マルチタスク環境でストレスなく作業を行いたいときに活躍するのが、CPUにインテルのCore i7プロセッサを搭載したパソコンです。処理能力が高いため、ハイエンドモデルやゲーミングパソコンにも多く採用されています。

今回は、Core i7搭載ノートパソコンのおすすめモデルをご紹介。Core i5プロセッサとの違いや品番の読み方についても解説するので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

Intel Core i7とは?

By: dell.com

現在、世界中で販売されているデスクトップやノートパソコンの多くが、CPUにインテルの「Core iシリーズ」を採用しています。「Core i7」プロセッサはCore iシリーズの上級モデル。下位の製品にはローエンドの「Core i3」とミドルレンジの「Core i5」が、最上位モデルとして「Core i9」がラインナップされています。

多くのビジネス向けノートパソコンが採用しているCore i5と比べてコストは上がるものの、あらゆる処理をより高速に実行できるのが特徴です。そのため、動画編集やゲームなど負荷がかかる用途におすすめ。

各メーカーから販売されている製品のなかでも、主に高性能モデルやゲーミングモデルを中心に搭載されています。

Core i7とCore i5はどれくらい違う?

By: dell.com

CPUの処理能力を左右する項目のひとつに「コア数」と「スレッド数」があげられます。コアとはCPU内部で演算を実行する回路にあたる部分で、スレッドとは1つのコアが同時に処理可能な作業の単位。したがって、コア数とスレッド数が多いモノほど、処理能力の高いCPUといえます。

第9世代のCore i5(9300H)とCore i7(9850H)を比較すると、前者のコア数は「4」でスレッド数は「8」です。一方、後者のコア数は「6」でスレッド数は「12」。また、キャッシュメモリ容量にも8MBと12MBの差があるなど、Core i7の方がスペック的に高性能であることがよくわかります。

CPUの世代やシリーズの見分け方

By: microsoft.com

Core i7プロセッサには第1〜10までの世代が存在し、現時点での最新チップは第10世代です。「世代」は製造時のプロセスルールや設計思想など、アーキテクチャーが大きく変化するタイミングで更新されます。

プロセッサの型番は「8565U」や「10510Y」といったように、4〜5桁の数字とアルファベットで構成されているのが特徴。最初の数字が世代番号を表すため「8」なら第8世代「10」なら第10世代と判読できます。

また、アルファベットからは販売される製品カテゴリーを知ることが可能です。「U」は省電力・モバイル向け、「Y」は超省電力モデル、「H」はハイパフォーマンスのグラフィックモデル、などと分類されるので覚えておきましょう。

Core i7搭載ノートパソコンのおすすめモデル

アップル(Apple) MacBook Pro 16インチ MVVJ2J/A

学生からクリエイターまで、幅広く人気なMacBookシリーズ。MacBook Proはそのなかでも上位にあたるモデルで、優れた性能を有しています。プロセッサには6コアの「Intel Core i7」を搭載し、ストレージは512GBでメモリは16GB。

グラフィックスにはAMDの「Radeon Pro 5300M」を内蔵しているので映像処理能力にも優れています。キーボード上部に「Touch Bar」が搭載されているのも、MacBook Proならではの魅力。指先でさまざまな操作を行えるので便利です。

本体内には100Whのリチウムポリマーバッテリーが内蔵されており、最大11時間の連続使用が可能。また、Thunderbolt 3に対応したUSB Type-Cポートを4つ備えているので、ケーブル1本でデータの転送・ビデオ出力・充電ができます。高性能かつ16インチサイズの大画面ディスプレイを備えたモデルなので、本格的なクリエイティブ用途で使用したい方にもおすすめです。

マイクロソフト(Microsoft) Surface Book 3 13.5インチ SLS-00018

2020年にSurface Book 2の後継モデルとして発売されたモデル。前モデルと同様に13.5インチと15インチの2モデルがラインナップされています。今回紹介するのは13.5インチモデルで、プロセッサには第10世代の「Intel Core i7 1065G7」を搭載。

高性能なプロセッサに加え、グラフィックスには「NVIDIA GeForce GTX 1650」が搭載されています。ディスプレイはタッチ操作に対応しており、4096段階の筆圧検知と傾き検知にも対応。Surface Penを使用すれば本格的なイラストを制作できます。

