家事効率のアップに便利な「ロボット掃除機」。最近はラインナップが充実し、国内外のメーカー製品が取り揃っています。ただし、選ぶ上でチェックすべき項目が多く、掃除のクオリティはもちろん、障害物回避能力や段差対策、落下防止性能などの機能面、集塵容量、お手入れのしやすさ、遠隔操作が可能なアプリ対応などに違いがあります。

そこで今回はロボット掃除機のおすすめモデルをピックアップ。メーカー別に製品をご紹介します。購入を検討されている方はぜひ参考にしてみてください。

ロボット掃除機の選び方

種類をチェック

掃除機タイプ

By: amazon.co.jp

ロボット掃除機の主流と言えるのが「掃除機タイプ」。開始ボタンを押すだけでバッテリーを内蔵したロボットが床の上を動き回り、自動でゴミやホコリを吸引してくれるのが特徴です。

なお、掃除機タイプを選ぶ際には吸引力をチェックするのが重要。吸引力が弱いとゴミを吸い取りきれず、掃除が不十分になってしまう可能性があります。特に毛足の長いカーペットなどゴミを吸い出しにくい環境で使用する場合には、より吸引力に特化したロボット掃除機がおすすめです。

拭き掃除タイプ

By: amazon.co.jp

「拭き掃除タイプ」は本体に搭載されたクロスやモップで水拭きや空拭き、モップ掛けをできるのが特徴。拭き掃除に特化しているタイプはカーペットでの使用はできませんが、フローリングの掃除に最適です。

なお、製品によってはクロスやモップを取り外すことにより、拭き掃除だけではなく掃除機タイプとしても併用できるモデルもリリースされています。ぜひ汎用性の高さもチェックしておきましょう。

清掃方法をチェック

ランダム式

By: amazon.co.jp

「ランダム式」とは壁や家具などの障害物に接触したら進行方向を変えて移動するタイプです。基本的には、最初に掃除する部屋をぐるりと一周して広さや大まかな家具の位置などを把握した上で、すき間を埋めるようにランダムに動き回ります。

なお、経路を複数回通過することが多いので、広いスペースを掃除する場合にはある程度時間を要しますが、同じ場所を異なる角度から何度も掃除してくれるため、取りこぼしなく掃除することができるのがメリットです。

システムナビゲーション式

By: amazon.co.jp

「システムナビゲーション式」とは本体にカメラやセンサーが搭載されているタイプ。あらかじめ部屋の広さや形、家具の位置などを正確に把握した上で走行ルートを決定するので、同じ場所を何度も通過することなく、短時間で掃除を完了することができます。

なお、基本的に同方式を採用しているモデルは直線走行なので、ゴミの取りこぼしが発生するほか、排気で掃除済みのところにゴミを飛ばしてしまった場合はカバーしきれないこともあるので、その点は留意しておきましょう。

サイズをチェック

By: amazon.co.jp

効果的にロボット掃除機を活用するためには、本体の直径と高さをチェックするのが重要。高さがある製品はソファやベッドなどの下に潜り込みにくく、直径が長いと狭いスペースの掃除が難しくなります。自宅の家具の高さなどをあらかじめ把握しておいた上で、快適に活用できるサイズの製品を選びましょう。

なお、ロボット掃除機の形状も大切なポイント。現在は円形のモデルが主流ですが、なかには三角形の製品もリリースされています。三角形タイプは、円形では届きにくい部屋の角も掃除しやすいのがメリット。形状をいかした掃除が可能なので、隅々までしっかりと掃除したい方は候補として検討しておきましょう。

静音性をチェック

By: amazon.co.jp

ロボット掃除機を選ぶ際には静音性も気になるところ。走行時や吸引時に大きな音がする製品を選ぶと使用にためらってしまうので、ぜひ確認しておきましょう。

動作音は製品によって大きく異なり、図書館と同じくらい静かな40dB(デシベル)のモノからセミの鳴き声と同じくらい大きな音がする70dBのモノまでさまざま。快適に使用するためには、換気扇や家庭用のクーラーの動作音とほぼ同じ50dB以下の製品が目安です。

