快適に作業ができる、リーズナブルなパソコンがほしい方におすすめなのが「Chromebook」。WindowsやMacなどのOSを搭載したパソコンと比べて、少ない予算でもサクサク動くコスパの優れたモデルが多いのが魅力です。

ただし、Chromebookは仕様がWindowsやMacとは少々異なるため、どれを購入すべきか迷ってしまいがち。そこで今回は、Chromebookの特徴や選び方を踏まえた上で、おすすめのモデルをご紹介します。

Chromebookとは?

By: rakuten.co.jp

Chromebookとは、システムを動かす基本ソフトであるOSにGoogleが開発した「Chrome OS」を採用したノートパソコンのこと。ネット検索をはじめ、動画視聴・書類作成・画像編集など大半の作業をウェブブラウザの「Google Chrome」上で行うのが特徴です。

データの保管にはGoogleが運営するクラウドストレージの「Googleドライブ」を使用。Chromebookの内蔵ストレージにデータを常時保管しておく必要がなく、AndroidスマホやiPhoneなどほかのデバイスとのデータ同期も簡単に行えます。

Chromebookのメリット

価格が安い

Chromebookが持つ第一のメリットは価格の安いモデルが多いこと。3〜6万円台の価格帯で販売されているモノが主流のため、少ない予算でも気軽にノートパソコンを入手できます。

ただ単に安いだけではないのもポイント。Windowsパソコンで2〜4万円の価格帯だと、機能と性能を最小限に抑えたローエンドモデルに当たります。しかし、Chromebookでは10万円程度のWindowsパソコンに近い使用感が得られるので、より快適に作業を進められるのが魅力です。

Chromebookはコスパの高さから世界中でユーザーが増加中。アメリカでは教育現場や研究機関などでも広く活用されています。

立ち上がりが早い

Chromebookが持つ第二のメリットは起動が速いこと。搭載しているChrome OSの動作が軽いため、電源ボタンを押してからログイン画面になるまで約10秒と高速で、思い立ったときにノートパソコンをスマホのようにすぐ使用できます。

また、作業中の動作をスムーズにできるのも特徴。4GBとネット検索や軽作業程度ならストレスなく実行が可能です。4GBも積んでいれば画像編集などやや重めの作業もサクサクと快適にこなせるので、Chromebookの活躍できるシーンをさらに増やせます。

強固なセキュリティ

Chromebookが持つ最後のメリットは強固なセキュリティを持っていること。コンピュータ上に設けた安全な仮想環境である「サンドボックス」を利用し、本体のメインシステムから隔離された空間でファイルの開梱やウェブサイトへのアクセスを行います。結果として、マルウェアなど悪意のあるプログラムによる干渉や障害を高い確率で回避できるのがポイントです。

加えて、ChromebookにはGoogleが無償でOSの自動アップデートを保証する「自動更新ポリシー」が設けられているのも特徴。ポリシーで定められた期間内であれば、常にOSを最新の状態に保てるので、最新のウイルスによる脅威も的確に防御できます。

Chromebookのデメリット

By: hp.com

Chromebookのデメリットはオンライン環境での使用が主になること。本格的な作業にはGoogle Chrome上のウェブアプリが必要となるため、できることの選択肢が大きく制限されてしまうのが難点です。

負荷の高い高画質ゲームや本格的なクリエイティブ作業にはあまり向かないのも弱点。使用できるのはウェブアプリのみに限られ、PhotoshopやIllustratorなどの一般的なソフトはインストールできません。また、本体には高負荷に対応できる基本スペックや、冷却システムが十分に備えられていないのもデメリットのひとつです。

Chromebookでできること

By: hp.com

Chromebookではウェブブラウザ上でできることは何でもできます。具体的には、Chromeでネット検索したり、Googleフォトで写真を管理したり、YouTubeで動画を見たり、Googleドキュメントで書類を作成したりなど。データの管理もGoogleドライブを介してスムーズに行えるので、仕事からプライベートまで多目的に活用できます。

