リモートワークやZoom飲み会が広まるなかで注目されている「WEBカメラ」。パソコンの内蔵カメラよりも高機能なモノが多いため、さまざまなシチュエーションで使用されています。しかし、実際に選ぼうと思うと種類が多くて悩むものです。

そこで今回はWEBカメラの選び方とおすすめの製品をご紹介します。離れた家族や友人と自由に会えない今こそ、WEBカメラを使ってコミュニケーションの幅を広げてみましょう。

WEBカメラとは?

By: logicool.co.jp

「WEBカメラ」はノートパソコンやデスクトップパソコンに接続してビデオ通話ができる機器です。カメラで撮影した動画や音声をパソコンからインターネット回線を通して遠方に配信できるため、ペットや室内を監視する目的でも使用できます。カメラが内蔵されていないパソコンを使っている場合でも、WEBカメラを外付けすればビデオ通話ができるので便利です。

離れている相手の表情を見ながら会話できるのがWEBカメラのメリット。自分の表情や声もはっきり伝わるため、お互いに相手が目の前にいるような感覚で会話ができます。ビジネスシーンで使用されることが多いですが、遠方に住む祖父母や親戚との会話やYouTubeに動画配信するのにも使えるので需要が高まっています。

WEBカメラの選び方

画質をチェック

画素数は200万画素以上が人気

By: logicool.co.jp

WEBカメラを選ぶ際には、画質がよいかどうかをしっかりチェックしましょう。画質を確認する上で重要となるのが「画素数」です。画素数とは映像素子に並んだ光をデジタル信号に変える画素の数のこと。映像素子が多いほど光を受けてデータに変換される画素の数が多くなるため、美しくて鮮明な画像を映し出すことが可能です。

WEBカメラの画素数は製品によってさまざまで、100万画素から1000万画素以上のものまであります。WEBカメラにおいては200万画素以上あれば、細かい文字などもはっきり写し出すことが可能です。友人とビデオ会話するだけであれば、200万画素以上のモノを選べば十分満足できます。

解像度は使用ツールに合ったモデルを選ぶ

By: amazon.co.jp

解像度は画素をどのくらいの密度で並べたかを表すピクセルという値のことです。ピクセル値が大きいほど解像度が高くなり高画質になります。WEBカメラとしては最低でもHDで720p以上、フルHDで1080p以上のモノがおすすめ。WEBカメラの仕様書には解像度が記載されているので、購入前にどのくらい解像度があるかをチェックしておきましょう。

WEBカメラで使用するソフトやアプリによって対応できる最大解像度が異なるため、事前に確認しておく必要があります。人気のZoomはHDで720p、SkypeはフルHDで1080pです。解像度をチェックせずに購入してしまうと使用できないこともあるので、しっかりチェックしておきましょう。

フレームレートは30FPS以上がおすすめ

By: logicool.co.jp

動画の配信や録画をする場合はフレームレートもチェックしておくのがおすすめ。フレームレートとは1秒間の動画で見せられる静止画の枚数のこと。FPSという単位で表され、フレームレートが大きければ大きいほど映像がなめらかになります。ストリーミング配信をする場合は映像がなめらかでないと観ている方にストレスを与えることもあるので、30FPS以上のモノを選びましょう。

Zoomはフレームレートを最大で30FPSに設定することが可能です。但し、30FPSを維持すると回線にかなりの負担がかかるため、ネットワークが一時的に重くなる可能性もあります。ビデオ会話においては30FSP以下でも問題ないので、用途に合った性能のWEBカメラを選びましょう。

設置方法をチェック

モニターに固定できる「クリップタイプ」

By: amazon.co.jp

クリップタイプのWEBカメラは、パソコンのモニターに固定してスマートに使えるのが魅力。また、モニターの上に設置することで目線の高さにカメラが来るので、見下ろしたり見上げたりすることなく快適に使えます。カメラを置く場所がない場合もクリップタイプを使うのがおすすめです。折りたたみ式を選べば外出先にも楽に携帯できます。

クリップタイプを選ぶ場合は、クリップで挟める幅がどのくらいまでかを確認しておきましょう。ノートパソコンはモニターが薄いため問題なく挟めるモノが多いですが、デスクトップに設置する場合はモニターの厚さをチェックしておかないと挟めないこともあります。また、カメラをクリップで固定した後に角度調節ができるかどうかも確認しておきましょう。

