ビデオ通話やテレビ会議に便利な「WEBカメラ」。現在ではさまざまな機能を備えたモデルがラインナップされており、どれを選べばよいか悩んでしまいがちです。

そこで今回は、WEBカメラのおすすめモデルをご紹介します。選び方もあわせて解説するので、購入を検討している方はチェックしてみてください。

WEBカメラ(ウェブカメラ)とは?

By: logicool.co.jp

WEBカメラとは、撮影した映像をインターネットを通じてパソコンやスマホなどに送信できるカメラのこと。Skypeでのビデオ通話やZoomでのテレビ会議の際に使用すれば、こちらの表情などを相手に伝えながら話せるので便利です。また、会議の様子を撮影して得意先などに送信する際にも、WEBカメラが役立ちます。

WEBカメラの選び方

使い方や設置方法に合ったモノを選ぶ

クリップタイプ

By: logicool.co.jp

クリップタイプは、ノートパソコンや外付けディスプレイの枠に挟んで固定します。取り外しや設置が簡単にできるため、WEB会議や語学のオンラインレッスンなど手軽に使用したい際にぴったり。また、コンパクトサイズのモデルが多く、パソコンに取り付けても気になりにくいのがポイントです。

さらに、折りたたみタイプを選べば、自宅や職場から頻繁に持ち運びする場合も便利。三脚用のネジ穴を搭載しているクリップタイプのWEBカメラもあり、さまざまな使い方が可能です。ただし、複数人での参加の場合、画面に収まりきらないこともあるので、あらかじめ画角を確認しておきましょう。

スタンドタイプ

By: amazon.co.jp

スタンドタイプは、ユーザーの位置に合わせて設置する場所を選べるのがメリット。クリップタイプと比べて画角が広いタイプが多いので、複数人が参加する会議や広い範囲を映したい際に便利です。

ただし、パソコンから離れた位置に設置したい場合は、USBケーブルや電源ケーブルの長さを確認しておきましょう。本体の大きさによっては設置する場所が限られてしまうため、サイズにも気を付けながら選んでみてください。

画素数をチェック

By: logicool.co.jp

用途に合わせてWEBカメラの画素数をチェックしておきましょう。WEB会議やオンラインレッスンなど通話を目的とした用途であれば、200万画素以上のモデルがおすすめです。また、メモ書きやホワイトボードなどに文字を記入して相手に見せる際には、HD画質以上だとさらに鮮明に映し出せます。

フレームレートをチェック

By: amazon.co.jp

動きのある映像を必要とする場合にはフレームレートにも注目してみてください。「fps」の前に付く数値が大きくなるほど1秒間に撮影できるコマ数が増え、カクつきを抑えた滑らかな動画を撮影できます。WEB会議など人の動きが少ない用途で使用する際には、30fpsに対応していればストレスのない通話が可能です。

一方、カメラの前で体やモノを動かして撮影する際に、より激しいモーションも細かく再現させたい方は、60fpsに対応したモデルがおすすめ。ただし、パソコン性能やネットワーク環境によっては、高フレームレートを維持できない場合があるので注意しておきましょう。

複数人で使用するなら広角モデルを

By: amazon.co.jp

WEBカメラで映す人数や範囲に合わせて、広角モデルも選択肢に入れてみてください。画角が大きくなるほど、より高範囲での撮影が可能です。1人の場合であれば、顔から肩まで収まりやすい70~90°の画角に対応したモノがおすすめ。一方、3人以上が参加するWEB会議などは110~120°の画角があると安心です。

マイク搭載ならWeb会議でも便利

By: logicool.co.jp

WEB会議をスムーズに進めたい方は、マイクを内蔵しているモデルがおすすめ。ヘッドセットなど新たに機材を用意する必要がないのが魅力です。複数人が参加をする会議であれば、360°で集音可能な全指向性に対応したマイクを選びましょう。

周囲で発生している環境音や騒音が気になる場合は「ノイズキャンセリング機能」を搭載しているモノもおすすめです。マイクに入る雑音を抑えられるため、クリアな音声を相手に届けられます。さらに、通話中に発生しやすいハウリングを軽減する「エコーキャンセリング機能」があるとより安心です。

WEBカメラのおすすめメーカー

ロジクール(Logicool)