32GBのメモリと1TBのSSDを内蔵しているので、負荷のかかる作業も快適にこなすことができ、容量の大きなデータも余裕をもって保存可能。また、キーボードは本体と分離させられるので、タブレットのような使い方もできます。

ヒューレット・パッカード(HP) Spectre x360 13 8WH54PA-AAAB

アルミニウム削り出しによる高級感のあるボディを採用したノートパソコンです。ディスプレイサイズは13.3インチで、本体重量は約1.22kg、厚さは約16mm。薄さ・軽量さ・頑丈さを兼ね備えた末永く使用できるデザインが魅力です。

解像度は3840×2160の4K画質。ディスプレイパネルは広視野角な「IPS方式」で、表面には「Anti Reflectionコーティング」が施されています。光沢タイプと非光沢タイプのよさを兼ね備えており、きれいな映像表示を実現しながらも反射が抑えられているのが特徴。プロセッサには「Intel Core i7 1065G7」を搭載し、メモリは16GB。

ストレージには1TBのSSDが搭載されているので、サイズの大きなデータも余裕をもって保存できます。タッチ操作にも対応しており、ディスプレイは360°回転させることが可能。また、専用の「Spectre アクティブペン」が付属するので、イラストを制作したい方や手書きのメモを残したい方にもおすすめです。

デル(Dell) XPS 15 7590 NX85EL9NHB

鮮明かつコントラストの高い映像表示が可能な有機ELディスプレイを採用したノートパソコン。カメラの位置を改善し、デル最小のHD Webカメラを採用することにより、側面6.04mm・上部7.08mmのフレームレスディスプレイが実現されています。

画面のサイズは15.6インチで、解像度は3840×2160の4K画質。プロセッサには6コアの「Intel Core i7 9750H」が搭載されています。加えて、16GBのメモリを搭載しているので、複数のアプリを同時に開くなどのマルチタスクも快適にこなすことが可能。

「Microsoft Office Home & Business 2019」が付属するのもポイントです。購入後すぐにWordやExcelを使用してレポートや資料の作成ができます。映像出力端子にはDisplayPortとHDMIが搭載されているので、2つのモニターへ同時に映像出力することが可能です。

エイスース(ASUS) ZenBook 15 UX534FTC-A9320TS

タッチパッドにセカンドディスプレイとして「SCREENPAD 2.0」を搭載したノートパソコン。SCREENPAD 2.0のサイズは5.65インチで、手書き入力や数字入力などのさまざまな操作をスマホのように直感的に行えます。また、メインディスプレイの映像をSCREENPAD 2.0に移動して表示したり、お気に入りのアプリをワンタッチで起動できるように配置しておいたりなども可能。

ディスプレイサイズは15.6インチで、4辺フレームレスディスプレイを採用することにより、コンパクト化が図られています。重量は1.7kgと15インチモデルとしては比較的軽量なので、カバンなどに入れて落ち運びたい方にもおすすめです。画面を開いた際、キーボードに約3°の角度が付くようになっているので、タイピングも快適に行えます。

プロセッサには「Intel Core i7 10510U」を搭載し、グラフィックスには「NVIDIA GeForce GTX 1650 Max-Q」を搭載。メモリは16GBで、ストレージには1TBのSSDを内蔵しています。高性能なだけでなく、独自の機能を搭載した利便性の高いノートパソコンです。

日本電気(NEC) 15.6インチノートパソコン LAVIE N15 N1575/AA

プロセッサに第10世代の「Intel Core i7 10510U」を搭載したノートパソコン。ディスプレイの解像度は1920×1080のフルHD画質で、広い視野角と精細な映像表示を実現する「IPSパネル」が採用されています。斜めの角度からでも見やすいのがメリットです。メモリは8GBで、ストレージには512GBのSSDを搭載。

比較的軽量コンパクトなモデルでありながらも、ブルーレイディスクドライブが搭載されています。ブルーレイディスクとDVDの再生や音楽CDの取り込みなども行えるので便利です。USB Type-A×2・Type-C・HDMIなど豊富な入出力インターフェイスを備えているのも魅力。さらに、ヤマハのステレオスピーカーと音質調節機能「AudioEngine」が搭載されているのもポイントです。

