「SDカードリーダー」は、SDカードに保存したデータをパソコンやほかの機器に移行するアイテム。最近ではクラウド化が進みデータ転送もスムーズになりましたが、SDカードの需要はまだまだ多く、ひとつ持っておくと便利なアイテムです。

そこで今回は、SDカードリーダーのおすすめモデルをピックアップ。種類や選び方についても解説するので、購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

SDカードリーダーとは?

By: amazon.co.jp

SDカードリーダーは、主にSDカードに保存した写真や動画のデータを転送する際に使用するアイテム。SDカードリーダーを接続したスマホやパソコンの画面で、SDカード内に保存した画像などのデータが閲覧できるようになります。また、機器の内蔵ストレージにデータを転送して保存できるのも特徴です。

SDカードリーダーは、ほかの機器に直接つないで使用するのが一般的。有線で接続するモデルは、ワイヤレス転送に比べて通信環境による影響がなく、転送可能なファイル形式も限定されません。そのため、データをスムーズに転送することが可能です。

SDカードリーダーの選び方

接続方法で選ぶ

USB

By: amazon.co.jp

USBは、「ユニバーサル・シリアル・バス」の英字から頭文字を取ったもので、パソコンとほかの機器との間でデータをやり取りする際によく用いられる規格です。USBで接続するタイプのSDカードリーダーは、接続したい機器のUSBポートに差し込んで手軽に使えます。

また、SDカードリーダーに実装されるUSB規格には複数の種類があり、それぞれ転送速度が異なるため、大きいデータを転送したい方は要チェック。具体的には、「USB 2.0」であれば480Mbps、「USB 3.1 Gen 1(USB 3.0)」であれば約10倍の5Gbps、最新規格の「USB 3.1 Gen 2」であれば10Gbpsの転送速度を備えています。

高速でデータを転送したいなら、USB 3.1 Gen 2に対応したモデルを選ぶのがおすすめ。ただし、USB 3.1 Gen 2規格の利用には「USB Type-C」と呼ばれる端子が必要なので、所有しているデバイスが対応しているかどうかも確認しておきましょう。

Wi-Fi

By: sony.jp

Wi-Fiは、スマホやパソコンとSDカードリーダーの間で、ワイヤレスにデータを送受信できる規格。Wi-Fiを利用してデータ転送できるモデルはラインナップが少ないものの、複数端末と接続したり、モバイルバッテリーとしての機能を備えていたりと、ほかにはない便利な機能が魅力です。

ただし、USBなどの有線で接続するタイプと比べて、価格が高い傾向にあるのは難点。予算よりも機能性を重視する方におすすめです。

Lightning

By: amazon.co.jp

iPhoneやiPadでSDカードリーダーを使用したい場合はLightningコネクタを採用しているモノを選びましょう。変換アダプタを使わずに直接iPhoneに接続できるので、使用時の利便性が高くなります。

Apple純正品以外のSDカードリーダーを選ぶ際は「MFi(Made For iPhone/iPad/iPod)認証」のロゴが記載されているモノがおすすめ。Appleが定める性能基準を満たしていることを示しているので、確実な動作で安全に使用できるほか、OSアップデート後も継続して使用できます。

対応メディアで選ぶ

By: amazon.co.jp

SDカードには、記録可能容量に応じた3種類の規格が存在します。2GB以下のSD・4〜32GBのSDHC・64GB以上のSDXCに分かれますが、上位規格に対する互換性がないので要注意。例えば、SDHCまでしかサポートしないSDカードリーダーでは、SDXCの読み込みはできません。

また、SDカードリーダーにはSDカード以外の記録メディアにも対応したモデルもラインナップされています。対応メディアの例としては、スマホやアクションカメラで用いられる「microSD」のほか、ミドルクラス以上の一眼カメラで採用される「コンパクトフラッシュ」や「CFexpress」など。

