ボタン一つで温かく美味しい料理ができる「電子レンジ」。食事をお弁当やお惣菜、冷凍食品など出来合いのモノで簡単に済ませがちな一人暮らしの方にとっては、なくてはならない必須アイテムです。

各メーカーからさまざまな電子レンジがリリースされており、一人暮らしに最適なシンプルなモノから本格的な調理ができるモノまで、製品によって特徴は大きく異なります。そこで今回は、一人暮らしの方におすすめの電子レンジをご紹介。選び方も合わせて解説するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

一人暮らしに電子レンジは必要?

生活家電は高額なモノが多いので、どこまで揃えればよいか迷ってしまうもの。しかし、電子レンジは一人暮らしをスタートするにあたって欠かせない家電のひとつです。お弁当などを簡単に温められるのに加え、煮たり焼いたりと本格調理ができるモノもあり、手軽に自炊できます。

また、外食をしなくても自宅ですぐに1人分の料理が作れるため、時間とお金を節約することが可能です。

一人暮らし向け電子レンジの選び方

電子レンジの種類で選ぶ

単機能電子レンジ

By: rakuten.co.jp

「単機能電子レンジ」とは、食べ物や飲み物を温められるほか、冷凍食材を解凍することができる機能を搭載したアイテムです。製品の仕様がシンプルなので扱いやすく、家電が苦手な方でも簡単に使用できるのが特徴。

また、リーズナブルな価格帯で気軽に購入できるのも魅力です。さらに、コンパクトサイズの製品が多いので、小さなキッチンでも設置しやすいのもポイント。普段から調理をする機会が少なく温め機能があれば十分という方やコスト面を重視したい方には単機能電子レンジがおすすめです。

オーブンレンジ

By: amazon.co.jp

「オーブンレンジ」とは、単機能電子レンジにトースター、グリル、オーブン機能を追加したアイテムです。「温める」「焼く」「煮る」調理ができるので、一台で料理のレパートリーを増やせるのがポイント。一人暮らしでもさまざまな調理を楽しみたい方や友人を招いて料理を振る舞う機会が多い方などにおすすめです。

なお、オーブンレンジの機能は製品によって異なり、気軽なトースター、グリル機能がメインのモノから、本格的なオーブン調理の自動メニューが多数搭載されている高機能なモノまで幅広く販売されています。高機能であるほど価格帯は上がるため、予算と相談しながら購入を検討してみてください。

スチームオーブンレンジ

By: amazon.co.jp

「スチームオーブンレンジ」とは、オーブンレンジにスチーム調理機能を追加したアイテムです。「温める」「焼く」「煮る」に加えて、高温の蒸気で食材の水分や栄養素を閉じ込めながら素早く加熱できる「蒸す」調理ができます。

また、最近では300℃以上の水蒸気「過熱水蒸気スチーム」を利用した製品が販売されているのもポイント。過熱水蒸気スチームは大きな熱エネルギーをもっているため、水蒸気で食材をこんがり焼き上げたり、食材に含まれた油だけで揚げ物を作ったりできるのが魅力です。

大きさ・容量で選ぶ

By: amazon.co.jp

一人暮らしのキッチンは、設置スペースに余裕がない場合が多いため、邪魔にならないサイズの製品を選ぶことが大切です。なお、電子レンジは稼働中に熱をもつので、本体の上下左右と背中に「放熱スペース」を設けることが必須。まずはどこに設置するのかを想定したうえで、放熱スペースが十分に確保できるような大きさのアイテムを選びましょう。

一般的には、一人暮らしにぴったりの電子レンジ容量は20L前後と言われています。しかし、20Lはかなり小型なので、来客が多く一人分以上の料理を作る機会が頻繁にありそうな方は、やや大きめの容量を選んでおくと安心。使用シーンや使用頻度を踏まえたうえで、最適な容量のモノを選んでみてください。

庫内のテーブルで選ぶ

By: amazon.co.jp

電子レンジの庫内構造には、「ターンテーブルタイプ」と「フラットテーブルタイプ」の2種類があります。「ターンテーブルタイプ」とは、食材を載せる台が回転する構造のモノです。このタイプは、比較的安い価格帯で購入できるのが特徴。

一方、主流になりつつあるのが、庫内に回転台を設けていない「フラットテーブルタイプ」です。大きなモノを温める際に庫内で引っ掛かってしまうこともなく、庫内スペースを目一杯使えるのが特徴。また、簡単にお手入れができるのも魅力です。