意外と誤解されがちですが、オフライン環境でも一部の機能は十分に使用可能です。あらかじめChromebookの内蔵ストレージに書類や画像、動画などのファイルをダウンロードしておけば、オフライン環境でも閲覧や簡単な編集が行えます。

Chromebookの選び方

サイズをチェック

By: hp.com

Chromebookを選ぶ際に重要となるのが画面のサイズです。小さなサイズは10インチから、大きなサイズは15.6インチまで、多彩な画面サイズのモデルが発売されています。

使用する用途やスタイルに適したサイズを選ぶのがポイント。学業や仕事などで頻繁に持ち出して使用したい場合は携帯性に優れた10〜12インチのモデルがおすすめです。一方、外出先で使用することが少なく、自宅で大画面を生かして作業や動画視聴を快適に行いたい場合は性能がより充実した14〜16インチのモデルを選びましょう。

重量をチェック

By: hp.com

携帯性を重視したい場合はChromebook本体の重量も重要。画面サイズが大きくなるほど比例して重さも増える傾向が高いですが、あまり重くなりすぎると外出先で持ち運ぶのが難しくなります。

学業や仕事などChromebookを外出先でも頻繁に使用したい場合は、目安として重量が1kg程度のモデルを選ぶのがおすすめ。重さがほとんど気にならないのでアクティブに活用できます。ただし、1.5kgを超えると重さを意識しはじめ、持ち運びが徐々に難しくなるので注意が必要です。

基本スペックをチェック

Chromebook選びで最も重要なのが基本スペック。CPUはパソコンの処理全般を担当する重要な部品で、高性能になるほど作業がスムーズに捗ります。インテル製のCPUが主流となっていますが、価格を重視したい場合は廉価版の「Celeron」、性能を重視したい場合は「Core i5」を選ぶのがおすすめです。

メモリは作業空間の広さを決める部品で、容量が増えるほど複数のアプリを使用してマルチタスクを行う場合でも快適さを維持できます。4GBでも十分ですが、画像編集など重めの作業にも使いたい場合は8GB以上を選ぶのがおすすめです。

内蔵ストレージは本体にダウンロードした書類・画像・動画・音楽などを保管しておく場所。Chromebookではデータ管理は主にGoogleドライブを使用するため、WindowsやMacほどの容量は必要になりません。通常使用であれば16GBでも事足りますが、オフラインでも使うことが多い場合は32GB以上がおすすめです。

搭載しているインターフェースをチェック

By: hp.com

Chromebookで使用したい周辺機器がある場合は、対応したポートが搭載されているかを確認しましょう。周辺機器のインターフェースに対応したポートがないと、変換アダプターを介さないと接続や使用ができないので注意が必要です。

周辺機器の接続で一般的なのがUSBですが、ポートによっては対応する形状(USB-A・USB-C・microUSB)や速度規格(USB2.0・USB3.0・USB3.1)が異なるのがポイント。また、外付けディスプレイを使用したい場合はHDMIポートやDisplayPortの有無も確認しておきましょう。

タブレットモードに対応しているモデルも便利

By: hp.com

Chromebookを大画面のタブレットとしても運用したい場合はタブレットモードに対応しているモデルが便利です。キーボード部分を折りたたんで液晶ディスプレイの裏に収納できるのが特徴。さらに、タッチパネルに対応していればタブレット感覚で操作できるので、書類・画像・動画などの閲覧がより快適に楽しめます。

また、タブレット運用時の軽快さを重視したい場合は、2in1PCのように液晶ディスプレイ部分をキーボード部分から脱着できるモデルもおすすめ。キーボード部分を取り外した分だけ本体が軽くなるので、手に乗せて操作する際に重さをあまり意識せずに使えます。

Chromebookのおすすめモデル

エイスース(ASUS) Chromebook Flip C101PA

エイスース(ASUS) Chromebook Flip C101PA

どこにでも気軽に持ち歩ける小型かつ軽量のChromebookです。10.1型のタッチディスプレイ(1280×800)を搭載しながら、重さが約900gと軽量なのが特徴。また、バッテリーは最長9時間の駆動が可能なので、残量を気にせず1日中使用できます。

