スマホやタブレットを部屋の電源コンセントで別々に充電したり、電源タップに複数の充電ケーブルをつないだりするのは、見た目が悪いだけでなく使い勝手もよくないもの。「充電ステーション」は、複数のデバイスを充電する際に活躍するアイテムです。

電源コードや充電器を一括して複数の端末を充電できるので、見た目もスッキリする優れもの。そこで今回は、充電ステーションの選び方とおすすめ製品をご紹介します。ポートの数や大きさ、デザインなどをチェックし、自分に合うモノを選んでみましょう。

充電ステーションの選び方

充電するデバイスに合わせて選ぶ

端子をチェック

充電ステーションを選ぶ際にまず確認したいのが、コネクタの形状です。iPhoneのみを充電したい場合は「Lightning端子」があれば問題ありません。Androidの場合は「microUSB」か「USB Type-C」のいずれかが必要なため、使用しているモデルに合う端子が搭載されたモノを選びましょう。

タブレットやモバイルバッテリーに加えてデジカメなども充電したい場合は、「USB Type-A」ポートが搭載された充電ステーションを選ぶのがおすすめ。USB Type-A端子には各端末に付属しているUSBケーブルを接続できるので、さまざまな機種の充電に対応できます。

ワイヤレス充電対応の可否をチェック

By: amazon.co.jp

iPhone11などのワイヤレス充電に対応したスマートフォンには、「Qi充電」に対応した充電ステーションがおすすめ。煩わしいケーブル接続の手間を省いて充電できるため、手軽に扱えて便利です。最近では「Qi充電」に対応したおしゃれな充電ステーションも増えているので、好みに合うモノを選んでみましょう。

タイプで選ぶ

ボックスタイプ

By: rakuten.co.jp

充電ケーブルの配線を隠したい場合や端末数が5台前後の場合には、ボックスタイプがおすすめです。箱型の本体の中に充電ケーブルと充電器を収納できるので、見た目がスッキリします。また、充電ケーブルがホコリまみれになるのを防ぐことも可能です。

ボックスタイプの充電ステーションの多くはUSBポートとケーブルを別途用意する必要があるため、留意しておきましょう。なお、ボックスタイプは中に充電ケーブルを通す形状なので、多数の端末を充電するのには不向き。本体サイズやケーブルを通す穴の大きさも合わせて確認するのがおすすめです。

スタンドタイプ

By: rakuten.co.jp

スタンドタイプの充電ステーションは仕切りに端末を立てかけて充電するタイプで、一度に多数の端末を充電できます。スマートフォンとタブレットなどサイズが違う端末を一緒に充電できるモノもあるので、家族が多い場合やオフィスでまとめて充電したい場合などにも便利です。

製品によっては仕切り板の幅を調節できるモノもあり、端末のサイズに合わせて使えます。仕切り板の幅が狭すぎたり広すぎたりするモノもあるため、購入前にサイズや仕様をよく確認しましょう。スタンドタイプはUSBポート一体型のモノがほとんどなので、端末の形状もチェックしておくと安心です。

安全性をチェック

By: rakuten.co.jp

一度に複数の端末を充電する充電ステーションを使う際には、安全性もチェックしておきましょう。まず確認したいのが、法律が定める基準をクリアした製品に付けられる「PSEマーク」の有無です。PSE適合製品であれば安全基準を満たしているため、安心して使用できます。

また、接続機器を自動判別して電流を調節する「スマートIC」を搭載した製品もおすすめです。スマートIC対応の充電器は過剰な電流が流れるのを防ぐので、過電流によるトラブルを避けられます。さらに、それぞれのスマホの能力に合わせた急速充電も可能です。

そのほか、充電する端末がiPhoneやiPadなどのアップル製品のみの場合は、アップルが定める性能基準を満たした「Apple公式認定品」の充電ステーションを使うのがおすすめ。「MFi認証」を取得した製品は内部にスマートチップが組み込まれており、過熱や過電流、過電圧などによるトラブルへの対策ができます。

デザイン性をチェック

By: amazon.co.jp

充電ステーションは目に付く場所に置くことが多いため、デザイン性も重視したいところ。ナチュラルインテリアのダイニングには木製のモノを選んだり、モダンインテリアのリビングにはシンプルでスタイリッシュなモノを選んだりすると、スッキリするだけでなくおしゃれな雰囲気を演出できます。

また、棚やテーブルに置くタイプだけでなく、電源コンセントに設置するモノもあるのでチェックしてみてください。スマートフォンをさりげなく充電できるデザインのモノを選べば、インテリアのアクセントにもなります。

充電ステーションのおすすめアイテム|ボックスタイプ

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) ケーブルボックス 200-CB006

サイズがコンパクトで、卓上にも設置しやすいボックス型充電ステーション。2枚に分かれた天板は、さまざまな取り付け方が可能です。フラットに設置すれば内部の収納スペースが広がり、片側を斜めにすればスマホやタブレットを立てかけて充電できます。

木とスチールを組み合わせたおしゃれなデザインも特徴。スチール部分にはマグネットでメモなどを取り付けられます。カラーリングは落ち着きのあるダークブラウンとナチュラルな雰囲気のライトブラウンの2種類です。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) ケーブルボックス 200-CB017

充電器はもちろん、ルーターなどもまとめて収納できる大容量タイプの充電ステーション。全体に木製パーツを使用してあたたかみのあるデザインに仕上げており、Wi-Fi機器の電波に干渉しにくいのが特徴です。カラーリングにはダークブラウン・ライトブラウン・ホワイトの3色が用意されています。

取り外し可能な天板は片側にだけスリットが入った2WAY仕様。スリットありの面に裏返せば、デバイスを立てかけて設置可能です。本体は左右の角を落とすなど、安全性にも考慮して設計されています。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 机上台 100-MR101

