人気の家庭用自動清掃ロボット「ルンバ」。高性能なナビゲーションシステムや独自の学習機能により、効率的でゴミの取り残しの少ない自動清掃を実現しています。

しかし、さまざまなモデルを豊富にラインナップしているため、はじめてルンバを購入する際は迷ってしまう場合も。そこで今回は、おすすめのルンバをご紹介します。選び方も解説するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

ルンバ(Roomba)とは?

ルンバとはアメリカのロボットメーカー「アイロボット社」が開発した家庭用ロボット掃除機です。米国総務省向けの軍事用ロボットで培った技術を応用して、さまざまな機能を搭載したモデルを発売。世界シェアトップで販売数は世界累計4000万台を超え、日本国内でも人気を集めています。

豊富なモデルをラインナップしており、自宅の間取りやライフスタイルに合わせて選べるのが特徴。また、アプリと連携して清掃スケジュールを提案するなど、家事の手間を軽減するのに役立ちます。

ルンバの魅力

By: irobot-jp.com

ルンバは、自動で移動しながら部屋を掃除できるのが魅力です。あらかじめ設定したスケジュールに沿って、部屋の隅々まで掃除するのが特徴。フローリングはもちろん、カーペットや畳の上などにも対応できます。

テーブルや家具の下などもしっかりと掃除しやすいのもメリット。ソフトなタッチで方向転換するため、家具や壁を傷付けにくいのも嬉しいポイントです。

ゴム製ブラシでゴミや髪の毛が絡みにくく、ダスト容器は水洗い可能。また、見た目がおしゃれなのも魅力で、家の雰囲気やインテリアに合わせて選びやすいのも長所です。

ルンバの人気シリーズ

一人暮らしにおすすめの「e5」

By: irobot-jp.com

買い求めやすい価格を実現しているのが「e5シリーズ」のルンバです。なるべくコストを抑えたい一人暮らしの方におすすめ。また、ゴム製のデュアルアクションブラシを搭載しており、パワフルな掃除能力が期待できます。

パワーリフト吸引との組み合わせで、微細なゴミやペットの毛を取り除きやすいのもメリット。さらに、ゴミや汚れが多い場所をセンサーで感知する「ダートディテクトテクノロジー」を搭載しており、汚れている場所を集中的に清掃する点も魅力です。

コスパ良好な「i2」

By: amazon.co.jp

性能と価格のベストバランスを実現しているのが「i2シリーズ」のルンバです。エッジクリーニングブラシでしっかりとゴミをかき出し、2本のゴム製デュアルアクションブラシで浮き上がらせる3段階クリーニングシステムを搭載。買い求めやすい価格ながら、高い吸引力を有しており、コスパのよさが魅力です。

ナビゲーションシステムを搭載しているため、広範囲を短時間で掃除できるのもポイント。毎日の家事の負担軽減に役立ちます。また、充電残量が少なくなると自動でホームに戻って充電し、中断した場所から掃除を再開する機能も便利です。

部屋数が多くないなら「i3・i3+」

By: amazon.co.jp

ワンルームや1LDKなど、部屋数が少ない場合に適しているのが「i3・i3+シリーズ」のルンバです。パワーリフト吸引と無駄の少ない動きで、効率的にゴミを除去するのが特徴。なお、i3+なら自動ゴミ収集機「クリーンベース」を搭載しており、最大1年分のゴミを溜められて便利です。

エッジクリーニングブラシを搭載し、壁際や角に溜まったゴミをかき出すのもポイント。また、アイロボット独自の角度設計により、隅に入り込んだゴミをしっかりと除去できます。

部屋の間取りを記憶し掃除する「i7・i7+」

By: amazon.co.jp

高性能なナビゲーションシステムを搭載しているのが「i7・i7+シリーズ」のルンバです。「Imprintスマートマッピング」により、家の間取りを学習して記憶するのが特徴。掃除する場所や時間を指示すれば、ライフスタイルに合った自動清掃を実現します。

進入禁止エリア機能やデュアルバーチャルウォールを活用すれば、進入させたくないエリアを設定可能。さらに、音声アシスタントに対応しており、話かけるだけで隅々まで自動で掃除するのも便利です。

拭き掃除モデル「ブラーバジェット m6」と連携できるのもポイント。掃除機がけと拭き掃除を全て自動で行えます。

家具を傷付けたくないなら「j7・j7+」

By: amazon.co.jp

障害物を認識して掃除するのが「j7・j7+シリーズ」のルンバです。「Precision Visionナビゲーション機能」を搭載し、リアルタイムで物体を認識できるのが特徴。家具などを傷付けたくない場合におすすめです。

