HDDやSSDの容量が残り少なくなった場合には、外付け用のドライブを追加購入する方法が一般的です。しかし、手元に内蔵型ドライブが余っていると、新しくドライブを購入するのはもったいないと感じる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、内蔵型ドライブを外付け用として使えるようにする「HDD・SSDケース」をご紹介。HDD・SSDケースの選び方も解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

HDD・SSDケースとは?

By: amazon.co.jp

HDD・SSDケースとは、PC本体に内蔵されているHDDやSSDを外付けのように使えるケースです。画像や動画などのデータを大量に保存してパソコンのストレージ容量がパンクしそうなときには、USB接続できる外付け用ストレージを購入するのが一般的。

しかし、手元にPC内蔵型のHDDやSSDがある方は、ケースを購入することで外付け用ストレージを購入するよりもコストを抑えられる可能性があります。

HDDケース・SSDケースの選び方

対応OSで選ぶ

HDDケースやSSDケースは、製品によって対応可能なOSが違うので、購入する前にPCで使用しているOSをチェックしておきましょう。

PCで使用しているOSに対応していないHDDケースやSSDケースでは、ドライブが認識されず、データの保存ができない場合があるので注意が必要です。

ドライブの規格で選ぶ

2.5インチ

By: amazon.co.jp

2.5インチのケースには、HDD用とSSD用があります。最大容量は2.5インチHDDでは5TB程度、2.5インチSSDは4TB程度。USBで電力を供給できるので、ACアダプターが不要なのがメリットです。

さらに、コンパクトなので持ち運びにも便利。ノートPCやゲーム機などに搭載されている小型HDDには、2.5インチ対応のHDDケースを選びましょう。

3.5インチ

By: orico-japan.com

組み込むドライブのなかで1番大きなサイズが3.5インチ。3.5インチHDDには10TBや12TBなどの大容量タイプがあり、たくさんの写真やムービーデータの保存に適しています。デスクトップPCなどに利用している大容量HDDは、3.5インチを選びましょう。

3.5インチHDDを購入する際には、大きさのチェックも必要。3.5インチHDDは2.5インチやM.2に比べて本体サイズが大きい傾向があります。縦置き・横置きどちらにも対応しているタイプもあるので、設置場所を決めたうえでどの製品にするのか検討するのがおすすめです。

M.2

By: amazon.co.jp

M.2のケースはSSD用です。コンパクトなモノが多く、持ち運びにおすすめ。M.2 SSDにはPCI Express/NVMe接続とSATA3.0接続の2種類あります。M.2ケースは基本的にどちらか1種類のみの対応になるので、しっかりと確認しましょう。

接続方法で選ぶ

有線接続

By: amazon.co.jp

HDDケースやSSDケースをPCに接続する方法はさまざまです。USB接続のモデルが最もスタンダードですが、Mini-USBやMicro-USBなどの端子を備えたモデルもあります。それぞれのHDDケースやSSDケースによって異なるので注意しましょう。

有線接続方式には、USBのほかにeSATA接続という方式もあります。eSATA接続は転送速度が速いので、比較的大容量のデータを転送する場合におすすめです。

無線接続

By: amazon.co.jp

HDD・SSDケースとPCを無線で接続したい方は、Wi-Fi接続に対応したケースを選択するのがおすすめ。ただし転送速度は無線環境に左右され、ラインナップも限られているので注意しましょう。

HDD・SSDの搭載台数で選ぶ

大容量のデータをHDDケースやSSDケースで保存・管理したい方は、複数台のドライブが組み込めるケースがおすすめ。組み込める台数が多いケースであれば、データの容量に応じて、後からドライブを簡単に追加できます。

また、「RAID」と呼ばれる機能を搭載したHDDケースやSSDケースは、データを複数台のストレージに別々に保存できるので、1つのストレージが壊れても大切なデータを失う心配が少ないのがポイントです。

その他機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

HDDケースやSSDケースを選ぶ際には、ボディの形状や材質も重要なポイントです。金属製ボディのケースや冷却ファンを搭載しているケースならば、HDDやSSDが発する熱を効果的に放出できます。