SDカードリーダーがほかの記録メディアにも対応していれば、1台でさまざまなデータの転送や管理を容易に行えるようになります。

転送速度で選ぶ

By: transcend-info.com

転送速度もSDカードリーダーを選ぶ際には重要なポイント。転送速度が遅いSDカードリーダーでは、扱うデータ容量が大きい際にストレスを感じる場合があります。特に、SDカードのなかでも大容量なSDHCやSDXCといったモデルを使用する場合、「UHSスピードクラス」と呼ばれる規格の有無をチェックしましょう。

UHSスピードクラスは、SDHCやSDXCで謳われている最低転送速度を保証する指標です。動画ファイルのような大容量のデータを転送したい場合は、規格に対応したモデルを選びましょう。

なお、転送速度は遅くなるものの、UHSスピードクラスに非対応のカードリーダーのなかにも、SDHCやSDXCを使用できるモデルが存在します。

携帯性で選ぶ

By: amazon.co.jp

SDカードリーダーを外出先でも頻繁に活用したい場合は、スティックタイプのモノがおすすめです。小型軽量なモデルが多く、収納や持ち運びが簡単。また、ケーブルもないのでカフェなどスペースの限られた場所でも手軽に使用できます。

ただし、スティックタイプのモノは、隣接しているポートを塞いでしまう場合があるため、複数の周辺機器を使用する場合にはあまり向きません。SDカードリーダーと同時に、外付けHDDなどの機器もパソコンに接続したい場合は、ほかのポートに干渉しにくいケーブルタイプのモノを選ぶようにしましょう。

microSDに対応しているかもチェックしよう

スマホ・アクションカメラ・ドローンなどで記録したデータのバックアップをパソコンで取りたい場合は、microSDカードにも対応したSDカードリーダーがおすすめ。microSDカードは通常のSDカードと比べて大きさが4分の1ほどしかないため、そのままではSDカードリーダーのスロットには接続できません。

しかし、microSDカードに対応したSDカードリーダーがあれば、直接microSDカードを接続できるのがポイント。SDカードアダプタが不要になるので、データのバックアップを取る際の作業がよりスムーズになります。

SDカードリーダーのおすすめモデル

トランセンド(Transcend) USB 3.1 Gen 1カードリーダー RDF5

コスパの高さで人気のコンパクトなSDカードリーダーです。安価ながら、USB 3.1 Gen 1をサポートしているのが特徴。最大5Gbpsでの高速転送が可能なので、SDカード内に保存した画像や動画のバックアップが快適に進められます。

コネクタ形状にはUSB Type-Aを採用。WindowsやMac、Linuxなどパソコンの主要OSに対応するので、異なるOSのパソコンを併用している方にもおすすめです。

重さは約18gと軽く、持ち運びも簡単。対応メディアはSDHC・SDXC・microSDHC・microSDXCで、UHS-I規格もサポートしています。

アンカー(ANKER) USB-C 2-in-1 カードリーダー

コネクタ形状にUSB Type-Cを採用したSDカードリーダーです。USB Type-Cポートを備える大半の機器で使用ができます。

USB 3.0をサポートするのでデータの高速転送も可能。また、USB OTGにも対応するので、パソコンがなくてもAndroidスマホ内に保存した画像などのデータをSDカードへ転送できます。スマホの容量を拡張したい方にもおすすめです。

軽量コンパクトな本体にはSDスロットとmicroSDスロットを搭載。高品質な素材を使用し、1万回以上の接続にも耐えられるように設計されているので、ビジネスの現場でも重宝します。

バッファロー(BUFFALO) マルチカードリーダー BSCR108U3

高速転送に対応するケーブル一体型のSDカードリーダーです。高速規格USB 3.0をサポートするのでデジタル一眼で撮影した高解像度画像やHD動画も短時間で転送が可能。また、ケーブルは本体に直付けなのでケーブル紛失の心配がなく簡単に持ち運べます。

対応メディアはSDやmicroSD、コンパクトフラッシュなど48種類で、デジタル一眼レフで使用されている大半の記録メディアをカバー。また、対応OSも充実しており、WinodwsやMacのほか、PS3やPS4などの家庭用ゲーム機でも使用できます。