しかし、フラットテーブルタイプにはやや高額なモデルが多いので、予算との兼ね合いで選んでみましょう。

機能で選ぶ

By: rakuten.co.jp

電子レンジの機能は、製品によって大きく異なります。そのため、普段の生活スタイルを踏まえたうえで、自分に必要な機能を見極めることが大切です。普段から自炊することが多い方には、ボタン一つで調理できる「自動メニュー機能」や脱臭できる「お手入れ機能」などを搭載した製品が適しています。

また、安全性を重視したい方には、運転時間の上限を超えると自動的にスイッチが切れる「自動スイッチオフ機能」などがおすすめ。各製品特有の機能をしっかりとチェックしたうえで購入しましょう。

扉の開く方向で選ぶ

By: amazon.co.jp

電子レンジの扉には、「縦開きタイプ」と「横開きタイプ」の2種類があります。縦開きタイプは扉が上から下に向かって開く仕様で、扉を簡単な台代わりにしてお皿などを一時的に置けるのがメリット。また、本体の左右に余分なスペースを設ける必要もありません。しかし、高い場所に設置してしまうと扉を開けにくいので要注意。

一方、横開きタイプは扉が左右どちらかに開く仕様で、高い位置に本体を設置しても簡単に扉を開けられるのが特徴です。しかし、本体の左右に余分なスペースを確保しておかないと、扉が十分に開かず庫内の食品が取り出しにくくなります。設置場所を踏まえたうえで、快適に使用できるタイプを選びましょう。

一人暮らし向け電子レンジのおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

大阪に拠点を置く大手家電メーカー「パナソニック」。同メーカーの電子レンジは豊富なラインナップが特徴で、昔から高い人気を誇るオーブンレンジ「エレック」シリーズや、機能性に優れたスチームオーブンレンジ「ビストロシリーズ」など、使い勝手のよいアイテムが揃っています。

なお、簡単に調理できる「自動メニュー」が充実したモデルが多く、料理が苦手な方でも快適に活用できるのもポイント。シンプルな仕様のスタンダードモデルから本格調理が楽しめるハイグレードモデルまで好みに合わせて選べるおすすめのメーカーです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

By: amazon.co.jp

宮城に本社を構え、家庭用プラスチック製品の製造販売を手掛けている国内メーカー「アイリスオーヤマ」。電子レンジや炊飯器、IHコンロなどの調理家電を豊富に取り揃えており、自分のライフスタイルに適したアイテムを見つけやすいのが特徴です。

なお、同メーカーの電子レンジは、比較的安めの価格帯でありながら機能性に優れているのがポイント。ノンフライ調理ができる機能を備えているモノや、庫内を2段構造にすることで効率よく加熱できるモノなど、実用性の高いアイテムを購入できます。コストパフォーマンスを重視したい方におすすめのメーカーです。

シャープ(SHARP)

By: rakuten.co.jp

大阪に拠点を構える電機メーカー「シャープ」。同メーカーは、他社に先駆けて電子レンジやオーブンレンジの分野に過熱水蒸気を導入したことでも知られており、加熱水蒸気オーブンレンジ「ヘルシオ」シリーズが高い人気を誇っています。

ヘルシオは、 過熱水蒸気とヒーターなどによる加熱を組み合わせた「一般的な過熱水蒸気オーブンレンジ」と異なり、基本的に過熱水蒸気のみを活用しているためヘルシーに調理できるのが特徴です。なお、ヘルシオシリーズには、製品に搭載された「AI」に献立を相談できるモデルなども販売されています。最先端の技術を体感できるおすすめのメーカーです。

一人暮らし向け電子レンジのおすすめ|料理をあまりしない方

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 電子レンジ 17L IMB-T174-5

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 電子レンジ 17L IMB-T174-5

一人暮らしの新生活用にできるだけ安い電子レンジを購入したい方におすすめの温め専用電子レンジです。ターンテーブルの直径は25.5cmあり、大き目のピザも温めることができます。

出力は「強700W」「弱500W」「解凍200W」の3モードを搭載。総菜の温めだけでなく、冷凍食品の解凍も簡単にできます。解凍する食品の重さに適した解凍時間がダイヤルの横に記載されているので便利です。

