快適に作業ができる、リーズナブルなパソコンが欲しい方におすすめなのが「Chromebook」。WindowsやMacなどのOSを搭載したパソコンと比べて、少ない予算でもサクサク動くモデルをラインナップしているのが魅力です。

ただし、Chromebookは仕様がWindowsやMacとは少々異なるため、どれを購入すべきか迷ってしまいがち。そこで今回は、Chromebookの特徴や選び方を踏まえたうえで、おすすめのモデルをご紹介します。

Chromebookとは?

By: amazon.co.jp

Chromebookとは、システムを動かす基本ソフトのOSにGoogleが開発した「Chrome OS」を採用したノートパソコンのこと。ネット検索をはじめ、動画視聴・書類作成・画像編集など、大半の作業をWebブラウザの「Chrome」上で行うのが特徴です。

データの保管にはGoogleが運営するクラウドストレージ「Googleドライブ」を使用。Chromebookの内蔵ストレージにデータを常時保管しておく必要がなく、AndroidスマホやiPhoneなどのデバイスとのデータ同期も簡単に行えます。

Chromebookでできること

By: amazon.co.jp

Chromebookでは、Webブラウザ上でできることは何でもできます。具体的には、Chromeでネット検索したり、Googleフォトで写真を管理したり、YouTubeで動画を見たり、Googleドキュメントで書類を作成したりなど。データの管理もGoogleドライブを介してスムーズに行えるので、仕事からプライベートまで幅広く活用できます。

また、一部の機能はオフラインでも使用可能。あらかじめChromebookの内蔵ストレージに書類や画像、動画などのファイルをダウンロードしておけば、オフライン環境でも閲覧や簡単な編集が行えます。

Chromebookのメリット

価格が安い

Chromebookが持つ第一のメリットは価格の安いモデルが多いこと。3〜6万円台の価格帯で販売されているモノが主流のため、お手頃価格で気軽にノートパソコンを入手できます。

Chromebookはコスパの高さから世界中でユーザーが増加。教育現場などでも広く活用されています。

立ち上がりが早い

By: amazon.co.jp

Chromebookが持つ第二のメリットは起動が早いこと。搭載しているChrome OSの動作が軽いため、電源ボタンを押してから数秒で起動します。自宅やオフィス、カフェなど、思い立ったときにノートパソコンをすぐ使用できるので、ノマドワーカーにも人気です。

強固なセキュリティ

By: amazon.co.jp

Chromebookは強固なセキュリティを備えているのもポイント。コンピュータ上に設けた仮想環境である「サンドボックス」を利用し、本体のメインシステムから隔離された空間でファイルやWebサイトへアクセス。結果として、マルウェアなど悪意のあるプログラムによる干渉や障害を高い確率で回避できます。

加えて、ChromebookにはGoogleが無償でOSの自動アップデートを保証する「自動更新ポリシー」が設けられているのも特徴。ポリシーで定められた期間内であれば、OSを最新の状態に保てるため、最新のウイルスによる脅威にも備えられます。なお、自動更新にはインターネット接続が必要なので、留意しておきましょう。

Chromebookのデメリット

By: amazon.co.jp

Chromebookのデメリットは、負荷かかる高画質ゲームや本格的なクリエイティブ作業にはあまり向かない点。また、Chromebookでは基本的にGoogle Playストアのアプリを使うので、WindowsやmacOS向けのソフトウェアをメインにインストールしたい方には適していません。

Chromebookの選び方

基本スペックをチェック

Chromebook選びで重要なのが基本スペック。CPUはパソコンの処理全般を担当する重要な部品で、高性能になるほど作業が捗ります。IntelのCPUが主流で価格を重視したい場合は廉価版の「Celeron」、性能を重視したい場合は「Core i5」を選ぶのがおすすめです。

メモリは作業空間の広さを決める部品で、容量が増えるほど複数のアプリを使用してマルチタスクを行う場合でも快適さを維持できます。4GBでも十分ですが、画像編集など重めの作業にも使いたい場合は8GB以上を選ぶのがおすすめです。

ちなみに内蔵ストレージは本体にダウンロードした書類や画像、動画、音楽などを保管しておく場所。Chromebookではデータ管理は主にGoogleドライブを使用するため、WindowsやMacほどの容量は必要なく、通常使用であれば16GBでも事足ります。なお、オフラインでも使うことが多い場合は32GB以上がおすすめです。

サイズをチェック

By: lenovo.com

Chromebookを選ぶ際に重要なのが画面のサイズです。小さなサイズは10インチから、大きなサイズは15インチ以上まで、さまざまな画面サイズのモデルが発売されています。

