ノートパソコンを選ぶ際には、ストレージにSSDを搭載したモデルがおすすめ。HDDを搭載したモデルよりも、パソコンの起動やデータの処理速度が速いため、より快適にノートパソコンを操作できます。

そこで今回は、おすすめのSSD搭載ノートパソコンをピックアップしてご紹介。選ぶ際の注意点やポイントも合わせて解説するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

SSDのメリット

By: amazon.co.jp

ノートパソコンのストレージは、SSD(ソリッドステートドライブ)・HDD(ハードディスクドライブ)の2種類があります。回転する円盤に磁気でデータを読み書きするHDDと違い、SSDには物理的に駆動する部品がないため、より高速にデータの読み書きが行えます。

耐衝撃性に優れているのも特徴。衝撃が加わったり、落としたりしても破損しにくいため、ノートパソコンを頻繁に持ち歩いて使う方にもおすすめです。

ほかにも、消費電力が低かったり、作動音が静かだったり、SSDにはさまざまなメリットがあります。また、HDDよりも小さくて軽いSSDは持ち運びのしやすさも良好なので、ノートパソコンの携帯性を重視する方にもぴったりです。

SSD搭載ノートパソコンの選び方

容量をチェック

By: hp.com

ひと口にSSDといっても、製品によって容量はさまざま。使う用途にあった容量ではない場合、ストレージ不足で新たにファイルが保存できなかったり、パソコンの動作が遅くなったりするため、選ぶ際には注意が必要です。

動画やインターネットの閲覧、軽いデスクワークで使うなら128GBでも十分ですが、写真や動画をある程度保存するなら、最低でも256GBはほしいところ。ゲームや動画編集などで容量の大きなデータを保存するなら、512GB~1TBを選んでおくと安心です。

ちなみに、ストレージの容量はOSの占有領域やアプリケーションなどで、あらかじめ少し使用されています。ファイルのゴミやキャッシュが溜まることなども考えると、SSDの容量は少し余裕をもって選ぶのがおすすめです。

読み書きの速度にも注目

By: asus.com

SSDの読み書き速度は、接続インターフェイスによって大きく変わってきます。現在のメインストリームは「SATAIII」で、実効転送速度は最大600MB/sです。

普通に使うなら「SATAIII」でも十分ですが、動画などを扱う場合には「PCIe」接続を採用したモノがおすすめ。SSDの性能を引き出し、大容量データも高速で転送できます。

ちなみに、SSDは同じシリーズの製品でも容量が大きいほど読み書き速度が速い傾向にあります。読み書き速度を重視するなら、容量の大きなモデルを選ぶのも大切なポイントです。

その他の機能やスペックもチェック

CPU

By: huawei.com

CPUは中央演算処理装置のことで、ノートパソコンの性能を大きく左右する重要なパーツです。パソコン用のCPUは、Intelの「Core iシリーズ」とAMDの「Ryzenシリーズ」があり、どちらも製品名の後に続く数字(グレード)が大きいほど高性能な傾向があります。

選び方の目安として、負荷のかかる動画編集や3Dゲームを楽しみたいなら、最低でもミドルクラスのCore i5以上を選びたいところ。予算に余裕があるなら、ハイエンドクラスのCore i7を選んでおくと安心です。

逆に動画やインターネットの閲覧、軽いデスクワークで使うなら、エントリークラスのCore i3でも快適に動きます。用途にあったCPUをしっかりと選ぶことが大切です。

メモリ

メモリは実行中のデータやプログラムを一時的に記憶しておくパーツです。パソコンの動作速度に影響する重要なパーツで、必要なメモリ容量は用途によって異なります。

動画やインターネットの閲覧、軽いデスクワークなど、負荷の小さな作業で使うなら8GBもあれば十分。写真や動画を編集したり、3Dゲームをプレイしたりするなら、余裕をもって16GBは欲しいところです。

ちなみに、メモリの性能をチェックする際には、データ転送速度も大切なポイント。データ転送速度は、モジュール規格のDDRまたはPCの後ろに続く数字が大きいほど高速なので、併せて確認しておきましょう。

バッテリー容量

ノートパソコンを選ぶ際には、搭載しているバッテリー容量もしっかりとチェックしましょう。単位は「Wh(ワットアワー)」または「mWh(ミリワットアワー)」で表記されており、どちらも数字が大きいほど使える時間が長いのが特徴です。

製品によっては、バッテリー容量の記載がないこともあるので、その場合は簡単にチェックできるバッテリー駆動時間を参考に選びましょう。1回の充電で10時間以上使えるモデルを選べば、電源が確保できない場所でもバッテリー切れの心配が少なく、長時間の作業が可能です。

画面サイズ

By: asus.com

ノートパソコンの使い勝手を大きく左右する画面サイズ。大きすぎると持ち運びが大変で、小さすぎると文字が見にくいため、使用する用途やスタイルに適したサイズを選ぶことが大切です。

