ヘッドホンで音楽を聴いていて物足りなさを感じる場合には、単体ヘッドホンアンプの追加がおすすめ。スマホやポータブルプレーヤー内蔵のヘッドホンアンプよりもパワフルな高音質を楽しむことが可能です。

また、ハイレゾ対応DACやバランス接続対応など、機能が豊富なモデルも増えています。それだけに初心者は選ぶのが大変。そこで今回は、最新ヘッドホンアンプの選び方と目的別おすすめ機種をご紹介します。お気に入りのヘッドホンがより活用できるので、ぜひチェックしてみてください。

ヘッドホンアンプとは?

By: amazon.co.jp

「ヘッドホンアンプ」とは、ヘッドホン専用のアンプを搭載したオーディオ機器のこと。ヘッドホンで音楽を聴けるように音楽信号を増幅、音量調整をする役割です。おもに3.5mmステレオミニか6.3mm径ステレオ標準端子で、ヘッドホン・イヤホンと接続します。

また、実はCDプレーヤーやプリメインアンプ、スマホ、ポータブルオーディオプレーヤー(DAP)など、ヘッドホン端子を装備する機器もヘッドホンアンプを内蔵しています。それでもあえて別にヘッドホンアンプを使うのは高音質を追求するためです。というのも、機器内蔵のヘッドホンアンプはコスト面・設計面の制約から非力で音質的にもそれなりのモノが多いもの。最近増えている高級ヘッドホンでは満足な音量も出せない場合すらあります。

そんな時には単体ヘッドホンアンプがおすすめ。専用設計ならではの余裕がもたらす大音量、広帯域、豊富な情報量でもって幅広いヘッドホン・イヤホンの実力を発揮させてくれます。

ヘッドホンアンプの選び方

①据え置きかポータブルか

By: amazon.co.jp

かつてはヘッドホンアンプというと、ヘッドホン端子を装備しないCDプレーヤーやビデオ機器でヘッドホンを使えるようにする用途が主で、アナログ入力専用の据え置き(AC電源専用機)タイプが大半でした。

それが、PCやスマホ・DAPの普及、さらにはイヤホン・ヘッドホン業界の拡大により、さまざまな用途で、高音質を狙うための機器の意味が強くなりました。

その結果、多数の入力に対応する据え置き機やポータブル機などが登場。用途に応じて選ぶ必要が出てきました。基本的には屋内使用専用なら据え置き機、屋外メインならポータブル機ですが、それぞれにさらに用途に応じて選ぶ余地があります。

据え置きタイプのヘッドホンアンプ

By: amazon.co.jp

おもに家庭用AC電源に対応しているのが据え置きタイプのヘッドホンアンプ。余裕のある筐体構造や回路を組むことができるので、室内でじっくりと高音質を楽しみたい方におすすめです。

サイズの余裕から入出力の豊富なモデルが多いのも特徴。数千円程度の入門機から数十万円以上の高級機まで価格幅が広いので、自分に合ったクラスのモデルを選ぶのも大切です。

ポータブルタイプのヘッドホンアンプ

By: amazon.co.jp

手のひらサイズくらいが主流で、バッテリー駆動により屋外使用できるモノが多いのがポータブルタイプのヘッドホンアンプです。おもにスマホやDAPと接続して手軽に高音質を追求したい方におすすめ。

据え置きタイプよりもライトユーザー向けが多く、数千円から数万円までの範囲に多数の製品があります。新規格に対応して次々に新製品が出ているのも最近の特徴です。

ポータブルヘッドホンアンプをもっと詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

②接続方式で選ぶ

入力について

By: amazon.co.jp

ほとんどのオーディオ機器と接続できるアナログ入力(RCA、ステレオミニ、XLRの総称)は、大抵のモデルで装備している基本的な入力です。ただし、最近はデジタル入力のみに対応したモノも増えています。

USB、光、同軸端子などによるデジタル入力対応が最近の主流。特に、PCやスマホと接続できるUSB入力は重要です。

USB入力についてはPCとの接続はどれでも可能ですが、スマホとの接続可能性はモデルによって違うので、ここを重視する方は要チェック。なお、iPhoneからデジタル入力できるLightning接続対応で、本体がLightning端子直結タイプのヘッドホンアンプはiPhone(iOS機)以外とは接続できない点に注意してください。

