ボタンひとつであたたかく美味しい料理ができる「電子レンジ」。食事をお弁当やお惣菜、冷凍食品などで簡単に済ませがちな一人暮らしの方にとっては、なくてはならないアイテムです。

各メーカーからさまざまな電子レンジが展開されており、一人暮らしに最適なシンプルなモノから本格的な調理ができるモノまで、製品によって特徴は大きく異なります。そこで今回は、一人暮らしの方におすすめの電子レンジをご紹介。選び方も併せて解説するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

一人暮らし向け電子レンジの相場はどれくらい?

電子レンジは、機能性が高くなるにつれて価格も高くなります。一人暮らし向け電子レンジの相場は、5,000~25,000円程度です。

食品のあたためや解凍といった必要最低限の機能が搭載された電子レンジは、5,000~10,000円程度で購入できます。オーブンやグリル機能の付いたタイプは最低でも15,000円以上、スチーム機能の付いたタイプは25,000円程度が相場。

電子レンジを選ぶときに、あらかじめ予算を決めておくのがおすすめです。

一人暮らし向け電子レンジの選び方

電子レンジの種類で選ぶ

単機能電子レンジ

「単機能電子レンジ」とは、食べ物や飲み物をあたためられるほか、冷凍食材を解凍できる機能を搭載したアイテム。シンプルなので扱いやすく、家電が苦手な方でも簡単に操作できるのが特徴です。

また、リーズナブルな価格帯で気軽に購入できるのも魅力。さらに、コンパクトサイズの製品が多いため、小さなキッチンに設置しやすいのもポイントです。普段から調理をする機会が少なくあたため機能があれば十分という方や、コスパを重視したい方はチェックしてみてください。

オーブンレンジ

By: amazon.co.jp

「オーブンレンジ」とは、単機能電子レンジにトースター、グリル、オーブン機能を追加したアイテムです。「あたためる」「焼く」「煮る」調理ができるので、一台で料理のレパートリーを増やせるのがポイント。一人暮らしでもさまざまな調理を楽しみたい方や、友人を招いて料理を振る舞う機会が多い方などにおすすめです。

オーブンレンジの機能は製品によって異なり、トースター、グリル機能がメインのモノから、本格的なオーブン調理の自動メニューが多数搭載されている高機能なモノまで幅広く販売されています。高機能であるほど価格帯は上がるため、予算と相談しながら購入を検討してみてください。

スチームオーブンレンジ

「スチームオーブンレンジ」とは、オーブンレンジにスチーム調理機能を追加したアイテムです。「あたためる」「焼く」「煮る」に加えて、高温の蒸気で食材の水分を閉じ込めながら素早く加熱できる「蒸す」調理ができます。

また、最近では300℃以上の水蒸気「過熱水蒸気スチーム」を利用した製品がラインナップされているのもポイント。過熱水蒸気スチームは大きな熱エネルギーを有するため、水蒸気で食材をこんがり焼き上げたり、食材に含まれた油だけで揚げ物を作ったりできるのが魅力です。

サイズをチェック

置き場所に合った大きさを選ぶ

By: jp.sharp

一人暮らしのキッチンは狭いことが多く、電子レンジの設置場所に悩みがち。冷蔵庫の上などが一般的な置き場所です。

電子レンジは稼働中に熱をもつため、本体の上下左右と背中に「放熱スペース」を設けることが必須。なかには、背面を壁などにすき間なく設置できるモデルもあります。置き場所と寸法を確認してから、最適な大きさの電子レンジを選びましょう。

必要な容量を確認

一人暮らしに最適な電子レンジの容量は20L前後です。来客が多く一人分以上の料理を作る機会が多い方は、少し大きめの容量を選んでおくと安心。ただし、20L前後でもワイドなモデルは、大皿サイズも調理できます。容量だけでなく、間口の寸法もチェックしておきましょう。

庫内のテーブルで選ぶ

コスパ重視なら「ターンテーブル」

By: amazon.co.jp

ターンテーブルタイプは、庫内に食材を載せる台が設置され、あたためるときに回転する構造です。比較的安い価格帯で購入できるのが魅力。しかし、食材は台の上に載せられるモノに限られ、食材によってはあたためにムラができることもあります。

手入れが楽な「フラットテーブル」

By: amazon.co.jp

フラットテーブルタイプは、庫内に回転台がなく食材を直接置いてあたためます。庫内スペースを目一杯使えるほか、庫内がフラットなので簡単にお手入れできるのも魅力。

食材をムラなく加熱をするためにセンサーを搭載したモデルが多く、価格は高めに設定されています。フラットテーブルタイプの方が主流になりつつありますが、予算との兼ね合いで選ぶのがおすすめです。

