オンラインミーティングやWeb面接など、さまざまなシーンで活用される「Zoom」。音声だけでなく映像にも対応しており、全世界で導入されているコミュニケーションツールです。

今回は、Zoomを使用してテレワークやオンライン講座を受講する際に必要になるカメラをご紹介します。目的や用途に合ったカメラを選んで、自宅の作業環境を整えましょう。

Zoomとは?

Zoomは、世界中で75万人以上の方に利用されているオンラインツールです。主にビジネスシーンで使用され、オンラインミーティングや社内研修、Web面接など、さまざまな場面で便利に使えます。

Zoom使用におけるメリットは、複数人での同時参加が可能なこと。有料オプションを利用すれば1つの会議につき最大1000名まで参加できるので、多人数での会議に適しています。また、画面共有機能が充実していたり、クラウド上やローカルに会議が自動保存されたりと、ビジネスシーンで重宝する機能が搭載されているのも特徴です。

PCだけでなくスマホやタブレットなど、アプリが入れられるデバイスであれば何にでもインストール可能。ビジネスシーンはもちろん、離れた場所で暮らす家族や友人と時間を共有するときにも活躍するコミュニケーションツールです。

Zoom用カメラが必要な理由

By: amazon.co.jp

Zoomは画面を通して通話ができますが、撮影用カメラがなければ意味がありません。デスクトップパソコンなど、カメラが搭載されていないパソコンを使用している場合、外付けカメラの購入が必要です。

ノートパソコンにはカメラが標準搭載されている傾向にありますが、一般的なモデルのカメラ性能は最低限度。さらに、パソコンに搭載されているカメラは視野角が狭いので、多人数配信に向かないなどの難点もあります。快適にZoomを使用するためにも、専用のカメラを取り付けるのがおすすめです。

また、マイク内蔵のカメラもありますが、より音声を明瞭に通話相手に届けるには別途マイクがあると便利です。Zoom使用時におすすめのマイクは、以下の記事からチェックしてみてください。

Zoom会議におすすめのマイクについてもっと詳しく知りたい方はこちら

Zoom用カメラの選び方

解像度で選ぶ

By: amazon.co.jp

Zoomで通話する際、カメラの画質が悪いと、こちらの表情や共有する資料が見にくくなる恐れがあります。そのため、Zoomを活用するときに使うカメラは、解像度が高いモデルを選ぶのがおすすめです。

解像度には、720p(HD)や1080p(フルHD)、2160p(4K)などの種類があり、その数字が大きければ大きいほど高解像度なカメラといえます。面接や会議など、明暗で印象が変わる大切なビジネスシーンでは、1080p以上の解像度を持つカメラを選びましょう。しかし、解像度の高さに比例して値段も高くなるため、予算に制限がある方は価格面も踏まえて検討が必要です。

また、解像度が高いカメラは通信時に多くのデータ量を使います。使用しているデータ回線の通信速度が遅かったり、デバイスの処理能力自体が低かったりする場合は、高解像度のカメラを使ってもクリアな映像が映し出せない場合があるので留意しましょう。

視野角で選ぶ

By: amazon.co.jp

ノートパソコンやスマートフォンに標準搭載されているカメラは、視野角が狭い傾向にあります。画角は66~75°程度が一般的。カメラの正面にいる人しか映し出せず、複数人で利用するシーンでは不向きです。

5人以上の複数人を映し出したいときや広角に映し出したいときには、視野角の広いカメラを選びましょう。目安としては150°程度あると、広範囲を撮影できて便利です。

その他の機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

パン・チルト・ズーム(PTZ)と呼ばれる機能が搭載されているモデルは、オンライン会議などのビジネスシーンで活躍します。パン機能は、発言者や進行役にカメラを向けられる機能。チルト機能は、カメラの向きを上下に振れるため、テーブルの上にあるモノまで映し出せます。ズーム機能は被写体の拡大・縮小ができる便利な機能です。

さらに、クリップや三脚などといった、カメラを固定しておけるスタンド機能があるモノや、会議やセミナーの録画ができる機能を搭載しているモノもあります。必要な機能を見極めて選んでみてください。

Zoom用カメラのおすすめモデル

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) オートフォーカスWEBカメラ CMS-V45S

パソコン周辺機器の企画・製造・販売を行う「サンワサプライ」のWebカメラです。200万画素・フルHD対応と、映像をクリアに映し出せます。また、カメラを向けるだけで自動的にピントが合うオートフォーカス機能付き。手動でのピント調節が不要です。

