HDDやSSDの容量が残り少なくなった場合、外付け用のドライブを追加購入する方法が一般的です。しかし、手元に内蔵型ドライブが余っている方は、新しくドライブを購入するのが勿体なく思えますよね。

そこで今回は、内蔵型ドライブを外付け用として使えるようにするHDD/SSDケースをご紹介します。HDD/SSDケースの説明や選び方のポイントも解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

HDD/SSDケースとは?

By: amazon.co.jp

HDD/SSDケースとは、PC本体に内蔵されているHDD/SSDを、外付けのHDDやSSDのように管理できるケースです。

画像や動画などのデータを大量に保存してパソコンのストレージ容量がパンクしそうな時には、USB接続できる外付け用ストレージの購入を考える方が多いでしょう。しかし、手元にPC内蔵型のHDDやSSDがある方は、ケースを購入することで外付け用ストレージを購入するよりもコストを抑えられる可能性があります。

HDD/SSDケースの選び方

対応OSで選ぶ

HDDケースやSSDケースは、製品によって対応可能なOSが違うので、購入する前にPCで使用しているOSをチェックしておきましょう。

PCで使用しているOSに対応していないHDDケースやSSDケースでは、ドライブが認識されず、データの保存ができない場合があるので注意が必要です。

ドライブの規格で選ぶ

By: amazon.co.jp

HDDケースやSSDケースを選択する際には、ケースに入れるドライブの大きさや接続規格、転送速度に注意しなければなりません。

ドライブのサイズには、3.5インチ・2.5インチ・M.2の3種類があります。3.5インチのケースは比較的大容量のHDD用です。2.5インチのケースはHDD用とSSD用があり、コンパクトでAC電源がいらないのがメリット。M.2のケースはSSD用で、最もコンパクトで持ち運びに最適です。

また、接続規格はケースに組み込むドライブに合わせて選ばなければなりません。接続規格の種類は、SATA接続・IDE接続・PCI Express/NVMe接続があり、転送速度が最も遅いのがIDE接続で、SATA接続、PCI Express/NVMe接続の順に転送速度が上がります。

転送速度はUSBのバージョンによっても変わりますが、多くのケースは速度の速いUSB3.0やUSB3.1対応です。コストを抑えたい方のみUSB2.0を選びましょう。

接続方法で選ぶ

有線接続

By: amazon.co.jp

HDDケースやSSDケースをPCに接続する方法はさまざまです。USB接続のモデルが最もスタンダードですが、Mini-USB・Micro-USBなどUSBバージョンや端子の種類は、それぞれのHDDケースやSSDケースによって異なるので注意しましょう。

有線接続方式には、USBの他にeSATA接続という方式もあります。eSATA接続は転送速度が速いので、比較的大容量のデータを転送する場合におすすめです。

無線接続

By: amazon.co.jp

HDD/SSDケースとPCを無線で接続したい方は、Wi-Fi接続に対応したケースを選択するのがおすすめ。ただし転送速度は無線環境に左右され、ラインナップも限られているので注意しましょう。

HDD/SSDの搭載台数で選ぶ

By: amazon.co.jp

大容量のデータをHDDケースやSSDケースで保存・管理したい方は、複数台のドライブが組み込めるケースがおすすめ。組み込める台数が多いケースであれば、データの容量に応じて、後からドライブを追加することも簡単です。

また「RAID」と呼ばれる機能を搭載したHDDケースやSSDケースは、データを複数台のストレージに別々に保存できるので、1つのストレージが壊れても大切なデータを失う心配がありません。

その他機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

HDDケースやSSDケースを選ぶ際には、ボディの形状や材質も重要なポイントです。金属製ボディのケースや冷却ファンを搭載しているケースなら、HDDやSSDが発する熱を効果的に放出できます。

また、省電力機能を搭載したケースは、電源をPCと連動したり、一定時間経過後にストレージの稼働を停止してくれたりするモードがあるので、余計な電力の発生を防ぐことも可能です。

HDD/SSDケースのおすすめブランド

玄人志向

By: amazon.co.jp

玄人志向のHDDケースやSSDケースは、ハイクオリティーにも関わらずリーズナブルなのが特徴。ケースのデザインはシンプルながら、しっかりとした作りのモデルが多く、大事なデータを守るための頑丈さにも考慮されています。

オリジナルケースのデザインは、ストレージとケースの接続が簡単に行えるモノが多いので、頻繁にストレージの抜き差しを行う方におすすめです。

ロジテック(Logitec)