テーブルに置くだけの「卓上タイプ」

By: amazon.co.jp

卓上タイプのWEBカメラは、自由に動かせるのがメリットです。カメラを持って動かせば、自分一人だけでなく横にいる人や部屋全体を映せます。クリップタイプのモノでパソコンのモニターに傷を付けたくない方にもおすすめです。

卓上タイプを選ぶ場合は、足の高さやカメラの角度が調節できるかどうかもチェックしましょう。場所によってカメラを低くしたり高くしたりできたほうが何かと便利に使えます。外出先に携帯したい場合は、折りたためるモノを選ぶとかさばらないのでおすすめです。

「三脚」が付属したモデルも

By: logicool.co.jp

画像のアングルにこだわりたい場合は、三脚付きのWEBカメラを選ぶのがおすすめ。被写体がきれいに映る位置に固定できるだけでなく、カメラ本体も自由に動かせるので便利です。複数人でWEB会議をする際にも、三脚を使った方が全体をきれいに映し出せます。

YouTubeに動画を配信したり、室内を監視したりする場合にも三脚を使うとアングルのよい映像を映すことが可能です。三脚が付属していないWEBカメラのなかには三脚用の穴が付いているモノもあるので、いくつかを比較して選びましょう。

複数人でのWEB会議には広角モデルがおすすめ

By: amazon.co.jp

WEB会議で複数人を映し出す場合は、広い角度を撮影できる広角モデルがおすすめ。レンズの画角が狭いと端の方の人が映らずに何度もカメラを動かす羽目になるため、できるだけ画角が広いモノを選びましょう。一般的なWEBカメラの画角は75°前後ですが、広角モデルには150°のモノもあるのでおすすめです。

監視カメラや防犯カメラとして部屋全体を映したい場合にも広角モデルが適しています。画角が狭いWEBカメラを使うと死角ができて監視や防犯の意味がなくなることもあるため、できるだけ画角が広いモノを選びましょう。

音声入力も可能なマイク内蔵モデルも

By: amazon.co.jp

マイクやスピーカーが内蔵されているWEBカメラを使えば、ヘッドセットを装着しなくても会話ができます。特に複数人でWEB会話をする場合はマイクから全員に音声が聞こえるのでおすすめです。

WEBカメラ内蔵のマイクは製品によって仕様が異なるため、用途に合わせて選ぶことが大切。複数人でWEB会議をする場合は広範囲の音を拾えるマイクがおすすめです。1対1で会話をする場合は声がはっきり届く感度のよいものを選びましょう。ノイズキャンセリング機能が備わっているモノは、音質にこだわりがある方におすすめです。

配信者・ストリーマーは1080p・60FPS以上のモデルを選ぼう

By: logicool.co.jp

動画を投稿する方やYouTube LiveやTwitchなどにチャンネル開設をしているストリーマーの方には、高解像度でフレームレート値が高いモノがおすすめ。解像度が1080pで最大フレームレートが60FPSのモノは、なめらかな高画質映像を映し出せます。また、より解像度の高い4K対応のモノも鮮明できれいな画像を配信することが可能。動画を視聴するユーザーのためにも、ぜひ検討してみましょう。

赤ちゃんやペットを見守りたいなら「ベビーモニター」

赤ちゃんやペットを見守るためにWEBカメラを使いたい場合は、ベビーモニターを使うのがおすすめ。WEBカメラとモニターがセットになったモノものや、スマホのアプリから映像を確認できるモノもあるので便利です。赤ちゃんやペットがいる部屋にネットワーク環境があれば使用できます。

ベビーモニターをうまく活用すれば、赤ちゃんやペットだけでなくお年寄りや子供を見守ることも可能です。仕事中や買い物中に自宅で留守番する人をスマホから確認できるので、安心して外出できます。ベビーモニターは使用前に初期設定が必要でネットの通信状況によっては接続が不安定になることもあるため、その点も理解した上で取り入れてみましょう。

ベビーモニターについて詳しく知りたい方はこちら

WEBカメラのおすすめメーカー

ロジクール(Logicool)

ロジクールはゲーミングやミュージック、ビデオなどの分野におけるさまざまなデジタルデバイスを提供している企業。マウスやキーボードが使いやすいと評判です。WEBカメラは高画質なモノが多く、動画配信やストリーミングに適したモノも揃っています。デザインがシンプルでビジネスでも使えるのが魅力です。

