自宅に1台あると便利な電子レンジ。オーブンやトーストなどさまざまな機能が付いたモデルがラインナップされていますが、シンプルに温める機能だけしか使わない方は「単機能電子レンジが」おすすめ。多機能電子レンジより価格が安く、操作も簡単なのが魅力です。

今回は、そんな単機能電子レンジの選び方と人気メーカーのおすすめモデルをランキング形式でご紹介します。

単機能電子レンジとは?

By: amazon.co.jp

食材を温める機能だけが付いているレンジを「単機能電子レンジ」と呼びます。電磁波を照射して食材の中に含まれる水分子を激しく振動させ、水分子同士が摩擦で熱を発して温める仕組みです。

また、単機能電子レンジには電磁波を発生させる「マグネトロン」という部品が搭載されていますが、食べ物を焼くためのヒーターは搭載されていません。そのため、パンを焼くトースター機能・グラタンを焼くグリル機能・ケーキを焼くオーブン機能は付いておらず、食材を温める機能に特化しています。

単機能電子レンジの選び方

テーブルのタイプを確認

By: irisohyama.co.jp

電子レンジには、庫内の皿が回る「ターンテーブル」と、皿がなく庫内が平らな「フラットテーブル」の2種類があります。

ターンテーブルは大きな食材を載せると引っかかって回らなくなることがあるので、入れられる食材はターンテーブルの直径の大きさまでです。一方、フラットテーブルは庫内の幅ギリギリの食材でも温められるのがメリット。庫内が平らで見やすく凹凸もないので、掃除が簡単なのも人気の理由です。

ただし、フラットテーブルの方がターンテーブルより価格が多少高めになるので、予算を考えて選ぶようにしましょう。

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

電子レンジは設置の際に左右上下と背面に放熱スペースが必要なので、壁やキッチンラックにぴったりつかないサイズ感のモノを選びましょう。置きたいスペースの寸法を測って、左右のスペースに余裕ができるモデルを選ぶと失敗を防げます。

自動温め機能の有無で選ぶ

By: amazon.co.jp

飲み物・ご飯・お弁当・お惣菜などを温めるのに最適な「自動温め機能」を搭載した機種があります。例えば、”ご飯”という項目のボタンがあれば、冷凍ご飯が適温に温められるので、大量にお米を炊いて冷凍しておく習慣がある方には便利です。自分がよく温める食材に対応しているかどうかもあわせてチェックしておきましょう。

扉の開き方で選ぶ

By: amazon.co.jp

電子レンジの扉は、縦開きタイプと横開きタイプがあります。どちらのタイプも扉を開けた先に壁や物があると開閉しにくくなるので、設置をする際は周囲の環境をしっかりとチェックしておきましょう。

また、電子レンジを開けた時に全開できないと、温めた食品を取り出しにくいことがあります。特に注意したいのは熱いものを取り出す時です。扉が開きにくいと食品が扉に引っかかって落とす可能性があり、思わぬ火傷や怪我の原因に繋がってしまいます。横開きだと壁にぶつかり全開できないという場合は、縦開きのモデルに変える、といった方法で問題を回避しましょう。

周波数をチェック

By: muji.net

単機能電子レンジで低価格のモデルは、電源周波数をその地域に合わせて固定することで部品代を安くしています。そのため、電子レンジを購入する際には、使用する地域の周波数に合った機種を購入しなければなりません。電子レンジの周波数には東日本用の50Hz、西日本用の60Hz、日本全国で使えるヘルツフリーがあり、製品スペックにもわかりやすく記載されています。

Amazonや楽天などのネット通販で購入する場合は、東日本用か西日本用、またはヘルツフリーかを良く確認してから注文しましょう。また、引越しや転勤が多いという方は、ヘルツフリーモデルを購入しておくと安心です。