扉のハンドルが大きめに設計されているため、楽に開け閉めできるのがポイント。庫内の幅は30.6cmあるので、大きいコンビニ弁当も温められます。コスパのよさと使いやすさが魅力の単機能電子レンジです。

山善(YAMAZEN) 電子レンジ 18L YRL-F180

山善(YAMAZEN) 電子レンジ 18L YRL-F180

操作パネルが木目調のおしゃれな電子レンジ。「フラットテーブル」なので手入れが簡単なだけでなく、大皿や大きいコンビニ弁当も楽に温められます。庫内容量は18Lで一人暮らしにぴったりなサイズです。

「ヘルツフリータイプ」なので日本全国どこでも使えるのがポイント。就職や異動で引っ越しをしてもそのまま使えます。温め調節は「HIGH」「LOW」「DEFROST(解凍)」の3段階で、さまざまな調理が可能です。

カラーはホワイトの他にブラックもあり、インテリアに合わせて選ぶことが可能。コンパクトサイズなので狭いキッチンの棚にもすっきり置けます。デザインがシンプルな温め専用の電子レンジを探している方におすすめです。

ハイアール(Haier) 電子レンジ 17L JM-17H-50

ハイアール(Haier) 電子レンジ 17L JM-17H-50

モノトーンでまとめたワンルームにぴったりなブラックの電子レンジ。ホワイトカラーもラインナップされているので、キッチンのイメージに合わせて選べるのがポイントです。

幅44cmのコンパクトサイズで冷蔵庫の上にもすっきり設置できます。本体が小さくても庫内が広々としており、高さ19cmのボウルも入るので料理の下ごしらえも可能です。

出力は「強700W」「弱500W」「解凍200W」の3段階。ターンテーブルは楽に取り外せるので手入れも簡単にできます。安価な単機能電子レンジを探している方におすすめです。

シャープ(SHARP) 電子レンジ 18L RE-TF1

シャープ(SHARP) 電子レンジ 18L RE-TF1

電子レンジの扉が縦開きのモデル。横開きの電子レンジの扉を開くと家具や壁にぶつかってしまうという方におすすめです。「フラットテーブル」で一度に複数の総菜を温められるので、素早く食事の支度ができます。

「ヘルツフリータイプ」で日本全国どこでも使えるのがポイント。使用頻度の高い手動操作はダイヤルを回して押すだけで設定できます。ごはん・牛乳・弁当には専用の温めキーがあり、ワンタッチ操作が可能です。

出力切り替えは「650W」「500W」「200W」の3段階あり、簡単な煮込み料理から食品の解凍までさまざまな調理に使えます。簡単に操作できる縦開きの電子レンジです。

東芝(TOSHIBA) 電子レンジ 17L ER-SS17A

東芝(TOSHIBA) 電子レンジ 17L ER-SS17A

最高出力が900Wのハイパワーモデル。冷凍ご飯なども素早く温められるので、帰宅してすぐに食事をしたい方におすすめです。本製品は「縦開き」ですが、型番違いで横開きも用意されています。

大きいお弁当や皿も楽に入る「フラットテーブル」で開口部が29.3cmあるため、食品の出し入れが楽にできるのがポイント。一度に複数の総菜を温められるので、友人が遊びに来ても素早く食事の準備ができます。

液晶表示には「オレンジのバックライト」を採用しているため、文字や数字をはっきり確認することが可能。ボタンも大きく見やすくなっています。庫内が広くてハイパワーな電子レンジです。

一人暮らし向け電子レンジのおすすめ|料理をする方

ツインバード工業(TWINBIRD) センサー付フラットオーブンレンジ 18L DR-E852

ツインバード工業(TWINBIRD) センサー付フラットオーブンレンジ 18L DR-E852

本製品は「赤外線センサー」が料理や分量を見分けて自動で温めるため、時間設定が不要で簡単に扱えるのが特徴。温める頻度の高いごはんや飲み物は専用ボタンを押すだけで適温になるので、忙しい朝に重宝します。

扉は左右に家具や壁があっても問題なく使える「縦開き」で、置き場所を選ばないのがポイント。庫内は「フラットテーブル」で手入れも簡単です。手動設定はダイヤルで簡単にできるので、機械が苦手な方でも無理なく使えます。

スタイリッシュなデザインなので、キッチンをおしゃれに見せたい方におすすめ。オーブン機能とグリル機能も搭載しているにも関わらず、1万円台と安いのも魅力。操作が簡単でコスパのよい多機能電子レンジです。

