自宅に1台あると便利な電子レンジ。オーブンやトースト機能が付いたモデルも多くラインナップされていますが、シンプルにあたためる機能だけ使いたい方には「単機能電子レンジ」が適しています。多機能な電子レンジより価格が安く、操作も簡単なのが魅力です。

そこで今回は、単機能電子レンジの選び方と人気メーカーのおすすめモデルをランキング形式でご紹介します。

単機能電子レンジとは?

By: rakuten.co.jp

食材をあたためる機能だけが搭載された電子レンジを「単機能電子レンジ」と呼びます。電磁波を照射して食材に含まれる水分子を激しく振動させ、水分子同士が摩擦で熱を発してあたためる仕組みです。

また、単機能電子レンジには電磁波を発生させる「マグネトロン」と呼ばれる部品が搭載されていますが、食べ物を焼くためのヒーターは搭載されていません。そのため、パンを焼くトースター機能やグラタンを焼くグリル機能、ケーキを焼くオーブン機能などは付いておらず、食材をあたためる機能に特化しています。

単機能電子レンジの選び方

容量やサイズで選ぶ

By: panasonic.jp

単機能電子レンジはコンパクトなサイズのモデルが多く、一人暮らしや、人数の少ない家庭をターゲットにした製品が主流です。一般的に、20L以下のモノが一人暮らし向け、20〜25L程度のモノが二人暮らし向けといわれています。

単機能電子レンジは、大半の製品が20L前後。容量に少し余裕が欲しい方は、20L以上のモデルを中心に検討するのがおすすめです。また、電子レンジは使用時に周囲へ熱を発するため、本体サイズと設置スペースを照らし合わせる際は、余裕を持ってチェックしてみてください。

テーブルのタイプを確認

By: rakuten.co.jp

単機能電子レンジには、庫内の皿が回る「ターンテーブル」と、庫内が平らな「フラットテーブル」の2種類があります。

ターンテーブルタイプのモデルに入れられる食材の大きさは、ターンテーブルの直径サイズまでです。大きな食材を載せると、引っかかって回らなくなることがあります。

一方、フラットテーブルには皿がなく、庫内の幅ギリギリの食材でもあたためられるのがメリット。庫内が平らで見やすく凹凸もないので、掃除が簡単なのも人気の理由です。

ただし、フラットテーブルの方がターンテーブルより価格が多少高めになるため、予算を考えて選ぶようにしましょう。

扉の開き方で選ぶ

By: rakuten.co.jp

単機能電子レンジの扉は、縦開きタイプと横開きタイプがあります。両方とも、扉を開けた先に壁があると開閉しにくいため、購入前に周囲の環境をしっかりとチェックしておきましょう。

また、扉を全開にできないと、あたためた食品を取り出しにくくなります。特に注意したいのは、高温の食品を取り出すとき。扉がしっかり開かないと、食品を扉に引っかけて落としてしまう場合もあり、思わぬ火傷やケガに繋がります。

自動あたため機能の有無で選ぶ

By: rakuten.co.jp

単機能電子レンジには、飲み物やご飯、弁当、お惣菜などの加熱に適した「自動あたため機能」を搭載したモデルもあります。例えば、「ご飯」のボタンがあれば、冷凍ご飯も簡単にあたためられるので、炊いたお米を冷凍する習慣がある方にぴったりです。自分がよくあたためる食材に対応しているかどうかも、あわせてチェックしておきましょう。

センサーの機能をチェック

By: rakuten.co.jp

電子レンジは、食品の加熱状態を調節するさまざまなセンサーを搭載しているのが一般的。センサーには主に湿度・重量・赤外線の3種類が存在しますが、自動あたため機能付きの単機能電子レンジには、湿度センサーを搭載したモデルが多く存在します。

湿度センサーの役割は、食品から発生する水蒸気の量や変化量を検知し、加熱時間を適切な長さに調節すること。水分の少ない食材の場合は、加熱しすぎてしまうことがあるため、必要に応じて手動で出力やタイマーを設定するのがおすすめです。

周波数をチェック

By: amazon.co.jp

一般的に、単機能電子レンジのなかで低価格のモデルは、電源周波数をその地域に合わせて固定することにより、部品代が安くなっています。そのため、電子レンジを購入する際には、使用する地域の周波数に合ったモデルを購入しましょう。

