音楽プレーヤーやゲーム機の音声を高音質なサウンドシステムで楽しみたい場合に重宝するのが「光デジタルケーブル」。音声データをデジタル伝送できるので、ノイズの少ないクリアな音質を実現できるのが魅力です。

しかし、光デジタルケーブルは多くのメーカーから販売されており、製品によって素材や形状が異なるので、初心者はどれを選ぶべきか迷ってしまうことも。そこで今回は、光デジタルケーブルの種類や選び方、おすすめの製品をご紹介します。

光デジタルケーブルとは?

By: amazon.co.jp

光デジタルケーブルとは、音楽プレーヤーやBlu-rayレコーダーなどのオーディオ機器やゲーム機を、アンプやサウンドシステムに接続する際に使用するケーブルのこと。5.1chや7.1chサラウンド音声のデータもケーブル1本で伝送でき、映像やゲームの音声をより高い臨場感で体感できるのが魅力です。

また、光デジタルケーブルはアナログ方式のケーブルと違って音声データをデジタル方式で伝送するため、音質の劣化が少ないのも特徴。加えて、磁気の影響を受けずノイズが入りにくいので、原音に近いクリアな音質でコンテンツの音声を楽しめます。音質に強いこだわりのある方や自宅でホームシアターを構築したい方におすすめです。

光デジタルケーブルの種類

光角型プラグ

By: amazon.co.jp

光角型プラグは、端子の先端部が角型の光デジタルケーブル。製品の取扱説明書などに「光デジタルケーブル対応」と記載がある場合、大半はこの光角型プラグを搭載した光デジタルケーブルです。

対応機器の種類が多いのが光角型プラグの特徴。パソコンやテレビ、Blu-rayレコーダー、ゲーム機をはじめ、多くのオーディオ機器に採用されている形状で、これらの機器を大型スピーカーやサラウンドシステムと繋げる際に使用します。

光ミニプラグ

By: amazon.co.jp

光ミニプラグは、イヤホンに搭載された3.5mmステレオミニプラグのように、端子の先端部が細長い形状になっているタイプの光デジタルケーブル。主に光角型プラグを搭載するスペースのない、小型のオーディオ機器に採用されています。

小型の音楽プレーヤーを大型スピーカーに繋げたい場合は、片方が光ミニプラグで反対が光角型プラグの光デジタルケーブルを選べば接続が可能。なお、光角型プラグを光ミニプラグに変換できるアダプタを使う方法もあります。

光デジタルケーブルの選び方

コア素材をチェック

石英・グラスファイバー製

石英やグラスファイバー製のコアにはガラス素材が使用されています。低域から高域まで幅広い音域に対応でき、ハイクオリティなサウンドデータを転送できるのが特徴。プラスチック素材のモノと比較してコストが高いといった難点はあるものの、音質を重視する方におすすめのコア素材です。

折り曲げやねじれなどに弱いので、ケーブルの引き回しなど配線作業時の取り扱いには十分注意しましょう。

プラスチック光ファイバー

石英やグラスファイバー製コアの製品と比べて折り曲げに強いなど、耐久性が高いのがプラスチック光ファイバーの特徴。柔軟性があり取り回しもしやすいため、機器と壁の隙間といったスペースが限られている場所でも、比較的安心して配線作業を行うことが可能です。素材のコストが安いのも特徴で、手頃な価格の製品が数多く販売されています。

ただし、石英・グラスファイバー製より音質が劣る点には留意しておきましょう。また、熱に弱いため高温になりやすい場所を避けて設置するのも気を付けるポイント。取り回しのよさを重視する方におすすめです。

適した長さを選ぶ

By: amazon.co.jp

光デジタルケーブルを購入する際は、使用する機器間の距離に適した長さの製品を選ぶのが重要。音質劣化の少ないデジタル方式を採用していても、ケーブルが長くなるほど音声データの伝送時に信号の損失が増えます。そのため、過剰に長いケーブルを使用すると音質が低下するので注意が必要です。