なお、製品には静音性に特化することにより、夜間でも気にならないほど静かに稼働してくれるモデルもリリースされています。マンションなどの集合住宅に住んでいる方や赤ちゃんがいる家庭の方は、ぜひチェックしておきましょう。

機能をチェック

人工知能

By: panasonic.jp

人工知能を搭載したモデルは掃除した場所を学習しながら効率的に走行できるのが特徴。なお、モデルによっては音声を認識することで、簡単な会話ができるアイテムもリリースされています。

音声認識タイプは挨拶や掃除の結果を報告してくれるのが特徴。また、製品によっては掃除中に好きな音楽を本体スピーカーから再生できるタイプもあります。気になる方はぜひチェックしておきましょう。

自動充電機能

By: amazon.co.jp

自動充電機能とは掃除が終了したり、バッテリー残量が少なくなったりすると、ロボット掃除機自体が自動的に充電スポットへ戻ってくれる便利な機能。自動充電機能が付いていないと掃除が完了した途端にその場で止まってしまうため、ロボット掃除機を充電スポットまで持ち運ぶ手間が発生してしまいます。

また、ベッドやソファの下で止まってしまった場合には、かくれんぼ状態となるので要注意。よりストレスなくロボット掃除機を活用したい方はぜひ自動充電に対応しているか確認しておきましょう。

段差乗り越え機能

By: amazon.co.jp

段差乗り越え機能とは部屋の中の段差を乗り越えてそのまま掃除を続ける機能のことです。この機能がイマイチだと、段差があるたびにロボット掃除機が立往生してしまいます。

乗り越えられる段差の高さは製品によって異なりますが、基本的には本体サイズが小さ過ぎるタイプやモーターのパワーが弱いタイプは段差乗り越え能力が低くなりがちです。購入する際は考慮しておきましょう。

落下防止センサー

By: amazon.co.jp

落下防止センサーとはその名の通りロボット掃除機が段差の上から落下してしまうのを防ぐセンサーのことです。基本的には「赤外線センサー」を本体の裏に複数設置することで、段差があるかどうかを感知できます。

ちなみに、現在リリースされているほとんどの機種に備わっている機能ではありますが、赤外線センサーは黒い色を感知できないのが弱点。段差の先に黒い物があると反応できず、そのまま落下してしまうケースもあります。そのため、製品によっては「超音波センサー」などを同時に搭載することで、赤外線センサーをカバー。なお、落下防止のクオリティと価格帯は比例関係にあるので、購入する際は予算との兼ね合いも考慮して判断するようにしましょう。

衝突防止センサー

By: amazon.co.jp

衝突防止センサーとはその名の通り家具や壁への衝突を避ける機能。赤外線センサーや超音波センサー、レーザーセンサーなどを搭載することで感知し、衝突時のショックを軽減してくれます。

国内メーカーのロボット掃除機は特に優れた衝突防止機能を要していると言われていますが、製品によって搭載しているセンサーの種類や数は異なるのであくまでも目安です。なお、衝突防止機能が優れているほど掃除にかかる時間は長くなりがちなので、その点は留意しておきましょう。

バーチャルウォール

By: irobot-jp.com

バーチャルウォールとは段差が多い場所や赤ちゃんが寝ている部屋など、ロボット掃除機に近づいてほしくない所にあらかじめ「見えない壁」を設定できる機能です。

この機能を活用すると見えない壁で区切ったエリアにはロボット掃除機が入り込めなくなるので、よりデリケートに使用することが可能。なお、製品によっては部屋の入口などに設ける「直線の壁」だけではなく、スポット的に「円形の壁」を設けられるタイプもあります。円形の壁はペットの水飲み場などの限られた小さなエリアも立ち入り禁止区域に設定できるので、気になる方はぜひチェックしておきましょう。

アプリ連携

By: panasonic.jp

アプリ連携機能が搭載されたロボット掃除機はWi-Fi接続することでスマホやタブレットからでも遠隔操作することが可能です。

なお、製品によっては電源のオンオフだけではなく、掃除結果をスマホに表示したり、掃除スケジュールを設定できたりするモノもあります。アプリのメニューの充実度やお掃除マップの使い勝手などは事前に把握しておきましょう。

