スマホやポータブルプレーヤーの音質性能を引き出す「ヘッドホンアンプ」。ヘッドホンで音楽を聴く際、物足りなさを感じる方におすすめのオーディオ機器です。

ひと口にヘッドホンアンプといっても、ハイレゾ対応DACやバランス接続対応などモデルによって搭載されている機能はさまざま。そこで今回は、ヘッドホンアンプの選び方とおすすめのモデルをご紹介します。

ヘッドホンアンプとは?

By: fostex.jp

「ヘッドホンアンプ」とは、ヘッドホン専用のアンプを搭載したオーディオ機器のこと。ヘッドホンで音楽を聴けるように音楽信号を増幅させたり、音量を調節したり、音質を向上させたりできるのが特徴。主に3.5mmステレオミニか6.3mmステレオ標準端子で、ヘッドホンやイヤホンと接続します。

ヘッドホンアンプは、CDプレーヤーやポータブルオーディオプレーヤー(DAP)などにも内蔵されています。しかし、コスト面や設計面の制約からあまり性能の高いモノは採用されていません。

一方、単体のヘッドホンアンプは専用設計ならではの大音量かつ広帯域に加えて、豊富な情報量を備えており、ヘッドホンやイヤホンの実力を最大限に引き出します。現在のオーディオ環境では少し物足りないと感じている方は、チェックしてみてください。

ヘッドホンアンプの選び方

据え置きタイプのヘッドホンアンプ

By: denon.jp

主に家庭用AC電源に対応しているのが据え置きタイプのヘッドホンアンプ。本体サイズが大きい分、各メーカーが独自の回路を組めるので、ポータブルタイプに比べて音質に優れているのが魅力です。

また、さまざまな入出力端子を備えているモデルが多いのも特徴。室内で音楽を楽しみたい方や、PCに繋いで使用したい方におすすめです。

ポータブルタイプのヘッドホンアンプ

By: amazon.co.jp

ポータブルタイプは、バッテリー駆動で携帯性に優れており、屋外で使用できるのが魅力。主に、スマホやDAPと接続して手軽に高音質を楽しみたい方におすすめです。

据え置きタイプよりもライトユーザー向けのモデルが多く、数千円から数万円のモノまで幅広くラインナップされています。スマホなどで音楽を聴く機会が多い方は要チェックです。

ポータブルヘッドホンアンプをもっと詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

接続方式で選ぶ

入力について

ヘッドホンアンプへの音声入力方式には、デジタルとアナログの2種類が存在します。「USB」「光(オプティカル)」「同軸(コアキシャル)」などがデジタル接続。ヘッドホンアンプ内蔵の「DAC(Digital to Analog Converter)」で、デジタルからアナログへ信号を変換します。

一方、オーディオ機器側で信号変換が行われた後、「RCA」「フォーン」を使用して入力されるのがアナログ接続です。現在の主流はデジタル信号を利用した入力。特にUSB入力はPC・スマホとの接続に便利です。

また、接続方式だけでなく、オーディオ機器やヘッドホンアンプに内蔵されている「DAC」の性能によっても音質が変わる点に注意しておきましょう。

出力について

ヘッドホンアンプの出力端子は、3.5mmステレオミニと6.3mmステレオ標準の2つが主流。現在でも多くのヘッドホンが備えている端子です。

ハイエンドなヘッドホンは「バランス接続」に対応。左右の音声信号干渉を防ぎ、音質を高める効果があります。バランス接続の主流は4.4mm端子。ただし、メーカーによっては2.5mm端子を使用するので注意しておきましょう。

また、ヘッドホンに加えてスピーカーや外部アンプへも出力したい方は、出力端子数をチェック。ヘッドホンアンプとしてだけではなく、「DAC」としても利用できます。

USB入力の対応スペックで選ぶ

By: amazon.co.jp

音声をデジタル信号化する方式には2つの種類があります。スタンダードな「PCM(Pulse Code Modulation)」は、時間(Hz)と出力レベル(bit)を細かく分割して数値化する方式。「Hz」と「bit」の数値が高いほど高音質です。

