パソコンで気軽に高音質が楽しめる「PCスピーカー」。パソコン内蔵のスピーカーでは物足りないと感じている方におすすめのアイテムです。リーズナブルでお買い得なモデルから、ハイレゾ音源に対応した高音質なモデルまで、さまざまな製品が展開されています。

そこで今回は、おすすめのPCスピーカーをピックアップ。選び方やおすすめのメーカーについてもご紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

PCスピーカーとは?

By: amazon.co.jp

PCスピーカーとは、ステレオミニプラグやUSBでパソコンと接続して使用するスピーカーの総称です。ノートパソコンやデスクトップパソコンにはスピーカーが内蔵されているモデルもありますが、PCスピーカーを接続することで、さらなる音質の向上が期待できます。

スピーカーは主に、「アクティブスピーカー」と「パッシブスピーカー」に2種類に分類でき、PCスピーカーにはアンプが内蔵されている「アクティブスピーカー」を使用するのが一般的です。

PCスピーカーの選び方

音質をチェック

By: amazon.co.jp

音質の目安となるのが「再生周波数帯域」と「ハイレゾ対応」です。再生周波数帯域とは、PCスピーカーが出せる音域を示す数値のことです。例えば「50Hz~20kHz」は、50Hzまでの低音と20kHzまでの高音に対応していることを表します。

範囲が広いほど、再生できる音の幅も広がるのが特徴。音質を重視する方は、低音は「50Hz」以下、高音は「30kHz」以上をポイントとして選ぶのがおすすめです。

また、ハイレゾは「High Resolution(ハイレゾリューション)」の略で、高解像度の音声に対応していることを意味します。CD音源よりも情報量が多いため、スタジオやコンサートホールで録音したサウンドに近い音質で再生が可能です。

接続方法をチェック

アナログ接続

By: amazon.co.jp

アナログ接続は、パソコンのスピーカー端子に接続する方法です。アナログ接続のPCスピーカーにはリーズナブルな製品が多く、比較的手軽に入手できます。

また、スピーカー端子があればパソコン以外にも接続できる汎用性の高さも魅力。さまざまな用途で使用したい方にもおすすめです。ノイズが発生することもありますが、パソコンとの間にUSB-DACなどを接続することによって、ある程度改善できます。

USB接続

By: elecom.co.jp

ほかのパソコン周辺機器と同様に、USBケーブルを用いてPCに接続する方法です。USB接続のスピーカーはあまり出力が大きくないため、大音量での再生にはあまり向いていません。しかし、音声信号をデジタルで伝送するので、音質劣化の原因となるノイズの混入を防ぎます。

ケーブル1本で再生と給電ができる製品も多く、配線をスッキリすることが可能。ハイレゾ音源に対応した製品もあるため、高音質で音楽や映画、ゲームなどを楽しみたい方にもおすすめです。

Bluetooth接続

無線通信規格のBluetoothを使用した接続方法です。有線接続と比べて音質が劣化しやすいデメリットがありますが、ワイヤレス接続なのでデスク回りの配線に気を使う必要がありません。

スマホや音楽プレーヤーなど、Bluetooth接続に対応した機器でも使用できるため便利です。コンパクトなモノであれば持ち運んで外出先でも使用可能。また、おしゃれな外観の製品も多いので、使い勝手のよさや見た目を重視する方におすすめです。

ch数をチェック

By: logicool.co.jp

スピーカーの数を表すch数も、PCスピーカーを選ぶ際の重要なポイントです。整数値は全音域のスピーカーの数を表し、小数値は低音域のスピーカー「サブウーファー」の数を表します。

2.0chは、パソコンの左右に全音域のスピーカーを2基設置するタイプ。シンプルで小型な製品が多く、限られたスペースでも使用できます。低価格な製品も多くラインナップされているので、予算を抑えたい方におすすめです。

