高火力で素早く調理できる「東芝のオーブンレンジ」。ボタンを押すだけで簡単にオーブン料理を楽しめるほか、魚の調理や煮込み調理に対応したモデルもあります。

そこで今回は、東芝のおすすめオーブンレンジをご紹介。東芝のオーブンレンジの特徴や種類、チェックしておきたいポイントなどもあわせて解説するので、ぜひ自分にぴったりの1台を見つけてみてください。

東芝のオーブンレンジの特徴

By: toshiba-lifestyle.com

東芝のオーブンレンジは高火力が特徴です。標準的なモデルであれば約200℃、上位モデルでは最大350℃までの加熱に対応。また、「石窯ドーム」や「石窯オーブン」など、遠赤外線を利用して食材の中までじっくりと火を通せる仕組みを搭載したモデルをラインナップしています。

本格的な過熱水蒸気オーブンレンジと、簡易的な角皿式スチームオーブンレンジを展開しているのも魅力です。

「石窯ドーム」と「石窯オーブン」の違い

By: toshiba-lifestyle.com

東芝のオーブンレンジには、「石窯ドーム」や「石窯オーブン」と呼ばれるモデルがあります。両方とも遠赤外線を食材に向かって放射し、中までじっくりと加熱できる点が特徴です。

「石窯ドーム」は、庫内に丸みを帯びたドーム状の構造を採用しているので、遠赤外線を放射可能です。一方、「石窯オーブン」の庫内はフラットで、天井からのみ遠赤外線を放射します。

東芝のオーブンレンジの種類

オーブンレンジ

By: amazon.co.jp

オーブンレンジは、スチーム機能が搭載されていないシンプルなタイプ。過熱水蒸気を用いた調理には対応していないものの、一般的なオーブン料理には対応しているため、スチーム機能にこだわらない方におすすめです。

グリル調理やノンフライ調理に対応しているモデルも多くラインナップされています。特に、ノンフライ調理は揚げ物をヘルシーに仕上げられるので、健康に気を遣っている場合には非常に役に立つ機能です。

過熱水蒸気オーブンレンジ

By: toshiba-lifestyle.com

本体に搭載されている専用のタンクに水を入れて本格的なスチーム機能を利用できるのが、東芝の過熱水蒸気オーブンレンジ。高性能なので、東芝のオーブンレンジのなかでも上位モデルにあたります。

100℃を超える水蒸気で食材を過熱できる点が特徴。油を使わずにあたためられるためヘルシーなのはもちろん、水分で加熱することで乾燥を抑えてふっくらと仕上げられます。

角皿式スチームオーブンレンジ

By: rakuten.co.jp

角皿式スチームオーブンレンジは、角皿を利用した簡易的なスチーム機能に対応したモデル。付属の角皿に水を張るだけで手軽に使用できる一方、過熱水蒸気オーブンレンジと比較するとスチームの力は高くないのが特徴です。

角皿式スチームオーブンレンジの魅力は、スチーム対応ながらコンパクトなモデルが多い点。また、価格もリーズナブルなモデルが多くラインナップされているため、スチーム機能を気軽に試してみたい方におすすめです。

東芝のオーブンレンジの選び方

用途に合った容量をチェック

By: toshiba-lifestyle.com

東芝のオーブンレンジを選ぶ際は、容量をよく調べておきましょう。東芝には、16~30Lの容量のオーブンレンジがラインナップされています。16Lや18Lのモデルはコンパクトなので、一人暮らしのキッチンにも無理なく設置可能です。

23L以上のモデルは、2人暮らし以上の家庭におすすめ。特に、30Lのオーブンレンジはまとめて大量の食材を調理できるため、人数の多い家庭やおかずをまとめて作り置きしたい方に適しています。

設置スペースに合ったサイズをチェック

By: amazon.co.jp

サイズのチェックも、東芝のオーブンレンジを選ぶうえで重要です。東芝のオーブンレンジにはコンパクトなモデルが多くラインナップされており、特に奥行きが短いモデルが多いので、スペースが限られていても設置できる場合があります。

また、モデルによっては本体と左右の壁の間にほとんどスペースを必要としない場合も。キッチンボードにピッタリと収まるサイズのオーブンレンジを探している場合にもおすすめです。

