iPhone 7以降のイヤホンジャックがない端末でイヤホンを有線接続するために必要な「変換アダプタ」。最近はさまざまな形や対応端末があり、なかにはHDMI接続に対応したモノもあります。

そこで今回は、iPhone用変換アダプタを種類別にご紹介。種類ごとの特徴や選ぶ際のポイントも解説しているので、気になる方はチェックしてみてください。

変換アダプタの種類

イヤホンジャック

By: amazon.co.jp

2016年に発売されたiPhone 7以降の機種からは、従来まで搭載されていた3.5mmイヤホンジャックが省略されています。Lightningポートとイヤホンジャックは形状が異なるため、そのままの状態では通常の有線イヤホンをiPhoneで使えません。

イヤホンジャックを備えた変換アダプタを使用することで、最新機種でも通常の有線イヤホンが使用できます。ワイヤレスイヤホンよりも有線イヤホンの方が高音質で遅延も少ない傾向にあるので、再生音質にこだわる方はもちろん、お気に入りの有線イヤホンを使い回したい方にもおすすめです。

HDMI

By: apple.com

iPhoneの映像をテレビや外部モニターに映したい場合は、LightningポートをHDMIに変換できるアダプタが必要。従来規格のポートと異なり、HDMIポートでは1本のケーブルで映像と音声を同時に転送できるのが特徴です。

HDMI変換アダプタを使えば、HDMIケーブルでiPhoneとテレビを繋いで、iPhoneで再生したYouTube動画や映画などを大画面で楽しめます。また、プレゼンをする際に、iPhoneに保存したPowerPointやKeynoteなどのスライドをプロジェクターで映写するのにも便利です。

ただし、著作権保護のため、Netflix・Hulu・Amazon Prime Videoなど、VODサービスを使用した映画のミラーリング再生には対応していない場合があるので注意。確実にテレビでVODサービスを楽しみたい場合は、Apple TVやChromecastなどテレビ用の機能拡張デバイスを利用するのがおすすめです。

iPhone用変換アダプタの選び方

MFi認証で選ぶ

「MFi認証」とは、Apple社がiPhoneとの互換性を示すものです。他社製のアクセサリーでも、MFi認証を受けているモノなら、安心してiPhoneと接続できます。MFi認証を受けている製品は、パッケージにiPhoneやiPadとの互換性を示すロゴが入っているのが特徴です。

一方、非認証の製品は安価で手に取りやすいのが魅力ですが、iOSのアップデートで使用できなくなる場合もあるので注意が必要。できるだけ長く使用したい方は、多少高価でもMFi認証を受けた変換アダプタをチェックしてみてください。

使用しながら充電できるモデルが便利

By: amazon.co.jp

iPhone用変換アダプタを選ぶ際は、使用しながら充電もできるモデルがおすすめ。Lightningポートを同時に搭載したイヤホンジャック変換アダプタを使用することで、有線イヤホンを使って音楽や動画を楽しんでいる間もiPhoneを充電できます。

また、HDMIケーブルで映像をテレビやプロジェクターに投映する際は、iPhoneのバッテリーを大きく消耗するため要注意。使用時に充電もできるかどうかしっかりと確認しておきましょう。

映像出力する場合は画質をチェック

HDMI変換アダプタを選ぶ際は、対応する解像度を確認しておきましょう。安価なモデルのなかには低い解像度の映像しか出力できないモデルもあるため、画質がiPhoneの画面で見るよりも荒くなってしまう場合があります。

iPhoneの映像をテレビなどでも高画質で見たい場合は、フルHD解像度(1920×1080)以上の映像出力に対応したHDMI変換アダプタがおすすめ。テレビでも高画質な映像が楽しめます。

イヤホンジャックは通話に対応しているかチェック

By: amazon.co.jp

iPhone購入時に付属するEarPodsのように、イヤホンを使って通話したい場合は、イヤホンジャック変換アダプタが音声入力に対応するかを確認しておきましょう。廉価なモデルでは音楽などの音声出力にしか対応しておらず、イヤホンマイクで話した声が相手に届けられない場合があります。

通話に対応しているモデルなら、イヤホンを外すことなく通話できるので便利。また、通話以外にも、イヤホンのリモコンによる音量調節や曲送りなどの操作に対応しているかも重要なポイントです。

iPhone用変換アダプタのおすすめ|Lightning-イヤホン

アップル(Apple) Lightning – 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ

Apple純正のヘッドホンジャック変換アダプタです。iPhoneやiPadの製造元であるAppleが直接開発しているのがポイント。最新のiPhone 12シリーズやiPad 第8世代を含む、iOS 10以降に対応する全てのデバイスで使用できます。

