スマホやポータブルプレーヤーの音質性能を引き出す「ヘッドホンアンプ」。ヘッドホンで音楽を聴いていて物足りなさを感じる方におすすめのオーディオ機器です。

一口にヘッドホンアンプと言っても、ハイレゾ対応DACやバランス接続対応などモデルによって搭載されている機能はさまざま。そこで今回は、ヘッドホンアンプの選び方とおすすめのモデルをご紹介します。

ヘッドホンアンプとは?

By: amazon.co.jp

「ヘッドホンアンプ」とは、ヘッドホン専用のアンプを搭載したオーディオ機器のこと。ヘッドホンで音楽を聴けるように音楽信号を増幅させたり、音量を調節したり、音質を向上させたりできるのが特徴。主に3.5mmステレオミニか6.3mmステレオ標準端子で、ヘッドホン・イヤホンと接続します。

ヘッドホンアンプは、CDプレーヤーやポータブルオーディオプレーヤー(DAP)などにも内蔵されています。ただ、コスト面・設計面の制約からあまり性能の高いモノは採用されていません。

一方、単体のヘッドホンアンプは専用設計ならではの大音量・広帯域に加えて豊富な情報量を備えており、ヘッドホン・イヤホンの実力を最大限に引き出します。現在のオーディオ環境では少し物足りないと感じている方におすすめです。

ヘッドホンアンプの選び方

据え置きタイプのヘッドホンアンプ

By: amazon.co.jp

主に家庭用AC電源に対応しているのが据え置きタイプのヘッドホンアンプ。本体サイズが大きい分、各メーカーが独自の回路を組むことができるので、ポータブルタイプに比べて音質に優れているのが魅力です。

また、さまざまな入出力端子を備えているモデルが多いのも特徴。室内で音楽を楽しみたい方や、PCに繋いで使用したい方におすすめです。

ポータブルタイプのヘッドホンアンプ

By: amazon.co.jp

ポータブルタイプは、携帯性に優れておりバッテリー駆動により屋外で使用できるのが魅力です。主に、スマホやDAPと接続して手軽に高音質を追求したい方におすすめ。

据え置きタイプよりもライトユーザー向けのモデルが多く、数千円から数万円まで幅広くラインナップされています。スマホなどで音楽を聞く方が多い方におすすめです。

ポータブルヘッドホンアンプをもっと詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

接続方式で選ぶ

入力について

By: amazon.co.jp

ヘッドホンアンプへの音声入力方式には、デジタル・アナログの2種類が存在します。「USB」「光(オプティカル)」「同軸(コアキシャル)」などがデジタル接続。ヘッドホンアンプ内蔵の「DAC(Digital to Analog Converter)」で、デジタルからアナログへ信号を変換します。

一方、オーディオ機器側で信号変換が行われた後、「RCA」「フォーン」を使用して入力されるのがアナログ接続です。現在の主流はデジタル信号を利用した入力。特にUSB入力はPC・スマホとの接続に便利です。

また接続方式だけでなく、オーディオ機器やヘッドホンアンプに内蔵されている「DAC」の性能によっても音質が変わる点に注意してください。

出力について

By: amazon.co.jp

ヘッドホンアンプの出力端子といえば、3.5mmステレオミニと6.3mmステレオ標準の2つの端子が主流。現在でも多くのヘッドホンが備えている端子です。

ハイエンドなヘッドホンは「バランス接続」に対応。左右の音声信号干渉を防ぎ、音質を高める効果があります。バランス接続の主流は、4.4mm端子。ただしメーカーによっては2.5mm端子を使用するので注意してください。

また、ヘッドホンに加えてスピーカーや外部アンプへも出力したい方は、出力端子数をチェック。ヘッドホンアンプとしてだけではなく、「DAC」としても利用できます。

USB入力の対応スペックで選ぶ

By: amazon.co.jp

音声をデジタル信号化する方式には2つの種類があります。スタンダードな「PCM(Pilse Code Modulation)」は、時間(Hz)と出力レベル(bit)を細かく分割して数値化する方式。「Hz」と「bit」の数値が高いほど高音質となります。

CDと同程度の音質で44.1kHz/16bit。より高音質なハイレゾ音源対応の場合は、192kHz/24bit以上がおすすめです。また、「PCM」より精細にデジタル化できるのが「DSD(Direct Stream Digital)」と呼ばれる方式。標準レベルで2.8MHz、より高音質だと5.6MHzといった数値で表されます。

電源方式で選ぶ

By: amazon.co.jp

据え置き型のヘッドホンアンプではAC電源が主流。屋外での使用には向きませんが、安定した電源供給が可能です。コンセントがない場所での使用を想定している方は、USBバス電源に対応しているモデルがおすすめ。使い勝手を求めるのであれば、AC電源・USBバス電源の両方に対応したモデルも存在します。

ポータブルタイプのヘッドホンアンプは内蔵バッテリー式が主流。長時間屋外で使用する方は、スペックの最大駆動時間に注意してください。また、USBバス電源やUSBによるバッテリー充電に対応しているモデルも多いので、モバイルバッテリーを一緒に携帯するのもおすすめです。

ヘッドホンアンプのおすすめモデル|据え置きタイプ

デノン(DENON) DA-310USB DA-310USBSP

デノン(DENON) DA-310USB DA-310USBSP

384kHz/32bit対応の高音質DACを搭載したヘッドホンアンプ。デノン独自の「Advanced AL32 Processing Plus」と呼ばれるアナログ派形再現技術を使用し、デジタル録音時に失われたデータの精巧な復元を実現します。また、ハイレゾ音源の再生に対応しているので、原音に忠実で歪みのない繊細な音質を楽しめるがポイント。

USB Type-B入力端子を搭載しており、光デジタルや同軸デジタルによる入力に対応しています。ステレオ標準ジャックに加え、アンバランス出力にも対応。ヘッドホンアンプとしての使用だけでなく、プリメインアンプを接続してD/Aコンバーターとしても使用できます。

そのほか、縦置きと横置きの両方に対応。ディスプレイ表示は設置方法に合わせて自動で回転してくれます。本体サイズは約180×71×197mm。据え置き型のヘッドホンアンプとしては比較的コンパクトなので、設置スペースが限られている方におすすめです。

コルグ(KORG) 1BIT USB-DAC/ADC DS-DAC-10R

コルグ(KORG) 1BIT USB-DAC/ADC DS-DAC-10R

レコードプレーヤーと直接接続できるヘッドホンアンプ。フォノ入力端子を備えており、手持ちのレコードプレーヤーと簡単に接続できます。所有しているレコードを高音質なDSDでハイレゾデータ化が可能。音楽管理ソフト「AudioGate」を使用すれば、録音時のイコライジングを行えます。

DSD 2.8MHz/5.6MHz・PCM 192kHz/24bitのフォーマットに対応。クオリティにこだわって内部回路を構成しており、原音に忠実なサウンド再生・録音を実現します。本体サイズは約155×184×49mm。シンプルなデザインで設置場所を選びません。

iPhone用のハイレゾ音楽プレーヤーに対応しており、「iAudioGate」と組み合わせて使用可能。Appleデバイスとの相性は良好です。ヘッドホンアンプとしてだけでなく、レコード音源の高音質データ化が可能なモデルです。

ティアック(TEAC) USB DAC/ヘッドホンアンプ UD-505

ティアック(TEAC) USB DAC/ヘッドホンアンプ UD-505

優れた表現力を誇るハイエンドモデルのヘッドホンアンプ。D/Aコンバータ部は、「VERITA AK4479」を左右1基ずつ搭載するデュアル構成によってL/R信号の干渉を防いでいます。ピュアなステレオ信号処理機構で、音場感や立体感を豊かに表現。原音に忠実なハイレゾ音源を再生できます。

