時短ができる調理グッズとして注目されている「スープメーカー」。忙しい朝や体調不良で食欲がないときでもしっかりと野菜を摂りたい健康志向の方にも人気のアイテムで、最近はスムージーや豆乳が作れるモデルもラインナップされています。

そこで今回は、スープメーカーのおすすめ製品をご紹介。手作りにこだわりたい方や食生活を改善したい方はぜひチェックしてみてください。

スープメーカーってどんなときに便利?

By: amazon.co.jp

野菜などの材料を入れてスイッチを押すだけで、簡単にスープが作れるスープメーカー。食材を加熱したり、粉砕したりする機能が搭載されており、調理の時短ができるため、忙しい朝や料理にもう一品足したいときなどにあると便利です。

また、製品のなかには食材のかくはんや煮込み機能、ミキサー機能が付いているモデルもあり、余り野菜を活用したいときや離乳食を作るときも活躍します。搭載されている機能の種類によってできる料理のレパートリーも増えるので、普段使いはもちろん、ホームパーティーの際にも重宝するアイテムです。

スープメーカーの選び方

保温機能をチェック

By: rakuten.co.jp

多めに作ったスープを朝と夜に飲む場合、スープメーカーに保温機能があると便利です。冷めてしまったスープを再加熱すると、スープの食材によっては煮詰まって味が濃くなったり、食感が変わってしまったりする場合があります。

保温機能のある機種を選んで残ったスープを適温で保温しておけば、時間が経っても作りたてのおいしさを味わえるため、おすすめです。

スープメーカー以外の用途でも使えるかチェック

By: jp.sharp

スープメーカーには、フードプロセッサー・ミキサー・ジューサーといった機能をカバーしているアイテムもあります。そうした製品はスープだけでなく、野菜を細かくカットしたり、ジュース作りに活用したりできるのが魅力。

1台で何役もこなせれば複数の調理器具を揃える必要がなく、キッチンでの置き場所や収納にも困りません。さまざまな用途に使えるモデルは、料理好きの方におすすめです。

単機能か多機能かをチェック

By: rakuten.co.jp

スープメーカーには、材料を入れてボタンを押すだけの単機能モデルと煮込み温度などを細かく設定できる多機能モデルがあります。

単純にスープが作れるシンプルさや安さを求めるなら単機能モデル、素材に合わせた調理でおいしいスープを楽しみたいなら多機能モデルがおすすめ。購入前には日々の食事にどんなスープを取り入れたいかをよく考えてから、最適な1台を選びましょう。

手入れのしやすさをチェック

By: rakuten.co.jp

スープメーカーを毎日使うなら、できるだけお手入れしやすいアイテムを選んだ方が、ストレスなく使い続けられます。せっかく買っても後片付けやお手入れが面倒だと使用頻度が低くなってしまうので、メンテナンスが必要なパーツは取り外して洗えるかを確認しておきましょう。

サイズをチェック

By: rakuten.co.jp

スープメーカーを購入する際はサイズもポイント。キッチンだけで使用する場合は問題ありませんが、コーヒーメーカーや電気ケトル感覚で使いたい方は、よりコンパクトなモデルの方が持ち運びにも便利です。一方、ファミリー向けや一度に大量のスープを作りたい方は大容量のモデルを選びましょう。

スープメーカーのおすすめモデル

コイズミ(KOIZUMI) スープメーカー KSM-1020/N

ポタージュ・自動スープ・お好みスープ・おかゆ・リゾット・豆乳・温スムージー・やわらか・下ごしらえ・煮沸モードと、10種類の自動モードが選べるスープメーカーです。容量は800mlで、約3~4人前分の調理が可能。1~2人分だけを少量作れるハーフモードも搭載しています。

カットした野菜や水、調味料などを入れてボタンを押すだけで調理を開始できるのがポイント。加熱機能で自動的に沸騰させ、適正温度をキープすることで、じっくり材料を煮込めます。また、煮沸モードを使えば容器を手軽にクリーニングできるのも魅力。容器はガラス製で、中身を確認しながらの調理が可能です。

ゼンケン(ZENKEN) スープメーカー スープリーズR ZSP-4

1台で4役をこなせるスープメーカーです。スープ・食べるスープ・おかゆ・ミキサーの4種類のモードを搭載。スープだけでなく、離乳食や介護食を作るのにも役立ちます。使い方は材料を入れてスイッチを押すだけの簡単操作。約30分で本格的なおいしいスープを楽しめます。

再加熱と2時間保温の2つの機能が搭載されており、時間がたっても常にできたてのスープを味わえるのが魅力です。容器の取り付けや取り外しがしやすいコーヒーサーバー方式なのもポイント。容器の中はステンレスで衛生的に使えます。キッチンにすっきり置けるコンパクトサイズの収納しやすい製品です。

ゼンケン(ZENKEN) スープメーカー スープリーズQ ZSP-2

従来品に比べ、静音設計でいつでも手軽に使えるスープメーカーです。容量は800mlで2~4人分の調理に向いています。材料を入れてスイッチを押すだけで、自動的に調理を開始。約30分でおいしいスープが作れます。容器とフタ、カッター部分は取り外しができるため、洗いやすいのも魅力。一人暮らしの方や料理が苦手な方にもおすすめのアイテムです。

