デジタルカメラの写真や動画のデータ保存に便利なSDカード。そのSDカードのデータをパソコンなどに移行する際に活躍してくれるのが「SDカードリーダー」です。

最近はクラウド化が進み、データ転送はスムーズになりましたが、それでもSDカードの需要はまだまだ多く、SDカードリーダーは一つ持っておくと便利なアイテムです。そこで今回はおすすめのSDカードリーダーをピックアップ。種類や選び方についてもご紹介するので、購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

SDカードリーダーとは?

By: amazon.co.jp

SDカードリーダーはSDカードに保存した写真や動画のデータを転送する際に使用します。SDカード内に保存した画像などのデータを、SDカードリーダーを接続したスマホやPCの画面で閲覧できるほか、機器の内蔵ストレージにデータを転送して保存できるようにする機能があります。

SDカードリーダーは基本的に直接機器と繋げて使用するため、Wi-Fiなどを利用したワイヤレス転送に比べて、通信環境による影響がなく、転送可能なファイル形式も限定されません。そのため、高画質データをスムーズに転送することが可能です。

SDカードリーダーの選び方

接続端子の規格で選ぶ

USB

By: elecom.co.jp

USBは、ユニバーサル・シリアル・バスの英字から頭文字を取ったもので、パソコンとの間でデータやり取りする場合によく使われる規格です。

SDカードリーダーに実装されるUSBには複数の種類があり、それぞれ転送速度が異なるため、大きいデータを転送する用途で使用する方はチェックしておきましょう。具体的には、「USB2.0」であれば480MB/s、「USB3.0」であれば5GB/s、ほかにも「USB Type-C」という規格もあり、10GB/sの転送速度を有しています。

高速でデータ転送したいなら「USB Type-C」がおすすめですが、ほかのUSB規格と端子が異なるため、お使いのデバイスが接続できるかどうか確認しましょう。

Lightning

By: transcend-info.com

Lightningコネクタは、iPhone・iPadなどApple社のデバイスで採用されている規格です。iPhoneにはSDカードなどを取り付けられないため、外部ストレージとして利用するといった用途にも便利です。

基本的にApple社のデバイスを使用している方が対象となる規格なので、該当する場合はチェックしてみてください。

Wi-Fi

By: sony.jp

Wi-Fiは、スマホやパソコンのデータをSDカードリーダーとの間でワイヤレスに送受信できる規格。Wi-Fiを利用してデータ転送ができるSDカードリーダーは種類が少なめですが、複数端末と接続したり、モバイルバッテリーとしての機能を備えていたりと、ほかにはない便利な機能が魅力です。

ただ、有線と比べると価格は高い傾向にあるのが難点。予算を問わない方や、高機能なモノを探している方におすすめします。

対応メディアで選ぶ

By: amazon.co.jp

SDカードリーダーには、SDカード以外にもコンパクトフラッシュやメモリースティックなど、さまざまなメディアに対応しているモデルがあります。SDカード以外にも使用したいメディアがあれば、そちらにも対応した製品を選びましょう。

書き込み速度で選ぶ

By: transcend-info.com

書き込み速度もSDカードリーダーを選ぶ際には重要。扱うデータ容量が大きいと、書き込み速度が遅いSDカードリーダーではストレスを感じる場合があります。特に、SDカードのなかでも大容量なSDHCやSDXCといったモデルを使用する場合、UHSスピードクラスという規格の有無をチェックしましょう。

UHSスピードクラスとは、SDHCやSDXCで謳われている最低転送速度を保証する指標です。動画ファイルのように大容量のデータを転送する用途が想定される場合はこの規格に対応したモデルを選びましょう。

なお、UHSスピードクラスに非対応のカードリーダーでも、転送速度は遅くなるものの、SDHCやSDXCを使用できるモデルもあります。

SDカードリーダーのおすすめモデル

サンディスク(SanDisk) エクストリーム プロSD UHS-II SDDR-409

サンディスク(SanDisk) エクストリーム プロSD UHS-IIカードリーダー/ライター SDDR-409

サイズが小さく、重さは約54gのコンパクトな軽量SDカードリーダー。USB Type-Cに対応しており、Androidなどのスマホデータを簡単にパソコンへ転送できるのが魅力です。

読み取り速度は最大500MB/s。UHS-IIのカードを扱えるため、容量の大きなデータも高速でやり取りできます。また、UHS非対応のSDカードも互換性があるので、安心して利用可能。