2.1chタイプは、2.0chタイプにサブウーファーが1基追加されたタイプ。低音を強調した迫力のあるサウンドを実現します。2.0chタイプと比べてスペースは必要ですが、コスパに優れた製品も多く、高音質なオーディオ環境を構築できるのが特徴です。

PCスピーカーのおすすめメーカー

ロジクール(Logicool)

By: logicool.co.jp

ロジクールはスイスに本社を置くLogitech International S.A.の日本法人です。PCスピーカーをはじめ、ゲーミングデバイスやマウス、キーボードなどのパソコン周辺機器を展開しています。

PCスピーカーは、コスパに優れたモデルから2.1chタイプの高音質なモデルまで、幅広く取り扱っているのが特徴。また、外出先でも使用できるコンパクトなBluetoothスピーカーや、ゲーミングに特化したモデルも展開されています。

ジェイビーエル(JBL)

JBLは、アメリカに本拠地を置く音響機器メーカーです。一般向けの「JBL」と、プロフェッショナル向けの「JBL Professional」という2つのブランドを展開しています。

PCスピーカーだけでなく、カーオーディオやワイヤレスイヤホン、ホームシアターなど、幅広い用途の製品をラインナップ。鮮烈で迫力のあるサウンドが特徴です。多くのファンから「JBLサウンド」と呼ばれ、親しまれています。

ボーズ(Bose)

アメリカに本社を置く、音響機器の開発・製造を行うメーカー。自動車用のサスペンションシステムの研究開発なども手掛けており、音響機器以外の分野も扱っています。

他社ではあまり見られない、独自の技術開発や最先端の研究に取り組んでいるのが特徴。今では当たり前になりつつあるノイズキャンセリングヘッドホンを初めて開発したのもボーズです。そのほかの製品にも、独自の革新的な技術が多く採用されています。

ボーズのスピーカーは、フルレンジにこだわった迫力のあるサウンドと優れたデザイン性が魅力。スピーカーはコスパに優れたモデルから本格的なホームシアターシステムまで、幅広い製品がラインナップされています。

PCスピーカーのおすすめ|高コスパモデル

ロジクール(Logicool) コンパクト ステレオスピーカー Z120

操作性に優れているのがポイント

USBポートから電力供給できるPCスピーカーです。ACアダプタに接続する必要がないため、電源が用意されていない場所でも使用できます。また、本体正面に電源スイッチとボリュームコントロールを備えており、操作性に優れているのがポイントです。

幅90×奥行88×高さ110mmとコンパクトなサイズなため、狭いスペースにも設置可能。さらに、本体背面にケーブルを収納できるため、デスク周りがすっきりします。ブラックとホワイトのシンプルなデザインで、自宅だけでなくオフィスでの使用にもぴったりなモデルです。

エレコム(ELECOM) パソコン用2.0chスピーカー MS-P08USB

使い勝手のよい高コスパモデル

パソコンのUSBポートに接続するだけで手軽に楽しめる、2.0chのPCスピーカーです。直径50mmの丸型フルレンジドライバを採用。バランスがよく安定したサウンドを実現しており、音楽はもちろんセリフなどの音声も聞きやすいモデルです。

スピーカー単体の大きさが、縦82×横72mmとコンパクトなので、卓上のスペースを取りにくいのもポイント。小型ながらしっかりとした音量で再生できます。手元のコントローラーによって音量調節がしやすく、ワンタッチでミュートも可能。使い勝手のよい高コスパモデルを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) サウンドバースピーカー MM-SPL11UBK

コンパクトながらも迫力のあるサウンド

サウンドバータイプのクリップ式PCスピーカーです。ノートパソコンやタブレットの画面上部に挟めるので、場所を選ぶことなく設置可能。最大25mm幅まで装着できます。

また、本製品は単体でも自立するので、モニター下やデスク上に置いての使用も可能。電源はUSBポートから供給でき、音声入力端子には3.5mmステレオミニジャックを搭載しています。