By: amazon.co.jp

PC周辺機器メーカーとして有名なロジテックは、HDDケースやSSDケースも豊富なラインナップを揃えています。

大容量ストレージの搭載に対応したビッグサイズのケースから、ストレージの接続やデータのやり取りを簡単に行えるコンパクトなケースまで、さまざまな特徴を持つ製品を展開しているので、ニーズにあうケースが見つけやすいブランドです。

センチュリー(CENTURY)

By: amazon.co.jp

PC周辺機器だけでなく防災関連製品や電子雑貨機器などを製造しているセンチュリーは、HDDケースやSSDケースも数多くのモデルを展開しています。

センチュリーのHDDケースやSSDケースは、ドライブの付け外しを簡単に行えるケースや、USBケーブルを収納できる持ち運びに便利なケースなど、オリジナリティ溢れる製品の多さが魅力です。

HDDケースのおすすめ|2.5インチ

玄人志向 2.5型 SATA SSD/HDDケース GW2.5CR-U3

カバーをスライドさせるだけでひらけるHDD/SSDケース。カバーの取り付けにネジを使用していないので、工具を用意することなくドライブをケース内に組み込めます。

電源は、ACアダプターを使わずUSBバスパワーからの給電のみ。厚さ約12.15mmのスリムなデザインと、最低限のケーブルのみでPCと接続できるシンプルさが魅力です。

アイティープロテック(ITPROTECH) プレミアムオールクリアボディ AOK-25CASE-U3C

透明ボディを採用し、ケース内部の視認を実現したHDD/SSDケース。手軽にドライブを組み込むことができる簡単設計で、ネジやドライバーも必要ありません。ケースに組み込んでいるドライブを目で見て確認することができるので、ドライブの付け替えを頻繁に行う方におすすめです。

ロジテック(Logitec) 2.5インチハードディスクケース LGB-PBPU3

ドライブを装着した際のガタツキをなくし、接触不良によるデータの破損を防ぐHDD/SSDケース。内部の基盤をケースで覆う設計なので、静電気による電子部品への影響も防止できます。

USB3.1の高速データ通信にも対応しており、データの転送も快適。HDDやSSDの接続も簡単に行えるので、ドライブを変更してバックアップの作成をしたい方におすすめです。

トランセンド(Transcend) 2.5インチSSD/HDDケース StoreJet TS0GSJ25S3

高速データ転送ができるUSB3.1に対応したHDD/SSDケース。動画や音楽、ゲームといったコンテンツの転送もスピーディに行えるので大容量データの保存や管理に最適です。

アルミニウム製のコンパクトで頑丈なボディは携帯性も抜群。トランセンドのデータ管理ソフト「Transcend Elite」に対応しているので、データ管理を快適に行いたい方におすすめです。

玄人志向 2.5型 SATA HDD/SSDケース GW2.5ACX2-U3.1AC

省スペースながら2台のHDDやSSDを搭載できる2.5型ドライブケース。RAID機能を搭載しており、2台のドライブに分散してデータを書き込む「ストライピング」や、2台のドライブに同時にデータを書き込む「ミラーリング」、2台のドライブをまとめて1台のドライブとして使う「スパンニング」などのモードを使用できます。

モードの切り替えは背面の切替えスイッチで簡単に行えるので、複数の動作モードを頻繁に使いたい方におすすめです。

センチュリー(CENTURY) MOBILE BOX 2.5インチHDD/SSDケース CMB25U3BK6G

本体に収納式のUSBケーブルが付属した2.5型HDD/SSDケース。PCに接続するUSBケーブルを別で持ち運ぶ必要がなく、外出先のPCにも簡単に接続できます。また、ドライブとケースの接続も工具を使わず簡単に行えるので、大容量のデータを頻繁に携帯する方におすすめです。

さらに、豊富なカラーバリエーションも魅力。ブラック/グレーの他にも5つのカラーを展開しているので、好みに合わせて選べます。

HDDケースのおすすめ|3.5インチ

玄人志向 3.5型 SATA HDDケース GW3.5AA-SUP/MB

PC電源連動やアクセス連動を搭載するなど省電力機能が充実したHDDケース。USBのバージョンが2.0なので転送速度はUSB3.0に劣りますが、その分低価格に設定されているのでコストを抑えたい方に適しています。

東芝の液晶ハイビジョンテレビ、レグザでの使用も可能。レグザでも電源連動やアクセス連動に対応しているので、特にレグザユーザーにおすすめのHDDケースです。

ロジテック(Logitec) 外付けハードディスクケース LGB-EKU3

アルミ製のボディを採用し、放熱性能に優れたHDDケース。アルミ製のボディは耐久性も高いので大事なデータを衝撃から守ってくれます。

縦置きスタンドが付属しており、縦横どちらも設置できるのも魅力。最大12TBの大容量HDDに対応できるので動画データなどをメインに保存する方や容量に余裕を持って使用したい方におすすめです。

