ノートパソコンを選ぶ際の基準はいくつかありますが、重要なポイントのひとつが「CPU」です。コンピューターの「頭脳」に当たるCPUの性能は処理能力に直結するので、動画編集やゲームなどに使用する場合はできる限り高いスペックが求められます。

そこで今回は、CPUのなかでも高い処理性能を備えたIntel Core i7を搭載したノートパソコンをご紹介。比較的価格が高めなハイエンド向けの製品が揃っているので、選び方もしっかりチェックして後悔しない1台を見つけてみてください。

Intel Core i7とは?

Core i7とCore i5の違い

By: amazon.co.jp

Core i7はインテルの主力CPU「Core」シリーズにおける性能重視のハイエンド製品です。そのため、高性能パソコンに搭載されています。一方、Core i5はミドルクラス。性能と価格のバランスがとれたCPUです。なお、CPUはコア数が多いほど、同時処理できる作業数が多くなります。一般的なCore i7のコア数は4・6個、Core i5のコア数は2・4個です。

また、Core i7とCore i5ではキャッシュ容量が異なるのもポイント。キャッシュとはCPU内部にあるメモリのことです。容量が大きいほど、頻繁に扱うデータをCPUに多く蓄えられるため、高速処理できます。ちなみに、Core i7搭載ノートパソコンは約15〜20万円台のモデルが主流。Core i5モデルは7〜10万円台前半のノートパソコンが多く販売されています。

Core i7を搭載したノートパソコンの性能

Core i7は大手CPUメーカーであるインテルのハイエンドモデル。Core i7は、ほかのCoreシリーズに比べてコア数が多いとともに、動作周波数が高いモデルが多いのがポイントです。Core i7搭載モデルは、一般的に購入できるノートパソコンのなかでは高い性能を誇ります。

そのため、3Dゲームや動画エンコード・画像編集といった負荷のかかる作業も快適に行うことが可能です。Core i5モデルでも行えますが、上記のような作業を日常的に行う方にはCore i7ノートパソコンをおすすめします。

Core i7搭載ノートパソコンの選び方

世代で選ぶ

By: amazon.co.jp

インテルのCPUは、おおむね1〜3年毎に改良されて世代が替わっていきます。現在発売されているノートパソコンは、2017〜18年にリリースされた第8世代Core i7を搭載したモデルが主流。その前の第7世代を使ったモデルもラインナップされています。

世代の見分け方は簡単で、CPU型番のi7に続く、4桁の数字で一番頭にくる数字が世代を表しています。たとえば、「Core i7-8750H」なら第8世代、「Core i7-7700HQ」の場合は第7世代です。

新しい世代のCPUほど処理能力や省電力性に優れています。できるだけ新しいCPUを搭載したモデルを選ぶことで、快適に作業することが可能です。

コア・スレッド数で選ぶ

CPUの性能をチェックする上で、コアやスレッドの数も非常に重要です。コアとは命令を実行するユニットのことで、スレッドはその処理単位を表します。この2つの数が多ければ多いほど、処理能力が高いCPUです。なお、デュアルコアとは2つのコア、クアッドコアとは4つのコアを搭載していることを意味します。

選び方の目安として、複数の作業を同時に行ったり、処理の重い作業をサクサク快適に行ったりしたい方は、クアッドコア以上のCPUがおすすめです。

CPU以外のスペックで選ぶ

データの保存に必要不可欠のストレージは、SSDやHDDが主流です。Core i7の性能を活かすためには、読み書き速度が速いSSDを選ぶと安心です。OSの起動、データコピーなどの処理が速いので快適に作業ができます。

ストレージ容量は128GB〜1TBまでが一般的。オフィスソフト中心の作業なら128GBでも充分です。しかし、グラフィックソフトなどを使う場合は256GB以上にしましょう。特に、容量が大きくなりがちな動画編集をする方には512GB以上のモデルをおすすめします。

また、メモリ容量は4・8・16GBが主流です。複数ソフトウェアを起動して作業することが多い方は8GB以上のメモリを目安に選ぶことをおすすめします。

加えて、FPSなどのPCゲームを楽しみたいという方は、GPUと呼ばれる画像処理を行う専用のプロセッサも併せてチェックしましょう。3D表示など重い処理を行う場合は、GeForceやRadeonといったGPUを搭載したモデルを選ぶと快適です。グラフィックの描画速度が速くなります。