また、省電力機能を搭載したケースは、電源をPCと連動したり、一定時間経過後にストレージの稼働を停止したりするモードがあるので、余計な電力の発生を抑えることも可能です。

HDDケース・SSDケースのおすすめブランド

玄人志向

By: amazon.co.jp

玄人志向のHDDケースやSSDケースは、ハイクオリティにも関わらずリーズナブルなのが特徴。ケースのデザインはシンプルながらも、しっかりとした作りのモデルが多く、大事なデータを守るための頑丈さにも配慮されています。

オリジナルケースのデザインは、ストレージとケースの接続が簡単に行えるモノが多いので、頻繁にストレージの抜き差しを行う方におすすめです。

ロジテック(Logitec)

By: amazon.co.jp

PC周辺機器メーカーとして有名なロジテックは、HDDケースやSSDケースも豊富なラインナップを揃えています。

大容量ストレージの搭載に対応したビッグサイズのケースから、ストレージの接続やデータのやり取りを簡単に行えるコンパクトなケースまで、さまざまな特徴を持つ製品を展開しているので、ニーズにあうケースが見つけやすいブランドです。

センチュリー(CENTURY)

By: amazon.co.jp

PC周辺機器だけでなく防災関連製品や電子雑貨機器などを製造しているセンチュリーは、HDDケースやSSDケースも数多くのモデルを展開しています。

センチュリーのHDDケースやSSDケースは、ドライブの付け外しを簡単に行えるケースや、USBケーブルを収納できる持ち運びに便利なケースなど、オリジナリティ溢れる製品の多さが魅力です。

HDDケースのおすすめ|2.5インチ

玄人志向 USB3.2接続 2.5型 SSD/HDDドライブケース 指紋認証モデル GW2.5-FEU3

簡単組み立ての指紋認証機能付きモデル

指紋認証の機能が付いたHDD・SSDケースです。ドライブの取り出しやロックは、登録した指1本で制御可能。高い安全性で、動画や写真などの大切なデータを守ります。

また、SATA 1・2・3のSSD・HDDドライブに対応。インターフェースには、PCなどへ接続しやすいUSB Type-Aを採用しています。USB3.2 Gen.1の高速通信規格を使って、快適にデータを転送できるのがメリットです。

購入後の組み立てが簡単なのもポイント。本体からトレイを外し、ドライブのコネクタを接続して2ヵ所をネジで留めるだけで設置完了です。組み立てが不安な初心者でも気軽に購入できます。

ロジテック(Logitec) USB3.1 Gen1(USB3.0)対応2.5インチハードディスクケース LGB-PBPU3S

重たいデータでも快適に転送できる

静電気などによるデータ破損を抑えるHDD・SSDケースです。フロントやサイドにはガイドレールを搭載。HDDやSSDを装着したときに、ガタついてしまう心配を減らせます。内部基盤はすべてケースで覆われているので、静電気が伝わりにくいのが特徴です。

また、USB3.1 Gen.1やUASPの通信に対応。動画やゲームといった重たいデータでも快適に転送できるのが魅力です。「HD革命/Copy Drive Lite Ver.7」のソフトウェアを使えば、データのバックアップも実行できます。

トランセンド(Transcend) SSD/HDDアップグレードキット TS0GSJ25CK3

PCとのデータ同期をワンタッチで行える

耐衝撃性に優れているHDD・SSDケースです。外側ケースのほかに、ラバーケースや内部保護カバーを付属。万一落としてしまったときに、ドライブが故障してしまうリスクを軽減できます。

また、SATAケーブル・USB Type-Aケーブル・ドライバなどを付属。購入後に別途部品を購入することなく、組み立てたりほかの機器と接続したりできるのがうれしい点です。USBの規格はUSB 3.1 Gen.1に対応しています。

さらに、「ワンタッチ自動バックアップボタン」を搭載。独自の「Transcend Elite」ソフトで設定することで、PCとのデータ同期をワンタッチで行えます。多機能ながら、安い価格で購入できるのでおすすめです。

トランセンド(Transcend) 2.5インチSSD/HDDケース TS0GSJ25S3

写真や音楽、ゲームデータなどを素早く転送・保存できる

スタイリッシュなデザインのHDD・SSDケースです。最大9.5mm厚までのドライブに対応。6Gbpsの速度を備えたSATA 3規格のバスインターフェースを採用しています。

