オーディオ機器に敷設することによって、音質を向上させる「オーディオボード」。スピーカーや再生機器などのオーディオ機器にこだわっている方でも、オーディオボードの敷設は意外に見落としがちです。

そこで今回は、さまざまなオーディオボードをご紹介。選び方もあわせて解説するので、オーディオボードの導入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

オーディオボードの効果

By: kryna.jp

オーディオボードには、オーディオ機器の振動を吸収したり、機器本来の「鳴り」を引きだしたりする効果があります。オーディオ機器を鳴らしたときには、スピーカーなどから振動が発生。振動が床やオーディオラックを通じてオーディオ機器に伝わると音に悪影響を及ぼしますが、オーディオボードを敷設すれば振動の解消が期待できます。

オーディオボードの選び方

材質で選ぶ

低音域がクリアに響く「木材」

By: amazon.co.jp

木材はあたたかみがあり、見た目にもやわらかな印象を与えるのが特徴。ウッド調のインテリアやスピーカーとも調和するので、お部屋のコーディネートの際にもおすすめの材質です。

オーディオボードとして使用される木材は、桜やヒッコリーなどが代表的。木材製のオーディオボードは、振動吸収率が高く低音域をクリアに響かせます。

ノイズを抑える「大理石」

  

By: rakuten.co.jp

石材製のオーディオボードは重量があるため安定性が高く、低音を引き締め中音域の輪郭をはっきりとさせるのが特徴。また、静電気を帯電しにくいので、オーディオ機器のノイズを抑える効果も期待できます。

シャープな音質を楽しむ「御影石」

By: amazon.co.jp

特に墓石などで使われる御影石。大理石と同じ石材製なので音の安定性が高く、低音が際立ってぼんやりしがちな中音域の輪郭を明瞭にさせる効果が期待できます。

特に御影石は火成岩といった種類に属する石で、大理石よりも比較的硬質なため、よりくっきりとシャープな印象の音質に改善できるのが特徴。見た目にもシャープな印象なので、クールな雰囲気のインテリアとも相性がよくおすすめです。

木材と金属を使用したハイブリッドタイプも

By: rakuten.co.jp

オーディオボードには、単一の素材だけでなく、複数の素材を組み合わせたハイブリッドタイプと呼ばれるモノがあります。ハイブリッドタイプには、主に木材製の素材と金属製の素材を組み合わせたモノが多いのが特徴。

低音域をクリアに響かせる木材製オーディオボードのメリットと、金属製オーディオボードの持つ制振性を兼ね備えているなど、それぞれの材質のよい部部分を活かしているおすすめのタイプです。

重量をチェック

By: amazon.co.jp

一見すると、軽そうに見えるオーディオボードですが、比較的軽いオーディオボードでも2kg程あり、なかには10kg超のヘビー級のモノまでさまざまです。

大理石など重量のあるアイテムはオーディオ機器の安定性が増し、制振性も高くなるので、音質や機器の「鳴り」が改善される傾向にあります。設置する場所の安定性や耐えられる重さをチェックし、上乗せ分のオーディオ機器の重量も確認しておきましょう。

厚みをチェック

By: hayami.co.jp

音質改善のためには、厚みも重要ポイント。オーディオボードの厚みは1cm以下のモノから、なかには5cm以上のモノまでさまざまです。一般的に厚みがあればあるほど音質への効果が高くなる傾向にありますが、それに伴い価格が高価になる点にも留意しましょう。

まずは、手始めに薄いシート状のボードを導入して、音質を微調整するなどといった使い方もおすすめです。

オーディオボードのおすすめ

クリプトン(KRIPTON) オーディオボード AB-500M

木製ボードの内部に鉄球サンドを封入しているオーディオボード。鉄球サンドは比重が大きく、機器への電磁ノイズの影響防止や防振効果を兼ね備えます。

サイズは幅400×奥行き300mmとややコンパクトながらも、耐荷重も100gと重量級スピーカーも支える実力を備えているのもポイント。なお、同社のインシュレーターと併用するとより効果的なので、気になる方はチェックしてみてください。

