Windows11が2021年10月5日にリリースされました。Windows11はWindows10をベースとして構築されたOSであるものの、数多くの変更点があります。

そこで今回は、Windows11を使いたい方に向けて、変更点や利用方法、HomeとProの違いなどをご紹介。Windows11を使用できるノートパソコンのおすすめモデルもピックアップしました。ぜひ参考にしてみてください。

Windows11は何が変わる?

Windows11での主な変更点としては、まずスタートボタンやタスクバーなどが中央配置になったことが挙げられます。ほかにも、スナップ機能が強化され複数画面を整理しやすく変わったほか、Microsoft StoreにてAndroidアプリが利用可能になりました。さらに、AIにより個別に最適化されたウィジェットが導入され、関心のあるニュースにアクセスしやすくなったのも特徴です。

Windows11はWindows10を基盤として構築されたOSのため、主な操作はWindows10と同じ感覚で行うことが可能。一方、アプリやプロセスなどの優先順位が調節されており、操作のレスポンスが向上しています。

ノートパソコンでWindows11を使う方法

Windows11を標準搭載したモデルを購入する

2021年10月5日より、Windows11を標準搭載したノートパソコンが購入可能になりました。富士通・デル・レノボなどをはじめとする主要なパソコンメーカーが、Windows11がプリインストールされたノートパソコンを展開しています。

はじめからWindows11が搭載されたモデルを購入すれば、すぐにWindows11を利用可能です。

Windows11に対応したモデルを無償アップグレードする

By: dell.com

ノートパソコンでWindows11を使うには、Windows11に対応したモデルをアップグレードする方法もあります。

最小システム要件を満たすWindowsのノートパソコンは、現段階では無償でWindows11にアップグレード可能です。自分のパソコンがWindows10なら、最小システム要件を満たしているかどうかは、MicrosoftのPC正常性チェックアプリでも確認できます。

アップグレードの方法は、Windows Updateを利用した自動アップグレードと、Microsoftの特設サイトを経由した手動アップグレードの2種類です。

Windows11 HomeとProの違いは?

Windows11はWindows10と同様に、Homeは一般向け、Proは上級者やビジネス向けと分けられているのが特徴です。個人やプライベートで使用する場合はHomeでも十分な性能を発揮します。

Proには、Homeにはない機能がいくつか搭載されているので要チェック。より高度なセキュリティ機能を有しています。パソコンを暗号化して情報の漏えいを防止できる「BitLocker」や、データやアプリを個人用・業務用とで分け情報の漏えいを防止できる「Windows 情報保護(WIP)」などが利用可能です。

そのほか、Proはビジネス向けのMicrosoft Storeが使用でき、社内のパソコンを管理するためのさまざまな機能を搭載しています。

Windows11搭載のノートパソコンの選び方

Windows11の最小・推奨構成をチェック

By: nec-lavie.jp

Windows11搭載モデルを購入するのであれば問題ありませんが、手持ちのパソコンをアップグレードする場合はシステム要件を満たしているかよく確認する必要があります。1GHz以上で駆動する2コア以上のプロセッサをはじめ、4GB以上のメモリと64GB以上のストレージが必須です。

要件を満たさない製品はアップグレードやインストールができないため、新しいモデルの購入を検討してみてください。

また、システム要件は、必要とされる最低限のスペックなのもポイント。利用するアプリはもちろん、定期的なソフトウェアの更新や修正プログラムをインストールしつつ、快適かつ安全に使い続けるためにはスペックに余裕のあるモデルを選択するのがおすすめです。

性能をチェック

CPUをチェック

CPU(Central Processing Unit)は、人間で例えると頭脳に該当する重量なパーツです。パソコン全体の処理能力を左右するといっても過言ではありません。CPUで人気なのがインテルの「Core i」やAMDの「Ryzen」シリーズ。Core i3・Core i5・Core i7、Ryzen 3・Ryzen 5・Ryzen 7といった具合に、後ろの数字が大きいほど高性能なプロセッサなので覚えておきましょう。

安価な製品が欲しい方や、ウェブサイトの閲覧や動画の視聴など軽作業がメインの方であれば、Core i3やRyzen 3搭載モデルで十分です。ただし、ビジネスでマルチタスクを多用したりゲームを楽しんだりする場合は、Core i5やそれ以上のCPUを選択すると快適に操作できます。