密閉型のフルレンジスピーカーを内蔵し、最大出力は6W。コンパクトながらも迫力のあるサウンドが楽しめます。ノートパソコン・タブレットと組み合わせて使用したい方や、限られたスペースに設置したい方などにおすすめです。

WISH SUN PCスピーカー E-91

ダブルドライバユニットを搭載したPCスピーカーです。最大10Wの出力を可能とし、テレビや映画などの臨場感あるサウンドを楽しめます。さらに、Bluetoothによる無線接続に加え、AUX3.5mmケーブルを搭載。パソコンだけでなくスマートフォンやゲーム機など幅広いデバイスからの音声出力にも対応しています。

幅390×奥行70×高さ70mmと細長いデザインが特徴で、パソコンのディスプレイ下など狭い隙間にも設置可能。黒を基調としたシンプルなデザインなので、インテリアとマッチしやすいのも魅力です。

オーディオテクニカ(audio-technica) アクティブスピーカー AT-SP95

省スペースで設置できるコンパクトサイズのPCスピーカー。直径52mmのスピーカーユニットを搭載しており、ボーカルなどが聞き取りやすいクリアなサウンドを楽しめます。ステレオサウンドなので、パソコンから直接再生する際よりも、迫力のある音質を実現しているのもポイントです。

前面にはヘッドホン端子を備えているため、音を出しにくい場面で重宝します。USB給電タイプを採用しており、コンセントを接続せずに利用できるのも魅力です。電源のオン・オフと音量調節は、ひとつのノブで操作できます。簡単に扱えるので、初めてPCスピーカーを使用する方にもおすすめのモデルです。

PCスピーカーのおすすめ|高音質モデル

ジェイビーエル(JBL) Pebbles バスパワードスピーカー JBLPEBBLESBLKJN

ACアダプタ不要のPCスピーカーです。USBケーブルをパソコンに接続することで、デジタル音楽信号の伝送と本体への給電が可能。さらに、専用ドライバをインストールする必要がないため、家族や職場での共有にもぴったりです。

メーカー独自開発の「スリップストリーム・ポート」を装備しており、低音域の再生にも対応。また、50mm径のフルレンジドライバーや高効率デジタルアンプによって、クリアな音声を楽しめます。設置スペースに応じて、縦置きだけでなく、横置きも可能なモデルです。

ボーズ(Bose) Companion 20 multimedia speaker system

スリムボディながら、ボーズらしい重低音を響かせるPCスピーカーです。独自の「TrueSpaceステレオデジタルプロセッシング回路」により、2台のスピーカーから広がりのあるサウンドを実現。音楽・映画・ゲームなど、さまざまなコンテンツを高音質で楽しめます。

手元でスピーカーの操作ができる「コントロールポッド」が付属しているのもポイント。リングを回転させることでボリュームをコントロールしたり、ワンタッチでミュートできたりと、使い勝手に優れています。

接続方法は有線のみ。コントロールポッドを経由して、3.5 mmステレオミニプラグ付きヘッドホンも接続できます。省スペースでも大迫力のサウンドが楽しめる、おすすめのPCスピーカーです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) ハイパワーUSBスピーカー MM-SPU9

木製キャビネットを採用したPCスピーカーです。ダークブラックのシンプルなカラーが魅力で、響きのあるサウンドを楽しめます。また、パッシブラジエーターを搭載しており、低音域の音声も再生可能です。

USBケーブルによる電源供給タイプなので、ACアダプタを接続する必要がありません。さらに、パソコンからデジタル信号を取り出し、スピーカー内でアナログに変換することで、ノイズの影響を軽減できるモデルです。

PCスピーカーのおすすめ|重低音モデル

ヤマハ(YAMAHA) パワードスピーカー NX-50

パソコンの両サイドにほどよく収まるコンパクトなPCスピーカー。独自に開発された7cm口径のフルレンジユニットで、バランスの取れたナチュラルなサウンドを鳴らせます。ボリュームに合わせて低域を自動的に補正する「ラウドネスコントロール機能」が搭載されているのも特徴です。

