オンラインミーティングやWeb面接など、さまざまなシーンで活用される「Zoom」。音声だけでなく映像にも対応しており、全世界で導入されているコミュニケーションツールです。

今回は、Zoomを使用してテレワークやオンライン講座を受講する際におすすめのカメラをご紹介します。目的や用途に合ったカメラを選んで、自宅の作業環境を整えましょう。

Zoomとは?

Zoomは、世界中で利用されているオンラインツールです。主にビジネスシーンで使用され、オンラインミーティングや社内研修、Web面接など、さまざまな場面で便利に使えます。

Zoom使用におけるメリットは、複数人での同時参加が可能なこと。有料オプションを利用すれば1つの会議につき最大1000名まで参加できるので、多人数での会議に適しています。また、画面共有機能が充実していたり、クラウド上やローカルに会議を保存できたりと、ビジネスシーンで重宝する機能が搭載されているのも特徴です。

パソコンだけでなくスマホやタブレットなど、アプリが入れられるデバイスであればインストール可能。ビジネスシーンはもちろん、離れた場所で暮らす家族や友人と時間を共有するときにも活躍するコミュニケーションツールです。

Zoom用カメラが必要な理由

By: logicool.co.jp

デスクトップパソコンではWebカメラを搭載していないモデルも少なくありません。したがって、Zoomなどを利用したリモート会議を実施する際には、外付けのカメラが必要になります。

また、ノートパソコンの多くはカメラを内蔵しているものの、比較的視野角の狭いのが難点。参加者が多かったり会議室全体を映したりする場合は、視野角の広い外付けカメラを使うのが便利です。

チルトやパンといった角度調節ができるモデルやマイク内蔵のモデルも販売されているので、ぜひ検討してみてください。

Zoom用カメラの選び方

解像度で選ぶ

By: amazon.co.jp

Zoomで通話する際、カメラの画質が悪いと、カメラに映る側の表情が分かりにくくなるおそれがあります。そのため、Zoomを活用するときに使うカメラは、解像度が高いモデルを選ぶのがおすすめです。

解像度には、720p(HD)や1080p(フルHD)、2160p(4K)などの種類があり、数字が大きいほど高解像度なカメラといえます。面接や会議など、明暗で印象が変わる大切なビジネスシーンでは、1080p以上の解像度を持つカメラを選びましょう。しかし、解像度が高くなるほど価格も高くなるため、予算に制限がある方は価格面も踏まえて検討が必要です。

また、解像度が高いカメラは通信時に多くのデータ量を使います。使用しているデータ回線の通信速度が遅かったり、デバイスの処理能力自体が低かったりする場合は、高解像度のカメラを使ってもクリアな映像が映し出せない場合があるので留意しておきましょう。

視野角で選ぶ

By: amazon.co.jp

ノートパソコンやスマホに標準搭載されているカメラは、視野角が狭い傾向があります。画角は66~75°程度が一般的。カメラの正面にいる人しか映し出せず、複数人で利用するシーンでは不向きです。

5人以上の複数人を映し出したいときや広角に映し出したいときには、視野角の広いカメラを選びましょう。目安としては150°程度あると、広範囲を撮影できて便利です。

マイクが内蔵されているかチェック

By: amazon.co.jp

Zoom向けのカメラを選ぶ際には、内蔵マイクの有無についてもしっかりとチェックしましょう。マイク付きのモデルなら、パソコンに繋ぐだけですぐにリモート会議が始められるので便利です。

また、ノイズキャンセリング機能を搭載しているかもポイント。周囲が多少騒がしくてもクリアな音声が送れるため、スムーズにコミュニケーションが図れます。

Zoom会議におすすめのマイクについてもっと詳しく知りたい方はこちら

その他の機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

パン・チルト・ズーム(PTZ)と呼ばれる機能が搭載されているモデルは、オンライン会議などのビジネスシーンで活躍します。パン機能は、発言者や進行役にカメラを向けられる機能。チルト機能は、カメラの向きを上下に振れるため、テーブルの上にあるモノまで映し出せます。ズーム機能は被写体の拡大・縮小ができる便利な機能です。

さらに、クリップや三脚などといった、カメラを固定しておけるスタンド機能があるモノや、会議やセミナーの録画ができる機能を搭載しているモノもあります。必要な機能を見極めて選んでみてください。