優れた吸引力を有しているので、微細なゴミを吸引できるのもポイント。さらに、2本のゴム製ブラシが床に密着し、フローリングからカーペットまで床の種類を問わず掃除に役立ちます。

部屋の隅々まで掃除したいなら「s9+」

By: amazon.co.jp

吸引力を重視する方に適しているのが「s9+シリーズ」のルンバです。カーペットの奥に入り込んだホコリやハウスダスト、ペットの毛などを吸い込めるのが特徴。部屋の隅々まで、しっかりと掃除したい場合におすすめです。

家の間取りを学習して記憶する「Imprintスマートマッピング」を搭載し、掃除する場所や時間を指定できるのもポイント。自宅の間取りやライフスタイルに合わせて自動清掃します。また、スマホアプリと連携し、進入禁止エリアを設定できるのも便利です。

価格が安い「693」

By: irobot-jp.com

比較的リーズナブルな価格で購入しやすいのが「693」です。はじめて掃除ロボットを購入する方や、掃除するスペースが限られている場合におすすめ。また、部屋の隅や壁際のゴミをかき出すエッジクリーニングブラシを備えているのもポイントです。

iRobot Homeアプリに対応しており、間取りやライフスタイル、季節などに合わせて的確な清掃スケジュールを提案。さらに、独自技術「ダートディテクトテクノロジー」を搭載しているので、ゴミの多いエリアを検知できるのも魅力です。

ルンバの選び方・比較ポイント

ブラシと吸引力をチェック

By: irobot-jp.com

ルンバのブラシには、ゴムブラシと毛ブラシの2種類があります。いずれも独自のデュアルアクションブラシを採用しており、床の隅々まで掃除できるのが特徴。1本目のブラシがゴミを浮き上がらせてかき出し、2本目のブラシの逆回転によってゴミを取り除く構造です。

ゴム製ブラシはフローリングからカーペットまで、さまざまな床質に密着しやすいのがメリット。なお、壁際や角などの隅に入り込んだゴミをかき出す「エッジクリーニングブラシ」を搭載したモデルもラインナップしています。

強力な吸引力もルンバの魅力。スタンダードな吸引力の600シリーズと比較して、よりパワフルな吸引力を発揮するモデルも展開されています。

ナビゲーション能力をチェック

By: irobot-jp.com

ルンバには、自動清掃を実現するナビゲーション機能を搭載しています。なかには、状況を的確に判断して障害物をリアルタイムに認識する「Precision Visionナビゲーションシステム」を搭載したモデルをラインナップ。掃除をする際にコードなども回避可能です。

フロアトラッキングセンサーにより、無駄なく効率的なナビゲーションも実現。さらに、間取り学習機能を備えているため、キッチンやリビングなど部屋を区別して記憶できます。

バッテリー性能をチェック

By: irobot-jp.com

ルンバは、バッテリーを搭載した充電式です。シリーズによって1回の充電で稼働できる時間が異なるので、チェックしておきましょう。

充電が長持ちするのが、1回の充電で最大120分使用できるモデル。従来モデルと比較して稼働時間が向上しており、家中をしっかりと掃除したい場合に役立ちます。

そのほか、1回の充電で最大90分と75分間使用できるモデルもラインナップ。ただし、最大稼働時間は目安であり、部屋の形状や床の状態、バッテリーの状態などによって異なる点は留意しておきましょう。

クリーンベースの有無をチェック

By: irobot-jp.com

ルンバには、自動でゴミを収集するクリーンベースを搭載しているモデルも展開しています。掃除が終わってホームベースに戻ったら、本体のダスト容器に溜めたゴミを自動的にクリーンベースに収納できるのが魅力です。

最大1年間ぶんのゴミを収納でき、ゴミ捨ての手間を減らせるのもメリット。およそ数ヶ月はゴミ捨てを気にする必要がありません。

密閉型の紙パック「AllergenLock紙パック」へ排出するのもポイント。花粉やカビ、ダニなどを99%封じ込めると謳っており、アレルギー物質や衛生面が気になる方におすすめです。

お手入れのしやすさをチェック。ダストボックスが水洗いできるモデルも

ルンバを選ぶ際には、お手入れしやすさもチェックしておきましょう。お手入れをおこたってゴミを溜めすぎてしまうと、吸引力が低下して本来のパワフルな清掃能力を発揮できない可能性もあります。

本体に備えたダスト容器を水洗いできるモデルなら、すすぐだけで清潔な状態を保ちやすいのが魅力。ダスト容器の微量に残った汚れやゴミも舞い上げず、しっかりと取り除けます。