選び方の目安として、ノートパソコンを持ち運んで使うならモバイル性に優れた13~14インチがおすすめ。カバンに収まりやすく、携帯性に優れています。

逆に、外出先では使用せず室内で据え置いて使うなら、視認性が高い15~17インチがおすすめ。画面が大きく一度に表示できる情報量が多いので、資料やレポートの作成はもちろん、映画やゲームを楽しむのにもピッタリです。

重量

By: asus.com

外出先でノートパソコンを使うなら、できるだけ軽いモデルを選ぶことが大切。本体の重量が約1~1.5kg程度であれば、比較的快適に持ち歩いて使えます。

携帯性をより重視するなら、1kgを下回る超軽量モデルを選ぶのもおすすめ。ただし、軽いモデルは重さと引き換えにスペックが低かったり、価格が高かったりすることがあります。重量が2kgを超えてくると力がある方でもずっしりと重く感じるので、持ち運んで使う方は重さもしっかりとチェックしておきましょう。

SSD搭載ノートパソコンのおすすめモデル

マイクロソフト(Microsoft) Surface Laptop Go

基本性能が充実した、マイクロソフトの人気モデルです。縦横比3:2の「PixelSenseディスプレイ」を搭載しており、1度に多くの情報を表示できるのが魅力。画面サイズは12.4インチとコンパクトなので、携帯性を重視する方に適しています。

スペック面では、CPUに第10世代のIntel Core i5 1035G1を搭載。メモリは8GB LPDDR4X、ストレージは128GB SSDを備えています。指紋認証付き電源ボタンで、ワンタッチサインインが可能なのも嬉しいポイントです。

また、本製品には「Microsoft Office Home and Business 2019」が付属。プライベートからビジネスユースまで幅広く使えます。

ヒューレット・パッカード(HP) ENVY x360 13-bd

デザイン性と機能性を兼ね備えたノートパソコンです。本体の素材にアルミニウムを採用することで、高級感のあるスタイリッシュなデザインを実現。特殊なアルマイト加工により錆・腐食・摩耗が少なく、長く使いやすいのも嬉しいポイントです。

本体サイズは横幅306×厚さ15.5×奥行き194.5mmで、重量は約1.24kg。カバンにすっぽりと収まりやすいコンパクトさも魅力です。外出先でも気軽に持ち歩いて使えます。

CPUにはIntel Core i3 1115G4を搭載。メモリは8GB DDR4、ストレージは256GB SSDを内蔵しています。また、便利なアプリ「HP QuickDrop」を使えば、スマホで撮影した写真や動画を素早くワイヤレスで転送することも可能です。

日本電気(NEC) FHD LAVIE Direct PMX

コンパクトで使いやすいノートパソコンです。本体サイズは横幅305.8×厚さ19.3×奥行き217.6mmで、重量は約1.31kg。面加圧試験や落下試験をクリアしており、堅牢性に優れています。

第11世代のIntel Core i5 1135G7を搭載。約512GB PCleの大容量SSDを組み合わせることで、処理の重いソフトウェアがサクサク動くのも魅力です。キーボードには、2段階の輝度調節が可能なバックライトを採用。暗い場所でも正確性の高いタイピングができます。

本製品は、高速データ通信「LTE」に対応しており、SIMフリーモデルなら外出先でもインターネット環境を利用可能。ディスプレイには、目への負担が少ない13.3型ノングレア液晶を採用しているので、長時間の作業にもおすすめです。

エイスース(ASUS) ROG Flow X13 GV301QE GV301QE-R9R3050T120

CPUにAMDの「Ryzen 9 5900HS」を搭載した、ハイスペックなゲーミングパソコン。高性能な「NVIDIA GeForce RTX 3050 Ti」に加え、大容量の16GB LPDDR4Xと512GB SSDと組み合わせることで、負荷のかかりやすいゲームもサクサク動く高いスペックを実現しています。

重量わずか1.35kgの軽量ボディながら、120Hz駆動の16:10タッチ液晶ディスプレイを搭載しているのも大きな特徴。バッテリーの連続駆動時間は、最大約13.2時間。外出先に持ち運んで使いたい方にもおすすめです。

本製品は、ディスプレイが360°回転するフリップスタイルを採用しており、用途やシチュエーションに応じてさまざまな使い方が可能。別売りの超小型の外付けGPU「XG Mobile」を使えば、手軽にグラフィックス性能を向上できるのも魅力です。

エイスース(ASUS) ZenBook Duo 14 UX482EG UX482EG-KA143TS

さまざまな使い方ができる多機能ノートパソコンです。キーボード上部にセカンドディスプレイ「ScreenPad Plus」を搭載しているのが特徴。動画を見ながら調べ物をしたり、ビデオ通話をしながら資料を確認したり、効率的なマルチタスクが可能です。

