水蒸気の力で食材を美味しく調理する「スチームオーブンレンジ」。肉や魚料理はジューシーに、ケーキはしっとりと焼き上がるので、自宅で手軽に美味しい料理を作れると人気です。最近では、メーカー各社が独自の技術を搭載したさまざまなスチームオーブンレンジをラインナップしています。

そこで今回は、スチームオーブンレンジの選び方とおすすめモデルをご紹介。気になる方はチェックしてみてください。

スチームオーブンレンジとは?

By: amazon.co.jp

オーブン機能と併せて、水蒸気をヒーターで加熱することで発生する「加熱水蒸気」を使用するのがスチームオーブンレンジ。「焼く」「煮る」以外に、「蒸す」調理法が可能なのがポイント。減塩や脱油効果があるため、健康を意識したい方にもおすすめです。

水分を使って内側から加熱するため、食材から水分の蒸発を防いでしっとり仕上げられるうえに、高温の蒸気によって素早く加熱できるところがメリット。蒸気を使わずに普通のレンジとしても使用できます。

しかし、機能が非常に多いのでせっかくの機能を使いこなせない場合も。本体価格も高額のモノが多いので、買ってきた惣菜などをあたためることにしか使わない方には不向きです。

オーブンレンジとスチームオーブンレンジの違いは?

By: panasonic.jp

オーブンレンジは、ヒーターの熱を利用して調理するので表面がパリッと仕上がります。食材が乾燥しやすく、魚や肉の脂を内部に閉じ込めるのが特徴です。

対して、スチームオーブンレンジはヒーターの熱に加えてスチームや過熱水蒸気で食材の乾燥を防ぎながらの調理が可能。食材の外側は乾燥せずにしっとり、内側はふんわりと仕上がります。また、過熱水蒸気によって魚や肉の脂を適度に落としたヘルシー料理ができるのもポイントです。

スチームオーブンレンジの選び方

簡易スチーム式or過熱水蒸気式

By: healsio.jp

スチームオーブンレンジには、「簡易スチーム式」と「過熱水蒸気式スチーム」の2種類があります。簡易スチーム式は、発生させたスチームで食材のあたためと蒸し料理が可能です。2つの機能に特化しているので、シンプルな構造で比較的安く購入できるのが特徴。

過熱水蒸気式は加熱した高温の水蒸気を放出するため、あたためや蒸し料理だけでなく食材を焼くことも可能です。通常のオーブンに比べて、より高音の熱風で調理できます。

肉料理やお菓子作りにこだわりたい方は、食材をしっとり仕上げる過熱水蒸気式がおすすめ。一方、あたためや簡単な蒸し料理ができれば十分な場合は価格の安い簡易スチーム式を選びましょう。

水のセット方法で選ぶ

水のセット方式は「スチームカップ式」「タンク式」などの種類があります。スチームカップ式は庫内に専用カップを置いて過熱水蒸気を出すタイプで、ラップをせずにあたためることも可能。カップを洗うだけなのでお手入れが簡単です。

タンク式は専用タンクに水を入れて加熱し、スチームを発生させるタイプ。カセット式とも呼ばれることがあり、高温の過熱水蒸気を出せます。

サイズで選ぶ

By: healsio.jp

スチームオーブンレンジはキッチンカウンターやレンジラックに設置することが多いので、収納しやすいサイズを選びましょう。

外形サイズだけでなく、調理時に高熱を発するので、放熱時に一定の空間を確保する必要があります。放熱スペースはモデル毎に定められているので、火災や故障など万が一の事態を避けるためにも、必ず確認しておきましょう。

また、スチームオーブンレンジのドアは下に開くのが一般的です。そのため、開けるときには手前にスペースが必要。狭いキッチンの場合は、出し入れのしやすさに影響するので、開いたときに必要なスペースも確認しておくと安心です。

