ボタン1つであたたかく美味しい料理ができる「電子レンジ」。食事を簡単に済ませがちな一人暮らしの方には欠かせないアイテムです。ただし、各メーカーからさまざまな製品が発売されているため、どれを選べばよいか悩んでしまう方も多いはず。

そこで今回は、一人暮らしの方におすすめの電子レンジをご紹介。選び方も併せて解説するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

一人暮らし向け電子レンジの相場はどれくらい?

電子レンジは、機能性が高くなるにつれて価格も高くなります。一人暮らし向け電子レンジの相場は、5千円から3万円程度。

食品のあたためや解凍といった必要最低限の機能が搭載された電子レンジは、5千円から1万円程度で購入できます。ただし、オーブンやグリル機能の付いたタイプは最低でも1万5千円以上、スチーム機能の付いたタイプは3万円前後が相場。

電子レンジを選ぶときには、あらかじめ予算を決めたうえで選びましょう。

一人暮らし向け電子レンジの選び方

電子レンジの種類で選ぶ

単機能電子レンジ

「単機能電子レンジ」とは、食べ物や飲み物をあたためられるほか、冷凍食材を解凍できる機能を搭載したアイテム。シンプルなので扱いやすく、操作が簡単なのが特徴です。また、比較的リーズナブルな価格で気軽に購入できるのも魅力。

さらに、コンパクトサイズの製品が多いため、狭いキッチンでも設置しやすいのがポイントです。普段から調理をする機会が少なくあたため機能があれば十分な方や、コスパを重視したい方はチェックしてみてください。

オーブンレンジ

あたためや解凍だけでなく、オーブン加熱やグリル加熱に対応したタイプがオーブンレンジです。単機能電子レンジにはない焼く調理が可能なのがポイント。本格的な料理が楽しめます。

さらに、オーブンレンジの基本的な機能に加えて、高温の状態にした水蒸気で加熱できるスチーム機能を搭載したモノがスチームオーブンレンジです。スチーム機能を利用することで、塩分や油などを抑えながら調理ができるほか、蒸し料理も作れます。

幅広いレシピにチャレンジしたい方は、オーブンレンジやスチームオーブンレンジもチェックしてみてください。

サイズをチェック

置き場所に合った大きさを選ぶ

By: jp.sharp

一人暮らしのキッチンは狭いことが多く、電子レンジの設置場所に悩みがち。冷蔵庫の上などが一般的な置き場所です。

電子レンジは稼働中に熱をもつため、本体の上下左右と背中に「放熱スペース」を設けることが必須。なかには、背面を壁などにすき間なく設置できるモデルもあります。置き場所と寸法を確認してから、最適な大きさの電子レンジを選びましょう。

必要な容量を確認

By: amazon.co.jp

一人暮らしに適した電子レンジの容量は20L前後。来客が多く一人分以上の料理を作る機会が多い方は、少し大きめの容量を選んでおくと安心です。ただし、20L前後でもワイドなモデルは、大皿サイズも調理可能。容量だけでなく、間口の寸法もチェックしておきましょう。

庫内のテーブルで選ぶ

コスパ重視なら「ターンテーブル」

By: amazon.co.jp

ターンテーブルタイプは、庫内に食材を載せる台が設置され、あたためるときに回転する構造です。比較的安い価格帯で購入できるのが魅力。しかし、食材は台の上に載せられるモノに限られ、食材によってはあたためにムラができやすいのがデメリットです。

手入れが楽な「フラットテーブル」

By: amazon.co.jp

フラットテーブルタイプは、庫内に回転台がなく食材を直接置いてあたためます。庫内スペースを目一杯使えるほか、庫内がフラットなので簡単にお手入れできるのも魅力。

食材をムラなく加熱をするためにセンサーを搭載したモデルが多く、価格は高めに設定されています。フラットテーブルタイプの方が主流になりつつありますが、予算との兼ね合いで選ぶのがおすすめです。