ロボット掃除機のおすすめモデル

アイロボット(iRobot) ロボット掃除機 ルンバ 622

比較的安価なルンバ600シリーズ。本製品はスタンダードモデルとは言え、優れた機能性を備えており、「かきだす」「かきこむ」「吸いとる」の3段階のクリーニングシステムによって丁寧にゴミを除去してくれます。

また、搭載されたAI機能「iAdapt(アイ・アダプト)」により、段差や障害物を的確に回避してくれるのもポイント。さらに、高さ9.2cmのコンパクトサイズなので狭い隙間にも入り込めるほか、自動充電機能も備わっています。コスパ良好のおすすめアイテムです。

アイロボット(iRobot) ロボット掃除機 ルンバ 875A

吸引力の高いロボット掃除機。搭載された「ハイパワーモーターユニット」によりエネルギー効率を高めているのに加え、真空状態を作る「真空エアフロー構造」によって空気の流れをスピーディーにすることで、目に見えないゴミやホコリまで強力に吸い取ってくれます。

また、コードのからまりを防止する機能やセンサーが壁や家具を感知することで接触時のショックを最低限に抑える機能などを備えているのもポイント。なお、大容量のダスト容器は引き出すだけで簡単にゴミ捨てができるほか、ダストカットフィルターを内蔵することで排気はクリーンかつ少量です。

自動充電機能やバーチャルウォールが備わっているのも魅力。小さな子どもがいる家庭でも安心して使用できるおすすめモデルです。

アイロボット(iRobot) ロボット掃除機 ルンバ 980 R980060

稼働時間最大120分、最大112畳まで対応しているロボット掃除機です。内蔵されたカメラと複数のセンサーでフロア全体を把握し、自分の現在地とまだ清掃されていない区域を正確に判断します。

高さ10cm以下のコンパクトな設計なので家具の脚周りやベッドの下など掃除しにくい箇所も難なく走行。エッジクリーニングブラシで窓際や部屋の角まで隈なく掃除できるのも特徴です。

また、床の素材判別機能にも長けており、カーペットやラグなど敷物の上を走行できるのも魅力。カーペットなどを検知すると自動で吸引力を上げ、奥に入り込んでしまった髪の毛や小さなハウスダストも吸い込みます。

ゴミの多い場所をセンサーで検知するのも便利。ゴミがなくなったと判断するまで入念にブラッシングするのもポイントです。さらに落下検知機能や自動充電機能、タイマー機能も搭載しており、スマホでの遠隔操作も良好。掃除を安心して任せられるおすすめの製品です。

アイロボット(iRobot) 床拭きロボット ブラーバ 380j B380065

拭き掃除に特化したロボット掃除機。「水拭き」と「から拭き」の2モードを搭載しており、皮脂汚れや食べかすが気になる時は水拭きの「ウェットモード」、髪の毛やホコリが気になる時は「ドライモード」と、状況によって最適なモードを使い分けることができます。

正確に周囲の障害物を検知し、壁際も沿うように移動するのもポイント。静音性も高いため、深夜に稼働したい際にも便利です。

なお、本製品は専用の掃除シートのほか、市販の掃除シートの装着も可能。純正品ではない安価なシートが使用できるため、汎用性が高いのも魅力です。

ドライモードは最大稼働時間が約4時間で、最大約56畳に対応。ウェットモードの最大稼働時間は約2.5時間で、最大約20畳をカバーします。急速充電器を使えばバッテリー充電は約2時間で完了しますが、自動充電に対応していないため、その点は留意しておきましょう。

エコバックス(ECOVACS) DEEBOT N79 ロボット掃除機

リーズナブルな価格帯でありながら機能性に優れているロボット掃除機。パワフルなブラシレスモーターが強力な吸引力を要し、小さなゴミやホコリ、髪の毛を効率的に吸引してくれます。また、V字型のメインブラシを採用することにより、カーペットの毛足に入り込んだゴミもしっかり取り込みながら、スムーズに走行してくれるのもポイントです。

なお、通常時の「自動モード」、1部屋を徹底的にきれいにする「シングルルームモード」、壁際や部屋の隅もしっかり掃除する「壁際清掃モード」、1ヵ所を集中的に掃除する「集中清掃モード 」とシーンに合わせて運転モードを選べるのもポイント。さらに、搭載された3種類の落下防止センサーによって段差を検知できるほか、衝突防止スマートセンサーも付いているので安心して使えます。