By: logicool.co.jp

ロジクールは、キーボードやマウス、WEBカメラなどのコンピュータ周辺機器を取り扱うメーカー。ライトユーザーからコアユーザーまで、さまざまな層に向けた豊富なラインナップが魅力です。ハイエンドモデルも充実しているので、高性能なWEBカメラを探している方におすすめです。

バッファロー(BUFFALO)

By: buffalo.jp

バッファローは愛知県に本社を置くコンピュータ周辺機器を取り扱うメーカー。価格と性能のバランスに優れた製品が充実しているので、初めてWEBカメラを購入するエントリーユーザーの方におすすめです。

エレコム(ELECOM)

By: elecom.co.jp

エレコムは大阪市中央区に本社を置く国内メーカーです。デザインがシンプルなWEBカメラが多く、ビジネスシーンにもピッタリ。低価格ながらハイスペックなモデルがラインナップされています。コストパフォーマンスを重視する方におすすめです。

WEBカメラのおすすめモデル

ロジクール(Logicool) HD WEBCAM C270n

ノイズリダクション機能を搭載したWEBカメラです。周囲で発生している騒音がマイクに入り込むのを防ぎ、クリアな音声を相手に届けられるのが魅力。また、ユニバーサルクリップを搭載しており、ノートパソコン、デスク、棚などさまざまな場所に設置できます。

使用環境に応じて鮮明に映し出せるのも本製品のポイント。自動光調節機能によって、照明条件に合わせてコントラストの高い映像を表現できます。さらに、Windows・Mac・AndroidといったOSとの互換性があり、幅広いデバイスで音声通話を楽しめるモデルです。

ロジクール(Logicool) HDウェブカメラ C505

プラグアンドプレイ対応のWEBカメラです。ドライバーをインストールする必要がなく、デバイスにUSBケーブルを差し込むだけで使用できます。また、2mと長めのケーブルや、ユニバーサルクリップを採用しており、さまざまな取り付け方法が可能です。

60°の広視野角カメラを搭載しているのもポイント。さらに、最大3mまでクリアな音声を拾えるノイズリダクション機能によって、騒がしい場所でも快適に相手との会話を行えるモデルです。

ロジクール(Logicool) StreamCam C980

AI機能を搭載したWEBカメラです。自動でユーザーを認識する「顔追尾オートフォーカス」によって、カメラ内のどこにいても鮮明にキャプチャーできます。また、アスペクト比を16:9、9:16で切り替えられるのもポイントです。

高性能カメラも魅力のひとつ。フルHD解像度、60fpsに対応しており、動きのある映像も滑らかに撮影できます。さらに、モニターマウント・三脚マウントの2種類を付属し、使用環境に応じて自由に設置可能なモデルです。

バッファロー(BUFFALO) Webカメラ BSWHD06M

コストパフォーマンスに優れたWEBカメラです。価格を抑えながらも、好みのピントを合わせられる「マニュアルフォーカス」や、複数人が参加していても音声を拾えるマイクを備えているのがポイント。また、USBケーブルを差し込むだけで使用でき、専用ドライバーをインストールする必要がないのも魅力です。

幅広い設置方法を選べるのも特徴のひとつ。スタンド部分を調節することで、ノートパソコンのモニター部分や、デスクの平面などさまざまな場所で撮影できます。さらに、Windows・Macの両OSに対応しているため、複数のパソコンを使い分けている方にもおすすめのモデルです。

バッファロー(BUFFALO) Webカメラ BSW505M

120°の広角レンズを採用したWEBカメラです。広範囲での撮影を可能としているため、複数人が参加する会議におすすめ。また、カメラ本体にマイクを内蔵しており、ノートパソコンやデスクに設置するだけで、素早くビデオ会議を始められます。

プライバシーシャッターも便利なポイント。物理的にレンズ部分を開閉できるので、万が一のハッキングや重要なデータの漏洩を防げます。さらに、フルHDの高解像度に対応しているほか、30fpsでの滑らかな撮影も可能なモデルです。

エレコム(ELECOM) 高精細Full HD対応500万画素Webカメラ UCAM-C750FBBK

コンパクトながら500万画素の高精細映像が撮れるWEBカメラです。最大2592×1944ピクセルの動画撮影に対応しているほか、2000万画素の静止画撮影も可能。本体にはマイクも搭載されており、すぐにWEB会議を始められます。

また、マルチスタンドを採用しているのもポイント。クリップタイプとしてディスプレイに取り付けられるだけでなく、折りたためばスタンドタイプのように平面に設置することも可能です。安価で使い勝手に優れたおすすめのWEBカメラです。

