オーディオ機器のなかでも高価な製品が多い「アンプ」。最近は、安価ながら音質改善に効果が期待できる「中華アンプ」が続々と展開されています。ただし、種類が多くどれを選べばよいかわからない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、リーズナブルでコストパフォーマンスが高い中華アンプをご紹介。手軽にオーディオ環境を整えたい方はぜひチェックしてみてください。

中華アンプの魅力

By: tpdz.net

アンプは音楽プレーヤーなどから出力される微小な信号を増幅して大電流に変え、スピーカーなどに出力するのが役割。なかでも「中華アンプ」とは、中国や台湾で製造されているアンプを指します。

人件費が抑えられるほか、大量生産体制も整っているので、日本国内や欧米ブランドよりも安価な製品が揃っていることが魅力。価格だけでなく、音質にも優れている製品が多いため、コストパフォーマンス重視の方はチェックしておきましょう。

中華アンプの選び方

メーカーで選ぶ

By: smsl-audio.com

中華アンプは、文字面としては「中華スマホ」や「中華タブレット」と同様ですが、現状では台湾ブランドは少なく、ほとんどが中国製。特に経済発展が著しい広東省に集中しています。

例えば、「S.M.S.L」や「Sabaj」は“中国のシリコンバレー”と呼ばれる広東省・深セン市にある企業。オーディオ分野のアンプは、国内外を問わずあまり聞き慣れないメーカーが多いので、注意しましょう。

ICチップをチェック

By: amazon.co.jp

オーディオアンプには、「ICチップ」と呼ばれるパーツが内蔵されています。さまざまな回路が組み込まれているICチップは、アンプが出すサウンドの質に大きく関わるパーツ。最大出力や消費電力なども、搭載されているICチップによって左右される場合があります。

使用されているICチップの種類はアンプごとに異なるので、購入前にチェックしておくのがおすすめ。音質にこだわりたい場合は、有名メーカーが製造したICチップ搭載モデルを選ぶと安心です。

また、中華アンプに搭載されているICチップでは、Tripathの「TA2024」や、STMicroelectronicsの「TDA7498E」などが高い評価を得ています。

最大出力をチェック

By: amazon.co.jp

大型スピーカーと接続して使用する場合には、中華アンプの最大出力にも注意が必要。出力が小さいモデルでは、スピーカーがもつ本来の力を発揮できない可能性があります。

卓上の小型スピーカーで使用する場合には、最大出力50W程度のモデルでも問題ありませんが、大型スピーカーを使用する場合は最大出力100Wを目安に選択しましょう。

種類で選ぶ

By: amazon.co.jp

中華アンプに限らず、アンプにはいくつか種類があります。大枠ではアナログとデジタルに分けられ、例えば、有名な真空管アンプはアナログに分類されます。

デジタルアンプはさらに細分化されており、信号の増幅機能のみに特化したメインアンプ(パワーアンプ)、入力レベルを一定の電圧まで増幅する前処理を行うプリアンプ(コントロールアンプ)、それらを組み合わせたプリメインアンプなどがあります。

なお、一般的にアンプはスピーカーとセットで使うモノですが、ヘッドホンやイヤホンの音質をアップさせるヘッドホンアンプ(ポータブルアンプ)もあるので、それぞれの違いについて確認しておきましょう。

接続方法で選ぶ

By: amazon.co.jp

音楽プレーヤーとアンプを接続する方法は、大きく分けて有線接続とワイヤレス接続の2種類。有線接続には、光デジタル入力・同軸デジタル入力・3.5mmアナログ(AUX端子)入力・USB入力などがあります。

ワイヤレスのBluetooth接続は、スマホやタブレットの音楽データを再生する際に便利です。なお、Bluetoothの場合は、音声を伝送するコーデックもチェックポイント。上位規格であれば、高音質なハイレゾ音源にも対応しているのでおすすめです。気になる方はチェックしておきましょう。

中華アンプのおすすめモデル

S.M.S.L SMSL SA-100

高解像度サウンドが再生可能な中華アンプです。最大出力100Wを備えているので、大型スピーカーとの組み合わせもおすすめ。ICチップには、Texas Instrumentsの「TPA3116」が採用されており、高音質なサウンドが期待できます。

入力は有線接続だけでなく、Bluetoothによるワイヤレス接続にも対応。スマホやタブレットから音楽を再生したい場合にも適しています。本体前面には電源スイッチとボリューム調節ノブを搭載。「電子ボリュームコントロール技術」の採用により、ノイズを軽減しているのもポイントです。

