水蒸気の力で食材をおいしく調理する「スチームオーブンレンジ」。肉や魚料理はジューシーに、ケーキはしっとりと焼き上がるので、自宅で手軽においしい料理を作れると人気です。最近では、メーカー各社が独自の技術を搭載したさまざまなスチームオーブンレンジがラインナップされています。

そこで今回は、スチームオーブンレンジの選び方とおすすめモデルをご紹介。気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

スチームオーブンレンジとは?

By: jp.sharp

オーブン機能と併せて、水蒸気をヒーターで加熱することで発生する「加熱水蒸気」を使用するのがスチームオーブンレンジ。「焼く」「煮る」以外に、「蒸す」調理法が可能なのがポイント。減塩や脱油効果があるため、健康を意識したい方にもおすすめです。

水分を使って内側から加熱するので、食材から水分の蒸発を防いでしっとり仕上げられるうえ、高温の蒸気によって素早く加熱できるところがメリット。蒸気を使わずに普通のレンジとしても使用可能です。

しかし、機能が非常に多いので、せっかくの機能を使いこなせない場合も考えられます。本体価格も高額のモノが多いため、買ってきた惣菜などをあたためることにしか使わない方には不向きです。

オーブンレンジとの違い

By: jp.sharp

オーブンレンジは一般的な電子レンジにオーブン機能を搭載した調理家電で、電子レンジには不可能な「焼く」調理を行えるのが特徴です。ヒーターで庫内を一定の温度に加熱し食材を焼き上げるオーブン調理と、ヒーターの遠赤外線で食材に焼き目をつけながら焼き上げるグリル調理に対応しているモデルが存在します。

一方、スチームオーブンレンジはオーブンレンジにスチーム機能を搭載した調理家電であり、オーブンレンジで可能な調理方法に加えて「蒸す」調理に対応しているのが魅力。スチームによって食材をしっとりとあたためたり、お菓子やパンをふっくらと焼き上げたりと、よりおいしい食事を作れます。

また、スチームを利用することで、食材の中心まで火が通りやすく表面が乾燥しにくいのもメリット。食材の余分な油や塩分を落として仕上げることも可能なため、オーブンレンジよりヘルシーなメニューを作りやすく健康志向の方にもおすすめです。

スチームオーブンレンジの選び方

簡易スチーム式or過熱水蒸気式

By: healsio.jp

スチームオーブンレンジには、「簡易スチーム式」「過熱水蒸気式スチーム」の2種類があります。簡易スチーム式は、発生させたスチームで食材のあたためと蒸し料理が可能。2つの機能に特化しており、シンプルな構造で比較的安く購入できるのが特徴です。

過熱水蒸気式は加熱した高温の水蒸気を放出するため、あたためや蒸し料理だけでなく、食材を焼くことも可能。通常のオーブンに比べて、より高音の熱風で調理できます。

肉料理やお菓子作りにこだわりたい方は、食材をしっとり仕上げる過熱水蒸気式がおすすめ。一方、あたためや簡単な蒸し料理ができれば十分な場合は、価格の安い簡易スチーム式を選んでみてください。

水のセット方法で選ぶ

水のセット方式は「スチームカップ式」「タンク式」「角皿式」などの種類があります。スチームカップ式は庫内に専用カップを置いて過熱水蒸気を出すタイプで、ラップをせずにあたためることも可能。カップを洗うだけなのでお手入れが簡単です。

タンク式は専用タンクに水を入れて加熱し、スチームを発生させるタイプ。カセット式とも呼ばれることがあり、高温の過熱水蒸気を出せます。また、角皿式は角皿の溝部分に水を注いで加熱する方式。価格が安く、手軽にスチームオーブンレンジを導入してみたい方におすすめです。

サイズで選ぶ

By: healsio.jp

スチームオーブンレンジはキッチンカウンターやレンジラックに設置することが多いアイテム。そのため、収納しやすいサイズを選ぶことが大切です。

また、外形サイズだけでなく、調理時に高熱を発するため、放熱時に一定の空間を確保する必要があります。放熱スペースはモデル毎に定められているので、火災や故障など万が一の事態を避けるためにも、必ず確認しておきましょう。