逆に、使用する機器間の距離に対してケーブルの長さがギリギリだと、コア素材によっては引っ張った際にケーブルが破損してしまうリスクが高くなります。長すぎず短すぎず、多少長さに余裕を持った製品を選びましょう。

耐久性が高い「金メッキ加工」モデルがおすすめ

By: amazon.co.jp

光デジタルケーブルを選ぶ際には、端子部分のメッキ処理についてもよく確認することが大切。端子表面が劣化すると接触抵抗が増えるため、ノイズの発生など音質に大きな影響を及ぼします。

コア素材が同じで価格も同程度の製品であれば、端子部に金メッキ加工を施したモデルがおすすめ。端子表面が酸化しにくく耐腐食性に優れているので、音の劣化を最小限に抑えられます。長期間クリアなサウンドを楽しみたい方は、ぜひチェックしてみてください。

光デジタルケーブルのおすすめモデル|光角型プラグ

オーディオテクニカ(audio-technica) 光デジタルケーブル AT-OPX1

確かな品質と手頃な価格で人気のある、光角型プラグタイプの光デジタルケーブルです。堅牢で耐久性の高いメタルプラグと、取り回しに優れるオールプラスチック製のコア素材を採用。価格がリーズナブルなので、初めて光デジタルケーブルを購入する方にもおすすめです。

ハウジング部分には抜き差ししやすいゴムグリップと、触った感覚で暗闇でもコネクタの向きがわかる方向性マークを搭載しているのも特徴。防振効果をプラスできるので、振動で音声信号が劣化するのを防げます。

光の伝達をスムーズに行える端末ラウンド加工が施されているのもポイント。音楽プレイヤーなどからの音声信号を高音質で伝送可能です。長さは0.5~5mの6種類が販売されています。

オーディオテクニカ(audio-technica) オプティカルデジタルケーブル AT-EDP1100

ハイレゾ音源の伝送にも対応できる、高音質な光角型プラグタイプの光デジタルケーブルです。忠実度の高いプラスチック光ファイバーを採用。192kHz/24bitというCD音源と比べて約6倍の情報量を持つハイレゾ音源も、劣化を抑えて高音質なままオーディオ機器へ伝送できるので、音質にこだわりのある方におすすめです。

優れた制振性を持つ独自の構造を採用しているのも特徴。光ファイバーの接点周りをメタル製フェルールで強化することで不要な振動を抑えつつ、メタル製プラグで光ファイバー内の音声信号を高音質なまま伝送できます。

不要振動を減衰できる特殊なゴム素材「ハイブラー」を配合しているのもポイント。長さは0.7mと1.3mの2種類が販売されています。

エレコム(ELECOM) 光デジタルケーブル DH-HK15

低価格ながら高い品質を持つ、光角型プラグタイプの光デジタルケーブルです。プラグ先端に球面仕上げが施されているのが特徴。オーディオ機器のポート内に隙間なく密着して接続できるため、音声信号を効率よく伝達できます。

柔らかく扱いやすいプラスチックファイバーをケーブルのコア素材に採用しているのも特徴。さらに、高信頼性の外被シースでコア周りを保護しているので、折り曲げや断線に強いのも魅力です。

使わないときにプラグの先端をホコリやキズから保護できる防塵保護キャップが付属するのもポイント。本体と一体化しているため紛失する心配がありません。長さは0.5~5mまでの6種類から選べます。

アマゾンベーシック(AmazonBasics) 光デジタルケーブル TOSLINK

優れたコスパで人気のある、光角型プラグタイプの光デジタルケーブル。Amazonが手掛けているプライベートブランドの製品で、低価格ながら優れた品質を持つのが特徴です。

ケーブル本体に、バッファーチューブと耐腐食性の金メッキコネクタが搭載されているのもポイント。通常の電気ワイヤーと違って電磁波や無線周波による干渉が少ないため、音源を忠実に再生してクリアなオーディオが楽しめます。