キートップの中央に窪みをつけた「シリンドリカル構造」とキーボードに傾斜がつく「リフトアップヒンジ」を採用しているので、より快適なタイピングを実現。加えて、タイピング音が抑えられた静音設計なので、公共施設や静かなカフェなどでも周りを気にせずに使用できます。

バイオ(VAIO) 12.5インチノートパソコン SX12 VJS12290111B

12.5インチサイズとコンパクトながらも、高性能な6コア12スレッドの「Intel Core i7 10710U」を搭載したノートパソコン。重量は約906gと軽量なので、外出先などでの使用にも最適です。

キーピッチ19mmのフルサイズキーボードが搭載されているのもポイント。操作性を犠牲にすることなく、コンパクト化が図られているのが魅力です。また、キーボードにはバックライトが搭載されているので、暗く手元が見にくい場所でもタイピングが可能。メモリは8GBでストレージには256GBのSSDが搭載されています。

映像出力端子にはHDMIとVGAを搭載し、USB Type-Cを含む豊富なインターフェイス類が搭載されているのもメリットのひとつ。「90cm落下試験」や「液晶180°開きひねり試験」などの耐久試験をクリアしているので、堅牢性にも優れています。気軽に持ち運べる高性能なノートパソコンを探している方におすすめのアイテムです。

パナソニック(Panasonic) Let’s Note QVシリーズ QV9 CF-QV9KFNQR

高速な6コアの「Intel Core i7 10710U」プロセッサとPCIe接続による512GBのSSDを搭載した高性能なノートパソコン。コンパクトな12インチサイズながらも2880×1920の高解像度ディスプレイを採用しています。

重量は972gと軽量なので、カバンなどに入れて気軽に持ち運べるのもメリット。メモリは8GBあるので、マルチタスクも快適にこなせます。バッテリー駆動時間は最大11.5時間と長く、外出先でも安心して使用が可能。また、バッテリーパックを交換できるので便利です。

キーボードの幅を表すキーピッチは標準的な19mmなので、タイピングも快適。ディスプレイはタッチ操作に対応しており、キーボードを後ろ側に回せばタブレットのような使い方もできます。さらに、nanoSIMカードスロットが搭載されているので、SIMカードを使用すれば、Wi-Fiが使えない環境でもデータ通信が可能です。

エイスース(ASUS) ゲーミングノートパソコン ROG Strix Scar 17 G732LW-I78R2070

300Hzのリフレッシュレートを実現したゲーミングノートパソコンです。リフレッシュレートの数値が高いほどより滑らかな映像表示が可能なので、レーシングゲームやFPSなどの動きの激しいゲームもより快適にプレイできます。

また、冷却性能に優れているのもポイントです。複数のヒートパイプと0.1mm厚フィンを284枚使用し、デュアル冷却ファンを搭載。内部のホコリを自動で排出できる「アンチダストトンネル」も搭載されているので、長期間使用することによるホコリの蓄積も抑えられます。

プロセッサには8コア16スレッドの第10世代「Intel Core i7 10875H」を、グラフィックスには「NVIDIA GeForce RTX 2070」を搭載。独自の「ROG Boost機能」により、GPUクロックを定格以上で動作させられます。ノートパソコンでも本格的にゲームを楽しみたい方は、本製品をチェックしてみてください。

マウスコンピューター(MouseComputer) ゲーミングノートパソコン G-Tune P3-MA-AB

持ち運びに便利な13.3インチサイズのモバイルゲーミングパソコン。プロセッサには「Intel Core i7 8709G」を搭載し、メモリは16GB。512GBのストレージを内蔵しているので、複数のゲームも余裕をもって保存できます。グラフィックスには「Radeon RX Vega M GH」を搭載。

バッテリー駆動時間は最大10時間とゲーミングパソコンとしては比較的長いのが魅力です。豊富なインターフェイス類を備えているので、ゲーミングキーボードやゲーミングマウスを接続してゲームをプレイ可能。