設置方法で選ぶ

By: amazon.co.jp

カメラを液晶ディスプレイに取り付ける場合、クリップタイプの製品が便利です。設置場所を確保する必要がなく、脱着が容易なのがメリット。ノートパソコンなら会議終了後すぐに外出ができるなど、機動性も良好です。取り付け可能幅が広いモデルであれば、大型のテレビや外付けディスプレイにもセットできます。

また、大勢の会議出席者を映すような用途では、三脚の取り付けができるかも確認しておきましょう。机やテーブルから離れた床の上にも直接セットできるので重宝します。設置する場所に合った製品を選ぶことが大切です。

Zoom用カメラのおすすめメーカー

ロジクール(Logicool)

By: rakuten.co.jp

スイスに本社を構え、主にパソコンの周辺機器を販売しているメーカーです。マウスをはじめ、キーボードやトラックボールなどを取り扱っています。

Zoom向けのカメラでは、視野角の調節ができる製品やリモコンでコントロール可能なモデルなど、多くの機種をラインナップしているのが特徴。さまざまな会議形態に合った、使い勝手のよいモデルを選ぶことが可能です。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY)

By: rakuten.co.jp

岡山県に本社を持つ国内メーカー。パソコンの周辺機器をはじめ、デスク・チェア・プリンター用紙といったオフィスに関わる幅広い製品を取り扱っているのが特徴です。

カメラも会議室全体が映せる広視野角の製品や、ズーム機能を搭載したモデルなどラインナップが充実しています。出席者の人数や会議室の規模に応じたモデルが選べるので、ぜひチェックしてみてください。

Zoom用カメラのおすすめモデル

ロジクール(Logicool) ウェブカメラ C920n

フルHDでの撮影に対応したWebカメラです。ガラス製のレンズを採用しており、シャープでクリアな画質が特徴。オートフォーカス機能を搭載しているため、設置場所を変えた場合でも手動で焦点を合わせ直す必要はありません。高品質な映像でコミュニケーションを図りたい方におすすめのモデルです。

カメラの両側にステレオマイクを備えているのも特徴。どの角度からの音もしっかりと拾えるので、自然で聞こえやすい音声を送ることが可能です。また、クリップタイプのベースを搭載しています。液晶ディスプレイへの取り付けがワンタッチで簡単に完了。さらに、三脚にも対応しているため、さまざまな場所に設置できます。

ロジクール(Logicool) BRIO ULTRA HD PRO WEBCAMBRIO C1000eR

少人数から大人数の会議まで、幅広い参加人数に対応できるモデルです。視野角の調節機能が付いており、65°・78°・90°と3段階に調節できるため、人数や設置場所に合わせて見やすい視野角を選択可能。約2.2mのケーブルが付いているので、パソコンから多少離れた位置でも設置できます。

4K撮影に対応しているのも本モデルの特徴です。大型モニターでも鮮明に視聴ができるため、大勢の参加者を対象に開催するウェビナーなどでも便利。「5倍HDズーム」機能を搭載しており、手持ちの資料やサンプルを見せたいシーンで活躍します。

光学と赤外線、2つのセンサーを内蔵しているのもポイント。Windows Helloによる顔認証が利用でき、安全性にも配慮された仕様です。

ロジクール(Logicool) カンファレンスカム BCC950R

小さな会議室や少人数でのリモート会議にピッタリのモデルです。卓上に設置するタイプで、目線の高さに合わせてセットされたカメラが特徴。まるで対面しているかのように、違和感少なくコミュニケーションが図れます。Windows・Macどちらのパソコンにもプラグ&プレイで接続することが可能です。

リモコンが付属しているのも本モデルの特徴。離れた場所からカメラやオーディオのコントロールなどができるので重宝します。また、ノイズキャンセリング機能付きのマイクを内蔵しており、クリアな音声が送れるのも便利なポイントです。

ZoomをはじめSkype for Businessなど、多様な会議アプリに対応しています。SOHOの方にもおすすめなので、一度チェックしてみてください。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) WEBカメラ CMS-V50BK

視野角が84°の広角レンズを搭載した、少人数でのビデオ会議におすすめのWebカメラです。リモコンが付属しており、水平方向に±165°、垂直方向に±30°の範囲でカメラの向きを変えられるのが特徴。光学3倍ズームと合わせれば、移動する発言者にパンしたり説明用の資料を拡大したりと、効果的なフレームワークがおこなえます。