スマホと連携して清掃スケジュール設定などの遠隔操作できるのも魅力。お得感の高いおすすめのロボット掃除機です。

エコバックス(ECOVACS) DEEBOT N79T ロボット掃除機

AmazonのAIアシスタント「Alexa」に対応しているロボット掃除機。「Amazon Echo」と連携が可能で、ロボット掃除機に声をかけるだけで掃除を開始することができます。

なお、スマホにも対応しているため、外出先からの遠隔操作や掃除スケジュールの設定も可能。また、基本的な「オート清掃モード」、壁際に沿いながら隅まで掃除する「壁際清掃モード」、特にホコリやチリが多い場所に適した「スポット清掃モード」、約30分間の清掃後に自動充電をする「シングルルームモード」と多彩な清掃モードから選べるのも魅力です。

本製品はチリやホコリを取り除く「サイドブラシ」のほか、毛状とゴム状の2種類が用意された「メインブラシ」を採用することにより、吸引性能は良好。落下、衝突防止機能や自動充電機能も備えています。

エコバックス(ECOVACS) DEEBOT 水拭き対応 DM82

通常の掃除機能に水拭き機能をプラスした汎用性の高いロボット掃除機です。ダストボックスを水タンクに取り換えて、付属のモップを取り付けるだけで水拭き機能を活用できます。

また、掃除経路テクノロジー「SMART MOTION」により、角度を変えながら部屋中を何度も往復して掃除するので、汚れを残さずしっかりキレイにしてくれるのも魅力です。

なお、通常時の「自動清掃モード」、ホコリを敏感に察知する「スポット清掃モード」、壁に沿って掃除する「壁際清掃モード」、狭い部屋にぴったりの「シングルルームモード」の4つの清掃モードを搭載。さらに、静音性の高い「標準モード」、強力に吸い取る「MAXモード」の2パターンから吸引力の強さも選べます。落下、衝突防止センサーや自動充電機能、タイマー機能なども網羅。予算3万円以下でロボット掃除機を探している方はぜひチェックしておきましょう。

シャープ(SHARP) ロボット掃除機 ココロボ COCOROBO RX-V95A-N

「縦横無じんシステム」を搭載しているロボット掃除機です。超音波センサーで部屋の広さや床の素材、汚れ具合や部屋の広さを検知し効率よく走行。高さ2cmまでの敷物も乗り越えて掃除します。

ベッドやソファの下にも潜り込める薄型設計も魅力。家具の脚周りなど、手が届きにくい場所もカバーしてくれます。部屋の隅など、特にホコリの溜まりやすい場所やゴミの多い場所では自動で吸引力を高め、左右に首を振りながら念入りに掃除するのもポイントです。

なお、本製品の注目は「プラズマクラスターシャワーモード」。掃除中にプラズマクラスターを放出することで、タバコやペット臭などの不快な臭い対策も期待できます。

また、会話や音声操作も可能。例えば「キレイにして」と話しかけるとダンスや返事をしてから掃除を開始します。音声を孫や子どもの声にカスタマイズすることもできるので、世代を問わず楽しみながら掃除できるおすすめアイテムです。

アイライフ(ILIFE) V3s Pro ロボット掃除機

ペットがいる家庭のために開発されたロボット掃除機。ペットの毛やホコリ、ゴミなどをパワフルな吸引力で吸い取ってくれるのに加え、吸引口はブラシレスタイプなので毛がもつれて絡まることなく使用できるのが特徴です。

高さ8.1cmの薄型なので家具の下にもスムーズに潜り込み、しっかり掃除してくれるのもポイント。さらに、ダストボックスには多重フィルターを搭載しており、排気はクリーンです。

なお、「自動清掃」「スポット清掃」「エッジ清掃」「予約清掃」の4パターンから掃除モードを選べるほか、落下、衝突防止機能や自動充電機能を備えているのも魅力。リーズナブルな価格帯でありながらお得感の高いおすすめのアイテムです。

