スマホやポータブルプレーヤーの音質性能を引き出す「ヘッドホンアンプ」。ヘッドホンで音楽を聞く際、物足りなさを感じる方におすすめのオーディオ機器です。

ひと口にヘッドホンアンプといっても、ハイレゾ対応DACやバランス接続対応などモデルによって搭載されている機能はさまざま。そこで今回は、ヘッドホンアンプの選び方とおすすめのモデルをご紹介します。

ヘッドホンアンプとは?

By: fostex.jp

「ヘッドホンアンプ」とは、ヘッドホン専用のアンプを搭載したオーディオ機器のこと。ヘッドホンで音楽を聴けるように音楽信号を増幅させたり、音量を調節したり、音質を向上させたりできるのが特徴。主に3.5mmステレオミニか6.3mmステレオ標準端子で、ヘッドホンやイヤホンと接続します。

ヘッドホンアンプは、CDプレーヤーやポータブルオーディオプレーヤー(DAP)などにも内蔵されています。しかし、コスト面や設計面の制約からあまり性能の高いモノは採用されていません。

一方、単体のヘッドホンアンプは専用設計ならではの大音量かつ広帯域に加え、豊富な情報量を備えており、ヘッドホンやイヤホンの実力を最大限に引き出します。現在のオーディオ環境では少し物足りないと感じている方は、チェックしてみてください。

ヘッドホンアンプの選び方

据え置きタイプのヘッドホンアンプ

By: marantz.jp

主に、家庭用AC電源に対応しているのが据え置きタイプのヘッドホンアンプ。本体サイズが大きい分、各メーカーが独自の回路を組めるので、ポータブルタイプに比べて音質に優れているのが魅力です。

また、さまざまな入出力端子を備えているモデルが多いのも特徴。室内で音楽を楽しみたい方や、PCに繋いで使用したい方におすすめです。

ポータブルタイプのヘッドホンアンプ

By: rakuten.co.jp

ポータブルタイプは、バッテリー駆動で携帯性に優れており、屋外で使用できるのが魅力。主に、スマホやDAPと接続して手軽に高音質を楽しみたい方におすすめです。

据え置きタイプよりもライトユーザー向けのモデルが多く、数千円から数万円のモノまで幅広くラインナップされています。スマホなどで音楽を聞く機会が多い方は要チェックです。

ポータブルヘッドホンアンプをもっと詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

接続方式で選ぶ

入力について

ヘッドホンアンプへの音声入力方式には、デジタルとアナログの2種類が存在します。「USB」「光(オプティカル)」「同軸(コアキシャル)」などがデジタル接続。ヘッドホンアンプ内蔵の「DAC(Digital to Analog Converter)」で、デジタルからアナログへ信号を変換します。

一方、オーディオ機器側で信号変換が行われた後、「RCA」「フォーン」を使用して入力されるのがアナログ接続です。現在の主流はデジタル信号を利用した入力。特に、USB入力はPC・スマホとの接続に便利です。

また、接続方式だけでなく、オーディオ機器やヘッドホンアンプに内蔵されている「DAC」の性能によっても音質が変わる点に注意しておきましょう。

出力について

By: ifi-audio.jp

ヘッドホンアンプの出力端子は、3.5mmステレオミニと6.3mmステレオ標準の2つが主流。現在でも多くのヘッドホンが備えている端子です。

ハイエンドなヘッドホンは「バランス接続」に対応。左右の音声信号干渉を防ぎ、音質を高める効果があります。バランス接続の主流は4.4mm端子。ただし、メーカーによっては2.5mm端子を使用するので注意しておきましょう。

また、ヘッドホンに加えてスピーカーや外部アンプへも出力したい方は、出力端子数をチェック。ヘッドホンアンプとしてだけではなく、「DAC」としても利用できます。

USB入力の対応スペックで選ぶ

By: amazon.co.jp

音声をデジタル信号化する方式には2つの種類があります。スタンダードな「PCM(Pulse Code Modulation)」は、時間(Hz)と出力レベル(bit)を細かく分割して数値化する方式。「Hz」と「bit」の数値が高いほど高音質です。