USBケーブルから給電されるため、別で電源を確保する必要がないのも便利です。壁面取り付け用金具が付属しているのも魅力。会議室の壁や天井に設置して、固定カメラとして利用することが可能です。また、カメラ用の三脚穴も付いているので、会場のレイアウトに応じて設置場所を決めたいときに重宝します。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) WEBカメラ CMS-V53BK

広い範囲が撮影できるWebカメラを探している方におすすめのモデルです。視野角が150°の超広角レンズを搭載しているのが特徴。部屋全体を映せるので、大人数での会議やセミナーにピッタリです。USBケーブルを1本接続するだけで使用でき、ドライバーのインストールなど面倒な作業は必要ありません。

取り付け方法は、本体のクリップで液晶ディスプレイを挟み込むだけと簡単です。セットした状態で上下左右の角度調節がおこなえます。クリップ部分を折りたためば、スタンド代わりとして使えるのもポイント。デスクや会議テーブルに置いて使用する際にも重宝します。マイクを内蔵しており、本機をパソコンに繋ぐだけでWeb会議を始めることが可能です。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) WEBカメラ CMS-V45S

携帯に便利なZoom向けのWebカメラです。コンパクトなボディは90gと非常に軽量なため、持ち運ぶのが容易。出張先から会議に参加する必要があるなど、外回りの機会が多い方におすすめのモデルです。少人数での利用に適しています。

小型ながらオートフォーカス機能を備えているのが特徴。カメラを向けるだけで自動的にピントが合うので便利です。マルチスタンドを搭載しているのもポイント。液晶ディスプレイに挟んだり三脚で固定したりと、利用する場所やシーンに合わせて選べるので重宝します。

長さ1.5mのケーブルが付いているため、机の下に本体を設置しているデスクトップパソコンへの接続時も安心です。

マイクロソフト(Microsoft) LifeCam Studio for Business 5WH-00003

マイクロソフトが発売するZoomやSkypeでのビデオ会議におすすめのカメラです。720p対応のカメラユニットと高精度なガラスレンズを採用しているため、鮮明な映像を撮影することが可能。「TrueColorテクノロジー」を搭載しており、露出を自動補正するので、会議室の照明が明るかったり暗かったりしても快適に打ち合わせがおこなえます。

オートフォーカス機能を備えているのも本モデルの特徴です。ピントを自動調節できるので、設置場所や参加者の位置が異なる場合でも綺麗な映像が捉えられます。また、カメラユニットが360°回転するため、映したい方向にセットすることが可能です。

なお、本製品を利用できるのはWindows OS搭載機のみなので、購入を検討している方はあらかじめ留意しておきましょう。

バッファロー(BUFFALO) WEBカメラ BSW505MBK

約120°の広角レンズを搭載したモデルです。大人数が参加するWeb会議にピッタリ。カメラの近くに置いてあるホワイトボードも一緒に映せるので便利です。また、サイズの大きなサンプルなどを見せたい場面でも重宝します。

さらに、プライバシーシャッターを備えているのが特徴。未使用時には閉じられるため、セキュリティ面で安心です。加えて、本体にマイクを内蔵しているのも魅力。別途マイクを準備する手間がかからず、手軽にリモートでの打ち合わせがおこなえます。

USBバスパワーに対応しているので、電源を準備する必要もありません。ビジネス用途で使える手頃な価格の製品を探している方も、ぜひチェックしてみてください。

バッファロー(BUFFALO) Webカメラ BSWHD06MBK

携帯性に優れたZoom向けのWebカメラです。コンパクトなボディは重さ約50gと非常に軽量。自宅・オフィス・出張先のホテルなど、気軽に持ち運んで利用したい方に適しています。価格が安いため、外回りや出張用としてカバンに常備しておくのもおすすめの使い方です。

安価な製品ながら、マイクを内蔵しているのがポイント。ノートパソコンに接続するだけでどこからでもリモート会議に参加できます。ドライバーソフトは自動でインストールされるので、面倒な作業は不要。手動式のフォーカス機能を搭載しており、相手に見せたい対象物に合わせてピント調節ができる点も便利です。

また、3Wayスタンドを搭載しているのも本モデルの特徴。ノートパソコンのモニターはもちろん、厚みのあるディスプレイに設置したり、卓上に置いて使ったりすることも可能です。利用環境に応じて設置方法が選べるため重宝します。

エレコム(ELECOM) WEBカメラ UCAM-C520FBBK

720pの動画撮影に対応した製品です。パソコンに繋ぐだけですぐに使い始められる手軽なモデル。ドライバーソフトのインストールなど面倒な設定作業は必要ありません。初めてZoom向けのWebカメラを購入する方におすすめのモデルです。