さらに、庫内サイズも要チェック。容量が同じでも、庫内の幅・奥行・高さはモデルによって異なります。耐熱皿など、よく使用する食器が入るか事前に確認しておきましょう。

庫内容量で選ぶ

By: healsio.jp

スチームオーブンレンジを選ぶ際には、庫内容量が使用人数に合っているか確認することも重要です。一般的に、1人なら20L前後、2人なら20~25L前後、3〜4人であれば26~29L前後、4人以上が30L前後といわれています。

家族の人数に対して小さすぎると人数分の料理を一度に作れず、大きいと電気代が高くなるため、注意して選びましょう。

お手入れのしやすさで選ぶ

お手入れのしやすさは、調理家電を選ぶうえで重要なポイントです。油汚れなどをそのままにしておくと、どんどん落ちにくくなるため、こまめにお手入れできるモデルがおすすめです。

なかでもおすすめなのが、お掃除機能のついたモデル。スチームの力で汚れを浮かし、頑固な汚れもさっと拭くだけで取り除くことが可能です。また角皿やトレーなどが丸洗いできるタイプも人気。できるだけ簡単に毎日掃除ができる製品を選ぶようにしましょう。

スチームオーブンレンジのおすすめメーカー

シャープ(SHARP)

By: amazon.co.jp

ウォーターオーブン「ヘルシオ」で有名なシャープ。一般的なスチームオーブンレンジは、過熱水蒸気以外にもレンジやヒーターなどを組み合わせた加熱調理法がメインですが、ヘルシオは調理開始から終わりまで水蒸気だけで調理できるのが特徴です。一般的なスチームオーブンレンジと区別するために、シャープではヘルシオを「ウォーターオーブン」と呼んでいます。

蒸し物・焼き物・煮物などのさまざまな料理を美味しく仕上げられるのもポイント。また、ヘルシオシリーズだけでなく、過熱水蒸気式オーブンレンジや簡易オーブンレンジもラインナップしています。

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

パナソニックのスチームオーブンレンジは、グリル機能を進化させ時短調理を可能にした「ビストロ」が人気。高反射のチタンコートグリル皿を採用したことによりヒーターの温度上昇を早め、短時間での調理を実現しています。

また、ハイエンドモデルには、きめ細かい蒸気で庫内を満たす「スピードスチーム機構」を搭載しており、多彩なメニューを手早く美味しく仕上げられるのが魅力です。

東芝(TOSHIBA)

By: rakuten.co.jp

東芝のオーブンレンジは、高温で食材を一気に焼き上げられる「石窯ドーム」シリーズが人気です。ハイエンドモデルには、約350℃の超高温で加熱ムラを抑えて美味しく仕上げる「熱風オーブン」機能を搭載しているのが特徴。パンを美味しく焼けることで定評があります。

また、モデルによってスチームの方式やオーブンの温度を変えているのもポイント。ラインナップが豊富なので、自分のニーズに合ったモノを選びやすくなっています。

日立(HITACHI)

By: amazon.co.jp

日立の「ヘルシーシェフ」は、食材の重さと温度を計って火加減する「Wスキャン調理」を搭載しているのが特徴。加熱パワーと時間をオートコントロールし、レンジ・オーブン・グリル・スチーム・過熱水蒸気を組み合わせて美味しく仕上げられます。

スチームオーブンレンジのおすすめ

シャープ(SHARP) 過熱水蒸気オーブンレンジ RE-F23A

シャープ(SHARP) 過熱水蒸気オーブンレンジ RE-F23A

奥行38cmの省スペースに設置できる製品です。コンパクトサイズながらも総庫内容量は23Lあるため、2~3人暮らしの方におすすめ。スチームカップ式加熱水蒸気を使用しており、赤外線・絶対湿度・温度の3つのセンサーによって、食材をあたためるのがポイントです。

加熱水蒸気とヒーター加熱によって、油を使わなくても表面はカリっと中はジューシーな揚げ物料理風ができる「ノンフライの揚げ物」や、市販の冷凍パスタや冷凍食品を自動であたためてくれるモードなど、手軽に使える機能も豊富。庫内の温度が高い状態のまま、連続で調理やレンジ加熱ができる点もポイントです。

