自宅のオーディオ環境を整える際におすすめなのが、ホームシアターシステムの導入。スピーカー構成は2.1ch・5.1ch・7.1chの3つが代表的で、数が増えれば増えるほど、より立体的なサウンドを楽しめます。

とはいえ、設置方法や操作性、音の広がりなどはタイプによって異なるので、購入する際はそれぞれのメリットとデメリットを把握しておくことが重要です。そこで今回は2.1ch・5.1ch・7.1chスピーカーのおすすめモデルをご紹介。構造上の違いや選び方についても解説するので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

2.1ch・5.1ch・7.1chの違い

By: amazon.co.jp

「ch」は「チャンネル」と読み、スピーカーの数を表しています。チャンネル数が多いほどスピーカー数が多く、音が聞こえる方向が多いためより立体的で臨場感あふれるサウンドです。映画やゲームなどへの没入感を高めたい方はチャンネル数に注目しましょう。

また、中には2.1chのように小数点以下の数字がつくこともあり、小数点以下は低音域を増強させる重低音専用サブウーファーの数を表しています。例えば2.1chなら、スピーカー2つに重低音専用サブウーファー1つです。要するに、整数が全音域再生を行うスピーカーの数を示し、小数はホームシアターで使われる重低音専用サブウーファーを示します。

2.1ch

By: amazon.co.jp

「2.1ch」は前方左右2本のスピーカーとサブウーファーがセットになったタイプ。設置がしやすいほか、価格帯としてもリーズナブルなので、コストをかけずにホームシアターシステムを導入したい方や設置スペースをコンパクトにまとめたい方におすすめです。

5.1ch

By: amazon.co.jp

ホームシアターの基本型と言える「5.1ch」。もともと劇場用の立体音響をDVDに盛り込む時に業界標準として策定されたのが始まりで、スピーカーは前方左右に2本とセンターに1本、後方に2本、さらに重低音専用のサブウーファーで構成します。

センターと後方にスピーカーが加わることで、サウンドの広がりが感じられるのがポイント。設置場所にはややスペースを要しますが、没入感を得られるのが特徴です。

7.1ch

By: amazon.co.jp

「7.1ch」はスピーカーを前後左右にそれぞれ1本の計4本をセットし、さらにセンターに1本、後方に2本、そして重低音専用サブウーファーをセットしたタイプ。5.1chの上位構成となっています。

なお、7.1chをさらに向上させた「9.1ch」やそれ以上の「11.1ch」といったスピーカー構成もありますが、一般ユーザーであれば、7.1chまでが現実的。なお、市販のAVアンプは基本的に5.1chには標準対応し、7.1chも廉価機以外は対応しているのが現状です。

バーチャルサラウンドって何?

聴覚の錯覚を利用した仮想的なサラウンド

「バーチャルサラウンド」とは、後方にスピーカーを配置することなく、360°方向から聴こえる5.1ch以上のサラウンドを仮想的に再現する音のこと。聴覚の錯覚を利用しているのが特徴です。

一方、従来のサラウンドは「リアルサラウンド」と呼ばれ、後方にスピーカーを配置して、立体的な音響と高い臨場感を生み出す仕様。タイプとしては後方にスピーカーを配置する7.1ch以上が該当します。ぜひ覚えておきましょう。

実際に後ろから音が放射されるバーチャルサラウンドも登場

By: amazon.co.jp

上記と矛盾しているようですが、実は後方にスピーカーを設置せずとも、後ろから音を放射させて立体音響を実現するバーチャルサラウンドスピーカーもあります。

これはビーム状の音を壁に反射させて後方から聴こえるようにするという仕組みで、ヤマハが2004年にYSP技術として実用化。一般ユーザーのホームシアターシステムの導入に大きく貢献したと言われています。興味がある方はぜひチェックしておきましょう。

2.1ch・5.1ch・7.1chってどれが初心者におすすめ?