さらに、スチームオーブンレンジのドアは下に開くのが一般的です。そのため、開けるときには手前にスペースも必要。狭いキッチンの場合は、出し入れのしやすさに影響するので、開いたときに必要なスペースも確認しておくと安心です。

そのほか、庫内サイズも要チェック。容量が同じでも、庫内の幅・奥行・高さはモデルによって異なります。耐熱皿など、よく使用する食器が入るか事前に確認しておきましょう。

庫内容量で選ぶ

By: healsio.jp

スチームオーブンレンジを選ぶ際には、庫内容量が使用人数に合っているか確認することも重要です。一般的に、1人なら20L前後、2人なら20~25L前後、3〜4人であれば26~29L前後、4人以上が30L前後といわれています。

家族の人数に対して小さすぎると、人数分の料理を一度に作れず、大きいと電気代が高くなるため、注意して選びましょう。

お手入れのしやすさで選ぶ

お手入れのしやすさは、調理家電を選ぶうえで重要なポイント。油汚れなどをそのままにしておくと、どんどん落ちにくくなるため、こまめにお手入れできるモデルがおすすめです。

なかでもおすすめなのが、お掃除機能のついたモデル。スチームの力で汚れを浮かし、頑固な汚れもさっと拭くだけで取り除くことが可能です。また、角皿やトレーなどが丸洗いできるタイプも人気。できるだけ簡単に毎日掃除ができる製品を選ぶようにしましょう。

スチームオーブンレンジのおすすめメーカー

シャープ(SHARP)

By: rakuten.co.jp

ウォーターオーブン「ヘルシオ」で有名なシャープ。一般的なスチームオーブンレンジは、過熱水蒸気以外にもレンジやヒーターなどを組み合わせた加熱調理法がメインですが、ヘルシオは調理開始から終わりまで水蒸気だけで調理できるのが特徴です。一般的なスチームオーブンレンジと区別するために、シャープではヘルシオを「ウォーターオーブン」と呼んでいます。

蒸し物や焼き物、煮物などのさまざまな料理をおいしく仕上げられるのもポイント。また、ヘルシオシリーズだけでなく、過熱水蒸気式オーブンレンジや簡易オーブンレンジもラインナップされています。

パナソニック(Panasonic)

By: rakuten.co.jp

パナソニックのスチームオーブンレンジは、グリル機能を進化させ時短調理を可能にした「ビストロ」が人気。高反射のチタンコートグリル皿を採用したことによりヒーターの温度上昇を早め、短時間での調理を実現しています。

また、ハイエンドモデルには、きめ細かい蒸気で庫内を満たす「スピードスチーム機構」を搭載。多彩なメニューを手早くおいしく仕上げられるのが魅力です。

東芝(TOSHIBA)

By: rakuten.co.jp

東芝のオーブンレンジは、高温で食材を一気に焼き上げられる「石窯ドーム」シリーズが人気です。ハイエンドモデルには、約350℃の超高温で加熱ムラを抑えておいしく仕上げる「熱風オーブン」機能を搭載しているのが特徴。パンをおいしく焼けることで定評があります。

また、モデルによってスチームの方式やオーブンの温度を変えているのもポイント。ラインナップが豊富なので、自分のニーズに合ったモノを選びやすくなっています。

日立(HITACHI)

By: amazon.co.jp

日立の「ヘルシーシェフ」は、食材の重さと温度を計って火加減する「Wスキャン調理」を搭載しているのが特徴。加熱パワーと時間をオートコントロールし、レンジ・オーブン・グリル・スチーム・過熱水蒸気を組み合わせておいしく仕上げられます。