調理後のにおいを抑える「脱臭クリーンコート」によって日々のお手入れの手間も軽減。使用後は自動で液晶画面の電源が落ちる「電源オートオフ機構」で電気代の無駄も減らせます。アパートやマンションなどのキッチンに置けるスチームオーブンレンジを探している方におすすめです。

シャープ(SHARP) 過熱水蒸気オーブンレンジ RE-F31A

シャープ(SHARP) 過熱水蒸気オーブンレンジ RE-F31A

総庫内容量31Lの高性能ハイグレードモデルです。タンク式加熱水蒸気方式を採用しており、短時間で高温調理ができるのがポイント。熱風が庫内全体を効率よく循環して、食材の焼きムラを抑えて素早く調理します。2段調理が行えるため、一度に多くの料理を仕上げることが可能なのも魅力です。

「ノンフライの揚げ物」や冷凍食品のあたためなど基本機能以外にも、すぐ作れる「レンジで1品」メニューも便利。野菜がメインの「カンタンベジメニュー」やパスタメニューがボタンひとつで自動調理できます。

見やすい大型のバックライト液晶とダイヤルボタンを採用することで、使いやすさも向上。料理をメインに行う方だけでなく、簡単なあたためだけを使いたい場合などにも素早く使用できます。においを抑える「脱臭クリーンコート」や「カンタンお手入れ」「庫内クリーン機能」などお手入れ機能も満載の製品です。

シャープ(SHARP) ウォーターオーブンヘルシオ AX-XW600

シャープ(SHARP) ウォーターオーブンヘルシオ AX-XW600

性能も使いやすさもハイグレードな総庫内容量30Lのモデルです。一般的なスチームオーブンレンジは、加熱方式を組み合わせていることがほとんどですが、ヘルシオは最初から最後まで加熱水蒸気だけで調理を行うのがポイント。余分な脂や塩を落とすため、健康を意識したい方に人気の製品です。

高火力の加熱水蒸気で一気にあぶって表面を焼き固めてうま味を閉じ込める「あぶり豊潤焼き」や、加熱水蒸気を直接噴射させて仕上げる「あぶり焼き」機能もおすすめ。反対に70~90℃のたっぷりの水蒸気で行う「低温調理」や「低温蒸し野菜」もボタンひとつで行えます。

調理網は汚れが付きにくいフッ素加工を採用。左右で2枚に分かれているのでお手入れも簡単。高温の蒸気を利用したお手入れモードがあるため、汚れをサッと拭くだけで清潔に保てます。

パナソニック(Panasonic) ビストロ NE-BS606

パナソニック(Panasonic) ビストロ NE-BS606

数多くあるビストロシリーズのなかでも、コンパクトで本体価格が安いタイプの製品です。便利な高性能を使いやすいサイズに詰め込んでおり、初めてのスチームオーブンレンジや1~2人暮らしの方におすすめ。本体サイズも幅50×奥行40×高さ34.7cmと設置場所をとりません。

庫内上部に遠赤Wヒーター、下部に平面ヒーターを搭載しているので、上下からムラなく加熱。食材を裏返す手間がいりません。レンジ・ヒーター・スチーム機能を合わせることで、パンのあたためなおしや、揚げ物のあたためなおしも簡単に行えます。

「煮物10分」「こんがり10分」など自動メニューの種類も豊富。こだわった調理以外はもちろん、簡単に食材をあたためたい方にもおすすめです。

パナソニック(Panasonic) ビストロ NE-BS2600

パナソニック(Panasonic) ビストロ NE-BS2600

スマホと連携できるハイグレードモデルの製品。スマホアプリの「キッチンポケット」と連動させると、1週間の献立やおすすめメニュー、レシピの検索などが可能です。ただ献立をサポートするだけでなく、ビストロを使いこなす方法や、下ごしらえのサポートなど毎日の調理が楽しくなる工夫が隠されています。

