自撮り棒や三脚などを使用してスマホのカメラで撮影したいときに便利なアイテムが「シャッターリモコン」。スマホ本体から離れている状態でも手元でシャッターが切れるため、セルフタイマー機能を使わずに写真が撮れます。

持ち運びやすいコンパクトなサイズのモノが多いため、旅行先をはじめさまざまなシーンで活躍してくれるのも魅力です。そこで今回は、シャッターリモコンのおすすめモデルをご紹介します。

シャッターリモコンの選び方

スマホとの接続方式で選ぶ

無線(ワイヤレス)方式

By: amazon.co.jp

シャッターリモコンの多くはケーブルがいらない無線方式を採用。その中でも特にBluetoothで接続するタイプが主流です。超音波を用いてシャッターを切るタイプのモデルもあります。

無線方式は有線方式と異なり、写真内にケーブルが映ってしまうのを防げるのがメリット。撮影するときや持ち運ぶときの煩わしさがないのも特徴です。

ただし、Bluetoothタイプは使うときにペアリングをする手間がかかります。また、スマホ本体とシャッターリモコンが一定の距離以上離れると接続が切れてしまうのもデメリット。

有線方式に比べると接続の安定性は若干劣りますが、使い勝手のよさや携帯性の高さを重視したい方は、無線方式のシャッターリモコンを選んでみてください。

有線方式

By: amazon.co.jp

一方の有線方式は、ケーブルを使用してスマホと接続するタイプ。ペアリングが不要なので、スマホ本体とシャッターリモコンを繋げればすぐに使えます。電池交換や充電をしなくてよいのも魅力のひとつ。また、通信環境などに左右されないため常に安定した操作ができます。

動作の安定性を重視する方には有線方式のシャッターリモコンがおすすめですが、撮り方によってはケーブルが映ってしまう可能性もあるため注意が必要です。

また、ケーブルをイヤホンジャックに差す必要があるので、iPhone 8やiPhone Xなどイヤホンジャックが搭載されていないスマホを使用している方は無線方式を選ぶようにしましょう。

持ち運びやすさで選ぶ

By: amazon.co.jp

シャッターリモコンは、特に旅行先やパーティーシーンなどで活躍するので、家の外に持ち出して使うことが多いアイテム。そのため、持ち運びやすさを考慮することがとても大切です。

現在展開されているシャッターリモコンはどれもコンパクトで持ち運びに適しているモノが多いのが特徴。そのままカバンに入れたりポケットに入れたりすると紛失してしまう可能性があるので、ストラップなどが付けられるモデルを選ぶようにしてみてください。

機能で選ぶ

By: amazon.co.jp/

基本的にシャッターリモコンは必要最低限の機能のみを搭載しているモデルが多いのですが、音楽・動画などのコンテンツを操作できる「マルチメディアリモコン」としての機能を備えているモデルもあります。

また、SOS情報の発信ができる防犯アイテムとしての機能を併せ持ったシャッターリモコンもあるため、常に身に付けて持ち運びたい方に最適。自撮りをする機会が多い方は、メインカメラとインカメラの切り替えボタンが付いているモデルを選ぶのがおすすめです。

iPhone・Androidスマホにおすすめのシャッターリモコン

CamKix Bluetooth リモートコントロール

ストラップが付属しているシャッターリモコン。ボタンが大きいため視認性に優れており、操作しやすいのが特徴です。iOSとAndroid OSの両方に対応しているので、OSが異なるデバイスを複数持っている方や友人間で使い回したい方にも適しています。

シャッターリモコン本体の電源をオンにしたあと、スマホとペアリングさせるだけで簡単に使い始められるのが魅力。手のひらに収まるコンパクトなサイズで持ち運びやすいため、鍵を付けてキーホルダー代わりに使うのもおすすめです。

シンプルなホワイトとブラックをはじめ、ブルー・グリーン・レッドなどカラーバリエーションが豊富なので、好みに合わせて選んでみてください。

エレコム(ELECOM) Bluetoothリモコン P-SRB

ボタンをひとつだけ搭載している非常にシンプルなシャッターリモコン。最大10mまで離れても撮影ができるため、大人数をしっかり収めた集合写真が撮りたいときに最適です。ストラップホールがあるため、紛失防止や携帯性向上のためにストラップを付けておくこともできます。

自動スリープ機能が搭載されているので、電池の消費を抑えて長く使いたい方におすすめ。連続動作時間は約100時間です。接続方式はBluetoothタイプ。シャッターリモコン本体のボタンを長押しすれば、ラクにペアリングが行えます。

LEDランプでアクセス状況を知らせてくれる機能が搭載されているので、正しく接続されているかどうかをひと目で確認できる点も特徴です。

エレコム(ELECOM) スマートフォン用リモコン有線シャッターケーブル P-SRY2

ケーブルでスマホと接続するタイプのシャッターリモコン。ペアリング設定をしなくてもよいので、イヤホンジャックに繋げるだけですぐに使用できます。ケーブルは約2mまで伸ばすことが可能です。

