異なるデバイス間でデータ共有が快適にこなせるアイテムが「SDカードリーダー」です。デジカメで撮影した画像や動画をパソコンに転送したり、スマホの容量不足を解消したりする際などに重宝します。

ただし、各メーカーごとにさまざまな種類のSDカードリーダーを発売しているので、何を選ぶべきか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、SDカードリーダーの選び方や種類を踏まえたうえで、おすすめのモデルをご紹介します。

SDカードリーダーとは?

By: amazon.co.jp

SDカードリーダーは、パソコンやスマホに対応する周辺機器のひとつ。SDカード内に記録した画像・動画・書類・楽曲などのデータを異なるデバイス間で共有する際に使用します。

SDカードスロットを備えていないパソコンでも、SDカード内のデータを閲覧・管理・転送できるのが特徴。また、SDカードスロットを搭載する場合でも、デバイス側のスロットで対応していない大容量モデルや高速モデルなど上位規格のSDカードも使用できるようになります。

対応するSDカードリーダーを使えば、パソコンを介さずスマホ単体で画像や動画の読み込みが可能。加えて、使用頻度の少ないデータをSDカードに書き出すことで、スマホの内蔵ストレージに空きを作れるのも魅力です。

SDカードリーダーの種類

Type-C・Type-Aを使った「USBタイプ」

USBタイプのSDカードリーダーはもっとも一般的なタイプで、デバイスのUSBポートに挿し込むだけで使用できるのが特徴。同時に接続できるデバイスは1台のみですが、有線による安定した接続でストレスなくデータ転送が行えます。

コネクタ形状はUSB Type-AとUSB Type-Cの2種類。Type-Aは採用しているデバイスが多いため汎用性が高いのがポイントです。新旧含めた複数のデバイス間でSDカードを活用したい場合にも重宝します。

Type-Cは近年導入が進んでいる新しいコネクタ形状で、最新モデルのMacBook・iPad Pro・Androidスマホなどにも対応。コネクタの向きに上下がないので使いやすく、大容量データの高速転送も可能です。

iPhoneでも使える「Lightningタイプ」

By: amazon.co.jp

LightningタイプのSDカードリーダーはLightningコネクタを採用しているのが特徴。変換アダプターを使わなくてもiPhoneやiPadに直接接続が可能です。

SDカード内に保存した画像や動画をiPhoneやiPadで閲覧・読込みできるのがポイント。また、種類は少ないものの、デバイス内のデータをSDカードへ書き出しできるモデルも発売されています。

LightningタイプのSDカードリーダーを購入する際は、Appleの正規認証「MFi(Made For iPhone/iPad/iPod)」を取得したモデルを選ぶのがおすすめ。安定性や安全性が高く担保されており、OSアップデート後も安心して使えます。

ワイヤレスでデータ転送ができる「Wi-Fiタイプ」

By: amazon.co.jp

Wi-FiタイプのSDカードリーダーは、使用デバイスからSDカードをわざわざ取り出さなくもワイヤレスでデータ転送できるのが特徴。デバイスとSDカードリーダーを直接接続するWi-Fi Direct機能を使うので、Wi-Fi環境がない場所でも手軽に使用できます。

有線タイプと異なり、複数のデバイスを使って同時にデータ共有を行えるのもポイント。旅行先で撮影した写真を家族や友人と一緒に共有する場合にもおすすめです。

付加機能を搭載しているモデルが多いのも魅力。有線LANを無線化するWi-Fiルーターや、スマホを充電できるモバイルバッテリーとしても使えるモノも発売されています。

SDカードリーダーの選び方

対応OSをチェック

By: apple.com

SDカードリーダーを選ぶ際に重要となるのが対応OSです。仮にSDカードリーダーと転送先のデバイスをケーブルなどで物理的に接続できたとしても、デバイスのOSにSDカードリーダーが対応していないと使用できないので注意しましょう。

特に気を付けておきたいのが、USB Type-Cコネクタを採用したSDカードリーダー。同じUSB Type-C形状のコネクタを搭載していても、MacBookで使用する場合はMac OS、iPad ProではiPad OS、AndroidスマホではAndroid OSにそれぞれ対応している必要があります。

対応SDカードの規格をチェック

By: amazon.co.jp

SDカードリーダー選びでは対応するSDカードの規格も重要。SDカードには記録容量に応じて2GB以下の「SD」、4〜32GBまでの「SDHC」、64GB以上の「SDXC」の3種類の規格が存在します。

SDカードリーダーで対応していない規格のSDカードを接続すると、認識しない場合があるので注意が必要。最近はSDXCに対応するモデルが主流となっていますが、廉価なモデルにはSDXC非対応のモノもあるため購入時は忘れずに確認しましょう。

なお、容量の規格には下位互換性があるのもポイント。SDXC対応のSDカードリーダーでは、SDカードやSDHCカードも使用できます。

転送速度をチェック

By: amazon.co.jp

データ転送を快適に行いたい場合は高速転送に対応するSDカードリーダーが便利。どんなに高性能なSDカードを使用していても、転送速度の遅いSDカードリーダーではSDカードの速度性能を十分に発揮できないので、データの転送に時間がかかります。