平行面を減らした傾斜のあるボディデザインを採用することで、音が内部で干渉するのを防いでいるのもポイント。入力端子としてステレオミニジャックが搭載されており、パソコンはもちろん、テレビやタブレットなどにも繋げられます。本体前面にはヘッドホン用の端子も搭載しているため、非常に便利。さまざまな使い方ができるおすすめのモデルです。

アンカー(ANKER) Soundcore Motion+ AK-A3116011

さまざまな音楽のジャンルに適したBluetoothスピーカーです。超低域の50Hzから超高域の40kHzまで幅広い周波数帯に対応しています。また、AUXケーブルで接続することでハイレゾ再生が可能であるほか、Bluetooth接続の際にもaptXによって遅延の少ない音声を楽しめるのも魅力です。

傾きのあるデザインが本製品のポイント。角度を15°つけることで、部屋全体にサウンドを響きわたらせます。さらに、6700mAhの大容量バッテリーを内蔵しており、外出先の使用にも便利なモデルです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) Bluetoothスピーカー 400-SP069

防水性能を有しているBluetoothスピーカーです。IP55規格に準拠しており、多少水がかかっても安心して使用できます。また、AUX3.5mmケーブルはもちろん、Bluetoothによる無線接続に対応しているのがポイントです。

片手で持てるサイズながら、3Wの出力が可能なスピーカーを2つ搭載しています。さらに、パッシブラジエーターを備えており、低音域の再生も可能。音量調節・再生停止・電源ボタンが本体に取り付けられているため、パソコンから離れていても操作できます。

EarFun UBOOM ワイヤレススピーカー SP200

360°全方位にサウンドが流れるBluetoothスピーカーです。12Wの出力が可能な高性能スピーカーユニットを2基搭載しており、臨場感のある音声を楽しめます。また、デジタルオーディオ信号処理によって、音楽再生中のノイズを低減したモデルです。

コードレスのBluetooth接続に対応しているのもポイント。最大16時間再生できる大容量バッテリーを内蔵しているため、外出先への持ち出しにも便利です。さらに、低音を強調する「インドアモード」と大音量サウンドの「アウトドアモード」から選択でき、音楽ジャンルや再生環境に合わせられます。

PCスピーカーのおすすめ|Bluetoothモデル

ロジクール(Logicool) PCスピーカー Z407

ダイナミックな低音を楽しめる、おすすめのPCスピーカー。カラーにグラファイトグレーを採用した、スタイリッシュなデザインが魅力です。縦置きと横置きの両方に対応しているので、デスク上のスペースに合わせて40配置できます。

総合出力は最大80Wに対応。また、サブウーファーもポイントのひとつです。PCスピーカーながらサブウーファーを使用できるため、透明感がありながらもしっかりと深みのある、ダイナミックな低音を楽しめます。

さらに、ワイヤレスコントローラーの付属。再生や停止、スキップなどのほか、巻き戻しやボリューム調節も最大20m離れた位置から操作可能です。

クリエイティブ・メディア(Creative) ワイヤレススピーカー SP-T15W

コンパクトながら高音質を実現したおすすめのPCスピーカー。デスクにスッキリと配置しやすい、コンパクトな形状が特徴です。小型ながら専用ツイーターとミッドレンジドライバーを組み合わせたスタイルを採用しており、高音質なサウンドを実現しています。

音響学を考慮してデザインされた「BasXPort」の搭載もポイント。手軽に使えるワイヤレスタイプのPCスピーカーながら、深みのある低音を楽しめます。また、本体はアナログ接続にも対応しているので、有線接続も可能です。