オーブンの性能をチェック

By: toshiba-lifestyle.com

東芝のオーブンレンジを選ぶ際は、オーブンの性能をチェックしておきましょう。東芝のオーブンレンジには、付属の角皿に水を張る簡易的なスチーム機能を搭載したモデルと、タンクに水を入れて使用する本格的な過熱水蒸気調理に対応したモデルがあります。

また、設定できるオーブンの温度も重要なポイント。標準的なモデルの場合は約200℃前後に対応しているのに対して、上位モデルの場合は最大350℃に対応しています。高火力での調理を行いたい場合は、上位モデルがおすすめです。

さらに、庫内が丸みを帯びた「ラウンド石窯ドーム構造」や、庫内の上下左右から遠赤外線を放射する機能を搭載しているモデルもラインナップ。加熱ムラを抑えて均一に焼き上げられます。

難しい設定不要でオーブン調理を行える「石窯おまかせ焼き」に対応しているかどうかも重要。上位モデルの場合は、魚の調理や深皿を利用した煮込み調理も簡単に行えます。

レンジの性能をチェック

By: toshiba-lifestyle.com

オーブンだけではなく、レンジとしての性能もチェックしておきたいポイント。高出力に対応していると、より素早く食品をあたため可能です。東芝のオーブンレンジの場合は、上位のモデルだと1000Wの出力に対応しています。

搭載されているセンサーの種類も重要。上位モデルに搭載されている1024か所を検知可能な「ねらって赤外線センサー」の場合、食品の位置や量をより正確に認識できます。水分が弾けるのを防いだり、2品を同時にあたためたりすることも可能です。

食品の表面温度を検知できる「8つ目赤外線センサー」を搭載したモデルであれば、グラム設定を行わずワンタッチであたためや解凍ができます。また、-10℃~85℃まで温度を調節し、発酵などを行えるモデルもあるので、チェックしてみてください。

スマホと連携できるモノも

By: toshiba-lifestyle.com

東芝のオーブンレンジのなかには、スマートフォンと連携できるモデルも存在します。専用のアプリをスマートフォンにインストールすると、アプリからレシピを確認可能。また、本体にアプリ内のレシピを送信して、簡単に設定を行えます。

オーブンの動作状況を知らせる機能にも対応。予熱終了や加熱終了をスマートフォンで確認できるため、長時間の調理中に別の部屋でくつろいでいてもオーブンの動作状況を簡単に把握可能です。

さらに、アプリとスマートスピーカーを連携させれば、オーブンレンジを音声で操作できるモデルもあります。調理中に手が離せない場合でも、声をかけるだけでさまざまな操作が可能です。

お手入れのしやすさも重要

By: amazon.co.jp

東芝のオーブンレンジを選ぶ際は、お手入れのしやすさもチェックしておきましょう。多くのモデルには、汚れが付きにくいように庫内に独自のコーティングが施されています。汚れが付いてもサッと拭き取れるため、簡単にお手入れが可能です。

また、一部のスチーム機能を搭載したモデルには、スチームを利用して汚れを浮かせる機能も搭載されています。油汚れのような常温では落としにくい汚れも、高温のスチームで浮かせるとスムーズに拭き取りやすいので、おすすめです。

脱臭機能の有無もポイント。高温でニオイの元を焼き切れる機能に対応していると、魚のような調理後にニオイが気になる食材も気兼ねなく扱えます。

東芝のオーブンレンジのおすすめ

東芝(TOSHIBA) スチームオーブンレンジ 石窯ドーム 26L ER-SD70

コンパクトながら使いやすい、東芝のおすすめ角皿式スチームオーブンレンジ。設置面積が幅54×奥行き39cmと控えめながら、庫内は広々としています。間口が39cmと幅広く、かつ庫内もフラットに設計されているため、スムーズに出し入れ可能です。

市販の総菜パンを焼きたてのようにふっくらと仕上げられるほか、-10~90℃までの細やかな温度調節により、料理の下ごしらえのほか湯せんの代わりとしても活用できます。角皿の溝に注いだお湯から水蒸気を発生させる、「角皿式スチーム」を採用しているのも特徴です。

水受けを取り外しできるほか、高温でニオイの元を焼き切る脱臭モードも搭載。魚のようなニオイの気になる食材を調理したあとでも、簡単にお手入れ可能です。

東芝(TOSHIBA) 過熱水蒸気オーブンレンジ 石窯ドーム 30L ER-VD7000

独自の石窯ドームを採用した、東芝のおすすめ過熱水蒸気オーブンレンジ。レンジ機能には、1024か所を検知できる「ねらって赤外線センサー」を搭載しており、食品の位置と分量を正確に認識し無駄を抑えて効率的にあたためられます。