接続方式は、有線のUSB Type-Aを採用。通信方式は、USB 3.1 Gen.1のほか、UASPにも対応しているのが特徴です。写真や音楽、ゲームデータなどを素早く転送したり保存したりできます。

また、「ワンタッチバックアップ機能」を搭載。専用のソフトウェア上で設定するだけで、PCのバックアップを簡単に取れるのがおすすめポイントです。Windows・Mac・LinuxのOSを搭載するPCで利用できます。

ORICO 外付け ドライブケース ORICO 2569S3

バッグやリュックに入れて持ち運びやすい

シンプルなブラック一色のデザインがおしゃれなHDD・SSDケースです。UASP・SATA3.0・USB3.0の通信規格に対応。最大6Gbpsの高速通信で、データを快適に転送できるのがメリットです。

サイズは幅130×奥行83×高さ13mm。小型かつ軽量なので、バッグやリュックに入れて持ち運びやすいのがおすすめポイントです。OSは、WindowsやMacに対応しています。

HDDケースのおすすめ|3.5インチ

玄人志向 USB3.0接続 3.5型 SATAx2 HDDケース(ブラック) GW3.5AX2-SU3/REV2.0

電気代をできるだけ抑えたい方におすすめ

8TBの大容量を搭載できるHDDケースです。本製品を使って、3.5インチのHDDを最大2台まで搭載可能。写真や音楽などの大切なデータをしっかりと保存しておけます。

また、4つの動作パターンを選択できるのが特徴。2つのドライブを個別に認識して保存する「SINGLE」、2台へ分散して書きこむ「RAID 0」、2台へ保存用とバックアップ用で同じデータを書きこむ「RAID 1」、2つのドライブを1つのディスクとして認識する「JBOD」の各モードを利用できます。

さらに、地デジテレビと通信を行ったり、USB3.0接続を利用して写真などを転送したりできるのがポイント。省電力設計なので、電気代をできるだけ抑えたい方におすすめです。

玄人志向 USB3.2 Gen.1接続 3.5型 SATA HDDケース バックアップ・SSD入れ替えソフト付属 GW3.5AM-SU3P/S

最大で16TBまでのHDDに対応したHDDケースです。本体にはアルマイト加工を施しており、放熱性に優れているのが特徴。内部の温度上昇を軽減し、軽快なパフォーマンスを実現します。

また、PC内のデータを丸ごとバックアップできる「ファイナル丸ごとバックアップ(V14)」機能や、保存してあるデータをSSDへそのまま移し替えられる「ファイナルハードディスク/SSD入れ替え(V16)」機能を搭載。ハード機器の環境が変わっても、安心してデータを移行できます。

さらに、縦置きと横置きの両方に対応。アクセスランプは背面に付いているので、ベッドの近くにおいてもまぶしさを感じにくいのが魅力です。

センチュリー(CENTURY) 裸族のスカイタワー 10Bay USB3.2 Gen2 IS CRST1035U32CIS

3.5インチHDDを最大10台まで搭載できるHDDケースです。合計で180TBの大容量に対応できるので、保存データが増え続けても安心して利用できます。フロントのドア部分には剛性のあるアルミ素材を使用しているのが特徴です。

また、独立電源スイッチを搭載。たとえば、使用したいドライブだけの電源をONにして制御したり、使用していない部分だけをOFFにして取り出したりできます。

さらに、別売の製品「裸族のインナー」を購入することで、2.5型のSATA HDD・SSDを設置できるのが魅力。たくさんのデータをスッキリと保管しておきたい方におすすめのHDDケースです。

トランセンド(Transcend) 8BAY(NonRAID)外付型3.5インチハードディスクケース LGB-8BNHEU3

最大8ベイの合計112TBに対応したHDDケースです。本製品を使えば、多くのハードディスクをまとめて管理できるのがポイント。ケース内にドライブがすべて入っていなくても使用できます。

また、東芝のREGZAテレビとも連携可能。録画機能の付いたテレビとケーブル1本でつなぐだけで、まとめ録りした番組を思う存分保存できます。さまざまな番組を後から見たい場合などにおすすめです。