重さは約44gと軽量コンパクト。本体上面にはスリットが設けられており、データ転送中にメモや記録メディアを置くスタンドとしても活用できます。

エレコム(ELECOM) USB3.0高速メモリカードリーダ MR3-A014SBK

便利な機能が充実したSDカードリーダーです。高速転送が可能なUSB 3.0に対応。また、SD・microSD・コンパクトフラッシュ・メモリースティックに加えて、xDピクチャーカードなど古い型式の記録メディアも幅広くサポートしています。

カードリーダーの性能を向上させる独自ソフト「Quick File Dealer」に対応するのもポイント。デジカメからPCへ直接転送するより約20倍速く転送できる高速化が可能なほか、データ転送時にファイルを種類や日付ごとに整理できる自動仕分けも行えます。

重さは約52gで、一体型のケーブルを採用。記録メディアへのアクセス状態がわかるLEDランプも搭載しています。

サンワサプライ(Sanwa Supply) USB3.1 マルチカードリーダー ADR-3ML39BK

大容量カードにも対応するケーブル一体型のSDカードリーダーです。重さ約35gの小型ボディには、最大512GBまでのSDXCカードに対応するSDスロットと、最大256GBまでのmicroSDXCカードに対応するmicroSDスロットを搭載しています。

転送方式は最大5Gbpsの転送速度を持つUSB 3.1 Gen 1に対応するので、長期旅行などで撮りためた大量の画像や動画も快速でバックアップが可能。また、コンパクトフラッシュとメモリースティックなどの記録メディアにも対応しています。

WinodwsとMacの両方に対応。1スロット認識タイプなので、初心者でもパソコンのファインダーで記録用フォルダのアイコンが探しやすいのも魅力です。

アップル(Apple) Lightning – SDカードカメラリーダー MJYT2AM/A

Lightningコネクタを採用するApple純正のSDカードリーダーです。本製品にSDカードを挿入すると、「写真」アプリに自動的に追加されるのが特徴。SDカード内に保存した画像や動画を一括または任意で選択してiOSデバイスへ転送できます。

転送方式は10.5インチ以上のiPad ProではUSB 3.0、その他のiPadやiPhoneではUSB 2.0に対応。JPEG画像はもちろん、各カメラメーカーのRAW画像や動画記録形式も幅広くサポートするので、iPadで写真のRAW現像や動画編集を行いたい方にもおすすめです。

SDXCカードの読み取りも可能。UHS規格には非対応ですが、UHS-IやUHS-IIのSDカードも認識できます。

アップル(Apple) USB-C – SDカードリーダー MUFG2ZA/A

USB Type-Cコネクタを採用するApple純正のSDカードリーダーです。11インチiPad Proや第3世代以降の12.9インチiPad Proなどで使用が可能。また、同じくUSB Type-Cポートを採用するMacの全モデルにも対応しています。

64GB以上の記録容量を持つSDXCカードも認識が可能。さらに、最大312MB/sの読み取り速度に対応するUHS-II規格もサポートするので、大量に記録した4000万画素以上の超高解像度画像や4K動画もストレスなく短時間でiPad Proへ転送できます。

ケーブル一体型なのでMacで使用する際にほかのポートに干渉しないのもポイント。iPhoneやiPad、MacBookを最大限に活用したい方におすすめです。

パナソニック(Panasonic) Wi-Fi SDカードリーダーライター BN-SDWBP3

手軽に使えるコンパクトなWi-Fi内蔵のSDカードリーダーです。本体のSDスロットにSDカードを挿入すると、連携したスマホへワイヤレスでデータの転送が可能。また、最大5台のスマホと接続してスマホ内の写真や動画をSDカードに移せるので、スマホの容量確保にも重宝します。

最大128GBまでのSDカードに対応。iPhoneとAndroidの両方で使えますが、NFCを内蔵するので対応のAndroidスマホならば本体にかざすだけで簡単に連携ができます。

