ノイズの少ないクリアなサウンドを楽しみたい場合に便利な「光デジタルケーブル」。音声データをデジタル方式で伝送するので、音質の劣化を抑えられるのがメリットです。

ただし、オーディオテクニカやエレコムなどのメーカーが多種多様な製品を製造しているため、購入する際にはどれを選んでよいか迷ってしまいがち。そこで今回はおすすめの光デジタルケーブルをご紹介します。選び方のコツも解説しているので、あわせて参考にしてみてください。

光デジタルケーブルとは?

By: amazon.co.jp

「光デジタルケーブル」とは、音楽再生機器やテレビなどの音声を、スピーカーやアンプに伝送する際に使用するケーブルのことです。オプティカル(OPTICAL)とも呼ばれています。

ケーブルに光ファイバーを内蔵していることや、光角型プラグまたは光ミニプラグを採用しているのが特徴。光角型プラグは音楽再生機器、光ミニプラグはノートパソコンに採用されている傾向があります。

光デジタルケーブルを使うメリット

By: amazon.co.jp

一般的なオーディオケーブルは音声をアナログ方式で伝送するため、音質の劣化やノイズが発生してしまう可能性があります。一方でデジタルの伝送方式を採用している光デジタルケーブルは、接続機器の熱や振動の影響を受けにくいのが特徴。「サー」というホワイトノイズを抑えたい場合に効果が期待できます。

高音質かつクリアなサウンドで音楽を鑑賞したい場合には、光デジタルケーブルの導入を検討してみましょう。

光デジタルケーブルの種類

テレビやPS4などで使われる「光角型プラグ」

By: amazon.co.jp

光角型プラグは、先端が角形の形状をしている光デジタルケーブル。テレビやオーディオコンポ、PS4などの機器とスピーカーを接続できるので、ホームシアターを楽しみたいときにぴったりです。

対応している機種が多く汎用性が高いのも魅力のひとつ。スピーカーで立体感のある音を楽しみながらテレビ鑑賞やゲームをプレイしたい方におすすめです。

ポータブルオーディオなどに使われる「光ミニプラグ」

By: amazon.co.jp

光ミニプラグは、先端が細長くて丸い形をしているのが特徴です。光角形プラグよりもサイズが小さいので、小型機器からデジタル音声信号を伝送する際に利用します。

ポータプルデジタルオーディオプレーヤーやゲーム機などのコンパクトな製品から、アンプやスピーカーにつなげて音楽を大音量で楽しめるのが魅力。なかには、光角型プラグを光ミニプラグに変換できるモノもあります。

光デジタルケーブルの選び方

コア素材をチェック

音質にこだわるなら「石英・グラスファイバー製」

By: amazon.co.jp

光デジタルケーブルの光ファイバーに採用されているコア(芯線)の素材は、製品ごとに異なります。「石英」や水晶を採用している光デジタルケーブルは、高級かつ高音質な音声伝送が可能。同じく二酸化ケイ素を主材料とした「グラスファイバー」を使っているモデルも高音質が期待できます。

折り曲げやねじれには強くないですが、高級なオーディオ機器と組み合わせて音楽を鑑賞する場合におすすめです。

「プラスチック光ファイバー」は取り回ししやすい

By: elecom.co.jp

「プラスチック光ファイバー」は、石英・水晶・グラスファイバーを採用した製品より柔軟性が高め。耐久性が高いので、比較的神経を使わずに利用できます。音楽再生機器やテレビを壁面に近い位置に設置している場合にも便利。強めに折り曲げて配線する場合にも対応できます。

音質は石英や水晶、グラスファイバーを使ったモデルが優れていますが、比較的リーズナブルな価格の製品が多い点もおすすめです。

適した長さを選ぶ

By: amazon.co.jp

光デジタルケーブルを購入する際は、使用する機器間の距離に適した長さの製品を選ぶのが重要。音質劣化の少ないデジタル方式を採用したモノでも、ケーブルが長くなるほど音声データの伝送時に信号の損失が増えます。過剰に長いケーブルを使用すると音質が低下するので注意が必要です。

逆に、使用する機器間の距離に対してケーブルの長さがギリギリだと、コア素材によっては引っ張った際にケーブルが破損してしまうリスクが高くなります。長すぎず短すぎず、多少長さに余裕を持った製品を選びましょう。

耐久性が高い「金メッキ加工」モデルがおすすめ

By: amazon.co.jp

光デジタルケーブルを選ぶ際には、端子部分のメッキ処理についてもよく確認することが大切。端子表面が劣化すると接触抵抗が増えるため、ノイズの発生など音質に大きな影響を及ぼします。

