ビデオ通話やテレビ会議に便利な「WEBカメラ」。現在ではさまざまな機能を備えたモデルがラインナップされており、どれを選べばよいか悩んでしまいがち。

そこで今回は、WEBカメラのおすすめモデルをご紹介します。選び方もあわせて解説するので、購入を検討している方はチェックしてみてください。

WEBカメラ(ウェブカメラ)とは?

By: logicool.co.jp

WEBカメラとは、撮影した映像をインターネットを通じてパソコンやスマホなどに送信できるカメラのこと。Skypeでのビデオ通話やZoomでのテレビ会議の際に使用すれば、こちらの表情などを相手に伝えながら話せるので便利です。また、会議の様子を撮影して得意先などに送信する際にも、WEBカメラが役立ちます。

WEBカメラの選び方

使い方や設置方法に合ったモノを選ぶ

クリップタイプ

By: logicool.co.jp

クリップタイプは、ノートパソコンや外付けディスプレイの枠に挟んで固定します。取り外しや設置が簡単にできるため、WEB会議や語学のオンラインレッスンなど手軽に使用したい際にぴったり。また、コンパクトサイズのモデルが多く、パソコンに取り付けても気になりにくいのがポイントです。

さらに、折り畳みタイプを選べば、自宅や職場から頻繁に持ち運びする場合も便利。三脚用のネジ穴を搭載しているクリップタイプのWEBカメラもあり、さまざまな使い方が可能です。ただし、複数人での参加の場合、画面に収まりきらない場合もあるため、あらかじめ画角を確認しておきましょう。

スタンドタイプ

By: amazon.co.jp

スタンドタイプは、ユーザーの位置に合わせて設置する場所を選べるのがメリットです。クリップタイプと異なり、ノートパソコンや外付けディスプレイの前に座っている必要がないため、複数人が参加する会議や広い範囲を映したい際に便利。

ただし、スタンドタイプを選ぶ際には、USBケーブルや電源ケーブルの長さを確認しておきましょう。さらに、本体の大きさによっては、設置する場所が限られてしまうため、サイズに気を付けながら選んでみてください。

画素数をチェック

By: logicool.co.jp

用途に合わせてWEBカメラの画素数をチェックしておきましょう。WEB会議やオンラインレッスンなど通話を目的とした用途であれば、200画素数以上のモデルがおすすめです。また、メモ書きやホワイトボードなどに文字を記入して相手に見せる際には、HD画質以上だとさらに鮮明に映し出せます。

YouTubeなどのライブ配信機材として用いる場合、フルHDや4K解像度に対応したモデルも選択肢に入れてみてください。さらに、自動光補正機能を搭載しているモノを選べば、照明が暗い場所でも被写体を明るく映し出せるため、仕様を確認しておきましょう。

フレームレートをチェック

By: logicool.co.jp

動きのある映像を必要とする場合にはフレームレートにも注目してみてください。「fps」の前に付く数値が大きくなるほど1秒間に撮影できるコマ数が増え、カクつきを抑えた滑らかな動画を撮影できます。WEB会議など人の動きが少ない用途で使用する際には、30fpsに対応していればストレスのない通話が可能です。

一方、カメラの前で体やモノを動かして撮影する際に、より激しいモーションも細かく再現させたい方は、60fpsに対応したモデルをおすすめします。ただし、高フレームレートを安定させながらビデオ通話を行う場合、ネットワークやパソコンへの負担が大きくなる点に注意が必要です。

複数人で使用するなら広角モデルを

By: amazon.co.jp

WEBカメラで映す人数や範囲に合わせて、広角モデルも選択肢に入れてみてください。画角が大きくなるほど、より高範囲での撮影が可能です。1人の場合であれば、顔から肩まで収まりやすい70~90°の画角に対応したモノがおすすめ。一方、3人以上が参加するWEB会議などは110~120°の画角があると安心です。

また、カメラ部分が可動するモデルもおすすめ。ユーザーの位置に合わせて撮影する範囲を調節できるため、話者を中心として映し出せます。

マイク搭載ならWeb会議でも便利

By: logicool.co.jp

WEB会議をスムーズに進めたい方は、マイクを内蔵しているモデルが便利です。ヘッドセットなど新たに機材を用意する必要がないのがポイント。また、複数人が参加をする会議であれば、360°で集音可能な全指向性に対応したマイクを選びましょう。

