音楽プレーヤーやゲーム機の音声を高音質なサウンドシステムで楽しみたい場合に重宝するのが「光デジタルケーブル」。音声データをデジタル伝送できるので、ノイズの少ないクリアな音質を実現できるのが魅力です。

しかし、光デジタルケーブルは多くのメーカーから発売されており、製品によって素材や形状も異なるので、初心者はどれを選ぶべきか迷ってしまうことも。そこで今回は、光デジタルケーブルの種類や選び方を踏まえたうえで、おすすめの製品をご紹介します。

光デジタルケーブルとは?

By: amazon.co.jp

光デジタルケーブルとは、音楽プレーヤー・Blu-rayレコーダーなどのオーディオ機器やゲーム機を、アンプやサウンドシステムに接続する際に使用するケーブルのこと。5.1chや7.1chサラウンド音声のデータもケーブル1本で伝送でき、映像やゲームの音声をより高い臨場感で体感できるのが魅力です。

また、光デジタルケーブルはアナログ方式のケーブルと違って音声データをデジタル方式で伝送するため、音質の劣化が少ないのも特徴。加えて、磁気の影響を受けずノイズが入りにくいので、原音に近いクリアな音質でコンテンツの音声が楽しめます。音質に強いこだわりのある方や自宅でホームシアターを構築したい方におすすめです。

光デジタルケーブルの種類

光角型プラグ

By: amazon.co.jp

光角形プラグは端子の先端部が角型の形状になっているタイプの光デジタルケーブルです。製品の取扱説明書などに「光デジタルケーブル対応」と記載がある場合、大半がこの光角形プラグを搭載した光デジタルケーブルのことを示します。

対応機器の種類が多いのが光角型プラグの特徴。パソコン・テレビ・Blu-rayレコーダー・ゲーム機をはじめ、多くのオーディオ機器で一般的に採用されている形状で、これらの機器を大型スピーカーやサラウンドシステムと繋げる際に使用します。

光ミニプラグ

By: amazon.co.jp

光ミニプラグは、イヤホンに搭載された3.5mmステレオミニプラグのように、端子の先端部が細長い形状になっているタイプの光デジタルケーブルです。主に光角型プラグを搭載するスペースのない小型のオーディオ機器に採用されています。

小型の音楽プレーヤーを大型スピーカーに繋げたい場合は、片方が光ミニプラグ・反対が光角型プラグの光デジタルケーブルを選べば接続が可能です。なお、光角型プラグを光ミニプラグに変換できるアダプタも販売されているので、両端が光角型プラグのケーブルを必要に応じてアダプタで光ミニプラグに変えて使う方法もあります。

光デジタルケーブルの選び方

コア素材をチェック

By: amazon.co.jp

光デジタルケーブルで最も重要となるのが内部コアですが、その素材によって音質や取り回しのしやすさが異なります。コア素材に石英やグラスファイバーなどのガラス類が使用されている光デジタルケーブルは、低音域から高音域まで高音質に再現できるのが特徴。ただし、ガラスという性質上折り曲げやねじれに弱いため、過度に力を加えると破損してしまうリスクがあるのが難点です。

一方、プラスチック製(光ファイバー)の光デジタルケーブルは、音質ではコア素材がガラス製のケーブルと比べてやや劣り、高温にも弱い特性があります。しかし、多少折り曲げても破損しにくいのが特徴で、繋げたい機器同士が直線上にない場合でも難なく接続できるのがポイントです。

用途に合ったモノを選ぼう

By: amazon.co.jp

パソコンで使用する場合はポートの形状に合ったものを選ぶのがポイント。デスクトップパソコンでは光角型プラグが搭載されることがあるため、事前に手持ちのパソコンを確認しておきましょう。

オーディオ機器で音楽を高音質で楽しみたい場合は、コア素材に石英やグラスファイバーが採用された製品を選びましょう。特に音質にこだわるのであればハイレゾ音源に対応した製品がおすすめ。音楽プレーヤー側もハイレゾ音源の再生に対応している必要がありますが、CDの3〜6.5倍の高音質が大型スピーカーで堪能できます。

PS4やXbox Oneなど光デジタル音声端子を持つゲーム機で使用する場合は、ゲーム機での使用に対応した製品を選びましょう。ゲームのサウンドがより迫力を増すので、プレイ中の臨場感がさらに充実します。