出力について

By: amazon.co.jp

以前はヘッドホンアンプのヘッドホン出力といえば、3.5mm径ステレオミニか6.3mm径標準端子のどちらかでした。このいずれかがあればほとんどのヘッドホン・イヤホンに対応できたからです。

最近ではこれら従来の端子の欠点である、左右の信号が混ざり合う現象を防いで高音質再生を狙う「バランス接続」出力端子が登場。使用するにはヘッドホン・イヤホンも対応する端子を備える必要がありますが、その高音質ぶりから急速に対応機が増えています。ただ、これまで端子規格が不統一の期間があったため、各社端子がバラバラの状況です。

今後はJEITA(電子情報技術産業協会)が推進する4.4mm径端子が普及するものと見込まれ、ソニーやゼンハイザーなどが採用しています。ただ、DAPでは現状、2.5mm径端子が多いことにも留意してください。

③USB入力の対応スペックで選ぶ

By: amazon.co.jp

USB入力対応モデルでは対応するデジタル規格のスペックにも注目しましょう。安価なモデルではこれまでのCD同等のPCM 16bit/48kHzまでの対応が普通です。

さらに、CDを超える高解像度な「ハイレゾ音源」に対応するかが選ぶ際のポイント。1万円台からでもPCM系(FLAC、WAV、ALACなど)24bit/96kHzに対応するモデルもあります。さらに、CDのPCM方式とは異なるDSD方式ハイレゾに対応するかも注目点。

発売されている音源との兼ね合いで言えば、PCM 24bit/192kHz、DSD 5.6MHz以上に対応していれば、まずは十分です。

④電源方式で選ぶ

By: amazon.co.jp

据え置き機ではAC電源が主流。高音質のための電源回路を自由に組めますが、屋外使用できないのが弱点です。また、据え置き機の中にはUSB電源対応機もあります。これなら屋外でも使えますが、電力供給量の限界に起因する音質の制約も。AC電源とUSB電源の両方に対応していると使い勝手と音質の両面で有利です。

ポータブル機は充電式による内蔵バッテリー方式が主流。USB電源にも対応するモデルもあります。超小型モデルの中には、USB電源のみのモノも。この場合、接続機器のバッテリーを消費してしまうことに注意しましょう。また、乾電池式は電源の汎用性が魅力ですが現在は少なくなっています。

ヘッドホンアンプのおすすめモデル|据え置きタイプ

デノン(DENON) ヘッドホンアンプ DA-310USB-SP

デジタル入力専用の据え置きヘッドホンアンプ。最大の特徴は、入力からヘッドホン出力までの全てをデジタル処理する「DDFA」採用の「フルデジタル・プロセッシング・ヘッドホンアンプ」であることです。

高速で精度の高いデジタル信号処理により、音源に含まれる情報を損なうことなくヘッドホンを駆動できます。インピーダンスに合わせて設定できる3段階の「ゲイン切替機能」で幅広いヘッドホンに対応可能。端子は6.3mm標準のみ装備しています。

また、CDなどの非ハイレゾ音源をハイレゾ相当に変換する「Advanced AL32 Processing Plus」も搭載。デノンのCDプレーヤーで実績のある機能で、あらゆる音源を高密度なサウンドで楽しめます。デジタル音源をこれまでにない鮮度の高い音で楽しみたい方におすすめです。

ティアック(TEAC) ハイレゾ音源対応ヘッドホンアンプ DAC付 UD-505

幅広い入力に対応した4.4mmバランスヘッドホン接続対応ヘッドホンアンプ。RCAアナログ、USB-B、同軸デジタル、光デジタル入力を装備。Bluetooth入力も可能で、LDACやaptX HD、AAC、SBCコーデックに対応する幅広さが魅力です。

左右チャンネル4基ずつの出力トランジスターによって構成された「TEAC-HCLD回路」を使用することで、バランス駆動ヘッドホンに対応。滑らかな音質が楽しめるA級動作領域の広さもポイントです。

プリアンプとしても使え、外部クロック入力も備えるので、デジタル入力時のいっそうの音質向上も狙えます。幅広い音源を4.4mmバランス接続対応ヘッドホンで楽しみたい方におすすめです。