エレコム(ELECOM) 超高精細Full Hd対応800万画素Webカメラ UCAM-C980FBBK

機能性を重視する方におすすめのWEBカメラです。メーカー専用の「WebCamアシスタント」をインストールすることで、趣味やYouTube用向けに撮影した映像を簡易的に編集できるので便利。また、低ノイズ・高音質のステレオ対応デジタルマイクを2台内蔵しており、クリアな音声を相手に届けられます。

最大800万画素での撮影に対応し、鮮明な映像によるビデオ会議やストリーミング配信を行えるのもポイント。さらに、ケーブルを差し込むだけで使用でき、ドライバーをインストールする手間を省けるのも魅力です。

エレコム(ELECOM) Full HD対応Webカメラ WEBCAM-101BK

オートフォーカス機能を備えたWEBカメラです。被写体に対してピントを合わせられるため、鮮明な映像を楽しめるのが特徴。また、本体にプライバシーシャッターを取り付けており、使用していないときに物理的に撮影を遮断できます。

マルチスタンドを採用しているのもポイント。ノートパソコンや外付けモニターへの設置だけでなく、デスクのうえに置きながらビデオ会議を行えます。さらに、Skype・Zoom・Cisco Webex Meetings・Microsoft Teamsといったビデオ通話サービスで動作確認が済んでおり、安心して使用できるモデルです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) オートフォーカスWEBカメラ CMS-V45S

可動式のスタンドを採用したWEBカメラです。自由に角度を調節できるため、ノートパソコンのモニター部分やデスクのうえなど幅広い場所に設置して会議を行えます。

自動オートフォーカス機能も魅力のひとつ。カメラを被写体に向けるだけでピントを合わせられるので便利です。さらに、カメラ本体にマイクを内蔵しており、使い勝手に優れています。

DEPSTECH WEBカメラ D04-JP

互換性に優れたWEBカメラです。 Skype・Zoom・Twitter・YouTube・Facebookといったソフトウェアに対応しており、さまざまな場面で会議を行えるのが便利。また、プラグアンドプレイ機能によって、専用ドライバーをインストールする手間を省けるのもポイントです。

ノイズリダクション機能も魅力のひとつ。周囲の話し声や騒音を低減し、クリアな音声を相手に届けられます。さらに、360°回転するスタンド採用しており、自由に撮影角度を切り替えられるのも魅力です。

eMeet NOVA WEBカメラ C980pro

360°全指向性マイクを搭載したWEBカメラです。本体両サイドにステレオマイクが取り付けられているため、複数人での会議におすすめ。また、独自のエコーキャンセラー機能によって、音の遅延や途切れを防ぎ、自然な会話を行えます。

機能性に優れたデザインも本製品の魅力。スタンド部分が前後に180°で回転するほか、三脚への取り付けにも対応しており、自由自在に撮影できます。さらに、折りたたみ時のサイズは幅100×奥行き65×高さ56mmとコンパクトで、持ち運びにも便利なモデルです。

Supertemblor WEBカメラ ASX003A01

暗い場所での会議におすすめのWEBカメラです。3段階で明るさを切り替えられるリングライトを搭載しており、被写体を鮮明に映し出せるのが便利。また、オートフォーカスと顔認証機能によって、細部まで細かく撮影できます。

デュアルデジタルステレオマイクも魅力のひとつ。ノイズリダクション機能によって、周りで発生している雑音が入り込むのを抑えられます。さらに、カメラは80°の広視野角に対応しているため、複数人での会議にもぴったりなモデルです。

papalook WEBカメラ AF925

ステレオマイクを内蔵したWEBカメラです。会議室の周りで発生している騒音が入り込むのを防ぎ、発言者の声を相手にはっきりと伝えられるのがポイント。また、プラグアンドプレイ機能を搭載しており、USBケーブルをパソコンに差し込むだけで使用できます。

オートホワイトバランス機能を備えているのも本製品の特徴。薄暗い場所でのビデオ会議でも明るさを自動で調節し、被写体を鮮やかに映し出せます。さらに、65°の画角に対応しており、会議・オンラインレッスン・ビデオ録画など、幅広い用途におすすめのモデルです。

Vitade WEBカメラ 682H

ストレスレスでWEB会議を行えるWEBカメラです。フルHD解像度に加え、フレームレートは60fpsに対応しているのが特徴。また、自動光補正機能によって、薄暗い場所でも明るく映し出せます。

