「Bose(ボーズ)」は、人気のオーディオ機器メーカーです。1964年の設立当初は主にスピーカーを手掛けていましたが、1980年代以降はヘッドホンやイヤホンも発売。卓越した技術と音質チューニングの巧みさは、現代にも継承されています。

Boseのイヤホンは、豊かな音の広がりと適度な量感のある低音が魅力です。そこで今回は、Boseイヤホンの特徴や選び方、おすすめモデルをご紹介します。ぜひ参考にして、お気に入りの1点を見つけてみてください。

Boseイヤホンの特徴

By: amazon.co.jp

Boseのイヤホンは、音漏れの少なさが魅力。一般的な耳栓タイプの「カナル型」や耳の穴に乗せる「インナーイヤー型」ではなく、独自構造のイヤーチップを採用しています。耳にフィットするよう設計されているため、安定感に優れており、音漏れしやすい低音も量感と迫力を失わずに鼓膜まで届けることが可能です。

アクティブな動きに耐え得る安定した装着感から、スポーツタイプのイヤホンが多いのも特徴。「SoundSport」シリーズや「SoundTrue Ultra」シリーズなど、耐久性に優れたモデルもラインナップされています。

また、優れたノイズキャンセリング機能を持つ製品が多いのもポイントです。装着感に優れた「QuietComfort 20」シリーズや、ノイズキャンセリングのレベル調節が可能な「QuietControl 30」シリーズなどを展開しています。

Boseイヤホンの魅力

聴き心地がよく自然なサウンド

By: amazon.co.jp

一般的に、試聴せずにイヤホンを購入する場合は「再生周波数帯域」などの数値がサウンド性能の参考になります。多くのメーカーが製品スペックのひとつとして数値を公開しており、サウンドの特徴を確認できるのがメリットです。

一方で、Boseは耳で感じる音を重視しているため、機械による音質の数値化を重視していません。各イヤホンの主要な物理スペックを公開しておらず、チューニングの際は人の聴覚に頼っています。

しかし、実際に聴いてみるとどのモデルも心地がよく、自然な音の広がりが感じられるサウンドを体験可能。サウンドに対する厚い信頼が、物理スペックを公開しなくてもファンが絶えない一因です。

多機能性と人に優しい使いやすさ

By: amazon.co.jp

Boseのイヤホンにはさまざまな機能が搭載されていますが、特にノイズキャンセリング機能に定評があります。騒がしい街中のノイズもカットできるため、リスニングに集中したい際にもぴったりです。

また、スマホアプリ対応モデルなら、イヤホン設定をカスタマイズできます。一部のモデルでは、ノイズキャンセリングのレベル調節が可能。そのほか、音声アシスタント対応モデルや、マイク付きリモコンを搭載したモデルなどもあります。気になる方はぜひチェックしてみてください。

一般的に、イヤホンは製品の機能が多すぎると使いこなしにくくなります。しかし、Boseのイヤホンは操作がシンプルに設計されているので、簡単に使いやすいのが嬉しいポイント。イヤホン初心者の方や、機械が苦手な方にもおすすめです。

Boseイヤホンの選び方

接続方法で選ぶ

完全ワイヤレス

By: amazon.co.jp

完全ワイヤレス型のBoseイヤホンは、左右をつなぐケーブルがなく、筐体が完全に分離しているタイプ。取り回しがしやすく携帯性に優れているほか、ケーブルが衣服に擦れて、ノイズが起こる心配もありません。

コンパクトな本体に内蔵されたバッテリーの持続時間は短めなので、充電機能付きの収納ケースを備えたモデルがおすすめです。急速充電に対応しているモデルも存在するため、こまめな充電を煩わしく感じる方にもぴったり。軽量なので、長時間の使用やランニング、エクササイズ時の使用にもおすすめです。

ワイヤレス(一体型)

By: amazon.co.jp

一体型のワイヤレスイヤホンは、左右の筐体がケーブルやネックバンドでつながっているタイプ。音楽再生機器とはBluetooth接続でき、近距離無線通信「NFC」に対応しているモデルも数多く販売されています。ケーブル部分にコントローラーを備えており、再生や停止、曲送り、曲戻し、音量調節などが操作可能です。

万が一イヤホンが外れても、ケーブルでつながっているので安心。また、落とし物トラッカー「Tile」と協力して設計された、イヤホンの位置情報を検索できるモデルも存在します。完全ワイヤレスイヤホンよりも低価格のモデルがラインナップされているのもポイントです。