アイライフ(ILIFE) V5s Pro ロボット掃除機

水拭き、掃除機と2つの機能を搭載したロボット掃除機です。水拭き時には、大容量のウォーターボックスに独自の「I-Dropping」技術を採用することにより、適量の水でマイクロファイバー素材のモップを濡らしながら汚れをキレイに拭き取ってくれます。

また、吸い込み掃除の際には、装備された「ブラシレスモーター」が毛の絡まりを防ぎながら強力な吸引力を発揮。「自動清掃」「スポット清掃」「エッジ清掃」「予約清掃」から好みの掃除モードを選べるのに加え、「MAXモード」を発動させると通常時の5倍以上の吸引力でしっかり掃除してくれます。さらに、落下、衝突防止機能や自動充電機能を備えているほか、静音性が高いのも魅力。面倒な拭き掃除を代行してくれる、コスパ良好のおすすめアイテムです。

パナソニック(Panasonic) ロボット掃除機 RULO ルーロ MC-RS800-W

三角形のフォルムが特徴のロボット掃除機。部屋の隅や壁際までブラシが入り込み、本体を左右に揺らしながら走行するので徹底的にゴミをかき出してくれます。

なお、約120畳まで対応可能。また、赤外線センサー、超音波センサー、レーザーセンサーの3種類の障害物検知センサーを組み合わせることで、障害物ギリギリまで近づいて、家具の隅にある汚れをしっかり吸引してくれます。

さらに、人工知能「RULO AI 8.0」を搭載することにより、部屋の間取りやゴミが溜まりやすい場所を学習しながら効率的に掃除ができるのも魅力。スマホと連携して外出先から操作することも可能です。

パナソニック(Panasonic) ロボット掃除機 RULO ルーロ MC-RS300-W

部屋の壁際をぐるりと一周する「ラウンド走行」と部屋中を何度も往復する「ランダム走行」を組み合わせて部屋全体を入念に掃除できるロボット掃除機。部屋の隅まで掃除しやすい三角形を採用しており、ゴミの取りにくい角でも首を左右に振ってゴミをかき出します。ゴミの量に応じて走行速度や動作をコントロールするのも特徴です。

本製品は障害物を検知するレーザーセンサー、超音波センサー、赤外線センサーを搭載。約2cm幅の障害物まで検知します。家具の周りや壁際などに沿って走行するため、ゴミの溜まりやすい箇所もしっかりとカバーするのもポイントです。

3種類の障害物センサーのほかに「ハウスダスト発見センサー」を搭載しているのも魅力。約20μmの小さなゴミまで検知して吸い込みます。また、床の素材に合わせてブラシの回転数を制御。床を傷つけず丁寧に掃除してくれるのも魅力です。

そのほか清掃箇所を登録しておけるエリアメモリー機能や予約機能、掃除結果レポートなどを搭載。掃除開始から終了までを細かく確認、制御できるおすすめのロボット掃除機です。

日立(HITACHI) ロボット掃除機 ミニマル RV-DX1

直径25cm、高さ約9cmのコンパクトボディが特徴のロボット掃除機。ソファやベッドの隙間など、ノズル付きの掃除機では届きにくい所も隅々まで掃除できます。充電時も奥行き30cmとスリムにまとまるのもポイントです。

本製品はセンサーで周囲の状況を素早く判断し、家具を避けながら最適な掃除ルートを算出。床の素材やゴミの量も判別し、吸引力を自動で調整します。

メーカー独自のブラシや強力なモーターでフローリングやカーペットの隙間に入り込んだ細かなホコリまで対応。テーブルやイスの脚周りを1周し、家具に沿って走行。隅では首振りをするので溜まったホコリを取り逃しません。

掃除完了時やダクトケースが満杯になった時、電池残量が少ない時などは自動で充電台にリターン。そのままゴミの圧縮からブラシのクリーニングまで全自動で行います。フィルターなどの部品は水洗いができるので、お手入れも容易です。

ダイソン(Dyson) ロボット掃除機 360 eye RB01 NF

「360°ビジョンシステム」を搭載しているロボット掃除機です。1秒間に30枚もの画像を撮影し部屋を360°マッピング。角やインテリアの配置、壁の位置などを正確に把握し、隅々まで掃除します。段差も自動で回避するため階段近くでの使用もおすすめです。