画角100°の広角レンズも本製品の特徴です。広い範囲でのキャプチャーが可能なので、複数人での会議にもおすすめ。さらに、2台の無指向性ステレオマイクを搭載しており、どの角度からでも快適にコミュニケーションが行えます。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 3倍ズーム搭載会議用カメラ CMS-V50BK

画質を重視する方におすすめのWEBカメラです。フルHD解像度に対応しているため、クリアな映像でのビデオ会議が可能。また、光学3倍ズームによって、細かい文章や、複数人が参加していても話者を拡大して映し出せます。

カメラの向きを自由に動かせるのもポイント。付属のリモコンを使用することで、水平に165°、垂直に30°の範囲で調節できます。さらに、ノートパソコンからの電源供給に対応しており、USBケーブルを接続するだけで使用できるのも魅力です。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) USBカメラ 400-CAM082

3つの取り付け方法に対応したWEBカメラです。モニター上部やデスク上での据え置きに加え、別売りの三脚を装着することで屋外でも使用しやすいのがポイント。また、リモコンが付属しており、本体を水平方向に75°、垂直方向に30°まで調節できます。

210万画素の高解像度カメラも特徴。さらに、最大10倍までのズームに対応しているため、細かい文章や被写体を拡大できます。Zoom・Skypeといったソフトウェアとの互換性を有しており、快適にビデオ会議を行いたい方におすすめのモデルです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) ビデオ会議カメラ 400-CAM072

自動追尾機能を搭載したWEBカメラです。音が発生している方向に対して反応し、発言者を自動的に捉えられます。また、水平方向に約170°の広範囲で追跡をおこなえるため、複数人が参加している会議にもおすすめです。

180°で集音するマイクも魅力。本体内部に4つのマイクを採用しており、半径3mの範囲で集音できます。さらに、アクティブノイズキャンセリングシステムと自動エコーキャンセリング機能によって、クリアな音声でテレビ会議を行えるおすすめのモデルです。

Tenveo WEBカメラ TEVO-VHD202U

光学20倍ズームに対応したWEBカメラです。広い会議室や、複数人が参加しているビデオ会議でも発言者をしっかりと映し出せるのが魅力。また、Zoom・Skype・YouTube・Twitterといった幅広いソフトウェアに対応しています。

自由自在に動くカメラも本製品のポイント。上下の方向に120°、左右に340°可動するため、会議だけでなく、オンラインレッスンや動画撮影などにも適しています。さらに、プラグアンドプレイ機能を搭載しており、煩わしい設定を行わずに使用できるおすすめのモデルです。

Aibecy WEBカメラ PHK3366652429055LG

スタンドタイプのWEBカメラです。水平方向に360°で回転するため、広い会議室での使用にぴったり。また、光学3倍ズームによって、複数人が会議に参加していても発言者を拡大して映し出せます。

使用環境に応じてさまざまな取り付け方法を選べるのもポイント。デスク上への平置きだけでなく、天井、三脚にも設置できます。さらに、付属のリモコンを操作することで、離れた場所からでもカメラ方向の調節を行えるモデルです。

Owl Labs Meeting Owl Pro MTW200

発言者を自動で認識するWEBカメラです。360°全方向で音声を捉える「Owl Intelligence System」によって、被写体に対してフォーカスできます。また、半径5.5mまでの広範囲における集音に対応しており、複数人が参加する会議にも便利です。

シンプルに扱えるのも本製品の魅力。プラグアンドプレイ機能を採用しているため、USBケーブルをパソコンに接続するだけで、素早くにビデオ会議を行えます。さらに、縦111×横111×高さ273mmのコンパクトサイズで、省スペースで設置できるのも魅力です。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) カメラ内蔵WEB会議スピーカーフォン 400-MC013

手軽にビデオ会議を行えるカメラ内蔵型のスピーカーフォンです。マイクとスピーカーを本製品に内蔵しており、別途準備をする手間を省けるので便利。また、ドライバーのインストールが不要で、付属のUSBケーブルをパソコンに差し込むだけで使用できます。

集音範囲が最大半径2.5mまでと広く、離れた場所からでも発言内容を相手側に伝えられるのもポイント。さらに、本体のボリュームボタンで音量を自由に調節できるのも魅力です。

WEBカメラのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

WEBカメラのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。