使用する用途やスタイルに適したサイズを選ぶのがポイント。勉強や仕事などで頻繁に持ち出して使用したい場合は、携帯性に優れた10〜13インチのモデルがおすすめです。一方、外出先で使用することが少なく、自宅で大画面を活かして作業や動画視聴を快適に行いたい場合は、性能がより充実した14〜16インチのモデルを選びましょう。

重量をチェック

By: lenovo.com

携帯性を重視したい場合はChromebook本体の重量も重要。画面サイズが大きくなるほど重さも増える傾向があり、重いと外出先で持ち運ぶのが難しくなります。

Chromebookを外出先でも頻繁に使用したい場合は、目安として重量が1kg程度のモデルを選ぶのがおすすめ。重さがほとんど気にならないのでアクティブに活用できます。なお、1.5kgを超えると重さが気になりやすいため注意しておきましょう。

搭載しているインターフェースをチェック

Chromebookで使用したい周辺機器がある場合は、対応したポートが搭載されているかを確認しましょう。周辺機器のインターフェースに対応したポートがない場合、変換アダプターを介さないと接続や使用ができないので注意が必要です。

周辺機器の接続で一般的なUSBは、ポートによって対応する形状や速度規格が異なるのがポイント。また、外付けディスプレイを使用したい場合はHDMIポートや、DisplayPortの有無も確認しておきましょう。

タブレットモードに対応しているモデルも便利

By: lenovo.com

Chromebookを大画面のタブレットとしても運用したい場合は、タブレットモードに対応しているモデルが便利。

キーボード部分を折りたたんで液晶ディスプレイの裏に収納するタイプや、液晶ディスプレイ部分をキーボード部分から脱着できるタイプがあります。書類、画像、動画などの閲覧がより快適に楽しめるのでおすすめです。

Chromebookのおすすめモデル

レノボ(Lenovo) IdeaPad Chromebook ZA6F0038JP

シーンに合わせて使い分けられる2in1タイプ

キーボードを切り離してタブレットにもなる2in1タイプの製品です。レポートなど文書を作成するときはラップトップスタイル、ソファでくつろぎながらネットサーフィンを楽しむ際にはタブレットスタイルと、シーンに応じて切り替えられるので便利。価格も安いため、大学生の方にもおすすめのモデルです。

液晶は10.1インチとコンパクトで、重さは約0.92kgと軽量。また、128GBのeMMCを搭載しているため、一般的な用途なら十分な容量を備えています。

インターフェースにはUSB Type-Cを採用しています。1ポートのみのシンプルな構成ながら、本体を充電したりDisplayPortとして利用したりと多目的に使えて便利です。

レノボ(Lenovo) IdeaPad Flex 550i 82B80018JP

さまざまな角度から綺麗な画像で見られる

フルHDの13.3インチ液晶を搭載したモデルです。広視野角のIPSパネルを採用しているのが特徴。斜め方向からでもきれいな画像を見ることが可能です。家族や友人と一緒に映画や動画を視聴するようなシーンで重宝します。

10点マルチタッチに対応しているのも本モデルの特徴。指や付属のスタイラスペンで直感的な操作が行えます。パソコンの操作に不慣れな初心者の方にも扱いやすいおすすめのモデルです。

USB Type-A・Type-C×2・microSDカードリーダーを搭載。マウスや外付けHDDなど、多様な周辺機器が接続できるので便利です。お手頃な価格ながら、インターフェースも充実。また、CPUにIntelのCeleronを採用しているのもポイントです。

レノボ(Lenovo) Ideapad Slim 350i 82BA000LJP

軽量・コンパクトサイズで持ち運びに便利

A4サイズほどの大きさのコンパクトなChromebookです。カバンやリュックの中でかさばらず持ち運びが容易。重さが約1.12kgと軽量なため気軽に持って出かけられます。携帯性に優れた製品を求める方におすすめのモデルです。

画面はHDの11.6インチ液晶を搭載。表面にノングレア処理が施されているので、周囲の光が反射しにくく画面に集中できます。

低価格モデルながら、インターフェースが充実しているのも特徴。USB Type-AとType-Cポートを搭載しており、外付けドライブやマウスなど多様な周辺機器を利用できます。さらに、microSDカードスロットも備えているのもポイントです。

