SDカードスロットを備えていないデバイスでSDカードを使用したいときや、異なるデバイス間でデータを転送したいときなどに役立つ「SDカードリーダー」。ひとつ持っておけば、さまざまな場面で役に立つ便利なアイテムです。

そこで今回は、おすすめのSDカードリーダーをご紹介。さらに、SDカードリーダーの種類や選ぶ際のポイントなども解説しているので、購入を検討している方は、ぜひチェックしてみてください。

SDカードリーダーの種類

USBやLightningで接続する「有線タイプ」

有線タイプのSDカードリーダーは、USB端子やLightning端子を備えています。もっとも一般的なのはUSB接続タイプで、USBポートを搭載したデバイスであれば、接続するだけですぐに使用可能。

USB接続タイプは、SDカードスロットを備えていないデスクトップPCなどでの使用にぴったりです。SDカードリーダーの多くは、USB Type-A端子を備えた製品ですが、スマホやモバイルノートPCとの接続に適したUSB Type-C端子を備えたモデルも販売されています。

Lightning端子を備えたモデルは、変換アダプターを使用することなくiPhoneなどと接続できるのがメリット。選ぶ際は、Appleが定める品質基準を満たした証である「MFi(Made For iPhone/iPad/iPod)認証」を取得しているか確認しましょう。

ワイヤレスで使える「Wi-Fiタイプ」

By: elecom.co.jp

ケーブルを使用することなくワイヤレスでデータの転送などが行える「Wi-Fiタイプ」。SDカードリーダーにWi-Fi機能が備わっており、スマホなどのWi-Fi対応デバイスとワイヤレス接続でデータのやり取りができます。

PCやスマホのポートの形状を気にすることなく使用できるのがメリットです。また、複数のデバイスからのアクセスも可能。デジタルカメラなどで撮影した写真をスマホに取り込んだり、スマホのデータをワイヤレスでSDカードに移したりできます。

ポート数が少ないデバイスとの相性もよく、スマホであれば、充電をしながらのデータ転送も可能。そのほか、モバイルバッテリー機能やモバイルWi-Fiルーター機能など、SDカードリーダー以外のさまざまな機能を搭載している製品が多いのも特徴のひとつです。

SDカードリーダーの選び方

端末に合わせて対応機種やOSをチェック

By: transcend-info.com

SDカードリーダーは製品によって対応機種や対応OSが異なるので、購入前に確認しておく必要があります。WindowsやAndroid、Appleなどのデバイスがそれぞれ採用しているOSがあり、各OSのどのバージョンに対応しているのか確認することもおすすめです。対応状況は、製品紹介ページやECサイトのスペック表などに記載があるので、必ずチェックしておきましょう。

対応するSDカードの規格をチェック

By: sanwa.co.jp

SDカードリーダーを選ぶ際は、SDカードの規格もチェックしておきましょう。SDカードは、2GB以下の「SD」、4~32GBまでの「SDHC」、64GB以上の「SDXC」という3種類の規格に分けられます。

SDカードリーダーが対応していない規格のSDカードを使用した場合、認識しない恐れがあるので、注意が必要です。ただし、下位互換に対応しているので、SDXC対応のSDカードリーダーであれば、SDカードとSDHCカードの使用も可能。

また、最近では大容量化が進み、64GB以上の容量を有するSDXCカードが主流になりつつあります。大容量SDカードを所有している方や規格を気にすることなく使用したい方は、SDXCカードに対応したSDカードリーダーがおすすめです。

転送速度をチェック

By: amazon.co.jp

転送速度が速ければ、より少ない待ち時間でデータの転送が行えます。特に、容量の大きい動画などのデータを頻繁に取り扱う方は、要チェックです。

SDカードには、データ書き込み時の最低保証速度を表す「UHSスピードクラス」などの速度規格があります。それらの規格に対応したSDカードリーダーを使用すれば、SDカードの速度性能を発揮でき、より高速なデータの転送を実現。

また、対応しているUSBの規格が転送速度に影響を及ぼすことも。接続するデバイスがUSB 3.0などに対応していれば、SDカードリーダー側も同じ規格に合わせることで、より転送速度が上がります。

SDカード以外の対応メディアをチェック

By: amazon.co.jp

SDカードリーダーには、SDカード以外のメディアに対応したモノも販売されています。1台所有しておけば、変換アダプターなどを使用することなく、さまざまなメディアを直接接続できるので便利です。