CDと同程度の音質で44.1kHz/16bit。より高音質なハイレゾ音源を再生する場合は、192kHz/24bit以上がおすすめです。また、「PCM」より精細にデジタル化できるのが「DSD(Direct Stream Digital)」と呼ばれる方式。標準レベルで2.8MHz、より高音質だと5.6MHzといった数値で表されます。

電源方式で選ぶ

By: amazon.co.jp

据え置き型のヘッドホンアンプはAC電源が主流。屋外での使用には向きませんが、安定した電源供給が可能です。コンセントがない場所での使用を想定している方は、USBバス電源に対応しているモデルがおすすめ。使い勝手を求めるのであれば、AC電源・USBバス電源の両方に対応したモデルが適しています。

ポータブルタイプのヘッドホンアンプは内蔵バッテリー式が主流。長時間屋外で使用する方は、スペックの最大駆動時間に注意しておきましょう。USBによるバッテリー充電に対応しているモデルが多いので、モバイルバッテリーを一緒に携帯するのもおすすめです。

ヘッドホンアンプのおすすめモデル|据え置きタイプ

デノン(DENON) ヘッドホンアンプ DA-310USB

高音質を実現するデジタルソリューション「DDFA」を搭載したヘッドホンアンプです。高速で精度の高いデジタルフィードバックループを採用。クラスDアンプの課題である歪みの多さや音質劣化を克服し、音源に含まれている情報を損なわずに再現できるおすすめモデルです。

USB-DAC機能はDSD 11.2MHzとPCM 384kHz/32bitに対応。3段階のゲイン切り替え機能を備えており、600Ωクラスのヘッドホンにも対応可能です。フットを付け替えれば、縦置きと横置きのどちらでも使用できるのもポイント。ディスプレイ表示が置き方によって自動的に回転するため、使い勝手にも優れています。

マランツ(Marantz) ヘッドホンアンプ HD-DAC1

横幅250×奥行270mmとコンパクトな据え置きタイプのヘッドホンアンプ。デスクサイドなど狭いスペースにオーディオ環境を構築したい方におすすめのモデルです。3段階のゲイン切り替え機能を搭載し、使用するヘッドホンのインピーダンスに合わせて音量を設定できます。

USB-DACはDSDファイルやPCMファイルの再生ができるほか、アシンクロナスモードにも対応。電流帰還型の電圧増幅段と無帰還型出力バッファーによる2段構成と相まって、高品位なサウンドを楽しめます。

同軸ケーブル端子や光デジタル入出力端子、iPodやiPhoneのデジタル接続対応フロントUSB-A端子を備えており、さまざまな機器を接続できるのも魅力です。

フォステクス(FOSTEX) DAコンバーター&ヘッドホンアンプ HP Series HP-A4

USB機器と接続するだけで駆動する「USBバスパワー」採用のヘッドホンアンプ。パソコンと接続する際に、なるべく配線をすっきりさせたい方に適しています。本体サイズ幅113×奥行155×高さ34mmのコンパクトなサイズで、デスク周りに設置しやすいのが魅力です。

バーブラウンの高音質DAC「PCM1792A」を搭載。2.4bit/192kHzまでのリニアPCMオーディオにくわえて、5.6MHzまでのDSDオーディオの再生にも対応しています。ゲイン切り替えは2段階で、さまざまなヘッドホンに対応。将来のファームウェアアップデート用として、microSDカードドライブを内蔵している点も魅力です。

オーディオテクニカ(audio-technica) ヘッドホンアンプ AT-HA2

ヘッドホン端子を設けていないAV機器でも、最大2台のヘッドホンで同時にモニタリングができるヘッドホンアンプです。2人で音源を聴きたいシーンやヘッドホンを使い分けたい方におすすめ。幅70×奥行92×高さ30mm、重さ約160gの軽量コンパクトサイズで、デスク周りに設置したい場合に適しています。