丸みを帯びた庫内の構造と、扉以外の全面から放射される遠赤外線により、ムラなくじっくりと加熱可能です。最大350℃の高火力を実現しており、予熱なしで肉を加熱しても外はこんがり、中はジューシーに仕上げられます。

本格的なオーブン料理を簡単に楽しめる点も魅力。食材を並べてオーブンレンジに入れ、メインの食材を選んでスタートボタンを押すだけで、最適な温度と時間で調理可能です。魚料理や煮込み料理にも対応しており、レパートリーの幅を広げられます。

カラータッチ液晶の搭載もポイント。5インチと大型で見やすいので、直感的でわかりやすい操作が可能です。

東芝(TOSHIBA) 過熱水蒸気オーブンレンジ 石窯ドーム 30L ER-WD100

本格的なオーブン料理を楽しめる、東芝のおすすめオーブンレンジです。レンジ機能には独自の「8つ目赤外線センサー」を搭載しており、食材の表面温度を計測可能。ムラを抑えて均一に加熱できます。

庫内が丸みを帯びた石窯ドームを採用。扉以外の全面から遠赤外線が放射される仕組みにより、食材の中までじっくりと火を通せます。好きな食材を並べるだけで簡単に自動調理ができる、「石窯おまかせ焼き」に対応しているのも特徴です。

100~250℃の過熱水蒸気調理にも対応。油を使わずに高温の水蒸気で調理するため、肉や魚をヘルシーに仕上げられます。レンジ機能も高性能。最大で1000Wの高出力に対応しているので、コンビニ弁当も素早く加熱可能です。

さらに、スチームを利用して汚れを浮かせる機能も搭載。汚れが付いてしまっても、簡単にお手入れできます。

東芝(TOSHIBA) 過熱水蒸気オーブンレンジ 石窯ドーム 30L ER-WD3000

高性能かつコンパクトな、東芝のおすすめオーブンレンジ。奥行き39.9cmのコンパクトな設計なので、狭いスペースにも余裕をもって設置可能です。

「石窯おまかせ焼き」に対応しているのもポイント。肉や野菜を角皿に並べ、メインの食材を選んでボタンを押すだけで、最適な温度と時間でオーブン調理が可能です。独自の「ラウンド石窯ドーム構造」や角皿のスリットにより、焼きムラを抑えてじっくりと中まで加熱できます。

お手入れのしやすさも魅力。天井や背面、側面には独自のセラミックコートが施されており、汚れを簡単に落とせます。四隅が丸く設計されているほか、天井にはヒーターも露出していないので、引っかからずにサッと拭き掃除が可能です。

付属の角皿の表面にもコーティングが施されているため、クッキングシートいらずで快適に使用できます。

東芝(TOSHIBA) 過熱水蒸気オーブンレンジ 石窯ドーム 30L ER-WD5000

1台でさまざまなメニューに対応できる、東芝のおすすめオーブンレンジ。庫内に独自のセラミックコートが施されており、汚れが付きにくい点が特徴です。底面が滑らかに設計されているほか、四隅も丸く設計されているので、スムーズに拭き掃除ができます。

業界最高を謳う最大350℃の熱風オーブンが特徴。200℃までの予熱にかかる時間が約5分と非常に早いほか、素早い加熱で食材の旨味や水分を閉じ込めながら調理可能です。遠赤外線の放射や丸みを帯びた庫内の構造により、石窯の料理を再現します。

本格的なオーブン料理を手軽に楽しめる、「石窯おまかせ焼き」にも対応。食材を並べるだけで簡単にオーブン調理を行えるほか、付属の深皿を使用すればパスタやグラタン、煮込み料理など幅広い種類のメニューを作れます。

高性能ながら薄型な設計もポイント。奥行きが39.9cmとコンパクトなため、さまざまな場所に設置できます。

東芝(TOSHIBA) 過熱水蒸気オーブンレンジ 石窯ドーム 30L ER-WD7000

スマートフォンとの連携にも対応した、東芝のおすすめオーブンレンジです。専用アプリをインストールしたスマートフォンと連携が可能。アプリ内のレシピを本体に送信できます。また、スマートスピーカーとの連携にも対応。調理中に手が塞がっていても、音声だけで操作ができます。

