ノートパソコンを選ぶ際には、ストレージにSSDを搭載したモデルがおすすめ。HDDを搭載したモデルよりも、パソコンの起動やデータの処理速度が速いため、より快適にノートパソコンを操作できます。

今回は、おすすめのSSD搭載ノートパソコンをピックアップしてご紹介。選ぶ際の注意点やポイントも合わせて解説するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

SSDのメリット

By: amazon.co.jp

回転する円盤に磁気でデータを読み書きするHDDと違い、SSDには物理的に駆動する部品がないため、より高速にデータの読み書きが行えるのがメリットです。

また、耐衝撃性に優れているのも特徴。衝撃が加わったり、落としたりしても破損しにくいため、ノートパソコンを頻繁に持ち歩いて使う方にもおすすめです。

ほかにも、消費電力が低かったり、作動音が静かだったり、SSDにはさまざまなメリットがあります。また、HDDよりも小さくて軽いSSDは持ち運びのしやすさも良好なので、ノートパソコンの携帯性を重視する方にもぴったりです。

SSD搭載ノートパソコンの選び方

容量をチェック

By: hp.com

ひと口にSSDといっても、製品によって容量はさまざま。使う用途にあった容量ではない場合、ストレージ不足で新たにファイルが保存できなかったり、パソコンの動作が遅くなったりするため、選ぶ際には注意が必要です。

動画やインターネットの閲覧、軽いデスクワークで使うなら128GBでも十分ですが、写真や動画をある程度保存するなら、最低でも256GBはあると便利。ゲームや動画編集などで容量の大きなデータを保存するなら、512GB~1TBを選んでおくと安心です。

ちなみに、ストレージの容量はOSの占有領域やアプリケーションなどで、あらかじめ少し使用されています。ファイルのゴミやキャッシュが溜まることなども考えると、SSDの容量は少し余裕をもって選ぶのがおすすめです。

読み書きの速度は接続方式によって大きく変わる

By: hp.com

SSDは容量の大きさだけでなく、読み書きの速度も重要です。読み書きの速度が速ければ、ソフトの起動にかかる時間を短縮したり、ゲームをする場合は素早く読み込みできたりします。

多くのノートパソコンはSATAとPCI Expressを採用しているのが一般的です。SATAにはSATA1.0やSATA2.0など種類があり、一番高速なのがSATA3.0。SATA3.0の実効転送速度は600MB/sほどです。

PCI Expressは「PCle」と表記することも。PCI Express 3.0なら実効データ転送速度は片方向約1GB/sと、データの転送速度に優れています。

その他の機能やスペックもチェック

CPU

By: lg.com

CPUは中央演算処理装置のことで、ノートパソコンの性能を大きく左右する重要なパーツです。パソコン用のCPUは、Intelの「Core iシリーズ」とAMDの「Ryzenシリーズ」があり、どちらも製品名の後に続く数字(グレード)が大きいほど高性能な傾向にあります。

選び方の目安として、負荷のかかる動画編集や3Dゲームを楽しみたいなら、最低でもミドルクラスのCore i5以上を選ぶのがおすすめ。予算に余裕があるなら、ハイエンドクラスのCore i7を選んでおくと安心です。

逆に動画やインターネットの閲覧、軽いデスクワークで使うなら、エントリークラスのCore i3でも快適に動きます。用途にあったCPUをしっかりと選ぶことが大切です。

メモリ

メモリは、実行中のデータやプログラムを一時的に記憶しておくパーツです。パソコンの動作速度に影響する重要なパーツで、必要なメモリ容量は用途によって異なります。

動画やインターネットの閲覧、軽いデスクワークなど、負荷の小さな作業で使うなら8GBもあれば十分。写真や動画を編集したり、3Dゲームをプレイしたりするなら、余裕をもって16GBのモノを選んでおくと便利です。

ちなみに、メモリの性能をチェックする際には、データ転送速度も大切なポイント。データ転送速度は、モジュール規格のDDRまたはPCの後ろに続く数字が大きいほど高速なので、併せて確認しておきましょう。

バッテリー容量

ノートパソコンを選ぶ際には、搭載しているバッテリー容量もしっかりとチェックしましょう。単位は「Wh(ワットアワー)」または「mWh(ミリワットアワー)」で表記されており、どちらも数字が大きいほど使える時間が長いのが特徴です。

製品によっては、バッテリー容量の記載がないこともあるので、その場合は簡単にチェックできるバッテリー駆動時間を参考に選びましょう。1回の充電で10時間以上使えるモデルを選べば、電源が確保できない場所でもバッテリー切れの心配が少なく、長時間の作業が可能です。