機能で選ぶ

By: jp.sharp

電子レンジの機能は、製品によって大きく異なります。そのため、普段の生活スタイルを踏まえたうえで、自分に必要な機能を見極めることが大切です。普段から自炊することが多い方には、ボタンひとつで調理できる「自動メニュー機能」や、脱臭できる「お手入れ機能」などを搭載した製品が適しています。

また、安全性を重視したい方には、運転時間の上限を超えると自動的にスイッチが切れる「自動スイッチオフ機能」などがおすすめ。各製品の機能をしっかりとチェックしたうえで購入するようにしましょう。

扉の開く方向で選ぶ

電子レンジの扉には、「縦開きタイプ」と「横開きタイプ」の2種類があります。縦開きタイプは扉が上から下に向かって開く仕様で、扉を簡単な台代わりにしてお皿などを一時的に置けるのがメリット。

また、本体の左右に余分なスペースを設ける必要もありません。しかし、高い場所に設置してしまうと扉を開けにくいので注意しておきましょう。

一方、横開きタイプは扉が左右どちらかに開く仕様で、高い位置に本体を設置しても簡単に扉を開けられるのが特徴です。しかし、本体の左右にスペースを確保しておかないと、扉が十分に開かず庫内の食品が取り出しにくくなります。設置場所を踏まえたうえで、快適に使用できるタイプを選びましょう。

一人暮らし向け電子レンジのおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

大阪に拠点を置く大手家電メーカー「パナソニック」。同メーカーの電子レンジは豊富なラインナップが特徴です。また、簡単に調理できる「自動メニュー」が充実したモデルも多く、料理が苦手な方でも快適に活用できます。

シンプルな仕様のスタンダードモデルから本格調理が楽しめるハイグレードモデルまで、好みに合わせて選べるおすすめのメーカーです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

宮城に本社を構え、家庭用プラスチック製品の製造販売を手掛ける国内メーカー「アイリスオーヤマ」。電子レンジや炊飯器、IHコンロなどの調理家電を豊富に取り揃えており、自分のライフスタイルに適したアイテムを見つけやすいのが特徴です。

なお、同メーカーの電子レンジは、比較的安めの価格帯ながら機能性に優れているのがポイント。コスパを重視したい方におすすめのメーカーです。

シャープ(SHARP)

大阪に拠点を構える電機メーカー「シャープ」。同メーカーは、他社に先駆けて電子レンジやオーブンレンジの分野に過熱水蒸気を導入したことでも知られています。

単機能レンジや過熱水蒸気オーブンレンジなど、さまざまな機能を搭載した電子レンジを多数ラインナップ。充実した機能性や使いやすさはもちろん、独自の技術を体感できるおすすめのメーカーです。

一人暮らし向け電子レンジのおすすめ|単機能

パナソニック(Panasonic) 電子レンジ NE-E22A3

ターンテーブルを採用したシンプルな単機能電子レンジです。850Wのインバーターと蒸気センサーを搭載し、お弁当やおかずをスムーズにあたためられます。

レンジの出力は700・500・150Wの3段階で切り換え可能。高出力から低出力の切り替えが可能な連動調理にも対応しており、煮物やごはんがおいしく炊けます。

庫内のサイズは幅315×奥行353×高さ206mmとワイド。容量は22Lです。日本全国で使えるヘルツフリーなのも嬉しいポイント。大手メーカーながら比較的リーズナブルでコスパのよい、おすすめのモデルです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 電子レンジ 17L ターンテーブル IMB-T176-5

3段階の出力に対応した単機能電子レンジ。庫内のサイズは幅306×奥行307×高さ190mmと広く、ターンテーブルタイプながらコンビニ弁当もそのままあたためられます。一人暮らしの部屋に馴染みやすい、シンプルなデザインも魅力です。

出力は200・500・700Wから選択可能。冷凍した食材の解凍やお弁当のあたため、惣菜や飲み物の加熱など、用途に合わせてベストな出力を選べます。また、ダイヤルを回すだけの簡単操作もポイントです。

最大15分のタイマー機能も搭載。タイマー操作部分の下には目安の重量も記載されているので、不慣れな方でもスムーズに対応できます。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ricopa 電子レンジ 17L IMB-RT17