また、ノブを押して、低域や高域の調節が行えるのも魅力。好みや鑑賞する音楽のジャンルにあわせて音質をカスタマイズできます。

S.M.S.L Bluetooth digital amplifier DA-8S

スタイリッシュなデザインが魅力的な中華アンプです。シルバーカラーのボディ素材にはアルミニウム合金を採用。インテリアや部屋とマッチしやすいシンプルな外観です。本製品は、Bluetooth5.0に対応しているのでワイヤレスでの接続が可能。スマホやタブレットの音楽を簡単に再生できます。

付属のリモコンで離れた場所からでも操作できるので、リラックスした姿勢で音楽を楽しみたい方にもおすすめです。

Sabaj Digital HIFI Amplifier A3

幅広い機器との接続に対応できる中華アンプです。入力端子は、AUX・USB・光デジタルなどを採用。高音質で低遅延なaptXコーデックに対応したBluetooth4.2によるワイヤレス接続もできるので、スマホやタブレットから音楽を再生する場合にも適しています。

最大出力は160Wを備えており、大型スピーカーにも対応可能。迫力のあるサウンドを楽しみたい方にもおすすめです。本体前面には、OLEDディスプレイと多機能ノブを搭載。EQサウンドエフェクト機能が搭載されており、好みの音質にカスタマイズできる点も魅力です。

本製品にはリモコンが付属。離れた場所からでもアンプの操作ができます。

Sabaj ステレオデジタルパワーアンプ A4

有線接続だけでなく、Bluetooth4.2のワイヤレス接続にも対応した中華アンプ。有線の場合は光デジタルや同軸デジタル、AUX端子などで接続できます。

最大80W×2と大出力で、スピーカーを通して大音量で音楽が聴けるのが魅力。臨場感のあるサウンドで、映画やライブ映像などを楽しみたい方にも適しています。

付属のリモコンを使用することで、電源のオン・オフのほか音量調節やミュートなどを実行可能。離れた場所からもラクに操作できる製品がほしい方におすすめです。

Sabaj WP1 WiFi audio player

ネットワークを利用した接続ができる中華アンプです。AirplayやDLNAなどに対応しており、スマホやタブレットはもちろん、Wi-Fi通信に対応している機器であれば、公式アプリである「sabaj-app」を利用してワイヤレス接続が可能です。

出力端子は、本体前面に3.5mmヘッドホン端子、背面にRCA端子や光デジタル端子を搭載。プリアンプやヘッドホンアンプとしての使用に適しています。

Nobsound NS-01G Pro

Bluetoothを利用したワイヤレス接続が可能な中華アンプです。本体サイズは約78×70×38mmとコンパクトながら、入力端子にはAUXに加えてUSBも搭載。有線接続と無線接続の両方に対応しているので、幅広い機器と接続できます。

スピーカーケーブルは、裸線だけでなくバナナプラグにも対応。最大出力が100Wなので、大型スピーカーでも使用できます。ハイパワーながら、クリアで繊細なサウンドが再生可能。

スマホやタブレットに保存してある音楽やストリーミングサービスを、迫力のある音で楽しみたい方はチェックしてみてください。

Nobsound Mini Bluetooth 5.0 パワーアンプ GFJ782

5種類の入力に対応した中華アンプです。RCA・AUX・USB・SDカード・Bluetoothなどの入力が可能。SDカードやUSBメモリの音楽を再生する場合には、前面のUSBポートを利用します。

Bluetooth接続では、WAV・APE・FLACなどの音楽ファイルに対応。ワイヤレスでも高音質なサウンドを再生します。本体サイズは約110×90×50mmとコンパクト。重量も160gほどと軽いので、部屋を移動しての使用や外出先での使用にもおすすめです。

Nobsound NS-10P

本体上部に真空管を搭載した本格的な中華プリアンプです。105×69×32mmとコンパクトながら、あたたかく柔らかいサウンドを再生可能。ボリューム調節ダイヤルだけでなく、低域および高域調節ノブも搭載されているので、音質のカスタマイズもできます。

入力・出力端子は、ともにTRSフォーン端子を採用。プリアンプとして設計されているため、一般的なスピーカーケーブルでの接続には対応していませんが、パワーアンプと簡単に接続できるおすすめの中華アンプです。