YouTube投稿用の動画も簡単に撮れるため、ビジネスからプライベートまで幅広く活躍します。動画の簡易編集ができる無料ソフト「WebCamアシスタント」が利用できるのも魅力。ただし、Macには対応していないのであらかじめ留意しておきましょう。

ディスプレイに挟んで容易に取り付けられるクリップ式を採用。チルト機能が付いているため、設置環境に合わせて角度調節がおこなえます。そのほか、デスクの上にも置けるなど、使い勝手のよいモデルです。

eMeet ウェブカメラ C960

マルチOSに対応したWebカメラが欲しい方におすすめのモデルです。Windows・Mac・Chrome OS・Androidといった多様なOS搭載機で利用することが可能。オフィスではWindowsのデスクトップパソコン、自宅ではMacノートなど、異なるOSのデバイスを使用する方にピッタリです。フルHD対応カメラを搭載しており、鮮明な映像が撮影できます。

「自動HD光補正」機能を備えているのも本モデルの特徴。直射日光が差し込むリビングや蛍光灯照明のオフィスなど、場所によって部屋の明るさが違っても安心です。低ノイズのマイクを内蔵しているため、音声もクリアに拾えます。ドライバーのインストールなど面倒な作業は不要。プラグアンドプレイで手軽にビデオ会議が始められます。

DEPSTECH WEBカメラ

Zoomはもちろん、SkypeやFaceTimeなどでも便利に使えるWebカメラです。安価な製品ながらフルHDで30fpsの滑らかな動画撮影が可能。気軽に高画質なWeb会議がおこなえるため、テレワークにピッタリです。マイクを内蔵しているので、別途買い揃える必要もありません。

また、360°回転するスタンドを搭載。液晶ディスプレイに取り付けるだけでなく、デスクの上に置いて使用できます。さらに、設置場所にかかわらず撮影しやすい方向に向けられるので便利です。Windows・Android・Macなど複数のOSに対応しています。

DEPSTECH 4K ウェブカメラ DW49

映像品質を重視する方におすすめのモデルです。3840×2160ピクセルの4K撮影に対応しています。プラグアンドプレイに対応し、オートフォーカス機能を搭載するなど使い勝手は良好です。また、デュアルマイクを内蔵しているため、別途マイクを準備する必要もありません。

本製品には、プライバシーシャッターが備わっています。カメラのレンズを物理的に覆えるので、自宅からWebミーティングに参加する機会が多い方も安心。未使用時のプライバシーをしっかりと保護できます。手頃な価格の高解像度モデルを探している方も、ぜひチェックしてみてください。

JOYACCESS ウェブカメラ

手頃な価格ながらフルHDの解像度を備えたコスパのよいモデルです。視野角は105°あり、少人数で参加するWebミーティングなどにおすすめ。

オートライトバランス機能とカラー補正技術を搭載しているため、部屋の明るさに関係なく見やすい映像が撮影できます。間接照明しか備わっていない薄暗いホテルの客室からや、窓を背にした逆光のシーンなどでも快適に会議を続けやすいのがポイント。

カメラの両端にマイクを内蔵しているのも本モデルの特徴です。ノイズを低減するので、クリアな音声が届けられます。また、プラグアンドプレイに対応しており、パソコンと繋いですぐに使いはじめられるなど使い勝手は良好です。Zoom・Skype・FaceTimeといった多様なアプリに対応しているため、気になる方はぜひチェックしてみてください。

Vitade ウェブカメラ Vitade 960T

カメラの周囲にリング状のLEDライトを配置したウェブカメラです。室内照明の光量が不足しているような環境でも、きれいな映像を撮ることが可能。Webミーティングはもちろん、動画の配信用途などにもおすすめのモデルです。部屋の照明にかかわらず、顔の表情や手にしたアイテムのディテールが鮮明に撮影できます。

クリップ式を採用しており、液晶ディスプレイへの取り付けが簡単。カメラ部分を360°自由に動かせるので、見せたい方向や角度に調節できます。また、オートフォーカス機能を搭載しているため、対象物までの距離が変わってもピントを合わせ直す手間はかかりません。

ミニ三脚が付属しているのも本モデルの特徴。好みの方向からの撮影が可能なほか、カメラを90°立てた状態での撮影がおこなえます。縦長の映像も撮れるので、スマホなどモバイルデバイスユーザー向けのライブ配信を考えている方にもピッタリです。