ビジネスはもちろん、大学生にとっても必須といえるアイテムが「ノートパソコン」。ウェブサイトでの調べ物をはじめレポートの作成やリモート授業への参加など、幅広いシーンで活躍します。携帯性に優れたモデルなら、通学で毎日持ち歩くのも苦になりません。

そこで今回は、大学生におすすめのノートパソコンをご紹介します。選ぶ際のポイントについても詳しく解説するので、気になる方はチェックしてみてください。

大学生向けノートパソコンの選び方

スペックは「Core i5 / SSD 256GB / メモリ 8GB」を基準に

ノートパソコンを購入する際は、CPU・メモリ・ストレージのスペックをしっかりとチェックしましょう。大学生の場合CPUはインテルのCore i5、メモリは8GBでストレージは256GBのSSDを基準に選ぶのがおすすめです。

Core i5プロセッサと8GBメモリを搭載していれば、多くのアプリが快適に操作できます。また、256GBのSSDを実装しているとOSやアプリの起動が高速なほか、一般的な使い方なら容量不足で悩む心配が少ないのもメリットです。

ただし、文系と理系でノートパソコンに要求されるスペックの異なる点には注意が必要。文系の場合は比較的軽い作業がメインなので、多少スペックが低くても問題ありません。

一方、理系はCADやシミュレーションソフトといった負荷のかかる処理が多く、ハイスペックなモデルが必要になるため、その点も考慮して選んでみてください。

画面サイズは13~14インチがおすすめ

By: amazon.co.jp

大学生には、携帯性と視認性のバランスに優れた13〜14インチの画面サイズがおすすめです。画面サイズが大きいと表示は見やすいものの持ち運ぶ際にかさばるのが難点。逆に、画面が小さいと持ち運びやすい反面、細かな文字が見にくく作業効率が低下します。

13〜14インチくらいのモデルであれば、自宅・キャンパス・通学など多様なシーンで快適に使用することが可能です。

持ち運びにはできるだけ軽量なモデルを

By: amazon.co.jp

ノートパソコンを持ち運んで利用する機会の多い方は、できるだけ軽量なモデルを選ぶのがおすすめです。軽いといわれるノートパソコンの目安は1.3kg以下。軽量なモノであれば、キャンパスをはじめカフェや図書館など、好きな場所へ楽に持ち運んで使用することが可能です。

ノートパソコンのなかには、1.0kgを切るモデルも販売されています。体にかかる負担が少ないので、通学で毎日持ち歩く大学生におすすめです。ただし、超軽量モデルは筐体にマグネシウム合金素材を採用していることで価格が高い傾向にあるため、購入を検討している方は留意しておきましょう。

バッテリー駆動時間に注目

外出先でノートパソコンを使う時間が長い方は、バッテリーでの駆動時間にも注目しましょう。8時間以上連続動作するモデルなら、コンセントのない環境で1日中使用するシーンでも安心です。

使い方にもよりますが、最大18時間連続で駆動するモデルも販売されています。ACアダプターを持ち歩く面倒が少なく、外出時の荷物が減らせるので便利です。また、急速充電に対応しているかもポイント。短い時間でしっかりと充電ができるため、朝の慌ただしい時間帯などで重宝します。

Microsoft Officeなど付属ソフトをチェック

「Microsoft Office」には文書作成用のWordをはじめ、表計算のExcelやプレゼン資料の作成に欠かせないPowerPointなどが集約されています。ビジネスには必須ともいえる定番のアプリ。大学生でも提出用のレポートを作成したり実験データを分析したりと、文系・理系問わず便利に使用することが可能です。

ノートパソコンのなかには、Microsoft Officeが付属したモデルも販売されています。別で購入するより割安に入手できる場合が多いので、アプリの利用を予定している方はチェックしてみてください。

また、Microsoft Officeとの互換性に優れたキングソフトの「WPS Office」が付属した製品などもあり、アプリのメーカーにこだわらない方におすすめです。

WindowsとMacBookはどっちがおすすめ?

WindowsパソコンはMicrosoftが開発したWindowsOSを搭載しています。国内外のさまざまなメーカーから販売されているのが特徴。多種多様なモデルのなかから、好みの1台を選びたい方におすすめです。

また、安いノートパソコンが販売されているのもポイント。安さを重視する場合は、Windowsモデルから選択する必要があるので覚えておきましょう。

一方、MacBookはAppleが展開するノートパソコンです。搭載しているmacOSも自社開発しており、直感的に操作できる洗練されたインターフェースが特徴。おしゃれなカフェに映える、スタイリッシュなノートパソコンを求める大学生におすすめです。人気のMicrosoft OfficeにはmacOS対応版もあるので、チェックしてみてください。

大学生が使うノートパソコンの価格相場は?