コア素材が同じで価格も同程度の製品であれば、端子部に金メッキ加工を施したモデルがおすすめ。端子表面が酸化しにくく耐腐食性に優れているので、音の劣化を最小限に抑えられます。長期間クリアなサウンドを楽しみたい方は、ぜひチェックしてみてください。

光デジタルケーブルのおすすめモデル|光角型プラグ

Amazonベーシック(Amazon Basics) 光デジタルケーブル TOSLINK

比較的リーズナブルな価格で購入できるコスパに優れた光デジタルケーブルです。長さは1.0m・1.8m・3.0mの3種類が展開。テレビの音声をサウンドバーに出力する際にも便利です。

外装には耐久性の高いPVCを採用。緩衝材チューブや耐腐食性のある金メッキコネクターなども採用されており、長期間品質を保持できる点もメリットです。コネクタ部分は握りやすく、付け外ししやすい設計。ケーブルを使用していない際は、脱着可能なラバーチップで接続部を保護できます。

家庭用ゲーム機や薄型テレビ、DVDプレーヤーなど、幅広い機器との接続が可能。コスト面を重視して光デジタルケーブルを探している場合にもおすすめです。

Cable Matters Braided Toslink Digital Optical Audio Cable


堅牢性の高い金属コネクタを採用している光デジタルケーブルです。金メッキ加工が施されたプラグ部や高耐久ナイロン素材を使用した編組ジャケットのケーブルが特徴。長期間使用時に酸化による音質劣化を予防できるだけでなく、ねじれにも強い製品です。耐久性に優れているので、長期間使用できます。

また、保護キャップが付属しているのもポイント。使用しない際にコネクタ部分をホコリなどから保護しておけるので、PSやXboxなどでゲームを楽しみたい場合のみ使用する場合にも便利です。

価格は比較的リーズナブル。長さは0.9mと1.8mの2種類が展開されています。

FOSPOWER Toslink Male to Male Cable

24k金メッキ導電性のプラグ部を採用している光デジタルケーブルです。耐腐食性に優れているのが特徴。ケーブル部は堅牢性の高いナイロンメッシュで覆われており、ねじれにも強い設計です。

非圧縮のPCMオーディオデータに対応しているだけでなく、5.11や7.1のサラウンドサウンドも伝送が可能。臨場感あるサウンドで映画やゲームを楽しみたい場合にも便利です。

また、保護用のゴム製蓋が付属しているのもポイント。使用しない際にプラグにホコリが付着してしまうトラブルを予防したい場合にもおすすめです。

オーディオテクニカ(audio-technica) 光デジタルケーブル AT-OPX1


ヘッドホンやイヤホンで有名な「オーディオテクニカ」が製造する光デジタルケーブルです。大手国内メーカー製品なので、安心して使用できるのが魅力。長さは1.0~5.0mの間で5種類展開されており、比較的手頃な価格で購入できます。

コネクタ部にはラバーグリップを配置。抜き差しの際にしっかりと握れるだけでなく、防振効果も期待できます。プラグ部は堅牢性に優れたメタル製。品質に優れているのもメリットです。

光の伝達がスムーズに行える端末ラウンド加工が施されているのもポイント。サンプリング周波数96kHz/24bitのAPF(All Plastic Fiber)が採用されており、高音質なサウンドで音楽鑑賞が楽しめます。

オーディオテクニカ(audio-technica) オプティカルデジタルケーブル AT-EDP1100


サンプリング周波数192kHz/24Bitの信号伝達に対応している光デジタルケーブルです。高音質なハイレゾ音源を伝送できるのが特徴。臨場感あふれるサウンドで音楽鑑賞を楽しみたい場合にも便利です。

オーディオテクニカ独自の制振構造が採用されているのもポイント。プラスチックファイバー製ながら高音質な設計のため、原音に忠実な落ち着いた音質を実現しています。

また、剛性の高いメタルフェルールにより、信号の揺れを抑制できるのもメリット。不要な振動はメタル製のプラグによって軽減できるので、ピュアな信号が伝送できます。

iVANKY Braided Optical Cable


日本製の光ファイバーを採用している光デジタルケーブルです。24k金メッキ端子やアルミ合金製ケース、ナイロン編ケーブルなどが採用されており、品質に優れているのが特徴。比較的リーズナブルな価格で購入できるコスパに優れた製品です。

また、コネクタ部がスリムにデザインされているのもポイント。端子周辺のスペースが限られている場合にも抜き差ししやすい点もメリットです。さらに、面ファスナー結束バンドが付属しているのも長所。外出先に携帯する際にコンパクトにまとめられるだけでなく、巻き付きやねじれを予防できる点もおすすめです。