プラグ先端に透明な保護用キャップが付属しているのも特徴。長さは1m・1.8m・3mの3種類が販売されています。

富士パーツ商会 光デジタルケーブル FVC-9020

高音質と高い耐久性を実現した、光角型プラグタイプの光デジタルケーブルです。デジタル高音質を追求して設計されているのが特徴。オーディオコンポをアンプに繋ぐ際に使用することで、ノイズを抑えつつ高音質で音楽鑑賞が楽しめます。

手頃な価格ながら、5.1chサラウンドシステムの音声伝送に対応しているのもポイント。テレビをサラウンドシステムに接続して、映画をより臨場感のある音響効果で楽しみたい方にもおすすめです。

ケーブルクリエーション(CableCreation) 光デジタルケーブル CF0043

幅広い互換性を持つことで人気のある、光角型プラグタイプの光デジタルケーブルです。PS4やXboxなどの家庭用ゲーム機でも動作するのが特徴。より充実した音質でゲームプレイを楽しみたい方におすすめです。

コネクタに凸レンズ形状を採用することで、接続部分に焦点を当てて音声信号を効果的に伝送できるのがポイント。また、コネクタ素材には24K金メッキが施されているので、サビなどの腐食に強く、信号の劣化を抑える効果が期待できます。

ケーブルの長さは3~50フィート(約0.9~15m)の6種類から選択可能。コネクタ先端には透明なゴム製の保護キャップが付いています。

iVANKY 光デジタルケーブル JPIVANKY-OC04

改良によって使いやすさがより向上した、光角型プラグタイプの光デジタルケーブルです。コア素材には、日本メーカーの東レによって切り欠き加工が施されたプラスチック光ファイバーを採用。高い品質基準を満たしており、歪みを抑えつつ臨場感にあふれたデジタル音声を伝送できます。

腐食に強い24K金メッキを施したアルミ合金コネクタを搭載しているのもポイント。加えて、抜けにくいようにコネクタ形状が改良されているので、幅広いオーディオ機器で優れた密着性を実現しています。

柔らかく取り回しに優れながら断線にも強い、ナイロン編ケーブルを採用しているのも特徴。長さは1~4.5mの4種類が販売されています。

UGREEN 光デジタルケーブル TOSLINK

優れた耐久性を持つ光角型プラグタイプの光デジタルケーブルです。ケーブル外被に折り曲げや断線に強いナイロン素材を採用。さらに、内部の導体にも保護線を設ける二重シールド処理が施されているので、ケーブルの断線が心配な方におすすめです。

コア素材に柔軟性の高いプラスチック「熱可塑性エラストマー」を採用しているため、取り回しに優れているのもポイント。また、24K金メッキが施されたアルミ合金コネクタを搭載しているので、サビなどの腐食にも高い耐性があります。

PS4・PS3・Xboxなどの家庭用ゲーム機に対応しているのも魅力。紛失しにくい一体型のコネクタ保護キャップが付属し、長さは1m・2m・3mの3種類から選べます。

Amulech 光デジタルケーブル AL-SOP192SQ10

ハイレゾ音質での音楽鑑賞を堪能できる、光角型プラグタイプの光デジタルケーブルです。ケーブルのコア素材に高い光透過性を持つ有機ガラスを採用しているのが特徴。192kHz/24bitのハイレゾ伝送に対応し、低域から高域までバランスの取れた高音質なサウンドを忠実に再現できます。

コネクタ先端に半円加工を施し、内部にコネクタと接続機器の隙間を自動調節するバネを搭載しているのもポイント。接続するオーディオ機器に対応した密着度で接続できるため、信号ロスを低減して高音質を実現しています。