排気する際にハウスダストを舞い上げてしまうのが心配なら、ダストカップフィルターを搭載しているのかも要チェック。ホコリ・ダニ・ハウスダストなどのアレル物質を99%キャッチすると謳っており、細かい粉塵が気になる方はもちろん小さい子供やペットがいる家庭にもおすすめです。

なお、毛ブラシよりもゴム製ブラシのほうが毛が絡みにくく、取り除きやすい点にも注目。髪の毛が長い方やペットを飼っている場合は、ぜひチェックしてみてください。

搭載されている人工知能をチェック

By: irobot-jp.com

ルンバには、高速応答プロセス「iAdapt」を搭載しています。複数のセンサーによって部屋の広さや形状、ゴミの有無などを把握できるのが魅力です。また、「Imprintスマートマッピング」を搭載したモデルは、「vSLAMナビゲーション」で毎秒230400以上のデータを収集。キッチンやリビングなど部屋を区別して記憶し、効率的な自動清掃を実現します。

ルンバ600シリーズを除いて「アイロボットジーニアス」を搭載しているのもポイントです。家庭の生活習慣を学習して清掃スケジュールを提案。花粉の量が多い時期やペットの換毛期に清掃回数を増やすなど、快適な住環境づくりをサポートします。

アプリと連携してできることをチェック

By: irobot-jp.com

ルンバには、スマホアプリと連携できる機能を搭載しています。家庭の生活習慣や部屋の状態に合わせて自動清掃を提案するのが特徴です。

自動連携サービス「IFTTT」と連携すれば、外出で自宅を離れたら清掃を開始したり、外出先で掃除機がけが完了したのを確認したりが可能。また、スケジュールを設定すると、指定時間に自動清掃を行えます。

頻繁に掃除する場所や時間を登録して、アプリのホーム画面からワンタップで掃除を開始できるのもポイント。加えて、「Clean Mapレポート機能」で掃除した範囲をマップで表示するほか、清掃した時間も確認できます。チャイルドロック・ペットロック機能を搭載しており、本体のボタンの操作を無効にしてアプリから操作するように設定できるのも便利です。

床拭きロボット「ブラーバ」と連携できるかチェック

By: irobot-jp.com

ルンバには600シリーズを除いて、床掃除ロボット「ブラーバジェット」と連携できる機能を搭載しています。iRobot Homeアプリに設定しておけば、「Imprintリンクテクノロジー」によって掃除機がけが終わったのをブラーバジェットに知らせられるのが特徴。から拭きや水拭きなどの拭き掃除を自動で開始します。

フローリングからカーペットまで、床の種類を問わず自動清掃が可能。掃除機がけから床拭きまで、全て自動で行いたい方はチェックしてみてください。

機能性をチェック

進入禁止エリア設定機能

By: irobot-jp.com

ルンバには、進入禁止エリアを設定できる機能を備えたモノも展開されています。ぶつけたくない家具のある部屋や、ペットの水飲み場などにルンバを進入させたくない場合に便利です。

部分的に掃除してほしい場所をピンポイントで指定できるのもメリット。家具を認識し、テーブルのまわりだけを自動清掃するようにも設定できます。ただし、スマホのiRobot Homeアプリを利用して設定できるのは、上位モデルに限られているので留意しておきましょう。

自動再開機能

By: irobot-jp.com

ルンバは充電がなくなると、自動でホームベースに戻って充電する機能を搭載したモデルもラインナップしています。なかには、充電後に中断した場所へ戻って、続きの自動清掃を再開する機能を搭載したモデルも。ゴミの取り残しを軽減し、部屋中をくまなくしっかりと掃除できます。

また、スマート充電機能を搭載したモデルにも注目。充電する際に清掃範囲を想定して、必要な分だけを効率的に充電します。フル充電を待たずに自動清掃を再開するので、すばやく掃除したいときに役立つ機能です。

ルンバのおすすめ

アイロボット(IRobot) ルンバ e5

リーズナブルな価格で一人暮らしにもぴったり

AeroForce3段階クリーニングシステムを搭載しているルンバです。優れた吸引力を実現しているのが特徴。また、買い求めやすい価格も魅力で、掃除するスペースが限られている一人暮らしにおすすめです。

ゴム製のデュアルアクションブラシを採用し、ゴミをかき出しながら吸い込むのもポイント。パワーリフト吸引とあいまって微細なゴミやペットの毛などを逃さずにキャッチします。

iRobot Homeアプリでスマホと連携できるのも便利。高速応答プロセス「iAdapt」との組み合わせで部屋の状況やライフスタイル、季節を考慮して適切な清掃方法を提案します。