音質を重視した設計ながらリーズナブルな価格を実現しており、手軽に高音質サウンドを楽しめるコスパのよさが魅力。入出力端子とヘッドホン端子には3.5mmステレオミニジャックを採用しているほか、ACアダプターが付属しています。

カイン(Cayin) ヘッドホンアンプ Cayin HA-1a MK2

ロシア製の真空管「EL84EH」などを搭載しているヘッドホンアンプ。真空管ならではのあたたみがあるサウンドのため、優しい音色を楽しみたい方におすすめです。美しいウッドパネルを採用した、高級感のある外観も魅力。デザイン性にこだわりたい方にも適しています。

5段階でアウトプットインピーダンスを切り替えでき、600Ωまでのヘッドホンに使用可能。ダイナミックなサウンド楽しめる「PHONES A」と、ソフトで繊細な「PHONES B」の2種類のヘッドホン出力を備えているのもポイントです。

ティアック(TEAC) ヘッドホンアンプ UD-505

DSD 22.5Hz、PCM 768kHz/32bit対応のUSB-DAC「VERITA AK4497」を搭載しているヘッドホンアンプです。ハイレゾ音源を再生でき、高音質にこだわりたい方におすすめ。PCMデジタル信号を最大384kHz/32bit、DSDを最大24.5MHzにアップコンバートする機能を備えています。

ハイレゾ相当の高音質なワイヤレス再生を可能にする、ワイヤレスレシーバーを内蔵している点にも注目。LDACコーデックをはじめ、aptX・SBC・AACなどさまざまなコーデックに対応しています。左右の音声信号干渉を防いで音質を高めるバランス接続に対応しているのも魅力です。

プリンストン(PRINCETON) DSD対応DAC内蔵ヘッドホンアンプ PAV-HADSD

最大384kHz/32bitまでのリニアPCMと、5.6MHzのDSD音源に対応しているヘッドホンアンプ。パソコンと接続してハイレゾ音源を楽しみたい方におすすめのモデルです。USB-DACとしてスマホやiPadと接続して高音質なサウンドを楽しめます。

パソコン内部で発生する高周波ノイズの影響を受けにくいUSBインターフェースを搭載。さらに、フルメタルボディを採用することで、よりクリアなハイレゾ音源の再生が可能です。フォーマット形式やサンプリングレートを確認できるLEDも搭載しています。

RME DAコンバーター ADI-2 DAC FS

シンプルな操作性と高音質を両立しているヘッドホンアンプです。PCMは最大768kHz/32bitの再生に対応。パソコンやiOSデバイスと接続してハイレゾ音源を楽しみたい方におすすめのモデルです。SPDIF入力やADAT入力にデジタル出力対応機器を接続すれば、AV機器ハブとしても活用できます。

DSDは最大11.2MHzの再生に対応。USBやSPDIF入力からDSD信号が入力されると、自動的にDSDモードに切り替わります。高解像度IPSディスプレイは、画面の明るさや色合いを好みで変更可能。LEDをすべて自動消灯するモードも備えています。

768kHz対応の高音質5バンド・パラメトリックEQを搭載している点にも注目。好みに合わせてEQ調節ができるほか、聴覚障害による左右音声のアンバランス補正にも対応しています。

ヘッドホンアンプのおすすめモデル|ポータブルタイプ

フィーオ(FiiO) ヘッドホンアンプ Q1 Mark II FIO-Q1MK2

ネイティブDSD再生を可能にする、ハイレゾ対応USB-DAC内蔵のポータブルヘッドホンアンプです。最大384kHz/32bitのPCMデータと11.2MHzのDSDデータ再生に対応。スマホや携帯音楽プレーヤーを使用して、高音質サウンドを楽しみたい方におすすめのモデルです。