また、本体正面にペアリングボタンを搭載。トーンコントロールやボリューム調節ダイヤルも前面に配置されているため、軽く手を伸ばすだけで手軽に調節できます。

クリエイティブ・メディア(Creative) Pebble V3 SP-PBLV3

コンパクトでかわいらしいデザインを採用した、おすすめのPCスピーカー。供給される電源によってゲインを自動で切り替える機能を搭載しており、10Wの電源供給を検知した場合は、最大16Wのパワフルなサウンドを再生可能です。

Bluetooth 5.0に対応し、遅延の少ない安定した接続を実現。さらに、「クリアダイアログオーディオ処理」に対応しており、人の話し声を明瞭に再生します。映画やドラマはもちろん、ビデオ会議やボイスチャットなども快適です。

球体のようなかわいらしいデザインも魅力のひとつ。コンパクトなので、省スペースで設置場所にも困りません。デスクトップパソコンやノートパソコンのほか、小型テレビとの相性も良好です。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) PCスピーカー 400-SP091

柔軟な使い方ができる、おすすめのPCスピーカー。デスク上に無理なく設置しやすいコンパクトなサイズを採用しています。ブラックを基調としたシンプルなデザインもポイント。さまざまなインテリアに違和感なく馴染みます。

コンパクトながら最大出力は10Wとパワフル。前面にツイーター、背面にバスレフポートを搭載しており、繊細な高音と迫力のある低音を再生可能です。バランスの取れたメリハリのあるサウンドを実現するため、音楽はもちろん動画コンテンツとの相性にも優れています。

Bluetoothのほか、3.5mm接続とUSB接続にも対応。各接続方法は本体前面に搭載されたボタンで切り替えられるため、ケーブルの抜き差しをせずスマートに使用できます。

PCスピーカーのおすすめ|2.1chモデル

ロジクール(Logicool) マルチメディア スピーカー Z533

最大出力120Wのパワフルな2.1ch対応PCスピーカーです。サテライトスピーカーにはフルレンジドライバーを採用しており、部屋全体に音が広がるように設計されているのがポイント。サブウーファーは低音重視で、映画やゲームを迫力あるサウンドで楽しめます。

ヘッドホンジャックが搭載された「コントロールポッド」を手元に置くことで、気軽にヘッドホン接続できるのが魅力。また、音量調節や低音レベルの調節なども簡単に行えます。操作しやすい製品を探している方におすすめです。

エディファイアー(Edifier) 2.1chアクティブスピーカー ED-M1360

コンパクト設計の2.1chアクティブスピーカーです。サテライトスピーカーは64×112×140mm、サブウーファーも158×252×225mmと小型サイズ。デスクまわりのスペースが限られていても、設置しやすいのが魅力です。

本製品には、有線接続タイプの「音量コントローラー」が搭載されているのもポイント。手元でボリューム調節やミュート設定ができるので便利です。また、背面には3.5mmステレオミニジャックが備わっているため、ヘッドホン接続もスムーズに行えます。

スピーカーの接続用ケーブルは約1.8m、左右スピーカー間のケーブルは約2.8mと長めで、レイアウトの自由度が高いのも魅力。コスパに優れた2.1chタイプのPCスピーカーを探している方はチェックしてみてください。

PCスピーカーのおすすめ|ゲーム向けモデル

ロジクール(Logicool) LIGHTSYNC PCゲーミング スピーカー G560

ゲームの世界を楽しみたい方におすすめのPCスピーカーです。コンテンツと自動連動するライトによって没入感を高める「LIGHTSYNC RGB」を搭載。また、左右のフロントおよびリアの4つのライティングゾーンのエフェクトは、約1680万色の中からカスタマイズできます。

最大出力240Wのパワフルなサウンドが魅力。立体的な音響をつくりだす「DTS:X」によって、臨場感を演出できます。USB・3.5mmジャック・Bluetoothの接続方法に対応しているほか、メーカー独自システムの「Easy-Switch」によって最大4台まで接続可能です。