By: amazon.co.jp

2.1ch・5.1ch・7.1chのうち初心者の方におすすめなのは「2.1ch」。設置するのはスピーカーが2本とサブウーファーだけなので、テレビなどの横へも手軽セット置でき、設定も比較的容易。リーズナブルな製品が多いのも魅力です。

2.1ch・5.1ch・7.1chスピーカーの選び方

入力端子と対応サラウンドフォーマット

By: amazon.co.jp

4Kやブルーレイ、さらには「Ultra HD ブルーレイ」の普及により、最近のホームシアタースピーカーには汎用性の高さが求められており、コンテンツに対応する端子を備えているか、サウンド規格に対応しているかなどをチェックする必要があります。

ブルーレイを観る場合はHDMI入力が必要。4Kを観るなら4Kパススルーに対応した(4K/60p、HDCP 2.2以上)、いわゆる4K対応HDMI入力が必須になります。

各種サラウンド信号に対応しているかどうかも重要。ほとんどのスピーカーはDVDと放送波で標準採用されている「Dolby Digital」に対応しています。この上でさらに「Dolby TrueHD」や「DTS-HD」などのHDオーディオに対応していれば、よりリアルで密度感の高いサウンドが楽しめます。

音楽関連の機能

ホームシアターシステムをスマートに整えたい方はワイヤレス接続に対応するスピーカーがおすすめ。ただし、Bluetooth対応のモノは圧縮した際に音質劣化が懸念されるので注意が必要です。

ワイヤレス接続で高音質を求める場合は、LAN経由で聴けるネットワーク機能に対応した製品に注目。圧縮せずにそのままの音質で聴けるのでサウンドクオリティは良好です。

よりリアルな音を楽しみたい方は、より高音質なハイレゾ音源に対応しているかどうかも要チェック。ライブ会場の空気感や繊細な楽器音を堪能したい方はぜひおさえておきましょう。

大きく分けて2種類のスピーカーがある

By: amazon.co.jp

ホームシアターのスピーカーは同じチャンネル数であっても、形状によって大きく2種類に分けられます。

ひとつは複数のスピーカーがケースにおさめられている一体型モデル。「サウンドバー」とも呼ばれるタイプで、設置しやすく、比較的価格がリーズナブルなのもメリットです。バーチャルサラウンドに対応した製品であれば、サウンドも立体的。また、サブウーファーが一体化したタイプなら、重低音もしっかりしています。

一方、スピーカーがひとつひとつ独立しているタイプは、一体型よりも設置が面倒ですが、スピーカーの間隔をユーザー自身が調整できるので、好みに合わせてアレンジすることができます。

2.1chの場合

By: amazon.co.jp

2.1chのスピーカーは前方へ2つスピーカーを配置するため場所をとらないのがメリットです。テレビ横など狭いスペースにも収納できます。

比較的安いモデルが多く、コストを抑えられるのも魅力。機能もシンプルなモノが多く扱いやすいため、スピーカーを初めて購入する方や、設置スペースが限られている方などにおすすめです。

5.1chの場合

By: amazon.co.jp

5.1chのスピーカーは、左右にもスピーカーを設置するためより立体感を味わえるのがメリットです。高価なモノも多いですがその分機能が充実しており、Bluetooth対応のモノもあります。

コストを抑えたい方にはパッケージ売りされているモノがおすすめ。ワイヤレスタイプなら簡単に設定できるモノが多く、手軽に扱えます。

一方、価格より音質重視の方は、AVアンプとスピーカーを別々に購入するのがおすすめです。設置や設定に手間がかかりますが、自分好みの音質を追求することができます。

7.1chの場合

By: amazon.co.jp

7.1chのスピーカーはより立体感を感じられるのがメリットです。必要な設置スペースが広く、設置の手間もかかりますが、満足度の高い臨場感が得られます。

ただ、パッケージ売りされているモノはほとんどなく、AVアンプとスピーカーをそれぞれ別途購入する必要があるため、オーディオ初心者の方にはややハードルは高めです。特にこだわりがない方はスピーカーのメーカーが推奨しているAVアンプと組み合わせを参考にしましょう。