ケーブルの長さは1m。非プラスチックの光デジタルケーブルとしては価格がリーズナブルなので、低コストで高音質な音楽を楽しみたい方におすすめです。

ジブ(JIB) プレミアム光デジタルケーブル

プレミアムな音質で音楽に没頭できる、光角型プラグタイプの光デジタルケーブルです。Hi-Fiケーブルの総合ブランドとして1990年に創立されたドイツのジブによって製造。音に色付けがなく、音源に忠実に高音質で伝送できるため、クラシック音楽の鑑賞などにおすすめです。

コア素材に99.99%の高純度を持つ単結晶銅導体を採用しているのもポイント。優れた伝導性によって低ノイズの信号伝送が可能なので、長時間の音楽鑑賞でも信号劣化による音質低下を気にせず使用可能です。

光デジタルケーブルのおすすめモデル|光ミニプラグ

富士パーツ商会 光デジタルケーブル FCA-HK10AB

安定した品質で快適に使える、光ミニプラグ型の光デジタルケーブルです。富士パーツ商会はコスパの優れたオーディオケーブル類を専門に取り扱う日本メーカー。本製品は片方のコネクタに光ミニプラグが採用されているので、小型のポータブル音楽プレイヤーなどを大型アンプやスピーカーシステムに接続する際におすすめです。

プラグの先端部に球面加工処理が施されているのがポイント。接続機器のポートに隙間なく接続できるため、音楽プレイヤーからの音声信号を高音質のまま忠実にアンプやスピーカーへ伝送可能です。長さは1m。光デジタルケーブルを初めて購入する方も気軽に使えます。

FosPower 光デジタルケーブル Mini TOSLINK FOSCBL-2031

低価格ながら評価の高い、光ミニプラグ型の光デジタルケーブルです。片方のコネクタに光ミニプラグを搭載しているのが特徴。手頃な価格で入手できるので、携帯音楽プレイヤーをスピーカーやアンプに繋げられる安い光デジタルケーブルを探している方におすすめです。

コア素材には精密研磨を施したプラスチック光ファイバーを採用。メタル製コネクタと組み合わせることで振動を減衰させ、高音質なオーディオ伝送を可能にします。また、ケーブルは24K金メッキのフェルールで保護されており、腐食に強いのも特徴です。

長さは0.9m・1.8m・3mの3種類から選択が可能。コネクタの先端には保護用のゴム製キャップが付いています。

ケーブルクリエーション(CableCreation) 光デジタルケーブル CF0031

優れたコスパで人気のある光ミニプラグ型の光デジタルケーブルです。手頃な価格ながらプレミアム素材を使って製造されているのが特徴。音楽プレイヤーやPS4など幅広い接続機器をサポートしており、非圧縮PCMオーディオや圧縮した5.1~7.1サラウンドサウンドを伝送するのにおすすめです。

片方に光ミニプラグを搭載。コネクタにはサビなどの腐食に強い24K金メッキを採用し、精密研磨が施されているので、高音質な音声伝送を長期間楽しめます。また、ケーブルの外被に耐久性の高いナイロン編が採用されているのもポイントです。

コネクタ保護用のゴム製カバーが付属しているのも特徴。長さは1.8mと4.5mの2種類から選べます。

AUDIOTRAK Glass BlackII+

ハイレゾ音源の伝送ができるプレミアム仕様の光デジタルケーブルです。コア素材には、バンドル化した280本の53μm高純度グラスファイバーを採用。384kHz/32bitのハイサンプリング伝送に対応しているので、ハイレゾ音源も原音に忠実なまま、はっきりとした定位感と3Dのような臨場感で堪能できます。

多彩なオーディオ機器に対応できる互換性の高さもポイント。ケーブルの両側には光角型プラグを搭載していますが、付属の変換コネクタを装着することで光ミニプラグに対応するオーディオ機器にも接続できます。

ポータブル音楽プレイヤー内に保存したハイレゾ楽曲を、大型アンプやスピーカーシステムで堪能したい方などにおすすめです。

光デジタルケーブルのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

光デジタルケーブルのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら。