アルミ製の筐体を採用した、スリムでスタイリッシュなデザインが人気の「Macノート」。おしゃれなカフェによく映えるだけでなく、直感的な操作ができるMacOSの洗練された使い心地も魅力です。

そこで今回は、Macノートの種類や選び方を詳しく解説します。おすすめのモデルもご紹介するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

Macノートの種類

MacBook Air

By: apple.com

Macノートシリーズのなかでも、比較的購入しやすい価格帯にあるのがMacBook Airです。2020年11月に発売された最新モデルより、全機種に「M1チップ」を採用しているのが特徴。CPU・GPU・Neural Engineを内蔵する、Appleが独自に開発した高性能なチップです。

Airに搭載されるM1チップには、GPUのコアが7つと8つの2タイプがあります。7コアGPUモデルは手頃な価格が特徴。エントリーモデル的な位置づけにあるものの、8GBのメモリと256GBのSSDを実装しており、プライペートからビジネスまで幅広い用途で活躍します。

8コアGPUモデルは、より高いグラフィック性能を有しているのが特徴です。マルチタスク環境で使いたい方や、動画の編集をおこなう方などにおすすめ。標準で512GBの大容量SSDを搭載しているため、一般的な用途なら容量不足に悩む心配も少なく済みます。

MacBook Pro

By: apple.com

MacBook Proは、Macノートシリーズのハイスペックラインです。13と16インチ、2サイズのRetinaディスプレイモデルをラインナップ。13インチの製品は最新のM1チップを搭載したモデルをはじめ、インテルのCore i5やi7搭載モデルが選べます。ただし、Core iシリーズ採用モデルが標準で16GBのメモリを搭載しているのに対して、M1モデルは8GBとなる点には留意しておきましょう。

16インチは、さらに高性能を追求したフラッグシップモデル。搭載するCPUはインテルのCore i7もしくはi9で、M1チップモデルは展開されていません。全機種16GBの大容量メモリを標準で実装しています。ストレージはCore i7モデルが標準で512GB、Core i9モデルが1TBを搭載しており、大容量ファイルを保存することが可能です。

Macノートの選び方

用途で選ぶ

動画の視聴や書類の作成など、プライベートや一般的なビジネス用途に使うのであればMacBook Airがピッタリです。Macノートに最適化されたM1チップを搭載しており、さまざまな処理を軽快かつ低消費電力でこなします。ワイヤレス環境で最大15時間も駆動するため、外出先でもバッテリー残量を気にする必要はありません。

一方、クリエイティブな作業など、負荷のかかる処理をおこなう方にはMacBook Proがおすすめ。動画の編集や音楽制作はもちろん、ゲームを快適にプレイすることも可能です。M1チップを搭載するコスパに優れた製品から、インテルのCore i9を実装したハイスペックモデルまで、幅広くラインナップ。予算や目的に応じて、最適なモデルを選びやすいのも特徴です。

インチ数で選ぶ

Macノートシリーズに採用されている液晶サイズは、13.3インチと16インチの2種類です。ただし、MacBook Airは13.3インチの1サイズのみのラインナップ。16インチは選べないので留意しておきましょう。

MacBook Proならサイズを選択可能ですが、インチ数の違いは同時に搭載するパーツのスペックにも差があります。13インチと比較して、16インチモデルは高性能パーツを採用していることもあり、やや高額です。

必要な性能と予算を考慮しながら、用途に適したモデルを検討してみてください。

重さで選ぶ

Macノートの重量は、標準モデルでMacBook Airが約1.29kg、13インチのMacBook Proが約1.4kg、16インチのMacBook Proが約2kgです。通勤や通学で毎日持ち運ぶ方や、携帯性を重視する方には軽量なMacBook Airがおすすめ。また、携帯性と性能のバランスが取れたモデルを探している方は、13インチのMacBook Proが便利です。

一方、重さが約2kgある16インチのMacBook Proは持ち運びに向いていません。デスクトップパソコンのように、普段はオフィスや自宅などの決まった場所で使用し、必要なら持ち出すといった使い方に適しています。

MacBookのおすすめモデル

アップル(Apple) 13インチ MacBook Air MGND3J/A

初めてのMacノートを検討している方におすすめの低価格モデルです。心臓部に8コアのCPUと7コアのGPUを搭載した、Apple独自のM1チップを採用しているのが特徴。CPUには高効率コアと高性能コアの2種類を使用しており、負荷に応じてバランスよく使うことで、多様な処理を少ない消費電力でこなせます。