大学生が使うノートパソコンの価格相場は、目的や用途によって異なります。Core i5プロセッサと8GBメモリを搭載したモデルを購入する場合は、10万円前後が予算の目安です。

ただし、理系の大学生で負荷のかかるアプリを利用するなら、Core i7と16GBメモリなどよりハイスペックなモデルが必要。その分、価格も上がるので留意しておきましょう。15万円以上の出費も視野に入れて機種選定をしてみてください。

また、用途が軽作業に限定されるものの、スペックを最小限に抑えた5万円前後の安いモデルなどもあります。

大学生向けノートパソコンのおすすめメーカー

ヒューレット・パッカード(HP)

By: hp.com

「ヒューレット・パッカード」は、1939年に創業者のビル・ヒューレットとデイブ・パッカードによって設立された会社です。主にパソコンやプリンターをはじめ、マウスやキーボードといった周辺機器を取り扱っています。

ノートパソコンは、用途の異なる複数のシリーズを展開。エントリーモデルの「HP」やスタンダードの「Pavilion」、ゲーミングに特化した「OMEN」といった具合にシリーズ分けがされているため、目的に合った機種選びをしやすいのが特徴です。

デル(Dell)

By: dell.com

「デル」は、コスパに優れたパソコンで人気のメーカーです。1984年、当時大学生であった創業者のマイケル・デルが「IBMを追い越す」目標を掲げスタートしたのがはじまりです。

ノートパソコンは、Inspiron・XPS・Dell G・Alienwareの4シリーズをラインナップ。普段使いに適した価格の手頃な製品から、ゲームプレイに特化したハイスペックモデルまで、幅広い機種を取り扱っています。

レノボ(Lenovo)

By: amazon.co.jp

「レノボ」は、パソコン・ワークステーション・タブレット・モニターなどを取り扱うメーカーです。ノートパソコンはThinkPadをはじめ、IdeaPadやYogaなどのブランド名で展開しているのが特徴。モバイル・2in1・ゲーミングと多種多様な機種のなかから、目的や用途に適したモデルが探せます。

インテルはもちろん、AMDのプロセッサを採用したモデルを豊富に取り揃えているのも特徴です。

アップル(Apple)

By: amazon.co.jp

「Apple」は、アメリカに本社を持つ電子機器メーカーです。iPhoneやiPadなど、革新的なデバイスを展開していることで人気のブランド。ハードとソフト、両方を自社で開発しているのが特徴です。

ノートパソコンはMacBookシリーズを展開。エントリーモデルのMacBook Airと、ハイスペックなMacBook Proに分かれています。ほとんどのモデルに独自開発のM1もしくはM2チップを採用しており、高い処理性能と省電力性能を兼ね備えているのが特徴です。

大学生向けノートパソコンのおすすめ|定番人気モデル

ヒューレット・パッカード(HP) ノートパソコン HP 14s-fq1000

CPUにAMDのRyzen 5プロセッサを採用したノートパソコンです。コスパに優れた製品を探している大学生の方におすすめのモデル。8GBのメモリを実装しているため、さまざまな作業が快適におこなえます。

256GBのSSDを内蔵しているのでOSやアプリの起動が高速なほか、一般的な使い方であれば容量は十分です。重さは約1.33kgと比較的軽量。薄型ボディのため、カバンやリュックにスッキリと収まり容易に持ち運べます。

指紋認証センサーを搭載しており、外出先でスマートにログインできるのも嬉しいポイントです。

レノボ(Lenovo) ノートパソコン IdeaPad Slim 550

14インチのフルHDディスプレイを搭載したモデルです。IPSパネルを採用しており視認性は良好。視野角が広いため、複数人で画面を見ながら快適に使用可能です。2.10GHzで駆動するRyzen 5プロセッサと8GBのメモリを実装しているので、多様な処理をスムーズにこなせます。

プライバシーシャッター付きのWebカメラ搭載しているのが特徴。不正アクセスによる覗き見を防げるため、自宅から安心してビデオ通話に参加できます。リモート授業に便利なノートパソコンが欲しい方におすすめです。スピーカーやマイクも内蔵しており、便利に使えます。

デル(Dell) Inspiron 14 2-in-1 7420 モバイルノートパソコン

フルHD+(1920×1200)表示が可能な、14インチディスプレイを搭載したモデルです。16:10のアスペクト比を採用しており、フルHDタイプと比較して画面の広いのが特徴。ウェブサイトの閲覧や文書の作成が快適におこなえます。

