iPhone 7では本体の3.5mmイヤホン端子が廃止され、従来の有線イヤホンを使うためには、付属のLightningステレオミニ端子変換ケーブルが必要になりました。ところが、この場合、従来はできた「充電しながらの有線イヤホンの使用」は不可能になり、不便に感じている方もいるのではないでしょうか。

そこで、その問題を解決してくれるのが、iPhone 7対応の各種変換アダプタです。今回は、充電しながら使えるアダプタのおすすめ機種とその選び方をご紹介します。

iPhone 7の変換アダプタってどうやって選ぶ?

41kxrtmuaol

By: amazon.co.jp

iPhone 7を使って充電しながら有線イヤホンを使えるようにするには、Lightning端子に挿すタイプの変換アダプタが必須です。アダプタの形態としては2種類あります。

まず、Lightningなど充電用端子+3.5mmイヤホン端子型。イヤホンを挿して音楽を聴きながら、充電用のケーブルも挿して充電が出来る仕組みです。これだと一般的なイヤホンは使えますが、逆にLightning接続タイプのイヤホンは使えません。充電用の端子がMicroUSBやUSB端子の機種もあります。

次にLightning二股型。Lightning端子を2つに分岐させます。これにより、一つは充電に、一つはLightning端子によるイヤホンの有線接続に同時対応可能。ただし、一般的なイヤホンを使うためにはiPhone 7に付属の「Lightning-3.5mmヘッドフォンジャックアダプタ」も併用する必要があるので、ご注意ください。

41lazw8-ahl

By: amazon.co.jp

いずれのタイプでも製品選びのポイントは、機能、音質だけでなく、アップル社による動作保証のあるMFi認定品かどうか、です。MFi認定でなくとも問題なく使える場合も多いですが、今後のiOSのアップデートにより使えなくなる可能性もありますので、ご注意ください。

iPhone 7のおすすめ変換アダプタ4選

アップル(Apple) iPhone Lightning Dock

mgrm2_av3

Lightning+3.5mmイヤホン端子型によるアップル純正のアダプタです。イヤホン端子はライン出力も兼ねているので、外部スピーカーと接続することもできます。ただ、iPhoneを立てて使うスタンド型のため、携帯しながらの使用に不向きです。自宅や屋内で使うのにおすすめですね。

アップル自身による製品なので、動作、品質に関する信頼性が高いのも魅力。iPhoneに限らず、iOS機に幅広く対応しているので、複数のiOS機で利用したい方にも向いています。

ベルキン(Belkin) Lightning Audio + Charge RockStar

hkkp2

Lightning二股型のアダプタです。最大12Wのパススルー充電により、イヤホン使用時でもスムーズに充電できます。最大48kHz/24bitのハイレゾオーディオ出力に対応。ハイレゾ対応のLightningイヤホンと併用することにより、高音質を楽しめます。

外部製品ですが、アップルストアで販売されているので、製品内容への信頼性はばっちりです。もちろんMFi認定品。ハイレゾ再生にこだわる方にもおすすめです。

LANYI iPhone7 変換アダプタ Lightning to 3.5 mm Adapter

316fr66fsbl

Lightning+3.5mmイヤホン端子型によるiPhone 7対応変換アダプタです。MFi認定品ではありませんが、iPhone 7/7 Plus、6/6s、 6/6s Plus、iPad、iPodと幅広い対応を謳っています。シンプルな構造により、持ち運びに邪魔にならないコンパクトサイズが魅力。

DACを内蔵しながら、リーズナブルな価格というのもうれしいポイントです。音楽操作リモコンは搭載しないシンプルな設計。とりあえずイヤホンを使いながら充電をしたい、という方におすすめです。

WOPOW® iPhone7 変換 アダプタ

充電しながらでも音楽を聞くことができるiphone7変換アダプタ。純正イヤホンであれば、イヤホンから音量を高めたりするなどの操作ができるため、便利。それ以外のイヤホンだと、イヤホンからの操作はできないため、純正イヤホンを持っている人におすすめの変換アダプタ。

安価な変換アダプタの場合、音が変わったりしてしまいますが、こちらであれば、そこまで音を劣化させることなく再生可能。高音質のまま音楽を楽しみたい人もこちらがおすすめですよ。