また、シャッターリモコン本体にケーブルを巻き付けて固定ができるので、コンパクトに収まって持ち運びに苦労しません。

無線方式と異なり、通信が切れてしまう心配もないため、安定した状態でシャッターを切れるのがメリット。有線方式なので電池を交換したり充電をしたりする手間もかかりません。設定不要で簡単に使えるシャッターリモコンを探している方におすすめです。

GIZMON フィルム型Bluetoothリモートシャッター

レトロなフィルム型デザインのシャッターリモコン。本体上部の突起を押せば、ペアリングをしたりシャッターを切ったりできます。リチウム電池が内蔵されているため、MicroUSBケーブルで充電をすれば繰り返し使えるのが特徴。15分の充電で約30000枚撮れます。

ワイヤレスで使えるシャッターリモコンを探しているけれど、いちいち電池交換をするのが面倒という方におすすめです。

FKソリューションズ(F.K.Solutions) Bluetooth リモコンシャッターAB4

細長いフォルムを採用しており、スリムに収納できて持ち運びやすいシャッターリモコン。筒状で握りやすいため、スムーズにシャッターを切れるのが特徴です。

電源スイッチとシャッターボタンがひとつずつ搭載されているシンプルな構造なので、直感的に操作ができます。また、シャッターリモコン本体にクリップが付いているため、胸ポケットや手帳などに挟んで持ち運ぶことも可能。必要最低限の機能のみを備えているモデルでありながら、使いやすさ向上のために考え抜かれているおすすめのモデルです。

アプロリンク(aprolink) スーパーソニックリモート自撮りシャッター slf01

超音波を利用してシャッターを切るタイプのシャッターリモコン。Bluetoothタイプのようなペアリングは不要で、専用のアプリをインストールすればすぐに撮影ができます。最大10台までのスマホ・タブレットを同時に操作できるのが特徴。消費電力が少ないため、電池交換なしで約半年間使えるのも魅力です。

シャッターボタンのほか、メインカメラとインカメラを切り替えるボタンも搭載されているため、いちいちスマホの画面上で切り替え操作をしなくてよいのがメリット。洗練されたデザインも魅力です。

フォーサイト(Foresight) スナップリモート M335

「ウルトラソニック」と呼ばれる超音波通信技術を採用したiOS向けのシャッターリモコン。本体上部にあるクリップのような部品は取り外しが可能で、スマホを挟んで立てかければスタンドとして使用できます。屋内などスマホが置ける環境で自撮りをしたいときは非常に便利です。

前述した通り超音波による技術を用いているため、専用アプリを使うだけでラクに撮影ができます。カラーバリエーションはショッキングピンク・ブラック・ライムグリーンの3種類です。

ZAccessory ビビーコン スーパーリモコン ZBS-J1

ビビーカメラという専用アプリを使うことで、手軽にスマホのシャッターが切れるiOS向けのアイテム。BLE技術を採用しており、ペアリングをしなくても使い始められます。

専用アプリがインストールされているデバイスを用意すれば、複数台のシャッターを切ることが可能。集合写真などを複数のデバイスで同時に撮影すれば、全員に送る手間が省けて便利です。

また、ビビーコールという専用アプリをインストールすれば、SOS情報の発信ができます。シャッターリモコンとしてはもちろん、防犯アイテムとしても活躍してくれるおすすめのモデルです。

エイチバトラー(HBUTLER) キーファインダー ORBIT-GOLD

Bluetoothでスマホと繋げられるシャッターリモコン。本体横にあるボタンを押すと撮影ができます。ゴールドのほか、シルバー・ブラック・ローズゴールドなどのカラーバリエーションが展開されており、スマホの色に合わせて選ぶことが可能です。

IPX6等級の防水性能を備えているため、水に濡れてしまうシチュエーションでも安心して使えます。スマホとの距離が30m以上離れるとアラームで知らせる機能を併せ持っており、紛失防止アイテムとしても活躍してくれるのが魅力。通常使用時の電池寿命が約半年と比較的長いのもポイントです。

センチュリー(CENTURY) Bluetooth接続マルチメディアリモコン CIA-BTMR

マルチな使い方ができるシャッターリモコンを探している方におすすめのiOS向けモデル。Bluetooth接続に対応しており、スマホとペアリングさせれば後はカメラボタンを押すだけでシャッターが切れます。

リモコン型のためサイズは少々大きめですが、厚さが10mmほどなので胸ポケットにもラクに入れられるのが特徴。カバンに付いている小物ポケットなどにも収納しやすいのが魅力です。

また、メディアリモコンとしての機能も搭載しているのもポイント。スマホ上で音楽や動画を楽しむ際に、再生・一時停止・早送り・音量調整などの操作ができます。