ラトックシステム USB3.0/2.0 RAIDケース RS-EC32-U3RX

HDDを2台組み込めるHDDケース。RAID機能を搭載しており、HDDに保存されるデータをまるごとバックアップしてくれるので大切なデータの喪失を防止できます。

また、45℃以上で自動的に回転する冷却ファンにより、ドライブの熱を効果的に放出するのも魅力。ボディカラーは2色展開されているのでPCのカラーや部屋のインテリアに合わせて選べます。

センチュリー(CENTURY) 裸族のカプセルホテル Ver.2 CRCH35U3IS2

SATA接続のHDDを最大で4台搭載可能な3.5型HDDケース。前面のドアを開けるだけで、HDDを組み込める設計なのでHDDの入れ替えも簡単です。

付属の「裸族のインナー」を使用すれば、2.5インチサイズのHDDやSSDも組み込み可能。サイズの異なるSSDとHDDを組み合わせて使用する方におすすめです。

玄人志向 2.5/3.5型 SATA HDD/SSD ×2 ケース GW3.5ACX2-U3.1AC

アルミのボディと背面の冷却ファンにより放熱性能に優れたドライブケース。3.5型と2.5型の両方に対応できるように2.5型用のブラケットが付属しています。

10TBの大容量HDDを取り付けできるのも魅力。USB3.1の高速データ転送にも対応しているので容量の大きなデータのやり取りをストレスフリーで行える製品です。

ロジテック(Logitec) ハードディスクケース LHR-8BNHEU3

最大で96TBもの大容量HDDを搭載することができるビッグサイズのHDDケース。12TBのHDDを8台組み込み可能で、保存するデータが増えるごとに、HDDを追加していく使い方もできます。

東芝の液晶テレビ、レグザにも対応しているので、テレビ番組の録画用ドライブとして使用したい方にもおすすめです。

SSDケースのおすすめ

センチュリー(CENTURY) M.2 NVMe SSD to USB3.1 Gen.2 アルミケース CAM2NVU31C

最大10GBpsの高速データ転送が可能なアルミニウム製SSDケース。内部に熱伝導シートを配したアルミニウム製のボディは、優れた放熱性能を発揮し、約-20℃の放熱を実現してくれます。

Windows7・8.1・10に対応するほか、MacOS10.9以降にも対応しているので、大切なデータをPC外部に保存をしておきたいMacユーザーの方にもおすすめです。

トランセンド(Transcend) M.2 SSD 外付けケース TS-CM80S

携帯性に優れたコンパクトなアルミ製ボディが魅力のSSDケース。コンパクトながらUSB3.1対応なので快適なデータ転送が可能です。

ケース本体はUSB Type-C端子を備え、USB Type-A to USB Type-Cケーブルが付属しているので、USB Type-Aポートを備えたPCを所有している方におすすめのSSDケースです。

タイムリー(TIMELY) GROOVY アルミケース M2-CASE-U3G1-SL

放熱性能に優れたアルミ製のボディを採用。軽量で持ち運びもしやすいSSDケースです。最大約5Gbpsの高速転送ながらも、比較的安価なのでコストパフォーマンスに優れています。

SSDを組み込む際に必要なドライバーも付属しており、自分で工具を用意する必要がありません。ボディカラーは、スタンダードなシルバーのほか、クールな印象を与えるブルーも展開されているので好みに合わせて選べるのも魅力です。

シルバーストーン(SILVER STONE) モバイルシリーズ MS09

フラッシュドライブのような小型でポケットサイズのSSDケース。ボディサイズは約110×9×26mmなので鞄やポケットに入れても邪魔にならない大きさです。

USB3.1 Gen2対応で最大10Gbpsの高速転送が可能。また、Windows7・8・8.1・10とMacOS10.8.6に対応するなど、性能面にも優れています。高い性能とコンパクトさの両方を求める方におすすめのSSDケースです。

スターテック ドット コム(STARTECH.COM) M.2 SATA SSD対応デュアルスロットアダプタケース SM22BU31C3R

M.2 SATAドライブを2台取り付けできるSSDケース。一般的なM.2 SATA SSD全てに対応しているので、長さの異なるSSDを2台同時に取り付けることも可能です。

RAID機能搭載やUSB3.1 Gen2対応などの性能も充実しているので、携帯性・高速データ通信・データバックアップ機能と3つの面で優れたパフォーマンスを発揮してくれます。