有線タイプ

By: amazon.co.jp

有線式のBoseイヤホンは、音楽再生機器にケーブルをつないで接続するタイプです。リーズナブルな価格で購入できるモデルも発売されているので、初めてBoseイヤホンの購入を考えている方にもぴったり。周囲の電波影響を受けず、音声の遅延や途切れを心配せずに済むのもメリットです。

Appleデバイスや、Android端末と互換性のある製品がラインナップされている点も魅力。音楽鑑賞だけでなく、動画視聴やゲームプレイにもおすすめです。

機能で選ぶ

ノイズキャンセリング

By: amazon.co.jp

Boseのノイズキャンセリングイヤホンは、独自の「アコースティックノイズキャンセリングテクノロジー」によって、外部のノイズを常に測定・比較しているのが特徴。逆位相の信号を発することで、周囲のノイズを効率的にカットできます。

また、ノイズキャンセリングレベルを調節できるモデルが多いのも魅力。一部のモデルでは、専用アプリから簡単にノイズキャンセリングのレベルを細かく調節できます。騒がしいカフェで音楽に集中したいときはレベルを上げ、静かなオフィスで集中したいときはレベルを下げるなど、シーンに応じた使い方が可能です。

防水・防塵

By: amazon.co.jp

スポーツなどアクティブなシーンで使用したい場合は、防水・防塵性能もチェックしておきましょう。防水・防塵機能を備えたモデルなら、汗をかいても安心して使用できます。防水性能の高い製品なら、汗に濡れたイヤホンを水洗いして、清潔な状態に保つことも可能です。

防水性能は「IPX」で表され、後に続く数値が高いモノほど高い防水性能を備えています。スポーツなどで使用する方には、IPX4以上のモノがおすすめ。汗をかきやすい方は、「防滴」「耐汗」などと記載されたモノを選んでみてください。

また、「IP56」のように数字が2つ並んでいる場合は、防塵性能も一緒に備わっています。左側が防塵性能、右側が防水性能を表す数字です。グラウンドや砂浜など、細かな砂塵が入るおそれのある場所で使用する場合は、防塵性能も確認しておきましょう。

マイク

By: amazon.co.jp

音声通話をする方は、マイクの有無にも注目したいところ。多くのBoseイヤホンは、インラインリモコンなどにマイクを内蔵しています。

マイクとリモコンを一緒に搭載しているモデルなら、接続機器を取り出さなくても、手元で簡単に通話応答やボリューム調節が可能。トレーニング中も快適に使用できます。ただし、製品ごとに対応可能なデバイスが異なる点には留意しておきましょう。

スマホアプリ対応

By: amazon.co.jp

Boseのイヤホンには、本体の設定や管理が行える「Bose Connectアプリ」に対応したモノもラインナップされています。アプリを立ち上げれば画面上に接続可能なイヤホンが表示されるので、スマホの設定が苦手な方でも簡単にBluetooth接続が可能です。

また、1度のスワイプ操作で、複数のデバイスと接続を切り替えられるのもポイント。デジタルオーディオプレイヤーとスマホを使い分けて音楽鑑賞したい方にもおすすめです。ちなみに、アプリはApp StoreやGoogle Playから無料でダウンロード可能。気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

Boseイヤホンのおすすめモデル|完全ワイヤレス

ボーズ(Bose) SoundSport Free wireless headphones

ボーズ(Bose) SoundSport Free wireless headphones

Boseの完全ワイヤレス型イヤホンです。ケーブルを排除した左右分離型ながら、耳から外れにくいのが特徴。「StayHear+ Sportチップ」と呼ばれる円錐形のノズルとウイング型のイヤーチップにより、快適で安定した装着感を実現しています。

曲の音量に合わせて自動で音声を最適化する「イコライザー機能」が搭載されており、クリアでバランスの取れたサウンド再生が可能。音楽の再生や一時停止、スキップ、トラックバックなどは、筐体上部の物理ボタンで操作できます。

雨や汗に強いIPX4の防滴仕様なので、ランニング、エクササイズなどスポーツ時の使用にもぴったり。本体を1度フル充電しておけば、最大5時間の連続再生が可能です。また、収納ケースをフル充電しておけば、本体の内蔵バッテリーを2回分充電できます。さらに、15分の急速充電でも45分間使用できて便利です。

「BOSE CONNECTアプリ」にも対応しており、スマホから設定をカスタマイズできるのもポイント。価格は高めですが、多機能で高音質なハイエンドイヤホンの魅力を味わえます。