シンプルな構造なので、使用する際はiPhoneやiPadのLightningポートに挿してイヤホンを繋げるだけと簡単。音楽再生はもちろん音声伝送にも対応しているため、Apple純正イヤホンのEarPodsをはじめとしたマイク付きイヤホンを使えば通話も可能です。

アップル純正品ながら価格が手頃なのも魅力。純正品の安心感を重視したい方にもおすすめです。

ベルキン(Belkin) 変換アダプタ 3.5mm Audio + Charge Rockstar

充電しながら音楽鑑賞が楽しめるヘッドホンジャック変換アダプタです。本体に3.5mmイヤホンジャックと充電専用のLightningポートを搭載しているのが特徴。バッテリー残量を気にせずイヤホンやヘッドホンで音楽が存分に堪能できます。

Appleが定めた性能や安全の基準に適合するように設計されたMFi認定品である点も魅力。最新モデルのiPhoneやiPadにも対応しているほか、OSのアップデート後もトラブルなく使い続けられます。自宅などで音楽を再生しながら作業を進めたい方にもおすすめです。

エレコム(ELECOM) イヤホン・ヘッドホン用Lightningコネクタ変換ケーブル EHP-L35DS01C

おしゃれで丈夫なヘッドホンジャック変換アダプタです。5種類のカラーバリエーションが用意されているので色の好みに合わせて選べるのが特徴。また、スリムな外観ながら、断線しにくい高い耐久性を持っているため、外出先でも積極的に音楽鑑賞を楽しみたい方にもおすすめです。

本体には3.5mmイヤホンジャックのみを搭載していますが、音楽再生だけではなく音声伝送にも対応。マイク付きイヤホンを使用すれば、音楽鑑賞はもちろん通話も可能です。

アップルの正規ライセンスであるMFi認証を取得しているのもポイント。ケーブルの長さは約10cmとコンパクトなので、バッグへの収納も簡単にできます。

UGREEN Lightning to 3.5mmイヤホン変換アダプタ 30756JP

優れた耐久性と充実した音質を持つヘッドホンジャック変換アダプタです。ハウジングには丈夫なアルミニウム、ケーブルには断線しにくいナイロン編みを採用。さらに、負荷がかかるケーブルの根本には衝撃を和らげるエンボス加工が施されているので、外出先でアクティブに使いたい方にもおすすめです。

CD音源の情報量を十分に満たせる最大48kHz/24bitのサンプリングレートに対応しており、音楽伝送時のノイズが抑えられているのもポイント。ストリーミングサービスの楽曲もCDのような高音質で楽しめます。

シンプルな構造なので、Lightningポートに挿すだけで簡単に使用が可能。MFi認証も取得しているおすすめアイテムです。

オウルテック(Owltech) MFi認証 変換ケーブル Lightning-3.5mmミニジャック 充電用Lightningポート+コントローラー付 OWL-CBLTF35LT01

充電しながら高音質な音楽鑑賞が楽しめるヘッドホンジャック変換アダプタです。高音質な音楽再生に欠かせないDACを内蔵しているのが特徴。ノイズを抑えつつ高音質のまま音声信号を伝えられるので、音質にこだわりのある方にもおすすめです。

充電専用のLightningポートを備えているのもポイント。充電しながら同時に音楽鑑賞が可能なため、バッテリー残量を気にせず音楽の世界に没頭できます。

Appleの正規ライセンスであるMFi認証も取得済み。加えて、引っ張りや摩擦に強い高強度アラミド繊維をケーブル内部に使用したり、根元部分は2万回以上の折り曲げテストに耐えたりするなど、耐久性にも優れています。

アイコーオーディオ(ikko Audio) ポータブルDACアンプ Zerda ITM03-LIGHTNING-BLUE

ハイレゾ音源の再生にも対応するヘッドホンジャック変換アダプタです。シーラス・ロジック社のDACチップ「CS43198」を搭載しているのが特徴。PCMでは384kHz/32bitまでの再生に対応するほか、DSD256までのネイティブ再生も可能なので、ハイレゾ音源も豊富な情報量を最大限に活かして堪能できます。