サイバーガジェット(CYBER Gadget) CYBER・光デジタルケーブル1.5m(PS4用)

クリアなサウンドでゲームを楽しみたい場合におすすめな光デジタルケーブルです。PS4やPS3用に設計されているのが特徴。家庭用ゲーム機に使用する場合はもちろん、光角型プラグを備えている光DVDプレーヤーやAVアンプ、サラウンドヘッドホンなどにも使えます。

ケーブル長は、1.5mと3mの2種類が展開。使用しない際にプラグ部を保護する防塵キャップも付属しており、ホコリの付着を予防できる点もおすすめです。

アムレック(Amulech) AL-SOP192SQ10

サンプリング周波数192kHz/24Bitでの動作が保証されていると謳われている、光デジタルケーブルです。高音質なハイレゾ音源に対応しているのが特徴。臨場感あふれるサウンドで音楽鑑賞が楽しめます。

光ファイバーケーブルのコアには、有機ガラスを使用。低域から高域までバランスのよいサウンドを実現できます。

また、コネクタ部にバネを内蔵しているのもポイント。コアとケーブルの隙間を自動で調節できるのがメリットです。さらに、ブラックニッケルメタルプラグやPVCケーブル被膜が採用されているのも長所。堅牢かつ信頼性が高く、安心して使用できる点もおすすめです。

エレコム(ELECOM) DH-HK05

0.5~5.0mの間で6種類の長さが展開されている光デジタルケーブルです。プラグの先端に球面仕上げを採用しているのが特徴。信号の伝達を効率よく行える設計です。

また、防塵保護キャップが付属しているのもポイント。使用していない際にプラグをしっかりと保護できるだけなく、ホコリが付着してしまうトラブルも予防できます。

コアの素材には、プラスチック光ファイバーを使用。柔軟性が高く、光デジタル信号を忠実に伝送できるのが魅力です。さらに、「高信頼性外被シース」を採用。折り曲げや切断などのトラブルが発生しにくい点もおすすめです。

エレコム(ELECOM) DH-OPT05


コア素材に光プラスチックファイバーを採用している光デジタルケーブルです。柔軟性が高く、折り曲げやねじれに強いのが特徴。光プラスチックファイバーを保護するPVC外皮も備えており、接続機器を壁に近づけて設置している場合にも配線がしやすく便利です。

また、プラグ先端部に球面加工が施されているのもポイント。信号の伝達を効率よく行える設計です。さらに、防塵キャップが付属しているのもメリット。使用しない際に端子を保護しておけるだけでなく、ホコリの付着も予防できます。

環境負荷が少ない製品であることを示す「THINK ECOLOGY」マークが付いているのも長所。環境にやさしい製品を求めている場合にもおすすめです。

UNBREAKcable Optical Audio Cable UBDT023


サビなどに強い24k金メッキコネクタを採用している光デジタルケーブルです。耐腐食性に優れており、信号の劣化を抑えられるのが特徴。高音質な音声信号をしっかりと伝送したい場合に便利です。

また、ナイロンケーブルが採用されているのもポイント。一般的なPVC素材を採用したケーブルに比べて柔軟性が高く、コア部分を効果的に保護できるのが魅力です。

使用しない際は、保護キャップで端子部の保護が可能。金メッキ処理が施されたプラグはサビに強く、長期間使用できます。

StarTech.com Toslink 光デジタル角型S/PDIFオーディオケーブル 3m オス/オス THINTOS10


薄型のPVCジャケットを採用している光デジタルケーブルです。耐久性や柔軟性が高く、長期間使用できるのが特徴。狭いスペースに配線する場合はもちろん、安定した信号伝送を求める場合にもおすすめです。

価格は比較的リーズナブルながら、ゆがみや干渉の少ない正確なサウンドが実現できるのもポイント。手軽に高音質なサウンドを楽しみたい場合にも便利です。

サエクコマース(SAEC) OPC-X11

コア素材に石英を採用したハイエンドモデルの光デジタルケーブルです。製造元は、日本国内で初めて純石英光デジタルケーブルを製造した「サエクコマース」。外部ノイズの影響を抑え、CD以上の情報量を備えたハイレゾ音源のデータを正確に伝送できるのが魅力です。

また、従来の光デジタルケーブルでは難しいとされていた豊かな低音域を楽しめるのもポイント。迫力のあるサウンドを求める場合にもおすすめの製品です。

光デジタルケーブルのおすすめモデル|光ミニプラグ

WiseTech Glass BlackⅡ+


変換用の光ミニプラグ端子が付属している光デジタルケーブルです。端子形状は光角型プラグながら、光ミニプラグへの変換が可能。幅広い機器に対応できるのがメリットです。

コア素材には、グラスファイバーを採用。一般的なプラスチック光ファイバー製のモノに比べて、忠実な信号伝送が期待できます。サンプリング周波数は384kHz/32bitに対応。高音質なハイレゾ音源に対応しており、臨場感あふれるサウンドが楽しめます。