電力供給システムは左右チャンネルごとに搭載。チャンネルの消費電力変化による相互影響を防ぎ、安定した電力供給を可能にしています。

さらに、高音質なワイヤレス再生が可能。96kHz/24bitのLDACコーデックや48kHz/24bitのQualcomm aptXに対応し、無線による高音質音声データ転送を実現しています。

本体はノイズに強い金属パネルで構成。A4サイズのフルメタルボディは高級感を感じさせます。ヘッドホン端子には6.3mm標準端子を2基搭載。一般的なステレオジャックに加えて4.4mm 5極端子を備えているので、1本のケーブルでバランス接続したい方におすすめです。

ソニー(SONY) DAC内蔵ヘッドホンアンプ TA-ZH1ES

ソニー(SONY) DAC内蔵ヘッドホンアンプ TA-ZH1ES

多彩なヘッドホン端子に対応したDAC内蔵ヘッドホンアンプ。4.4mmバランス端子と3.5mmバランス端子2つに加えて、3.5mmステレオミニ端子・6.3mmステレオ標準端子を搭載しており、ヘッドホンの種類を問わず接続できます。

アンプには「D.A.ハイブリッドアンプ」を採用。ソニー独自の「S-Master HX(TM)フルデジタルアンプ」の音質は損なわず、歪みやノイズの低減を実現しています。音声の増幅過程は全てデジタル処理を施しているため、ハイレゾ音源の音質劣化を防いでいるのがポイント。また、PCM 768kHz/32bitとDSD 22.4MHzに対応しているため、高い情報量や解像度を備えた音楽再生を楽しめます。

PC用の音楽再生ソフトウェア「Hi-Res Audio Player」を使用可能。PCにインストールしておけば、USBで接続することで簡単に高音質サウンドが楽しめます。本体側面には、ウォークマンやハイレゾ対応のXperia用接続端子を搭載。最大でDSD 11.2MHz・PCM 384kHz/32bitの音源再生が可能です。

さらに、「DSEE HX(TX)」と呼ばれる技術により、CDや圧縮音源の解像度をハイレゾ相当にアップグレードできます。ソニーのハイレゾ対応スマホやウォークマンを所有している方におすすめの据え置き型ヘッドホンアンプです。

フォステクス(FOSTEX) HP Serires HP-A3 32bit DAC

フォステクス(FOSTEX) HP Serires HP-A3 32bit DAC

USBバスパワーでの駆動が可能なポータブルヘッドホンアンプ。本体サイズは約108×36×140とコンパクトな設計で、PC横やデスク上に設置しやすい形状です。USB給電ながら安定した電力供給が可能。電源を再生成するPLL専用電源を内蔵し、電力の安定化を図っています。

接続方法はUSBのほか、光デジタルケーブルに対応。出力端子はステレオ標準ジャック・RCA端子・光デジタル端子を搭載しています。一般的なヘッドホンに対応しているだけでなく、外部アンプへ接続して使えるのが魅力です。

シンプルな設計で販売価格は2万円前後とリーズナブル。据え置き型としては低価格なので、手軽に音質をアップさせられるコスパに優れたヘッドホンアンプを求めている方におすすめです。

パイオニア(Pioneer) USB DAC U-05

パイオニア(Pioneer) USB DAC U-05

音源に合わせてモード選択ができるヘッドホンアンプ。「SHARP」「SLOW」「SHORT」といった特性の異なる3つのモードを選択できます。PCM 384kHz/32bitとDSD 2.8MHz/5.6MHzに対応。高い解像度を誇るハイレゾ音源の再生におすすめ。原音に忠実なサウンドを楽しめます。

電源部はアナログ部とデジタル部に分離しており、ほかの回路の影響を受けずに安定した電力供給が可能です。音声データは入力から出力まで左右分離。D/A変換からヘッドホン出力まで、左右のチャンネルを完全に分けるフルバランス回路により、ノイズや歪みの少ないクリアなサウンド再生を実現しています。