2.1chのおすすめスピーカー

オンキヨー(Onkyo) 2.1chシネマパッケージ BASE-V60(B)

70mmのスリムなAVレシーバーと2本のスピーカー、そしてサブウーファーがセットになった2.1chモデル。コンパクトながらアンプ部に余裕を持たせており、80W×6のハイパワーを備えているのが特徴です。

本機のみでは2.1chですが、別途スピーカーを追加することによって、5.1chに対応できるのもポイント。ドルビーイネーブルド・スピーカーを追加すれば、上方向からの立体感も感じ取れ、Dolby Atmos、DTS:Xにも対応できます。

付属フロントスピーカーだけでも80kHzまでの高域再生が可能なので、ステレオ音楽を高音質に楽しむことが可能。BluetoothをはじめWi-Fiや有線LANにも対応しているほか、4K対応したHDMI入力端子4系統のほかに、1系統のHDMI出力端子を搭載しています。汎用性の高いおすすめのホームシアターシステムです。

ソニー(SONY) サウンドバー HT-X9000F

93mmのサウンドバーとサブウーファーのセット。横に細長いホームシアター向けのサウンドバースピーカーで、Bluetoothとハイレゾに対応するモデルです。HDMI入力を備え、高音質なDolby AtmosやDTS:X、バーチャルサラウンドにも対応し、立体的で鮮明なサウンドを体感できます。

さらにサブウーファーのボリュームを調節できるので、周囲への騒音対策に配慮できるのもポイント。また、Bluetoothにも対応しており、スマホからオンオフ操作も可能で、外出時にスマホで聞いていた音楽をそのままスピーカーでも聞けます。

デジタルアンプの採用しており、総合300Wの超ハイパワーも魅力。映画はもちろん、重低音の効いたサウンドを楽しみたい方はぜひチェックしておきましょう。

デノン(DENON) 2chサウンドバー& ワイヤレス・サブウーハー DHT-S316

90mmのサウンドバーとワイヤレスサブウーファーのセットです。ドルビーデジタルやDTS、AACに対応。バーチャルサラウンド機能も搭載しており、立体的で高音質なサウンドが味わえます。

スマホやPCなどから手軽に操作できるBluetoothに対応しているのもポイント。サブウーファーもワイヤレス対応で、ケーブルの長さを気にせず設置できます。

ナイトモードを搭載しており、夜間などに音量を下げてもクリアな音で聴けるのもポイント。比較的リーズナブルなので、コスパ重視の方にもおすすめです。

パイオニア(Pioneer) コンパクトフロントスピーカーシステム HTP-CS1

2.1chのスピーカーシステム。サブウーファーは縦横置き両対応しており、縦置きにすると幅115mmと、スペースをとらないのがメリットです。

アンプはスピーカー出力が20W+20W、そしてサブウーファー用が40W。BluetoothはAACとaptXの両フォーマットに対応しているので、スマホやタブレットの音楽もワイヤレスで手軽に再生することが可能です。

入出力端子は4K映像に対応したDMI入力を3系統と光デジタル音声入力、そしてHDMI出力をひとつ備えているのもポイント。コンテンツによって使い分けられるサウンドモードも充実しており、自然な音の広がりが魅力の「ステレオ」や、声が聞き取りやすい「ニュース」「映画/ゲーム」「ミュージック」などをラインナップしています。また、発売から数年が経ち、価格帯が落ち着いているのもポイント。お得感の高いおすすめのモデルです。

5.1chのおすすめスピーカー

ヤマハ(YAMAHA) フロントサラウンドシステム YAS-108

3Dサラウンドモードを搭載した一体型のスピーカー。前後左右だけでなく上下の音場も仮想的に再現するため、身体が包み込まれるような音の広がりを感じられます。

本製品はセリフやナレーションを聴きやすく自動調整できる「クリアボイス機能」を搭載しているのがポイント。ドラマやバラエティなどの番組でも、ストレスなく視聴できるのが特徴です。