スマホやタブレットでデータを管理している方はmicroSDに対応したSDカードリーダーがおすすめ。そのほか、メモリースティックやコンパクトフラッシュなど、1台で3~4種類のメディアを接続できる製品もあります。

対応メディアが多いほど汎用性が高く、幅広い用途で使用できるのがメリット。ただし、その分サイズが大きくなるので、持ち運びやすさや軽量さは損なわれます。それぞれのバランスを考慮しつつ、自身の用途に適した製品を選びましょう。

SDカードリーダーのおすすめ|Type-C

エレコム(ELECOM) USB Type-C SDカードリーダー MR3C-D011

スティックタイプのコンパクトなSDカードリーダー。本体サイズは約幅55.8×奥行き18.2×高さ9.8mm。ポケットやカバンなどに入れて持ち運べます。

スロット数は2つで、SDカードとmicroSDカードを接続可能。コネクター部分は約1万回の抜き差しに耐える堅牢性を備えています。頻繁に抜き差しを行っても破損しにくいので、安心して使用可能です。

持ち運びの際に役立つコネクターキャップも付属。また、本体にはメディアへのアクセス状況が分かるアクセスランプを搭載しています。

アンカー(ANKER) 2in1カードリーダー AK-A83700A2

SDカードスロットとmicroSDカードスロットを備えた2in1タイプのSDカードリーダー。SDXCやmicroSDXCを含むさまざまなSDカードを使用できます。USB3.0対応なので、フォトアルバムや容量が大きい動画なども5Gbps以上の高速転送が可能です。

本体はスリムでスタイリッシュなデザインを採用しています。また、ノートPCなどの隣接するポートに干渉することなく使用できるほか、保護ケースを装着しているスマホにも問題なく接続できます。

AndroidデバイスやMacBook、WindowsPCなど、幅広いUSB Type-Cポート搭載デバイスで動作するように設計されており、互換性に優れているのも魅力のひとつ。コネクター部分は、1万回以上の接続に耐える優れた耐久性を有しています。

アップル(Apple) SDカードリーダー MUFG2ZA/A

Apple純正のSDカードリーダーです。MacBookやUSB Type-Cポートを採用したiPadを使用している方などにおすすめ。やや高価ではありますが、純正品ということもあり、安心して使用できます。

本体は、Appleのアイテムらしい無駄のないシンプルなデザインに仕上がっています。コネクター回りもスリムなので、隣接するポート類に干渉することなく接続可能です。

最大312MB/sの転送速度を実現するUHS-IIのSDカードに対応。動画や高解像度な写真も短時間で高速に転送できます。カメラで撮影した動画や写真をiPadやMacBookに取り込むときなどに重宝する便利なアイテムです。

ソニー(SONY) SDカードーリーダー MRW-G2

高速転送を実現するUSB 3.2 Gen 2に対応した高性能なSDカードリーダー。SDカードに加え、主にデジタル一眼レフカメラなどで使用する記録メディア「CFexpress Type A」の接続に対応するスロットも搭載しています。

UHS-I・UHS-II対応のSDHCカードとSDXCカードをサポートしているので、さまざまなSDカードで高速な転送を実現。高解像度画像や4K動画などの大容量のデータも快適に転送できます。

ケーブルは取り外しができ、USB Type-C to USB Type-CケーブルとUSB Type-C to USB Type-Aケーブルが付属。接続先のデバイスに合わせてケーブルの使い分けができるので、幅広いデバイスで使用できます。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) コンパクトカードリーダー ADR-3TCMS6BK

片側にUSB Type-Cコネクターを、もう片側にUSB Type-Aコネクターを搭載したSDカードリーダー。幅広いデバイスで使用できる汎用性の高さが魅力のひとつです。本体サイズは幅80×奥行き20×高さ11.2mmと手のひらサイズなので、気軽に持ち運べます。

また、保管時や持ち運びの際に役立つキャップも付属。コネクター部分をホコリなどからしっかりと守れます。スロットは、SDとmicroSDの2種類で、UHS-I・UHS-IIのSDXCカードをサポート。ただし、UHS-IIの高速転送には対応していないので、注意が必要です。

