マルチタスク環境でストレスなく作業を行いたいときに活躍するのが、CPUにインテルのCore i7プロセッサを搭載したパソコンです。処理能力が高いため、ハイエンドモデルやゲーミングパソコンにも多く採用されています。

今回は、Core i7搭載ノートパソコンのおすすめモデルをご紹介。Core i5プロセッサとの違いや品番の読み方についても解説するので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

Intel Core i7とは?

By: rakuten.co.jp

現在、世界中で販売されているデスクトップやノートパソコンの多くが、CPUにインテルの「Core iシリーズ」を採用しています。「Core i7」プロセッサはCore iシリーズの上級モデル。下位の製品にはローエンドの「Core i3」とミドルレンジの「Core i5」が、最上位モデルとして「Core i9」がラインナップされています。

多くのビジネス向けノートパソコンが採用しているCore i5と比べてコストは上がるものの、さまざまな処理をより高速に実行できるのが特徴です。そのため、動画編集やゲームなど負荷がかかる用途におすすめ。

各メーカーから販売されている製品のなかでも、主に高性能モデルやゲーミングモデルを中心に搭載されています。

Core i7とCore i5はどれくらい違う?

By: dell.com

CPUの処理能力を左右する項目のひとつに「コア数」と「スレッド数」があげられます。コアとはCPU内部で演算を実行する回路にあたる部分で、スレッドとは1つのコアが同時に処理可能な作業の単位。したがって、コア数とスレッド数が多いモノほど、処理能力の高いCPUといえます。

第9世代のCore i5(9300H)とCore i7(9850H)を比較すると、前者のコア数は「4」でスレッド数は「8」です。一方、後者のコア数は「6」でスレッド数は「12」。また、キャッシュメモリ容量にも8MBと12MBの差があるなど、Core i7の方がスペック的に高性能であることがよくわかります。

CPUの世代やシリーズの見分け方

By: microsoft.com

Core i7プロセッサには第1〜11までの世代が存在し、現時点での最新チップは第11世代です。「世代」は製造時のプロセスルールや設計思想など、アーキテクチャーが大きく変化するタイミングで更新されます。

プロセッサの型番は「8565U」や「10510Y」といったように、4〜5桁の数字とアルファベットで構成されているのが特徴。最初の数字が世代番号を表すため「8」なら第8世代「10」なら第10世代と判読できます。

また、アルファベットからは販売される製品カテゴリーを知ることが可能です。「U」は省電力・モバイル向け、「Y」は超省電力モデル、「H」はハイパフォーマンスのグラフィックモデル、などと分類されるので覚えておきましょう。

Core i7搭載ノートパソコンのおすすめモデル

マイクロソフト(Microsoft) 13.5型ノートパソコン Surface Book 3

行動派のクリエイターからも高く評価されている2in1の13.5型Core i7ノートパソコンです。独自設計のヒンジによってディスプレイの取り外しや逆付けが可能なのが特徴。タブレットモードで別売りのSurfaceペンを使えば、自然な描き心地で本格的なイラスト制作も楽しめます。

キーボード部に独立GPUのGeForce GTX 1650を内蔵しているのもポイント。ディスプレイとキーボードを合体させたラップトップモードで使えば優れたグラフィック性能を発揮できるので、写真のRAW現像や動画編集などにもおすすめです。

CPUに第10世代のCore i7-1065G7、メモリに16GB、ストレージに256GBのSSDを搭載しており、基本性能が高いのも特徴。最長約15.5時間持つバッテリーを備えているので、外出先でも存分に作業が行えます。

アップル(Apple) 16型ノートパソコン 16インチ MacBook Pro

多方面のプロクリエイターから支持を集めている16型Core i7ノートパソコンです。メモリに16GB、ストレージに512GBのSSD、独立GPUにRadeon Pro 5300Mを搭載しており、優れたグラフィック性能を誇るのが特徴。写真・映像・イラストなどのさまざまなクリエイティブ作業におすすめです。

16インチの「Retinaディスプレイ」を搭載するのも魅力。コントラストが高く、デザイン業務で重宝するP3の広大な色域もカバーしています。また、打ちやすくトラブル耐性も高いシザー構造のキーボードを採用しているのもポイントです。

インターフェースには4基のThunderbolt 3ポートを備えているのも特徴。M1チップを採用したモデルと異なり外付けGPUとの連携も可能なので、映像制作でより高いグラフィック性能が必要になった場合でも柔軟に対応できます。

マウスコンピューター(MouseComputer) 15.6型ノートパソコン mouse F5-i7

Core i7のハイスペックが安い価格で購入できる15.6型Core i7ノートパソコンです。CPUに第10世代のCore i7-10510U、メモリに8GB、ストレージに512GBのM.2 SSDを搭載。初めてノートパソコンを購入する方にもおすすめです。