高精細の64眼スピードセンサーを搭載しており、食品の分量などを見分けてあたためや解凍を自動で調理。とろみや肉や魚の温度を確実に検知するためにセンサーを下向きにすることで、0.1秒ごとに細かく食材の温度を見守ります。グリル機能やスチーム機能、オーブン機能など調理方法が非常に豊富です。

総庫内容量30Lにもかかわらず、一般的なカップボードにも置きやすい本体高さ37cmのコンパクト設計も人気。“シンプル・イズ・ビューティフル”をモットーに作られたおしゃれなデザインなので、キッチンの雰囲気にこだわりたい方にもおすすめです。

東芝(TOSHIBA) 石窯ドーム ER-TD80

東芝(TOSHIBA) 石窯ドーム ER-TD80

総庫内容量26Lで初心者におすすめの石窯ドームです。リーズナブルな本体価格ながら、全部で92種類の自動メニューを内蔵。焼く・煮るなどの基本機能以外にも油を使わないノンフライ調理も行えます。食材の乾燥を防いでくれるため、毎日のトーストもふんわり柔らかに焼き上げます。

オーブンの温度は100〜250℃に対応しており、スチームを用いた「低温蒸し料理」も可能。レンジの最大出力は1000Wで、「スチームあたため」「ゆで野菜」「コンビニ弁当」など、食材に合わせて手軽にあたためられます。

庫内には「遠赤・脱臭ブラックコート」が施されているので、汚れやニオイが付きにくいのがポイント。約10分間スチームをあてることで、手軽に汚れを落とせる「手間なしお手入れコース」も備えています。

東芝(TOSHIBA) 石窯ドーム ER-TD3000

東芝(TOSHIBA) 石窯ドーム ER-TD3000

総庫内容量30L、石窯ドームシリーズのスタンダードモデルです。最高300℃の高温が魅力で、上下ワイドコンベクションで熱風を吹き出しながら、8つ目の赤外線センサーと温度センサーによって食材をしっかり加熱します。

自動メニューは137種類。焼き物・煮物以外にも簡単に作れるお手軽メニューやおつまみメニューなども搭載。ボタンひとつで簡単に調理が可能です。40℃のスチーム発酵のほかに30〜45℃の発酵機能、焼きムラを防いでくれる大型アンテナを採用しているためパン作りが好きな方にも向いています。

本体の奥行は39.9cmで、ワイドかつフラットな庫内がポイント。左右や背面はすきまをあけずにピッタリ設置できるため、マンションやアパートなど、手狭なキッチンでも設置しやすい製品です。

日立(HITACHI) ヘルシーシェフ MRO-S8X

日立(HITACHI) ヘルシーシェフ MRO-S8X

食品の重さに合わせて加熱量を計算する「重量センサー」と蒸気や温度を検知して加熱を制御する「蒸気・温度センサー」を搭載したモデル。ボタンひとつで食材を適切な温度に加熱できます。10分で作れるスピードメニューや、ノンフライメニューなどのオートメニューを内蔵しているのがポイントです。

総庫内容量は31Lで、庫内の幅が40.1cmとワイドでフラットな形も特徴。上下平面にヒーターを使用しており、最高温度は250℃まで上昇します。また、オーブン調理の直後など庫内が熱いときでも続けてオート機能が使えるのも魅力です。

底面のテーブルプレートは外して丸洗いできるほか、天面は拭きとりやすいフラットな形状で、メンテナンスしやすいのもポイント。本体に付属している二次元コードからアクセスすれば、スマホで好きなレシピを簡単に検索できて、毎日の料理が楽しくなります。

日立(HITACHI) ヘルシーシェフ MRO-W1X

日立(HITACHI) ヘルシーシェフ MRO-W1X

グッドデザイン賞を受賞したスタイリッシュなデザインのスチームオーブンレンジです。重さと温度を計り、分量に合わせて火加減をおまかせで調節する「Wスキャン調理」機能を搭載。面倒な下茹でや、火加減の難しい煮込み料理までボタンひとつで簡単に行えます。