画面サイズ

By: hp.com

ノートパソコンの使い勝手を大きく左右する画面サイズ。大きすぎると持ち運びが大変で、小さすぎると文字が見にくいため、使用する用途やスタイルに適したサイズを選ぶことが大切です。

選び方の目安として、ノートパソコンを持ち運んで使うならモバイル性に優れた13~14インチがおすすめ。カバンに収まりやすく、携帯性に優れています。

逆に、外出先では使用せず室内で据え置いて使うなら、視認性が高い15~17インチがおすすめ。画面が大きく一度に表示できる情報量が多いので、資料やレポートの作成はもちろん、映画やゲームを楽しむのにもピッタリです。

重量

By: lenovo.com

外出先でノートパソコンを使うなら、できるだけ軽いモデルを選ぶことが大切。本体の重量が約1~1.5kg程度であれば、比較的快適に持ち歩いて使えます。

携帯性をより重視するなら、1kgを下回る軽量モデルを選ぶのもおすすめ。ただし、軽いモデルはスペックが低かったり、価格が高かったりすることがあります。持ち運んで使う方は重さもしっかりとチェックしておきましょう。

SSD搭載ノートパソコンのおすすめモデル

マイクロソフト(Microsoft) Surface Laptop Go THH-00020

画面サイズが12.4インチのSSD搭載ノートパソコン。CPUはCore i5、メモリは8GBを採用しています。重量が約1.11kgと軽量なので、外へと手軽に持ち運びやすいのも魅力。出張や旅行のときに携帯したい方におすすめです。

本製品はタッチスクリーンに対応。スマホやタブレット感覚で操作できるので、初心者でも安心して扱えます。インターフェースにUSB Type-AやUSB Type-Cポートを搭載。また、256GBを内蔵しているので、スマホに入っている写真も転送できます。

サウンドにはDolby Audioを採用しており、臨場感のあるサウンドを楽しむことが可能。快適に映画や音楽鑑賞ができるのもおすすめポイントです。

アップル(Apple) MacBook Pro 16インチ MK183J/A

画面サイズが16インチで、516GBのSSDを搭載したノートパソコン。Apple M1 Proチップを内蔵しており、負荷のかかる作業も容易にこなせます。高解像の画像や動画編集をしたいときにおすすめです。また、バッテリーの連続駆動時間が長く、最大で約21時間と外でも安心して作業できます。

画面にLiquid Retina XDRを採用しているのも特徴。色鮮やかで高精細な映像を表示できます。映画鑑賞などを楽しみたい際には、より没入感を深めることも可能です。

1080pのHDカメラや6スピーカーサウンドシステムも実装。より綺麗な画面を表示できるうえに、クリアな音声も出力可能です。

ヒューレット・パッカード(HP) ENVY x360 13-bd 28P04PA-AAAA

フルHDに対応しているSSD搭載のノートパソコン。SSDは256GBを内蔵しており、容量の大きいデータを高速で転送できます。洗練されたデザインも魅力。堅牢性に優れており、キズが目立ちにくいので長く愛用したい方にもおすすめです。

本体を折りたためるのも特徴。タブレットのように使用できるので、イラストを描いたり、電子書籍を読んだりすることも可能です。

覗き見防止スクリーンを採用しているのもポイント。カフェで作業をするときも安心です。また、バッテリーの連続駆動時間が最大約11.5時間と長いため、コンセントのない環境でも長時間作業できます。

ファーウェイ(HUAWEI) MateBook D 15 BOBWAIH38BNCWNUA

画面サイズが15.6インチで、SSDに256GBを搭載しているノートパソコン。PCle接続を採用しているので、大容量のデータをすばやく転送できます。スマホやタブレットに入ってるデータのバックアップを取りたいときにもおすすめです。

1920×1080のフルHDにも対応。綺麗な映像を表示できるので、快適に映画や動画鑑賞を楽しめます。インターフェースにはHDMIやUSBポートを搭載。スマホの充電や、パソコンの画面をモニターに表示することも可能です。

指紋認証を採用しているのもポイント。指をかざすだけでログインができるため、パスワードを入力する手間を省けます。

レノボ(Lenovo) IdeaPad Slim 550i 14型

スタイリッシュなデザインを採用したノートパソコン。CPUはCore i5で、メモリには8GBを搭載。動画の閲覧や書類作成ができるスペックで、仕事とプライベート用のどちらでも使用できます。