スチームオーブンレンジのおすすめ

シャープ(SHARP) 過熱水蒸気オーブンレンジ RE-F31A

シャープ(SHARP) 過熱水蒸気オーブンレンジ RE-F31A

コストパフォーマンスに優れたスチームオーブンレンジとして人気の高い製品です。庫内容量が31Lと大きく、熱風が2段の庫内全体にしっかりと循環する「2段熱風コンベクション」を採用しているのが特徴。手軽にまとまった量のおかずやお菓子を作れるので、ファミリー世帯の方におすすめです。

方式は過熱水蒸気式で、水のセット方法にはタンク式を採用。赤外線・絶対湿度・温度を検知する「トリプルセンサー」を内蔵しており、食材を効率よくあたためられるのが魅力です。

また、過熱水蒸気とヒーターで食材を加熱することで、油を使わないノンフライ調理にも対応しています。揚げ物をヘルシーに楽しめるため、ダイエット中の方にもおすすめ。自動調理のメニューも充実している便利なモデルです。

シャープ(SHARP) ウォーターオーブン ヘルシオ AX-XJ600

シャープ(SHARP) ウォーターオーブン ヘルシオ AX-XJ600

100℃以上の「過熱水蒸気」でパワフルに加熱できる人気のスチームオーブンレンジです。過熱水蒸気でパンやお惣菜をあたためると、作りたてのようなおいしさに仕上げられます。「トリプルセンサー」も搭載しており、「スチーム解凍」では赤外線センサーを利用して凍った食材をほどよく解凍することが可能です。

あたため機能で仕上がり温度を設定できるのもポイント。-10℃と20〜90℃の範囲で5℃刻みに調節できるので、さまざまな食材のあたためや調理に役立ちます。また、冷凍食品の自動あたために対応しているのも魅力です。

自動でグリル調理を行える「おくだけグリル」機能も搭載。角皿の上に好きな食材を組み合わせて置くだけで、火加減や時間を自動調節しておいしく焼き上げます。

さらに、蒸気で汚れを浮かせる「庫内クリーン」機能も内蔵。過熱水蒸気だけで調理できるモデルを探している方におすすめです。

シャープ(SHARP) ウォーターオーブン ヘルシオ AX-XW600

シャープ(SHARP) ウォーターオーブン ヘルシオ AX-XW600

AIを内蔵しているハイグレードなスチームオーブンレンジです。操作や調理モードが分からないときはAIの音声対話がサポートしてくれるので、豊富な機能を便利に使いこなせます。専用アプリの「COCORO KITCHEN」と連携し、スマホから作りたいメニューを選んで手軽に調理の設定を行うことも可能です。

「赤外線ムーブセンサー」「温度センサー」による、「まかせて調理」機能を搭載しているのも魅力。食材を切って角皿に並べ、「焼く」「網焼き・揚げる」「蒸す・ゆでる」「炒める」から調理方法を選ぶだけで、食材の種類・量・温度がバラバラでも過熱水蒸気でムラなく火を通せます。

さらに、庫内の上段と下段でそれぞれおかず調理とお惣菜のあたためを同時に行えるのもポイント。忙しい日も素早く食事の支度ができます。時短調理から本格的な調理までこなせるハイスペックモデルとしておすすめです。

パナソニック(Panasonic) 3つ星 ビストロ スチームオーブンレンジ NE-BS606

パナソニック(Panasonic) 3つ星 ビストロ スチームオーブンレンジ NE-BS606

2〜3人暮らしにおすすめのスチームオーブンレンジです。庫内容量は26Lで、本体サイズは約幅50×奥行40×高さ35cm。キッチンへ設置しやすいサイズ感が魅力です。また、スチーム・レンジ・ヒーターによる加熱を組み合わせた「パンのあたため」機能も搭載しています。

表面はこんがり、中はふんわりとしたパンに仕上げられるので、惣菜パンやロールパンなどを食べる機会が多い方にもおすすめ。さらに、「こんがり10分」機能では、揚げ物を含む10種類のメニューを自動調理で手軽に作れるため便利です。