用途に合わせて適切なプロセッサを選ぶことが大切です。

メモリをチェック

メモリはCPUが仕事をする際に作業台のような役目を担います。メモリ容量の大きな製品は作業エリアが大きいため、仕事がやりやすく多くの処理をスムーズに実行することが可能。Windows11搭載パソコンを購入する際は、8GBを目安に選ぶのがおすすめです。

ネットサーフィンなどの普段使いはもちろん、一般的なビジネス用途などでも快適に利用できます。また、ゲームや動画編集といった負荷のかかる作業を頻繁におこなる場合は、より大容量のメモリを搭載していないとスムーズに動作しない可能性があるので、その点も考慮して選んでみてください。

Windows11のサイズを除いたストレージ容量をチェック

パソコンに搭載されているストレージは、すべての領域をアプリやデータの保存に利用できるわけではありません。Windows11の最小システム要件が64GBであることを考慮すると、それ以上のストレージ容量を備えたモデルを選ぶのがおすすめです。最低でも128GB、できれば256GB以上あると、一般的な使い方なら将来的に容量不足で悩む心配が少なく済みます。

ただし、容量の大きなファイルを扱うクリエイターの方や、たくさんのタイトルをダウンロードしたいゲーマーの方などには、512GB以上の大容量ストレージ搭載モデルがおすすめ。外付けドライブを利用する面倒がなく、本体に多くのアプリやデータを保存して持ち運べるので便利です。

ゲームをするならGPUは必須

GPU(Graphics Processing Unit)とは、CPUの代わりに画像処理を専門に受け持つパーツのことです。一般的なパソコンの場合はCPU内蔵のグラフィック機能を利用するのに対し、ゲーミングPCは独立したGPUを搭載しているのが特徴。実写さながらの3Dグラフィックがスムーズに描画できるため、ゲームを快適にプレイするには必須のプロセッサです。

NVIDIAの「GeForce GTX」や「GeForce RTX」シリーズが人気なので、ゲーム好きの方はチェックしてみてください。動画編集などのクリエイティブな用途でも活躍します。

オフィス付きかどうかチェック

Officeは文書作成のWordをはじめ、表計算シートが使えるExcelやプレゼン資料作りに活躍するPowerPointなどがワンセットになった、統合型のソフトです。ビジネスシーンには必須ともいえるアプリ。利用を予定している場合は、オフィス付きモデルを選択するのがおすすめです。

到着後すぐに活用できるのはもちろん、別途購入する手間も省けます。レポート作成や実験データの分析などにも便利なため、大学生の方も検討してみてください。

Windows11搭載のノートパソコンおすすめメーカー

富士通(FUJITSU)

By: amazon.co.jp

「富士通」は東京に本社事務所を構える電機メーカーです。パソコンやスマホをはじめ、家電・ソフトウェア・半導体など、個人・法人向け問わず幅広いカテゴリーの製品を取り扱っています。

Windows11搭載のノートパソコンは「FMV LIFEBOOK」シリーズを展開。13.3〜17.3インチまで、多様なサイズのモデルを取り扱っています。携帯性を重視する方や大画面で効率的に作業したい方など、さまざまなユーザーニーズに対応できる豊富なラインナップが特徴です。

レノボ(Lenovo)

By: amazon.co.jp

「レノボ」はパソコン・タブレット・モニターなどの機器を取り扱うメーカーです。ノートパソコンは人気のThinkPadをはじめ、IDEAPAD・YOGA・ThinkBookといった数多くのシリーズをラインナップしているのが特徴。多くのモデルがWindows11 HomeもしくはProを搭載しています。

ゲーミングに特化したLEGIONシリーズを展開しているなど、ゲーム好きの方にとっても要注目のメーカーです。

日本電気(NEC)

「日本電気」は日本を代表する総合電機メーカー。パソコンやスマホなどの機器はもちろん、通信事業者向けのネットワークサービスやセキュリティソリューションの提供など、非常に幅広い分野で事業活動をおこなっている会社です。