2in1仕様のため、タブレットやラップトップなど、利用シーンに応じて使いやすいモードに切り替えることが可能です。

Microsoft Officeが付属しているのもポイント。購入後すぐにレポートやプレゼン資料の作成ができて便利です。Core i5ながら第12世代のプロセッサを採用しているため、多くのアプリが軽快に動作します。

HDMIをはじめUSB Type-AやType-Cポートを搭載。さらに、SDカードリーダー付きなので、スマホやデジカメで撮影したデータが直接取り込めます。

アップル(Apple) MacBook Air 13インチ MGN63J/A

M1チップを搭載したAppleのノートパソコンです。MacBookシリーズのなかではエントリーモデルに該当するものの、8コアのCPUと7コアのGPUを内蔵しており、処理性能は非常に良好。レポート作成はもちろんゲームプレイや簡単な動画編集など、幅広い用途で快適に使用できます。

また、Thunderbolt 3対応のUSB Type-Cポートを2つ搭載しており、多様な周辺機器が繋げられるのも便利なポイントです。スリムでスタイリッシュなデザイン採用。薄型設計のうえ重さも約1.29kgと軽量なため、リュックの中でかさばらず容易に持ち運ぶことが可能です。

ムービー再生なら最大18時間連続駆動するロングライフバッテリーを搭載しており、コンセントのない場所でも長時間使えます。

エイスース(ASUS) Zenbook 13 OLED UX325JA-KG312W

携帯性に優れたノートパソコンを求める方におすすめのモデルです。重さ約1.14kgの軽量ボディが特徴。最薄部が13.9mmと薄型のため、リュックの中でかさばりにくく、容易に持ち運べます。また、バッテリーの連続駆動時間が最大約16.2時間と長く、外出先で電池残量を心配せずに使えるのも嬉しいポイントです。

13.3インチの有機ELパネルを搭載しているのも特徴。コントラスト比が高くメリハリのある映像が見られるので、映画や動画鑑賞が快適です。Thunderbolt 3対応のUSB Type-Cをはじめ、Type-A・HDMI・microSDカードリーダーなど豊富なインターフェースを備えています。

大学生向けノートパソコンのおすすめ|5万円前後の安いモデル

デル(Dell) ノートパソコン Inspiron 15 3583 NI315HA-BHHBFB

ストレージに1TBのHDDを採用した、安価なノートパソコンです。HDDはアクセス速度はSSDに劣るものの、多くのアプリやデータを保存したい方におすすめ。Microsoft Officeが付属しているため、購入してすぐにレポートやプレゼン資料の作成用途で活躍します。

「Dell Mobile Connect」に対応しているのがポイント。iPhoneやAndroidスマホとペアリングができメッセージの着信などが通知できるため、画面から目を離さずにチェックできます。

ただし、Celeronプロセッサと4GBメモリという必要最小限の構成なので、負荷のかかる作業にはやや不向き。購入時の出費をできるだけ抑えたいと考えている大学生におすすめです。

エイスース(ASUS) VivoBook 14 M413DA-EB502RA

フルHD表示が可能な、14インチのディスプレイを搭載したモデルです。メモリ容量は4GBと少なめながら、AMDのRyzen 3プロセッサを採用しているため、軽作業であればパワフルに使えます。ネットでの調べ物やレポートの作成用途におすすめのノートパソコンです。

128GBのSSDを搭載しているので、OSやアプリの起動が速く毎日快適に使えます。インターフェースが充実しているのもポイント。USB Type-C・Type-A・HDMIなどのポート類を備えています。

また、microSDカードリーダーを搭載しており、スマホで撮影した写真や動画をダイレクトに読み込めるのも便利です。

エイスース(ASUS) ノートパソコン VivoBook 15 X512JA-EJ115T

CPUにインテルのCore i3プロセッサを採用したノートパソコン。低価格モデルながら8GBのメモリを実装しているため、多くのアプリが軽快に動作します。コスパを重視する大学生におすすめのモデルです。また、256GBのSSDを内蔵しているので、一般的な使い方であれば容量には余裕があります。

15.6インチのフルHD液晶を搭載。表面にノングレア処理が施されており、光の反射が気になりにくいのも魅力です。フル充電で約8.3時間連続動作するバッテリーを内蔵しています。

富士通(FUJITSU) ノートパソコン FMV Lite WA1/F3 AHシリーズ FMVWF3A114_AZ

約18.4mmのキーピッチを確保した、タイピングのしやすいモデルです。テンキー付きなので数字の入力も快適。Celeronプロセッサと4GBのメモリを実装しており、レポートやプレゼン資料の作成用途で活躍します。

