アルミ製の筐体を採用した、スリムでスタイリッシュなデザインが人気のMacノート。おしゃれなカフェによく映えるだけでなく、直感的な操作ができるMacOSの洗練された使い心地も魅力です。

そこで今回はMacノートの種類や選び方を詳しく解説します。おすすめのモデルもご紹介するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

Macノートの種類

MacBook Air

MacBook Airはビジネス用途でも十分に使える高い処理能力と、購入しやすい手頃な価格が魅力のシリーズです。2020年3月発売の現行機種はCore i3もしくは、Core i5を搭載した2つの基本モデルで構成されています。

Core i3版は、Macノートのなかでも一番安く購入できるエントリーモデル的な存在。初心者の方にもおすすめのモデルです。一方でCore i5版は、プライペートからビジネスまで幅広い用途に使用可能な、高い性能を有しています。

いずれのモデルも従来品と比較して標準搭載しているSSDの容量がアップしているのもポイント。Core i3モデルでも256GB搭載しているため、ネットサーフィンや文書作成などの一般的な使い方であれば容量に不満を感じることはありません。

また、しっかりとしたストロークと信頼性を兼ね備えたシザー式の「Magic Keyboard」を搭載しているのも大きなポイント。軽快なタイピングができるのでぜひチェックしてみてください。

MacBook Pro

MacBook ProはMacノートのハイスペックシリーズ。13インチと16インチのRetinaディスプレイを搭載する、2モデルがベースです。13インチモデルには第8世代もしくは、第10世代のCore i5プロセッサを採用しています。

MacBook Airと同じCore i5ながら、より駆動周波数の高いプロセッサを搭載することで、価格を抑えつつもより高い性能を実現しているのがポイント。MacBook Airよりもさらに高い処理能力を求める方におすすめのモデルです。

16インチモデルに搭載されるCPUは、Core i7とCore i9の2種類。どちらも、16GBの大容量メモリとAMDのGPU「Radeon Pro」を採用するなど、13インチモデルより大幅な高性能化が図られています。高度なグラフィック処理や音楽制作といった、プロの厳しい要求にも対応できるモデルです。

Macノートの選び方

用途で選ぶ

プライペートから一般的なビジネスユースにはMacBook Airがおすすめです。手頃な価格ながら幅広いシーンで便利に使えるのが魅力。動画を見たりウェブサイトを閲覧するといった使い方がメインなら、Core i3搭載モデルで十分です。また、ビジネスで複数のアプリを立ち上げてマルチタスクをこなしたい場合はCore i5モデルにするなど、利用するシーンに応じて選択してみてください。

ちょっとした動画編集やゲームなど、さらに負荷がかかる用途の場合は13インチのMacBook Proがおすすめです。MacBook Airの上位機種と同じ価格でより高性能が手に入れられます。

クリエイティブな作業を毎日おこなうプロ用途には、迷わず16インチのMacBook Proを選びましょう。高性能CPUに加え独立したGPUを備えているので、複雑なグラフィック処理も高速で実行できます。

インチ数で選ぶ

Macノートシリーズに採用されている液晶サイズは、13.3インチと16インチの2種類です。ただし、MacBook Airは13.3インチの1サイズのみのラインナップ。16インチは選べないのであらかじめ留意しておきましょう。

MacBook Proならサイズを選ぶことは可能ですが、インチ数の違いは同時に搭載するパーツのスペックにも差があります。13インチと比較して16インチモデルの価格は、高性能パーツを採用していることもあり高額です。

同じ性能で異なるインチ数のモデルを選ぶことはできません。大画面モデルは同時に高性能かつ高額モデルであることを覚えておきましょう。

重さで選ぶ

Macノートの重量は、標準モデルでMacBook Airが約1.29kg、13インチのMacBook Proが約1.4kg、16インチのMacBook Proが約2.0kgです。毎日、通勤や通学で持ち運ぶなど、携帯性を重視する方には軽量なMacBook Airが最適。また、携帯性と高性能のバランスが取れたモデルを探している方は、13インチのMacBook Proがおすすめです。