価格は7000円程度とやや高価ですが、種類を問わずSDカードのデータをたくさん扱いたい方や、カメラをよく使う場合におすすめのSDカードリーダーです。

トランセンド(Transcend) USB 3.1 Gen 1カードリーダー TS-RDF8W

トランセンド(Transcend) USB 3.1 Gen 1カードリーダー TS-RDF8W

データ復旧やセキュリティ機能を付加するソフトが無償提供されているSDカードリーダー。SDカードそのものがセキュリティ機能に対応している必要があるものの、パスワードをかけたり復旧できたりするため、盗難・紛失などの際に真価を発揮します。

メディアはSD・microSD・メモリースティック・コンパクトフラッシュなど幅広く接続可能です。UHS-Iに対応しているほか、USB3.0が使えるので、パソコンへのデータやり取りも簡単。対応する規格が多いモデルを探している方や、安全なSDカードリーダーを探している方におすすめの製品です。

トランセンド(Transcend) Smart Reader RDA2 TS-RDA2W

トランセンド(Transcend) Smart Reader RDA2 TS-RDA2W

Lightningコネクタを搭載しており、iPhone・iPadなどに対応するSDカードリーダー。2つのカードスロットを持ち、iPhoneに接続することで最大256GBの拡張外部ストレージとして使えるのが魅力です。

Apple公式が認めるMFI認証を取得しているため、信頼性も抜群。専用のアプリを使うことでデータのバックアップやファイルの暗号化ができます。

なお、注意点としてiPhone XやiPhone 8などの最新機種には非対応なので、以前の機種を使用している方で、デバイスの容量が足らず困っている場合におすすめです。

ロジテック(Logitec) Lightningコネクタ搭載メモリカードリーダー LMR-MB15SV

ロジテック(Logitec) Lightningコネクタ搭載メモリカードリーダ LMR-MB15SV

Lightningコネクタを搭載しており、パソコンを介さずにiPhoneとデータのやり取りが行えるSDカードリーダー。28種ものメディアに対応しているほか、iPhoneの外部ストレージとして利用できたり、SDカード内の音楽・動画を再生できたりするのが魅力です。

専用アプリを使えば、データのバックアップや復元も簡単。パソコンのデータを読み込んで保存できるほか、USB Type-C変換ケーブルも付属するため接続できるデバイスが多いのもポイントです。

エレコム(ELECOM) UHS-II対応高速メモリ リーダー/ライター MR3-A007BK

エレコム(ELECOM) UHS-II対応高速メモリリーダライタ MR3-A007BK

USB3.0・UHS-II対応のケーブル一体型SDカードリーダー。パソコンと接続することで、カメラやスマホに利用するSDカードのデータを高速でやり取りできるのが魅力です。

Windows OS対応の専用アプリ「Quick File Dealer」を使えば、ファイルを種類や日付ごとに自動仕分けしてくれるのもポイント。メディアはSD・microSD・コンパクトフラッシュなど、最大38種類の接続に対応します。

メディアへのアクセス状態を示すランプを備えるのもポイント。対応するメモリの規格が多いので、カメラのデータをよく取り扱う方におすすめです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) USB2.0 カードリーダー ADR-ML18BKN

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) USB2.0 カードリーダー ADR-ML18BKN

4つのスロットを同時認識できるUSB2.0対応SDカードリーダー。SD・microSD・メモリースティック・コンパクトフラッシュなどを同時に扱えるため、複数メディアのデータに転送する際に時短できるのが魅力です。

ゴム付きで滑りにくいほか、LEDランプ搭載で使用状態がわかりやすいなど細かい部分への配慮もポイント。USB2.0に対応しておりUHSは非対応ではあるものの、2000円未満で購入できるコスパのよさがあります。

高速データ転送には対応していませんが、ファイルのやり取りを最低限行えて低価格なモノが欲しい方におすすめです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) USB Type-C カードリーダー ADR-3TCML36S

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) USB TypeC カードリーダー ADR-3TCML36S

サイズは29×67×16.4mm、重量は30gと軽量コンパクトなSDカードリーダー。SD・microSD・コンパクトフラッシュの3スロットを持ち、最大41メディアに対応します。USB Type-Cが搭載されているので、WindowsやMacBookでの利用に便利です。