高性能オーディオ回路を採用しているほか、DACチップには旭化成エレクトロニクスの「AK4452」を使用。手頃な価格ながらハイレベルな高音質サウンドを再生します。3.5mmシングルエンド出力端子にくわえ、2.5mmバランス出力端子も搭載。バランス接続対応ヘッドホンを使用している方に適しています。

フィーオ(FiiO) ヘッドホンアンプ FiiO BTR3K

Bluetoothレシーバー内蔵のポータブルヘッドホンアンプです。AAC・aptX・aptX HD・LDACなど高音質コーデックに対応。ワイヤレスで高音質サウンドが楽しめるモデルを探している方におすすめです。USB-TypeCコネクタを採用した、16bit/48kHzまで再生できるUSB-DACを搭載しています。

1.5時間の充電でシングルエンド出力時11時間の連続再生が可能。2.5mmバランス端子を設けており、バランス接続対応ヘッドホンを愛用している方にも適しています。ノイズキャンセリング機能対応マイクを内蔵し、クリアで聞き取りやすい音声通話を実現。RGBライトインジケーターにより、使用中のフォーマットをすばやくチェックできるのも便利です。

フィーオ(FiiO) ヘッドホンアンプ FiiO Q3

高性能パーツをふんだんに採用しているヘッドホンアンプです。従来のアンプ回路の弱点であるゼロクロス歪を効果的に除去する「THX AAAアンプ」を搭載。超低歪と超低ノイズを実現しており、とくに大出力で音楽を楽しみたい方におすすめのモデルです。

AKM社の新世代32bit 2ch PremiumDACチップ「AK4462」も低歪に貢献。最大768KHzのPCM入力とDSD512までの再生に対応しています。音量の左右不均等を解決し、微妙な音量調節が可能な「ADCボリュームコントロール機能」も魅力です。

1800mAhの大容量バッテリー内蔵の充電式で、USB-DAC使用時でも10時間以上の連続使用が可能。充電切り替えスイッチ付きUSB Type-Cコネクターによって多くの機器と接続でき、Lightningケーブルによる充電にも対応しています。

オーディオテクニカ(audio-technica) ポータブルヘッドホンアンプ AT-PHA55BT

Bluetooth接続によって、ワイヤレスで音楽を楽しめるヘッドホンアンプです。高音質コーデックLDACやaptX、AACに対応。遅延の少ない高音質なサウンドを実現しているおすすめモデルです。50mW+50mWの高出力により、ヘッドホンの性能を最大限に引き出します。

DACにはHi-FiグレードのESS社「ES9118」を採用。原音に忠実な再現能力を発揮します。32ステップの多段階デジタルボリュームを搭載し、曲に合わせて音量レベルを繊細に調節可能です。ヘッドホンのドライバー特性に合わせて出力抵抗値を切り替えできるスイッチも備えています。

動作状況を表示するLEDインジケーターで、接続中のコーデックや電池残量を確認しやすいのも便利。約3時間の充電で最大約8時間連続使用できるほか、最大約100時間の連続待ち受けが可能です。

ソニー(SONY) DAC内蔵ヘッドホンアンプ TA-ZH1ES

ハイレゾ音源の再現性に優れた「D.A.ハイブリッドアンプ」搭載のヘッドホンアンプです。アナログ回路を用いた信号補正によって、大音量時の歪みやデジタルノイズを低減しているのが特徴。最大でDSD22.4MHz、PCM768Hz/32bitのハイレゾ音源再生に対応しており、高音質にこだわりたい方におすすめのモデルです。

独自のアルゴリズムによる「DSDマスタリングエンジン」搭載で、すべてのPCM音源をリアルタイムでDSD11.2MHz相当に変換できるのも魅力。CD音源や圧縮音源をハイレゾ相当の高解像度で再生できる「DSEE HX」も搭載しています。