USBの規格はUSB3.2 Gen1に対応し、理論値で最大5Gbpsの転送速度を実現します。さまざまなデバイスに対応しており、本製品を使用すれば、SDカードでPS4のセーブデータを保存することも可能です。

SDカードリーダーのおすすめ|Type-A

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) USB3.1 マルチカードリーダー ADR-3ML50

SDカードリーダーを含み合計5つのスロットを備えるマルチカードリーダー。さまざまなメディアを常日頃から使い分けている方におすすめです。本製品は、すべてのスロットのメディアを同時に認識できるのが魅力。メディア間でデータを移動させたいときに、差し替える必要がないので便利です。

スロットは全て前面に配置されているため、スムーズに抜き差しが可能。また、差し間違いを軽減するために裏表も統一されています。本体サイズは幅84.5×奥行き40.6×高さ14mmで、重量は約32g。着脱式の長さ約1.2mのロングケーブルが付属し、デスクトップPCへの接続にもぴったりです。

USB端子は、理論値最大5Gbpsの転送速度を実現するUSB3.2 Gen1に対応。SD・microSDは、UHS-Iに対応しています。カラーバリエーションは、ブラックとホワイトの2色がラインナップ。WindowsやmacOSなどのOSに対応しているほか、PS4と接続してセーブデータの保存にも使用できます。

バッファロー(BUFFALO) マルチカードリーダー BSCR508U3

高速転送規格USB3.0に対応したSDカードリーダー。USB2.0の約10倍以上である5Gbpsの最大転送速度を実現しています。デジタル一眼レフカメラで撮影した高解像度画像や動画などのサイズが大きいデータも短時間で転送可能。

本製品は合計5つのスロットを搭載しています。SDXCカードやmicroSDXCカードに加え、コンパクトフラッシュやメモリースティックDuo、XDピクチャーカードなどの幅広い記録メディアの接続に対応。また、5つのスロットすべてを同時認識できるので、メディア間のデータ移動などもスムーズに行えます。

逆差しを防止する出っ張りを備えているほか、奥まで深く差し込める設計なので、コンパクトフラッシュのピン折れなども軽減可能です。本体サイズは幅85×奥行き50×高さ16mmで、重量は約45g。着脱式の長さ約1mのUSBケーブルが付属します。デスクトップPCの背面ポートなどから余裕をもって取り回せる使い勝手のよさも魅力のひとつです。

エレコム(ELECOM) カードリーダー MR3-K012

ケーブルを紛失する心配がないケーブル一体型のSDカードリーダー。ケーブルは本体内に収納できるので、持ち運びなどの際に邪魔になりにくいのが嬉しいポイントです。カラーバリエーションは、ブラックとホワイトの2色があります。

高速転送を実現するUSB3.0に対応し、SD・microSD・コンパクトフラッシュを接続できる合計3つのスロットを搭載。UHS-I・UHS-IIのSDHCカードやUHS-IのSDXCカードをサポートしています。

重量は約32gで、本体サイズは約幅88×奥行き39.5×高さ12mm。ケーブルの長さは約6cmです。本体にはメディアへのアクセス状況を一目で確認できるLEDのアクセスランプを搭載しています。

トランセンド(Transcend) カードリーダー TS-RDF5

SDカードとmicroSDカードに対応する2つのスロットを備えたSDカードリーダー。本体にUSB Type-Aコネクターを搭載しているので、パソコンと直接接続してUSBメモリのように使用できます。

本体サイズは幅56×奥行き24×高さ8.9mmで、重量は18g。手のひらサイズで、ポケットやカバンなどに入れて持ち運べます。カラーバリエーションはブラックとホワイトに加え、かわいらしいピンクもラインナップ。

インターフェイスはUSB 3.1 Gen 1に対応し、SDカードの速度規格はUHS-Iをサポートしています。なお、2つのスロットの同時認識には対応していません。同社が提供する無料の復旧ソフト「RecoveRxソフトウェア」を使用すれば、万が一大事なデータを消去してしまってもファイルの復元が行えるので安心です。

UGREEN マルチカードリーダー 30984

USBポートと4つのカードスロットを備えたマルチカードリーダー。本製品を1台デスクに置いておけば、データの転送からスマホ・タブレットの充電まで幅広い用途で使用できます。ケーブルの長さは1mと長めなので、デスクトップPCでの使用にもぴったりです。