オーブン機能では遠赤ヒーターと「ビストログリル皿」によって食材を上下からしっかりと加熱。食材を裏返さなくても両面をこんがりと焼き上げられます。スタンダードなスチームオーブンレンジとして、ぜひチェックしてみてください。

パナソニック(Panasonic) 3つ星 ビストロ スチームオーブンレンジ NE-BS806

パナソニック(Panasonic) 3つ星 ビストロ スチームオーブンレンジ NE-BS806

発酵調理も行える便利なスチームオーブンレンジです。30〜65℃の範囲に温度を設定でき、最長8時間の長時間発酵が可能。ヨーグルトや甘酒などの発酵メニューを作れます。さらに、低温スチーム機能によってスチーム調理の幅が広がり、鶏ハムや茶碗蒸しなどを調理できるのも魅力です。

多彩な自動調理メニューを搭載しており、面倒な設定が不要で簡単におかずを作れるのもメリット。また、お掃除機能も内蔵しているため、お手入れも容易に行えます。

水のセット方法はタンク式で、容量は30Lです。本体サイズは約幅49×奥行45×高さ37cmとコンパクトで、キッチンに設置しやすいのもポイント。日々のおかず作りから発酵食作りまで活躍する人気モデルです。

パナソニック(Panasonic) 3つ星 ビストロ スチームオーブンレンジ NE-BS1600

パナソニック(Panasonic) 3つ星 ビストロ スチームオーブンレンジ NE-BS1600

「スピードスチーム機構」を搭載しているハイエンドモデルのスチームオーブンレンジです。グリル皿で仕切った空間へ集中的にスチームを噴射することで、餃子や茶碗蒸しなどをムラなく蒸し上げることが可能。蒸し器で作ったようなおいしい蒸し料理を楽しみたい方におすすめです。

また、スチームの量や温度、噴射のタイミングを細かくコントロールできるのもポイント。パンやお菓子を焼き上げたり、食材を発酵させたりと、幅広い調理を行えます。さらに、スチームによるお惣菜のあたためや、冷凍食品の解凍もスムーズに行えるので便利です。

レンジ機能には高精細な「64眼スピードセンサー」を搭載しているのも魅力。食品の温度や量を検知し、あたためや解凍を効率よく行います。

食品のとろみや温度を検知する「とろみセンシング」も内蔵。肉や魚が硬くなったり食品のとろみがこびりついたりするのを防ぎます。スチーム機能はもちろん、あらゆる点で高性能な人気機種です。

東芝(TOSHIBA) 石窯ドーム 角皿式スチームオーブンレンジ ER-TD70

東芝(TOSHIBA) 石窯ドーム 角皿式スチームオーブンレンジ ER-TD70

スチームオーブンレンジのエントリーモデルとしておすすめの製品です。角皿にお湯を注ぎ水蒸気を発生させる、簡易スチーム式を採用しています。庫内容量は26Lで、サイズは約幅48×奥行39×高さ35cmとコンパクトなのもポイントです。

レンジ機能には赤外線センサーを搭載しており、-10〜90℃の範囲に温度を設定してあたためを行えます。オーブン機能ではヘルシーなノンフライ調理も可能。コストを抑えてスチーム調理を試してみたい方は、ぜひ検討してみてください。

東芝(TOSHIBA) 石窯ドーム 過熱水蒸気オーブンレンジ ER-TD3000

東芝(TOSHIBA) 石窯ドーム 過熱水蒸気オーブンレンジ ER-TD3000

過熱水蒸気の放出に対応しているスチームオーブンレンジです。水のセット方法はタンク式で、庫内容量は30L。低温スチームによる調理やオーブン調理、レンジ調理を含む137種類の自動調理メニューを内蔵しており、手軽にさまざまなおかずを作れます。

オーブン機能が充実しているのもポイント。最高300℃の加熱が可能な「熱風2段オーブン」で食材をおいしく焼き上げられます。庫内全面から遠赤外線を放射する「庫内まるごと遠赤」によって、食材の芯からじっくりと火を通せるのも魅力。ジューシーなハンバーグなどを簡単に作れるので便利です。

