超薄型ノートパソコンの先駆けともいえる「Macノート」。ジョブズが茶封筒から取り出し、世界で最も薄いノートブックとして紹介した時の衝撃を記憶している方も多いと思います。最近はWindows PCでも薄型モデルが主流になっていますが、スタイリッシュな外観とmacOSの洗練された使い心地は今でも魅力的です。

そこで今回はMacノートのおすすめモデルをご紹介。ラインナップ別の特徴についても解説するので、Macノートが気になっている方は、ぜひ参考にしてください。

各ラインナップの特徴

Macbook Air

By: apple.com

2008年のMacworldで、当時Apple社のCEOだったスティーブ・ジョブズが、茶封筒から取り出すパフォーマンスで世界最薄ノートブックとして紹介したのが「Macbook Air」です。

Macノートシリーズを薄型ノートパソコンの代名詞として、世界中に知らしめたモデルとも言えます。2019年7月に「Macbook」がラインナップから外れたため、Macノートシリーズの中では最軽量。価格も新モデルから見直しされ、以前のモデルよりもリーズナブルになっているため、さらにお手頃になっています。
 
全2モデルから構成されており、違いは搭載されるSSD容量の差。全てにインテルの「1.6GHz Core i5」プロセッサと、13.3インチ「Retinaディスプレイ」を搭載しています。また、8GBのメインメモリを実装するなど、軽さや価格だけでなく基本性能が高いのも魅力です。

どんな方におすすめ?

毎日ノートパソコンを持ち歩く必要のある、学生やビジネスマンにおすすめです。携帯性に優れているほか、基本性能が高いためメールやウェブサイトの閲覧、プレゼンテーション、ドキュメント、スプレットシートの作成まで幅広い用途に活用できます。

Touch ID(指紋認証)を標準で搭載しており、セキュリティー面での不安もありません。また、価格が手頃なので、初めてMacノートの購入を検討されている、初心者の方にもおすすめです。

Macbook Pro

アップル(Apple) 15インチ Macbook Pro Core i7 256GB

By: biccamera.com

「Macbook Pro」は「Macbook Air」と比較して、より高性能なMacノートの位置付けになります。大別すると13.3インチおよび、15.4インチのRetinaディスプレイを搭載する2タイプで構成。プロセッサやストレージ容量の違いなどにより、全6モデルがラインナップされています。

プロセッサは下位グレードの「Core i5」に加え、「Core i7」や「Core i9」搭載モデルも選択可能。ストレージはオプションで2TBまでのSSDを選べるなど、高い負荷がかかる作業を高速で処理できるのでおすすめです。

「Touch Bar」を全モデルに標準搭載しているのもポイントです。Touch Barとは従来のファンクションキーに代わる機能で、行なっている作業に合わせて割り当てられる機能が自動で変化する、タッチ式のマルチファンクションパネル。色や明るさの調整など、さまざまな操作を指先1本で直感的に行えるのが魅力です。

どんな方におすすめ?

高度な処理が必要で持ち運びも可能なMacノートを必要としている、クリエイターの方におすすめです。Core i7やCore i9といった高性能なプロセッサ搭載モデルを選択すれば、解像度の高い写真の編集や、複数の仮想マシンを動作させながらプログラムを確認するといった重い作業も効率的にこなせます。
 
必要な機能が必要な位置に表示され、直感的な操作ができるTouch Barは、クリエイティブな作業を強力にサポート。Touch ID機能も内蔵されているため、大切なデータを安全に守ってくれます。また、高性能なのでデスクトップに代わる省スペースのメインパソコンとしても最適です。

Macbook Airのおすすめモデル

アップル(Apple) 13インチ MacBook Air 128GB

By: apple.com

現在ラインナップされているMacノートの中で、一番価格が安いモデルです。しかし、1.6GHzデュアルコアのCore i5プロセッサと8GBメモリを搭載しており、ウェブサイト閲覧や文書作成など一般的な使用をするのがメインとなる方には特におすすめ。

お手頃価格のため、Macノートのエントリーモデルとしてもおすすめです。Thunderbolt 3に対応したUSB Type-Cポートを2基搭載。最大40Gb/sのデータ転送が可能なので、大きな容量の動画ファイルなどもストレスなく転送できます。

ストレージ容量は128GBと少なめなため、大量のデータを保存する必要のある方は、アップルストアのオプションで大きい容量のSSDを選択しましょう。Touch IDを搭載しておりApple Payを使うことで、指紋認証による安全なオンラインショッピングも楽しめます。

Macbook Proのおすすめモデル

アップル(Apple) 13インチ Macbook Pro Core i5 128GB

By: apple.com

13.3インチRetinaディスプレイを搭載した、Macbook Proシリーズでは一番価格の安いモデルです。1.4GHzクアッドコアを搭載した、Intel Core i5プロセッサを採用。8GBのメインメモリを搭載しており、プレゼン資料の作成やスプレットシートの使用など、通常のビジネスユースにも余裕を持って対応できます。

メインパソコンとして使用したい方や、上位機種のような高性能は必要ないが、「Touch Bar」は使用してみたい方におすすめのモデルです。標準搭載のストレージ容量は128GB。不足するようであればオプションで2TBまでのSSDを選択することも可能です。

アップル(Apple) 15インチ Macbook Pro Core i7 256GB

By: apple.com

15.4インチの大画面Retinaディスプレイを搭載したモデルです。CPUには6コアのインテル第9世代Core i7プロセッサを採用。標準で16GBのメインメモリが実装されているため、高解像度の画像処理など重い作業も高速でこなします。

Thunderbolt 3に対応したUSB Type-Cポートを、4基搭載しているのもポイント。充電をしながら対応するディスプレイや外付けHDDなど、複数の周辺機器を接続したい場合でも、ポートが不足する心配はありません。最大で10時間駆動するバッテリーを内蔵しており、コンセントがない場所でも安心して使えます。

アップル(Apple) 15インチ Macbook Pro Core i9 512GB

アップル(Apple) 15インチ Macbook Pro Core i9 512GB

By: apple.com

Macノートのフラッグシップモデルです。8コア搭載の2.3GHzインテルCore i9プロセッサを採用。16GBのメインメモリと512GBのSSDを標準搭載しており、大きな画像や映像ファイルの加工も高速で処理できます。

4基搭載されているThunderbolt 3対応のポートには、最大2台の5Kディスプレイを接続することが可能。高精細のモニターを確認しながら、3Dレンダリングなどの高負荷作業を効率的に処理する必要のある、プロユースにおすすめのモデルです。

15.4インチRetinaディスプレイを搭載したボディーは、1.83kgとMacbook Airと比較して600gほど重くなりますが、厚みは1.55cmと若干薄く仕上がっています。カバンの中でもかさばることなく、高性能を気軽に持ち運べるのも本モデルの魅力です。