電子レンジの周波数には、東日本用の50Hz、西日本用の60Hz、日本全国で使えるヘルツフリーがあり、製品スペックにも分かりやすく記載されています。

特に、Amazonや楽天などのネット通販を利用する場合は、周波数をよく確認してから購入するのがおすすめ。また、引越しや転勤が多い方は、ヘルツフリーモデルを選んでおくと安心です。

単機能電子レンジのおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

By: rakuten.co.jp

大手電機メーカーのパナソニックは、高い技術力が活かされたハイスペックな単機能電子レンジを製造しているのが魅力です。シンプルな単機能タイプながら、便利な機能を多数搭載しています。

直感的に操作できる、シンプル設計もポイント。安心して使いやすい、国内大手メーカーの高品質モデルを探している方におすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

By: amazon.co.jp

アイリスオーヤマは、リーズナブルな製品を多く扱っている日用品メーカー。家電においても、低価格で使いやすいアイテムを多く販売しています。電子レンジの製造にも力を入れており、単機能電子レンジのラインナップが豊富なのも魅力です。

同社の単機能電子レンジは、扉の開き方やテーブルのタイプなど、細かい条件にこだわって選びやすいのがメリット。コストパフォーマンスのよい単機能電子レンジを探している方におすすめのメーカーです。

シャープ(SHARP)

By: rakuten.co.jp

シャープは、大阪に拠点を置く大手家電メーカーです。幅広い種類の家電を取り扱っており、電子レンジにおいても、実用性に優れた多彩なモデルがラインナップされています。

同社の単機能電子レンジは、操作の分かりやすさが魅力。特に、あたため時間の設定にダイヤル式を採用したモデルが人気です。手軽に使えるモノを探している、シニア世代や一人暮らしの方に適しています。

単機能電子レンジのおすすめランキング

第1位 パナソニック(Panasonic) 電子レンジ NE-FL221

二人暮らしの方など、少し大きめの単機能電子レンジを探している方におすすめのモデルです。幅321mmのワイドな庫内が特徴。フラットテーブルを採用しており、大きな耐熱容器やお弁当もスムーズに出し入れ可能です。

お茶碗1杯のご飯を約1分であたためられる1000Wインバーターを搭載し、独自の「スクリューアンテナ」がマイクロ波をかくはん。冷凍肉や冷凍食品をムラなく解凍します。さらに、ご飯と飲み物は、専用ボタンが付属しているのでスムーズにあたためられるのもポイントです。

ドアは横開きタイプで、本体右下に付いたボタン1つで開け閉めが行えるため、手に物を持ったままでも手軽に開閉が可能。キッチンをおしゃれに演出するメタルブラックのシンプルで落ち着いたカラーでも人気がある製品です。

第2位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 電子レンジ 17Lターンテーブル IMB-T176

あたためも解凍も簡単操作で行えるシンプルな電子レンジです。ダイヤル式で簡単に使えるうえに、解凍・500W・700Wの3段階の出力方式が使用できます。庫内の容量は約17Lでターンテーブルを採用。テーブルが回転することでムラなくあたためられます。

本体サイズは幅44×奥行32.5×高さ25.5cmで、一人暮らしにぴったりのコンパクトなサイズ。50Hzと60Hzの2種類が発売されているので、自分の住む地域に合わせたアイテムを選びましょう。本体価格が安くコスパがよいのも特徴。初めての一人暮らしにも向いている製品です。

第3位 日立(HITACHI) 電子レンジ HMR-FT183

ハイパワー加熱方式である800Wインバーターを採用した単機能電子レンジです。選べる3つオート調理ボタンが付属しています。出力は100・200・500・600Wの4段階から選択できるので、目的に合わせて手軽に調理が行えるのがポイント。

幅295mmの広い庫内にはフラットテーブルを採用しており、食材の出し入れがしやすいのも特徴です。庫内が汚れてもサッと拭き取れるため、お手入れが簡単。LEDタイマー表示で時間が見やすく、あたため完了までの残り時間を簡単に確認できるのも魅力です。ヘルツフリータイプで、全国どこでも使用できます。

第4位 シャープ(SHARP) 単機能レンジ 17L RE-T171

大きめのコンビニ弁当なども取り出しやすいフラットタイプを採用したモデル。簡単操作で見やすいダイヤル式の「光るタイマー」を採用しており、操作が苦手な方でも簡単にあたため機能を使用できます。またグラムをセットするだけで上手に解凍できる「解凍機能」も備わっているのがポイントです。

