スマホやポータブルプレーヤーの音質性能を引き出す「ヘッドホンアンプ」。ヘッドホンで音楽を聴いていて物足りなさを感じる方におすすめのオーディオ機器です。

ひと口にヘッドホンアンプといっても、ハイレゾ対応DACやバランス接続対応などモデルによって搭載されている機能はさまざま。そこで今回は、ヘッドホンアンプの選び方とおすすめのモデルをご紹介します。

ヘッドホンアンプとは?

By: fostex.jp

「ヘッドホンアンプ」とは、ヘッドホン専用のアンプを搭載したオーディオ機器のこと。ヘッドホンで音楽を聴けるように音楽信号を増幅させたり、音量を調節したり、音質を向上させたりできるのが特徴。主に3.5mmステレオミニか6.3mmステレオ標準端子で、ヘッドホンやイヤホンと接続します。

ヘッドホンアンプは、CDプレーヤーやポータブルオーディオプレーヤー(DAP)などにも内蔵されています。ただし、コスト面や設計面の制約からあまり性能の高いモノは採用されていません。

一方、単体のヘッドホンアンプは専用設計ならではの大音量かつ広帯域に加えて、豊富な情報量を備えており、ヘッドホンやイヤホンの実力を最大限に引き出します。現在のオーディオ環境では少し物足りないと感じている方は、チェックしてみてください。

ヘッドホンアンプの選び方

据え置きタイプのヘッドホンアンプ

By: korg.com

主に家庭用AC電源に対応しているのが据え置きタイプのヘッドホンアンプ。本体サイズが大きい分、各メーカーが独自の回路を組めるので、ポータブルタイプに比べて音質に優れているのが魅力です。

また、さまざまな入出力端子を備えているモデルが多いのも特徴。室内で音楽を楽しみたい方や、PCに繋いで使用したい方におすすめです。

ポータブルタイプのヘッドホンアンプ

By: amazon.co.jp

ポータブルタイプは、携帯性に優れバッテリー駆動により屋外で使用できるのが魅力です。主に、スマホやDAPと接続して手軽に高音質を追求したい方におすすめ。

据え置きタイプよりもライトユーザー向けのモデルが多く、数千円から数万円まで幅広くラインナップされています。スマホなどで音楽を聞く方が多い方におすすめです。

ポータブルヘッドホンアンプをもっと詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

接続方式で選ぶ

入力について

By: amazon.co.jp

ヘッドホンアンプへの音声入力方式には、デジタルとアナログの2種類が存在します。「USB」「光(オプティカル)」「同軸(コアキシャル)」などがデジタル接続。ヘッドホンアンプ内蔵の「DAC(Digital to Analog Converter)」で、デジタルからアナログへ信号を変換します。

一方、オーディオ機器側で信号変換が行われた後、「RCA」「フォーン」を使用して入力されるのがアナログ接続です。現在の主流はデジタル信号を利用した入力。特にUSB入力はPC・スマホとの接続に便利です。

また接続方式だけでなく、オーディオ機器やヘッドホンアンプに内蔵されている「DAC」の性能によっても音質が変わる点に注意しておきましょう。

出力について

By: amazon.co.jp

ヘッドホンアンプの出力端子といえば、3.5mmステレオミニと6.3mmステレオ標準の2つの端子が主流。現在でも多くのヘッドホンが備えている端子です。

ハイエンドなヘッドホンは「バランス接続」に対応。左右の音声信号干渉を防ぎ、音質を高める効果があります。バランス接続の主流は、4.4mm端子。ただしメーカーによっては2.5mm端子を使用するので注意しておきましょう。

また、ヘッドホンに加えてスピーカーや外部アンプへも出力したい方は、出力端子数をチェック。ヘッドホンアンプとしてだけではなく、「DAC」としても利用できます。

USB入力の対応スペックで選ぶ

By: amazon.co.jp

音声をデジタル信号化する方式には2つの種類があります。スタンダードな「PCM(Pilse Code Modulation)」は、時間(Hz)と出力レベル(bit)を細かく分割して数値化する方式。「Hz」と「bit」の数値が高いほど高音質になります。

CDと同程度の音質で44.1kHz/16bit。より高音質なハイレゾ音源対応の場合は、192kHz/24bit以上がおすすめです。また、「PCM」より精細にデジタル化できるのが「DSD(Direct Stream Digital)」と呼ばれる方式。標準レベルで2.8MHz、より高音質だと5.6MHzといった数値で表されます。

電源方式で選ぶ

By: amazon.co.jp

据え置き型のヘッドホンアンプではAC電源が主流。屋外での使用には向きませんが、安定した電源供給が可能です。コンセントがない場所での使用を想定している方は、USBバス電源に対応しているモデルがおすすめ。使い勝手を求めるのであれば、AC電源・USBバス電源の両方に対応したモデルが適しています。