出力端子はバランスヘッドホン端子2系統とアンバランスヘッドホン端子1系統を搭載。ライン出力を使用して、外部アンプに接続もできます。本体前面に配置されたボリュームノブに加えて、「FINE ADJUSTボリューム」を備えているのもポイント。微細な音量調整を行いたい方におすすめのモデルです。

ヘッドホンアンプのおすすめモデル|ポータブルタイプ

フィーオ(Fiio) Q1 Mark Ⅱ FIO-Q1MK2

フィーオ(Fiio) Q1 Mark Ⅱ FIO-Q1MK2

コストパフォーマンスに優れたUSB DAC内蔵ポータブルヘッドホンアンプ。ハイレゾ音源対応のUSB DAC内蔵モデルながら、1万円台後半の手頃な価格が手に入れられます。最大384kHz/32bitのPCMデータや11.2MhzのDSDデータに対応し、人間の可聴帯域以上の広い帯域での再生が可能です。

出力端子はシングルエンド端子とバランス出力端子の両方を搭載。一般的なヘッドホンが備えている3.5mmステレオ端子に加え、バランス接続可能なヘッドホンを組み合わせて使えます。また、ライン入出力対応の3.5mm多機能端子を利用すれば、外部アンプへの接続が可能です。

iPhoneとの接続を想定した設計となっており、Lightningケーブル経由で給電が行われないよう設定変更が可能です。また、USBインターフェイスは接続機器を自動で検知し動作切替を行います。

そのほか、左右の音量偏りを防ぐように設計されているのもポイント。アナログ信号をデジタル的に検知して再構成する音量調整機能を使用し、左右チャンネルの均衡を保ちます。また、Gain切替えやBass Boost機能を搭載しているため、迫力のある重低音サウンドを楽しみたい方におすすめです。

コード(CHORD) Mojo MOJO-BLK

コード(CHORD) Mojo MOJO-BLK

ロングセラーを続ける定番のポータブルヘッドホンアンプ。PCM 768kHz/32bitとDSD 11.2Mhz/1bitに対応しており、据え置き型に匹敵する原音に忠実なサウンド再生が可能です。

microUSB・光デジタル・同軸デジタル端子を備えているほか、USB-OTGケーブルを使用すればLightningケーブルやWM-PORTケーブルも接続できます。出力端子は3.5mm/3極のヘッドホンジャックを2基搭載。2つのヘッドホンやイヤホンを同時に接続できます。

長時間駆動可能な大容量バッテリーを内蔵。5時間ほどの充電で約8時間バッテリー駆動できるので、1日中音楽を楽しめます。本体サイズは約82×60×22mmとコンパクト。手の平に収まるサイズながら、マットブラックのアルミニウムボディが高級感を漂わせます。耐久性や放熱性にも優れており、安心して使用可能。さらに、エッジ部分に丸みを持たせることで、手になじむように設計されています。

microUSB端子は2基搭載。ポータブルモバイルバッテリーで本体を充電しながら使えるので、旅行や出張時に携帯したい方におすすめです。

ソニー(SONY) ポータブルヘッドホンアンプ PHA-3 PHA3

ソニー(SONY) ポータブルヘッドホンアンプ PHA-3 PHA3

バランス出力に対応したポータブルヘッドホンアンプ。左右のチャンネルに正相・逆相の出力を有するアンプを構成し、解像度や定位感の向上を実現しています。USB接続時は最大DSD 2.8MHz/5.6MHz・PCM 384kHz/32bitに対応。接続機器のクロックに左右されず、独自のクロックで高音質再生が可能です。

内蔵バッテリーでの駆動時間は約5時間。デジタルバランス接続時は5時間ほどですが、アナログ接続であれば約28時間もの駆動時間を誇ります。USB ACアダプターであれば約6時間でフル充電可能。一晩で充電が完了するので、毎日使いたい方に最適です。