ケーブル部にはPVC被膜を使用。柔軟なだけでなく強靭性も兼ね備えており、安心して使用できる点もおすすめです。

FOSPOWER Toslink Male to Mini Male Cable


一方に光角型プラグ、もう片方に光ミニプラグ端子を採用している光デジタルケーブルです。PS4やXbox Oneなどの家庭用ゲーム機だけでなく、MacBookやiMacなどに使用できるのが特徴。アップルが製造するパソコンの音声を高音質で出力したい場合に便利です。

また、プラグ先端部を保護するカバーが付属しているのもポイント。使用しない際に端子にホコリが付着してしまうトラブルを予防できるのも魅力です。コネクタとケーブルの接合部は柔軟性に優れており、配線がしやすいのもメリット。テレビや音楽再生機器の背面にスペースがない場合にもおすすめです。

JVCケンウッド(KENWOOD) XN-210SA


オーディオメーカーとして知られる「JVCケンウッド」が製造する光デジタルケーブルです。国内メーカーの製品らしく、信頼性に優れているのが特徴。安心して使用できる光デジタルケーブルを求めている場合におすすめです。

片方の端子は光角型プラグ、もう一方に光ミニプラグを採用しているのもポイント。幅広い機器に対応できる点もおすすめです。

プロケーブル 水晶の光ケーブルを越えるドイツ最先端の光ケーブル 1.5m


コアの素材にグラスファイバーを使用している高級な光デジタルケーブルです。価格は高価ながら高音質なサウンドを伝送できるのが特徴。天然の水晶を使用した光デジタルケーブルのような性能を期待できるのが魅力です。

また、編ケーブルや保護キャップが採用されている点もメリット。長期間使用する光デジタルケーブルを求めている場合にもおすすめです。

VBESTLIFE オーディオケーブル ミニプラグ


プラグ部に金メッキ加工が施されている光デジタルケーブルです。耐腐食性が高く、変色しにくいのが特徴。TIP COVERも付属しており、使用しない際にもプラグ部をしっかりと保護しておけます。

ケーブル部にはPVCジャケットを採用。柔軟性が高く、折り曲げて配線する際にも便利です。ケーブル長は1m・1.5m・2m・3mの4種類が展開されています。

サエクコマース(SAEC) SUPRA ZACシリーズ ZAC-TOSLINK1.0


高音質なハイレゾ音源に対応している光デジタルケーブルです。周波数特性が高く、24bit/192kHzまでに対応できるのが特徴。臨場感あふれるサウンドで映画鑑賞や音楽鑑賞を楽しみたい場合に便利です。

また、強度や弾力性に優れた樹脂ファイバーに伝送特性と低ジッターを付与しているのもポイント。信号と雑音の比を表すS/N比が大きく、ノイズを抑えたクリアなサウンドが伝送できる点もおすすめです。

光デジタルケーブルのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

光デジタルケーブルのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら。

番外編:変換アダプタがあると便利

By: amazon.co.jp

光角型プラグを採用したケーブルを幅広い機器で使用したい場合には、変換アダプタの導入がおすすめ。光角型プラグの先端に変換アダプタを取り付ければ、光ミニプラグ端子を搭載した機器とも接続できます。

また、光デジタルケーブルに変換アダプタが標準で付属している製品も便利。接続機器が備えている端子の形状にあわせて、変換アダプタを脱着するだけで対応できるのがメリットです。

番外編:変換アダプタおすすめ

変換名人 光オーディオケーブル 角→丸 ODA-CM


光角型プラグを光ミニプラグに変換したい場合に利用できるアダプタです。リーズナブルな価格で購入できるのが魅力。単品で販売されているので、ケーブルの両端を光ミニプラグに変換する際には2個購入する必要があります。

また、プラグ部に金メッキ加工が施されているのもポイント。耐腐食性に優れており、長期間使用できる点もおすすめです。

N+B 端子変換アダプタ


光ミニプラグを光角型プラグに変換できるアダプタです。コネクタ部はシンプルなブラックカラーが採用されており、プラグ部には金メッキ加工が施されています。耐腐食性に優れており変色しにくいので、長期間使用する場合にも魅力的です。

光角型プラグは、テレビやPS4に搭載されているタイプの端子。家庭用ゲーム機の音声を高音質で楽しみたい場合にもおすすめです。