予熱時と調理時でファンの回転方向を切り替えて熱風の流れを効率化することで、素早く最高300℃まであたためる熱風2段オーブンのため、全体を包み込むように美味しく焼き上げます。黒皿は2枚同時に入れられるので、クッキーやパンなども一度に大量に調理可能です。

人気料理サイトの「クックパッド」とも連携しており、クックパッドで殿堂入りした30レシピを内蔵しているのもポイント。献立決めや操作をスマホから簡単にできる「コネクテッド家電機能」も搭載したおすすめの製品です。

アイリスオーヤマ(IRISOHYAMA) スチームオーブンレンジ MO-F2402

アイリスオーヤマ(IRISOHYAMA) スチームオーブンレンジ MO-F2402

専用のスチームカップに水を入れて置くだけで簡単に蒸し調理ができる製品。総庫内容量は24Lで、本体価格も安いため、初めてのスチームオーブンレンジを探している方や、1人暮らし向けのモノを探している方におすすめです。

オーブンの温度は100~250℃と十分な加熱力があり、35・40℃の低温調理や発酵モードも内蔵しています。レンジは200~1000Wの範囲で4段階の切り替えが可能。グリル・オーブン・レンジの加熱モードを手軽に行えます。

9つの「自動あたためメニュー」のほかに、11種類の「自動調理メニュー」を搭載。メニューを選んでスタートボタンを押すだけで、から揚げやハンバーグなど定番おかずが簡単に作れます。トーストモードを選べば普段食べている食パンも外はサクッと中はふんわりと焼き上げることが可能です。

スチームオーブンレンジのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

スチームオーブンレンジのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。

番外編:スチームオーブンレンジの人気レシピ

ローストチキン

By: cook-healsio.jp

ホームパーティーなどで振る舞いたいローストチキン。スチームオーブンの力で内側をしっとり仕上げるので、ふわふわでジューシーなチキンを楽しめます。

豪華な見た目に反して簡単に作れるのも魅力。塩コショウやハーブで味付けした鶏肉を角皿に並べ、すき間にジャガイモやトマトなどの好きな野菜を敷き詰めるだけで準備は完了です。スチームオーブンにセットして自動メニューボタンを押せば、数十分後には完成。誕生日パーティーやお祝いの日のメイン料理にぜひ作ってみてください。

鮭の香味ソースがけ

By: cook-healsio.jp

フライパンで作るとどこまで火を通せばよいか悩んでしまう魚料理。魚は火を通しすぎると硬くなるのが難点ですが、スチームオーブンを使えばほどよく火を通しふわっと柔らかく仕上げてくれます。

作り方は、鮭をしょうゆ・塩・酒で味付けし、赤唐辛子とネギをのせ、お好みでパプリカやエノキを盛り付けてスチームオーブンで蒸し焼きにするだけ。ビールにも白ワインにもよく合うおすすめレシピです。

ジャーサラダ

By: cook-healsio.jp

お弁当にも人気のジャーサラダ。スチームオーブンを使えば野菜にほどよく火が通り、ビネガーやドレッシングがよく染み込むので美味しく仕上がります。

作り方は、好みの野菜をカットして角皿に並べ、スチームオーブンを低温に設定して蒸し上げたら野菜が冷めないうちにジャーに詰め込み、好みのドレッシングや調味料を入れればできあがり。簡単に作れるので、野菜不足が気になる方におすすめのレシピです。

いちごのフラン

By: cook-healsio.jp

スチームオーブンはデザート作りも得意。絶妙な温度調節ができるので、ふわふわのフランを美味しく焼き上げられます。作り方は、薄力粉と砂糖、卵と生クリームを混ぜ、この2つを合わせてかき混ぜるだけです。後は器に生地を流し込み、スチームオーブンに入れたらあっという間にできあがり。友人が来る日のおもてなしとして作っても喜ばれる1品です。