キーボードにはバックライトを採用。暗い場所でもキーの視認性を損ないにくく、安心して作業できます。Webカメラにはプライバシーシャッター機能を搭載。周囲の覗き見を防げるので、外でも安心して使用可能です。

本製品は、Dolby Audioに対応しているのも魅力。クリアなサウンドを出力できるので、映画や音楽鑑賞ではより深い没入感が得られます。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) ノートパソコン 14U70Q-KR55J

512GBのSSDを実装している14インチのノートパソコンです。容量が大きいので、大量の写真や動画などをダウンロード可能。CPUはRyzen 5、メモリには8GBを採用しています。

ディスプレイにはアンチグレアを搭載しており、外光の反射を抑えることが可能です。また、重量が約1290gと軽いのも魅力。容易に外へ持ち運びできます。

そのほか、バッテリー駆動時間が長いのもポイント。最大で24時間連続で駆動し、電源のない環境でも安心して作業可能です。バッテリー持ちに優れたSSD搭載のノートパソコンを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

バイオ(VAIO) VAIO Z VJZ14180511

Windows11 Homeを備えたノートパソコンです。容量は256GB。PCI Express4.0接続なので、高速のデータ転送を実現します。スマホに入っている画像や動画ファイルをすばやくノートパソコンに移したいときにぴったり。Office製品も標準搭載されているので、WordやExcelを使用して書類作成をしたい方におすすめです。

ボディにはフルカーボンボディを採用することで、軽量化を実現しています。重量が約958gで、カバンに入れて外に持ち運びも可能です。バッテリーが最大約34時間連続駆動と長いのも魅力。バッテリー切れを気にせずに作業ができます。

日本電気(NEC) LAVIE N14 YZ-NM52-N14

フルHDに対応しているSSD搭載のノートパソコン。キーボードにはリフトアップヒンジを採用。適度に傾斜がついているため、打ちやすさが向上しており、手首の負担も軽減可能です。

また、ヤマハのAudioEngineを内蔵。コンテンツに合わせて音質を自動調節し、より自然でリアルな音を出力できます。映画や音楽鑑賞はより臨場感を得られるのがポイントです。

さらに、スピーカーから出る音の範囲を調節する「ミーティング機能」や周囲の雑音を取り除く「ノイズキャンセリング機能」も搭載。快適にリモート会議を行えます。

エイスース(ASUS) ExpertBook B5 Flip B5302FEA-LF0581W

PCI Express 3.0接続のSSDを搭載しているノートパソコン。容量が512GBあるので、たくさんのファイルをすばやく転送できます。

薄さが16.9mmで、重量が約1.2kgとコンパクトかつ軽量なのもポイント。携帯性に優れており、カバンに入れて手軽に持ち運べます。

また、360°回転ができるヒンジを採用しており、タブレットのように使用できるのも魅力。別売りのスタイラスペンを使えばイラストを描いたり、プレゼン資料を見せたりすることが可能です。

本製品は、ノイズキャンセリング機能も搭載。周囲の音や相手から発するノイズを取り除けるので、クリアな音質でビデオ会議ができます。

エイスース(ASUS) ROG Strix G17 G713IM-R7R3060

512GBのSSDを搭載しているゲーミングノートパソコン。SSDはPCI Express 3.0接続を採用しています。GPUにはGeForce RTX 3060を搭載しており、APEXやフォートナイトなどのFPSも快適に楽しめるスペックです。

144Hzのリフレッシュレートを実現している点も特徴。動きの激しいゲームでも遅延を抑えられます。快適なゲーム環境を構築可能。また、画面サイズは17.3インチと大きめなので、迫力のある映像を楽しめます。

キーボードはRGBに対応。暗い場所でも安心してタイピング可能です。SSDが搭載されているゲーミング用ノートパソコンを求めている方は、チェックしてみてください。

レイザー(Razer) Blade Pro 17 RZ09-03295J42-R3J1

薄型ベゼルを採用したゲーミングノートパソコン。画面サイズが17.3インチと大きいのが特徴。迫力のある映像を大画面で楽しみたい方におすすめです。CPUはCore i7で、グラフィックにはGeForce RTX 2080を採用しています。

リフレッシュレートが300Hzなのもポイント。レーシングゲームや格闘ゲームなど動作の激しいゲームでも映像の遅延を軽減して、なめらかな画面を表示できます。快適なゲーミング環境を実現可能です。

SSDが搭載されているハイスペックなゲーミングノートパソコンを求めている方は、チェックしてみてください。

SSD搭載ノートパソコンの売れ筋ランキングをチェック

SSD搭載ノートパソコンのランキングをチェックしたい方はこちら。