝撃を吸収。狭い部屋や家具の多い部屋でも安心です。

段差を検知すると、ルート変更をおこなう落下防止センサーを搭載しているのもポイント。ダストボックスは簡単に取り外しできるほか、水洗いが可能です。

QIUUE ロボット掃除機

2000Paの吸引力を実現した丸型のロボット掃除機です。強力吸引により、床の細かいホコリやカーペットのゴミを吸い込みます。高さ約4cmと薄型設計を採用しているため、ベッドやソファの下など、手が届きにくい場所を掃除できるのもメリットです。

低デシベル設計で55dBの静音モードを搭載しているのも特徴。パワフルな吸引力と静音性を兼ね備えています。

吸引・拭き掃除どちらにも対応しているので、カーペット・フローリング・畳など、掃除する場所に合わせて使い分けられるのもポイント。フル充電後に最大約70分動作する、大容量バッテリーを搭載しているのも魅力です。

SYSPERL ロボット掃除機 V50

最大1800Paの強力吸引を実現したロボット掃除機です。高さ7.8cmの薄型設計なので、ホコリが溜まりやすいソファの下など、手の届きにくい場所も掃除できます。また、乗り越え機能を備えているのが特徴です。

専用スマホアプリ・リモコン・Alexaからの遠隔操作ができるのも魅力。さらに、3000mAhの大容量リチウムイオンバッテリーを採用しており、最大約90分の連続使用ができます。

シー・シー・ピー(CCP) 自動モップロボット掃除機 モーファ ZZ-MR2-BE

吸着性に優れているマイクロファイバーを搭載した拭き掃除専用のロボット掃除機です。吸引タイプのロボット掃除機では吸い込みにくい、花粉やホコリも拭き取れるのが特徴。さらに、掃除機の形状が四角形なので、ホコリの溜まりやすい窓際や壁際の掃除に適しています。

薄型設計なので、ベッドやソファなどの下も掃除可能。吸着面積が広いため、たくさんのホコリを掃除できます。また、マイクロファイバーは取り外して水洗いできるのもポイントです。

2時間の充電で、最大約1.5時間の使用が可能。1回の充電で電気代は、約0.2円なのも魅力です。

ツカモトエイム(Tsukamoto-Aim) ロボットクリーナー AIM-RC21

By: tsukamoto-aim.co.jp

吸引・拭き掃除タイプの丸型ロボット掃除機です。左右に回転式ブラシを搭載しており、ゴミをかき集めながら吸引します。また、別売りの専用モップキットを使用すれば、吸引・拭き掃除を同時にできるのが特徴です。

高さ約8cmの薄型設計を採用しており、ソファやベッドの下も簡単に掃除できます。本体重量は約1.2kgと軽量のため、手軽に持ち運べるのも魅力。さらに、落下防止センサーを搭載しているので、段差を検知するとロボット掃除機が自動で方向転換します。

掃除方法は、壁沿い・オートランダム・らせん・バンパー走行の4種類。掃除する場所に適した走行ができます。リチウムイオンバッテリーを搭載しており、最大約120分使用できるのもポイントです。

安いロボット掃除機のおすすめ|2万円以下

アンカー(ANKER) Eufy RoboVac 15C

アンカー独自技術「BoostIQテクノロジー」を搭載したロボット掃除機です。フローリングやカーペットなど床環境を自動で判別。床環境が変化したときに、約1.5秒の速さで吸引力を自動調節します。

専用アプリ「EufyHome」を使用すると、スマホとロボット掃除機の連携が可能。掃除の開始・終了のコントロールやスケジュール設定、モード変更などの操作をスマホからおこなえます。また、掃除のスケジュール設定に対応しているのも特徴です。

障害物との衝突を回避するための赤外線センサーや、階段などからの落下を回避する落下防止機能を搭載。さらに、本体のバッテリー残量が少なくなると、自動で充電ドックに戻ります。機能性に優れたロボット掃除機を探している方におすすめです。

アイライフ V3s Max

高性能のモーターを搭載しており、最大2000Paの強力吸引を実現したロボット掃除機です。ブラシレスの真空吸引口を採用しているため、髪の毛などが吸引口に絡まりにくいのが特徴。ペットを飼っている方にもおすすめです。

吸引に加えて、乾拭きと水拭きに対応しているのもポイント。前方でゴミを吸い込み、後方のパッドで拭き掃除ができます。また、本体に複数の赤外線センサーが搭載されており、障害物や段差を避けながら掃除可能。掃除終了後は自動で充電ドックに戻ります。

専用アプリ「ILIFE HOME」を使用すれば、スマホとの連携が可能。スケジュール予約・掃除履歴・吸引力調節などをスマホから操作できます。

AIRROBO ロボット掃除機 P10

最大2600Paの強力吸引を実現した丸型のロボット掃除機です。パワフルな吸引力ながら、59dBと静かに走行できるのが特徴。静音性を重視する方におすすめです。

本体の高さは、7.9cmの薄型設計を採用。ベッドやソファの下など、狭いスペースに潜り込んで掃除できます。

1.2cmまでの段差を乗り越えられる機能を搭載。フローリングやカーペットなどがある部屋でも使用できます。さらに、自動的に障害物を感知する衝突防止機能や、約8cm以上の段差を検知する落下防止機能を備えているのも魅力です。

本製品は、スマホアプリ・専用リモコン・Alexaと連携可能。音声操作に対応しているのもポイントです。

Lefant ロボット掃除機 M210

薄型設計とパワフルな吸引力が特徴の丸型ロボット掃除機。吸引口はブラシレスのため、髪の毛などが絡みにくいのが特徴です。

さらに、弓形・壁沿い・スポット掃除と3つのモードを備えているので、場所によって適した掃除方法が選べます。また、衝突・落下防止機能を備えているのもポイントです。

大容量リチウムイオン電池を搭載しており、最大約100分の連続運転が可能。バッテリー残量が20%になると本体の赤いランプが点灯し、自動で充電ドックに戻ります。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ロボット掃除機 IC-R01

吸引・水拭き掃除どちらにも対応したロボット掃除機です。前方でゴミを吸引した後に、後方で水拭きが可能。吸引できなかったホコリや花粉などを専用パッドで拭き取れるのが特徴です。

回転するメインブラシとサイドブラシの2種類を搭載。掃除機の形状は四角形を採用しているため、壁際やコーナーなどゴミを掃除しやすいのもポイントです。空気清浄機にも使われるHEPAフィルターを搭載しており、細かいホコリやゴミをキャッチ。排気もクリーンにおこなえます。

約1.5cmまでの段差を乗り越えられる段差乗り越え機能も搭載。ラグやカーペット上も掃除できます。また、バッテリー残量が少なくなると、自動で充電ドックに戻る機能を備えているのも魅力です。

OKP ロボット掃除機 K3

コンパクトかつ薄型設計が特徴の吸引・拭き掃除タイプのロボット掃除機です。2本のサイドブラシとロング真空吸い口を採用しており、髪やペットの毛が絡まりにくいのが特徴。ローラーブラシを掃除する手間を省きたい方にもおすすめです。

落下・衝突防止センサーを搭載しており、外出中でも安心。また、バッテリー残量が少なくなると自動で充電ドックに戻ります。