特殊なヒンジ構造の採用によりディスプレイ部を360°回転可能。ノートPC・タブレット・テント・スタンドの4スタイルに変形して使えます。

インターフェースには2個のUSB 3.1 Type-C・USB 2.0 Type-A・microSDカードスロットを搭載。自動更新ポリシーの期限は2023年8月までと少々短めですが、性能のバランスが取れているので使いやすいのが魅力です。

エイスース(ASUS) Chromebook C523NA

エイスース(ASUS) Chromebook C523NA

15.6インチのフルHDディスプレイを搭載したChromebookです。写真・動画・電子書籍などを余裕のある画面サイズで楽しめます。重さは約1.43kgと軽めで、バッテリーも最長10時間もつので、外出先での利用にもおすすめです。

ディスプレイには映り込みを低減するノングレア液晶を採用。作業中に画面を確認しやすいのが特徴です。また、タッチ操作には非対応ですが、ディスプレイ部は180°開けるので、少人数での会議やプレゼンにも重宝します。

CPUはCeleronですが、メモリは8GBと大容量なのでマルチタスクも快適。自動更新ポリシーの期限は2024年6月まであるので、比較的長期間に渡って安全に使えるのも魅力です。

エイスース(ASUS) Chromebook C204MA

エイスース(ASUS) Chromebook C204MA

教室で教師や生徒が安心して使える耐久性を備えたChromebookです。アメリカの厳しい軍用基準をクリアしており、優れた耐衝撃性・耐傷性・防滴性を備えているのが特徴。日々の教室で起こるアクシデントに強いので、子供に持たせる学習用のノートパソコンとしてもおすすめです。

11.6インチのHDタッチスクリーンディスプレイを搭載。デイスプレイ部分は180°の回転が可能なので、授業中に行う共同作業や添削にも簡単に対応できます。重さも約1.2kgと軽めなので日々の通学が苦になりません。

自動更新ポリシーの期限は2026年6月まで。インターフェースには各2個のUSB 3.1 Type-CとUSB 3.0 Type-Aを搭載しています。

エイスース(ASUS) Chromebook Flip C434TA

エイスース(ASUS) Chromebook Flip C434TA

ワンランク上のスペックを持つ高性能なChromebookです。重さ約1.45kgのアルミ製ボディには、Core m3のCPU、4GBメモリ、32GB内蔵ストレージを搭載。Chrome OSの軽さも相まって、日常の作業がサクサクと軽快に進められます。

超狭額ベゼルを採用しており、13インチサイズのボディに14インチのフルHDタッチディスプレイを実現。ディスプレイ部分は360°の回転にも対応するほか、通常のノートPCスタイルではキーボードに程よい傾斜ができるのでタイピングがしやすいのも魅力です。

自動更新ポリシーの期限は2026年6月まで。インターフェースには2個のUSB 3.1 Type-CとUSB 3.1 Type-A、microSDカードスロットを搭載しています。

レノボ(Lenovo) Chromebook S330

レノボ(Lenovo) Chromebook S330

14インチのHDディスプレイを搭載したエントリーモデルのChromebookです。メモリ4GB、内蔵ストレージ32GBと十分な性能を持ちながら、安い価格で購入できます。

ディスプレイ部分は180°の回転が可能。タッチ操作には非対応ですが、少人数で行う打ち合わせなどに重宝します。厚さ約20.8mm、重さ約1.5kgなので持ち運びには少し苦労しますが、インターフェースが充実しているのが特徴。USB 3.0 Type-C・USB 3.0 Type-A・SDカードスロットを備えています。

自動更新ポリシーの期限は2025年6月まで。少ない予算で長く使えるパソコン環境が手に入るので、コスパ重視の方にもおすすめです。

エイサー(Acer) Chromebook Spin 511 R752TN-N14N

エイサー(Acer) Chromebook Spin 511 R752TN-N14N

営業や出張の多いビジネスパーソンにおすすめの高い耐久性を持つChromebookです。米軍用規格に準拠した耐久性テストをクリアしており、衝撃や落下に強いのが特徴。バッテリーも最長10時間もつので、忙しいビジネス現場のパートナーとしても重宝します。