日本語配列のキーボードながらキートップに「かな文字」印刷がされていないため、シンプルでスタイリッシュな見た目も魅力です。

約256GBのSSDを搭載しているのも特徴。多くのアプリが保存できて便利なほか、ファイルへのアクセスも高速なので快適に使用することが可能です。ただし、約1.95kgと重いため頻繁に持ち運ぶ用途には不向き。省スペースなデスクトップPC代わりとして、自宅で使うのにおすすめです。

エイサー(Acer) ノートパソコン Swift 1 SF114-32-A14U/S

安くて携帯性に優れたノートパソコンを探している大学生におすすめのモデルです。約1.3kgと軽量なので容易に持ち運ぶことが可能。また、厚さも約14.95mmと薄型のため、カバンやリュックの中でかさばりにくく、スッキリと収納できます。

約17時間連続駆動するロングライフバッテリーを内蔵しており、外出先で電池残量を心配せずに1日中使えるのも便利なポイントです。

フルHD表示タイプの14インチディスプレイを搭載。広視野角のIPSパネルを採用しているため、斜めからでも鮮明な画像が見られます。友人と一緒に、画面の内容を見ながらディスカッションするなど、便利に使えるのが魅力です。

大学生向けノートパソコンのおすすめ|ハイスペックモデル

ヒューレット・パッカード(HP) ノートパソコン HP Pavilion Aero 13-be 483X1PA-AAAD

携帯性を重視する大学生の方におすすめのノートパソコンです。筐体にマグネシウム合金を採用し、薄型かつ約957gと軽量なのが特徴。また、天面耐圧試験で300kgをクリアしたと謳われているなど丈夫なため、安心して持ち運ぶことが可能です。

最大10時間30分連続駆動する、ロングライフバッテリーを搭載。フル充電しておけば、外でも気軽に作業をおこなえます。「HPファストチャージ」機能を搭載しており、45分の充電で50%チャージできるのも便利です。

デル(Dell) モバイルノートパソコン Inspiron 14 5410 NI574A-BWL

第11世代のCore i7プロセッサと16GBの大容量メモリを組み合わせた、パワフルなモデルです。負荷のかかる高度な演算処理が高速で実行できます。専門性の高いアプリを頻繁に利用する大学生におすすめ。ストレージに512GBのSSDを採用しているため、多くのアプリやデータを保存することが可能です。

ゆとりあるキーピッチのキーボードと大型のタッチパッドを搭載しているので、文字や数値データの入力作業が快適におこなえます。トップカバーとパームレストにはアルミ素材を使用。耐久性を確保しつつ高級感のある外観に仕上げているのが特徴です。

レノボ(Lenovo) 2-in-1 ノートパソコン Yoga ThinkBook 14s

高性能な2in1ノートパソコンを求める方におすすめのモデル。Core i7プロセッサと16GBメモリを実装しているため、負荷のかかる処理をスムーズに実行することが可能です。

タッチスクリーンを採用しており、付属のペンで手書きのメモやイラストが描き込めます。ディスプレイをペンでタッチするだけで、メモアプリが起動するなど使い勝手は良好です。

Thunderbolt 4対応のUSB Type-Cポートを搭載しているのもポイント。高速データ転送に対応しています。

エイスース(ASUS) ExpertBook B5 B5302FEA-LF0693WS

13.3インチの有機ELパネルを搭載した、画面表示の美しいノートパソコンです。指紋認証センサー付きの電源ボタンを採用しているのが特徴。起動すると同時に、ログイン処理が完了するので重宝します。外出先でスマートに使える製品が欲しい方におすすめです。

Thunderbolt 4対応のUSB Type-Cをはじめ、USB Type-A・HDMI・有線LANなどインターフェースは充実しています。2in1仕様にもかかわらず約1.3kgと軽量。厚さも16.9mmとスリムなため、リュックの中でかさばりにくく、容易に携帯できます。

エムエスアイ(MSI) ノートパソコン Modern-14-C12M-605JP

第12世代のCore i7プロセッサを採用したノートパソコンです。16GBのメモリと512GBのSSDを実装するなど、基本スペックは充実。重さが1.4kgと比較的軽量なので、頻繁に持ち運ぶ用途にも対応できます。高い性能と携帯性、両方を求める大学生におすすめのモデルです。

ただし、バッテリーの連続駆動時間は最大7時間とやや短め。1日中出かける場合は、ACアダプターを忘れないようにしましょう。そのほか、マイク内蔵型のWebカメラとスピーカーを搭載しているため、必要があればリモート授業にも対応することが可能です。