ポータブルタイプのヘッドホンアンプは内蔵バッテリー式が主流。長時間屋外で使用する方は、スペックの最大駆動時間に注意しておきましょう。USBによるバッテリー充電に対応しているモデルが多いので、モバイルバッテリーを一緒に携帯するのもおすすめです。

ヘッドホンアンプのおすすめモデル|据え置きタイプ

アイファイ・オーディオ(iFi-Audio) ZEN DAC

デスクトップやリビングルームでの使用を前提に設計された、据え置きタイプのヘッドホンアンプです。パソコンやスマホ、タブレットにUSB経由で接続可能。ハイレゾDA変換テクノロジーにより、デジタルの音声データを高水準で処理します。

細部まで明瞭で広がりのあるサウンドが特徴。比較的安い価格ながら、左右のチャンネルが分離したバランス設計を採用しているのも魅力です。

出力は、6.3mmヘッドホン端子と4.4mmの出力端子を搭載。同メーカーのヘッドホンアンプで定評のある「XBass回路」を進化させた「TrueBass」により、低域を精妙に増強できるのもポイントです。

デノン(DENON) ヘッドホンアンプ DA-310USB

据え置きタイプのヘッドホンアンプです。フットを付け替えるだけで、縦置きと横置きの両方で使用可能。ディスプレイの表示は、置き方にあわせて自動で回転する仕様です。

さらに、USB-DAC機能はPCM 384 kHz/32bitとDSD 11.2 MHzに対応。インピーダンスにあわせて設定できる3段階のゲイン切り替え機能や、0.5dB刻みで精密に調節できるボリュームコントロールも搭載されています。

ほかにも、外部振動が音に与える影響を軽減する、高剛性なアルミニウムパネルをボディ上下に採用。原音に忠実なサウンドを楽しみたい方は、本製品をチェックしてみてください。

フォステクス(Fostex) HP Series HP-A4 DAコンバーター&ヘッドフォンアンプ

USBバスパワーで駆動する、据え置きタイプのヘッドホンアンプです。192kHz/24bitまでのリニアPCMオーディオと、5.6MHzまでのDSDオーディオの再生に対応。ゲイン切り替え機能も搭載されているので、幅広いヘッドホンで使用できます。

さらに、音源にあわせて音質をカスタマイズできる「デジタルフィルター」も搭載。フリーソフトである「Fostex Audio Player」を使用することで、高音質なハイレゾ音源を手軽に楽しめるのもポイントです。

コルグ(KORG) ネットワークオーディオプレーヤー DS-DAC-10R

スタイリッシュなデザインが魅力的な据え置きタイプのヘッドホンアンプです。PCMなら最大192kHz/24bit、DSDなら5.6・2.8MHzのフォーマットに対応。いつでも高音質な音源データを録音・再生できます。

また、フォノ入力端子を採用しているので、レコードプレイヤーの接続も可能。お気に入りのレコードを高音質データ化したい場合にも便利です。

ボリューム・ノブ部に搭載されているLEDは、再生フォーマットの表示や録音中を示すインジケーターとして機能。本体サイズは約W155×D184×H49mmとコンパクトなので、設置スペースが限られている方におすすめです。

マランツ(marantz) ヘッドホンアンプ HD-DAC1

CDやレコード、ハイレゾなど幅広い音源に対応する、据え置きタイプのヘッドホンアンプです。わずかW250×D270mmのコンパクトボディに、USB-DAC機能とヘッドホンアンプを搭載。ヘッドホンやパワードスピーカーで高音質なサウンドを楽しみたい方におすすめです。

PCMは192kHz/24bit、DSDは5.6MHzに対応。フラッグシップモデルと同じオーディオ高音質化技術「デジタル・アイソレーション・システム」や「デュアル・クリスタル・クロック」が搭載されているのもポイントです。ゲイン切り替えは3段階で可能。接続するヘッドホンのインピーダンスにあわせてベストな音量に設定できます。

カイン(Cayin) ヘッドホンアンプ Cayin HA-1a MK2

あたたかく優しいサウンドを奏でる真空管を搭載した、据え置きタイプのヘッドホンアンプです。ボディサイドには美しいウッドパネルを使用。ロシア製の「EL84EH」と呼ばれる真空管を採用しており、ナチュラルながらパワーのある音が楽しめます。

ボリュームコントロールには、高品質な「ALPS-27ロータリーポテンショメーター」を採用。ヘッドホン出力端子が2種類搭載されており、ダイナミックなAとソフトで繊細なBが選択できるのもポイントです。

オーディオテクニカ(audio-technica) ヘッドホンアンプ AT-HA2

リーズナブルな価格で購入できるヘッドホンアンプです。本体サイズは約W70×D92×H30mmとコンパクトながら、ヘッドホン出力端子を2基搭載。複数人で音源をモニターしたい場合はもちろん、2種類のヘッドホンを使い分けたい方にもおすすめです。