ソニー(SONY) DAC内蔵ヘッドホンアンプ TA-ZH1ES

ヘッドホンのバランス接続用端子を3種類も備えたヘッドホンアンプです。ソニーも推進するJEITA統一規格である4.4mm径端子に加え、XLR4バランス端子、3.5mm径端子を搭載。幅広いヘッドホン・イヤホンを使用できます。

ヘッドホンアンプ部はデジタル方式とアナログ方式を組み合わせた独自回路で構成。デジタルの持つ高解像度と、アナログの利点である音の滑らかさを兼ね備えます。

USB入力はPCM 32bit/768kHz、DSD 11.2MHzまで対応のハイスペック。加えて各種デジタルとアナログ入力も備えます。デジタル音源をDSDやハイスペックなハイレゾに変換して再生できる機能もポイント。古い音源や圧縮音源も高音質で聴きたい方にもおすすめです。

カイン(Cayin) 真空管ヘッドホンアンプ HA-1A MK2

真空管式のアナログ入力専用ヘッドホンアンプ。中国のカインは、真空管を採用したヘッドホンアンプで有名なメーカーです。本モデルはロングセラー「HA-1A」の後継機。

真空管は前作と同じロシア製「EL84EH」を2本に加え「12AU7」を2本と「12DT5」を1本採用しています。さらにヘッドホン出力を高音質化すべく、10年もの時間をかけ入念に再チューニング。真空管ならではの滑らかで温かみのあるサウンドを楽しめます。

インピーダンスは8Ωから最大で600Ωまで対応する広範囲で、ハイインピーダンスの高級機にも対応。出力端子は6.3mm標準ヘッドホン端子に加え可変RCAも備えるので、真空管式プリアンプとしても使えます。側面に高品位な木材を配したデザインも魅力。モノとしての質感のよさでもおすすめです。

フォステクス(FOSTEX) ボリュームコントローラー PC100USB

国内大手メーカー製では最も安いクラスのUSB入力対応ヘッドホンアンプです。対応スペックはPCMで最大16bit/48kHzとCDレベルまで。USBバスパワー駆動のため別電源は不要です。

スマホなどとは接続できないPC専用アイテム。ハイレゾ再生には対応しませんが、その分専用ドライバーのインストールの手間はなく、Windows及びMacOSの標準ドライバーで動作するので簡単に使えます。PC本体のヘッドホン端子の音のグレードアップとして最初の1歩におすすめです。

プリンストン(PRINCETON) DSD対応DAC内蔵ヘッドホンアンプ PAV-HADSD

DSD再生可能なヘッドホンアンプとして最もリーズナブルな機種のひとつです。PCMは32bit/384kHzまで、DSD 5.6MHzまで対応しています。PCからの高音質再生に欲しい「ASIOドライバー」に対応するのも嬉しいポイント。「Lightning-USBカメラアダプタ」を使用すればiOS機と接続できる他、Android機との接続にも対応します。

ヘッドホンアンプは対応インピーダンスが16~600Ωと余裕があるのも魅力です。電源はUSBバスパワーに加え、別売りACアダプターにも対応。アナログ入力がないのは残念ですが、DSD音源をできるだけ安く聴きたい方にはおすすめです。

アールエムイー(RME) ヘッドホンアンプ・DAC ADI-2 Pro

音楽制作向けの定番メーカーによるヘッドホンアンプ搭載型オーディオインターフェース。RMEは業務用機材を多数手がけてきましたが、最近はそのヘッドホンアンプ部の高音質ぶりから一般ユーザーにも人気。メーカーもそれに応えて、一般も意識したモデルを出しています。本機もプロ用では珍しく、単体使用可能なので、誰でも簡単に使えます。

プロ用ならではの演出を排除したリアルな音は見事です。5バンドのパラメトリックイコライザー、ローカット等も装備し、組み合わせるヘッドホンに合わせた音質調整が自在なのも魅力。ハイスペックなUSB入力、バランスヘッドホン接続に対応な点も見逃せません。

オーディオテクニカ(audio-technica) ヘッドホンアンプ AT-HA21

国内ヘッドホンメーカーの雄による定番モデルです。オーディオテクニカはヘッドホンアンプブーム以前から多くの製品を送り出していて、豊富なノウハウがあります。また、一般向けの低価格機も得意です。