野菜の栄養分を壊さないようにカッターで丁寧に粉砕するのが特徴。回転と停止を自動的に繰り返すモーターにより、何度も撹拌してなめらかなスープに仕上げます。容器内部の温度センサーがスープの温度をきめ細かくコントロールするため、煮込みすぎや煮詰まって味が濃くなりすぎるのを防げるのもポイント。時短でおいしいスープを楽しめます。

タイガー魔法瓶(TIGER) IHスーププロセッサー SKX-A100

IHヒーターによって火力を細かくコントロールできるスープメーカーです。とろ火でじっくり煮込めるのがポイント。あたため再加熱機能やフードプロセッサー機能などのオプション機能も充実しています。

自動コースは「飲むスープ」と「食べるスープ」の2種類から択可能。約30分の自動運転でおいしいスープができあがります。専用レードルと40種類ものレシピが掲載されたレシピブックが付属しており、スープ以外の料理も楽しめるのがポイント。コンパクトサイズでキッチンでの収納場所にも困りません。

アピックス(APIX) 豆乳&スープメーカー ASM-294

忙しいときでも、手軽に時短料理が楽しめるスープメーカーです。1台3役で「スープモード」「豆乳・お粥モード」「ミキサーモード」から選択可能。加熱と粉砕を同時にこなすため、約18分という短い時間でおいしいスープを作れます。

オプションパーツとしてスープ専用のフィルターや、豆乳専用のフィルターなどの便利グッズが付属しているのもポイント。また、17品目ものレシピが掲載された専用のレシピブックも付いています。料理の経験が浅い方や一人暮らしの方でも、メニューの幅が広がる製品です。

福農産業 家庭用豆乳メーカー小さな豆乳工場 DJ06P-DS901SG

スープメーカーとしても使える豆乳メーカーです。食材を投入するだけで簡単に本格的なスープを作れるのがポイント。スープ・豆乳・スピード豆乳・おもゆ・ジャムの5種類の自動モードを搭載しており、簡単にスープ作りを楽しめます。

本体の内側にはステンレス素材を採用しており、汚れが付きにくくお手入れも簡単。専用の洗浄ブラシやスポンジも付属しているので、洗いやすいのも特徴です。本体サイズは約幅13.5×高さ26cmとコンパクトなため、一人暮らしのキッチンなどでも手軽に使える製品を探している方に向いています。

シャープ(SHARP) ヘルシオ ホットクック 1.6L KN-HW16E

スープ作りのほか、調味料と食材を入れるだけで手軽に無水調理も楽しめるホットクックシリーズです。スープはもちろん、煮込み料理や炒めもの、蒸し料理、お菓子作りなど多彩なレパートリーに対応可能。容量1.6Lとサイズが大きいため、一度にたくさんのスープを作りたい方におすすめです。

フタを開けたままで調理できる煮詰め機能や、保温機能も搭載。最大12時間保温できて温め直しもボタンひとつで行えます。仕上げの味付けや2日目のリメイクレシピなども試しやすいのが魅力。また、保存に便利な専用フタが付属しているのもポイントです。

ティファール(T-fal) Cook4me Express CY8511JP

スープメーカーとしてはもちろん、圧力調理や炒め物、煮込み料理など1台でさまざまな調理を行える製品です。150種類以上の自動レシピを内蔵し、料理のバリエーションが増やせるのが魅力。スープ作り以外にもさまざまな料理を楽しみたい方におすすめです。

容量が6Lあるため、一度に多くのスープを作れるのが特徴。また、予約設定ボタンがあるので、食事の時間に合わせてできたての料理を楽しめます。鍋の内側にはセラミックコーティングを採用しており、外して丸洗いできるため、使った後のお手入れも簡単。毎日の料理の時短につながるアイテムです。

シロカ(siroca) 電気圧力鍋 SP-D131

材料を入れてボタンを押すだけの簡単操作でスープが作れるアイテムです。圧力調理・無水調理・蒸し調理・炊飯・スロー調理・温め直しの6役をこなせるため、料理の幅を広げられるのが魅力。電気圧力タイプなので、材料を入れてスイッチを押した後はつきっきりになる必要がありません。

ポトフなどのスープメニューがあらかじめプリセットメニューに登録されているのもポイント。62種類のメニューが掲載されたオリジナルレシピが付いており、料理の幅も広がります。調理が終わった後は自動的に保温の状態になるため、できあがった料理を温かいまま楽しめるのがポイントです。

ドウシシャ(DOSHISHA) minish スープメーカー DSM-138

安い価格帯でスープジャーを探している方におすすめの製品です。スープ・食べるスープ・スムージー・おかゆの4モードからメニューの選択が可能。加熱から粉砕、撹拌までをすべて全自動で行えます。

ポットの内側はステンレス製で汚れがつきにくいのがポイント。お手入れの手間を軽減できます。容量は500~800mlまで対応しているので少量から家族分の調理まで、幅広い調理が楽しめる製品です。

スープメーカーのAmazonランキングをチェック

スープメーカーのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。