日立(HITACHI) オーブンレンジ 18L MRO-TT5

日立(HITACHI) オーブンレンジ 18L MRO-TT5

電子レンジで簡単な調理をしたい方におすすめのオーブン機能付き電子レンジ。温める頻度が高いコンビニ弁当や牛乳などは「ダイレクトキー」で簡単に温めできるので、面倒な設定が苦手な方におすすめです。

レンジの最大出力は950Wで食材を素早く加熱することが可能。「ヘルシーメニューボタン」を使えば、レンジとオーブンの加熱方法を組み合わせて油の少ないメニューを自動調理できます。

10分で蒸し物や煮物が作れる「10分メニュー」は、仕事が忙しい一人暮らしの方に最適です。 鶏のから揚げやエビフライを「ノンフライ調理」できるのもポイント。ヘルシーな食生活を心掛けたい方におすすめの電子レンジです。

日立(HITACHI) スチームオーブンレンジ ヘルシーシェフ MRO-TS7

本製品は、過熱水蒸気調理が楽しめる電子レンジです。過熱水蒸気とレンジ・オーブン・グリルの加熱を組み合わせることで、ノンフライのチキン南蛮やコロッケなどのヘルシーメニューを簡単に作れます。また、90種類と豊富な自動メニューが搭載されているのに加え、「少人数」ボタンを押せば一人分もしくは二人分の分量で自動調理してくれるのもポイント。

なお、庫内側面にはサッと汚れを落とせる「シリコン系塗装」を施しているほか、庫内天面にあるヒーターは露出していないので簡単にお手入れができます。さらに、「清掃・脱臭コース」が搭載されているため、衛生面も安心して使えるアイテムです。

コイズミ(KOIZUMI) オーブンレンジ 16L KOR-1602

コイズミ(KOIZUMI) オーブンレンジ 16L KOR-1602

多機能レンジでできるだけ小さいモノを探している方におすすめのモデル。容量が16Lで幅45×奥行き36.6×高さ30cmとコンパクトなので、狭いキッチンにも設置できます。

「28種類の自動調理モード」を搭載し、「音声ガイド」で操作をナビしてくれるのがポイント。料理が苦手でも新しいメニューにチャレンジできます。庫内が広くフラットテーブルなので、大皿料理も可能です。

4インチ相当の液晶に時間やモードが大きく表示されるので、電子レンジの状況が一目でわかります。オーブンやグリルだけでなく、「半解凍モード」があるのも便利。一人暮らしでバリエーション豊かな自炊料理を楽しめる製品です。

シャープ(SHARP) オーブンレンジ 18L RE-F18A

シャープ(SHARP) オーブンレンジ 18L RE-F18A

本製品は操作パネルのボタンを減らし、ダイヤルで簡単に操作できるのがポイント。使い方に慣れると素早く操作できます。油を使わない「ノンフライ調理」ができるのも魅力です。

トーストが約5分で焼けるので忙しい朝に重宝します。スキレットを使ったグリル調理やお菓子も作れるので、ホームパーティーで友人をもてなすこともできます。冷凍した肉や魚が「サックリ解凍」できる機能も便利です。

見やすい「バックライト液晶」に時間やモードがはっきり表示されるのがポイント。オーブンやグリルの機能を搭載したフラットテーブルタイプの電子レンジでダイヤル操作できるモノを探している方におすすめです。

パナソニック(Panasonic) オーブンレンジ エレック 23L NE-MS235

パナソニック(Panasonic) オーブンレンジ エレック 23L NE-MS235

一人暮らし用の小さな電子レンジではなく、一回り大きいモノを使いたい方におすすめのモデル。グリル機能とオーブン機能を搭載し、23Lと余裕があるサイズなので大皿料理などにも挑戦できます。

煮物やパスタを10分で作れるメニューや、調理の下ごしらえメニューを搭載しているのがポイント。週末の作り置きに便利な6つの「つくりおきメニュー」もあるので、仕事で帰りが遅く平日に調理できない方におすすめです。

「39種類の自動メニュー」を搭載しているため、調理が苦手な方でも安心して使えます。また、「キッチンタイマー機能」により、温めすぎるのを防ぐことも可能。一人暮らしの食生活を豊かにする多機能電子レンジです。