CDと同程度の音質で44.1kHz/16bit。より高音質なハイレゾ音源を再生する場合は、192kHz/24bit以上がおすすめです。また、「PCM」より精細にデジタル化できるのが「DSD(Direct Stream Digital)」と呼ばれる方式。標準レベルで2.8MHz、より高音質だと5.6MHzといった数値で表されます。

電源方式で選ぶ

据え置き型のヘッドホンアンプは、AC電源が主流。屋外での使用には向きませんが、安定した電源供給が可能です。コンセントがない場所での使用を想定している方は、USBバス電源に対応しているモデルがおすすめ。使い勝手を求めるのであれば、AC電源・USBバス電源の両方に対応したモデルが適しています。

ポータブルタイプのヘッドホンアンプは内蔵バッテリー式が主流。長時間屋外で使用する方は、スペックの最大駆動時間に注意しておきましょう。USBによるバッテリー充電に対応しているモデルが多いので、モバイルバッテリーを一緒に携帯するのもおすすめです。

Bluetooth対応のモデルも

ヘッドホンアンプのなかには、Bluetooth接続に対応するモノも存在。プレーヤーとヘッドホンアンプの間にケーブルがないため、設置や使い方の自由度が高まります。

Bluetoothでの音声通信を行いたい場合は、送信・受信機器ともに同じ「コーデック」に対応しているか確認しましょう。コーデックとは、データを圧縮する方式のこと。音質を重視してBluetoothを使いたいのであれば、aptX HDやLDACといった高音質コーデックに対応したモデルがおすすめです。

ヘッドホンアンプのおすすめモデル|据え置きタイプ

フォステクス(FOSTEX) ヘッドホンアンプ HP-A3

手頃な価格で入手できる据え置き型ヘッドホンアンプです。パソコンと繋げるだけで簡単に使用できるUSBバスパワー駆動に対応。さらに、電源を再生成できるPLL専用電源も内蔵しているため、より安定した電力状態での駆動も可能です。

AKMのDAC「AK4390」を採用しており、PCM 96kHz/24bitでのハイレゾ再生に対応しているのもポイント。高インピーダンスのヘッドホンも駆動が可能なので、スタジオでの音楽制作に使用する場合にもおすすめです。

高品位コンデンサーや高級アンプなど厳選したアナログ部品を使用しているのも魅力。入力はUSBと角型オプティカル、出力はステレオ標準ジャックとRCA端子に対応しています。

マランツ(Marantz) ヘッドホンアンプ HD-DAC1

多彩なスタイルで楽しめるコンパクトな据え置き型ヘッドホンアンプです。横幅25×奥行き27cmと小型なので、狭いスペースにも設置が簡単。また、「無帰還型出力バッファーアンプ」を搭載しており、原音に忠実で広がりを感じるサウンドが堪能できます。

USB DACではPCM 192kHz/24bitとDSD 5.6MHzに加え、アシンクロナスモードをサポートしているのもポイント。また、3段階のゲイン切り替えにも対応します。

USB Type-B・同軸・光デジタルなど多彩な入力端子に対応するのも魅力。さらに、本体前面に搭載したUSB Type-Aを使用すれば、iPhoneやiPodを充電しながら音楽伝送も行えます。

ソニー(SONY) DAC内蔵ヘッドホンアンプ TA-ZH1ES

高く評価されている据え置き型の高級ヘッドホンアンプです。独自のフルデジタルアンプ「S-Master HX」とアナログ回路を用いた信号補正を組み合わせた「D.A.ハイブリッドアンプ」を搭載。ハイレゾ音源も原音に忠実なまま再生できるので、音質に強いこだわりのある方にもおすすめです。

また、高性能なDACを内蔵しているのもポイント。パソコンとUSB接続することで、最大PCM 768kHz/32bitとDSD 22.4MHzでのハイレゾ再生が可能です。さらに、PCM音源をリアルタイムでDSD 11.2MHz相当に変換できるアップコンバート機能も搭載しています。