豊富なヘッドホン端子をフロントパネルに備えている点にも注目です。4.4mmバランス端子をはじめ、XLR4バランス端子、3.5mm×2のバランス端子、3.5mmステレオミニ端子、6.3mmステレオ端子を搭載。とくに、バランス接続対応ヘッドホンを愛用している方に適しています。

オンキヨー(Onkyo) ポータブルヘッドホンアンプ DAC-HA200

高品質なオーディオ機器を展開している「オンキヨー」のポータブルヘッドホンアンプです。デジタルオーディオ信号を高性能に変換するDAC「PCM5102」を搭載。アンプ部にはプッシュ・プル構成のディスクリート回路を採用しており、高品位な音楽再生を実現するおすすめモデルです。

iOS端末と接続して「HF Player」アプリを活用すれば、カメラコネクションキットなしでハイレゾ音源を手軽に楽しめるのが魅力。パソコンとの接続では内部の高精度クロックによるD/A変換で、高品位なコンテンツ再生に対応可能です。

さまざまな機器との接続を可能にする、豊富な入力端子を設けている点にも注目。ステレオミニ端子や光ミニ端子のほか、スマホと接続できるUSB端子を備えています。

マッキー(MACKIE) 4WAYヘッドホンアンプ HM-4

1系統のステレオ音源を4つのヘッドホンで同時に聴ける、4WAYヘッドホンアンプ。4つそれぞれ個別にボリュームコントロールでき、家族や仲間と一緒に高品位なステレオサウンドを楽しめます。

本体には厚みのあるスチールを採用し、耐久性に優れているのも魅力。リハーサルスタジオやプライベートレコーディングなど本格的な現場で活躍する、ラックマウントモデルもラインナップされています。

SHANLING ヘッドホンアンプ UP4

2.5mmバランス出力端子を設けているポータブルヘッドホンアンプです。LDAC・aptX・AACなどさまざまな高音質コーデックに対応。ワイヤレスで高音質サウンドを楽しみたい方におすすめのモデルです。LEDインジケーターによって、使用中のコーデックを確認できます。

電力効率に優れた高品質DACチップを内蔵し、高解像度でパワフルなサウンドを再生。S/N比120dB、歪率0.003%でノイズと歪みの少ない高音質サウンドを楽しめます。シングルエンド接続で15時間、バランス接続で10時間の連続再生が可能です。

ロトゥー(Lotoo) スティック型USB-DACアンプ DSD128

DSD68/128kHz、PCM44.1~384kHz対応のポータブルヘッドホンアンプ。高品質DACチップ「AKM4377」を採用しており、パワフルで高品質なサウンドを楽しめます。スリムなフォルムが特徴のスティック型で、携帯性を重視したい方におすすめのモデルです。

USBポートにはUSB-TypeCコネクタを採用。WindowsやMacをはじめ、AndroidやiOSなどさまざまな機器と接続可能です。4.4mmバランス端子と3.5mmシングルエンドのデュアル出力に対応しています。

RADSONE EarStudio ヘッドホンアンプ ES100 MK2

Bluetooth対応のポータブルヘッドホンアンプです。aptX・aptX HD・SBC・AACなどさまざまなワイヤレスコーデックに対応。通勤や通学など、外出時にワイヤレスで高音質サウンドを楽しみたい方に適しています。重さ20gと持ち歩く際の負担が少ないのもポイントです。

10バンドEQやアンビエントモードによって自分好みのサウンドに調節可能。専用アプリを活用すれば、手軽にカスタマイズ可能です。音量を制御するプログラマブルゲインアンプの採用により、小さい音量でも高音質を維持。DACを左右チャンネルに分離する構成が採用されており、シングルDAC採用モデルより臨場感のあるサウンドを楽しめるのも魅力です。

PALOVUE ポータブルヘッドホンアンプ

iOSデバイスのLightning端子と接続できるヘッドホンアンプです。ケーブルが一体化したユニークな形状で、非常にコンパクトなのが特徴。iPhoneやiPadと接続して、携帯しながら高音質サウンドを楽しみたい方におすすめのモデルです。