適した長さを選ぶ

By: amazon.co.jp

光デジタルケーブルを購入する際は、使用する機器間の距離に適した長さの製品を選ぶのが重要。音質劣化の少ないデジタル方式を採用していても、ケーブルの長さが長くなるほど音声データの伝送時に信号の損失が増えます。そのため、長さが過剰に長いケーブルを使用すると音質が低下するので注意が必要です。

逆に、使用する機器間の距離に対してケーブルの長さがギリギリだと、コア素材によっては引っ張った際にケーブルが破損してしまうリスクが高くなります。長すぎず短すぎず、多少長さに余裕を持った製品を選びましょう。

光デジタルケーブルのおすすめモデル

アマゾンベーシック(Amazon Basic) TOSLINK 光デジタルケーブル 7GSW

アマゾンベーシック(Amazon Basic) TOSLINK 光デジタルケーブル 7GSW

多彩なオーディオ機器で使用できる、汎用性の高いプラスチックコアの光デジタルケーブルです。Amazon Basicはアマゾンが展開しているプライベートブランドで、高品質な製品を手頃な価格で購入できます。端子の形状は角型ー角型。また、端子部分には耐腐食性の金メッキが施されているため、ノイズの少ないクリアな音声が楽しめます。ケーブルはやや太めですが、柔軟で軽量なため、取り回しに優れているのもポイントです。

エレコム(ELECOM) 光デジタルケーブル DH-HK15

エレコム(ELECOM) 光デジタルケーブル DH-HK15

リーズナブルな価格ながら高い耐久性を持つプラスチックコアの光デジタルケーブルです。エレコムはパソコンやスマホの周辺機器を多く取り扱っている大手のメーカーで、本製品も高い品質を持っています。

特に優れているのが耐久性。高信頼性外被シースの採用により、ケーブルのコアとなるプラスチックファイバーを折り曲げや切断による破損から保護します。また、防塵保護キャップが付属するので、不使用時は端子をホコリやキズから守れるのもポイントです。

端子の形状は角型-角型。DVDレコーダー・デジタルテレビ・AVアンプなどに対応しています。

ケーブルクリエーション(Cable Creation) Toslink 光デジタル オーディオケーブル

ケーブルクリエーション(Cable Creation) Toslink 光デジタル オーディオケーブル

コストパフォーマンスの高いプラスチックコアの光デジタルケーブルです。ケーブルクリエーションは香港を拠点とする新興のケーブルメーカーですが、自社工場で製造を行なっているため、品質が優れているのが特徴。また、価格が安いのも魅力です。

端子の形状は角型ー角型。端子部は24K金メッキが施されているため、サビや信号劣化に強く、ゴム製の先端保護キャップが付属していて安心です。また、対応機器が豊富なのもポイント。Blu-rayプレーヤー・ホームシアター・サウンドバー・PS4・Xbox・ゲームコンソールなど多彩な機器で使用できます。

ケーブルマターズ(Cable Matters) Toslink デジタルオーディオ オプティカルケーブル

ケーブルマターズ(Cable Matters) Toslink デジタルオーディオ オプティカルケーブル

安定性と音質に優れたプラスチックコアの光デジタルケーブルです。ケーブルマターズはアメリカに本拠地を置くメーカー。自社で製品のデザインと製造を行なっており、アメリカでは同社の製品は政府機関でも愛用されるほど品質に定評があります。

安定したデータ転送が行えるのが本製品の特徴。耐腐食性の亜鉛合金コネクタと金メッキ光角プラグの採用により、データ転送時のエラーが少なく、長期使用でも接触不良や信号劣化の心配がなく使えます。非圧縮のPCMオーディオと5.1ch・7.1chのサラウンドサウンドに対応しているのもポイントです。

サイバーガジェット CYBER 光デジタルケーブル 1.5m PS4用

サイバーガジェット CYBER 光デジタルケーブル 1.5m PS4用

プレイステーションでの利用に特化したプラスチックコアの光デジタルケーブル。サイバーガジェットはコントローラーやキーボードなどのゲーム周辺機器を輸入販売しているメーカーです。

本製品を使ってPS3やPS4などの据え置き型ゲーム機と光デジタル対応のAVアンプやサラウンドヘッドホンを繋げることで、クリアかつ臨場感のある音響効果でゲームを楽しめます。また、Blu-rayプレーヤーでの使用も可能です。