ストレスなく使いたいなら、最大転送速度を示す規格である「UHS-I」または「UHS-II」に対応するモデルがおすすめ。SDカード側も同じ規格をサポートしている必要がありますが、UHS非対応のモノと比べて数倍以上も高速でデータ転送が行えます。

SDカード以外のメディアや規格に対応したモノも

By: photofast.com

一眼レフやミラーレス一眼を愛用している方には、SDカード以外の記録メディアにも対応するSDカードリーダーもおすすめです。変換アダプターを使わずに異なる記録メディアもSDカードと同様にデータ転送が可能なので、旅行先でも荷物を最小限に減らせます。

アクションカメラやドローンを愛用する方には、microSDに対応するモデルも要チェック。microSDカードが直接接続でき、SDアダプターが不要なので便利です。

SDカードリーダーのおすすめ|Type-C

アンカー(ANKER) Anker USB-C 2-in-1 Card Reader

優れた品質とコスパで人気のあるスティックタイプのSDカードリーダーです。USB Type-Cコネクタを搭載しており、同ポートを備えた大半のデバイスで使用が可能。SDスロットを搭載していないAndroidスマホのユーザーにもおすすめです。

スロットはSDとmicroSDの2種類を採用。さまざまな規格のSDカードが使用できます。また、USB Type-Cコネクタは最高5Gbpsの高速転送が可能なUSB 3.0に対応するので、大量の画像や動画もストレスなく転送が可能です。

低価格ながら耐久性に優れているのもポイント。1万回以上の接続テストをクリアしているため、ビジネスシーンでのハードな使用にも耐えられます。

アップル(Apple) USB-C – SDカードリーダー MUFG2ZA/A

Apple純正の高性能なSDカードリーダーです。Macのほか、USB Type-Cポートを採用する11インチiPad Proや第3世代以降の12.9インチiPad Proでも使用が可能。変換アダプター不要ですぐに使えるので、iPad Proを駆使するクリエイターにおすすめです。

理論値で最高312MB/sの高速転送を実現する、UHS-II規格のSDXCカードに対応しているのもポイント。大量の高解像度画像や4K動画も短時間で読み込めるため、一眼カメラを活用した創作活動を強力にサポートします。

一体型のケーブルを採用しているのも特徴のひとつ。ポートの間隔が狭いMacBookシリーズでも隣のポートに干渉しないので、ほかの周辺機器との併用が可能です。

SDカードリーダーのおすすめ|Type-A

トランセンド(Transcend) SDカードリーダー TS-RDF5

コンパクトなSDカードリーダーです。全長5.6cm、重さ18gと小型軽量なので、スーツのポケットやビジネスバッグへの収納が簡単。キャップが付属しているため、移動中にコネクタの損傷を防いで安全に持ち運べます。

USB Type-Aコネクタを採用。OSはWindowsとMacの両方に対応しており、USBメモリのようにパソコンのポートに挿入するだけで手軽に使用できます。

SDスロットとmicroSDスロットを搭載。両記録メディアの同時利用は不可ですが、低価格ながらUHS-I対応のSDXCカードやmicroSDXCカードをサポートしています。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) USB3.1マルチカードリーダー ADR-3ML39BK

多彩な記録メディアが読み込めるマルチ仕様のSDカードリーダーです。2000年代のデジタル一眼レフが採用していた大半の記録メディアが使用できるので、趣味などで旧型の一眼レフを愛用している方にもおすすめです。

SD・microSD・メモリースティック・コンパクトフラッシュからなる4種類のスロットを搭載。記録メディアを接続したときにパソコン上で開けるドライブがすぐにわかる1スロット認識タイプのため、パソコン初心者でも簡単に使えます。

UHS-I・IIの転送速度には非対応ですが、512GBまでのSDXCカードが読込み可能。一体型のケーブルを採用しているので、ケーブル紛失の心配がないのもポイントです。

バッファロー(BUFFALO) USB3.0 マルチカードリーダー/ライター UHS-Ⅱ対応モデル BSCR700U3BK

UHS-II規格に対応する高性能なマルチ仕様のSDカードリーダーです。読込転送速度が最高200MB/sと高速なのが特徴。加えて、USB Type-AコネクタはUSB 3.0にも対応するので、一眼カメラで撮影した高解像度画像やフルHD動画も短時間で転送できます。

搭載スロットはSD・microSD・メモリースティック・コンパクトフラッシュの4種類。全てのスロットに接続した記録メディアを同時認識できるほか、記録メディア間でのコピーも可能なため、多種類の記録メディアを併用している方にもおすすめです。

OSはWindowsとMacの両方に対応。さらに、PlayStation 4などの家庭用ゲーム機でも使えるのも魅力です。

SDカードリーダーのおすすめ|Lightning

アップル(Apple) Lightning – SDカードカメラリーダー MJYT2AM/A

Apple純正のSDカードリーダーです。Lightningコネクタを搭載しており、iPhoneやiPadなどのiOSデバイスと直接接続できるのが特徴。SDカード内に保存した画像や動画を読み込んで閲覧できるほか、デバイス内に転送して活用も可能です。