Core i7搭載ノートパソコンのおすすめモデル

東芝(TOSHIBA) dynabook T9 P2T9KPBL

東芝(TOSHIBA) dynabook T9 P2T9KPBL

新開発のスピーカーを搭載した15.6型のノートパソコンです。カラーはスタイリッシュブルーを含む4色をラインナップ。オンキヨーと共同開発した「Dynamic Wide Sound」というサウンドシステムを搭載し、コンテンツに合わせて詳細な設定が可能。ブルーレイディスクドライブも搭載しているのでお気に入りの作品を高音質なサウンドで楽しめます。

プロセッサーには4コアの第8世代Corei7-8565Uを搭載し、メモリは16GBという構成です。独自の高効率な空冷システムにより、CPUの処理性能を最大限に引き出せます。ストレージには128GBのSSDと1TBのHDDを搭載。頻繁に使用するアプリやOSにはSSDを利用することで高速な読み書きが可能です。

15.6型というサイズでありながら、薄さ約23.7mm、軽さ2.4kgという軽量でスリムなボディも魅力。約9時間駆動可能な長時間バッテリーを搭載し、30分の充電で約3.5時間の使用が可能になる「お急ぎ30分チャージ」機能を搭載。短時間しか充電できない場合や電源がとれない状況での使用も安心です。

アップル(Apple) MacBook Pro MR942J/A

アップル(Apple) MacBook Pro MR942J/A

タップ・長押しなどの直感的操作が可能な「Touch Bar」機能を備えたMacBook Pro 15インチの上位モデル。キーボード部に搭載されている感圧タッチトラックパッドの面積が広いので、指先を使った直感的な操作がしやすいのがメリットです。

プロセッサーは第8世代6コアCore i7-8850Hを採用しており、ベース周波数が2.6GHzと、ほかのCore i7モデルより高速です。16GBのメモリと512GBのSSDストレージを内蔵しており、同時に多くのソフトウェアを使用しても快適に動作します。

さらに、GPUには4GBメモリを搭載した「Radeon Pro 560X」を採用しており、グラフィック性能も優秀。また、USB Type-Cポートを4つ備えているので拡張性も良好です。通信はWi-FiおよびBluetooth 5.0を利用可能。ほかのモデルと比べると高価ですが、高性能モデルを探している方におすすめのCore i7ノートパソコンです。

ファーウェイ(Huawei) Matebook 13 WRT29CH78CNCNNUA

ファーウェイ(Huawei) Matebook 13 WRT29CH78CNCNNUA

ベゼル幅4.4mmの狭額縁ディスプレイを搭載した、コストパフォーマンスに優れた13型のノートパソコンです。ディスプレイは88%の画面占有率で高視野角なIPS液晶パネルを採用。発色も鮮やかなので、没入感のある映像を楽しめます。

プロセッサーは第8世代の4コアCorei7-8565Uで8GBのメモリを搭載。ストレージは512GBのSSDが搭載されています。また本製品には冷却性能の高い2基のファンが搭載されているので本体をすばやく冷却し、より快適な作業が可能。

電源ボタンには指紋認証センサーが内蔵されているので、一度押すだけで起動と指紋認証を済ませられるので便利です。「OneHop」機能を利用すればファーウェイ製のスマートフォンと簡単にデータのやり取りが可能。高機能ながらも価格は10万円前後と比較的リーズナブルなので、予算を抑えたい方にもおすすめです。

デル(Dell) XPS 13 9380 MX73T-9HHBFW

デル(Dell) XPS 13 9380 MX73T-9HHBFW

フレームレスディスプレイとHD Webカメラを搭載したデルの13.3型ノートパソコン。プロセッサーやメモリ、ストレージが異なる15モデルがラインナップされています。狭額縁ディスプレイを採用しているので11型クラスのボディサイズを実現。重量も1.23gと比較的軽量なので、持ち運びにも便利です。

本製品のプロセッサーは第8世代の4コアCore i7-8565Uを搭載。ストレージは512GBのSSDを搭載しています。メモリは16GBなので動画編集などの負荷がかかる作業も快適です。前モデルからWebカメラの位置が改善され、さらに性能も向上しているので場所を問わず自然な映像を撮影できます。

モニターの解像度は3840×2160の4K Ultra HDで800万ピクセルを表示できるので、より高画質で動画を楽しむことが可能。インターフェイスはUSB Type-C・microSDカードリーダー・ヘッドホン端子のみですが、USB Type-Cのポートが両サイドにあるのでどちら側からも充電できて便利です。