接続方式は、USB3.0・USB2.0・eSATAに対応。SATA 3のインターフェースを使って接続できます。

Salcar 3.5インチHDD/SSDケース 616626

工具不要で簡単に着脱できるHDD・SSDケースです。HDDやSSDが確実に装着されているかどうかは、LEDランプの点灯で確認可能。動作状況がひと目で分かるので便利です。

また、USB3.0とUASPの高速通信に対応。最大5Gbpsの速度で、音楽や写真のデータを快適に送受信できます。WindowsやMacOSを搭載したPCへ接続できるのが特徴です。

SSDケースのおすすめ

玄人志向 USB3.1接続 M.2 (M Key) NVMe SSD用 ポータブルケース GWM.2NVMe-U3.1AC

USB3.1 Gen.2の接続に対応したSSDケースです。USB Type-C to Cケーブルに加え、USB Type-A to Cケーブルを付属。Windows 7・8.1・10を搭載したPCへ接続して利用できます。

また、ヒートシンクが付いてくるのがおすすめポイント。所有するM.2 SSDへ取り付けることで、処理性能の低下を防げるのがメリットです。設置は、M.2 SSDをネジ受けや固定用ナットで固定することで行えます。

ロジテック(Logitec) M.2 PCIe NVMe対応SSDケース LHR-PNVUC

工具を必要とせずに簡単に組み立てられる、おすすめのSSDケースです。設定するには、前面にあるボタンを押して中からケースを取り出し、M.2 SSDを固定。その後、放熱シートとヒートシンクを設置して、カバーを付けるだけで完了させられます。

また、WindowsやMacを搭載するPCのほか、PS4との接続にも対応。音楽や写真、ゲームなどをたくさん保存できます。さらに、速度の速いPCI Express/NVMe接続を利用できるのがうれしい点です。

コネクタには、USB Type-Cの形状を採用。変換ケーブルを使えば、USB Type-Aのポートへも接続できます。

トランセンド(Transcend) M.2 SSD 外付けケース TS-CM80S

軽くて頑丈なアルミ素材を用いているSSDケースです。サイズは幅120.16×奥行33.6×高さ7.5mmと非常にコンパクト。バッグなどに入れても負担にならず、軽快に持ち運べるのがメリットです。

インターフェースは、USB Type-Cを採用。変換ポートを用いれば、USB Type-Aのコネクタへも接続できるのがうれしい点です。また、USB 3.1 Gen.1の通信規格に対応。UASPにも対応し、より高速にデータを転送できます。

さらに、購入後の取り付けを簡単に行えるのが魅力。付属のネジやドライバを使い、数ステップの工程を経るだけで設置を完了させられます。持ち運びやすさを重視したい方におすすめのSSDケースです。

フィデコ(FIDECO) M.2 SATA SSD 外付けケース M203CS

安い価格で購入できるSSDケースです。SATAの接続規格を利用できるのが特徴。USB 3.1 Gen.2やUASPに対応しているので、動画などのデータを高速に転送できます。

また、Windows・Mac・LinuxのOSで利用可能。ほかにも、PS3・PS4・スマホ・ルーターなどとも接続できるのが魅力です。さらに、放熱性に優れた設計を採用。SSDの性能劣化を抑え、より長期間の使用を可能にします。

本体はサイズは幅102.5×奥行34×高さ12mmと小型なので、持ち運びやすいのがうれしい点です。ケースには丈夫なアルミ合金素材を使用。耐久性に優れています。

グリーンハウス(GREEN HOUSE) NVMe M.2 SSD専用 外付けドライブケース GH-M2NVU3A-SV

シルバーカラーがおしゃれなSSDケースです。最大速度10GbpsのUSB3.1 Gen.2に対応。写真をまとめて転送したり、長時間の動画をバックアップしたりするときでも快適です。

また、2TBまでのM.2 SSDに対応。USBバスパワー方式を採用しているので、近くにコンセントがなくても気軽に使用できます。さらに、接続を行うためのUSB Type-C to Cケーブルと、USB Type-C to A ケーブルを付属。シンプルな設計なので使いやすい、おすすめのSSDケースです。