エレコム(ELECOM)

By: amazon.co.jp

エレコムは大手コンピューター周辺機器メーカーとしてさまざまな製品を扱っています。オフィスにも多数の製品が導入されていることでも有名です。WEBカメラは100万画素から800万画素までラインナップが揃っており、使う人の用途に合わせて選べます。専用スタンドも扱っているので、WEBカメラと合わせて購入することが可能です。

バッファロー(BUFFALO)

パソコン周辺機器メーカーとして有名なバッファロー。1975年創業でルーターやハードディスクなどのさまざまな機器を扱っています。WEBカメラには120°の広角レンズとマイクを内蔵したモノもあるので、大人数のWEB会議におすすめです。全体的に価格が手頃ですが、製品のラインナップはやや少なめ。手軽に使えるコスパのよいモノを探している方に適しています。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY)

By: amazon.co.jp

コンピュータ・パソコンサプライ製品メーカーとして有名なサンワサプライのWEBカメラは、ラインナップが豊富。複数人使用に適した広角モデルから、1人でも快適に使用できるスタンダードなモノまで揃っています。会議で快適に使える機能を備えたモノが多く、リモコンや3mのロングケーブルを付属したWEBカメラが人気です。

WEBカメラのおすすめモデル

エレコム(ELECOM) WEBカメラ UCAM-C980FBBK

高画質で多機能なWEBカメラ

最高クラスの高画質WEBカメラを探している方におすすめの製品。高感度で色再現性の高い映像を映し出せる裏面照射型CMOSセンサーを採用しています。フルHD対応の800万画素WEBカメラで、動画も静止画も美しく映し出すことが可能。SkypeやZoomなどのチャットソフトやYouTubeライブなどの配信サービスで動作確認済みのため、さまざまな用途に活用できます。

パソコンのモニターに取り付けたり、テーブルなどの平面にも設置できるマルチスタンドを搭載。カメラ本体は上下に角度調節できるため、好みのアングルから撮影できます。英語や中国語などに対応している多国語マニュアルを付属しているので、外国人の方にもおすすめ。高画質で多機能なWEBカメラです。

エレコム(ELECOM) WEBカメラ UCAM-C520FEBK

コスパ重視の方におすすめ

WEB会議やビデオ通話できれいな映像を映し出せる高画質な200万画素のWEBカメラ。カメラ内蔵のマイクと付属のイヤホンマイクの両方でビデオ会話ができるため、複数でのWEB会議にも1対1のビデオ会話にも便利に使えます。

パソコンに接続するとすぐに使える一発接続タイプでドライバーのダウンロードや設定が不要。SkypeやYouTubeライブにも対応しているので、購入してすぐにビデオ通話や動画配信を楽しめます。テーブルに置いたりパソコンのモニターに取り付けたりできるマルチスタンドも便利。コスパのよさも魅力のWEBカメラです。

バッファロー(BUFFALO) WEBカメラ BSWHD06MBK

初めてWEBカメラを使う方にもおすすめ

できるだけ安いWEBカメラで気軽にビデオ会話を楽しみたい方におすすめの製品。HDの720p対応で16:9のワイドディスプレイに映像を映し出せるので、動画配信にも適しています。USBビデオクラス対応でパソコンにUSB接続するだけですぐに使えるのも魅力です。

カメラのレンズを回すとピント調節できるマニュアルフォーカス機能を搭載しており、自分の好みのピントに合わせることが可能。パソコンのモニターや液晶ディスプレイだけでなく机の上などにも置ける3wayスタンド搭載で、好きなアングルから撮影できます。初めてWEBカメラを使う方にもおすすめの使いやすい製品です。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) WEBカメラ CMS-V59BK

フルHDにも対応した高解像度500万画素のWEBカメラ。ZoomやMicrosoft Teamsにも対応しているので、高画質な映像でビデオ通話をしたい方におすすめです。スタンド部分が可動式でモニターに取り付けたりテーブルの上に置いたりできるため、好みのアングルから撮影できます。カメラ用三脚穴に市販の三脚を取り付けることも可能です。