高性能なWacom社製のEMRスタイラスペンが同梱しますが、キーボードの底部にマウントできるのもポイント。360°回転が可能なタッチディスプレイを活用すれば、タブレット感覚でアイデアのメモ書きや写真へのマークが手軽に行えます。

自動更新ポリシーの期限は2025年6月まで。インターフェースには各2個のUSB 3.1 Type-CとUSB 3.0 Type-A、microSDカードスロットを搭載しています。

エイサー(Acer) Chromebook Spin 512 R851TN-A14N

エイサー(Acer) Chromebook Spin 512 R851TN-A14N

教育現場向けに開発された堅牢性の高いChromebookです。米軍用規格に準拠する頑丈さを持ち、防滴キーボードや耐湿性トラックパッドも実装。教育の現場で起こりうるさまざまなアクシデントを気にせず使用できます。

本体内に収納できるWacom社製のEMRスタイラスペンが付属。12インチの高解像タッチディスプレイは360°回転でき、タブレットとしても活用が可能です。画面の縦横比が3:2とやや縦長なので、ウェブでの調べ物はもちろん、課題の添削や採点が快適に進められます。

自動更新ポリシーの期限は2026年6月まで。インターフェースにはUSB 3.1 Type-CとUSB 3.0 Type-A、microSDカードスロットを搭載しています。

ヒューレット・パッカード(HP) HP Chromebook x360 12b

ヒューレット・パッカード(HP) HP Chromebook x360 12b

スタイラスペンにも対応するChromebookです。12インチのタッチディスプレイ(1366×912)は360°の回転が可能。加えて、国際基準であるUSIペン規格に対応するので、さまざまなメーカーのスタイラスペンで精度の高い描画が楽しめます。

重さ約1.35kgの軽量ボディには4GBのメモリと64GBの内蔵ストレージを搭載。バッテリーは最長11時間もつので、カフェなどでも残量を気にせず作業に没頭できます。

「Smart Lock」に対応するのも特徴。同じGoogleアカウントでログインしたAndroidスマホのロックを解除すると本機のロックも自動で解除されるので、高いセキュリティを保ちつつ快適に使用できます。

ヒューレット・パッカード(HP) HP Chromebook x360 14

ヒューレット・パッカード(HP) HP Chromebook x360 14

Chromebookとしては最高クラスの性能を持つハイスペックモデルです。上位スペックCPUのCore i5を採用。Celeronを搭載する一般的なモデルと比較して、写真編集は3.5倍、ウェブブラウジングは4倍、Googleドライブからの読み込みは8.2倍も高速に利用が可能です。メモリも8GBと大容量なので、マルチタスクも快適に行えます。

14インチのフルHDタッチディスプレイを搭載。重さが約1.6kgあるので手持ちでの長時間の使用にはあまり向きませんが、ディスプレイを360°回転させれば大画面のタブレットとしても運用できます。

自動更新ポリシーの期限は2024年6月まで。インターフェースには2個のUSB 3.1 Type-CとUSB 3.1 Type-A、microSDカードスロットを搭載しています。

ヒューレット・パッカード(HP) HP Chromebook x2

ヒューレット・パッカード(HP) HP Chromebook x2

国内向けモデルで唯一デタッチャブル構造を採用した高性能Chromebookです。ディスプレイ部分をキーボード部分から分離できるのが特徴。タブレットモード時は総重量の約1.43kgからキーボード分の重量をカットして重さ約734gまで軽くできるので、手持ちでも快適に長時間の使用ができます。

Wacom社のAESスタイラスペンが付属。12.3インチの高解像ディスプレイ(2400×1600)を使って本格的なイラスト制作も行えます。また、Core i5のCPUと8GBの大容量メモリを搭載しているのもポイントです。

自動更新ポリシーの期限は2024年6月まで。インターフェースには2個のUSB 3.0 Type-CとmicroSDカードスロットを搭載しています。