2000円前後で購入できるコスパのよさもポイント。外出先でデータを読み込む機会が多い方や、持ち運びのしやすさを重視する方におすすめです。

ソニー(SONY) SDメモリーカードリーダライター MRW-S1

ソニー(SONY) SDメモリーカードリーダライター MRW-S1

UHS-II・USB3.1 Gen1に対応するSDカードリーダーです。SDカードスロットのみを備える超小型設計で、カメラなどのデータを高速でパソコンに転送します。端子部は未使用時にキャップを付けられるため、埃や汚れから端子を守れるのが魅力です。

microSDは、変換アダプタを使用することで利用可能。2000円程度で購入できるコスパのよさがあります。高い機能性は求めないけれど、SDカードのデータを高速で取り扱いたいという方におすすめです。

バッファロー(BUFFALO) カードリーダー/ライター BSCR27U3BK

バッファロー(BUFFALO) カードリーダー/ライター BSCR27U3BK

WindowsとMac両方に対応するスティックタイプの小型SDカードリーダー。SD・microSDカードに特化しており、USB3.0・UHS-I対応で高速データ転送できるのが魅力です。カラーはブラック・シルバー・レッド・ホワイトの4色から選択可能。低価格で購入でき、SDカードリーダーのなかでも最も安い部類に入ります。

スティック形状なのでポケットやお財布、カバンなどに入れても気にならず、持ち運びにも便利。安さを追求する方や、必要最低限の機能さえあれば問題ない場合におすすめです。

バッファロー(BUFFALO) カードリーダー/ライター BSCR108U3BK

バッファロー(BUFFALO) カードリーダー/ライター BSCR108U3BK

3スロットを備え、54種類のメディアが扱えるUSB3.0対応SDカードリーダー。本体上部にスリットがあるため、卓上に置いておき、メモやメディア置きとしても使えるのが魅力です。

コンパクトフラッシュ用のスロットはピン折れを防ぐ出っ張りがあるほか、深く挿し込む設計なので逆挿しを防止できるのもポイント。価格は2000円未満と安く、コスパのよいSDカードリーダーを探している方におすすめです。

ソニー(SONY) ポータブルワイヤレスサーバー WG-C20 V

ソニー(SONY) ポータブルワイヤレスサーバー WG-C20 V

専用アプリ「File Manager」を使うことでスマホやタブレット、パソコンなどのデータをワイヤレスにやり取りできるSDカードリーダー。本製品にSDカード・USBメモリ・外付けハードディスクなどを接続することで、コードを用いずにパソコンやスマホからデータの読み書きできるのが魅力です。

3000mAhのバッテリーを備え、給電機能も利用可能。スマホやカメラ・タブレット用のモバイルバッテリーとしても使えます。

iPhoneの連絡先バックアップや、最大8台まで同時接続、テレビ番組の録画を持ち出せる「お出かけ転送」など役立つ機能が満載。Wi-Fi対応でワイヤレスにデータをやり取りしたい方におすすめです。

バッファロー(BUFFALO) カードリーダー/ライター BSCR700U3BK

バッファロー(BUFFALO) カードリーダー/ライター BSCR700U3BK

USB3.0とUHS-IIに対応し、最大転送速度200MB/sを実現するSDカードリーダーです。SD・microSD・メモリースティック・コンパクトフラッシュの4スロットを備え、60のメディアを扱えます。スロットの同時認識も可能なので、メディア間のデータやり取りまでこなせるのが魅力。

値段は約4000円で、機能面を考慮すると程よい価格帯。多数のメディアを取り扱いたい方や、動画やカメラで撮影した大容量データをストレスなく転送したい場合におすすめです。

サンディスク(SanDisk) イメージメイト プロ SDDR-489-J47

サンディスク(SanDisk) イメージメイト™ プロ マルチカード リーダー/ライター SDDR-489-J47

Windows・Macパソコンの両方に対応するSDカードリーダー。本製品の読み取り速度は500MB/sで、UHS-IIやUSB3.0規格に対応しているのが魅力です。microSD・SDカード・コンパクトフラッシュなど、一般的によく使われるメディアに対応します。

黒のシックなデザインや、挿し込み部分に傾斜がついているなど、おしゃれなところもポイント。価格は3000円程度なのでコスパも抜群です。カメラで撮影した大容量のデータを取り扱う方など、高速でファイル転送する必要がある場合におすすめします。

SDカードリーダーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

SDカードリーダーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。