音声アシスタントに対応し、話しかけるだけで自動清掃を開始。センサーでゴミや汚れが多い場所を感知するダートディテクトテクノロジーにより、きれいになるまで集中的に掃除できます。

アイロボット(IRobot) ルンバ i2

独自の設計で壁際に溜まったゴミを取り除きやすい

買い求めやすい価格ながら、高性能な機能を搭載したルンバです。エッジクリーニングブラシを搭載し、角や壁際に溜まったゴミを取り除きやすいのが特徴。さらに、独自の角度に設計されており、しっかりとゴミを取り込みます。

フロアトラッキングセンサーを備えているため、無駄なく効率的に掃除できるのも魅力。また、床拭きロボット「ブラーバジェット」を用意すれば、独自のImprintリンクテクノロジーによって掃除機がけが終わってから拭き掃除を開始します。スマホアプリ「iRobot Home」で清掃したエリアや清掃時間の確認できるのもメリットです。

アイロボット(IRobot) ルンバ i3+

ゴミ捨ての手間を減らせる自動ゴミ収集機を搭載

最大1年間ぶんのゴミを収納できる、自動ゴミ収集機「クリーンベース」が付属しているルンバです。溜まったゴミを自動で紙パックに排出するのが特徴。ゴミ捨ての手間を減らせるため、家事の負担を軽減したい方におすすめです。

独自のゴム製のデュアルアクションブラシとパワーリフト吸引の組み合わせにより、パワフルな吸引力を実現。大きなゴミはもちろん、細かいハウスダストもしっかり取り除けます。加えて、エッジクリーニングブラシにより、壁際や角に溜まったゴミを逃さず取り込みやすいのも魅力です。

リアアクティブセンサーテクノロジーを搭載し、狭い場所の進入を回避できるのもポイント。また、ゴミが多い場所を検知して集中的に掃除するダートディテクトテクノロジーを搭載している点にも注目です。

アイロボット(IRobot) ルンバ i3

クリーンベースを搭載していないスタンダードモデルのルンバです。短期間でゴミが大量に出ないワンルームや1LDKなどにおすすめ。また、インテリアに馴染みやすいスタイリッシュなデザインも魅力です。

2種類のゴム製ブラシを組み合わせたデュアルアクションブラシを採用。フローリング・カーペット・畳など、さまざまな種類の床に密着し、大きなゴミから微細なホコリまでしっかりと除去する効果を期待できます。さらに、フロアトラッキングセンサーにより、効率的に掃除できるのもポイントです。

充電残量が少なくなるとホームベースに戻って自動的に充電するのも便利。充電が完了したら中断した場所へ戻って掃除を再開し、ゴミの取り残しを軽減できます。なお、iRobot Homeアプリを活用すれば、リビングやキッチンなど部屋を指定して自動清掃が可能です。

アイロボット(IRobot) ルンバ i7+

高性能なマッピングを実現する「vSLAMナビゲーション」を搭載したルンバです。各部屋をマッピングして、規則正しく自動清掃できるのが特徴。加えて、家の間取りを学習して記憶する「Imprintスマートマッピング」により、家庭のライフスタイルに合わせた効率的な自動清掃を実現できます。

進入禁止エリアを指定できるのも嬉しいポイント。家具やペットのトイレを置いている場所など、進入してほしくないエリアを設定できます。また、特定の部屋の範囲に名前をつけて登録できるのも便利です。

集めたゴミを自動でAllergenLock紙パックに収集する、クリーンベースが付属しているのもメリット。最大1年間ぶんのゴミを溜められて、ゴミの捨ての手間と減らせます。さらに、ダストカップフィルターを備えており、排気のこまかいホコリや目に見えない微細なゴミが気になる方にもおすすめです。

アイロボット(IRobot) ルンバ i7

部屋の環境を学習して記憶する、ルンバの人気モデルです。Imprintスマートマッピングを搭載し、効率的に自動清掃できるのが特徴。夕食後にダイニングルーム、就寝時にキッチンなど、ライフスタイルに合わせて清掃するおすすめモデルです。

iRobot Homeアプリを活用すれば、家の環境や季節を考慮して清掃方法を提案するのもメリット。加えて、AeroForce3段階クリーニングシステムにより、パワフルな吸引力を発揮するのも魅力です。

独自のゴム製デュアルアクションブラシを採用し、ゴミを浮き上がらせてしっかりと取り除きやすいのもポイント。また、比較的リーズナブルな価格で購入しやすいので、コスパを重視する方にもおすすめです。