レトロなデザインがかわいらしい単機能電子レンジ。出力は、強・弱・解凍の3段階の切り替えに対応。冷凍した食材解凍やご飯はもちろん、飲み物のあたためなど、幅広い用途で使用可能です。

便利なタイマー機能も搭載。出力切り替えやタイマーの設定はダイヤル式なので、直感的に操作できます。どこの地域でも使えるヘルツフリーなのもポイントです。

レトロでおしゃれなフォルムも魅力のひとつ。ゴールドの取っ手やダイヤルなど、細かい部分のデザインも作りこまれています。デザインを重視したい方におすすめの一人暮らし向け電子レンジです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) かんたん両面焼きレンジ 17Lターン IMGY-T171

付属の専用容器に食材を入れてボタンを押すだけで、手軽に焼き物調理ができる単機能電子レンジ。専用容器は、ふたを回すことで上下に搭載した発熱体プレートの高さ調節ができるので、片面焼きと両面焼きの両方に対応可能。

ハムエッグや焼き魚、ハンバーグなど、18種類の焼き物調理用自動メニューが用意されています。通常のあたため機能は、2段階の出力から調節可能。自動あたためメニューは、ごはん・飲み物・お弁当の3種類から選択できます。

冷凍のお刺身やお肉の解凍もできるほか、最長15分のタイマーも搭載。さらに、初心者の方に嬉しいレシピブックも付属します。一人暮らしのコンパクトなキッチンでも、しっかりと自炊したい方におすすめの電子レンジです。

シャープ(SHARP) 単機能レンジ RE-T171

簡単操作が特徴の単機能電子レンジ。食材を直接置いてあたためられるフラットテーブルを採用しています。庫内スペースは幅273×奥行313×高さ177mmと広々。複数の食材のあたためはもちろん、大きめのお弁当も出し入れしやすい仕様です。

さまざまなシーンで活躍するキッチンタイマー機能を搭載。さらに、食材の重さを設定することでちょうどよく解凍できる解凍機能も付いているので、食材をまとめ買いする方にもぴったりです。

ダイヤル式の光るタイマーを採用しているため、操作が簡単で見やすいのもポイント。全国どこでも使えるヘルツフリーで、一人暮らしで引っ越しの多い方におすすめの電子レンジです。

ツインバード工業(TWINBIRD) センサー付フラット電子レンジ DR-E273B

スタイリッシュなデザインの単機能電子レンジ。フロント部分にミラーガラスが採用されているため、周囲を反射して部屋を広く見せる効果があります。生活感を隠しスタイリッシュな印象を与える、洗練されたデザインが魅力です。

大きく見やすい液晶画面と直感的に操作できる操作パネルが特徴。フラットテーブルを採用しているので、大きな食材も余裕をもってあたためられます。汚れても拭き取りやすいお手入れのしやすさもポイントです。

さらに、ブザー音が鳴るかわりにバックライトが点滅する「静穏モード」を搭載。夜遅い時間でも気兼ねなく使えます。機能やデザインにこだわりたい方は、本製品をチェックしてみてください。

一人暮らし向け電子レンジのおすすめ|オーブンレンジ

パナソニック(Panasonic) オーブンレンジ エレック NE-MS266-K

豊富な自動メニューに対応したオーブンレンジ。62個の自動メニューが搭載されているのが特徴です。材料を入れてボタンを押し、10分間待つだけで煮物やパスタが簡単に作れます。お弁当をあたためる場合は、人数や仕上がり温度の設定も可能です。

ハンバーグやグラタン、ピザなどのオーブン料理、トーストや切り身の焼き魚などのグリル料理にも対応。付属の角皿に湯を張ることでスチーム調理ができるので、茶碗蒸しのような蒸し料理も簡単に作れます。

フッ素加工が施されているほか、自動脱臭コースも搭載されているため、お手入れがしやすいのも魅力。省スペースなので一人暮らしでも設置しやすい、おすすめのオーブンレンジです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) スチーム流水解凍オーブンレンジ 24L MS-Y2403