また、「ラジアルルートサイクロンテクノロジー」を搭載しているのも特徴。8つのサイクロンが強力な遠心力を発生させ、小さなハウスダストまで吸引します。

異なる2種類のブラシを採用しており、床の素材に合わせて適切に掃除するのも魅力。カーボンファイバーブラシがフローリングから小さなホコリを取り除き、硬いナイロンブラシがカーペットの奥に入り込んだゴミをかき出します。

また、本製品は「Dyson Link アプリ」との連携も可能。掃除の予約はもちろん、外出先でも掃除の進行具合を確認することも可能です。ロボット掃除機にも高い吸引力を求める方はぜひチェックしておきましょう。

エレクトロラックス(Electrolux) PUREi9 ピュア・アイ・ナイン PI91-5SGM

2方向のレーザーとカメラで周囲360度を見渡して3Dでマッピングし、位置を認識しながら効率的に対応するロボット掃除機。家具やコード類などの障害物も3Dで検知できるので、スムーズに掃除してくれるのが特徴です。

また、「クライムフォースドライブ」を採用することで、2.2cmまでの段差をスムーズに乗り越えてくれます。なお、三角形のフォルムと独立したサイドブラシにより、隅の汚れもしっかり吸引。ロールブラシは横幅20.5cmと特大サイズなので、優れた掃除性能を発揮してくれます。

さらに、1ヶ所を重点的に掃除できる「SPOTクリーニング」や、動作音を抑える「ECOモード」など、運転モードをシーンに合わせて選べるのも魅力。満足度の高いロボットを求めている方におすすめのモデルです。

Eufy RoboVac 11 ロボット掃除機

安価でありながら実用的な機能を多数搭載しているロボット掃除機。サイドブラシと回転ブラシ、強力な吸引力を組み合わせることで、ゴミやホコリを取りこぼすことなく隅々まできれいにしてくれます。

また、高さ7.8cmの薄型サイズなので家具の下をスムーズに掃除できるのもポイント。 さらに「自動」「スポットモード」「ジグザグモード」「エッジモード」と多彩な掃除モードから用途に合わせて選べます。搭載したセンサーにより落下や障害物を避けられるのに加え、自動充電機能が付いているのも魅力。なお、本体上面には強化ガラスカバーを採用することで、高い強度とデザイン性を兼ね備えています。コスパ良好のおすすめモデルです。

ツカモトエイム ロボットクリーナー ミニ ネオ AIM-RC03

本体幅23.5cm、高さ7.5cmと手のひらサイズで、狭い場所でもスムーズに走行できるロボット掃除機です。「らせん走行」「バンパー走行」「壁沿い走行」の3パターンのプログラム動作を組み合わせることで広範囲をきれいに掃除できるのに加え、本体ブラシが隅に溜まったホコリもしっかり掻き出してくれます。

また、「落下防止センサー」と「高感度ショックセンサー」を搭載することで、段差や障害物を正確に感知して避けられるのもポイント。なお、ダストボックスは取り外して手洗いができるため、清潔に使用できます。バッテリーがなくなるとアラームでお知らせしてくれるのも魅力。価格1万円以下のロボット掃除機を探している方はぜひチェックしておきましょう。

Dibea D850 ロボット掃除機

部屋の隅にあるホコリもしっかり吸い取れるのに加え、モップと水タンクを取り付ければ水拭き掃除も対応できるモデル、床の汚れまでキレイに落としてくれます。

また、「自動掃除」「スポット掃除」「壁際掃除」「予約掃除」と多彩な清掃モードを用途に合わせて使い分けられるのもポイント。なお、本体高さはわずか7.5cmと薄型なので、家具の下にもスムーズに潜り込めます。

なお、大きなホイールを採用しているので、カーペットの上や部屋間の段差もスムーズに走行。さらに、V型のメインブラシが「かきだす」「かきこむ」「吸い取る」清掃作業を行うことで、カーペットの中に入り込んだ微細なゴミまできれいに掃除できるのも魅力です。落下や衝突を防止する機能、自動充電機能が搭載されながらも価格は1万円台とリーズナブル。「とりあえずロボット掃除機を試してみたい」という方におすすめのモデルです。

ロボット掃除機のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ロボット掃除機のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。