重さは約47g、サイズは名刺とほぼ同程度なのも特徴です。軽量コンパクトで持ち運びが簡単なので旅行などにもおすすめ。価格が安いのも魅力です。

アイオーデータ(I-O DATA) Wi-Fiストレージ ポケドラ WFS-SR03

スマホやパソコンを使わずにデータのバックアップが簡単に取れるWi-Fi内蔵のSDカードリーダーです。「ダイレクトコピー機能」に対応しているのが特徴。本体にSDカードと外付けHDDを接続したら、コピーボタンを押すだけで手軽にデータ転送が行えます。

5GHz帯のWi-Fiで通信できるのもポイント。2.4GHz帯のみに対応するモデルと違って電波干渉を受けにくいので、Wi-Fi機器の電波が飛び交う室内でも安定した速度でデータ転送が進められます。

重さは約120gで、128GBまでのSDカードに対応。ホテルなどの有線LANサービスをWi-Fiとして使えるLANポートを備えているのもおすすめのポイントです。

ラヴパワー(RAVPower) Wi-Fi SDカードリーダー FileHub RP-WD009

多彩な機能を備えたWi-Fi内蔵のSDカードリーダーです。スマホやパソコンと連携してワイヤレスでデータ転送が行える「ファイルハブ機能」を搭載。最大5台までの機器と同時接続できるので、旅行先で友人と記録データの共有をする際にも重宝します。

電波干渉の少ない5GHz帯のWi-Fiも使用が可能。また、「ダイレクトコピー機能」にも対応するので、SDカード内のデータを本製品に接続した外付けHDDヘボタン1つで転送できます。

施設のWi-Fiを有線化できるLANポートも搭載。さらに、最大8.4時間の連続使用ができる6700mAhの大容量バッテリーも内蔵しており、スマホとUSBケーブルで繋げればモバイルバッテリーとしても活用できます。

プログレードデジタル(ProGrade Digital) ダブルスロットカードリーダー SD×2

クリエイティブワークを支援する高性能なプロ仕様のSDカードリーダーです。UHS-II規格に対応するSDスロットを2基搭載しており、両方のスロットに挿入したSDカードを同時に認識できます。

各カード内に記録したファイルの一括検索がしやすいほか、2枚連続でデータのバックアップを取れるのがポイント。大容量データを扱う際の作業効率が向上します。転送方式は最大10Gbpsの転送速度に対応する超高速なUSB 3.1 Gen 2をサポート。大量の超高解像度画像や4K動画も少ない待ち時間で連続転送できます。

付属ケーブルのコネクタ形状はUSB Type-CとUSB Type-Aの2種類を採用。WindowsとMac両方のパソコンOSに対応しています。

プログレードデジタル(ProGrade Digital) ダブルスロットカードリーダー microSD×2

約79gの軽量ボディにUHS-II規格に対応するmicroSDスロットを2基搭載した、プロ仕様SDのカードリーダーです。両方のスロットを同時認識できるので、アクションカメラやドローンで撮影した長時間の4K動画も効率よく転送できます。

転送方式はUSB 3.1 Gen 2に対応しており、最大10Gbpsでのデータ転送が可能。USB Type-AとUSB Type-Cに対応するケーブルが各1本付属します。

背面に強力マグネットを搭載するのもポイント。同梱のプレートを使えばノートパソコンの背面にSDカードリーダーを固定できるので、アウトドアシーンなど作業環境が限られた場所でも作業が快適に進められます。

アキンク(AKINK) 4in1 SDカードリーダー AK-1

高速転送ができるマルチデバイス対応のSDカードリーダーです。小型のボディにはUSB Type-A・USB Type-C・microUSB Type-B・Lightningという4種類のコネクタを搭載。転送方式もUSB 3.0に対応するので、大容量データもスピーディーに扱えます。

iPhoneやiPadで使用する場合のみ専用アプリ「iUSB Drive」が必要ですが、パソコンを使わずにiOS機器とSDカード間でデータのやり取りが可能。また、アプリには起動時やファイルごとにパスワードロックを設定できるので、第三者による不正アクセスを予防できます。

32GB以下の記録容量を持つSDカードとmicroSDカードに対応。コスパに優れているのも魅力です。

SDカードリーダーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

SDカードリーダーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。