ムービーの再生程度であれば、最大18時間の連続駆動が可能です。最新のWi-Fi 6規格に対応しており、高速なワイヤレス通信がおこなえます。ストレージには256GBのSSDを採用。OSやアプリの起動が速く快適なうえ、一般的な用途であれば十分な容量を備えています。

アップル(Apple) 13インチ MacBook Air MGNE3J/A

8コアGPUを採用したM1チップ搭載のMacノートです。7コアのGPUモデルに比べグラフィック性能が高いため、動画の視聴や文書の作成だけでなく、たまに動画編集をおこなう方におすすめ。負荷のかかる処理をよりスムーズにこなすことが可能です。また、macOSにはM1チップの能力を最大限に引き出せるよう開発された、最新の「Big Sur」がインストールされています。

512GBの大容量SSDが実装されているのも本モデルの特徴。写真・ビデオ・ゲームといった容量の大きなファイルが保存できます。Retinaディスプレイを搭載しており、綺麗な画面で映画観賞したりゲームプレイしたりすることが可能です。

アップル(Apple) 13インチ MacBook Pro MYD82J/A

コスパを重視する方におすすめのMacBook Proです。Touch Barを搭載しているのが特徴。使用中のアプリや編集内容に応じて、表示を自動的に切り替える便利なファンクションキーです。さまざまな作業が効率的に進められます。また、MacBook Airの上位モデルとほぼ同じ価格で購入できるのも魅力です。

最新のM1チップを搭載しているのも、本モデルの特徴。Macに最適化されており、多様な処理を低消費電力で実行できます。バッテリーで最大20時間も動作するので、コンセントのない環境でも1日中安心して使用することが可能です。

ストレージ容量は256GBと標準的。不足するようであれば、外付けHDDなどを活用しましょう。そのほか、最大40Gbpsの高速データ転送が可能な、Thunderbolt 3対応のUSB-Cポートを2つ搭載しています。動画など大容量ファイルの移行やバックアップもスムーズです。

アップル(Apple) 16インチ MacBookPro MVVL2J/A

16インチ液晶を搭載した、Macノートシリーズの大画面モデルです。6コアのインテルCore i7と16GBのメモリを実装。負荷のかかる作業を頻繁におこなう、クリエイターにおすすめのモデルです。AMDの「Radeon Pro 5300M」を搭載しているため、さまざまなグラフィック処理がスムーズにこなせます。

Thunderbolt 3対応のUSB-Cポートを4つ搭載。USBハブを利用せずに、複数の周辺機器を接続することが可能です。また、DisplayPortや充電ポートとしての機能を備えるなど、多目的に使えるので重宝します。

アップル(Apple) 13インチ MacBookPro MWP52J/A

携帯性を重視するクリエイターにおすすめのMacノートです。CPUにはCore i5ながら2.0GHzで駆動する第10世代のプロセッサを採用。16GBの大容量メモリを実装しており、負荷のかかる処理をスムーズに実行します。1TBの大容量SSDを搭載しているため、多くの高解像度写真や動画データを保存することが可能です。

高性能パーツを採用しながら重さは約1.4kgと軽量。厚さが約1.56cmと薄型設計なので、カバンの中でもかさばらず簡単に持ち運べます。最大10時間駆動するバッテリーを内蔵するなど、移動中の作業にもしっかりと対応できるモデルです。

アップル(Apple) 16インチ MacBookPro MVVM2J/A

CPUに8コアのCore i9プロセッサを採用した、Macノートシリーズのフラッグシップモデルです。16GBのメモリと1TBのSSDを搭載する高性能マシン。動画編集・音楽制作・3Dゲーム制作など、クリエイティブな仕事をおこなうプロの現場におすすめのモデルです。

色再現性に優れた16インチのRetinaディスプレイを搭載しており、仕上がり具合を確認しながら作業をすすめられます。厚さ1.62cmの薄型でスタイリッシュなボディながら、重さは約2kgと重め。頻繁に持ち運ぶ用途には向きませんが、省スペースのデスクトップマシン代わりにピッタリです。

最大2台の6Kディスプレイに出力ができるため、高精細なマルチモニター環境で仕事がおこなえます。