周囲で発生している環境音や騒音が気になる場合は、「ノイズキャンセリング機能」を搭載しているモノもおすすめです。マイクに入る雑音を抑えられるため、クリアな音声を相手に届けられます。さらに、通話中に発生しやすいハウリングを軽減する「エコーキャンセリング機能」も魅力です。

WEBカメラのおすすめメーカー

ロジクール(Logicool)

By: logicool.co.jp

ロジクールは、キーボードやマウス、WEBカメラなどのコンピュータ周辺機器を取り扱うメーカー。ライトユーザーからコアユーザーまで、さまざまな層に向けた豊富なラインナップが魅力です。

鮮やかで臨場感のある動画が撮影できる4K Ultra HD対応モデルや、リアルなサウンドがキャプチャできるデュアルマイク搭載モデルなど、ハイエンドモデルが充実。高性能なWEBカメラを探している方におすすめです。

バッファロー(BUFFALO)

バッファローは愛知県に本社を置くコンピュータ周辺機器を取り扱うメーカーです。ビデオ通話に適した広視野角レンズを搭載したモデルや、ピント調節ができるマニュアルフォーカス搭載モデルなどをラインナップ。価格と性能のバランスに優れた製品が充実しているので、初めてWEBカメラを購入するエントリーユーザーの方におすすめです。

エレコム(ELECOM)

By: elecom.co.jp

エレコムは大阪市中央区に本社を置く国内メーカー。USBケーブルを接続するだけで手軽に使える「一発接続タイプ」から、高い色再現性を実現するCMOSセンサーを搭載したモデルまで、さまざまなWEBカメラを展開しています。

エレコムが製造するモデルはどれも低価格ながらハイスペックなので、コストパフォーマンスを重視する方におすすめ。専用ソフトウェア「エレコムWebCamアシスタント」を使えば、本格的な動画編集が簡単にできるのも魅力です。

WEBカメラのおすすめモデル

ロジクール(Logicool) HD PRO ウェブカメラ C920N

自動光補正機能を搭載したWEBカメラです。夜間や薄暗い環境下でも、明るさを調節することで鮮明な映像を映し出せます。また、フルHD解像度に対応したガラスレンズとプレミアムオートフォーカスも本製品の魅力です。

三脚対応のユニバーサルクリップで、棚やディスプレイ部分に挟んで使用できます。さらに、本体の両サイドにマイクを内蔵しており、どの方向からでもクリアな音声の取り込みが可能。専用ドライバのインストールが不要で、自宅や会社でパソコンを使い分けている場合にも便利です。

ロジクール(Logicool) PRO STREAM WEBCAM C922N

60fpsの高フレームレートに対応したWEBカメラです。わずかな動きも滑らかに映し出すことで、遅延や歪みを抑えた快適なライブブロードキャストを行えます。また、自動光補正機能を搭載しているため、光が入りにくい薄暗い場所でも明るく調節可能です。

ユーザーを画角内に収めやすい最大78°の視野角も本製品のポイント。さらに、カメラの両サイドに内蔵したマイクによって、広い範囲で集音できます。ディスプレイに挟んでの取り付けや、付属の卓上用三脚を使用することで、フラットなデスクの上にも設置できます。

ロジクール(Logicool) HD Webcam C525n

オートフォーカス機能を搭載したWEBカメラです。ユーザーが動き回ったり、書類などをカメラに近づけたりしても、自動的に被写体に対してピントを合わせられるのがポイント。また、光補正機能によって、光が入りにくい薄暗い場所でも明るく調節できます。

内蔵マイクにはノイズリダクションを採用しているのも本製品の魅力。周囲で発生している生活音や騒音がマイクに入りにくく、相手とのクリアな通話を楽しめます。さらに、折り畳んで持ち運べるため、自宅や職場以外のWEB会議にも便利なモデルです。

ロジクール(Logicool) StreamCam C980GR

鮮明に被写体を映し出せるWEBカメラです。AI対応の「顔トラッキング機能」によって、ユーザーがどこにいても正確に焦点を合わせられます。また、60fpsのフルHD解像度に対応しており、あらゆる動きに対して滑らかなビデオストリーミングや録画が可能です。

縦方向に切り替えられるカメラも魅力。使用するソフトウェアやアップロードをするアプリに合わせて、16:9と9:16の2種類からアスペクト比を選べます。高速で転送を行えるUSB Type-Cコネクタを採用しており、新型のMacBookシリーズにも接続できるモデルです。