マイクロソフト(Microsoft) Surface Pro 6 KJU-00014

マイクロソフト(Microsoft) Surface Pro 6 KJU-00014

マイクロソフトの携帯性に優れた2 in 1ノートパソコン。タイプカバーは別売りとなっていますが、装着すれば普通のノートパソコン同様に使用できます。ディスプレイサイズは12.3型でタイプカバーを装着した状態でも1.1kgと軽量なので、持ち運びに便利です。

プロセッサーは4コアCore i7-8650Uを搭載。メモリは8GBでストレージは256GBです。その他、4コアCore i5-8250Uを搭載したモデルもあり、ストレージやメモリも幅広い選択肢がラインナップされています。「Office Home & Business」が付属しているのもうれしいポイント。

ディスプレイのアスペクト比が3:2と縦長になっているのでWebページが見やすいという特徴もあります。別売りのSurfaceペンを使用すれば、絵を描くことも可能。傾き検知と4096段階の筆圧検知に対応しているので、本格的にイラストを描きたいという方にもおすすめです。

LG gram 13Z990-VA76J

LG gram 13Z990-VA76J

軽量でコンパクトながら耐久性にも優れた13型のノートパソコン。ディスプレイサイズやプロセッサー、ストレージが異なる11モデルがラインナップされています。

プロセッサーには4コアにCore i7-8565Uを搭載。メモリは8GB、ストレージは256GBのSSDを備えています。全モデルで20時間以上の動作時間を実現し、13インチモデルである本製品は約28時間の長時間駆動が可能。電源を確保できない場合が多い方や外出先での長時間使用を考えている方におすすめです。

メモリとSSDの空きスロットが1本ずつ用意されており、「LG gram アップグレードサービス」を利用すれば増設が可能。米国国防総省による「MIL-STD-810G」準拠のテストをクリアした堅牢なボディも魅力のひとつです。その他豊富なインターフェイスや指紋認証、バックライトキーボードなど便利な機能を数多く搭載しています。

One-Netbook OneMix 2S Platinum Edition

One-Netbook OneMix 2S Platinum Edition

コンパクトで軽量ながらも高性能なノートパソコン。ボディは7インチサイズとコンパクトですが、プロセッサーには高性能な第8世代Core i7-8500Yを搭載しています。重量は515gと軽量でポケットにも収まるサイズなので、高性能なノートパソコンをより気軽に持ち運びたい方におすすめです。

メモリは8GBでストレージは512GBのSSDを搭載しています。画面はIPS液晶のタッチディスプレイで、ヒンジは360°回転可能。別売りの2048段階筆圧感知に対応したスタイラスペンを使用すれば、本格的なペンタブとしても使用できます。

インターフェイスはUSB Type-A・USB Type-C・micro HDMI・イヤホンジャックを搭載。拡張性に優れているので、ビジネスシーンでも活躍するおすすめのノートパソコンです。

レノボ(Lenovo) ThinkPad X1 Yoga 20LECTO1WW/00RR

レノボ(Lenovo) ThinkPad X1 Yoga 20LECTO1WW/00RR

多彩な機能を備えたレノボの14型ノートパソコン。ヒンジが360°回転するので用途に合わせた自由なスタイルで使用できます。タブレットモードで使用する際には、キーボードがロックされるので便利です。

プロセッサーには第8世代のCore i7-8550Uを搭載。メモリは8GBでストレージは512GBのSSDを搭載しているので、OSの高速起動や快適な動作を実現します。LTE対応なのでWi-Fiが使えない環境でも安心です。

バッテリーは急速充電に対応しているので、1時間で約80%の充電ができます。急いでいるときや時間がないときでも安心。インターフェイスも豊富でさまざまなシーンで活躍するおすすめのノートパソコンです。

マイクロソフト(Microsoft) Surface Book 2 HNL-00023

マイクロソフト(Microsoft) Surface Book 2 HNL-00023

マイクロソフトのハイスペックな2 in 1ノートパソコン。キーボードは取り外しが可能で、画面を逆向きにして装着もできます。用途に合わせて使い分けられるので便利です。

プロセッサーは第8世代の4コアIntel Core i7-8650U、ストレージは512GBのSSDを搭載。メモリも16GBと大容量なので、快適に作業ができます。GPUには「NVIDIA GeForce GTX 1050」を搭載。高負荷な作業も快適にこなせるので、動画編集などを行うクリエイターの方にもおすすめの製品です。

インターフェイスはUSB Type-A・USB Type-C・SDカードリーダー・ヘッドホンジャックを搭載。SurfaceペンやSurfaceダイヤルといったアクセサリ類が豊富な点も魅力のひとつです。