SpotifyやAppleMusicなど、音楽ストリーミングサービスにも対応。アルミ合金の本体と太いダブルナイロン編みケーブルの採用により、耐久性にも優れています。専用アプリを活用すれば、最新のファームウェアバージョンにグレードアップ可能です。

Audiolab ワイヤレスヘッドホンアンプ

本体サイズ幅45×高さ45×奥行12mmのコンパクトなポータブルヘッドホンアンプです。Bluetooth対応のワイヤレスタイプで、2時間の充電で5時間の連続再生が可能。通勤・通学時など、手軽に高音質な音楽を楽しみたい方におすすめのモデルです。

高性能DACとSRCの採用により、最大384kHz/32bitのハイレゾ音源を再生できるのも魅力。高性能ノイズキャンセリング機能を搭載し、ノイズの少ないクリアな通話も実現しています。

アイファイオーディオ(iFI AUDIO) ヘッドフォンアンプ micro-iDSD-Diablo

赤色のボディが印象的なポータブルヘッドホンアンプ。DACチップにバーブラウン社の「トゥルー・ネイティブ」を2基搭載し、最大768kHzまでのPCM・DSD512・MQAフルデコードの再生に対応しています。

本体サイズは166×72×25mmで、重量は約330gです。デジタル回路とアナログ回路には、同社独自の技術を用い、高性能化を実現。さらに、内蔵バッテリーによる駆動なので、電源由来のノイズも排除しています。

出力端子は4.4mmフルバランス出力端子と6.3mmシングルエンド出力端子、そして4.4mmバランス・ライン固定出力端子を搭載。入力端子はUSB Tyoe-Aオス端子と同軸/光デジタル入力端子を搭載しています。ヘッドホン出力はEco・Normal・Turboの3段階でゲインの切り替えが可能です。

コード(CHORD) Mojo MOJO-BLK

PCM最大768kHz/32bitもしくは、DSD256のネイティブ再生に対応するポータブルヘッドホンアンプ。最大800Ωのヘッドホンをドライブできる高出力アンプを搭載しています。本体サイズは幅82×高60×奥行22mmで、重量は約180g。手のひらサイズのコンパクト設計なので、持ち運ぶ機会が多い方にもおすすめです。

本体には大型のLEDランプが3つ搭載されており、色の変化でデータの形式や音量を把握できます。入力端子はmicroUSB・同軸デジタル・光デジタルを搭載。データ入力用とは別に充電用のmicroUSBポートを備えているので、充電しながらでも音楽の再生が可能です。

3.5mmヘッドホン出力を2つ搭載しているのも本製品ならではの特徴。ヘッドホンやイヤホンを2つ繋げて聴き比べしたり、家族と音楽を共有したりできます。バッテリー駆動時間はフル充電状態で約8時間。一日中充電を気にすることなく使用できます。

ラディウス(radius) 小型ポータブルDACアンプ RK-DA50CK

音質のよさとコンパクトさを兼ね備えたポータブルヘッドホンアンプです。USB Type-C端子でデバイスと接続し、3.5mmステレオミニで出力します。スマホとの接続にぴったりで、イヤホンといっしょにケースに入れていつでも気軽に持ち運びが可能。

また、USB Type-A変換アダプターが付属するので、パソコンなどさまざまなデバイスで使用できるのもメリットです。DACチップには、消費電流を抑えながらも広いダイナミックレンジと低歪み、高い周波数応答特性を実現する「Qualcomm Aqstic DAC」を採用しています。

対応フォーマットは最大24bit/192kHzで、再生周波数帯域は20Hz~90kHzに対応。さらに、「Android Open Accessory プロトコル 2.0」の仕様に準拠しているので、本製品を介した状態でもイヤホンのリモコンやマイクが動作します。

ヘッドホンアンプのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ヘッドホンアンプのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。