ノートパソコンやデスクトップパソコンに取り付けられるスタンドが付属しているほか、三脚穴も内蔵。使用する環境に合わせて活用できて便利です。さらに、USBビデオクラス(UVC)対応なので、専用ドライバをインストールする必要がないのもポイント。パソコンに接続するだけですぐに動作します。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) WEBカメラ CMS-V40BK

ビデオ解像度が最大2592×1944、500万画素のCMOSセンサーを搭載しているWebカメラ。高画質で動画を楽しめるモデルです。360°回転ヘッドなので、さまざまな角度から撮影できます。

重量感ある金属製のスタンドは、机上の据え置きにもディスプレイに挟んでの使用にも対応可能。ディスプレイをしっかりと挟んで固定できるため、安定した使い心地を得られます。レンズの周りのリングを回すだけで簡単にフォーカスの調節が可能なので、初めてWebカメラを使う方にもおすすめのモデルです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 会議用ワイドレンズカメラ CMS-V43BK

最大150°まで映し出せる広角ワイドレンズを搭載したWebカメラ。会議室や多人数での使用に向いています。720pのHD撮影が可能です。

ディスプレイに取り付け可能なスタンド付きなので、設置に必要な付属品を別途購入する必要なく使い始められます。また、カメラ用の三脚穴を内蔵しているため、手持ちのカメラ三脚にも取り付けられて便利です。

エレコム(ELECOM) 超高精細Full Hd対応800万画素Webカメラ UCAM-C980FBBK

ネットワーク機器をはじめとする製品の開発・販売を行う「エレコム」。同社のWebカメラは、最大3264×2448のフルHD対応800万画素で、高画質な映像を撮影できます。日本メーカー製の高精細CMOSセンサーを採用しており、色の再現性が高いのが特徴です。

カメラ本体は上下の角度を変えられる仕様なので、ノートパソコンやデスクトップパソコンの高さに合わせて調節可能。平面にも設置可能なマルチスタンドタイプで、さまざまな使用環境にマッチします。

マイクロソフト(Microsoft) Webカメラ HD LifeCam Cinema H5D-00020

720pのHD品質で撮影可能なWebカメラです。高精度なガラスレンズを採用しており、クリアでシャープな映像を実現。オートフォーカス機能付きなので、どんな距離でもピントを自動で調節できます。全方位を映し出せる360°回転タイプなのも魅力です。

また、撮影場所の明るさに合わせて露出補正を行う、「TrueColorテクノロジ」を搭載。環境に左右されず、鮮やかな映像を再現できます。

マイクロソフト(Microsoft) LifeCam Studio Q2F-00021

1080pHDセンサーを搭載しているWebカメラです。照明によって左右されやすい映像の明を自動で調節する、TrueColorテクノロジを採用。どんな環境でも明るく、鮮やかな映像を撮影できるのが魅力です。

また、10cmから無限大の距離まで対応するオートフォーカス機能付き。常に被写体にピントが合うので、クリアに再現できます。稼働範囲は左右それぞれ180°と広く、多角度から撮影可能です。

エイスース(ASUS) ROG Eye

1080pのフルHD対応で、いつでも鮮やかな映像を撮影できるWebカメラです。Face Auto Exposureテクノロジーにより顔を明るく見せられるため、大切なビジネスシーンでも活躍。また、WDRテクノロジーを採用しており、逆光の状態でも露出オーバーを防げます。

17mmの薄さでスマートかつスタイリッシュなフォルムも魅力。付属品を追加しなくてもディスプレイやノートPC上に、簡単に設置できる仕様です。さらに、三脚に取り付け可能なアルミニウム合金ベースも付属。標準カメラマウントを備えているため、さまざまな角度から撮影できます。

eMeet C960 WEBカメラ

フルHD 1080p・30fps対応で、美しく滑らかな映像を表現できるWebカメラ。自動光補正機能や5つのアンチグレアレンズを搭載しているため、光の加減を自動で調節し鮮やかに撮影可能です。また、自動ノイズキャンセリング機能付きのマイクを内蔵。360°どの角度からも集音できるので、大人数での会議やセミナーの際に活躍します。

ドライバ不要でUSBポートに差し込めばすぐに使えるのも魅力。WindowsやmacOS、Androidなど、さまざまなOSに対応可能で高い互換性を有している便利なモデルです。