ノートパソコンは「LAVIE」ブランドで展開しており、ほとんどのモデルがWindows11を搭載しています。15.6インチの「ノート」と11インチ・12インチ・13.3インチ・14インチの各サイズを有する「モバイル」の2シリーズがあり、目的や用途に応じて選べるのが特徴です。

Windows11搭載のノートパソコンおすすめモデル

富士通(FUJITSU) FMV LIFEBOOK WA1/F3 AHシリーズ FMVWF3A156


自宅での利用に適したWindows11 Home 64bit搭載のノートパソコン。CPUは第10世代のIntel Core i5、メモリは8GB、ストレージはSSDで512GBと、学生からビジネスパーソンまで利用しやすい性能を備えています。

ディスプレイは15.6インチで、重さは約2kg。厚さは27mmあります。あまり持ち運びをせず、据え置きで使用することが多い方におすすめのモデルです。

エムエスアイ(MSI) ノートパソコン Prestige-14-A12UC-011JP


ビジネスシーンやクリエイティブな用途での使用にぴったりの高性能ノートパソコンです。14インチサイズのフルHDディスプレイを搭載しており、表面には光の映り込みを抑えられるノングレア加工を施しています。

CPUには第12世代のIntel Core i7-1280Pを、GPUにはNVIDIA GeForce RTX 3050を搭載。高性能プロセッサに加え、独立したGPUを備えているので、動画編集や3Dモデリングなどの負荷の多い作業もスムーズにこなせます。メモリは16GBで、ストレージには1TBのSSDを採用しているのもポイントです。

生体認証機能に対応しており、顔認証と指紋認証の両方が利用可能。マスク装着時は指紋認証でロックを解除するなど、状況に合わせて使い分けができるので便利です。高性能ながら、本体重量は約1.29gと軽量。頻繁に持ち運びたい方や外出先での使用がメインの方にもぴったりです。

パナソニック(Panasonic) Let’s note SV2 CF-SV2LDMCR


12.1インチサイズのコンパクトボディで、気軽に持ち運べるノートパソコンです。OSには、ビジネス向けのWindows 11 Proを採用。CPUには第11世代のIntel Core i5-1155G7を搭載しています。メモリは16GBで、ストレージには512GBのSSDを備えているのも特徴です。

最大約12時間連続使用できる大容量バッテリーを搭載しているので、外出先でも使用可能。また、バッテリーは簡単に着脱でき、専用バッテリーの単体購入にも対応しています。

本体には独自構造のマグネシウム合金ボディを採用。76cm落下試験や100kg加圧振動試験などをクリアしており、堅牢性に優れています。

さらに、軽量かつコンパクトながらもDVDスーパーマルチドライブを搭載しているのも魅力。そのほか、画面のスクロールなどを行う際に便利なホイールパッドを採用しているため、マウスがなくてもスムーズに操作できます。

エイサー(Acer) Aspire 3 A315-58-WF58Y/SF


作業しやすい15.6インチサイズの大画面ディスプレイを搭載したノートパソコンです。広視野角なIPSパネルを採用しているので、さまざまな角度からくっきりとした鮮やかな映像が見られます。

CPUにはIntel Core i5-1135G7を備え、ストレージには512GBのSSDを用意。約1.7gの軽量ボディと最長約9時間の連続使用が可能な大容量バッテリーにより、携帯性にも優れています。

キーボード部分には、画面を開くと角度がつくリフトアップヒンジ構造を採用。自然な角度でスムーズにタイピングできます。また、テンキーを搭載しているので、家計簿ソフトや表計算ソフトを頻繁に利用する方にもぴったりです。

そのほか、「Microsoft Office Home & Business 2021」も同梱されています。普段使いに加え、事務仕事で使用したい方や学生の方などにもおすすめのノートパソコンです。

レノボ(Lenovo) Yoga Slim 760 Carbon 82L0003HJP


高コントラストで、美しい映像を表示できる有機ELディスプレイを搭載したノートパソコンです。画面のサイズは14.0インチで、2880×1800の高解像度と90Hzの高速なリフレッシュレートに対応しています。

CPUにはAMD Ryzen 7 5800Uを採用。本体にはカーボンファイバーを使用しており、堅牢性と軽量さを両立しています。アメリカ国防総省が定める「MIL規格」に準拠しているので、過酷な環境下でも使用可能です。