アイロボット(IRobot) ルンバ j7

「Precision Visionナビゲーション機能」を搭載しているルンバです。部屋の状況をリアルタイムで見極めて的確に自動清掃。物体を認識し、コードやペットの排泄物などの障害物を回避しながら掃除するおすすめモデルです。

パワーリフト吸引により、優れた吸引力を発揮するのも魅力。また、2種類のゴム製ブラシが床に密着するデュアルアクションブラシの採用とあいまって、大きなゴミから微細なホコリまでしっかりと掃除できます。

エッジクリーニングブラシを搭載している点にも注目。壁際や角の取りにくいゴミをかき出しながら吸い込みます。加えて、チャイルド・ペットロック機能を搭載しており、本体のボタン操作を無効にしてアプリや音声アシスタントで操作できるのも便利です。

アイロボット(IRobot) ルンバ j7+

クリーンベースが付属しているルンバです。溜まったゴミを自動で紙パックに排出できるのが魅力。最大1年間ぶんのゴミを溜められるので、ゴミ捨ての手間を減らしたい方におすすめのモデルです。また、ダスト容器を水洗いできるのもポイント。ホコリを舞い上げずにお手入れしやすいため、衛生面が気になる方にも適しています。

充電残量が少なくなると、ホームベースに戻って自動で充電。残った清掃範囲を想定して充電する「スマート充電」に対応しており、すばやく中断した場所へ戻って自動清掃を再開します。さらに、フロアトラッキングセンサーを搭載し、無駄なく効率的に床をしっかり掃除できるのも魅力です。

iRobot Homeアプリで進入禁止エリアを設定できるのも便利。掃除の必要のない部屋を除外できるほか、テーブルのまわりだけを掃除するなどピンポイントな設定にも対応しています。加えて、高度な学習能力を備えた「アイロボットジーニアス」により、生活習慣や季節に応じて自動的にアップロードする点にも注目です。

アイロボット(IRobot) ルンバ s9+

優れた吸引力を発揮する、ルンバの最上位モデルです。カーペットの奥に入り込んだホコリやハウスダスト、ペットの毛などをしっかりと吸い取れるのが特徴。部屋の隅々まできれいにできる、パワフルな清掃力を重視したい方におすすめのモデルです。

Imprintスマートマッピングを搭載し、家の間取りを学習して記憶するのもポイント。掃除したい場所や都合のよい時間、ライフスタイルに応じて自動清掃します。さらに、進入禁止エリアを設定すれば、掃除不要の部屋を指定できるのもメリットです。

クリーンベース付属でゴミ捨ての手間を軽減できるのも便利。集めたゴミをAllergenLock紙パックに収納し、最大1年間ぶんのゴミを溜められます。また、スマホを利用して自動連携サービス「IFTTT」を活用して、自宅を離れると自動清掃を開始する機能にも注目です。

アイロボット(IRobot) ルンバ 693

By: irobot-jp.com

比較的安い価格で購入できるルンバのエントリーモデルです。買い求めやすい価格ながら機能が充実しているのがポイント。エッジクリーニングブラシを搭載し、ゴミをしっかりとかき出して吸い込みます。

アイロボットジーニアスにより、家庭の清掃習慣を学習。花粉の量が多い季節は清掃回数を増やすなど、部屋の状況やライフスタイルに合わせて適切に自動清掃します。また、床材に応じてクリーニングヘッドの高さを自動で調節し、段差のあるカーペットを敷いている場合でも安心です。

多くの高性能センサーを搭載しており、階段からの落下を回避。掃除が終わったらホームベースに戻って、自動的に充電を開始します。コスパのよいモデルを求めている方におすすめです。

ルンバの楽天市場ランキングをチェック

ルンバの楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。

ルンバをお試しでレンタルするという選択肢も

By: irobot-jp.com

ルンバはレンタルを実施しているため、購入する前に試してみたい方におすすめです。「おためし1ヶ月コース」と「あんしん継続コース」の2コースから選択可能。おためし1ヶ月コースは、自宅の部屋の間取りやライフスタイルに適したモデルを選びたい方に適しています。

一方で、あんしん継続コースは利用日数を6ヶ月以上と定めているため、しばらくの間レンタルで使ってみたい方におすすめ。なお、6ヶ月が経過したら返却できるので、自宅にぴったりなモデルを購入しやすいのがメリットです。

さらに、契約期間中の修理が無料なのもポイント。1~2年と長期で利用すれば消耗品の購入クーポンをもらえるほか、4年目からの料金の支払いが不要です。