ほかにも、4.4mmバランス端子・XLR4バランス端子・3.5mm×2バランス端子など、最新規格の出力端子に対応するのも魅力。豊富なヘッドホンが接続できます。

オーディオテクニカ(audio-technica) ヘッドホンアンプ AT-HA2

ヘッドホン端子のないAV機器で、2台のヘッドホンが使用できる据え置き型ヘッドホンアンプです。出力に3.5mmミニ端子を2基搭載。音楽や映像の再生を家族や友人と一緒に楽しみたい方におすすめです。

音質を重視した設計を採用しており、最大300mWと高出力なのもポイント。また、入力端子には3.5mmミニ端子とRCA端子を備え、一方を入力として、他方をスルー出力としても使用できます。

本体は、高さ30×幅70×奥行き92mmとコンパクトなので、テレビ台の脇などにも手軽に設置しやすいのも魅力。電源にはACアダプターを使用します。

ティアック(TEAC) USB DAC ヘッドホンアンプ UD-505

ハイレゾ音源にも対応した据え置き型ヘッドホンアンプです。AKMの高性能DAC「VERITA AK4497」を左右に1基ずつ搭載。各DACをモノラルモードで使用することで、低ノイズかつピュアな状態でのハイレゾ再生を実現します。

USB DACでは、最大でPCM 768kHz/32bitとDSD 22.5MHzでのネイティブ再生が可能なのもポイント。さらに、アップコンバート機能も搭載しているため、普段聴き慣れたお気に入りの楽曲をより高音質で楽しみたい方にもおすすめです。

Bluetoothレシーバー機能を内蔵するのも特徴。AACやaptX HDに加え、ハイレゾ相当のワイヤレス再生が可能なLDACコーデックにも対応しています。ステレオ標準ジャック・XLR端子・RCAなど多彩な出力端子を備えているのも魅力です。

コードエレクトロニクス(Chord Electronics) ヘッドホンアンプ CHORD Hugo 2

最先端のデジタル技術を搭載した高級ヘッドホンアンプです。PCM 768kHz/32bitやDSD512のネイティブ再生も可能なので、スタジオ音質での音楽鑑賞を満喫したい方におすすめです。

4種類の音質から好みのモノを選べる「デジタルフィルター」を搭載しているのもポイント。また、微細な音量調節が滑らかに行える「デジタルボリュームコントロール」なども備えています。

本体には航空機にも採用されるアルミシャーシを使用しており、軽量コンパクトながら頑丈なのも魅力。ACアダプター駆動のほか、最長連続7時間の内蔵バッテリー駆動も可能です。多彩な入出力端子も備えています。

カイン(Cayin) 真空管ヘッドホンアンプ HA-1A MK2

高品質な真空管を使用した据え置き型ヘッドホンアンプです。ロシア製の真空管「EL84EH」をベースにした独自のシングルエンドアンプ回路を搭載。あたたかく聞き心地のよい音を堪能できます。

側面に艶やかな木材を使用した高級家具のように優雅なデザインも魅力。インテリアの一部としても楽しめます。また、駆動中は正面の小窓から真空管の灯りが溢れ出すのも特徴。部屋の電気を落とした状態で使用すれば、上質な雰囲気をより強調できます。

アイファイオーディオ(iFi-Audio) ヘッドホンアンプ NEO iDSD

無線でも高音質な音楽鑑賞が楽しめる据え置き型ヘッドホンアンプです。スタイリッシュなボディにBluetooth機能を内蔵。AAC・aptX HD・LDACなどの主要なコーデックにも対応するため、自由なスタイルで充実した音楽生活を満喫したい方にもおすすめです。

原音に忠実なサウンドを再生する、バランス回路設計「PureWave」を採用しているのもポイント。USB DACとして使用する場合は、PCM 768kHzやDSD512にも対応するほか、MQAフルデコードも可能なのでCDトランスポートと組み合わせても楽しめます。

多彩な対応インターフェースも魅力。入力はUSB・Bluetooth・同軸・光に対応し、出力は4.4mmバランス・6.3mmシングルエンド・XLR・RCAをサポートしています。

アイファイオーディオ(iFi-Audio) ヘッドホンアンプ ZEN DAC

コスパに優れた据え置き型ヘッドホンアンプです。リーズナブルな価格ながら、PCM 384kHz/32bit・DSD256・MQAなどをサポート。コンパクトで限られたスペースにも設置がしやすいため、自宅で手軽にハイレゾ再生を楽しみたい方にもおすすめです。