15.6インチの大画面フルHDディスプレイを搭載しながら狭額ベゼルを採用しているので、コンパクトに設置できるのが特徴。また、ミスタイプしにくい幅広デザインのキーボードにはテンキーも備えているので、表計算ソフトなどの入力も快適にこなせます。

さまざまな周辺機器が手軽に接続できるのもポイント。USB Type-A・USB Type-C・HDMI・SDカードリーダーなどの豊富なインターフェースを備えています。

デル(Dell) New Inspiron 14 5410 プラチナ

モバイル用途にも重宝する手頃な価格の14型Core i7ノートパソコンです。CPUに第11世代のCore i7-11370H 、メモリに8GB、ストレージに512GBのSSDを搭載。薄さ約17.99mm、重さ1461gと少し重量があり、基本的に家で使いたい方におすすめです。

リフトヒンジ構造の採用によって、高い放熱性を保ちながら快適な角度でタイピングできるのが特徴。また、わずか60分で最大80%まで急速充電できる「Express Charge」機能も備えています。

置いた場所を検知して自動でパフォーマンスを制御する「アダプティブ サーマル」機能を搭載しているのもポイント。膝の上に置いた場合は駆動時の温度を下げ、デスクに置いた場合はフルパワーを発揮するなどシーンに応じた使い分けが可能です。

デル(Dell) 15.6型ゲーミングノートパソコン New Dell G15 5510

最新のFPSゲームも快適に楽しめる15.6型のCore i7ゲーミングノートパソコンです。フルHD解像度で平均100fps以上のフレームレート出力が可能な独立GPU「GeForce RTX 3060」を標準搭載。これから本格的にFPSやTPSをプレイしたい方にもおすすめです。

15.6インチのフルHDディスプレイは応答速度が3ms、リフレッシュレートが165Hzとハイスペックなのも特徴。残像感を抑えつつレスポンスよく表示できるので、高速な動きのシーンでも快適にプレイ可能です。

キーボードの上部と底面の2箇所に吸気口を組み込んだ熱設計によって優れた冷却性能を持つのもポイント。白熱したプレイ中でも安定したパフォーマンスを発揮できます。

富士通(FUJITSU) 13.3型ノートパソコン LIFEBOOK WU2/E3 A004

手軽に持ち歩けて、学生や新社会人からも人気の13.3型Core i7ノートパソコンです。CPUに第11世代のCore i7-1165G7、メモリに8GB、ストレージに256GBのSSDを搭載しています。指紋認証センサーによって外出先でマスクをしたままでもスムーズにロック解除できるのも特徴。

使わないときはカメラを隠せるシャッターや、相手に明瞭な音声を届けられるノイズキャンセリングマイクも備えているので、オンライン会議にも重宝します。

インターフェースが充実しているのも魅力。USB Type-CポートはPower Deliveryにも対応するので、急速充電やモバイルバッテリーを使った充電も可能です。

パナソニック(Panasonic) 12.1型ノートパソコン Let’s note SV

第一線で活躍するビジネスパーソンから根強い人気のある、12.1型Core i7ノートパソコンです。重さ約929g、サイズ283.5×203.8mmと軽量でコンパクト。机上や手に抱えた状態からの落下にも耐える頑丈設計も採用しているので、ノートパソコンにタフさを求める方にもおすすめです。

CPUに第11世代のCore i7-1165G7、メモリに16GB、ストレージに512GBのSSDを搭載しハイスペックなのもポイント。また、最長で約19.5時間の駆動が可能な着脱式バッテリーを備えているので、営業先や出張先でも残量を気にせず使えます。

小型ながらブルーレイドライブを含む豊富なインターフェースが充実しているのも魅力。SIMカードによるモバイル通信にも対応するため、場所を選ばず高速なインターネットが利用可能です。

バイオ(VAIO) 14型ノートパソコン VAIO SX14

マルチタスクも軽快に行えるビジネス向けの14型Core i7ノートパソコンです。独自チューニング「VAIO TruePerformance」によってCPUのパフォーマンスを高めたまま長時間使用できるのが特徴。複数の作業を並行する場合も、安定したパフォーマンスを発揮できます。

13.3型と同じサイズ感のボディに14インチの4Kディスプレイを搭載しているのもポイント。文字や画像をくっきり表示できるほか、広いワークスペースを使って効率よく作業を進められます。

重さ約1052gの頑丈なカーボンボディに、ビジネスの現場で求められるインターフェースを搭載しているのも特徴。また、独自デザインの「静寂キーボード」と「無限パームレスト」によって、外出先でも静かで快適なタイピングが可能なのも魅力です。

ドスパラ(Dospara) 15.6型ゲーミングノートパソコン GALLERIA XL7C-R36

優れたコスパで初心者ゲーマーから人気のある、15.6型のCore i7ゲーミングノートパソコンです。最薄部の厚さ約24mm、重さ約2000gとゲーミングノートとしては軽量コンパクト。外出先でも積極的にゲームを楽しみたい方にもおすすめです。

