家事効率のアップに便利な「ロボット掃除機」。最近はラインナップが充実し、国内外のメーカー製品が取り揃っています。ただし、モデルによって性能が異なり、掃除のクオリティはもちろん、障害物回避能力や段差対策、落下防止性能などさまざまです。

そこで今回は、ロボット掃除機のおすすめモデルをご紹介。選び方も合わせて解説するので、購入を検討されている方はぜひ参考にしてみてください。

ロボット掃除機の選び方

タイプをチェック

By: amazon.co.jp

従来のロボット掃除機の主流と言えば、ゴミを吸引する「掃除機タイプ」でしたが、最近は「拭き掃除タイプ」も人気です。

「掃除機タイプ」は、ゴミを吸い取って本体に溜めておくのが特徴。フローリングやカーペットなど部屋全体の掃除が可能なタイプです。

「拭き掃除タイプ」は、本体に搭載されたモップやクロスで水拭きや空拭きできるのが特徴。カーペットや畳での使用はできませんが、フローリングの掃除に最適です。

自宅の間取りやインテリアに合わせて、「掃除機タイプ」か「拭き掃除タイプ」どちらを購入するか検討しましょう。

吸引力をチェック

By: amazon.co.jp

「掃除機タイプ」のロボット掃除機を選ぶ場合は、吸引力が重要です。吸引力が弱いと、ゴミを取りこぼすなど、掃除が不完全になってしまいます。

また、使用する頻度や家庭環境に応じた吸引力を選ぶことも大切です。ペットを飼っている家庭の場合は、ハイパワーの吸引力が搭載されている製品やセンサーでゴミを感知してくれる製品がおすすめ。

吸引口の広さやブラシの本数、ダストボックスの容量などもあわせてチェックしておきましょう。

「幅」と「高さ」をチェック

By: amazon.co.jp

ロボット掃除機を効果的に活用するためには、本体の幅や高さのチェックが重要です。

高さがある製品はソファやベッドなど家具の下に潜り込みにくく、直径が長い製品は狭いスペースの掃除が難しくなります。特に家具の下は掃除しにくいため、ロボット掃除機が掃除できるかどうか、自宅の家具の高さと比較しましょう。

形状をチェック

By: amazon.co.jp

ロボット掃除機を選ぶ際は、本体の形状が大切です。今までは円形モデルが主流でしたが、最近では三角形モデルの製品も増えてきました。

三角形モデルは、円形では届きにくい隅を掃除しやすいメリットがあります。隅々までしっかり掃除したい方は、形状もチェックしておきましょう。

機能をチェック

人工知能

By: panasonic.jp

人工知能を搭載したモデルは、掃除した場所を学習しながら効率的に走行できるのが特徴。なお、モデルによっては音声を認識することで、簡単な会話ができるアイテムもリリースされています。

音声認識タイプは、挨拶や掃除の結果を報告してくれるのが特徴。また、製品によっては掃除中に好きな音楽を本体スピーカーから再生できるタイプもあります。

自動充電機能

By: amazon.co.jp

自動充電機能とは、掃除が終了したり、バッテリー残量が少なくなったりすると、ロボット掃除機自体が自動的に充電スポットへ戻ってくれる便利な機能です。自動充電機能が付いていないと掃除が完了した途端にその場で止まってしまうため、ロボット掃除機を充電スポットまで持ち運ぶ手間が発生してしまいます。

また、ベッドやソファの下で止まってしまった場合には、かくれんぼ状態となるので要注意。よりストレスなくロボット掃除機を活用したい方は、自動充電に対応しているかを確認しておきましょう。

段差乗り越え機能

By: amazon.co.jp

段差乗り越え機能とは、部屋の中の段差を乗り越えてそのまま掃除を続ける機能のことです。この機能がよくないと、段差があるたびにロボット掃除機が立往生してしまいます。

乗り越えられる段差の高さは製品によって異なりますが、基本的には本体サイズが小さ過ぎるタイプやモーターのパワーが弱いタイプは段差乗り越え能力が低くなりがちです。購入する際は考慮しておきましょう。

落下防止センサー

By: amazon.co.jp

落下防止センサーとは、その名の通りロボット掃除機が段差の上から落下してしまうのを防ぐセンサーのことです。基本的には「赤外線センサー」を本体の裏に複数設置することで、段差があるかどうかを感知できます。

ちなみに、現在リリースされているほとんどの機種に備わっている機能ではありますが、赤外線センサーは黒い色を感知できないのが弱点。段差の先に黒い物があると反応できず、そのまま落下してしまうケースもあります。そのため、製品によっては「超音波センサー」などを同時に搭載することで赤外線センサーの弱点をカバーしています。なお、落下防止のクオリティと価格帯は比例関係にあるので、購入する際は予算との兼ね合いも考慮して判断するようにしましょう。

