超薄型ノートパソコンの先駆けともいえる「Macノート」。ジョブズが茶封筒から取り出し、世界で最も薄いノートブックとして紹介したときの衝撃を記憶している方も多いと思います。最近はWindows PCでも薄型モデルが主流になっていますが、スタイリッシュな外観とmacOSの洗練された使い心地は今でも魅力的です。

そこで今回は、Macノートのおすすめモデルをご紹介。ラインナップ別の特徴についても解説するので、Macノートが気になっている方は、ぜひ参考にしてみてください。

Macノートの種類

Macbook Pro

文字通りプロユースにも対応できる高性能が特徴の、Macノートではハイエンドにあたるシリーズです。液晶ディスプレイのサイズ、CPUの種類、SSDの容量などの違いにより、6種類の基本モデルをラインナップ。最上位モデルには、インテルのCore i9プロセッサーや16GBのメインメモリを搭載するなど、負荷のかかる作業も快適にこなせるスペックに仕上がっています。

2019年発売の最新モデルより、「Touch Bar」を全機種標準搭載しているのもポイント。高性能ながら持ち運びがしやすい薄型ボディも「Macbook Pro」の魅力です。15インチモデルでも厚みは1.55cmしかなく「Macbook Air」とほぼ同等のため、カバンの中でもかさばりません。

Macbook Air

Macノートのなかではエントリーモデルともいえる、低価格帯のシリーズです。手頃な価格設定ながら、インテルのCore i5プロセッサーと8GBのメインメモリを、全モデルに標準搭載しているのが特徴。文書の作成や動画の視聴といった一般的な使い方であれば、動作に不満を感じることはなく快適に使えます。

2019年発売の新型では、液晶画面のホワイトバランスを自動調節する「True Tone」テクノロジーを採用するなど機能を向上させながらも、従来モデルから価格を抑えているのがポイント。プライベートからビジネスユースまで、幅広いシーンで活躍するコスパのよさが特徴です。

また、本体の厚さが1.56cm、重量は約1.25kgと薄型で軽量なのもポイント。必要かつ十分な性能を、気軽に持ち運べるのも「Macbook Air」の魅力です。

Macノートの選び方

用途で選ぶ

ネットサーフィンなど一般的な使い方であれば「Macbook Air」で十分楽しめます。価格が安いので、初めてMacノートの購入を検討している方にも最適。また、薄型・軽量のため、持ち運んで使用する機会が多い方にもおすすめです。

一方、動画や画像編集など、クリエイティブな用途に使用するのであれば、より高性能な「Macbook Pro」がおすすめ。処理能力が高いので、負荷のかかる作業を短時間でこなす必要がある、プロユースにも最適です。

インチ数で選ぶ

By: biccamera.com

「Macbook Pro」の液晶パネルには、13インチと15インチの2種類がラインナップされています。ただし、Core i7やCore i9など高性能CPUは、15インチモデルにしか設定がないため注意が必要。ほかにも、標準で実装されているメインメモリやストレージの容量など、液晶パネルのサイズで採用されているパーツスペックが変わってくるので留意しておきましょう。

一方「Macbook Air」の液晶パネルは、13インチのみとなっています。昨年モデルより、以前から「Macbook Pro」には搭載されていた「Retinaディスプレイ」を採用。さらに、2019年の新型モデルより「True Tone」テクノロジーにも対応するなど、見やすさが向上しています。ラインナップは2種類のみとシンプル。標準で実装されるSSD容量の違いだけなので、自分が必要なストレージ容量の大きさで選びましょう。

Macbook Proのおすすめモデル

アップル(Apple) Macbook Pro 13インチ 1.4GHz Core i5 128GB

アップル(Apple) Macbook Pro 13インチ 1.4GHz Core i5 128GB

By: apple.com

CPUにインテルのCore i5プロセッサーを搭載した、「Macbook Pro」のなかでは1番価格の安いモデルです。同じCore i5を搭載していますが、「Macbook Air」のデュアルコアに対して、4個のコアを備えるクアッドコアを採用。より高性能なMacノートを、できるだけ安い価格で購入したい方におすすめのモデルです。

2019年の最新モデルより、低価格モデルにも「Touch Bar」が標準搭載されるようになりました。「Touch Bar」は従来のファンクションキーに代わる機能で、表示部には細長い有機ELを採用。使用しているソフトや編集状況に応じて、表示内容が自動で変化する便利な機能です。

ログインが指紋認証で簡単にできる「Touch ID」のセンサーも本機能に内蔵。できるだけ安く「Touch Bar」付きのMacノートを手に入れたい方にもおすすめのモデルです。

アップル(Apple) Macbook Pro 13インチ 1.4GHz Core i5 256GB

アップル(Apple) Macbook Pro 13インチ 1.4GHz Core i5 256GB

By: apple.com

本製品は、256GBのSSDを標準実装しているモデルです。高画質の画像データなどのファイルを、Macノート内に保存して使用したい方におすすめ。また、Thunderbolt 3規格に対応したUSB-Cポートを2基備えているため、対応する外付けストレージとの間で最大40Gbpsの高速データ転送が可能です。

フルサイズのキーボード上部には、「Touch ID」センサーを内蔵した「Touch Bar」を搭載。ロック画面の解除が素早くできて便利なだけでなく、セキュリティー面も安心なので、ビジネス用途におすすめです。厚みがわずか1.49cmと「Macbook Air」よりも薄型のスリムなボディが特徴。重量も約1.37kgと軽量なため、カバンに入れて気軽に持ち運べるのが魅力です。