単機能電子レンジのおすすめランキング

第1位 パナソニック(Panasonic) 単機能レンジ NE-E22A1

ガラス皿が付いた、ターンテーブルタイプの単機能電子レンジ。食材を温めると蒸気センサーが働き、食品の分量に合わせておいしく仕上げる自動温めのほか、解凍にも対応しています。また、調理開始時に高出力にし、自動的に低出力に切り替える「連動調理機能」も搭載しているので煮物や炊飯にも最適です。

出力は700W・500W・150Wに切り換え可能。また、素早い温めができる850Wインバーターを搭載しているのもうれしいポイントです。

本体サイズは幅488×奥行368×高さ279mmと大きすぎず小さすぎないサイズ感。容量は22Lあり、1〜2人暮らしの方にぴったりです。ヘルツフリーモデルなので日本全国で使用できます。

第2位 シャープ(SHARP) 電子レンジ RE-TS3-W5

あたためボタンを押すだけで食材を適温に温められる「絶対湿度センサー」を搭載。出力や時間をいちいち設定しなくてもよいので、時間がないときに重宝します。解凍する際と牛乳を温める際は、専用のボタンを押すだけでラクに操作可能です。

出力は700W・600W・500W・解凍200Wに切り替えができ、ハイパワーの700Wを選べば短時間で温められます。本体サイズは幅460×奥行350×高さ275mm。庫内は出し入れがスムーズにできる20L容量、ターンテーブルの直径が270mmと広めの仕様です。

ボタンや液晶表示が大きくて見やすいので、細かい操作が苦手な方や年配の方でも戸惑うことなく使えます。なお、RE-TS3-W5は東日本用、型番違いのRE-TS3-W6が西日本用なので購入の際は注意してください。

第3位 ツインバード工業(TWINBIRD) 電子レンジ DR-4259B

オールブラックカラーのスタイリッシュでおしゃれな単機能電子レンジ。本体前面にはミラーガラスを採用し、未使用時は庫内が見えないので生活感を感じさせません。20L容量の庫内は手入れが簡単なフラットテーブルタイプ、コンビニ弁当もラクに入れられるが魅力です。

本体サイズが幅460×奥行350×高さ275mmの設置場所に困りにくい大きさ。出力切り替えは600W・500W・煮込み・解凍の4段階から選択可能。本体前面には食材や料理ごとの最適な温め時間と解凍時間の目安が記載されており、迷うことなく使用できます。

周波数は、ヘルツフリーなので全国で使用可能。単機能電子レンジでも見た目にこだわりたい方におすすめの1台です。

第4位 東芝(TOSHIBA) 電子レンジ ER-RS22

素早くパワフルに温めができる900Wの高出力が特徴の単機能電子レンジ。大皿に盛り付けたおかずや多めのご飯を短時間で温められます。出力は600W・500W・200W・900Wから選択でき、食材に合わせて簡単に切り替え可能です。

自動温め機能は、絶対温度センサー搭載によりワンタッチで適温に温められます。また、冷凍ボタンはごはんかおかずかを切り替えてあたためることができ、牛乳ボタンも1杯か2杯かを切り替えられるので面倒な操作が不要。

本体サイズは、幅486×奥行371×高さ296mm。庫内容量は22L、ターンテーブルは直径27cmあるため、長めの食材も温められます。ヘルツフリーモデルなので引越しの予定がある方も安心して使用できるのでおすすめのです。

第5位 日立(HITACHI) 電子レンジ HMR-ET22-Z5

本製品は、徹底したシンプル設計で誰にでも使いやすいのが魅力。本体前面に温め時間の目安が記載されており、レンジ出力切り替えや加熱時間はダイヤルを回すだけで簡単に設定できます。22Lのゆったりした庫内はターンテーブル式で、大きめのコンビニ弁当や大皿料理もラクに温め可能。