端子の形状は角型-角型。端子部分には金メッキ処理が施されているうえに、付属の防塵キャップで不使用時は端子を保護できます。

ワイズテック(WiseTech) AUDIOTRAK グラスファイバー製OPTICALデジタルケーブル GlassBlack2plus

ワイズテック(WiseTech) AUDIOTRAK グラスファイバー製OPTICALデジタルケーブル GlassBlack2plus

音質にこだわる方におすすめなグラスファイバーコアの光デジタルケーブルです。一般的なプラスチック製の光ファイバーよりも優れた音声・音特性を持ち、信号を忠実に伝送できるのが特徴。384kHz/32bitのハイサンプリング伝送に対応し、定位感が明瞭なので、豊かな表現と臨場感でハイレゾ音源も楽しめます。

端子の形状は角型-角型。さらに、端子の形状を光ミニプラグに変換できるアダプタが付属するので、サウンドバーやホームシアターだけではなく、ポータブル音楽プレーヤーなど小型のオーディオ機器でも使用できます。

サエク(SAEC) SUPRA ZAC ハイレゾ対応光ケーブル 1.0m ZAC-TOSLINK1.0

サエク(SAEC) SUPRA ZAC ハイレゾ対応光ケーブル 1.0m ZAC-TOSLINK1.0

ハイレゾ音源にも対応するプラスチックコアの光デジタルケーブル。サエクは赤坂に本社を置き、40年以上に渡ってケーブル類やイヤホンを製造してきたメーカーです。本製品「ZAC(Zero Attenuation Concept)」は無減衰コンセプトから名付けられています。

樹脂ファイバーを独自技術で湾曲研磨することで、高い強度と柔軟性を両立。加えて、グラスファイバーと同等の優れた伝送特性と低ジッターを実現し、192kHz/24bitのハイサンプリング伝送にも対応しているため、低ノイズでクリアな音質で音楽が楽しめます。

オーディオテクニカ(audio-technica) オプティカルデジタルケーブル 1.3m ATSDP2000/1.3

オーディオテクニカ(Audio Technica) オプティカルデジタルケーブル 1.3m ATSDP2000/1.3

ワンランク上の音質が体感できる高品質な光デジタルケーブル。オーディオテクニカは50年以上に渡ってヘッドホンやアンプなどの音響機器を製造してきた国産メーカーです。

本製品の内部コアは高純度の石英ファイバーで構成されているのが特徴。伝送時の信号損失が少なく、原音を忠実かつクリアな音質で再現が可能です。96kHz/24bitのハイサンプリング伝送にも対応しており、CDの約3倍となる情報量を持つハイレゾ音源の再生が楽しめます。

端子の形状は角型-角型。端子部分には24k金メッキ処理が施されており、内部コア以外の部分も高品質な素材が使用されています。

アムレック(Amulech) ハイレゾ音源対応光デジタルケーブル 1m AL-SOP192SQ10

アムレック(Amulech) ハイレゾ音源対応光デジタルケーブル 1m AL-SOP192SQ10

ハイレゾ音源に対応する低価格な有機ガラスコアの光デジタルケーブル。グラスファイバー製のものと比較して半額以下の安い価格で購入できるので、ハイレゾ音源を大型スピーカーで手軽に楽しみたい方におすすめです。

本製品は光ファイバーケーブルのコアに高い光透過性の有機ガラスを採用することで、CDの約6.5倍となる情報量を持つ192kHz/24bitのハイサンプリング伝送に対応。さらに、端子部分に内蔵されたバネにより、機器のポートと端子の隙間を自動調節して最適な位置で接続できるので、高音質が体感できます。

ヴィアブルー(ViaBlue) H-FLEX TOSLINK オプティカル 光デジタル オーディオケーブル 3.5mmミニプラグ

ヴィアブルー(ViaBlue) H-FLEX TOSLINK オプティカル 光デジタル オーディオケーブル 3.5mmミニプラグ

ドイツを本拠地とするハイエンドオーディオアクセサリーのブランドが製造する、プロフェッショナル仕様の光デジタルケーブルです。異なる材質を幾重にも折り重ねる工程によって作り出されたことで、高い柔軟性を持っているのが特徴。減衰量が最小限に抑えられているので、ケーブルを曲げないと機器と接続ができないような環境でも高音質が維持できます。

特定の周波数での誇張やクセのないフラットな音質が得られるのも特徴。低音域から高音域まで幅広いレンジで原音に忠実な音を再現できます。端子の形状はミニ-ミニ。大型アンプやCDプレーヤーなどハイエンドオーディオ機器間の接続におすすめです。