また、同時に2機種のデバイスをBluetooth接続できる「マルチポイント接続」に対応しているのも魅力。音楽再生を簡単に切り替えられるほか、Bluetooth接続で本体が起動する「Bluetoothスタンバイ機能」も便利です。

レイザー(Razer) Leviathan RZ05-01260100-R3A1

ゲーミング業界で有名なメーカー「レイザー」の5.1chタイプのサウンドバー。FPSを中心としたゲームに最適なサウンド設計が施されています。

ドルビーバーチャルスピーカー技術を搭載しているのも特徴。光デジタル入力からドルビーデジタル信号を入力することにより、ハイクオリティな立体音響を楽しむここができます。

派手な印象のあるゲーミングメーカーの製品のなかでは比較的落ち着いたデザインを採用していることや価格が2万円台とお得感が高いのもポイント。ゲーミング環境を整えたい方はもちろん、コスパ良好のサウンドバーを探している方にもおすすめです。

ボーズ(Bose) Lifestyle 650 system OMNIJEWEL SPEAKERS

ワンパッケージタイプのハイエンドモデル。47×147×470mmとコンパクトなサイズながら、全方向性のサテライトスピーカー「OmniJewel」を採用しているのが特徴です。

豊かな低音を発する「QuietPortテクノロジー」を採用したサブウーファーを備えており、迫力あるサウンドを体感できるのもポイント。

部屋の広さに合わせて音を調整する「ADAPTiQ」技術により、シーンを問わず高音質でコンテンツが楽しめるのも魅力です。かなり高額な製品ですが、とにかく音にこだわりたい方はぜひチェックしておきましょう。

7.1chのおすすめスピーカー

ソニー(SONY) HT-ST5000

ハイエンドクラスのサウンドバー。前後左右のだけでなく、高さ方向も加えた3次元の立体音響技術により、音に包みこまれるような臨場感を体験できるのが特徴です。

サラウンド音声規格「Dolby Atmos」と「DTS:X」に対応。通常、後方や上方にまでスピーカーを設置して実現するところを、前方のみのサウンドバーとワイヤレスサブウーファーで実現しているのもポイントです。

内蔵アンプは総合800Wと大出力。広い空間でも大音響でコンテンツを楽しめます。価格は10万円を超えますが、満足度の高いサウンドバーを求めている方はぜひチェックしておきたい製品です。

ソニー(SONY) サウンドバー HT-ST9

サウンドバータイプながら大口径65mmコーンを採用したユニットを7つ採用し、7.1ch相当のバーチャルサラウンドに対応した高性能機種。各スピーカーの音の強弱を独立して制御する波面制御技術により、後ろから回り込む立体的な音響効果も得られるのがポイントです。

高効率D級アンプにより、コンパクトながら800Wと大出力なのもポイント。本格サブウーファーとの組み合わせで、広い部屋でも地を揺るがすような迫力サウンドを楽しめます。4K、HDオーディオ、ハイレゾ再生対応などトレンドにもしっかり対応。バータイプとしては高価ですが、期待を裏切らないハイエンドモデルです。

ヤマハ(YAMAHA) デジタル・サウンド・プロジェクター YSP-2500

高さ51mmのスリムなサウンドバーとサブウーファーのセットモデル。ヤマハの独自技術「YSP」を搭載しているのが特徴で、16基のビームスピーカーを精密に制御し、臨場感あるサウンドを楽しむことができます。

どこからでも立体的なサウンドで視聴できるため、複数人で散り散りに座っても高音質で楽しめます。スムーズに音が移動するため、映画やゲームの世界への没入感が高いのも魅力です。

さらにBluetooth接続にも対応。スマホに転送した音楽も手軽に再生できます。独自の音質改善技術「ミュージック・エンハンサー」を搭載しているため、ワイヤレスでも高音質です。

また、薄型テレビの前に置ける薄型デザインも特徴。高さ調節可能な着脱式レッグを使用すれば、さまざまなテレビに合わせて最適な高さに調節できます。