カメラ本体にマイクが内蔵されており、ヘッドホンがなくてもビデオ通話が楽しめます。USBビデオクラス対応でドライバーが不要なので、パソコンに接続するだけですぐに使用できるのも魅力。高画質なWEBカメラで楽に扱えるモノを探している方におすすめです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) オートフォーカスWEBカメラ CMS-V45S

オートフォーカスレンズを搭載したWEBカメラを探している方におすすめの製品。カメラを被写体に向けるだけでピントが合うため、少人数が参加するWEB会議にも適しています。テーブルに置いたりモニターに取り付けたりできるマルチスタンドとカメラ用三脚穴を搭載しているので、さまざまな角度から撮影することが可能です。

フルHDで撮影できる約200万画素のWEBカメラで高画質なのも魅力。フレームレートは最大30FPSでなめらかな動画を撮影できます。ZoomやMicrosoft Teamsだけでなく、Skypeにも対応しており、友人や親戚とビデオ会話するのにも適しています。アルミボディの高級感あるデザインもおしゃれです。

WEBカメラのおすすめ|WEB会議向け広角モデル

バッファロー(BUFFALO) WEBカメラ BSW500MBK

約120°の広角レンズを搭載したWEBカメラ。大人数でのWEB会議で会議室全体を映し出すのに適しています。撮影範囲が広いのでカメラ付近にある書類なども映し出すことが可能。会議室にあるホワイトボードや製品サンプルにカメラを向けなくても相手側に映し出せます。WEBカメラ本体にマイクが内蔵されているので、別のマイクを用意する必要もありません。

フルHD対応でフレームレートが30FPSのため、被写体の動きをなめらかに撮影することが可能。WEBカメラ用拡張ソフトの「CyberLink YouCam6 BE」をダウンロードすれば、顔認証でのログインや動き検出技術による監視モードが使用できます。盗撮や消し忘れによる画像流失を防げる開閉自在のシャッターも搭載しているので、安心して使用できるモノを探している方におすすめです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) カメラ内蔵USBスピーカーフォン CMS-V47BK

大人数での会議に適したスピーカーフォン内蔵のWEBカメラ。複数人で使用しても相手の声がくっきり聞こえるので、会議がスムーズに進みます。内蔵マイクは360°全ての方向から集音できるため、会議に参加している人の声を相手側にはっきり伝えることが可能です。

画角の水平が105°で対角が120°の広角レンズを搭載しており、広い範囲を撮影できるのも魅力。カメラは上下に10°可動するため、相手に見えやすい位置に調節できます。USBケーブル1本だけでシンプルに接続できるので、準備に手間がかかりません。SkypeやZoomにも対応しており、家庭でのビデオ会話にもおすすめ。スリムでスタイリッシュなデザインもおしゃれなWEBカメラです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 会議用ワイドレンズカメラ CMS-V43BK

超広角150°ワイドレンズを搭載したWEBカメラ。ホールやイベント会場などの様子を幅広く撮影するのにおすすめです。大人数の会議で使用すれば、参加している人だけでなくホワイトボードなどもはっきり映し出すことが可能。マイク内蔵で学校や研修所などの講習会で使用するのにも適しています。

HD720p対応でフレームレートが最大30FPSのため、なめらかできれいな映像を撮影することが可能。パソコンモニターや三脚に取り付けできるので、好みのアングルに設置できます。USBケーブルを接続するだけですぐに使えるため、オンライン会議の準備に手間がかかりません。ZoomやSkypeにも対応している機能性の高いWEBカメラです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) ワイドレンズWEBカメラ CMS-V52S

アクティブノイズキャンセル機能搭載の高感度デュアルマイクを内蔵したWEBカメラ。大人数のWEB会議で周囲の余分な雑音を遮断するため、相手にこちらの音声をはっきり伝えられます。フルHDより高画質な4K撮影ができる850万画素の高精細WEBカメラなので、画質にこだわりがある方におすすめです。

水平画角が90°で広い範囲を撮影できるため、ストリーミング配信にも適しています。デジタルズームボタンを使えば、1~30段階で倍率が調節できるので便利です。パソコンモニターや机の上に設置できるだけでなく、三脚にも取り付けできるので好みのアングルから撮影することが可能。広角撮影ができるハイスペックなモノを探している方におすすめです。