本モデルも高音質再生を実現する厳選した音響用パーツを採用。最大出力300mW+300mWの強力なヘッドホンアンプを備えます。アナログ入力専用で、ヘッドホン出力はステレオミニ/標準対応のシンプルさ。

高額化しがちな最近のヘッドホンアンプにあって、これ以上は不要ではないかと思わせるほどの自然な高音質を聴かせます。ヘッドホンアンプ入門機としてだけでなく、高音質なデジタルプレーヤーを持っている方にも高額機と比較検討してみて欲しい1台です。

ラックスマン(LUXMAN) ヘッドホンアンプ P-750u

アナログ入力専用の高級据え置きヘッドホンアンプ。6.3mm標準端子に加え、3PinXLR端子、4PinXLR端子でのバランス接続に対応します。

同社の高級アンプでも使用される独自の帰還回路「ODNF」を搭載。さらに、増幅回路を左右2つずつ束ねた「パラレル駆動」を行い、出力電流の供給能力を増強。密度感とダイナミックさを併せ持った高音質を聴かせます。

滑らかで艶やか、芳醇なサウンドはまさに伝統の「ラックストーン」。高級コンポでしか味わえないサウンドをヘッドホンで聴きたいなら大いにおすすめの逸品です。

ヘッドホンアンプのおすすめモデル|ポータブルタイプ

フィーオ(FiiO) ハイレゾ対応USB DAC内蔵ポータブルヘッドホンアンプ Q1 Mark II

豊富な入力と多機能が特徴のハイスペック機ながら手頃な価格のポータブルヘッドホンアンプです。USB入力と各種接続ケーブルも付属し、PC・iOS・Androidと様々な機器に接続可能。アナログ入力も備えます。

PCMで最大32bit/384kHz、DSD 11.2MHzまでの入力に対応する超ハイスペック。 3.5mmに加え、2.5mmバランスヘッドホン端子を搭載しているのも見逃せません。ゲイン切り替えと低音増強機能で、幅広いヘッドホンで重低音も楽しめます。

内蔵バッテリーで最大20時間駆動も立派です。これで約1.5万円は価格破壊もの。様々な機器との接続を試してみたい方にもおすすめです。

エムオーディオ(M-Audio) ポータブルヘッドホンアンプ Bass Traveler

リーズナブルなアナログ入力専用ポータブルヘッドホンアンプ。約45x47x16mmの大きさで、重量約29gのコンパクトボディはモバイル使用に便利です。 ステレオミニヘッドホン出力を2系統装備。2台のヘッドホンを接続でき、2人で同時に楽しむ使い方にも対応します。

2段階切り替え可能な低音増強機能によるバスサウンドも魅力。内蔵のUSB充電バッテリーで最大8時間使用可能です。業務用機器で実績のあるメーカー製で、ポータブルヘッドホンアンプの入門機として幅広くおすすめできます。

コード(CHORD) D/Aコンバーター内蔵 ポータブルヘッドホンアンプ Mojo

高音質が魅力のポータブルヘッドホンアンプです。据え置き高級機開発のノウハウを投入した独自DA変換回路により、USB入力でPCMは最大32bit/768kHz、DSD 11.2MHzまでの再生に対応。他に光/同軸デジタル入力に対応します。

800Ωまでのハイインピーダンスヘッドホンに対応するパワフルなヘッドホンアンプ部も見事です。それでいて幅約82mm、重量約180gの手の平サイズで携帯性もばっちり。内蔵バッテリーで約8時間駆動できます。

実売価格5万円程度とポータブル機としては安くありませんが、据え置き機としても使えるほどの高音質ぶりはむしろハイコスパなほど。バランス接続に対応していない点だけ注意が必要です。航空機グレードアルミによる高品位な外装もおすすめポイント。

ソニー(SONY) ハイレゾ対応ポータブルヘッドホンアンプ PHA-2A

4.4mm径のバランスヘッドホン端子を装備したUSB入力専用ポータブルヘッドホンアンプです。Android機のXperiaやiOS機、WALKMAN、PCともデジタル接続できる汎用性も魅力。PCMは最大32bit/192kHzまで、DSDは5.6MHzまで再生対応するのも嬉しいポイントです。