無駄を省いたシンプルなデザインで、本体サイズ幅460×奥行370×高さ273mmのコンパクト設計。一人暮らしのキッチンでも設置場所に困りません。全国どこでも使えるヘルツフリーなので、引越しが多い方でも安心です。

第5位 東芝(TOSHIBA) 単機能レンジ ER-VS23

東芝の単機能レンジのプレミアムモデルです。単機能ながらも庫内容量23Lと広々した大きさなのが特徴。38.7cmのワイドな間口で、庫内はフラットタイプになっているため、食品の出し入れが簡単です。2人以上の家族のお弁当も一度にあたためられます。

すばやくパワフルに加熱する1000Wインバーターを採用。高精度「8つ目赤外線センサー」によって、食品の状態を把握し、ワンタッチで適した状態にあたためます。庫内には「庫内よごれプロテクト」が施されており、万が一こぼれたときでもさっとふくだけでお手入れが可能。大きめの単機能レンジを探している方におすすめの製品です。

第6位 ハイアール(Haier) ヘルツフリーフラットレンジ JM-FH18G

庫内の幅300mmほどとワイドサイズの単機能電子レンジです。シンプルなデザインと優れた機能性が人気で、庫内はフラットテーブルを採用。大皿料理やコンビニ弁当、大きなサイズのチルドピザなども簡単にあたためられます。本体容量が大きめで本体価格が安い製品を探している方におすすめです。

本体には12種類ものオートメニューを搭載。料理を今までしたことがない方でも、お弁当やご飯、飲み物のあたためがボタン1つで行えるのが魅力です。「かんたんメニュー」が付属しているのもポイントで、器に材料を入れて押すだけで簡単にインスタントラーメンが作れます。シンプルで飽きのこないデザインも人気の製品です。

第7位 山善(YAMAZEN) 電子レンジ YRL-F180

シンプルでおしゃれなデザインの電子レンジです。本体サイズ幅272×奥行457×高さ347cmのコンパクトなサイズ。ヘルツフリーなので、全国どこでも使用できます。

HIGH・LOW・DEFROSTの3段階に出力が調節でき、希望の時間までダイヤルを回すだけの簡単操作。解凍時には100~500gまでの重量調節が行えます。庫内はフラットタイプになっているので、使った後のお手入れも簡単。安い価格で使い勝手のシンプルな製品を探している方におすすめの製品です。

第8位 ツインバード工業(TWINBIRD) センサー付フラット電子レンジ DR-E273B

マットブラックのカラーリングがおしゃれな単機能電子レンジです。扉部分にミラー効果を施すことで、キッチンに高級感を演出できます。使用時のみ庫内灯が点灯し、不使用時はミラーガラスが反射して中身が見えないので、生活感が少ないおしゃれなキッチンを目指している方にもおすすめです。

家族と生活スタイルが違っても使いやすい「静音モード」を搭載しているのが特徴。あたためが終わった際のブザーの代わりにバックライトが点滅することで終了を知らせます。本体には、大きく見やすい液晶画面と直感的に操作できる操作パネルを搭載。見た目の美しさだけでなく、使いやすさも兼ね備えた製品です。

第9位 コンフィー(COMFEE) 電子レンジ 単機能 AM171-5

シンプルでスタイリッシュな50Hz専用の電子レンジ。飽きのこないデザインで使い勝手がよいのが特徴です。

200・500・700の3段階で出力調節。食品の解凍から料理や飲み物まで最適な状態に仕上げます。ターンテーブルで食品を回転させながらあたためるので、均等に加熱されるのもポイント。ご飯1杯が約1分で加熱完了します。庫内容量は約17Lで主に一人暮らし向けサイズの製品です。

第10位 ニトリ フラット 電子レンジ EM-520X

単機能電子レンジのなかでは珍しい縦開きタイプの単機能電子レンジです。飲み物・ごはん・弁当の自動あたためボタンがあらかじめ備わっており、出力や時間を設定しなくても適温にあたためられるのがポイント。フラットテーブル仕様のため、四角いお弁当や大きめの食材の出し入れも簡単に行えます。

オレンジ色に光る液晶画面を搭載しているのも魅力。表示が見やすく、調理内容を簡単に把握することが可能です。10秒・1分・10分の時間設定ボタンがあり、食材に合わせて細かく調理時間を調節できるのもポイント。設置場所の壁の位置を気にせず設置できるモデルを探している方におすすめです。