コンピューケースジャパン(COMPUCASE JAPAN) JWC-C500A-BK

フルHDより高画質な2K撮影ができる500万画素のWEBカメラ。フレームレートが最大で30FPSのため、なめらかで美しい映像でSkypeやZoomを楽しみたい方におすすめです。画角が90°で幅広い範囲を撮影できるのもポイント。デジタルマイク内蔵で別売のマイクを用意する必要がないのも魅力です。

可動式スタンドを搭載しており、モニターに取り付けたりテーブルに置いたりして使用できます。オートフォーカス機能で被写体に自動でピントが合うので便利。オレンジとブラックを組み合わせたスタイリッシュなデザインもおしゃれです。

WEBカメラのおすすめ|配信向け高画質モデル

ロジクール(Logicool) WEBカメラ StreamCam C980OW

臨場感のある高画質な映像でストリーミング配信をしたい方におすすめのWEBカメラ。1080pのフルHD対応でフレームレートも最大60FPSのため、鮮明な映像で撮影や録画ができます。AI対応の顔トラッキング機能により、ストリーム配信やビデオ撮影の最中に被写体の顔を正確にフォーカスすることが可能です。

デュアルフロントフェースマイク搭載で美しい音声を配信できるのも魅力。音楽や歌をストリーミング配信する方におすすめです。通信速度の速いUSB Type-Cでパソコンと接続できるので、素早くビデオ転送ができます。高画質で高音質な映像をスムーズに配信できるWEBカメラです。

ロジクール(Logicool) WEBカメラPro Stream Webcam C922

フルHDなら30FPS、HDなら60FPSで撮影できるWEBカメラ。きれいな画質でビデオ通話をしたり、なめらかな映像をYouTubeに配信することが可能です。HDオートフォーカスと光補正機能を搭載しているため、部屋が暗くても高画質で鮮明な映像を映し出せます。

画角が78°と広めで、最高で2人をフレームに入れて撮影することが可能。パソコンモニターへの取り付けやテーブルへの設置だけでなく、三脚にも取り付けできるのでさまざまなアングルに設置して使用できます。カメラの両側にある2本のマイクであらゆる角度の音をキャプチャできるのも魅力。ストリーム配信に適した機能を搭載したWEBカメラです。

エイスース(ASUS) WEBカメラ ROG Eye

顔の自動露出機能とオートフォーカステクノロジーにより、被写体の顔を自動検出して明るく映し出せるWEBカメラ。暗い場所からも鮮明な映像を撮影できるので、時間と場所を選ばずに使えるのが魅力です。高画質なフルHDでフレームレートが最大60FPSのため、きれいでなめらかな映像を配信することが可能です。

ノイズをフィルタリングするビーム形成技術により自分の声以外の雑音を遮断できるので、はっきりした音声を届けられます。マイクはワンクリックで音量や指向性パターンを素早く調節できるので便利です。本体は17mmに折りたためるため、ポケットやカバンに入れて携帯できます。画質や音質だけでなく、携帯性にもこだわりたい方におすすめです。

Spedal WEBカメラ MF934H

フルHDのWEBカメラでできるだけ安いモノを探している方におすすめの製品。高解像度なだけでなくフレームレートも最大60FPSと高いため、なめらかに動くきれいな映像を撮影できます。画角が100°と広いので、大人数のオンライン会議や家族全員が参加するビデオ会議にもおすすめです。

自動調光機能により、薄暗い場所でもクリアな映像を撮影できます。ドライバーソフトが不要でUSB接続するだけですぐに使えるのもポイント。折りたたみ式のクリップスタンドでパソコンのモニターやテーブルの上に設置できるため、さまざまなアングルから撮影できます。使いやすさとコスパのよさが魅力のWEBカメラです。

Vitade WEBカメラ 682H

使いやすい機能が一通り揃っているWEBカメラ。暗い場所での撮影に適した光補正機能、画角100°の広角レンズ、専用ドライバー不要、マニュアルフォーカス、360°角度調節、などの便利な機能を搭載しています。2台のステレオマイク内蔵で臨場感のある音声を配信できるのも魅力です。

高画質なフルHDでフレームレートが60FPSなので、なめらかできれいな映像を撮影できます。パソコンのモニターにもテーブルの上にも設置でき、三脚にも取り付け可能なので好みのアングルで使用することが可能。ビデオ会話にもストリーミング配信にも適しているので、さまざまな用途でWEBカメラを使いたい方におすすめです。

WEBカメラのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

WEBカメラのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。