バッファロー(BUFFALO) WEBカメラ BSW505M

開閉式のプライバシーシャッターが魅力のWEBカメラです。使用していない際に閉めておくことで、ハッキングによる盗撮や消し忘れによる映像流出を防げます。また、レンズへの傷や汚れの付着を抑えられるのもポイント。

フルHD解像度に対応しているほか、30fpsでの滑らかなキャプチャーが可能です。さらに、約120°の広視野角を有しており、複数人でのテレビ会議にも便利。ディスプレイ部分に取り付けられるほか、デスクの上に平置きできるため、利用シーンに合わせて設置方法を選べます。

エレコム(ELECOM) ワイド画面HD対応100万画素Webカメラ UCAM-C310FBBK

使用環境に応じて設置方法を選べるWEBカメラです。マルチスタンドを採用しており、ノートパソコンやデスクトップパソコンのディスプレイに取り付けられるほか、デスクなどのフラットな場所にも置けます。また、カメラ本体は上下に角度を調節できるため、ユーザーの位置に合わせやすいのがポイント。

専用ドライバのインストールが必要なく、機器の操作が苦手な方に安心です。さらに、メーカー独自の「WebCamアシスタント」によって、YouTubeへの投稿や動画の簡易編集などを行えます。約66gの軽量設計で、自宅内やオフィスでの持ち運びも便利なモデルです。

Logitubo HDウェブカメラ 920

鮮明な映像をキャプチャーできるWEBカメラです。フルHD画質に対応したガラスレンズを採用しており、ビデオ通話に適した環境をつくり出せます。YouTube・ Skype・Google Hangouts・Face Time for Macといった幅広いソフトウェアで使用できるのも魅力。

クリアな音声通話が可能なノイズキャンセリングマイクを搭載しています。周囲で発生している環境音や騒音を抑えることで、相手との通話もスムーズに行えるのがポイント。Windows・Macの両OSに対応しているため、複数のパソコンを所有している方にもおすすめのモデルです。

eMeet WEBカメラ NOVA

マイクを内蔵したWEBカメラです。周囲の雑音を軽減できるノイズキャンセリング機能を搭載しており、クリアな音声を相手に届けられます。また、独自のエコーキャンセラ技術によって、通話中のハウリングを防ぎ、途切れのないスムーズな会話が可能です。

自由自在に動くカメラも魅力のポイント。ユーザーの位置に合わせて、左右に360°、上下に40°で調節できます。折りたたみ式を採用しており、使用していないときの収納や、外出先への持ち出しにも便利です。

Skype・Google Hangouts・Amazon Chime・Face Time for Macといった幅広いソフトウェアに対応しています。さらに、Windows・Mac・Linux・Androidとの互換性を有しているほか、専用ドライバが不要なので、自宅や職場での共有に便利なモデルです。

wansview ウェブカメラ web1

フルHD解像度に対応したWEBカメラです。色の再現性が高い「CMOSイメージセンサー」を搭載しており、クリアな画質でビデオ通話を楽しめます。30fpsのフレームレートによって、細部の動きも滑らかにキャプチャー可能です。

また、ノイズキャンセリング機能を搭載したマイクを内蔵してます。周囲で発生している環境音や雑音を抑えることで、クリアな声を相手に伝えられるのが魅力。さらに、Facebook・YouTube・Skype・Zoom・Face Timeといった幅広いソフトウェアで使用できます。

AOBOCO WEBカメラ 968

薄暗い環境でもビデオ通話を楽しめるWEBカメラです。3段階で切り替えられるLEDリングフィルライトを搭載しているため、光が弱い場所でも鮮明に被写体を映し出します。また、オートフォーカス機能によって、焦点距離を自動的に調節することで、動きがあってもピントを合わせやすいのがポイント。

本体に2つのステレオマイクを内蔵しているほか、ノイズキャンセリング機能を備えているため、周囲で騒音が発生している環境でもクリアな音声を届けられます。また、最大90°の広視野角を有しており、ユーザーを画面内に収めやすいのがポイントです。

使用する場所に合わせて設置方法を選べるのも本製品の魅力。クリップをディスプレイ部分に挟めるほか、フラットなデスクへの平置き、三脚への取り付けも可能です。折り畳みタイプでコンパクトに収納できるため、持ち運びにも適しています。