機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

電子レンジの機能は、製品によって大きく異なります。そのため、普段の生活スタイルを踏まえたうえで、自分に必要な機能を見極めることが大切です。普段から自炊することが多い方には、ボタンひとつで調理できる「自動メニュー機能」や、脱臭できる「お手入れ機能」などを搭載した製品が適しています。

また、安全性を重視したい方には、運転時間の上限を超えると自動的にスイッチが切れる「自動スイッチオフ機能」などがおすすめ。各製品の機能をしっかりとチェックしたうえで購入するようにしましょう。

扉の開く方向で選ぶ

電子レンジの扉には、「縦開きタイプ」と「横開きタイプ」の2種類があります。縦開きタイプは扉が上から下に向かって開く仕様で、扉を簡単な台代わりにしてお皿などを一時的に置けるのがメリット。

また、本体の左右に余分なスペースを設ける必要もありません。しかし、高い場所に設置してしまうと扉を開けにくいので注意しておきましょう。

一方、横開きタイプは扉が左右どちらかに開く仕様で、高い位置に本体を設置しても簡単に扉を開けられるのが特徴です。しかし、本体の左右にスペースを確保しておかないと、扉が十分に開かず庫内の食品が取り出しにくくなります。設置場所を踏まえたうえで、快適に使用できるタイプを選びましょう。

一人暮らし向け電子レンジのおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

大阪に拠点を置く大手家電メーカー「パナソニック」。同メーカーの電子レンジは豊富なラインナップが特徴です。また、簡単に調理できる「自動メニュー」が充実したモデルも多く、料理が苦手な方でも快適に活用できます。

シンプルな仕様のスタンダードモデルから、本格調理が楽しめるハイグレードモデルまで好みに合わせて選べるおすすめのメーカーです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

By: amazon.co.jp

宮城に本社を構え、家庭用プラスチック製品の製造販売を手掛けている国内メーカー「アイリスオーヤマ」。電子レンジや炊飯器、IHコンロなどの調理家電を豊富に取り揃えており、自分のライフスタイルに適したアイテムを見つけやすいのが特徴です。

なお、同メーカーの電子レンジは、比較的安めの価格帯ながら機能性に優れているのがポイント。コスパを重視したい方におすすめのメーカーです。

シャープ(SHARP)

大阪に拠点を構える電機メーカー「シャープ」。同メーカーは、他社に先駆けて電子レンジやオーブンレンジの分野に過熱水蒸気を導入したことでも知られています。

単機能レンジや過熱水蒸気オーブンレンジなど、さまざまな機能を搭載した電子レンジを多数ラインナップ。ワンタッチで煮る・茹でるなどといった調理もできるので、料理のレパートリーを広げられます。充実した機能性や使いやすさはもちろん、独自の技術を体感できるおすすめのメーカーです。

一人暮らし向け電子レンジのおすすめ|単機能

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 電子レンジ IMB-T176-5 50Hz 東日本

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 電子レンジ IMB-T176-5 50Hz 東日本

あたためと解凍ができる、シンプルな単機能電子レンジです。庫内容量は一人暮らしの方におすすめの17L。間口は30.6cm、ターンテーブルの直径は約25.5cmと、小型ながらも広々と使えます。

出力は200Wの解凍、500Wの弱、700Wの強の3段階で切り替え可能。15分までのタイマー機能付きで、食材や料理に合わせた加熱調理ができます。解凍時に便利な目安グラムの表記付き。ダイヤルを回すだけなので、機械操作が苦手な方でも簡単です。

庫内灯を搭載し、使用中に中身が見えて使いやすい設計。本製品は50Hzの東日本限定ですが、価格が安いのはメリット。冷凍食品やお弁当、お惣菜などをあたためられるシンプルな電子レンジを探している方におすすめです。

シャープ(SHARP) 単機能レンジ RE-TM18

シャープ(SHARP) 単機能レンジ RE-TM18

大手家電メーカーながらも、比較的安い価格帯のシンプルな電子レンジ。ヘルツフリーで全国どこでも使えるため、引っ越しや転勤のある方にもおすすめです。

庫内容量は18Lで一人暮らしにちょうどよいサイズ。ターンテーブルは27cmあり、25cmサイズのピザでもカットせずにそのままあたためられます。

出力は、ボタン操作で解凍・500W・強の3段階から選択可能。あたため時には10分までのタイマー設定ができ、ダイヤルを回すと光る仕様でわかりやすいのがポイント。お茶碗1杯分のご飯など、よく利用するメニューの目安時間が記載されていて便利です。

解凍時には100〜500gまでの重量設定ができます。また、キッチンタイマー機能を搭載しており、調理の際に役立ちます。大手メーカーが製造する安いモデルを探している方におすすめです。