また、Thunderbolt 3に対応したUSB Type-Cも備えており、外部モニターに接続すれば、ディスプレイ出力しながら本体への給電ができるので便利です。さらに、HDMI端子も備えているので、本体の画面と合わせて最大3画面での同時出力が可能。上下4か所にクアッドスピーカーが搭載されているのも魅力のひとつです。本体のみでも迫力のあるサウンドが楽しめます。

エイサー(Acer) ConceptD 7 CN715-71P-F73Z8

あらゆる環境にフィットするシンプルなデザインを採用したノートパソコンです。サイズは15.6インチで、解像度は3840×2160の4K UHD画質。スリムベゼルを採用することにより広い作業領域が確保されています。ディスプレイは、Adobe RGB比100%の広い色域と正確な色精度を実現。正確な色の表示を必要とするデザインワークなどにも適した1台です。

プロセッサには「Intel Core i7 9750H」を搭載し、メモリは32GBでストレージは1TB。グラフィックスには「NVIDIA GeForce RTX 2080」が搭載されています。3DCG制作や動画編集などの高負荷な作業のほか、マルチタスク処理能力にも優れています。

そのほか、静音性の高い冷却システムやバックライト付きキーボードなども採用。家庭から職場まで場所を選ばず使用でき、ハードな作業にも耐えられるハイスペックなノートパソコンです。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) LG gram 17Z90N-VA72J

大きな画面で快適に作業したい方におすすめのノートパソコン。17インチサイズの大画面ディスプレイを採用していながらも、本体重量は約1350gと軽量。サイズは大きめですが、軽いので持ち運びやすいのがメリットです。

プロセッサには「Intel Core i7 1065G7」を搭載し、メモリは16GB。高負荷な作業やマルチタスクも快適にこなせます。ストレージには256GBのSSDを採用。最大19.5時間の連続駆動が可能な大容量バッテリーを搭載しているのもポイントです。外出先や電源がとれない環境でも長時間安心して使用できます。

キーボードにはバックライトキーを採用しているので、暗い場所でもタイピングが可能。インターフェイスはHDMIやUSB Type-A×3などに加え、Thunderbolt 3に対応したUSB Type-Cも搭載されています。

富士通(FUJITSU) LIFEBOOK UH95/E2 FMVU95E2B

タッチ操作に対応した13.3インチサイズの2in1ノートパソコン。ディスプレイは360°回転することができ、キーボードを裏側に回せばタブレットとして使用できます。4096段階の筆圧検知に対応した専用のスタイラスペンが付属するのもメリット。手書きのメモを残したい方や本格的なイラストを制作したい方にもおすすめの1台です。

本体重量は約868gと非常に軽いので、カバンなどに入れて気軽に持ち運ぶことが可能。資料やレポートの作成に便利な「Microsoft Office Home & Business 2019」も付属するのでビジネスマンや大学生の方にも適しています。

プロセッサには「Intel Core i7 10510U」を搭載し、メモリは8GBでストレージは512GBです。バッテリー駆動時間は最大12時間。性能の高さに加え、持ち運びやすさや軽さも重視する方は、チェックしてみてください。

ダイナブック(dynabook) 16.1型ノートパソコン T9 P2T9MPBL

一般的な15.6インチディスプレイモデルと同等の本体サイズながら、明るい16.1型大画面液晶を搭載したノートパソコン。解像度は1920×1080のフルHD画質で、液晶パネルには広視野角かつ鮮やかな色合いのIPSパネルを採用しています。

プロセッサには、6コア12スレッドの「Intel Core i7 10710U」を搭載。モバイル向けプロセッサのなかでもハイエンドモデルに位置するCPUで、高い性能を有しています。ストレージには256GBのSSDと1TBのHDDを搭載。高速起動と大容量が両立されているのがメリットです。

ブルーレイディスクドライブが搭載されているので、音楽CDの取り込みやブルーレイとDVDの鑑賞も可能。オンキヨーと共同開発のステレオスピーカーとサラウンドシステム「Dynamic Wide Sound」を搭載しているのも魅力です。クリアで立体感のあるサウンドが楽しめて、コンテンツに応じて好みのサウンドにカスタマイズできます。