Nobsound P1 PRO

多彩な入力および出力端子を搭載した中華アンプです。RCA端子やUSB端子を利用した有線接続だけでなく、Bluetoothによるワイヤレス接続にも対応。BluetoothのコーデックはaptXやaptX-LLに対応しており、スマホやタブレットに保存している音楽を高音質で楽しめます。

出力はRCA端子と3.5mmステレオヘッドホン端子を搭載。プリアンプとしてだけでなく、ヘッドホンアンプとしても使える仕様です。本体上部には真空管を搭載しており、あたたかみのあるサウンド再生が可能。真空管をブルーやオレンジに点灯できるのもポイントです。

コントロールノブは、ボリューム調節用だけでなく、低域や高域調節用も搭載。トーンコントロールのオン・オフを切り替えるスイッチも本体前面に搭載されています。高品質なサウンドを求めている方におすすめです。

Nobsound Tone

ポップなデザインながら、100Wの高出力が可能な中華アンプです。入力は、RCA・AUX・USBなどの有線接続に加えて、Bluetoothによるワイヤレス接続にも対応。スマホやタブレットの音楽を再生したい場合にもおすすめです。

ノイズを低減する設計により、最大出力でもクリアなサウンド再生が可能。迫力のある音で音楽を鑑賞したい方にも適しています。フロントパネルには、LEDインジケーターやオーディオスペクトルを搭載。一目で情報を確認できるのが魅力です。

本体上部には、ボリューム調節ダイヤルと電源ボタンが配置されています。ボリューム調節ダイヤルでは入力モードの選択ができ、電源ボタンでは音源の再生や一時停止の操作も行えます。

LEPY Lepy デジタルアンプ LP-2024A

コストパフォーマンスに優れた中華アンプ。リーズナブルな価格で購入できるにもかかわらず、ICチップには評価の高いTripathの「TA2024」が採用されており、クリアなサウンドを再生できます。コントロール部には、ボリューム調節ダイヤルに加えて、低域と高域の調節ノブも搭載。好みの音質にカスタマイズできるのもポイントです。

入力端子はAUXとRCAを採用。スピーカーケーブルを接続する出力端子と同様に、本体背面に配置されています。本体サイズは140×118×41mmとコンパクト。スペースが限られている場合や、デスク上にスッキリと設置したい場合に適しています。最大出力は40Wで、卓上で小型スピーカー用として使うのにおすすめです。

LEPY Bluetooth パワーアンプ

多彩な機能を搭載した中華アンプです。RCA端子によるライン入力に加えて、補助入力用のAUXも搭載。有線だけでなく、Bluetooth5.0を利用したワイヤレス接続にも対応しており、スマホやタブレットから音楽を再生したい場合にもおすすめです。

また、USBポートやSDカードスロットも搭載。USBメモリやSDカードに保存した音楽も直接再生できます。出力は裸線のスピーカーケーブルを使用。2系統の出力ができるため、2種類のスピーカーを使い分けたい場合にも適しています。

本製品にはコンパクトなリモコンも付属。ベッドやソファなどでくつろいだ状態のまま、パワーアンプのコントロールができるのもポイントです。本体サイズは約165×128×41mmとコンパクトながら、「ボリューム調節ノブ兼電源スイッチ」や「低域・高域調節ノブ」に加えて、「再生ボタン」「曲送り」「戻しボタン」も搭載されています。

LEPY LP-268

コンパクトで軽量な中華アンプです。本体サイズは約140×98×41mm。重量は約240gなので、携帯にも便利です。ICチップはパナソニックの「AN7190」を採用。原音に忠実なサウンド再生ができるのが特徴です。

ボディの素材はアルミニウム合金を採用しており、軽量ながら堅牢性にも優れています。過電圧保護回路も採用されているため、安心して使用できる点もおすすめです。

DeGaoge パワーアンプ小型

高品質なBluetoothモジュールを内蔵した中華アンプです。Bluetooth5.0に対応しているので、安定したワイヤレス接続が可能。スマホやタブレットから音楽を再生したい場合に適しています。また、本体前面にUSBポートやSDカードスロットが配されているのもポイント。USBメモリやSDカードに保存した音楽を直接再生できるのが魅力です。

本製品にはリモコンが付属しているため、離れた場所からパワーアンプの操作が可能。ベッドやソファでくつろいだ状態のまま音楽鑑賞ができます。コントロール部には、ボリューム調節ノブに加えて、低域や高域の調節ノブも搭載。好みや聴く音楽のジャンルにあわせて音質を調節できるのもポイントです。