A4サイズの書類が収納できるスライド棚や、小物をまとめるのに便利な引き出しの付いた充電ステーション。オフィスや書斎などのデスク周りを整理したい方におすすめのアイテムです。

デバイスに傷を付けないようにクッション材が貼られた上棚には、5台ほどのスマホが設置可能。各収納棚の背面にあしらわれた穴にケーブルを通せるため、充電中も見た目がスッキリします。

アイムディ(I’m D) モバイルステーション lessev mini

置く場所を選ばないミニサイズのボックス型充電ステーション。曲線的な美しいフォルムが目を引くシンプルなデザインで、モダンなインテリアと相性のよいアイテムです。デバイスを傷付けにくいシリコン製のカバーが、デザインのアクセントになっています。

内部に充電器を設置してケーブルをカバー中央部の穴から取り出す仕組みで、デスク周りがスッキリとまとまるのが魅力。小型のデバイスをメインで充電したい方におすすめです。

バッファロー(BUFFALO) ケーブルボックス BSTB01L

さまざまなインテリアに馴染みやすい、スタイリッシュなデザインの充電ステーション。6個口の電源タップを収納できる大型サイズで、充電ステーションとしてはもちろん、テレビ周りなどのケーブルボックスとしても活躍します。

ケーブルを取り出すための穴が開いた天面には、充電中のデバイスを設置可能。側面にあしらわれた3つのケーブルホールが通気口の役割を果たすため、ボックス内の温度が上昇しにくく安心して使用できます。

イノマタ化学(Inomata-k) テーブルタップボックスステーション

デバイスを立てかけられるスタンド付きのボックス型充電ステーション。広々としたスタンド部分には10インチまでのタブレットを設置可能です。スタンド下部に穴が開いており、ケーブルを見せずスマートに充電できます。

一部に保護マットがあしらわれているため、デバイスを傷付けにくいのもポイント。本体底部は滑り止め付きで、安定感があります。カラーリングは、ベーシックで使いやすいホワイトとブラックの2種類です。

充電ステーションのおすすめアイテム|スタンドタイプ

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 充電ステーション 700-AC020W

6つのUSBポートを備えており、最大9.6Aの出力が可能な充電ステーション。iPadであれば4台、iPhoneであれば5台の同時充電ができます。PSE適合製品で、過電流が起きた場合には自動で充電をストップするスマートな設計です。

幅を細かく調節できる仕切り板が付属しているため、モバイルバッテリーをはじめとする厚みのあるデバイスも設置可能。仕切り板には、スマホやタブレットが傷付かないようにクッションスポンジが備わっています。

ニュアンス(NuAns) マルチ充電トレイ COLONY

ストーンパウダーが混ぜ込まれたオリジナルの樹脂素材を使用した充電ステーション。工芸品のような見た目が特徴で、インテリアにこだわりのある方におすすめです。カラーリングには、ブラックとホワイトのモノトーン2色がラインナップされています。

溝があしらわれた上部には最大7台までのデバイスを設置可能。土台の収納スペースにケーブル類をまとめられるため、複数のスマホやタブレットを整理整頓したい場合に重宝します。

YHTOP 充電ステーション

急速充電対応のポートを含む5つのUSBポートが備わった充電ステーション。スタンド部分には最大5台のスマホやタブレットを立てかけて設置できます。

ポート部分はキノコ型で、インテリアのアクセントになるユニークなデザインが特徴。LEDランプを搭載しており、枕元に置けばベッドサイドライトとしても活躍します。土台が横21.5×縦9.8cmとコンパクトなため、限られたスペースにも設置しやすい充電ステーションです。

サンコー(THANKO) モバイルチャージャーステーション zakone UQ5MFI4H

4台までのデバイスを同時充電できる充電ステーション。スマホはもちろん、タブレットも立てかけられる溝があしらわれています。トレイ部分は保護マット付きで、端末を傷付けにくいのが魅力です。

さまざまな規格の充電ケーブルが8本付属しているのもポイント。4つのポートを使って自由に付け替えられるため、充電するデバイスに合わせたセッティングが可能です。MFi認証を取得しており、Apple製品を安心して充電したい方に適しています。

Cannelle 竹製充電スタンド

ナチュラルな雰囲気が魅力の竹製充電ステーション。繊維の目が詰まっているため、表面が傷付きにくく美しい状態で長く使用できます。内部のスペースにUSBポートを設置し、側面の穴からケーブルを取り出して充電する仕様です。

スタンド部分は着脱式。マグネットで土台にしっかりと固定されるので、ガタつきにくくデバイスを安心して設置可能です。後方の仕切り板は背が高く、スマホはもちろんタブレットにも対応しています。

ピタカ(PITAKA) 充電ステーション Air Omni Lite

一部の素材に天然木を使用した、おしゃれなデザインの充電ステーション。スマホ・イヤホン・Apple Watchのワイヤレス充電に対応した高機能モデルです。

スマホはもちろんタブレットも立てかけられる格納式のスタンドが付属。コネクタはLightningもしくはUSB Type-Cに切り替え可能です。側面にもUSB Type-AとUSB Type-Cのポートを備えており、最大6台のデバイスを同時に充電できます。

ベルキン(belkin) ワイヤレス充電器 BOOST↑UP

「Qi充電」に対応したデバイスをワイヤレス充電できる充電ステーション。スマホ用とApple Watch用のスタンドに加えてUSB Type-Aのポートを備えており、最大3台までのデバイスを同時充電可能です。

コンパクトサイズで、サイドテーブルなどのちょっとしたスペースに設置できるのが魅力。Apple製品を整理整頓しながら充電したい方におすすめの充電ステーションです。