低ノイズで低歪率の高品質オペアンプ「LME49860」を採用。出力段には電流帰還型ハイスルーレートアンプICの「TPA6120」を2基搭載し高音質を実現しました。他にも電源にも凝るなど、贅を尽くしたヘッドホンアンプ部が特徴です。バランス接続対応ヘッドホンを屋外でも存分に鳴らせる実力機としておすすめします。

クリエイティブ(Creative) Sound Blaster E3 SB-E-3

ハイレゾ入力対応機としてはリーズナブルなポータブルヘッドホンアンプです。USB接続で最大24bit/96kHzのハイレゾ音源の再生に対応します。さらに、PCとの接続時には専用ソフト「SBX Pro Studio」を使用することで、バーチャルサラウンドも含めたさまざまな音質調整が可能。また、iOS/Android機ともUSB接続可能です。

また、アナログ入力に加え、Bluetooth入力に対応するのも便利。内蔵バッテリーで最大約17時間も使用できます。幅広い入力に対応する点でもおすすめです。

エレキット(ELEKIT) 真空管ハイブリッドポータブルヘッドホンアンプ TU-HP01

ポータブルヘッドホンアンプでは珍しい真空管を使用したモデルです。入力部に真空管、出力部にオペアンプ(半導体)を使用したハイブリッド構成を採用し、真空管のよさを生かしながら本体を小型化。発熱も抑えています。

入力はステレオミニ専用。電源は単4形電池4本で約10時間の使用が可能です。真空管ならではのウォームなサウンドをいつでもどこでも楽しめます。内部オペアンプを交換できるので、好みの音質追求にも対応。初心者から上級者まで、手頃に楽しめるこだわり機としてもおすすめです。

デノン(DENON) ハイレゾ音源対応/USB-DAC搭載 DA-10-SP

日本を代表するオーディオメーカーによる人気モデル。リーズナブルながら豊富な入力、高性能、そして高音質が揃った優秀機です。

入力はmicroUSB、USB、3.5mmステレオミニの3系統。USBはPCだけでなくiOS機との接続も可能です。デノンではおなじみの、CD音源もハイレゾ相当に変換再生できる「Advanced AL32 Processing」も搭載しています。

ヘッドホン出力に加え、アナログ出力も備えるので、USB-DACとしても使用可能です。もちろん、バッテリーも内蔵するポータブル仕様。デノンならではの繊細さと力強さを両立したHi-Fiサウンドをこの価格で味わえるのは驚異的です。

アイファイオーディオ(iFI Audio) USB-DAC内蔵ヘッドホンアンプ nano iDSD Black Label

高品位でハイコスパなポータブルヘッドホンアンプを得意とするメーカーの新モデルです。入力はUSB専用で、PCMは32bit/384kHzまでDSD 11.2MHzまでに対応。iOS/Android機との接続も可能です。USB-A端子を採用している点ではスマホとの接続に向いています。

3.5mm径端子でのヘッドホン・バランス接続に対応。また、ノイズを防ぐとともに、小音量時のボリューム調整を細かく行える独自技術「IEMatch」を搭載しています。

内蔵バッテリーで約10時間の使用が可能。小型でモバイル使用にも便利ですが、屋内の静かな場所でのリスニングにもおすすめしたい好モデルです。

オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスヘッドホンアンプ AT-PHA50BT

Bluetooth入力専用のポータブルヘッドホンアンプです。3.5mmステレオミニ出力を装備しているので、手持ちの有線ヘッドホン・イヤホンをBluetooth対応にできます。

対応コーデックは標準の「SBC」に加え、iPhoneが採用する高音質コーデック「AAC」、さらに、Androidが採用する高音質・低遅延の「aptX」に対応。幅広い機器で高品位なワイヤレスリスニングが楽しめます。内蔵バッテリーでは最大約8時間使用可能です。

USBやアナログなどの有線接続に対応しない思い切った仕様。ですが、すでにiPhoneはじめ、Bluetoothワイヤレス出力が一般的になってきているだけに、時代を反映していると言えます。高級な有線ヘッドホンをワイヤレスで使いたい方にもおすすめです。

ヘッドホンアンプのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ヘッドホンアンプのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。