リーズナブルな価格ながらミドルクラスのGPU「GeForce RTX 3060」を標準搭載しているのも特徴。フルHD解像度で平均100fps以上のフレームレート出力が可能なので、人気のFPSやアドベンチャーも快適にプレイできます。

15.6インチのディスプレイは144Hzと高リフレッシュレートなのもポイント。また、最新の無線通信規格「Wi-Fi 6」にも対応するため、有線LAN接続時と同等の安定度でオンラインゲームが楽しめます。

マウスコンピューター(MouseComputer) 15.6型ノートパソコン mouse K5

クリエイティブ作業も快適にこなせるコスパ良好の15.6型Core i7ノートパソコンです。第10世代CPUのCore i7-10750Hに加えて、低価格ながら独立GPUのGeForce MX350を搭載しているのが特徴。高いグラフィック性能によって写真のRAW現像やデザイン制作などもスムーズに進められます。

高速転送が可能なUSB 3.1に対応するUSB Type-Cポートを含む4基のUSBポートを備えるのも特徴。UHS-I対応のSDカードリーダーも内蔵するので、撮影した画像をその場で取り込んで編集するなどの用途にも使えます。

15.6インチのフルHDディスプレイはノングレアタイプを採用しているのもポイント。画面の表面反射が抑えられているので画像の細部をしっかりと確認できます。

マウスコンピューター(MouseComputer) 15.6型ノートパソコン DAIV 5N

ワンランク上の作業も快適にこなせるクリエイター向けの15.6型Core i7ノートパソコンです。CPUに第10世代のCore i7-10870Hを搭載し、メモリは最大64GBまで選択が可能。コスパにも優れており、本格的な写真や動画の編集を行える高性能ノートパソコンを探している方におすすめです。

独立GPUにGeForce RTX 3060を搭載しているのもポイント。CPU内蔵のGPUを介さずに独立GPUが常にグラフィック処理を担当する「Discreteモード」へ切り替えれば、負荷状況に関係なくより安定したパフォーマンスを発揮できます。

フルHDよりも高解像なWQHDのノングレアディスプレイを搭載するのも魅力。加えて、sRGBの色域を100%カバーしているので、画像や動画の色情報を間引かず忠実に表示可能です。

レノボ(Lenovo) 15.6型ノートパソコン ThinkBook 15p 20V3001PJP

動画編集用のエントリーモデルとしても人気の15.6型Core i7ノートパソコンです。第10世代CPUのCore i7-10750Hと独立GPUのGeForce GTX 1650 Tiを標準搭載。これから動画の編集や投稿を始めたい方にもおすすめです。

Adobe RGB 100%の広色域をカバーし、正確な色再現が必須となる写真現像やデザイン業務などにも活躍します。オンライン会議用として重宝するのも特徴。マイクの指向性を、単方向・360°の2モードに変更できるので、個人通話からグループ通話までクリアな音声で対応できます。

レノボ(Lenovo) ノートパソコン ThinkPad X1 Carbon Gen 9 カスタマイズモデル

写真家から根強い人気のある14型Core i7ノートパソコンです。CPUに第11世代のCore i7-1165G7、メモリに最大16GB、ストレージに最大512GBのM.2 SSDが選択可能。外出先でも高度なRAW現像や写真編集を行いたい方におすすめです。

13型の筐体サイズに14インチのディスプレイを搭載しているので大画面ながらコンパクトなのも特徴。sRGBの色域を100%カバーするほか、解像度はWUXGA(1920×1200)も選択できるので細部までこだわった編集作業が行えます。

新設計のヒンジとデュアルファンによって高い冷却性能を持つため、高負荷のかかる画像処理でも安定したパフォーマンスを維持できるのも魅力。Thunderbolt 4を含む合計6基のUSBポートとHDMIポートも備えています。

レノボ(Lenovo) 14型ノートパソコン ThinkPad X1 Yoga Gen 6 プレミアム カスタマイズモデル

多彩なスタイルで運用できる2in1コンバーチブル型の14型Core i7ノートパソコンです。360°ヒンジでディスプレイ部を回転させることで4種類のスタイルに素早く変形できるのが特徴。1台のノートパソコンでさまざまなシーンに対応したい方におすすめです。

タッチパネル搭載ディスプレイの解像度はWUXGA(1920×1200)。オプションの本体内蔵型充電式アクティブペンを使えば、書類のサインやスケッチなどもスムーズに行えます。

CPUに第11世代のCore i7-1165G7、メモリに最大16GB、ストレージに最大512GBのM.2 SSDが選択できるので高性能なのも魅力。インターフェースにはThunderbolt 4を含む5基のUSBポートとHDMIを搭載しています。