一方、重さが約2.0kgもある16インチのMacBook Proは持ち運びに向いていません。デスクトップパソコンのように普段はオフィスや自宅など決まった場所で使用し、必要なら持ち出すことも可能なマシンというように割り切りましょう。

MacBookのおすすめモデル

アップル(Apple) MacBook Air 13インチ Core i3 MWTJ2JA

Macノートシリーズのなかでもエントリーモデルにあたるモデルです。比較的購入しやすい価格なので初心者の方にもおすすめ。CPUはCore i3ながら、第10世代の最新チップを採用しています。

1.1GHzのデュアルコアプロセッサは、ターボブースト時に最大3.5GHzまで駆動周波数を上げることが可能。ネットサーフィンや動画鑑賞といった用途がメインの方なら、動作速度にストレスを感じにくい仕様です。

ストレージも256GBのSSDと十分な容量を搭載しているので、初めてのMacノートを検討している方もぜひチェックしてみてください。

アップル(Apple) MacBook Air 13インチ Core i5 MVH42JA

第10世代のインテルCore i5プロセッサと、8GBのメモリを搭載したモデルです。ビジネスにも使えるMacノートを探している方におすすめ。512GBのSSDを標準搭載しているため、一般的なビジネス書類の保存であれば容量不足に悩むことはありません。

また、2020年発売のモデルから、シザー式の「Magic Keyboard」を採用しています。いわゆるパンタグラフ式のキーボードで、しっかりとしたストロークが確保されているため打ち心地も良好。また、ゴミの侵入に強いなど高い信頼性も備えているのも魅力です。

アップル(Apple) MacBook Pro 13インチ Core i5 MXK32JA

Core i5を搭載したMacBook Airと同じ価格で購入可能なモデルです。MacBook Airよりも高性能なMacノートを欲しいが、購入価格は抑えたい方におすすめのモデル。CPUには1.4GHzで駆動するCore i5プロセッサを採用しています。

MacBook Airにはない「Touch Bar」を搭載しているのも特徴のひとつ。使用中のソフトや編集内容に応じて表示が変化し、必要な機能に素早くアクセスできるのもポイントです。

アップル(Apple) MacBook Pro 13インチ Core i5 MWP72JA

13インチMacBook Proの上位モデルです。動画編集など負荷のかかる作業にも対応可能なMacノートを探している方におすすめのモデル。第10世代のCore i5プロセッサと16GBの大容量メモリを搭載しています。ストレージには、512GBのSSDを実装しています。

「Thunderbolt 3」規格対応のUSB-Cポートを備えているのもポイント。最大2台の4Kディスプレイに映像を出力することが可能です。高精細のマルチディスプレイ環境も手軽に構築できます。

アップル(Apple) MacBook Pro 16インチ Core i7 MVVJ2JA

MacBook史上最大の、16インチRetinaディスプレイを搭載したMacノートです。「True Toneテクノロジー」を採用しているため、周囲の灯の種類に影響されることなく自然な色合いの画像が確認できます。

6コアのCore i7と16GBメモリを搭載した高性能モデル。独立したGPUを備えており3Dモデルもスムーズに描画できます。グラフィックのレンダリングや音楽制作をおこなう、クリエイターにおすすめのモデルです。

アップル(Apple) MacBook Pro 16インチ Core i9 MVVK2J/A

Macノートシリーズのハイエンドモデルです。8コアを搭載するCore i9プロセッサ採用の超高性能マシン。16GBの大容量メモリとAMDのGPUを搭載しており、さまざまな処理を高速でこなせます。クリエイティブな作業を短時間でおこなう必要のある、プロの現場におすすめのモデルです。

1TBの大容量SSDを実装していますが、それでも不足するようであれば外付けストレージを利用しましょう。最大40Gbpsの高速データ転送が可能なUSB-Cポートを搭載しているため、大容量ファイルを読み書きする際にもストレスを感じにくいのも魅力です。