ボーズ(Bose) BOSE NOISE-MASKING SLEEPBUDS

ボーズ(Bose) BOSE NOISE-MASKING SLEEPBUDS

睡眠時におすすめのBoseイヤホンです。ケーブルが排除された完全ワイヤレス型を採用しているので、就寝しながらの音楽鑑賞に適しています。ノイズキャンセリング機能などはありませんが、本体にヒーリングサウンド機能を搭載しているのが魅力です。

内蔵されたヒーリングサウンドは、本体の遮音性能に合わせて開発されており、周囲の不快なノイズを効果的にカット。シリコン製のイヤーチップは耳にぴったりフィットするデザインのため、優れた装着感を得られます。3サイズのチップが付属しており、耳の大きさにあわせて付け替えられるのもポイントです。

ヒーリングサウンドを選択し、アラームを設定して使用することも可能。使用する本人だけに聴こえるアラームによって、家族を起こさず起床できます。日中は収納ケースにしまっておけば、自動で充電可能。最大16時間の連続使用ができるので、ゆっくり眠りたい場合にもおすすめです。

Boseイヤホンのおすすめモデル|ワイヤレス

ボーズ(Bose) QuietControl 30 wireless headphones

ボーズ(Bose) QuietControl 30 wireless headphones

ノイズキャンセリング機能を搭載した、ネックバンド型のBoseイヤホン。ノイズキャンセリング機能のレベルをコントロールでき、周囲の音が耳に届く度合いを調節可能です。飛行機の搭乗案内や、駅構内のアナウンスを聞き逃したくない場合にも適しています。

ネックバンドは人間工学に基づいてデザインされており、軽量で装着感に優れています。肌触りの良い素材が採用されている点も魅力です。接続方法はBluetoothとNFCペアリングに対応。音楽再生機器とスムーズに接続可能です。

マイクも内蔵されているので、ハンズフリー通話にも対応できます。ケーブル部のリモコンでは、着信応答や通話終了、曲の再生、一時停止、音量調節などが操作可能。「BOSE CONNECTアプリ」に対応しているため、スマホからも操作できます。

本体のバッテリー持続時間は最長10時間で、長時間連続で使用したい方にもおすすめです。

ボーズ(Bose) SoundSport Pulse wireless headphones

ボーズ(Bose) SoundSport Pulse wireless headphones

高性能な心拍センサーを搭載した、Boseイヤホンです。筐体に備えられた心拍センサーによって、耳から運動量を測定。音楽を楽しみながら、運動のレベルを調節できます。水滴や湿気を防ぐ疎水性生地が採用されており、運動で汗をかいても快適に使用可能。また、屋外をランニング中に雨が降っても安心です。

本製品には、激しいエクササイズ時も安定した装着感が得られる「StayHear+ Pulseチップ」を搭載。耳に優しくフィットするので、長時間快適に使用できます。「BOSE CONNECTアプリ」に対応しており、スマホからの操作はもちろん、設定のカスタマイズも可能です。

本体のケーブルに搭載されたリモコンには、インラインマイクを内蔵しています。スマホと接続しておけばハンズフリー通話も可能。また、充電式のリチウムイオンバッテリーを採用しており、最大5時間の連続使用ができるのもポイントです。

ボーズ(Bose) SoundSport wireless headphones

ボーズ(Bose) SoundSport wireless headphones

コスパに優れた、ワイヤレスタイプのBoseイヤホンです。左右の筐体をケーブルでつないだ一体型モデル。ケーブルを首に掛けて使用するタイプなので、耳からイヤホンが外れても安心です。

また、アメリカで人気の落とし物トラッカー「Tile」と協力して製造されており、「BOSE CONNECTアプリ」からイヤホンの位置検索が可能。大切なイヤホンを紛失してしまった場合も、スマホから簡単に探せます。

本体に柔軟なウイングチップを採用しているのもポイント。快適な装着感が得られるうえ、雨や汗の侵入を防ぐ防滴設計のため、エクササイズやランニング時の使用にもおすすめです。なお、接続方法にはBluetoothを利用しますが、NFCにも対応しています。近距離無線通信による、スムーズな接続が可能です。

ボーズ(Bose) Bose Hearphones

ボーズ(Bose) Bose Hearphones

快適な通話をサポートする、ワイヤレスタイプのBoseイヤホンです。「QuietControl 30」の基本的な機能に加えて、環境音の増減機能を搭載。左右のイヤホンに指向性マイクを搭載しており、聴きたい声に焦点を合わせられます。また、周囲の余計な騒音をカットするので、会話に集中できるのがメリットです。