衝突防止センサー

By: amazon.co.jp

衝突防止センサーとは、その名の通り家具や壁への衝突を避ける機能。赤外線センサーや超音波センサー、レーザーセンサーなどを搭載することで壁や障害物を感知し、衝突時のショックを軽減してくれます。

国内メーカーのロボット掃除機は、優れた衝突防止機能を備えていると言われていますが、製品によって搭載しているセンサーの種類や数は異なるのであくまでも目安です。なお、衝突防止機能が優れているほど掃除にかかる時間は長くなりがちなので、その点は留意しておきましょう。

バーチャルウォール

By: irobot-jp.com

バーチャルウォールとは、段差が多い場所や赤ちゃんが寝ている部屋など、ロボット掃除機に近づいてほしくない所にあらかじめ「見えない壁」を設定できる機能です。

この機能を活用すると見えない壁で区切ったエリアにはロボット掃除機が入り込めなくなるので、よりデリケートに使用することが可能。なお、製品によっては部屋の入口などに設ける「直線の壁」だけではなく、スポット的に「円形の壁」を設けられるタイプもあります。円形の壁は、ペットの水飲み場などの限られた小さなエリアも立ち入り禁止区域に設定できます。

アプリ連携

By: panasonic.jp

アプリ連携機能が搭載されたロボット掃除機は、Wi-Fi接続することでスマホやタブレットからでも遠隔操作することが可能です。

なお、製品によっては電源のオンオフだけではなく、掃除結果をスマホに表示したり、掃除スケジュールを設定できたりするモノもあります。アプリのメニューの充実度やお掃除マップの使い勝手などは事前に把握しておきましょう。

ロボット掃除機のおすすめモデル|掃除機タイプ

アイロボット(iRobot) ロボット掃除機 ルンバ i7

アイロボット独自のAeroForce 3段階クリーニングシステムによって、部屋中の細かなゴミをしっかり掃除できるモデルです。スマートマッピング機能が間取りを記憶することで、無駄なく効率的に掃除可能。

窓際や部屋の隅の取りにくいゴミをかき出して掃除してくれる「エッジクリーニングブラシ」と、アイロボット独自の「ゴム製のデュアルアクションブラシ」が高い吸引力を発揮。パワーリフト吸引機能搭載で、ダニやホコリなど微細なゴミやペットの毛まで逃さず取り除きます。

フローリングや畳、カーペットなど床の素材に合わせて吸引口を最適な状態に調整。2cm程度の段差なら軽々乗り越えて、部屋全体をスムーズに掃除します。ルンバが入ってほしくない所には、「デュアルバーチャルウォール」を設置することで、清掃エリアを思いのままに設定可能です。

自動充電や自動再開、スケジュール機能も搭載しており、アプリとの連携も可能。外出先からの遠隔操作以外にも、スケジュール管理や清掃状況、清掃履歴の確認もできます。

アイロボット(iRobot) ロボット掃除機 ルンバ e5

リーズナブルな価格で機能性に優れた、ルンバのハイエンドモデルです。カメラ機能を搭載していない代わりに、高速応答プロセス「iAdapt」を搭載。数十種類のセンサーで部屋の情報を集め、40以上の行動パターンから最適な動作を選択・実行します。さまざまな角度から何度も掃除することで、ゴミを残しません。

従来品はモーターが内蔵していたため、ダスト容器の水洗いはできませんでしたが、本製品は水洗いできるのが魅力。さっと水洗いするだけで汚れが落ちるため、普段のお手入れもお手軽です。

ラグやカーペットなど2cm程度の段差なら軽々乗り越えて、部屋全体をスムーズに走行します。入ってほしくない場所を避ける「バーチャルウォール」や、「ヘイローモード」も搭載しており、ペットや小さな子供がいる家庭でも安心して使えるモデルです。

アイロボット(iRobot) ロボット掃除機 ルンバ 961

稼働時間最大75分、最大112畳まで対応しているロボット掃除機です。本体に搭載したカメラと多彩なセンサーでフロア全体を把握し、ルンバの位置と間取りを正確に判断することで、隅々まで掃除します。

高さ92mmのコンパクト設計なので、家具の脚周りやベッドの下など掃除しにくい箇所も難なく走行。「エッジクリーニングブラシ」とゴム製の「デュアルアクションブラシ」で窓際や部屋の角まで隈なく掃除できるのも特徴です。

