一眼レフカメラやビデオカメラの写真や動画のデータ移行に便利なSDカードリーダー。最近では、スマホやタブレットでも写真や動画、音楽などを楽しむ方も増えていますが、これらのデバイスでもSDカードリーダーは活躍します。

そこで今回は、おすすめのSDカードリーダーをご紹介。種類や選び方も解説しますので、合わせてチェックしてみてください。

SDカードリーダーの種類

USBモデル

By: amazon.co.jp

USBを差し込むことで使用するタイプのSDカードリーダーです。ケーブルの有無で大きく種類が分かれますが、最近では小型かつ軽量のスティックタイプが主流。価格も1000円程度で購入できるので、初めての購入にもスティックタイプがおすすめです。

また、iPhoneなどのApple製品に対応した製品はデザイン性にも優れており、各デバイスとも統一感を持って使用できます。

Wi-Fiモデル

By: amazon.co.jp

Wi-FiモデルのSDカードリーダーは無線でデータを送信できるのが特長です。中には複数の端末から同時にアクセスしてデータを共有することが可能なものや、本体自体を充電用のバッテリーとして使用できるものもあります。

ただし、価格はUSBモデルよりも高いので吟味が必要。購入の際は利用シーンを事前にイメージしてから、必要な機能が搭載されているものを選ぶようにしましょう。

スマホやタブレットにも使えるの?

By: amazon.co.jp

SDカードリーダーは、一眼レフカメラのデータ取り込みなどで使用されるというイメージを持っている方も多いでしょう。しかし、実際はスマホやタブレットなどのモバイル端末にも対応している製品が数多くあります。

スマホやタブレットのデータ移行は、専用のアプリやクラウドストレージでも対応できますが、通信環境に左右されたり、大容量データの転送に時間が掛かったりと不便な面もあります。より確実なデータ移行を必要とする場合は、SDカードリーダーを活用するのも選択肢のひとつです。

SDカードリーダーの選び方

USBの規格で選ぶ

By: amazon.co.jp

USBモデルの場合、どのデバイスのデータを読み取りたいかによって適する規格が異なります。特にスマホやタブレットのうち、Apple製品は一般的なUSBと異なる規格を採用しているので注意が必要です。自分がどのデバイスを使用したいのかを事前に確認しておきましょう。

対応メディアで選ぶ

By: amazon.co.jp

SDカードリーダーには、SDカード以外にもコンパクトフラッシュやメモリースティックなど、さまざまなメディアに対応しているモデルがあります。SDカード以外にも使用したいメディアがあれば、そちらにも対応した製品を選びましょう。

書き込み速度で選ぶ

By: amazon.co.jp

書き込み速度もSDカードリーダーを選ぶ際には重要。扱うデータ容量が大きいと、書き込み速度が遅いSDカードリーダーでは処理に長い時間を要する場合もあります。とはいえ、扱うデータの容量がそこまで大きくない場合もあるので、使用シーンに合わせて選ぶようにしてください。

SDカードリーダーのおすすめモデル

トランセンド(Transcend) USB 3.0 Super Speed カードリーダー TS-RDF5K

SDカードとmicroSDカードのいずれにも対応できるSDカードリ―ダー。高速規格のUHS-Iに対応し、USB 3.0も装備したお手軽かつ便利なアイテムです。また、実勢価格1000円前後とリーズナブルにもかかわらず、メーカー保証が2年もついているのもポイント。スティックタイプなので持ち運びもラクラクです。

バッファロー(BUFFALO) USB3.0 microSD/SDカード専用カードリーダー BSCR27U3

実勢価格1000円前後とリーズナブルなUSBタイプのSDカードリーダー。機能を絞ってmicroSDとSDにのみ特化したモデルです。USB3.0/2.0にも対応します。

64×10×26mmとコンパクトなサイズに、質量は約13gと軽量な点も魅力。カラバリもシルバー・ブラック・ホワイト・レッドの全4色をラインナップしています。WindowsとMacの両方に対応するので、ビジネス用にも最適です。

WOPOW カードリーダー WOPOW(JP)-W30

実勢価格1000円台としては十分な機能を備えたコスパ良好なSDカードリーダーです。USB2.0はもちろん、Androidにも対応のmicroUSB、Apple製品にも接続可能なLightning USBまで接続可能。対応メディアもSDとmicroSDに対応します。あらゆるデバイスに使えるので、複数人で共有するようなケースでもおすすめです。

PARADAISEED カードリーダー OM-601

コンパクトながらさまざまなデバイスに対応したマルチSDカードリーダー。1年間のメーカー保証と説明書が付いているので、初心者の方でも安心して使えます。スティックタイプのため持ち運びもラクラク。対応ファイルも幅広い万能SDカードリーダーをお探しの方におすすめです。

エレコム(ELECOM) カードリーダー MR3-A006BK

50cmのケーブルが一体になったSDカードリーダー。USB3.0対応機器であれば高速転送も可能です。カードスロットは全部で5箇所あり、SD/microSDカードの他にも、コンパクトフラッシュやXDピクチャーカード、メモリースティック各種に対応します。

このスペックにして実勢価格は1000円台とリーズナブル。ケーブル一体型のカードリーダーをお探しの方は購入候補となる、おすすめのモデルです。

アップル(Apple) Lightning SDカードカメラリーダー MJYT2AM/A

Apple純正のSDカードリーダー。SDカードを差し込むと自動で写真のアプリが開き、データを整理してくれるアイテムです。実勢価格はやや高めですが、純正としての安心感は魅力。iPhoneやiPad、Macをお使いの方で、周辺機器もApple純正品で揃えたい方におすすめです。

アイ・オー・データ(I-O DATA) Wi-Fi SDカードリーダー スマホ充電付 WFS-SR01

iPhoneにも対応したWi-FiモデルのSDカードリーダーです。バッテリー容量は2600mAhで、スマホ用のモバイルバッテリーとしても使えます。Wi-Fi対応のため同時に複数人で使用することができるので、複数人での写真や動画の整理・共有する際におすすめです。

タクサン(TAXAN) MeoBankSD Plus ワイヤレスSDカードリーダー MBSD-SURP02

SDカードリーダーとルーター、バッテリーの1台で3役をこなすハイスペックなアイテムです。最大5台まで同時接続も可能。2000mAhのリチウムイオンバッテリーを搭載し、最大で約5時間の連続使用ができます。

サイズもコンパクトな手のひらサイズなので、持ち運びもラクラク。実勢価格は5000円前後とUSBモデルに比べるとやや高価ですが、それに見合った機能が揃っているSDカードリーダーです。

ラトックシステム Wi-Fi SDカードリーダー REX-WIFISD2

Wi-Fi・USBのリーダーに対応し、ルーターとモバイルバッテリー機能も持ち合わせたSDカードリーダーです。バッテリー容量は2600mAh。Wi-Fi規格IEEE802.11ac対応による高速通信も魅力です。