Jelly Comb ウェブカメラ

セキュリティ対策にぴったりなWEBカメラです。レンズ部分に搭載しているカバーを閉じることで、ソフトウェアの切り忘れなどからプライバシーを守れます。また、Skype・YouTube・Facebook・Hangouts・Zoom・Face Timeといったソフトウェアに対応しているのも便利なポイントです。

自動光補正機能によって、光が入りにくい薄暗い場所でも使用可能。さらに、周りで発生しているノイズや通話中に起こりやすいエコーを低減する高性能マイクを内蔵し、クリアな音声を相手に届けられます。低価格ながら機能性に優れており、コストパフォーマンスを重視する方におすすめのモデルです。

FDDQC ウェブカメラ webcam-001

広視野角に対応したWEBカメラです。最大110°の範囲で映せるため、複数人が参加する会議でも画角内に収まりやすいのがポイント。また、カメラ部分は360°で回転し、ユーザーがいる位置に合わせて自由自在に調節できます。

USBをパソコンに接続するだけで使用できる「プラグアンドプレイ」も魅力。専用のドライバをインストールする必要がなく、機器の操作が苦手な方でも簡単に使用できます。さらに、幅120×奥行50×高さ50mmのコンパクトサイズで、頻繁に持ち運びをする方にもおすすめです。

YIHAI Webカメラ SXT

携帯性に優れたWEBカメラです。手のひらにも乗せられる幅68×奥行25×高さ80mmのコンパクトサイズに加え、110gの軽量設計タイプで外出先へ持ち運ぶ方におすすめ。また、パソコンのディスプレイ部分に挟み込めるだけでなく、三脚にも取り付けられます。

内蔵マイクには、クリアな音声を伝えられるノイズリダクション機能を搭載しているのも魅力的なポイント。さらに、本体から5m離れた場所からでも集音できるため、設置場所の選択肢が広がります。フルHD解像度に対応した最大画角110°の広角レンズを採用しており、複数人や広い部屋でのビデオ会議に便利なモデルです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 会議用ワイドレンズカメラ CMS-V43BK

複数人での会議におすすめのWEBカメラです。150°の超広角レンズを搭載しているため、複数人が参加していても画角に収まりやすいのが魅力。また、ハイビジョン画質に対応しており、鮮明なビデオ通話を楽しめます。

ノートパソコンやディスプレイに設置できるのがポイント。さらに、カメラ用三脚への取り付けや、折り畳むことでデスクへの平置きも可能。1.5mのロングケーブルを採用しており、離れた場所からでも使用できます。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) FULL HD WEBカメラ CMS-V37BK

オシャレなデザインが魅力のWEBカメラです。アルミ加工が施された高級感のあるブラックの外観は、プライベートだけでなく、ビジネスシーンにもぴったり。また、自由に動かせるフレキシブルアームを搭載しており、大型のディスプレイにも取り付けられます。

5枚のガラスレンズを採用したフルHD解像度モデルのため、表情などを細かく映し出せるのが特徴。被写体の再現性を重視する方におすすめです。さらに、カメラ本体にマイクを内蔵しており、ヘッドセットを付けなくてもビデオ通話を楽しめる便利なモデルです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) カメラ内蔵USBスピーカーフォン CMS-V47BK

1台3役の便利なWEBカメラです。フルHD解像度に対応したカメラに加え、マイクとスピーカーを内蔵しており、新たに機材を用意する必要がありません。また、1.5mの長めのケーブルを付属しているほか、幅62×奥行62×高さ235mmのコンパクトサイズなので、設置場所を選びやすいのもポイントです。

360°全方位で集音可能なマイクは、複数人でのWEB会議にぴったり。さらに、ハウリングを抑えるエコーキャンセリング機能や、周囲の環境音を軽減するノイズリダクション機能を搭載しているため、相手との快適な通話を楽しめます。

Aibecy WEBカメラ PHK3366652429055LG

自由自在に方向を調節できるWEBカメラです。水平に360°、垂直に±45°動かせるため、発言する話者が代わってもピンポイントで合わせられます。また、高感度の赤外線リモコンを付属しており、離れた場所からでもカメラを制御できるのが魅力です。

Windows・Macの両OSに対応しているのも便利。さらに、専用ドライバをインストールする必要がなく、パソコンを交換してもそのまま使用できます。スタンドタイプなのでデスクに置けるほか、付属のネジを取り付けることで、天井への設置も可能なモデルです。

WEBカメラのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

WEBカメラのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。