エイサー(Acer) Chromebook CP3113HA14N

液晶画面に360°自由に回転するヒンジを採用したモデルです。ラップトップやタブレットをはじめ、テントやスタンドといった4つのモードに切り替えられるのが特徴。文書作成・ネットサーフィン・動画の視聴など、利用シーンに合わせて使いやすいモードが選べるので便利です。

最大で約15時間も駆動するバッテリーを搭載しており、電池残量をあまり気にせずに使えます。10点マルチタッチパネルを採用しているのも本モデルの特徴。スマホに近い感覚で直感的な操作が行えます。初心者の方はもちろん、子供の学習用途にもおすすめのモデルです。

エイサー(Acer) Chromebook CB3141HA14N

14インチの液晶ディスプレイを搭載した製品です。狭額ベゼルを採用しているため、画面への没入感を得られやすいのが特徴。動画の視聴やWebサイトの閲覧を楽しむのにおすすめのモデルです。

microSDカードリーダーを備えているのもポイント。スマホやデジカメで撮影した写真をチェックする際にも便利です。HD解像度のWebカメラを搭載しているのも魅力。リモートワークやオンライン授業でも活躍するので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

エイサー(Acer) Chromebook 715 CB715-1WT-A38P/E

CPUに第8世代のIntel Core i3-8130Uプロセッサを搭載したChromebook。8GBのメモリを備えており、通常の用途であれば快適に動作します。

ディスプレイサイズは15.6インチで、解像度は1920×1080のフルHD画質。画面が大きいのでウィンドウを複数開いての作業にも向いており、映像の視聴などにもおすすめです。ボディはアルミ製のため耐久性があり、おしゃれな外観に仕上がっています。

数字を頻繁に入力する方に便利なテンキーを搭載しているのも魅力。また、指紋認証リーダーを搭載しているので、パスワードを入力することなく素早くログインができます。

エイサー(Acer) Chromebook Spin 713 CP713-2W-A38P/E

360°回転するタッチディスプレイを搭載しており、シーンに合わせて4つのスタイルで使用できるChromebook。CPUにIntelのCore i3-10110Uを採用し、メモリは8GBです。

画面のサイズは13.5インチで、縦に長いWebサイトや文章を少ないスクロールで快適に閲覧できる、アスペクト比3:2の画面を採用しています。解像度2256×1504のQHD画質に対応しているのもポイント。さらに、広視野角なIPSパネルを採用しています。

また、「Wi-Fi 6」に対応しているので、同規格に対応する無線LANルーターなどと組み合わせれば、より高速なネットワーク接続が可能。HDMIやType-Cなどのポートを搭載しており、外部機器との接続も簡単です。

エイサー(Acer) Chromebook Spin 311 CP311-3H-A14P

CPUにMediaTekのプロセッサーを搭載した、リーズナブルなノートパソコンです。11.6型の小型液晶に、10点マルチタッチ機能を採用しているのが特徴。指先で直感的に扱えるため、パソコンの操作に不慣れな方でも安心なモデルです。

重量は約1.05kgと軽量なので、カバンやリュックに入れて気軽に持ち運べます。360°回転するヒンジを搭載しているのも本モデルの特徴。タブレットモードなど利用するシーンに応じて4つのモードを利用できます。IPSパネルを搭載しているため、視野角が広いのも魅力です。

ヒューレット・パッカード(HP) Chromebook x360 1W4Z4PAAAAA

液晶を360°回転させるとタブレットとしても使える2in1モデルです。ソファやベッドに寝転びながらのネットサーフィンが簡単。タッチパネルを採用しているため、ピンチやスワイプなど、普段使い慣れたAndroidスマホに近い感覚で操作できます。

マルチアカウントに対応しており、家族みんなで共有するホームユースのパソコンとしてもおすすめ。また、高解像度の12インチ液晶パネルを搭載しており、視認性も良好です。

ヒューレット・パッカード(HP) Chromebook 1P6N1PAAAAA

CPUにIntelのCore i5プロセッサを採用したモデルです。8GBのメモリを実装しておりアプリの動作は高速。Web会議に参加しながら資料を確認したり、レポートを作成したりといった作業を快適にこなせます。ビジネス用途にもしっかりと対応できる製品を求める方におすすめのモデルです。

128GBのeMMCを搭載しているため、一般的な使い方であれば容量は十分。また、USB Type-Aに加え、充電や映像出力用途にも使えるType-Cポートを2つ搭載しているほか、マウスやモニター、外付けHDDなど、さまざまな周辺機器との連携も可能です。