ロジクール(Logicool) 2.1chゲーミングスピーカーシステム Z625

最大出力400Wのゲーミングスピーカー。2基のサテライトスピーカーと1基のサブウーファーにより、クリアで迫力あるサウンドを実現。ゲームだけでなく、映画やライブ映像の鑑賞にもぴったりです。

スピーカー本体に搭載されたツマミを使用すれば、ボリュームや低音の調節が可能。ゲーム中に裏画面へ飛び、PC側の音量設定画面を開くといった手間がかからず便利です。

サテライトスピーカーのサイズは、高さ195×116×124mmとコンパクト。デスクの両端などに置いても幅を取らないので、設置スペースを抑えたい方にもおすすめです。機能性に優れた製品を探している場合はチェックしてみてください。

ロジクール(Logicool) 2.1chパソコンスピーカーシステム Z313

高音域・低音域がバランスよく再生できるゲーム向けPCスピーカー。サブウーファーが付属しているので、ゲーム内BGMや銃撃などのSEといった重厚なサウンドも楽しめます。

有線の「コントロールポッド」を操作することで、電源のON・OFFや音量調節が可能。手元に置いておけば、すぐにゲームなどのボリュームを変えられます。スピーカー本体にツマミがない分デザインがスッキリとしているため、見た目にこだわりたい方にもぴったりです。

デバイスとの接続は3.5mmのヘッドホンジャックで行います。接続に手間がかからないため、すぐに使い始められるのがメリット。比較的リーズナブルな価格なので、コスパに優れた製品を求めている場合はチェックしてみてください。

レイザー(Razer) Nommo RZ05-02450100-R3A1

シンプルなデザインながら迫力のサウンドを楽しめる、おすすめのPCスピーカー。内蔵された3インチのドライバーはグラスファイバー繊維でコーティングされており、透明感のあるスッキリとしたサウンドを実現しています。

奥行きを感じられる音質も特徴のひとつ。高音質なのはもちろん、音を立体的に感じられるチューニングが施されているので、ゲームの世界に入り込んだようなリアルな音声を表現します。背面バスレフポートによる、臨場感のある低音も魅力です。

また、優れた操作性もポイント。スピーカーのベース部分にボリューム調節のダイヤルが搭載されているため、手を伸ばして簡単に設定できます。また、低音の調節ダイヤルも搭載しているので、好みの音質で快適にゲームをプレイ可能です。

ジェイビーエル(JBL) JBL Quantum Duo

ゲーム用の音響技術「QuantumSOUND」を採用したゲーミングスピーカーです。JBLのサウンドエンジニアによってゲーム向けにチューニングされており、敵の歩行音や発砲音など、さまざまな音声情報がクリアに再現されます。

スピーカーは、63mm径ウーファーと19mm径ソフトドームツイーターの2ウェイ構成です。USB接続のほか、3.5mmアナログ接続にも対応しており、PC以外のゲーム機とも接続可能。また、Bluetoothも内蔵しているため、スマホやタブレットから音楽を再生できるのも魅力です。

さらに、ゲーミング機器ではおなじみの「ライティング機能」を搭載しているのもポイント。再生するサウンドに合わせてライトがシンクロするため、耳だけではなく、目でも楽しめます。ゲームへの没入感を高めたい方におすすめのPCスピーカーです。

クリエイティブ・メディア(Creative) GigaWorks T40 Series II GW-T40-IIR

幅広い音域に対応したPCスピーカーです。クリアな高音域を出す「布製ドームツイーター」に加え、明瞭な低音域を再生する「BasXPortテクノロジー」を搭載しています。16Wの出力を可能とし、シューティングゲームやレーシングゲームなどで迫力のあるサウンドを楽しめるのが魅力です。

また、本製品はトレブル・バス・ボリュームボタンを本体前面に設置しています。手に届きやすい範囲にあるため、ゲームシーンに合わせて素早く調節可能。付属の変換アダプターを使用することで、テレビやブルーレイプレーヤーにも接続できます。

PCスピーカーのAmazonランキングをチェック

PCスピーカーのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。