CDや圧縮音源などの音質をアップさせる「DSEE HX(TX)」対応。CD・圧縮音源の解像度をハイレゾ音源並みに引き上げられます。ゲイン切替えスイッチを搭載。再生機器のインピーダンスに合わせた駆動ができるので、複数のヘッドホンを使用する方やイヤホンと使い分けたい方におすすめです。

オンキヨー(ONKYO) ポータブルヘッドホンアンプ DAC-HA200 DAC-HA200-B

オンキヨー(ONKYO) ポータブルヘッドホンアンプ DAC-HA200 DAC-HA200-B

ハイレゾ音源入門用としておすすめのポータブルヘッドホンアンプ。オンキヨーが開発したハイレゾ音源用ミュージックプレーヤー「HF Player」を使用し、e-onkyo musicから楽曲を直接ダウンロードできます。

高精度なイコライザーにより音質をカスタムできるほか、有料版の「HD プレーヤーパック」を使用すればFLACやDSDなど、より高品位なハイレゾフォーマットに対応可能です。オペアンプには「MUSES8920」を採用。クリアで立体的なサウンドを実現しています。

Lightning端子を搭載しているため、iPhoneと簡単に接続可能。Appleのカメラコネクタキットを利用して端子の変換を行うことなく、直接接続できます。光ミニ端子やUSB端子による接続にも対応しているため、PCやAndroidスマホとの接続にも便利。イヤホンが付属したモデルも販売されているので、ハイレゾ音源を体験したい方におすすめです。

JVCケンウッド(KENWOOD) ポータブルヘッドホンアンプ SU-AX01

JVCケンウッド(KENWOOD) ポータブルヘッドホンアンプ SU-AX01

高解像度で自然な空間表現が魅力的なポータブルヘッドホン。フルバランス構成で左右のチャンネルを完全に独立させることで、干渉を防ぐとともに正確な音像定位を実現しています。

ヘッドホンアンプ部にはJVCケンウッド独自の技術を採用。力強いサウンド再生を実現させるために、トランジスタ・コンデンサなどを集積回路ではなく単体素子で組み立てています。デジタル部とアナログ部をそれぞれ専用の基盤に分割。相互干渉を防ぐことでノイズを低減し、クリアな音質を追求しています。

DSD 11.2MHz・PCM 384kHz/32bitのフォーマットに対応。ハイスペック化が進むハイレゾ音源に幅広く対応できるスペックです。入力インターフェイスには光デジタル端子・同軸デジタル端子・USB端子・アナログ端子を搭載。接続する機器を選ばないので、複数の機器と接続したい方におすすめです。

シュア(SHURE) KSE1200コンデンサー型高遮音性イヤホンシステム KSE1200SYS-A

シュア(SHURE) KSE1200コンデンサー型高遮音性イヤホンシステム KSE1200SYS-A

専用イヤホンが付属したポータブルヘッドホンアンプ。高い遮音性を誇るイヤホンと高電圧アンプがセットになったモデルです。原音の再現性が高く、クリアなサウンドを楽しめます。入力端子はLINE1系統。そのほか、充電用microUSB端子とPADスイッチのみを配置したシンプルな設計で使い勝手も良好です。

入力信号レベルの切替スイッチ(PADスイッチ)搭載。過大入力の場合にはレッドランプが点灯し、適切な場合にはグリーンのランプ点灯で知らせてくれます。全モデルのKSE1500を一回り小さくしたデザイン。本体サイズは約93×53×21mmで、デジタルオーディオプレーヤーと一緒に携帯しやすいサイズです。

バッテリー駆動時間は約12時間。長時間駆動可能な大容量バッテリーを内蔵しており、旅行や出張などの長期外出時に便利です。付属品として長さの異なる2種類のステレオミニケーブルが同梱。より高い音質を求める方はハイグレードケーブルへのカスタマイズを楽しめます。アナログ接続ながら高い解像度を誇るハイエンドモデルです。

ヘッドホンアンプのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ヘッドホンアンプのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。