エイスース(ASUS) Chromebook C223NA C223NAGJ0018

筐体にABS樹脂とポリカーボネイト素材を採用した、重さ約0.999kgの軽量なモデルです。厚さも17.25mmと薄型設計のため、カバンやリュックの中にスッキリと収納することが可能。携帯性に優れたChromebookが欲しい方におすすめのモデルです。

通学などで持ち運ぶ機会の多い大学生にもピッタリ。フルサイズキーボードを搭載しており、長文のレポート作成が快適に行えます。

最長約11.3時間動作するバッテリーを内蔵。キャンパスはもちろん、カフェや図書館など、電池残量を気にすることなく好きな場所で快適に使えます。

エイスース(ASUS) Chromebook C434TA C434TA-AI0115

ディスプレイが360°回転し、用途に合わせて4つのスタイルで使用できるChromebook。ディスプレイはタッチ操作に対応しているので、キーボードを後ろ側に回転させてタブレットとしても活用可能です。

本体を開くとキーボードに約3°の傾斜が付くため、快適にタイピングができ、冷却性能の向上にも役立っています。ディスプレイサイズは14インチで、上下左右178°の広い視野角に対応する液晶パネルを搭載。87%の画面占有率を実現するスリムベゼルを採用しているのもポイントです。

バッテリーの駆動時間は最長約10時間。CPUにはIntelのCore i5-8200Yプロセッサを搭載し、メモリは8GB。やや高価な分、作業効率のアップにもつながる高い性能を有しています。

エイスース(ASUS) Chromebook Flip CM5 CM5500FDA-E60114

仕事からプライベートまで幅広い用途で快適に使用できる高性能なChromebookです。CPUにはRadeonグラフィックス内蔵のAMD Ryzen 5 3500Cプロセッサを採用しています。マルチタスクやゲームなども快適にこなすことが可能。ストレージには、256GBのSSDを搭載しています。

ディスプレイサイズは15.6インチで、解像度はフルHD画質。タッチパネルを搭載しています。ディスプレイ部分は360°回転でき、タブレットのように使用可能。画面を開くと本体の後部が持ち上がる独自の「エルゴリフトヒンジ」を採用しているので、快適にタイピングできます。

なお、別売りの「ASUS USI Pen」を使用すれば、本格的なイラスト制作なども可能。さらに、最大約11.1時間使用できるロングライフバッテリーを搭載しているので、充電を気にすることなく使用できます。

エイスース(ASUS) Chromebook Detachable CM3 CM3000DVA-HT0019/A

着脱可能なキーボードが付属する2in1タイプのChromebook。ディスプレイサイズは10.5インチで、解像度は1920×1200のWUXGA画質に対応しています。CPUにはMediaTekのMT8183を採用し、メモリは4GB。ストレージには128GBのeMMCを搭載しています。

本製品は高精度スタイラスペン「ASUS USI Pen」と、縦置きと横置きの両方に対応する「フレックスアングルスタンドカバー」が標準で付属。豊富なアクセサリー類を組み合わせることで、シーンに合わせてさまざまなスタイルで使用できるのがメリットです。

本体のバッテリー駆動時間は、フル充電状態で最大約12.3時間。重量はキーボードとスタンドカバーを合わせても約0.915kgと軽量なので、オフィスやコワーキングスペースに持ち運んで使用したい方などにもおすすめです。

エイスース(ASUS) Chromebook C423NA-EB0039

92万画素のWebカメラを搭載したChromebookです。リモート授業で使えるノートパソコンを探している大学生におすすめのモデル。14インチのフルHD液晶を採用しており、視認性も良好です。

約1.25kgと軽量なのが特徴。キャンパス・図書館・カフェなど、好きな場所へ持ち運んで使えます。モニターが180°開くため、画面を囲んでグループディスカッションをするようなシーンでも便利です。

エイスース(ASUS) Chromebook CX1 CX1100CNA-GJ0040

11.6型のスタイリッシュなChromebookです。 解像度は1366×768ドットで、表面は非光沢タイプ。強度に優れており、米国軍用規格であるMIL規格の基準を満たしていると謳われているのがポイントです。

180°まで開けるフラットヒンジを採用。自分以外の人に資料を見せたり、共同作業をしたりするときに便利です。また、人間工学に基づいて設計されたキーボードも魅力。長期間のタイピングにも適しています。

携帯性に優れているのもメリットです。幅287.4×奥行き200.1×高さ17.5mmのコンパクトサイズに加え、重量は約1.2kgの軽量設計。さらに、最大約12.5時間の連続駆動に対応したバッテリーを搭載しており、外出先で使用する方におすすめです。

ChromebookのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ChromebookのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。