また、本体前面にはスマホやタブレットを立てかけておける便利なU字型のスマホスタンドを搭載。1台でさまざまな役割を果たすので、デスク周りをスッキリとさせたい方にもおすすめです。スロットは、SDスロット・TFスロット・MSスロット・M2スロットの合計4つ。

本体側面には外部給電用のDCジャックを備えており、セルフパワーとバスパワーの両方に対応しています。消費電力が高いデバイスを接続しても安定した動作で使用可能です。そのほか、接続状況を一目で確認できるLEDライトや過電圧・過電流・漏えいを検知する漏電防止ユニットも備えています。

SDカードリーダーのおすすめ|iPhone向け

アップル(Apple) SDカードカメラリーダー MJYT2AM/A

Lightningコネクターを備えたApple純正のSDカードリーダーです。SDカードを差し込めば、iPadやiPhoneの写真アプリが起動して、保存されている写真が自動的に「モーメント」「コレクション」「年別」に整理されます。

また、「iCloudフォトライブラリ」を使用すれば、全ての写真や動画がiCloud上に保存され、同期している全てのデバイスから閲覧可能。本製品は、JPEGやRAWなどの一般的な画像のフォーマットから、H.264やMPEG-4などを含むSD・HDのビデオフォーマットまでサポートしています。

データ転送速度は、第1世代・第2世代の12.9インチiPad Proと10インチiPad Proでは最大でUSB3.0の速度に対応。9.7インチiPad Proを含むそのほかのモデルやiPhoneでは、最大でUSB2.0の転送速度に対応します。Appleのデバイスを安心して接続できる1台を探している方におすすめです。

ラディウス(radius) microSDカードリーダー AL-LMR11

iPhoneのLightningコネクターに接続してデータの転送が行えるmicroSDカードリーダー。本製品を使用してiPhoneのカメラで撮影した写真や動画をmicroSDカードに保存しておけば、本体内のストレージ容量を圧迫することなく、より多くのデータを保存できます。

また、デジタル一眼レフカメラなどで撮影した写真やデータをパソコンを経由することなく、iPhone内に取り込める利便性の高さも魅力です。

同社が提供する無料ファイル管理アプリ「DATA-BOX」を使用すれば、写真のバックアップを3ステップで簡単に行うことが可能。また、アドレス帳のバックアップにも対応しているので、機種変更の際にも役立ちます。

フォトファースト(PhotoFast) iOS専用SDカードリーダー CR-8710+

iPhone対応のコンパクトなSDカードリーダーです。本体サイズは35×31×8.5mmで、重量は約6.3g。SDカードと一緒にポーチなどに収納して、気軽に持ち運べます。Appleが定める「MFi認証」を取得しているので、安心して使用可能。

SD・SDHC・SDXCとの互換性を有し、最大512GBまでのSDカードに対応しています。画像や動画ファイルからoffice系の拡張子やPDFファイルまで、幅広いファイル形式をサポートしており、デジタル一眼レフカメラなどの画像データ記録方式であるRAWデータの読み込みも可能です。

同社が提供するデータ管理アプリ「ONE」を使用すれば、データのバックアップやリカバリーなどができるので、万が一の際も安心。また、アプリ内に保存したデータへのアクセス制限を設けることもできるので、第三者による不正なアクセスの防止にも役立ちます。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) Lightningカードリーダー ADR-IPLSDW

SDカードスロットとmicroSDカードスロットを備えたSDカードリーダー。ポケットに入るほどコンパクトで持ち運びに便利なアイテムです。コネクター部分は、iPhoneにケースをつけたままでも接続できるスリムな形状です。

「MFi認証」を取得しているので、安心して使用できるのもメリットのひとつ。ファイルの管理やデータと連絡先のバックアップなどに役立ち、幅広い形式のファイルの閲覧に対応しています。

重量は約12gで、本体サイズは幅39.4×奥行き32×高さ8.8mm。同社が提供するiOSデバイス専用の無料アプリ「POWER DRIVE」を使用すれば、より簡単にデータの転送が行えます。

ロジテック(Logitec) ライトニングカードリーダー LMR-MB15SV

Lightningコネクタ ーを搭載し、SDカードスロットとmicroSDカードスロットを備えたSDカードリーダー。iPhoneに直接データを転送したいときやストレージ容量を節約したいときなどに役立ちます。Appleの正規ライセンスである「MFi認証」を取得しているのもポイントのひとつ。