庫内には丸みを帯びた「ラウンド石窯ドーム構造」を採用しており、食材をムラなく加熱できるのもメリット。「焼く」調理の性能を重視している方におすすめのモデルです。

東芝(TOSHIBA) 石窯ドーム 過熱水蒸気オーブンレンジ ER-TD7000

東芝(TOSHIBA) 石窯ドーム 過熱水蒸気オーブンレンジ ER-TD7000

ハイグレードなオーブン機能を搭載しているスチームオーブンレンジです。庫内容量は30Lで、過熱水蒸気式スチームを採用しています。最高350℃の高温で加熱できる「熱風2段オーブン」を採用しており、短時間で食材をムラなく焼き上げられるのが魅力です。

パンは生地の水分を逃さず素早く焼けるので、よりふんわりと仕上げることが可能。肉はこんがりとジューシーに焼き上げられます。また、レンジ機能には「ねらって赤外線センサー」を搭載。食品の位置や量を高精度に検知して、自動で適温にあたためられるため便利です。

操作画面には、タッチパネルのカラー液晶を採用。文字が見やすいうえ、直感的に各機能を操作できます。おいしいパンを焼けるスチームオーブンレンジとしておすすめです。

日立(HITACHI) ヘルシーシェフ MRO-S8X

日立(HITACHI) ヘルシーシェフ MRO-S8X

過熱水蒸気式のエントリーモデルとしておすすめのスチームオーブンレンジです。庫内容量は31Lで、水のセット方法にはタンク式を採用しています。重量・蒸気・温度を検知するセンサーを搭載しており、食材に適した加熱を行えるのが魅力です。

過熱水蒸気・オーブン・グリル・レンジの加熱方法を組み合わせ、自動で32種類のヘルシーメニューを作れるのもメリット。油を使わないノンフライメニューも自動調理できるので便利です。

テーブルプレートは取り外して丸洗いすることが可能。スチームによるお掃除機能も搭載しているため、お手入れを容易に行えます。スタンダードな過熱水蒸気式モデルとして、ぜひチェックしてみてください。

日立(HITACHI) ヘルシーシェフ MRO-W10X

日立(HITACHI) ヘルシーシェフ MRO-W10X

高性能センサーの「Wダブルスキャン」を搭載しているスチームオーブンレンジです。「センター赤外線センサー」「トリプル重量センサー」によって食材の重量と温度を検知し、加熱の出力や時間を自動でコントロールします。

自動調理メニューではレンジ・オーブン・グリル・スチーム・過熱水蒸気の加熱方法を使い分け、おかずをおいしく仕上げることが可能。さらに、肉と魚の解凍は種類や形状に応じて10種類の自動メニューから設定できます。分量を検知し、レンジとスチームを組み合わせて加熱することでムラなく解凍できるのが魅力です。

また、スマホとの連携機能も搭載しています。専用アプリから自動調理メニューのレシピを検索し、選んだメニューをスマホから本体に設定することが可能。自動調理メニューが充実しているモデルを探している方におすすめです。

日立(HITACHI) ベーカリーレンジ ヘルシーシェフ MRO-SBK1

日立(HITACHI) ベーカリーレンジ ヘルシーシェフ MRO-SBK1

ベーカリー機能に特化したスチームオーブンレンジとしておすすめの製品です。食パンはパン生地の練り上げから焼き上げまで全ての工程を自動で調理でき、1斤を約90分で作れます。成形を手動で行うことで、食パンだけでなくバターロールやクロワッサンなども調理可能です。

高温で焼き上げる「熱風オーブン」を採用しているため、表面が香ばしく中身のしっとりとしたパンに仕上げられるのも魅力。また、予約機能も搭載しており、焼き上がり時刻を設定できるので朝食のパン作りにも役立ちます。

スチーム機能は過熱水蒸気式で、水のセット方法にはタンク式を採用。庫内容量が33Lと大きく、ファミリー世帯の方におすすめのモデルです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) スチームオーブンレンジ MO-F2402