本体正面に5インチの液晶画面を搭載しているのもポイント。画面が大きく見やすいのはもちろん、タッチ操作にも対応しているので、使い慣れたスマートフォンのように直感的な操作が可能です。

「石窯おまかせ焼き」による、本格的なオーブン調理に対応。肉や野菜を簡単に自動調理できるほか、深皿を使用した煮込み調理や魚の調理も可能です。オーブン調理に使用した深皿はそのまま食卓にも出せるため、洗い物も削減できます。

レンジ機能も高性能。赤外線センサーを活用して食材の位置や量を高い精度で認識し、効率的なあたためが可能です。

東芝(TOSHIBA) 角皿式スチームオーブンレンジ 石窯オーブン 23L ER-W60

高性能ながらコンパクトなおすすめオーブンレンジ。約39cmの広い間口を採用しており、大きな食材もスムーズに出し入れ可能です。回転しないフラットな庫内なので、四角形のお弁当も引っかからずにあたためられます。

ノンフライ調理に対応している点も特徴。油を使わずに唐揚げやヒレカツ、エビフライなどの揚げ物を調理できるため、ヘルシーに仕上げられます。また、付属の角皿に水を張ると、簡易的なスチーム調理も可能です。

鍋を使わずにパスタやマカロニを作れる点も魅力。レンジに対応したボウルやパスタ用の容器を用意すれば、ボタンを押すだけで簡単にパスタを茹でられます。おかずはもちろん、主食のレパートリーも広げられるのが魅力です。

自動メニューの数は72種類と非常に豊富。1台でさまざまなレシピに対応した、おすすめオーブンレンジです。

東芝(TOSHIBA) オーブンレンジ 18L ER-S18

シンプルで使いやすい、東芝のおすすめオーブンレンジ。間口の寸法が29.6cmと広く、大きな食器やコンビニ弁当もスムーズに出し入れ可能です。内部はフラットな構造でターンテーブルも搭載されていないため、四角い食器もぶつからずにあたためられます。

最大900Wのパワフルなあたため性能も魅力。冷凍ご飯や冷凍おかずをあたためられる専用のコースや、お弁当用のあたためコースも搭載されています。また、牛乳やお酒などのあたためにも対応しているので、幅広い使い方が可能です。

オーブン機能の温度は、100〜250℃に対応。グリル調理やノンフライ調理も可能なため、ヘルシーな料理も楽しめます。さらに、26種類の自動メニューも搭載しているので、さまざまな料理に対応可能です。

パンのあたためやトーストも可能。シンプルな機能ながら毎日使える、便利なオーブンレンジです。

東芝(TOSHIBA) オーブンレンジ 18L ER-V18

一人暮らしにもおすすめのオーブンレンジ。「庫内よごれプロテクト」と呼ばれるコーティングが、庫内の側面と奥面に施されており、汚れが付きにくい点が特徴です。付いた汚れもサッと拭き取りやすいため、お手入れの手間を軽減できます。

出力は、200W・500W・600W・900Wの4段階で調節可能。「あたためスタート」ボタンを押すだけであたためられるほか、温度や仕上がりの調節にも対応しています。また、飲み物のあたためや冷凍した食材の解凍なども可能です。

自動メニューの搭載も特徴。茹で野菜を作ったり、お弁当をあたためたりできます。さらに、揚げ物をカラッとした食感にあたため直せるほか、市販のパンをふっくらとあたためる機能も利用可能です。

グリル調理にも対応。付属の角皿を使用すれば、焼き魚も作れます。1台でさまざまな調理を行える、おすすめオーブンレンジです。

東芝(TOSHIBA) オーブンレンジ 16L ER-W16

コンパクトで設置しやすい東芝のオーブンレンジ。サイズが高さ29.3×幅46.1×奥行き33.7cmと小型なので、スペースの少ないキッチンにも無理なく設置できます。小型ながらオーブン機能も利用できるため、料理好きな一人暮らしの方にもおすすめです。

大きなお弁当や食器もあたためやすい、フラットな構造を採用。レンジ加熱のほか、上下のヒーターを使用したオーブン加熱や上部のヒーターだけを使用するグリルやトースト、温度を抑えたパン生地の発酵など、さまざまな機能を利用できます。

オートメニューの搭載もポイント。牛乳や茹で野菜、お弁当などはボタンでメニューを選ぶだけで簡単にあたため可能です。また、グラムを設定して冷凍の肉や魚などを解凍する機能も搭載されています。