山善(YAMAZEN) 電子レンジ YRL-F180

山善(YAMAZEN) 電子レンジ YRL-F180

スタイリッシュなデザインと簡単操作が魅力の電子レンジ。操作部が木目調になっており、表面がフラットでシンプルなデザインながらも、おしゃれな印象です。

庫内容量は18Lで、一人暮らしの方におすすめ。フラットテーブルタイプのため、大きめサイズのお弁当やMサイズのピザでもあたためられます。拭き掃除が簡単にできるのも魅力です。

出力はボタンを押して高温と低温、解凍の3段階から選べます。あたためモードは10分までのタイマー設定、解凍モードは100〜500gまでの重量設定が可能。ダイヤルを回すと選択部分のみライトアップするので、簡単に操作できます。

全国で使えるヘルツフリータイプのため、引っ越しや転勤が多い方にもおすすめ。あたため後に取り忘れがあるとブザーで知らせる機能も搭載しています。比較的安い価格帯のおしゃれでシンプルな電子レンジです。

パナソニック(Panaonic) 単機能電子レンジ NE-FL221

パナソニック(Panaonic) 単機能電子レンジ NE-FL221

最大出力1000Wのハイパワーで、すばやくあたためられる単機能電子レンジ。メタリックなシルバーとブラックの落ち着いたデザインで、さまざまなキッチンになじみます。

「1000Wインバーター」と「蒸気センサー」機能により、冷めたお茶碗1杯のご飯を約1分であたため可能。また、独自のスクリューアンテナにより、マイクロ波をかくはんして解凍ムラを防ぎます。

庫内容量は22Lで庫内の幅が32.1cmとワイドなため、大きめサイズのお弁当や大皿料理にも対応。一人暮らしはもちろん、友人とのホームパーティーでも活躍します。

指1本で簡単にオープンできるプッシュボタン式ドアもポイント。庫内はフラットタイプで汚れてもサッと拭き取れます。食品をスピーディーにあたためたい方や、一人暮らしでも少し大きめサイズの電子レンジを探している方におすすめです。

コイズミ(KOIZUMI) 土鍋付き電子レンジ KRD-182D

コイズミ(KOIZUMI) 土鍋付き電子レンジ KRD-182D

専用の萬古焼土鍋と解凍容器が付属した電子レンジです。6種類の土鍋料理ができる自動メニューを搭載。1~2合の土鍋ご飯・肉じゃが・ポトフ・カルボナーラ・プリンをはじめ、さまざまな料理やスイーツを手軽に楽しめます。

独自の構造で作られた解凍容器を使えば、食材のうまみを損なわずに解凍可能。解凍・半解凍・解凍上手の3つから選べ、解凍上手ではさらに刺身・ミンチ・薄切り肉・厚切り肉の4つのモードから選択できます。

自動あたため機能付きで、よく使う冷凍ごはんやコンビニ弁当、牛乳などのメニューを選べば最適な温度に仕上がり便利。出力切替キーもあり、100・200・500・600・850Wの5段階から手動で選ぶことも可能です。

庫内容量は一人暮らしにおすすめの18Lサイズ。単機能電子レンジながらも、豊富な調理と解凍ができ、幅広いシーンで活躍する1台です。

一人暮らし向け電子レンジのおすすめ|オーブン機能付き

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 電子オーブンレンジ MO-F1805

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 電子オーブンレンジ MO-F1805

グリル機能も付いた安い価格帯が魅力の電子オーブンレンジです。お弁当のあたためやトーストなど、普段よく使う11種類のオートメニューを搭載し、ワンタッチで簡単に調理可能。食パンなら最大2枚まで同時にトーストでき、スピーディーに焼き上げます。

レンジ出力は200・400・500・600Wの4段階から手動で切り替え可能。オーブンは110~200℃まで温度調節ができるため、料理の幅が広がります。グリルは930Wの高火力で、食材の表面をこんがりと焼き上げるのがポイント。

オーブンとグリルで利用できる角皿と角網が付属しています。庫内容量は18Lで一人暮らしにちょうどよいサイズ。フラットテーブルを採用し、お手入れはサッと拭き取るだけで完了するほか、大きめのお弁当をあたためたいときにも活躍します。リーズナブルでも多機能な電子レンジを探している方におすすめです。

パナソニック(Panasonic) オーブンレンジ エレック NE-MS236

パナソニック(Panasonic) オーブンレンジ エレック NE-MS236

23Lのコンパクトモデルながら、自動メニューが充実しているオーブンレンジ。一人暮らしにぴったりの「つくりおき」機能を搭載しています。日持ちのよいレシピが15種類もあり、時間のあるときにまとめて作れるので便利。