本体の内蔵バッテリーで長時間使用できるのもポイント。連続使用時間は、最大で10時間です。通話だけでなく音楽や動画の音声も楽しめるため、一般的なイヤホンとしてもおすすめ。「Bose Hearアプリ」を利用すれば、スマホから音質をカスタマイズ可能。再生されるサウンドを、左右のイヤホンごとに調節できる点も魅力です。

なお、本製品は公式で日本未発売ですが、Amazonや楽天で購入可能。価格は高めですが、通話中の話し声が聴き取りにくいと感じている方はぜひチェックしてみてください。

Boseイヤホンのおすすめモデル|有線

ボーズ(Bose) SoundSport in-ear headphones – Apple devices

ボーズ(Bose) SoundSport in-ear headphones - Apple devices

リーズナブルな価格で購入できる、有線タイプのBoseイヤホン。耐汗性・耐候性仕様のため、日常生活で使いやすいモデルです。Bose独自の「StayHear チップ」により、耳の形状にあわせて快適にフィットします。

本製品は、Appleデバイスとの互換性に優れたマイク付きリモコンを搭載しているので、iPhoneユーザーに特におすすめです。音質面では、「TriPort テクノロジー」による明瞭な高音と自然な低音が特徴。また、カラーラインナップが豊富な点や、軽量で丈夫な携帯用ケースが付属している点も魅力的です。

高価なイメージのあるBose製品のなかでもコスパに優れたモデルのため、初めてBoseイヤホンを購入する方や、Boseサウンドを体験してみたい方にも適しています。

ボーズ(Bose) QuietComfort 20 Acoustic Noise Cancelling headphones – Apple devices

ボーズ(Bose) QuietComfort 20 Acoustic Noise Cancelling headphones - Apple devices

ノイズキャンセリング機能を搭載した、音質重視のBoseイヤホンです。有線式のインナーイヤータイプを採用。ノイズキャンセリング機能をONにすれば、周囲の雑音をシャットアウトして音楽に没頭できます。ボタン1つで「Awareモード」に切り替えられるのもポイント。周囲の音を聴きとりやすい仕様なので、話しかけられた際や、駅構内の案内を聴きたい場合にも便利です。

本体のケーブルにマイク付きリモコンを搭載しているため、ハンズフリー通話にも対応。着信への応答・通話終了のほか、音楽の再生・停止・音量調節も簡単に行えます。また、「Active EQ」と「TriPort テクノロジー」と呼ばれる技術により、高音質サウンドの再生が可能。クリアながら深みのある音質で、迫力のあるBoseサウンドを楽しめます。

イヤーチップには、装着感に優れた「StayHear+チップ」を採用。柔らかく耳に優しくフィットするので、長時間快適に使用できます。

ボーズ(Bose) in-ear headphones

ボーズ(Bose) in-ear headphones

携帯音楽プレイヤー用に開発された、有線タイプのBoseイヤホンです。筐体内の空気量をコントロールする「TriPort テクノロジー」や、最適な音質カスタマイズが可能な「パッシブイコライゼーション」などの技術を採用しています。

本製品は、迫力のある低音とクリアでナチュラルな音質が特徴。中高音の抜けがよく、心地よい音を楽しめます。耳に乗せるように装着するイヤーチップは、優しくソフトなフィット感が得られる仕様。カナル型のように耳の奥まで押し入れる必要がなく、軽い着け心地です。耳への負担が少ないので、長時間のリスニングにも適しています。

ボーズ(Bose) SoundTrue Ultra in-ear headphones Samsung and Android devices

ボーズ(Bose) SoundTrue Ultra in-ear headphones Samsung and Android devices

コンパクトで軽量な、有線タイプのBoseイヤホンです。「StayHear Ultraチップ」と呼ばれるイヤーチップを採用した、快適なフィット感が特徴。音質面では、ダイナミック型のドライバーを内蔵しており、迫力のある低音再生が可能です。軽量ながら音質重視の設計で、存分にBoseのハイクオリティなサウンドを楽しめます。

本体のケーブルに、マイク付きリモコンを備えている点も魅力。ハンズフリー通話に対応でき、着信応答や音量調節、音楽の再生、停止なども簡単に操作可能です。また、小雨や汗がイヤホン内部に侵入しにくい防滴仕様も嬉しいポイント。そのほか、コードクリップが搭載されているなど、使い勝手に優れています。

なお、本製品はサムスンやAndroidなどのスマートフォンに対応したモデルです。自分のスマートフォンで使用できるかどうか、購入前に確認しておきましょう。