本体サイズは約125×80×45mmとコンパクト。最大出力は40Wなので、卓上で使用する用途におすすめです。

Topping Desktop digital amplifier PA3

2系統のアナログ入力に対応した中華アンプ。パソコンやオーディオ再生機器に加えて、スマホやタブレットを接続したい場合におすすめです。

最大出力は80Wを備えているので、卓上で小型アンプとして使用する場合には十分なパワーがあります。ICチップには、STMicroelectronicsの「TDA7498E」を採用。高音質サウンドの再生が期待できます。

本製品は「MCUインテリジェント制御」と呼ばれる保護機能も搭載。過負荷・過熱・過電圧・低電圧が発生した際に、本体とスピーカーを保護できる点はおすすめです。

Topping 32bit/768k DSD512 DAC E30

コンパクトサイズながら複数種類の入力に対応している中華アンプです。光デジタル・同軸デジタルに加えて、USBでの入力に対応。DACチップに定評のある「AK4498」を採用しており、USB入力を使用した場合には高音質なハイレゾ音源も再生できます。

本体サイズは100×125×32mm。デスク上にすっきりと設置できるだけでなく、重量が265gと軽いので気軽に持ち運んで使えます。本製品はUSBポートからの給電でも駆動が可能。パソコンやスマホの充電器から給電できるので、場所を選ばず使用できます。

また、歪みレベルが-120dB以下と低く、クリアなサウンドが再生できる点もおすすめです。

GAOHOU ミニデジタルアンプ AA3838

シンプルな設計で使いやすい中華アンプです。本体サイズは90×108×35mmとコンパクト。前面には電源スイッチとボリューム調節ダイヤルを搭載しています。入力端子にはRCAを採用。スピーカー用の出力端子は裸線とバナナケーブルの両方に対応しています。

最大出力は100Wで、大型スピーカーにも対応。ICチップには評価の高い「TPA3116D2」が採用されています。電源アダプタは付属していませんが、手頃な価格で購入できる使い勝手に優れたおすすめの中華アンプです。

Fosi Audio TB10A

シンプルな設計とスタイリッシュなデザインが人気の中華アンプです。コンパクトで卓上に設置しやすいサイズながら、最大出力は200Wを備えています。ICチップにはTexas Instruments「3116D2」を採用し、高音質を実現。歪みの少ないクリアなサウンドが特徴です。

入力端子はRCAのみを搭載。スピーカー用の出力端子は裸線とバナナケーブルの両方に対応しています。本体前面にはボリューム調節、低域および高域調節ノブを搭載。好みの音質にカスタマイズできる点もおすすめです。

Fosi Audio 7498E

シンプルな構造で使いやすい中華アンプです。入力はRCAのみに対応。出力はスピーカーケーブルで行うタイプで、最大320Wの高出力が可能です。本体正面には、電源スイッチとボリューム調節ダイヤルのみを搭載。複雑な操作が必要なく、手軽に使えるのが魅力です。

比較的手頃な価格で購入できるので、初めての中華アンプとしても適しています。

AIYIMA Bluetooth5.0パワーアンプ T2 PRO

Bluetooth機能を搭載した中華アンプ。コーデックはSBCやACCのほか、48KHz/24bitまでのハイレゾ再生が可能なaptX HDにも対応しています。

「TREBLE」と「BASS」ノブを活用すれば、自分の好みにあわせて高音・低音の調節を行えるのが魅力。高音ボーカルが魅力のロックや、低音の効いたジャズなど幅広いジャンルの曲を楽しみたい方にぴったりです。

底面に滑り止めが付いており、落下を予防できるのもポイント。機能面だけでなく、安全面にも配慮された中華アンプがほしい方はチェックしてみてください。

1Mii Bluetoothデジタルパワーアンプ B08

アンプが内蔵されていないパッシブスピーカーのほか、サブウーファーとの接続も可能な中華アンプ。小型のスピーカーでも、サブウーファーを同時に接続すればパワフルな重低音を楽しめます。

搭載している入力端子が豊富なのもメリット。3.5mmのAUXケーブルやRCAケーブル、光ケーブルなど幅広い入力に対応しています。サイズは136×101×45mmとコンパクトなため、置き場所を選ばない製品がほしい方におすすめです。