入力にUSBを使用しているのもポイント。バスパワー駆動なのでパソコンと接続するだけで使えるほか、ACアダプターによる給電も可能です。出力は4.4mmバランス端子・6.3mm標準端子・RCAに対応しています。

また、中域をクリアなまま低音を増強する「TrueBass」機能を採用しているのも魅力。ゲイン出力を調節できる「PowerMatch」機能を搭載しているので、接続するイヤホンやヘッドホンの再生特性に最適化した駆動が可能です。

アイファイオーディオ(iFi-Audio) ヘッドホンアンプ ZEN CAN

ハイパワーを備えたコスパ良好の据え置き型ヘッドホンアンプです。フラッグシップモデルから継承したフルバランス回路「Class A Discrete」を搭載。最大出力15.1V・300Ωに対応するので、高インピーダンスのハイエンドヘッドホンもクリアに鳴らします。

低音ブースト機能「XBass」を搭載しているのもポイント。低音がほかの音域に埋もれがちな開放型ヘッドホンを使用する場合でも、沈むような迫力のある重低音が体感できます。

入力端子は、3.5mm・4.4mmバランス・RCA、出力端子は4.4mmバランスと6.3mm標準に対応。DACは非搭載ですが「ZEN DAC」などと組み合わせることで音質をより強化できるため、ワンランク上の音質を求めている方にもおすすめです。

フィーオ(FiiO) K3ES FIO-K3ESS-B

USBバスパワー駆動に対応した、コンパクトな据え置き型ヘッドホンアンプ。パソコンなどとケーブル1本で接続でき、少ないスペースにも設置しやすいのがメリットです。

回路設計の最適化とESS Technologyの高性能なDACチップ「ES9038Q2M」を採用するとこにより、低ノイズかつクリアなサウンドを実現しています。また、XMOS USBレシーバーチップを搭載しているため、最大でPCM 384kHz/32bitとDSD 11.2MHzの再生に対応可能です。

出力には、3.5mmシングルエンド出力端子と2.5mmバランス出力端子を備えています。さらに、2段階のゲイン調節と低域を増強できるBass Boost機能にも対応。本体前面には、音量を細かく調節できるボリュームノブを搭載しています。

ヘッドホンアンプのおすすめモデル|ポータブルタイプ

アイファイオーディオ(iFi-Audio) ポータブルヘッドホンアンプ hip-dac

移動中でも上質なサウンドが堪能できる、ポータブルヘッドホンアンプです。高性能なDACチップ「Burr Brown」を搭載。コンパクトながらPCM 384kHzやDSD256での出力にも対応するため、満足感の高い音楽鑑賞を楽しみたい方におすすめです。

出力端子に3.5mmと4.4mmバランスの2種類を備えるのもポイント。ゲイン切り替え機能「PowerMatch」を使えば、ヘッドホンの負荷に合わせて出力ゲインを調節できるため、使用するヘッドホンに応じた使い分けが可能です。

さらに、低域調節機能「XBass」によってイヤモニや開放型ヘッドホンでありがちな低音の不足を向上しているのも魅力。ほかにも、2200mAhの大容量バッテリーを内蔵しているので、長時間の使用にも適しています。

アイファイオーディオ(iFi-Audio) ポータブルヘッドホンアンプ micro iDSD Diablo

高性能なDACチップを2基搭載した高級ポータブルヘッドホンアンプです。PCM 768kHz・DSD512・MQAフルデコードなどに対応。リファレンスレベルのサウンドを生み出せるため、アーティストが意図したままの音を聴きたい方にもおすすめです。

出力ゲインを3つのモードに設定できるのもポイント。高感度のイヤモニに合わせてパワーを落とす「Eco」、大半のイヤホンとヘッドホンに適した「Normal」、ハイエンドヘッドホン用にパワーを増強する「Turbo」から選べます。

出力には、6.3mmシングルエンド端子と4.4mmバランス端子を採用。また、入力にはUSB Type-Aのほか、同軸と光に対応する3.5mm端子を搭載しています。アンプやスピーカーに接続できるアクセサリーが充実しているのも魅力です。

オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスヘッドホンアンプ AT-PHA55BT

高音質を実現したBluetooth対応のポータブルヘッドホンアンプです。原音に忠実な再現能力で定評のあるESSのチップ「ES9118」を採用。ワイヤレスでも鮮明な音像と十分な出力が得られるので、高音質を軽快に楽しみたい方にもおすすめです。

AAC・aptX・LDACなど、主要の高音質コーデックをサポートするのもポイント。また、「出力抵抗値モード切り替え機能」も搭載しており、接続するイヤホンが備えているドライバーユニットの種類に応じた音質特性に調節が可能です。

さらに、32段階の音量調節に対応するため、再生する楽曲に合わせて好みの音量が細かく選べるのも魅力。最長8時間の連続再生が可能で、本体のLEDインジケーターではバッテリー残量や再生コーデックの確認が行えます。

フィーオ(FiiO) ポータブルヘッドホンアンプ Q3

スマホでも上質な音楽鑑賞が堪能できる人気のポータブルヘッドホンアンプです。付属のL字型ケーブルでAndroidやiPhoneと接続が可能。繋げるだけでスマホで再生する音を向上できるため、ワンランク上の音質を入手したい方にもおすすめです。

アンプ回路「THX-AAA」やDACチップ「AK4462」などのプレミアムなパーツを組み合わせることで、PCM 768kHz/32bitやDSD512を実現しているのもポイント。また、「ADCボリュームコントロール機能」を使えば、音量の左右不均等を解決したり、微細な音量調節をしたりも可能です。

さらに、ライン入力も可能な3.5mm端子に加え、バランス出力用の2.5mm端子と4.4mm端子も出力端子に搭載しているのも魅力。内蔵バッテリーの容量は1800mAhで、汎用性の高いUSB Type-Cを充電ポートに採用しています。

フィーオ(FiiO) ポータブルヘッドホンアンプ BTR3K

Bluetooth接続に対応する、高性能なポータブルヘッドホンアンプです。高い接続安定性を持つクアルコムのBluetoothチップ「CSR8675」を内蔵。AAC・aptX・LDACなどの主要な高音質コーデックもサポートしているので、ワイヤレスで軽快に音楽鑑賞を楽しみたい方にもおすすめです。

出力端子は3.5mmと2.5mmバランスの2種類で、48kHz/16bitまでのPCM再生が可能なUSB DAC機能を搭載しているのもポイント。また、最長11時間の連続再生が行えるほか、USB Type-Cポートで充電しながらの音楽再生も可能です。

便利な機能が充実しているのも魅力。点灯時の色で再生中のコーデックが認識できる「RGBライトインジケーター」や、本体とスマホとで音量を個別に調節できる機能などを搭載しています。

フィーオ(FiiO) USB DAC内蔵ヘッドホンアンプ KA3 FIO-KA3

軽量コンパクトながら、3.5mm・4.4mmデュアルヘッドホン出力を搭載したポータブルヘッドホンアンプ。フラグシップモデルのポータブル向けDACチップ「ES9038Q2M」を採用しているのが特徴です。

Windows・Mac・Android・iOSなど、さまざまなOSとの互換性を有し、最大でPCM 768kHz/32bitやDSD512での出力に対応。筐体はマグネシウム合金を使用したオール金属製なので、優れた放熱性を実現しています。

Android向けの「FiiO Controlアプリ」を用意しており、フィルターの選択やゲインの切り替えなど、詳細な設定が可能。また、再生中のサンプリング周波数によってカラーが変わる、RGBインジケーターを搭載しているのもポイントのひとつです。

フィーオ(FiiO) DAC内蔵ヘッドホンアンプ i1

iOS機器専用のポータブルヘッドホンアンプです。Appleの正規認証「MFi」を取得したLightningコネクタを搭載しています。愛用のイヤホンやヘッドホンをiPhoneで使い続けたい方にもおすすめです。

iPhoneにマッチする高品質なメタルボディには、DACとヘッドホンアンプを内蔵。また、Apple Musicでも採用されているAACやロスレスオーディオ(ALAC)をサポートしているので、イヤホンを繋ぐだけで高音質な音楽鑑賞が楽しめます。