自動メニューが48種類あるうえ、分量ボタンを押せば1~4人までの人数に合わせた設定が簡単にできます。一人暮らしの方にはもちろん、家族で住んでいる方やホームパーティーをする方にもおすすめです。

レンジ出力は150・300・500・600・800Wの5段階から手動で選べます。グリルやオーブン機能も搭載し、付属の角皿に湯をはればスチーム調理にも対応。5分程度でトーストも仕上がります。

人数やシーンに合わせて手軽に使い分けたい方や、忙しい毎日を過ごして作り置きを活用したい方におすすめです。

シャープ(SHARP) オーブンレンジ RE-WF18A

シャープ(SHARP) オーブンレンジ RE-WF18A

コンパクトサイズながらもワイドで使いやすく、グリル機能も搭載したオーブンレンジ。食品を加熱するときに発生する水蒸気の量を検知する「絶対湿度センター」により、自動で最適に仕上げます。

お弁当や冷凍食品のあたため、から揚げなどのノンフライ調理、約6分で焼き上げるトーストなど30種類の自動メニューを搭載。レンジ出力は、200・500・600・900Wの4段階から選べます。

さらに、110~250℃まで温度調節ができるオーブン機能に加え、40℃の発酵モードによりパン作りも可能です。庫内容量は18Lと小さめながらも、ワイドサイズで間口が広く、食品の出し入れもスムーズ。フラットテーブルでお手入れも簡単です。

大きめのバックライト液晶を採用し、画面が見やすいため操作性にも優れています。シンプルなデザインで、使いやすく多機能なオーブンレンジを探している方におすすめです。

東芝(TOSHIBA) 石窯オーブン スチームオーブンレンジ ER-T60

東芝(TOSHIBA) 石窯オーブン スチームオーブンレンジ ER-T60

ワイドでフラットな設計により、庫内を広々使えるスチームオーブンレンジです。石窯オーブン機能を搭載し、食品をスピーディーに加熱。付属の角皿の溝にお湯を注いで水蒸気を発生させる簡易スチーム式で、茶わん蒸しやスポンジケーキなども作れます。

68種類の自動メニュー機能を搭載。パスタを茹でられる「らくらくパスタ」や、手早く1品作れる「おつまみ1分メニュー」など便利なレシピが豊富です。レンジ出力は手動でも可能で、100・200・500・600・1000Wの5段階から選択できます。

庫内全面からの遠赤外線により、食材を包み込むように加熱してジューシーに仕上げるのも魅力。庫内容量は23Lで、背面は壁にすき間なく置けるためコンパクトに設置できます。

間口が39cmと広く、友人を招いたホームパーティーでも活躍。スチームオーブンを手軽に使いたい方にもおすすめです。

日立(HITACHI) ヘルシーシェフ MRO-VS7

日立(HITACHI) ヘルシーシェフ MRO-VS7

ヘルシーな調理ができる人気のスチームオーブンレンジ。100℃以上の過熱水蒸気を活用することで、油を使わないメニューが自動で簡単に作れます。

オートメニューは92種類もあり、ご飯のあたため・解凍・ノンフライの揚げ物・焼き物・蒸し物と幅広く対応。お菓子やパン作りにも活躍します。裏返すひと手間をかければ、トーストが作れるのもポイント。

1~2人の分量をオートで調理できる「少人数ボタン」も搭載し、一人暮らしに役立ちます。オート以外にも500・600Wを手動で選択可能。庫内容量は22Lで、右側と背面は壁にすき間なく置けるため、コンパクトに設置できます。

庫内側面にはシリコン系の塗装が施され、汚れも落としやすい仕様。「清掃・脱臭モード」を搭載し、庫内をクリーンに保てます。お手入れ簡単で、ヘルシーな料理を手軽に作りたい方におすすめの1台です。

バルミューダ(BALMUDA) The Range

バルミューダ(BALMUDA) The Range

機能性とデザイン性を兼ね備えた、おしゃれ家電メーカー「バルミューダ」のオーブンレンジ。スタイリッシュなデザインとユニークな操作音で、調理の時間を楽しく演出します。庫内容量は18Lで、一人暮らしにちょうどよいサイズです。

レンジ機能は、自動あたためモードに加え、用途に応じて100・500・600・800Wから手動で選択できます。利用頻度の高い飲み物・冷凍ごはん・解凍モードもあり便利。ダイヤル操作で選ぶので簡単です。

さらに、100~250℃まで調節できるオーブン機能を搭載。深めの角皿が付属しているのも嬉しいポイントです。また、40℃の発酵モードを搭載しており、自宅でパン作りも楽しめます。

調理が仕上がると、楽器の音とともにハンドルに内蔵されたLEDが点灯。本格的な料理をしたい方やキッチンで楽しく過ごしたい方におすすめです。