ケーブル部分はプロ向け音響機器用のケーブル製造で定評のあるモンスター・ケーブル社が完全監修。柔軟ながら断線に強く、ノイズ対策もしっかりと施されています。

本体部分の素材には航空用アルミを採用。重さ約12gとコンパクトながら省電力設計なので長時間の音楽再生が楽しめます。高音質でiPhoneやiPadでの音楽鑑賞を楽しみたい方におすすめです。

iPhone用変換アダプタのおすすめ|Lightning-HDMI

アップル(Apple) Lightning – Digital AVアダプタ

Apple純正のHDMI変換アダプタです。iPhoneやiPadを製造しているAppleが自社で開発した製品で、優れた互換性を持つのが特徴。iPhone 12シリーズやiPad 弟8世代などの最新モデルにも対応しているのはもちろん、OSアップデート後も安心して長く使用できます。

本製品を介してHDMIケーブルでiPhone/iPadをテレビやプロジェクターに接続すれば、最大でフルHD解像度でのミラーリングが可能。写真やスライドを活用したプレゼンで活躍できるほか、デバイス内に保存した動画や映画も音声付きの大画面で楽しめます。

充電専用のLightningポートを内蔵しているのもポイント。バッテリー残量を気にせずミラーリングが利用できます。

フォックスコン(Foxconn) iPhone To HDMI 変換アダプタ

コスパに優れたHDMI変換アダプタです。Apple公式の委託製造先である台湾のフォックスコンが製造しており、正規ライセンスのMFi認証も取得済みなのが特徴。純正品と遜色ない性能を持ちながらリーズナブルに購入できます。

アップル純正品と同様、高性能なスマートチップを内蔵することで最高1080pでの高解像ミラーリングに対応。iPhoneとPad内に保存した写真や動画をテレビやプロジェクターの大画面で楽しめます。また、ケーブル内部には高品質な純銅コアを採用しており、耐久性に優れているのもポイントです。

MoYa Goa Lightning to HDMI 変換ケーブル MoYaGoa-HDMI

手頃な価格で購入できるHDMI変換アダプタです。高解像ミラーリングに対応しながら、Apple純正品やMFi認証品と比べて半額程度の安い価格で購入できるのが特徴。コスパ重視の方にもおすすめです。

最大でフルHD 1080pでの音声付き映像の出力に対応。NetflixなどVODサービスの映像コンテンツには対応していないものの、デバイス内に保存した写真・動画・スライドのほか、SNS上の写真や動画も映し出せます。

複雑な設定は不要で簡単に使用できるのも魅力。なお、使用の際は充電専用のLightningポートから給電する必要があるので留意しておきましょう。

AIWADE Lightning to HDMI接続アダプタ AW-HD18

コンパクトに持ち運べるHDMI変換ケーブルです。LightningケーブルにHDMI変換アダプタが一体化しているので、別途ケーブルを用意する必要がないのが特徴。また、ACアダプタ接続用のUSB Type-Aコネクタも備えています。

映像出力はフルHD 1080pをサポート。VODサービスには非対応ですが、iPhoneやiPadの画面に映した写真・動画・スライド・SNSを高画質のままテレビなどにミラーリングできます。

ケーブルの長さはHDMI側が1.8m、USB側が1m。変換アダプタのハウジングは約3.3cmと小型のため、バッグへの収納や持ち運びが簡単にできます。

OMKUY iPhone Digital AVケーブル

優れた耐久性を誇るHDMI変換ケーブルです。ケーブルの外膜部分には二重ナイロン編み構造を採用。柔軟ながら、2000回の折り曲げテストに耐える強靭さも兼ね備えているので、外出先でも安心して積極的に運用できます。

ケーブル内部には安定した映像や音声の伝送を実現する高品質な銅線を使用。1080pでの高解像ミラーリングが利用できます。また、伝送時の遅延や消費電力が少ないのも魅力です。

ケーブルの長さはHDMI側が2m、USB側が1m。iPhone/iPadとの接続用ケーブルが長めに設計されているので、十分な視聴距離を保ってテレビが見られます。

マックラボ(MacLab.) iPhone/iPad to HDMI変換ケーブル

PCケーブルの専門店が開発した高品質なHDMI変換ケーブルです。最新OSのiOS 14を公式にサポート。また、Apple純正品またはMFi認証品のLightningケーブルを変換アダプタに繋いで使用するので、接続時のアラートが表示される心配がないのも魅力です。

スリムながら優れた耐久性を持つTPUコートをケーブルの外膜に使用しているため取り回しも快適。さらに、コネクタ部分に熱がこもりにくい放熱設計を採用しているので、長時間使用しても不快や心配になるほど熱くならないのもポイントです。

フルHD 1080pでの高解像ミラーリングにも対応。変換アダプタのアップデートが可能なため、OSアップデート後も使用できます。