音量調節・再生・一時停止・トラック送りなどの操作が可能なリモコンを搭載しているのも魅力。さらに、内蔵マイクと長さ80cmのケーブルを備えているため、マイクのないイヤホンでも快適に通話が行えます。

ラディウス(radius) 小型ポータブルDACアンプ RK-DA60C

手軽にハイレゾ再生が楽しめる、小型のポータブルヘッドホンアンプです。充電不要のバスパワー駆動のため、USB Type-Cコネクタをスマホのポートに挿すだけで簡単に使用が可能。重さ約6gと軽量コンパクトなので、携帯性を重視する方にもおすすめです。

最大で、384kHz/32bitのPCM再生が可能な高性能DACチップ「CX31993」を搭載しているのもポイント。また、対応インピーダンスが16〜600Ωと幅広いため、出力レベルの高いハイエンドヘッドホンにもしっかりと対応できます。

ほかにも、3.5mm出力端子を備えており、リモコン操作やマイク入力にも対応するのも魅力。ケーブルには、柔軟性が高く、低ノイズな銀メッキ加工の単結晶銅ケーブルを採用しています。

ラディウス(radius) iOS専用ポータブルヘッドホンアンプ AL-LCH81

iPhoneでハイレゾ再生が存分に味わえる、、小型のポータブルヘッドホンアンプです。最大で192kHz/24bitのハイレゾ出力が可能な高品質DACチップ「AK4430」を搭載。Apple Musicで提供されている、ロスレス・ハイレゾ音源のポテンシャルを引き出したい方にもおすすめです。

入力端子にLightningコネクタを採用しているのもポイント。バスパワー駆動なので、iPhoneのポートに接続するだけで手軽に使用が可能です。また、AppleのMFi認証を取得しているため、OSアップデート後でも使い続けられます。

本体に、再生・一時停止・音量調節・曲送り・曲戻しなどの操作が可能なリモコン機能を搭載しているのも魅力。出力は3.5mm端子で、リモコンがないイヤホンでも快適に音楽鑑賞が楽しめます。

アイバッソオーディオ(iBasso Audio) DC05

高性能DACチップ「ES9219C」をデュアル構成で搭載したポータブルヘッドホンアンプです。ノイズが少なく、クリアではっきりとしたサウンドを実現しています。

筐体はアルマイト処理を施したアルミニウム合金でできており、滑らかな手触りの落ち着いたデザインに仕上がっているのが特徴。また、ケーブルにより安定した信号を伝送できる銀メッキ銅線を採用しているのもメリットです。

そのほか、出力端子には3.5mmステレオミニジャックを搭載しており、さまざまなヘッドフォンと接続できます。

レイザー(Razer) THX Onyx RC21-01630100-R3M1

「THX AAA テクノロジー」により、低ノイズ・低消費電力を実現したポータブルヘッドホンアンプ。マイク入力に対応しており、ヘッドセットなどのマイクも利用できるので、ゲーミング用途で使用したい方などにもおすすめです。

DACチップには「ESS ES9281PRO DAC」を採用しています。また、出力端子は3.5 mmアナログジャックで、入力端子にはUSB Type-Cを搭載。USB Type-A変換アダプターも付属するので、USB Type-Cポートのないデスクトップパソコンなどでも使用できます。

マッキー(MACKIE) 4WAYヘッドホンアンプ HM-4

複数台のヘッドホンを同時に使用できるポータブルヘッドホンアンプです。1系統のステレオ音源を最大4つまで分配可能なのが魅力。お気に入りの音楽を友人とシェアしたり、スタジオで仲間と一緒に楽曲を制作したりする場合などにおすすめです。

出力には、6.3mmのステレオ標準端子を4基搭載。また、各ヘッドホンは個別に音量調節が行えるので、全員が自分好みのボリュームでリスニング可能です。

ほかにも、頑丈な設計を採用しているため、気兼ねなく使えるのもポイント。駆動には付属のACアダプターを使用します。

ヘッドホンアンプの売れ筋ランキングをチェック

ヘッドホンアンプのランキングをチェックしたい方はこちら。