CPUには、第11世代のIntel Core i7 1165G7を搭載。大容量の16GB LPDDR4Xや、1TB SSDを内蔵するなど、スペック面も良好です。また、バッテリーの連続駆動時間は最長10.8時間を実現。電源が確保できない場所でも長時間作業ができます。

そのほか、セカンドディスプレイの傾斜を利用した「アクティブエアロダイナミックシステムプラス」により、パソコン内部の急激な温度上昇を軽減できるのも嬉しいポイントです。

CHUWI LarkBook X

価格と性能のバランスに優れたノートパソコンです。気軽に購入できるリーズナブルな価格を実現しながら、2.2Kの解像度に対応した14インチIPSディスプレイを搭載。お気に入りの動画や写真が繊細かつ美しい映像で楽しめます。

スペック面では、4個のコアを内蔵したIntel Celeron N5100を採用。加えて、デュアルチャンネルメモリの8GB LPDDR4と、処理速度の速い256GB SSDを内蔵しています。また、1回の充電で約8時間の連続駆動が可能な、38Wh大容量バッテリーを採用しているのも嬉しいポイントです。

素材にはマグネシウム合金を使用しており、デザイン性も良好。おしゃれなノートパソコンがほしい方にもおすすめの1台です。

バイオ(VAIO) SX14 VJS1428 10001160

機能性と携帯性のバランスに優れたノートパソコンです。カーボン素材を天板に採用することで、最軽量構成時約999gの軽量ボディを実現。本製品は、アメリカ国防総省制定MIL規格に準拠した品質試験を実施しているので、耐久性が気になる方におすすめです。

CPUには、第10世代のIntel Core i5 10210Uを搭載。また、メモリには4GB LPDDR3、ストレージには256GB SSDを備えています。バッテリーの連続駆動時間は最長約30時間を実現。外出先での長時間の作業に適しています。

HDMI出力をはじめ、ミニD-Sub15ピンやLANポート、USB Type-Cなど、各種インターフェイスが充実しているのも嬉しいポイントです。

富士通(FUJITSU) FMV LIFEBOOK WA1/F3 FMVWF3A156_AZ

使いやすさを追求したノートパソコン。最大4.20GHzで駆動するIntel Core i5 10210Uの搭載に加え、大容量の8GBメモリと512GB SSDを組み合わせることで、処理の重いソフトウェアがサクサク動く高いスペックを実現しています。

機能面では、音声でパソコンを操作できる「いつもアシスト ふくまろ」や、写真や動画をより鮮明な映像で楽しめる4K出力に加え、高速でデータを転送できるUSB3.2(Gen2)などに対応。また、さまざまな角度から見ても、美しいオムニデザインを採用しているのも魅力です。

打ち心地のよい約2.5mmのキーストロークや、キーの位置に合わせて重さを段階的に調節した「3段階押下圧キーボード」を採用しているのもポイント。長時間の文字入力も快適に行えます。

ファーウェイ(HUAWEI) MateBook D 15 BOBWAIH38BNCWNUA

15.6インチのIPSフルビューディスプレイを搭載したノートパソコン。お気に入りの動画やゲームが色鮮やかな美しい映像で楽しめます。本製品は重量約1.53kg、厚さ約16.9mmと軽量コンパクトなのも特徴。持ち運んで使いたい場合にも重宝します。

CPUには第10世代のCore i3-10110Uを搭載。メモリは8GB、ストレージは256GBのPCIe SSDを内蔵しています。文書の作成やインターネットの閲覧などの用途での使用を検討している方におすすめのスペックです。

ワンタッチでロック解除できる指紋認証センサーや、プライバシーを保護できる埋め込み型カメラを採用しているのもポイント。また、わずか30分で最大53%まで充電できると謳われている急速充電にも対応しています。比較的リーズナブルな価格も魅力なので、コストパフォーマンスを重視する方にもぴったりです。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) LG gram 17Z95P-KA78J

17インチの大画面ディスプレイを搭載したノートパソコン。解像度は2560×1600のWQXGAに対応しているので、お気に入りの映画やゲームなどを迫力ある美しい映像で楽しめます。

パワフルな第11世代のIntel Core i7 1195G7を搭載し、大容量の1TB SSDを備えていながら、横幅380.2×厚さ17.8×奥行き260.1mmのスリムボディを実現しているのも嬉しいポイント。重量は1350gと軽量なので、外出先にも気軽に持ち歩けます。

AI音声認識サービス「Amazon Alexa」に対応。そのほか、最大22時間の連続駆動が可能なバッテリーなど、基本性能が充実しているのも大きな特徴です。

SSD搭載ノートパソコンの売れ筋ランキングをチェック

SSD搭載ノートパソコンのランキングをチェックしたい方はこちら。