また、画面はタッチパネルに対応しており、タブレットのように指で直感的に操作できます。バッテリーの連続駆動時間は最大約11時間。15分の充電で約3時間連続使用できる急速充電にも対応しています。

日本電気(NEC) LAVIE N15 N1530/CA


NECのスタンダードモデルである、LAVIE N15シリーズのノートパソコン。15.6型ワイド スーパーシャインビューLED液晶のディスプレイを搭載しており、美しい映像表示を可能にしています。

スペックはCPUが第10世代のIntel Core i3、メモリ8GB、ストレージがSSD256GB。日常生活からビジネスシーンまで幅広く利用可能です。また、本モデルはMicrosoft Office Home and Business 2021を搭載しています。WordやExcelを使いたい学生やビジネスパーソンにもおすすめです。

Windows11アップグレード対応ノートパソコンおすすめモデル

レノボ(Lenovo) IdeaPad Slim 550i 14型


14インチディスプレイの4辺に細いベゼルが採用されたノートパソコン。Webカメラにはプライバシーシャッターが搭載されており、のぞき見を防止してプライバシーを守ります。

また、Dolby Audio対応スピーカーを正面に配置。クオリティの高い臨場感のあるサウンドを実現します。重さは約1.45kg、厚さは約17.9mm。頻繁に持ち運ぶ方にはやや不向きなものの、ある程度、携帯性に優れています。

CPUにIntel Core i5の第10世代、メモリ8GB、ストレージにSSD512GBを採用。ビジネスパーソンや大学生におすすめのノートパソコンです。

日本電気(NEC) LAVIE Pro Mobile PC-PM750BAR

外回りが多いビジネスパーソンにおすすめのモバイルノートパソコンです。天板と底面部分にカーボン素材を採用しているのが特徴。約955gと非常に軽量なため、毎日の通勤を含め快適に持ち運べます。

また、落下試験をはじめ面加圧試験や点加圧試験をクリアしたと謳われているなど、堅牢性に優れているのも嬉しいポイントです。

プライバシーフィルター機能を搭載。使用者以外の方からの視線を検知し、視野角を狭める便利な機能です。覗き見による情報漏洩リスクが軽減できるので、外出先で画面の内容を確認する際に重宝します。

第11世代のCore i7プロセッサと8GBメモリを備えており、処理性能は良好。負荷のかかるアプリを立ち上げても、快適に操作することが可能です。

エイスース(ASUS) ノートパソコン X545FA-BQ139T

狭額ベゼルディスプレイにより、臨場感のある映像が楽しめるノートパソコンです。画面のサイズは15.6インチで、解像度1920×1080のフルHD画質に対応しています。

ディスプレイは170°の広い視野角を有しているので、さまざまな角度から見やすく、複数人での映像の視聴や資料の確認も快適です。また、表面には光の映り込みを軽減できるノングレア加工が施されています。照明の位置を気にすることなく設置でき、屋外でも使用しやすいのがメリットです。

CPUには、第10世代のCore i3-10110Uを搭載しています。メモリは8GBで、ストレージには高速なデータの読み書きが可能な512GBのSSDを採用。DVDスーパーマルチドライブを備えているのもうれしいポイントです。

本体にはWindows Hello対応の指紋認証センサーを搭載しているので、ワンタッチで素早くログインできます。

デル(Dell) G3 15 3500 NG385VRA-ANLB

NVIDIAのGPU「GeForce GTX1660Ti」を搭載したゲーミングノートパソコンです。第10世代のCore i7プロセッサを採用しており、手頃な価格が特徴。ミドルレンジユーザーはもちろん、エントリーマシンからのステップアップを検討している方などにもおすすめのモデルです。

画面のサイズは15インチ。最大144Hzの高リフレッシュレートパネルを採用しているため、動きの激しいタイトルをプレイするのにも適しています。

Thunderbolt 3対応のUSB Type-Cをはじめ、USB Type-A・HDMI・mini DisplayPort・有線LANなどを搭載。インターフェースが充実しており、多様な周辺機器を接続して利用できるのも便利なポイントです。

Windwos11搭載ノートパソコンの売れ筋ランキングをチェック

Windwos11搭載ノートパソコンのランキングをチェックしたい方はこちら。