本製品をiPhone/iPadのLightningポートに接続すると「写真」アプリが自動で立ち上がり、「読み込む」タブが表示されるのが特徴。読み込み方式はアプリ上で一括と選択の2種類が選べるので、初心者でも直感的に画像転送の作業が行えます。

SDスロットはSDXCカードの読み込みも可能。また、画像はJPEGや各カメラメーカーのRAW、動画は基本フルHDまででMPEG-4やMOVをサポートしています。

フォトファースト(PhotoFast) iOS SD Card Reader CR-8710+

iOSデバイスとSDカードの双方向転送に対応するSDカードリーダーです。SDカードからiOSデバイスへのデータ読み込みだけではなく、iOSデバイスからSDカードへの書き出しにも対応。また、MFi認証取得済みなのでOSアップデート後も安心して使えます。

多機能バックアップソリューション「ONE」を使用することで、iPhone/iPad内の画像・動画・書類などをSDカードへバックアップ可能。多彩なOSのデバイスとデータを共有できるほか、クラウドストレージとの連携にも使えます。

各カメラメーカーのRAW画像にも対応。さらに、専用アプリ「CameraRoll+」を使えば、SDカード内に記録した360°写真やVR動画もiPhone/iPadで閲覧できます。

ロジテック(Logitec) Lightningコネクタ搭載microSDカードリーダー LMR-MB16WH

多彩な用途に活用できるMFi認証取得済みのカードリーダーです。UHS-IやSDXCの規格に対応するmicroSDカードスロットを搭載。microSDカードがiPhone/iPadで直接使用できます。

iOSデバイスとmicroSDカードの双方向転送にも対応。microSDカード内に保存した動画や音楽をiPhone/iPadで再生・転送できるほか、使用頻度の低いデータをmicroSDカードに移すことでデバイスの容量不足も解消できます。

付属のUSBケーブルを使えば、パソコンとmicroSDカード間のデータの読み込みや保存も可能。USB Type-C変換アダプターも同梱するので、Macともデータのやりとりができます。

SDカードリーダーのおすすめ|Wi-Fi

パナソニック(Panasonic) Wi-Fi SDカードリーダーライター BN-SDWBP3

初心者でもスマホの写真保存や共有が手軽に行える、Wi-FiタイプのSDカードリーダーです。スマホに保存した画像をワイヤレスでSDカードへ移せるのが特徴。旅行先で写真を撮りすぎてスマホのデータが一杯になった場合でも、効率的に空き容量を確保できます。

SDカードからスマホへの画像転送も可能。ミラーレス一眼で撮影したきれいな写真も簡単にスマホへ取り込めるほか、最大5台までのスマホやタブレットとの同時接続にも対応するので、パーティーなどで友人と画像を共有する際にも活躍します。

重さ47g、縦9×横5.6×厚さ0.9cmと軽量コンパクトなのもポイント。名刺とほぼ同じサイズ感のため、上着のポケットやバッグにも簡単に収納して持ち歩けます。さらに、価格が安いのも魅力です。

アイ・オー・データ(I-O DATA) Wi-Fiストレージ「ポケドラ」 WFS-SR03

パソコンいらずで活用できる多機能なWi-FiタイプのSDカードリーダーです。スマホとSDカード間で画像や動画のやり取りをワイヤレスで行えるのが特徴。スマホの容量不足を解消したり、SDカード内に保存したお気に入りの画像を友人と共有したりすることが可能です。

SDカードから本製品に接続した外付けHDDへボタン1つでデータを転送できる「ダイレクトコピー機能」を搭載しているのもポイント。転送した画像は自動で日付ごとにファイル整理されるので、パソコンが手元にない場合でも効率的にバックアップ作業が行えます。

USBケーブルでパソコンと繋げば、有線タイプのSDカードリーダーとしても使用が可能。また、簡易Wi-Fiルーター機能やモバイルバッテリー機能も搭載しています。

ラヴパワー(RAVPower) Wi-Fi SDカードリーダー FileHub RP-WD009

多彩な機能を備えた高性能なWi-FiタイプのSDカードリーダーです。「ファイルハブ機能」を使えば、デバイスと本製品に接続したSDカードや外付けHDD間で双方向のデータ転送が可能。ボタン1つで使えるダイレクトコピーにも対応しています。

最大5台までのデバイスと同時接続が可能なので、家族や友人との画像共有にも活躍。また、電波干渉を受けにくい5GHz帯のWi-Fi電波も使用できるため、カフェやイベント会場などWi-Fi機器が多くある場所でも安定したデータ転送が行えます。

ホテルなどに備え付けられた有線LANを無線化できるモバイルWi-Fiルーター機能や、スマホを1.5〜2回フル充電できるモバイルバッテリー機能も搭載。旅行や出張の多いビジネスパーソンにもおすすめです。

SDカードリーダーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

SDカードリーダーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。