温めは600W・500W、解凍は200W・100Wに切り替えができます。時間設定も10分未満は10秒間隔、10分以上は30秒間隔で細かく調整できるので便利。

なお、本製品はヘルツフリータイプではありません。購入の際は東日本に住んでいる方はHMR-ET22-Z5、西日本に住んでいる方は型番違いのHMR-ET22-Z6を選んでください。

第6位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 電子レンジ IMB-1802

フラットテーブルモデルなので、コンビニ弁当など大きめの食材もスムーズに温められます。また、庫内に食材がこぼれても平らな仕様なのでサッと拭き取りができ手入れも簡単です。自動温めメニューは、のみもの・ごはん・お弁当の3つがあり押すだけで適温に温めてくれるので便利。

庫内容量は18L、本体サイズは幅458×奥行き354×高さ286mmです。扉が縦開きタイプなので、電子レンジ置き場の左右に障害物がある場合におすすめ。ヘルツフリーモデルですが使用地域によって出力が異なり、50Hzの東日本では、強が500W・解凍が200W、60Hzの西日本では強が650W・弱が500W・解凍が200Wとなります。

第7位 山善(YAMAZEN) 電子レンジ YRH-F200

自動あたため機能は、のみもの・ごはん・お弁当に対応しておりワンタッチで適温に温められます。庫内はフラットテーブルで手入れが簡単。置き場所の左右が狭くても快適に使える縦開きなので、狭いキッチンに設置する際におすすめです。液晶表示には温めの残時間だけでなく温めのモードや強弱が表示されるため、使用中の状態がひと目で確認できます。

庫内容量は一人暮らしの方におすすめの18L。本体は幅458×奥行354×高さ286mmと標準的ですが、庫内の幅が315mmと広めなので活用の幅が広がります。出力は600W・500W・200Wの3段階から選択可能です。ヘルツフリータイプなので、転勤の多い方にもおすすめです。

第8位 ハイアール(Haier) JM-17F

ハイアールのJM-17Fはコスパの高さが魅力。とにかく安い単機能電子レンジを探している方におすすめです。安くても機能は十分に備えており、出力切り替えは700W・500W・200Wの3段階から選択でき、細かいタイマー設定も可能。出力もタイマーもダイヤルで簡単に操作できます。

庫内容量は16L、本体サイズは幅382×奥行492×高さ300mmとコンパクトサイズなので、一人暮らしの方におすすめ。コンパクトでも庫内の高さは190mmと広めの設計なのがポイント。周波数に関しては、JM-17F-50が東日本用、型番違いのJM-17F-60が西日本用です。

第9位 無印良品 電子レンジ MJ-ER19A2

シンプルでおしゃれな単機能電子レンジ。無印良品らしい無機質なデザインが好きな方におすすめです。出力切り替えは650Wと200Wのみですが、単純な温めと解凍のみを求めているなら十分満足できます。

庫内容量は19L、本体サイズが幅304×奥行318×高さ192mmと高さが低めの横長フォルム。ターンテーブルの皿は直径272mmと大きく、幕の内弁当や肉の塊なども余裕で入ります。おしゃれな単機能電子レンジを探している方はぜひチェックしてみてください。

第10位 シャープ(SHARP) 電子レンジ RE-T3

出力切り替えも時間設定もダイヤルをクルっと回すだけで簡単に設定できます。時間設定のダイヤルは大きめで、温めの残時間がわかりやすいように光るので便利。解凍する肉や魚の重さに合わせてグラム設定ができ、解凍のしすぎを防いで快適に使えます。

本体サイズは幅460×奥行き365×高さ275mmとコンパクトですが、庫内の幅が300mmと広めの設計です。ターンテーブルは直径270mmと、お弁当もラクに温められます。

出力は、ハイパワーの700Wに加え、600W・500W・解凍200Wに切り替えが可能。出力切り替えダイヤルにはキッチンタイマー機能も付いており、普段の調理の際も便利。なお、本製品はヘルツフリータイプではなくRE-T3-W5が東日本用、型番違いのRE-T3-W6が西日本用です。