山本音響工芸(Yamamoto Sound) スピーカーアンプ用プレート型ベース B-45

木目が美しいアサダ桜の集成材によるプレート型ベースです。サイズは幅450×奥行き430×厚さ25mmと標準的ながら、重さは3.6kgとオーディオボードとしては軽量。頻繁にセッティングを変える必要のある環境や、取り回しのしやすさを重視する方におすすめです。

高級木材の持つ防振性で上にのせた機器を安定させたうえで、響きのよさを加えます。和室やカーペットを敷いた部屋などで重宝するアイテムです。

山本音響工芸(Yamamoto Sound) プレート型マグネットフローティングベース MGB-60

「マグネットフローティングベース」を採用したオーディオボードです。アサダ桜の集成材を採用したボードの下4箇所に、ネオジウムマグネットを配置。磁力の反発作用によってボード自体を設置面から浮かせます。

非接触方式でオーディオ機器をフローティングさせることで、床や設置面からの振動を遮断。また、オーディオ機器自体の共振や反射振動も吸収し、よりクリアな音を楽しめます。

耐荷重は30kg。CDプレーヤーやレコードプレーヤー、パワーアンプといった筐体内に振動源のあるオーディオ機器におすすめです。

ハヤミ工産(HAMILeX) オーディオボード G-3611

素材に「パーティクルボード」を採用したオーディオボード。高密度で均質性が高く、重量のある物体をしっかりと支えます。耐荷重が約100kgあるので、重量級のパワーアンプや、大型スピーカーも対応可能です。

別売りの専用の台座やキャスターなど、オプションが豊富なのもポイント。見た目や取り回しのしやすさをカスタマイズできます。シンプルなデザインと落ち着いたカラーリングで、幅広い室内環境にマッチするおすすめのオーディオボードです。

クライナ(KRYNA) オーディオボード Palette Board PL-TB

漆塗り加工が特徴の木製オーディオボードです。天然の高分子素材である漆は振動エネルギーを熱エネルギーに変換し、振動を減衰させる働きがあるのが特徴。これにより、ナチュラルな音質を楽しめます。

また、 振動の逆戻りを防ぐ独自のメカニックダイオード構造により、振動をコントロールするのもポイント。 内部には、不要振動を排除するためのインシュレーター「Cat」を内蔵しています。回転メカを内蔵するコンポにとくに有効なので、特にCDプレーヤーやレコードプレーヤー用におすすめです。

アコースティックリバイブ(ACOUSTIC REVIVE) ヒッコリーボード RHB20

ドラムのスティックなどに使用されているヒッコリー木材を材料としたオーディオボードです。強靭な反発力を持つため、不要振動を抑えるのに適しています。フラットかつワイドレンジな音を引き出すのが特徴です。

また、帯域バランスに優れており、ヒッコリー特有の開放感のある再生音を期待できるのもポイント。木製楽器を中心にしたアコースティック音楽を多く聴く方におすすめのオーディオボードです。

石専門店.com オーディオボード 天然白大理石 400mm×350mm 厚み約40mm

サウンド面に加えて、インテリア性にも優れている天然大理石を採用したオーディオボード。一般的な大理石ボードとは異なり、オーディオ用途を意識した設計と製造が特徴です。

サイズは幅400×奥行き300mmで、厚みとエッジの仕上げは数種類から選択可能。好みやオーディオ機器との相性、ラックの間隔などを考慮して選べます。

イタリア・カラーラ地方から産出する高品質な大理石を採用しているのも魅力。高級感溢れるデザインで、インテリアとしても活躍します。

石専門店.com オーディオボード 天然黒御影石(山西黒)400mm×300mm 厚み約30mm

見た目にも機能性にもこだわりたい方におすすめのオーディオボード。中国産御影石「山西黒」を採用。細かい青い粒子や金粉のような模様が入っている見た目が魅力です。

国内加工による高精度さもポイント。音質に大敵な設置面のガタつきにもしっかりと配慮されています。 御影石を採用しているなかでは比較的リーズナブルで、コスパに優れたアイテムを探している方はチェックしてみてください。