床の素材判別機能も搭載しており、カーペットやラグなど敷物の上はパワーを変えて走行するのも魅力。カーペットなどを検知すると自動で吸引力を上げ、奥に入り込んでしまった髪の毛や小さなハウスダストも吸い込みます。

清掃中にバッテリー残量が少なくなると、自動でホームベースに戻って充電。充電後に残りのエリアを清掃してくれるため、広いリビングや平屋など、広範囲の掃除も問題ありません。

落下検知機能や自動充電機能、タイマー機能も搭載しており、スマホでの遠隔操作も良好。掃除を安心して任せられるおすすめの製品です。

エコバックス(ECOVACS) DEEBOT 900

部屋の間取りをレイザーで自動測定するLDSを搭載したロボット掃除機。家具などの多い部屋でも、形状に合わせて隅々まで効率よく掃除できます。

床の素材に合わせて変更できる2種類の吸引方式を採用。カーペットを掃除したい場合は、メインブラシを使ってかき出すように清掃し、フローリングはメインブラシ無しで清掃するなど、状況に合わせて切り替えることが可能です。

「ECOVACSアプリケーション」および「マッピング機能」を搭載することで、部屋の間取りを記憶して最も効率的な清掃経路を考えて掃除。掃除を終えると自動でドッキングステーションに戻り、充電を行います。

スマホアプリと本体をWi-Fiでつなげば、いつでもどこでも遠隔操作が可能。AmazonエコーやGoogleホームとの互換性もあり、App経由で制御ができます。

パナソニック(Panasonic) ロボット掃除機 ルーロ MC-RS810

カメラセンサー「SLAM技術」を搭載したモデルです。本体が今どこにいるか自己位置を認識し、走行軌跡をマッピングすることで間取りを学習します。まるでゴミのたまり場が見えているかのように、効率よく掃除できるのが特徴です。

独自の三角形状によって、部屋の角までブラシが入り込み、本体を左右に振りながらしっかりゴミを排出。壁際を検知して走行するため、ゴミが残りやすい壁際や窓際を徹底的に掃除できます。

「レーザーセンサー」「超音波センサー」「赤外線センサー」の3種類の障害物検知センサーによって、約2cm幅の障害物まで検知。ギリギリまで接近することで、椅子の隙間など細かい場所もしっかり掃除します。さらに、クリーンセンサーでゴミの量も記憶して、部屋の中のゴミが溜まりやすい所を徹底的に掃除可能です。

ブラシやダストボックスの水洗いが可能なため、本体をいつでも清潔に保てるのも魅力。メンテナンスの手軽さも人気の理由のひとつです。

日立(HITACHI) ロボット掃除機 ミニマル RV-EX20

直径25cm、高さ9.2cmのコンパクトボディが特徴のロボット掃除機。ソファやベッドの隙間など、ノズル付きの掃除機では届きにくい所もしっかり掃除できます。

独自の「ダブルかきとりブラシ」や、「小型ハイパワーファンモーターR」による高い集じん力で、細かなホコリまでしっかり掃除。フローリング、カーペット、畳など床の素材とゴミの量に合わせて吸引力を自動で調整し、ゴミを残しません。

また、センサーによってゴミが多い場所を検出し、そのエリアは戻って再度掃除する「ごみハンター走行」も搭載。1回の充電で最長約60分間稼働します。

そのほか、掃除終了時やダクトケースが満杯になった時や、電池残量が少ない時は自動で充電台に戻ってくるのもポイント。ゴミの圧縮とブラシのクリーニングを全自動で行います。圧縮したゴミは約2週間分貯められ、こまめにゴミ捨てする必要がないため、一人暮らしで使いたい方にもおすすめです。

シャープ(SHARP) ロボット家電 COCOROBO RX-V200

ネットワーク機能が充実した音声認識クラウドモデルです。スマートフォンと連携することで、遠隔操作できるのはもちろん、部屋の状況を確認したり、会話をしたりできるのが特徴。

毎分約1万6000回転の高速回転と大風量ターボファンで、フローリングの目地やカーペットのホコリまでしっかり吸い込む「強力吸じんシステム」を搭載。「高濃度プラズマクラスター」を内蔵しており、プラズマクラスターイオンを放出しながら掃除します。

スマートフォン専用アプリの「ココロボ~ド」と連携させると、本体の状況や掃除をコントロールできるだけでなく、ロボットと対話が可能。本体には「ココロエンジン」が搭載されており、天気予報などのお役立ち情報を教えてくれたり、言葉や光、ダンスを組み合わせたリアクションをしてくれたりします。