スチーム流水解凍に対応したオーブンレンジ。専用容器とスチームを利用した専用プログラムを使い、冷凍した刺身や薄切り肉・ひき肉を流水解凍のようにムラなくしっかりと解凍できます。庫内は広々使えるフラットタイプで、大きな食材も調理可能。

スチーム調理では、食材に含まれている余分な塩分・脂質をカットして、栄養素を残したままヘルシーな料理が作れます。スチームの量は操作パネルから簡単に調節可能。蒸し料理も中までしっかりと火を通し、ふっくらとした食感に仕上げます。

赤外線センサーが食材の表面温度をチェックしながらあたためられるので、加熱時間も自動で調節可能。煮物や蒸し物のほか、上下にヒーターが搭載されているのでグリル加熱にも対応します。幅広いレシピに対応できる、一人暮らしにおすすめのモデルです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) スチームオーブンレンジ 18L MO-F1806

手軽にスチーム料理が楽しめるオーブンレンジ。付属のスチーム用カップを使用することで、しっとり感を持ち合わせた幅広い調理に対応します。食パンは同時に2枚までトースト可能。スチームでうるおいを与え、外はサクッと、中はふんわり焼き上げられます。

さらに、11種類の自動あたためメニューを搭載。メニューボタンを押すだけで、料理に合わせた時間と温度を設定し、調理できます。出力はあたためから解凍まで幅広く使える3段階。庫内は段差のないフラットタイプなので、大きめのお弁当もスムーズにあたためられます。

オーブン機能はオーブン110~200℃に対応。上下のヒーターでしっかりと庫内をあたためるので、グリル料理もこんがり仕上げられます。価格が安いだけでなく使いやすい、一人暮らしにおすすめのスチームオーブンレンジです。

シャープ(SHARP) オーブンレンジ RE-WF181

シンプルでコンパクトなオーブンレンジ。独自のセンサーが搭載されており、出力や加熱時間を設定せずに冷凍食品を自動であたためられます。食材をボウルに入れてメニューを選ぶと、自動で野菜を使った煮物や1品料理が作れるのも魅力。

正面には、バックライトを搭載した大きな液晶が搭載されています。ボタンの配置が工夫されているので、迷わず使いやすいのもポイントです。フラットな庫内は間口が広く、大きな食材もスムーズに出し入れできます。

さらに、ノンフライ調理にも対応。トーストもわずか6分で焼けるので、毎日の朝食も素早く準備できます。コスパのよいオーブンレンジを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

シャープ(SHARP) 過熱水蒸気オーブンレンジ RE-V90B

基本性能が充実したスタンダードなオーブンレンジ。赤外線・絶対湿度・温度のトリプルセンサーが庫内の状況を把握するので、温度が高くても連続で調理やレンジ加熱が可能です。さらに、冷凍食品は、ワット数や時間設定をせずとも自動であたためられます。

また、ノンフライ調理にも対応。過熱水蒸気とヒーター加熱により、油を使わずに表面はカリッと中はジューシーなノンフライの揚げ物や焼き物が作れます。スチーム加熱とレンジ加熱を組み合わせることで蒸し物も素早く調理可能です。

ワンタッチでトーストをこんがり仕上げるメニューも搭載。スピードメニューが充実した、一人暮らしにおすすめのオーブンレンジです。

ツインバード工業(TWINBIRD) センサー付フラットオーブンレンジ DR-E857B

ミラーガラスを採用したオーブンレンジ。ミラー効果で部屋を広く見せるほか、側面のマットブラックがインテリアに馴染みやすいのがポイントです。幅470×奥行360×高さ295mmとコンパクトなので、設置場所を選びません。

料理や分量ごとに時間を設定する必要がなく、赤外線センサーによって自動であたためられます。手動設定したい場合でもダイヤル式の操作なので、不慣れな方でも直感的に操作可能。庫内はフラットなので、大型の食材にも対応します。

あたため以外にも、解凍やオーブン、グリルと充実したモードを搭載。ハンバーグや焼き菓子も作れます。幅広い調理に対応しながら価格が安くコスパに優れているため、一人暮らしにおすすめのオーブンレンジです。

電子レンジのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

電子レンジのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。