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) スチームオーブンレンジ MO-F2402

リーズナブルなスチームオーブンレンジとしておすすめの製品です。水のセット方法にはスチームカップ式を採用しており、スチームで食材の余分な油や塩分を落としてヘルシーに仕上げることが可能。庫内容量は24Lで、2人暮らしの方におすすめです。

オーブン調理は温度を最大250℃に設定できるので、幅広いおかずやお菓子、パンを作れます。さらに、20種類の自動調理メニューも内蔵。機能を絞ったシンプルなモデルとして、ぜひチェックしてみてください。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) スチーム流水解凍オーブンレンジ MS-Y2403

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) スチーム流水解凍オーブンレンジ MS-Y2403

コストパフォーマンスが高い人気のスチームオーブンレンジです。専用容器とスチームを利用した専用プログラムによって、冷凍の食品を流水で解凍したようにムラなく自動解凍できます。特に、刺身や肉をおいしく解凍したい方におすすめです。

庫内容量は約24Lで、水のセット方法にはタンク式を採用。44種類の自動調理メニューも搭載しており、加熱モードと時間を食材に応じて自動で調節してくれるため、手軽においしいおかずを作れます。お手頃価格ながら多機能で使いやすいスチームオーブンレンジとしておすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) スチームオーブンレンジ MO-F1806

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) スチームオーブンレンジ MO-F1806

一人暮らしの方におすすめのスチームオーブンレンジです。庫内容量は18Lで、サイズが約幅47×奥行36×高さ29cmと小さいため、キッチンに設置しやすいのが魅力。水のセット方法にはスチームカップ式を採用しており、トーストやピザなどをおいしく焼き上げることが可能です。

11種類の自動調理メニューを搭載しているのもポイント。ハンバーグや唐揚げなどを手軽に調理できます。角皿は丸洗いでき、お手入れしやすいのもメリット。コンパクトなモデルを探している方は、ぜひ検討してみてください。

スチームオーブンレンジのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

スチームオーブンレンジのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。

番外編:スチームオーブンレンジの人気レシピ

鶏ハム

パサパサとした食感になりがちな鶏胸肉も、スチームで火を通すことでしっとりとした鶏ハムに仕上がります。まず、鶏胸肉の皮を取り、白ワイン・はちみつ・塩・胡椒とともにビニール袋へ投入。調味料をよく揉み込んだら1時間以上漬け込みます。

次に、味の染み込んだ鶏胸肉を角皿にのせ、約80℃の低温スチームで30分ほど蒸してください。粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やし、薄切りにして完成。お好みでドレッシングをかけたり、サラダやサンドイッチの具にしたりするのもおすすめです。

エビニラぎょうざ

スチーム機能を利用すると、手軽に蒸し餃子を作ることが可能。まず、エビの殻と背わたを取り除き、エビとニラをみじん切りにして醤油・酒・すりおろし生姜・すりおろしニンニク・ごま油・塩とよく混ぜ合わせます。

たねを作ったら市販されている餃子の皮で包み、オーブンシートと焼き網を敷いた角皿に並べましょう。角皿をスチームオーブンレンジに入れ、約20分蒸し調理を行えば完成です。

プリン

スチームオーブンレンジはスチームの温度を正確にコントロールできるため、火加減が難しいプリンも簡単に作れます。まず、ボウルに卵黄を入れて溶きほぐし、砂糖を入れて泡立てないようによく混ぜてください。

次に、牛乳と生クリームを耐熱容器に入れ、600Wのレンジ調理で3〜4分ほどあたためます。混ぜた卵黄に加熱した牛乳と生クリームを少しずつ混ぜながら加え、こし器でこしたら容器に注いでアルミホイルでフタをしましょう。

容器を角皿に並べて90℃の低温スチームで約25分加熱し、粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やして完成です。自宅で濃厚なプリンを楽しみたい方は、ぜひ試してみてください。