アップル(Apple) Macbook Pro 13インチ 2.4GHz Core i5 256GB

アップル(Apple) Macbook Pro 13インチ 2.4GHz Core i5 256GB

CPUのクロック周波数が2.4GHzと、より処理速度の速いCore i5プロセッサーを採用したMacノートです。13インチの「Macbook Pro」で、動画編集など負荷のかかる作業を行いたい方におすすめのモデル。

「True Tone」テクノロジーに対応した「Retinaディスプレイ」を搭載しており、鮮やかで見やすい画面で作業を進められます。「True Tone」とは、周囲の光環境に応じて色や明度を自動調節し、より自然な映像を映し出す技術です。

搭載されるUSB-Cポートが、下位機種の2基から4基に増えるのもポイント。充電しながら外部ディスプレイと外付けHDDを接続するようなシーンでも、USBハブを使う必要がありません。たくさんの周辺機器を、同時に接続して使用する方におすすめのモデルです。

アップル(Apple) Macbook Pro 13インチ 2.4GHz Core i5 512GB

アップル(Apple) Macbook Pro 13インチ  2.4GHz Core i5 512GB

13インチの「Macbook Pro」では最上位のモデルです。クロック周波数2.4GHzの、クアッドコアを搭載したCore i5プロセッサーを採用。負荷のかかる作業も快適にこなせる高い処理能力と、携帯性のバランスのよさが魅力です。

ストレージには512GBのSSDを実装しているため、高解像度の動画など大容量データも余裕で保存することが可能。動画の編集などクリエイティブな用途に使用できるので、外出先で作業する方にもおすすめです。

そのほか、Tunderbolt 3に対応した4基のUSB-Cポートを備えているため、さまざまな周辺機器が同時に接続できます。最大で10時間もビデオ再生やホームページの閲覧が可能なバッテリーを内蔵。外出先にコンセントがなくても、安心して使用することが可能です。

アップル(Apple) Macbook Pro 15インチ Core i7 256GB

アップル(Apple) Macbook Pro 15インチ Core i7 256GB

By: apple.com

15インチの「Retinaディスプレイ」を搭載したMacノートです。CPUには6コアのインテルCore i7プロセッサーを採用。また、16GBのメインメモリを実装しており、負荷のかかる処理も高速でこなせる性能の高さが魅力です。画像や動画の編集をメインで行う、プロの現場にもおすすめのモデル。

256GBのSSDを搭載していますが、容量が不足するような場面では4基あるUSB-Cポートに外部ストレージを接続して補えます。全ポートThunderbolt 3規格に対応しているため、最大40Gbpsの高速データ転送が可能。大容量のファイルを短時間で読み書きできるので、待ち時間によるロスを最小限で抑えられます。

内蔵バッテリーで最大10時間の連続駆動が可能。コンセントのない出先でも、安心して使えるMacノートです。

アップル(Apple) Macbook Pro 15インチ Core i9 512GB

アップル(Apple) Macbook Pro 15インチ Core i9 512GB

By: apple.com

Macノートのフラッグシップモデルです。8コアのインテルCore i9プロセッサーと、16GBのメインメモリを搭載。3Dグラフィックスのレンタリングなど、クリエイティブな作業を行うプロのオフィスにおすすめのモデルです。大容量512GBのSSDを標準実装しており、容量の大きなデータも本体に保存して利用できるのが便利。

自然な映像を鮮明に映し出せる15インチの「Retinaディスプレイ」で、細部を確認しながら作業が進められます。現在実行中の作業に応じて、必要な機能だけが表示される「Touch Bar」を搭載。やりたい操作に最短でアクセスできるだけでなく、カスタマイズも可能なため、自分の使い方に合った最適なMacノートにできるのも魅力です。

Macbook Airのおすすめモデル

アップル(Apple) Macbook Air 13インチ Core i5 128GB

アップル(Apple) Macbook Air 13インチ Core i5 128GB

Macノートのなかでは、1番価格の安いベーシックモデルです。2018年モデルよりも販売価格が引き下げられたため、さらにお手頃になっています。CPUにはインテルのCore i5プロセッサーを搭載し、メインメモリは8GBを実装。ホームページを閲覧したり、動画を視聴したりする程度の使い方であれば、サクサクと動作します。

初めてMacノートの購入を検討している方にもおすすめのモデル。ストレージ容量は128GBなので、高画質の動画など大容量データを保存するにはやや不十分ですが、通常の画像や書類を入れておくには十分です。

SSDを搭載しているため、OSの起動やソフトの立ち上げが高速なのも魅力。ただし、購入後に増設することはできないので、将来的にどのくらいの容量が必要になるかもよく考慮し、余裕のあるモデルを選ぶようにしましょう。

アップル(Apple) Macbook Air 13インチ Core i5 256GB

アップル(Apple) Macbook Air 13インチ Core i5 256GB

本体サイズが30.41×21.24×1.56cm、重さが約1.25kgと薄型・軽量が魅力のMacノートです。持ち運んで使用する機会の多い方に最適のモデル。容量256GBのSSDを搭載しています。高解像度の画像や動画などのデータを保存して持ち歩きたい方におすすめです。

Thunderbolt 3に対応した、USB-Cポートを2基搭載しているのがポイント。40Gbpsでの高速データ転送が可能なため、容量の大きなファイルでも短時間で読み書きできるのがメリットです。

そのほか、指紋認証機能「Touch ID」を標準装備。ロック画面の解除やApp Storeでの購入が指1本で行えるなど、使い勝手のよさも魅力のモデルです。