ティグロン(TIGLON) マグネシウム仮想アーシングボード TMB10E

高級木材ロシアンバーチと、制振性に優れた純マグネシウムをハイブリッドで採用したオーディオボード。静寂感と解像度の高い音が楽しめます。

また、本体背面に、音質をアップさせるシールド線「仮想アース」を備えているのもポイント。使用機器間に接続することにより、より臨場感のある音を堪能できます。

さらに、ティグロンのオーディオラック「magnesia」シリーズの棚板にフィットするサイズなのもポイント。併用することでマグネシウムの振動吸収性能を活かした理想的なオーディオ設置環境を構築できます。

ウェルフロート(WellFloat) オーディオボード BW001 TYPE4449L

機器を浮かせることで振動の悪影響を排除する特許技術、「ウェルフロートシステム」を採用したオーディオボード。接触面を最小限にすることで、ボードとの接触面で発生する不要な境界振動が抑えられるのが特徴です。

また、耐荷重に優れているのもポイント。本製品では300kgまでのコンポやスピーカーに対応できます。大型のハイエンド機器を扱う方はぜひチェックしてみてください。

逸品館(AIRBOW) ウェルフロートボード WFB-3545-T

ウェルフロートシステムを採用し、振動を抑えるオーディオボードです。同技術を採用した従来のボードの約半分である、高さ3cmに抑えているのが特徴。高さにあまり余裕のないラックなどに使えるのがポイントです。

サイズは幅450×奥行き350mmで、対荷重は30kg。また、シンプルでスタイリッシュなデザインで、部屋のインテリアとしても馴染みやすいおすすめアイテムです。

アイシン高丘(TAOC) オーディオボード SUB-HC50C

鋳鉄を使った制振性の高いオーディオボード。本製品は鋳鉄粉入りハニカムコアを中心に、高密度木質ボードで挟んだサンドイッチ構造の異種素材組み合わせタイプ。厚さは2.2cmながら、重量は5kgと高密度です。

高音のシャープさと全体の情報量を高めながら、厚みと密度感のある音を楽しめるのもポイント。 和室、洋室どちらでも効果が高く、床への設置に向いています。

サイズは幅495×奥行き445mm。コンポ・スピーカーのどちらにも使い勝手のよいサイズなので、オーディオ初心者にも安心して使えます。

サンシャイン(Sunshine) ABA 超薄型制振シート オーディオボード B40BLACK

コスパに優れたオーディオボードです。厚さ0.6mmと0.8mmの鉄と鉄の間に樹脂系制振材を挟んで高温圧着しており、制振性に優れているのが特徴。全体的な音の明瞭さと、厚みを両立した音を楽しめます。価格も安いので、オーディオボードを使う枚数が多い方にもおすすめです。

また、サイズは幅40×奥行き30cmと通常よりも小さめサイズもラインナップ。デスクトップ向けの小型コンポに適しているため、あわせてチェックしてみてください。

SAP マグネット・フローティング・ボード RELAXA 622

磁力によってガラス製ボードを浮遊させる「フローティング・アイソレーション」方式を採用したオーディオボードです。透明なガラスを中心にしたスタイリッシュな外観が魅力。接触面をできるだけ少なくさせることで、振動が抑えられてクリアな音が楽しめます。

ボード部には焼き入れ強化ガラスを採用。耐荷重は22kgで、さまざまなコンポに対応できます。また、マグネットの高さを変更することで水平に調節できる機能を搭載。水平を維持する必要があるCDプレーヤーやレコードプレーヤーなどの回転メカ内蔵コンポにも対応しています。