本体側面にはパソコンと接続ができるUSBポートを搭載しています。USBケーブルとUSB Type-C変換アダプターが付属。パソコンとiPhoneを同時に接続しての使用はできませんが、本製品が1台あればパソコンとデータのやり取りもできるので便利です。

ケーブルに難燃性の素材を使用し、コネクター部分にはサビに強く信号劣化の少ない金メッキピンを採用しています。各種データの保存や再生が可能な専用アプリ「EXtorage Link」の使用も可能です。

SDカードリーダーのおすすめ|Wi-Fi

エレコム(ELECOM) Wi-Fi カードリーダー MR-WI04WH

スマホやタブレットのデータをワイヤレスでSDカードやUSBメモリに保存できるSDカードリーダー。最大5台のスマホやタブレットから同時にアクセスができるほか、QRコードを読み取るだけで簡単にペアリングできるのもメリットです。

無料でダウンロードできる専用アプリ「File Cloud」を使用でき、各種データの保存や再生、バックアップを行うことが可能。有線接続にも対応しており、付属のUSBケーブルを使用して、一般的なカードリーダーとしても使用できます。ケーブルの長さは約30cmあるので、ゆとりのある接続が可能です。

本製品を無線ルーターの中継器として使用できる「ブリッジ機能」も搭載しています。また、充電時間は約2.5時間で、バッテリー容量は950mAh。最大約90分使用できます。

ラブパワー(RAVPower) Wi-Fi SDカードリーダー FileHub RP-WD009

ワイヤレスで手軽にデータの共有ができる多機能なSDカードリーダー。最大4TBまでの外部メディアをサポートし、5台までの同時接続に対応します。本体サイズは113×76×25mmで、重量は199.4g。

本製品はモバイルWi-Fiルーターとしても使用でき、2.4GHz帯で最大300Mbps、5GHz帯で最大433Mbpsの通信速度を実現。旅行や出張先で有線LANをWi-Fi化したいときに役立ちます。バッテリー容量は6700mAhで、モバイルバッテリー機能も搭載。

SDカード内のデータをボタンひとつでUSBドライブにバックアップできるのもポイントです。同社が提供するバックアップアプリ「RAV FileHub」を使えば、ファイルの再生・表示・削除などのデータの管理に役立ちます。

アイ・オー・データ(I-O DATA) Wi-Fi SDカードリーダー ポケドラ WFS-SR03

SDカードスロット・LANポート・USBポート×2を搭載したWi-Fi対応のSDカードリーダー。「ダイレクトコピー機能」を使用すれば、スマホやパソコンを経由することなくボタンひとつでデータを直接コピーできます。また、同社が提供する無料のスマホアプリ「Quick Sync」を活用することで各種ファイルの操作が可能です。

本体サイズは約幅90×奥行き78×高さ23mmで、重量は約120gとコンパクト。3350mAhのバッテリーを備えており、モバイルバッテリーとしても使用可能です。そのほか、本製品の挿入したSDカードやUSBメモリに保存した写真・動画をホームネットワークに繋がったDLNA対応テレビで楽しめる「メディアサーバー機能」もあります。

さらに、本製品は簡易Wi-Fiルーターとしても使用可能。有線LANをWi-Fi化できるので、宿泊先のホテルなどでも重宝するアイテムです。また、Wi-Fiの中継器として使用できるブリッジ接続にも対応しています。

ラディウス(radius) ワイヤレスmicroSDカードリーダー RW-WPS01

iPhoneやiPadの容量不足を解決するのに役立つワイヤレスmicroSDカードリーダー。5GHz帯の無線通信に対応しているので、4K動画などの容量の大きいデータもスムーズに楽しめます。

無料のiOSアプリ「DATA-BOX」が用意されており、音楽・動画・画像・書類などの幅広いファイル形式に対応。パソコンで作成したデータもiPhoneで閲覧できます。また、保存したデータやフォルダへのパスワード設定やファイル圧縮などの機能も搭載。

コンパクトなボディながらも約1400mAhのバッテリーを搭載し、最大約8時間の連続動作を実現しています。

SDカードリーダーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

SDカードリーダーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。