また、音声認識エンジンも搭載しており、「キレイにして」と声をかけるだけで掃除をスタート。賢くてかわいい、おしゃべり上手なおすすめのモデルです。

エレクトロラックス(Electrolux) モーションセンス ERV5100TG

一度の走行でより広い面積を掃除してくれるナビゲーションテクノロジーを搭載したエントリーモデル。「トライアングル・トリニティシェイプ」独自の三角形のボディと、サイドブラシが四隅のゴミまでしっかり掃除してくれます。

全面からわずか3cmのところで一気に吸引する「フロントクリーニング構造」を搭載。さらに、吸引口の幅を30.5cmとワイドにしたことで、広い面を一度に掃除することが可能です。家具の配置状況に応じて最適な動作モードを自動選択し、床の状況に合わせた動きをしてくれます。

物体を感知すると減速して稼働するため、家具や壁への衝撃音も軽減。稼働音も静かで家具を傷つけずに掃除できます。また、「クライムフォースドライブ」により、敷居やじゅうたんなど2cmまでの障害物は立ち往生することなく乗り越えることが可能です。

掃除が完了すると自動で充電台に戻る、「スマート充電ドッキング」を採用。3時間の充電時間で約60分間稼働できます。

ロボット掃除機のおすすめモデル|拭き掃除タイプ

アイロボット(iRobot) 床拭きロボット ブラーバ 380j

拭き掃除に特化したロボット掃除機です。「水拭き」「から拭き」の2モードを搭載しており、皮脂汚れや食べかすが気になる時は水拭きの「ウェットモード」、髪の毛やホコリが気になる時は「ドライモード」と、状況によって使い分けられます。

「ドライモード」は最大稼働時間が約4時間で、稼働範囲は約56畳に対応。直線的に動いてゴミを絡めとりながらから拭きします。「ウェットモード」の最大稼働時間は約2.5時間で、稼働範囲は20畳。同じ場所を3回ずつ拭くことで、汚れをしっかり取り除いてくれます。

本体の高さはわずか79mm、幅244mmと小型なため、ベッドの下やソファの下も奥まで入り込んで清掃可能。カーペットやラグなどの段差は感知して手前で止まってくれるため、フローリングだけを掃除できます。

また、家具を傷つけないバンパーを装備しており、稼働中の騒音もほとんどしません。在宅中や就寝中も時間を気にせず静かに使用できます。専用のクロスだけでなく、市販の掃除シートも使えるため、ランニングコストを抑えられるのも魅力。機能性と静音性に優れたモデルを探している方におすすめです。

エコバックス(ECOVACS) DEEBOT OZMO SLIM15

タンクの水をポンプで吸い上げて、モップを湿らせて掃除する「OZMOモップシステム」を搭載したモデル。掃除機と水拭きの両方を可能にした1台で2役こなしてくれるのが魅力です。

スマホアプリで水量を設定し、お部屋の状況に合わせて水拭きが行えます。また、高度な掃除経路テクノロジーの「フロアクリーニングモード」により、規則正しい掃除が可能です。

本体の高さが57mmと薄型設計なので、通常のロボット掃除機では掃除できなかった脚の短いソファやベッドの下、家具の隙間もしっかり掃除可能です。落下防止スマートセンサーや衝突防止スマートセンサーにより、段差のある間取りでも安心して使用できます。

また、メインブラシを使用しないダイレクト吸引を採用しているため、髪の毛やペットの毛、糸くずなどが絡まりにくいのがポイント。メンテナンスが簡単に行えるモデルを探している方におすすめです。

パナソニック(Panasonic) 床拭きロボット掃除機ローラン MC-RM10

回転式ローラーを採用した、拭き掃除専用のロボット掃除機。雑巾がけの基本「コの字型」のルート走行を採用しており、少ない往復で効果よく部屋中を水拭きします。

「ドライモード」「ウェットモード」のほかに、汚れた部分を集中的に掃除する「スポットモード」を搭載。開始位置から、前方向約1.6m・右方向約2mの範囲を集中的に水拭きします。水を出しながらスタートして、掃除中は必要に応じて水を噴射するため、モップが乾くことなく掃除可能です。

本体裏面の落下防止センサーで約10cm以上の段差を検知し、落下を防止。また、本体前面と側面に搭載された赤外線センサーで障害物を検知し、カーペットや畳などフローリング以外の床を避けながら走行します。

市販のお掃除シートにも対応しており、シートの着脱はボタン操作によりワンタッチで完了。給水タンクは本体から片手で取り外せて、使用後は洗って乾かすだけでいいため、日々のお手入れも簡単です。

ロボット掃除機のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ロボット掃除機のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。