入力は、3.5mmステレオミニプラグとピンプラグの2種類を搭載。付属のACアダプターからの給電で駆動します。

ヘッドホンアンプのおすすめモデル|ポータブルタイプ

フィーオ(FiiO) ヘッドホンアンプ FIO-K3

最大384kHz/32bitのPCMと11.2MHzのDSDに対応する、ポータブルタイプのヘッドホンアンプです。入力は、安定した電源供給が可能なUSB Type-C端子を採用。過電圧保護回路と2重の電源ノイズフィルターが搭載されているのもポイントです。

出力は、3.5mmシングルエンド出力端子に加えて、2.5mmのバランス接続端子を搭載。バランス出力端子にヘッドホンを接続すれば、自動でバランス駆動回路が動作します。

さらに、歪みやノイズが少なく、高出力なオペアンプ「OPA926」と、ローパスフィルターとして動作する「OPA1612」を組み合わせて、解像度の高いサウンドを実現しているのもポイント。電子ボリューム方式による音量調整機構を採用し、細かく滑らかにボリュームを調節できます。

ほかにも、Bass Boost機能やゲイン設定機能を搭載。より迫力のあるサウンドが楽しめるおすすめのモデルです。

アイバッソ(iBasso) iBasso audio ケーブルアダプター DC01

小型ながら高音質でパワフルなサウンドを再生できる、ポータブルタイプのヘッドホンアンプです。多くのDACやDAPに使用されているDACチップ「AK4493」を採用し、PCM 384kHz/32bitとDSD256xのネイティブ再生に対応します。

接続には、本体に付属しているUSB Type-Cコネクタを使用。WindowsやAndroid OSで利用できる専用アプリ「iBasso」を利用することで、64段階で簡単にハードウェアボリュームが調節できます。

本体の重量はわずか11gで、携帯性も良好。スタイリッシュなデザインで汎用性が高いおすすめの製品です。

SHANLING UP4

ピュアなサウンドと力強い出力が特徴のポータブルヘッドホンアンプです。アルミニウム製のフレームに曲面ガラスパネルを取り付けた美しいデザインがポイント。

LDAC、aptX、AACなどのコーデックに対応したBluetooth接続が可能で、ワイヤレスながら高音質な音源データを再生できます。本体には2基のDACチップ「Sabre ES9218P」が搭載されており、解像度の高いパワフルな出力を実現。

バランス接続を利用した場合でも、最大10時間ほど連続使用できるのも魅力です。

コードエレクトロニクス(Chord Electronics) Mojo

ブロック削りだしの航空機グレードアルミボディを採用した、ポータブルタイプのヘッドホンアンプです。本体サイズは約W82×D22×H60mmと手のひらサイズながら、最大800Ωのヘッドホンもドライブできる駆動力を備えています。

本体には入力用と充電用のmicroUSB端子を1基ずつ搭載。モバイルバッテリーで本製品を充電しながら、音楽鑑賞を楽しめます。出力端子として、3.5mm3極のヘッドホンジャックを2基搭載している点もおすすめです。

ロトゥー(Lotoo) PAW S1 DSD128/PCM384対応 スティック型USB-DACアンプ

高性能で高品質なDACチップ「AKM4377」を搭載した、ポータブルタイプのヘッドホンアンプです。アンプチップに「TI OPA1622」を採用し、パワフルな出力を実現。出力は、3.5mmmシングルエンドと4.4mmバランスとのデュアル出力に対応しています。

本製品はWindowsやmacOSのほか、Android OS、iOSなど幅広いOSをサポート。GAMEやMOVIEなどのプリセットが搭載されているので、音楽鑑賞以外でも迫力あるサウンドが楽しめます。

EarStudio ES100 MK2

Bluetoothを利用したワイヤレス接続が可能なポータブルタイプのヘッドホンアンプです。aptXやaptX-HD、LDACやSBC、AACなどのコーデックに対応しており、高音質なデータ伝送が可能。最大14時間のバッテリー駆動が可能な点も魅力です。

音質は、本体に内蔵された「10-Band Equalier」を利用するほか、専用のアプリを使用してもカスタマイズできます。さらに、DACチップである「AK4375a」を左右のチャンネルごとに搭載しているので、シングルDAC搭載のヘッドホンアンプに比べて、より解像度の高いサウンドが再生できるのもポイントです。

ティアック(TEAC) DSD対応ポータブルヘッドホンアンプ/プレイヤー HA-P90SD

ハイレゾ音源対応の高音質回路を搭載した、ポータブルタイプのヘッドホンアンプです。PCM 192kHz/24bitとDSD 5.6MHzに対応。microSDカードスロットが搭載されているので、音楽再生が可能なオーディオプレイヤーとしても利用できます。

OSは、macOS・Windows・iOS・Androidと幅広く対応。それぞれのOSでハイレゾ音源を再生できるアプリ「TEAC HR Audio Player」を利用することで、専門的な知識が求められるDSDネイティブ再生を手軽に行えます。

ヘッドホンアンプのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ヘッドホンアンプのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。