ノートパソコン市場で急速にシェアを伸ばしているといわれている「Chromebook」。発売当初はWindowsでもMacでもない第3の選択肢として注目され、必要最低限のスペックとそれに比例する価格の安さが話題となっていましたが、最近はさらに小学校でのプログラミング教育に向けた環境構築が追い風となり、導入を検討する方が増えてきています。

そこで今回は、Chromebookのおすすめモデルをピックアップ。メリットやデメリット、選び方についてもご紹介します。気になる方はぜひチェックしてみてください。

Chromebookとは?

By: amazon.co.jp

Chromebook(クロームブック)とは、OSに広く普及しているWindowsやMacではなく、Googleが開発した「Chrome OS」を搭載したノートパソコンを指します。ちなみにChromebookはノートパソコンのことを示しますが、Chrome OSを搭載したデスクトップパソコンはChromeboxと呼ばれています。

Chromebookのメリットとデメリット

Chromebookのメリット

価格が安い

By: amazon.co.jp

ChromebookはWindowsやMacと異なり、データ処理をほぼブラウザ上で行うため、負荷自体が軽いのが特徴。一般ユーザーにとって余計かつ不要な機能を削ぎ落とし、最低限の機能に限定して作られているため、低価格でコスパに優れているのが特徴です。

軽量で持ち運びやすい

By: rakuten.co.jp

ChromebookはGoogle Playストアでアプリのインストールが可能。約100万のアプリがスマホと同じように利用することが可能で、インターネットはGoogle Chromeブラウザ、動画視聴はYouTube、メールはGmail、文書作成はGoogleドキュメント、表計算はGoogleスプレッドシート、プレゼン資料作成はGoogleスライドなど、ほとんどの作業をGoogleのアプリでまかなえます。

よって前述の通り、端末に負荷がかからないのがポイント。放熱を促す強力な冷却ファンなどは不要となるので、結果として本体の重さが軽くできます。

立ち上がりが早い

Chromebookは立ち上がりのスピードが高速なのが特徴。電源を入れてからログイン画面になるまでの時間は約10秒と早く、アプリの立ち上げやGoogleクラウド上の各種ファイルの読込もスムーズに行えます。

セキュリティが強固

Chrome OSではプロセスがサンドボックス内で行われるため、ウイルス対策が不要。サンドボックスとはコンピューター上に設けられた安全な仮想環境のことで、サンドボックスのなかであれば、実行されたプログラムが悪意のあるものであったとしても、コンピューターそのものを守ることができます。

また、ウイルス感染したページを開いてしまっても、そのタブとシステムは完全に分離されているので、感染が広がりにくいのもポイント。サンドボックス内でファイルのプログラムが暴走したり、悪質なマルウェアがデータに干渉しようとしたりしても、外の重要なデータに影響を与えることが少なく、セキュリティは強固といえます。

また、ウイルス対策機能などを向上させるため、頻繁に自動かつ無料で最新のChrome OSにアップデートできるのも魅力。なお、アップデートされる保証期間は自動更新ポリシーとして定められているので、注意しておきましょう。

Chromebookのデメリット

オンライン接続が前提

Chromebookではデータ処理をほぼブラウザ上で行い、保存はすべてクラウド(Google ドライブ)で行うため、オンライン接続が前提。過去のメールの内容であれば確認できるほか、ダウンロード済みの映画や音楽であれば再生アプリで楽しむことはできますが、当然オンラインよりも使用は制限されます。

WEBアプリしか使えない

Chromebookでは基本的にChromeブラウザしか動作しないため、WindowsやMacのソフトウェアは動かせません。当然MicrosoftのOfficeは使えないので、Excelなどに関してはスプレットシートを使うなど、Googleの各種アプリで対応することになります。また、専門性の高いIllustrator・InDesign・Photoshopなどは使えないので注意しましょう。

ゲームや画像編集には不向き

Chromebookはデータ処理をほぼブラウザ上で行うため、負荷自体が軽いのが特徴。一方でゲーミングや画像編集では処理能力の高いCPUなど、スペックの高いパーツが必要となるので不向きです。

また、一般的なノートパソコンよりも熱対策を講じていないので、スペック足らずで重たいゲームをブレイすると熱を持ったり、動作がカクついたりと、ストレスを感じることがあります。ゲーミングや画像編集をしっかりと行いたい方は、WindowsやMacなどのハイスペック機種を選びましょう。

Chromebookの選び方

利用スタイルで選ぶ

By: amazon.co.jp

Chromebookには通常のノートパソコンと同様にキーボードと一体化しているクラムシェル型から、液晶ディスプレイが折りたためるフリップ式、液晶ディプレイが2in1タイプのように脱着できるタイプまで、複数あります。

液晶ディスプレイが折りたためる場合は、キー入力に適したノートパソコンモード、机上スペースを有効活用できるテントモード、画面の共有やグループ学習に便利なディスプレイモード、片手に持って手軽に使えるタブレットモードと、使うシーンによって変形できるのが特徴。

液晶ディプレイが2in1タイプのように脱着できるタイプはタッチスクリーンに対応していることが多く、スマホのように画面をタップしたり、スワイプしたりできます。

モニターサイズをチェック

By: amazon.co.jp

Chromebookのモニターは10~15インチサイズがラインナップされています。軽量コンパクトで気軽に持ち運べるのがChromebookの利点なので、特に10~12インチが主流です。WindowsやMacのノートパソコンでは、平均的な15インチクラスの商品はほとんどありません。そのため、大画面のChromebookを探している方は注意が必要です。

基本スペックをチェック

Chromebookに搭載されるCPUはインテル、またはARM系CPUが一般的。インテルでは「Core Mシリーズ」あるいは「Celeron」が多く採用されています。Chromebookでは、WindowsパソコンほどCPUの違いによる能力差はありません。ただし、CeleronよりCore Mシリーズの方が高性能なので、性能を重視する方にはおすすめです。

メモリは2~4GBが主流。2GBでも充分ですが、今後Chrome OSがバージョンアップして高機能化することも考慮して、長く使いたいという方には4GBをおすすめします。

ストレージは16GBあるいは32GBのモデルがほとんど。Chromebookでは、データをクラウド上に保存するのが基本なので、大容量のストレージは必要ありません。通常利用ならば16GB、アプリをたくさんインストールしたい場合は32GBがおすすめです。

自動更新ポリシーをチェック

Chromebookの購入に際して気をつけたいのが、「自動更新ポリシーの期限がいつまであるか」ということ。「自動更新ポリシーの期限」とはGoogleがOSのアップデートを保証している期間のことで、日本で発売されている機種は最新リリースから5年ほどが目安となっています。

この期間は製品によって違いがあり、メーカー保証とも異なるので要注意。また、発売時期と購入時期にタイムラグがあると、その分自動更新ポリシーの期限にも影響が出てきます。基本的には自動更新ポリシーの期限が切れたら買い替えのタイミングになるので、その点は留意しておきましょう。

Chromebookのおすすめ人気モデル

エイスース(ASUS) Chromebook Flip C434TA

エイスース(ASUS) Chromebook Flip C434TA

ディスプレイが折りたためるフリップ式のChromebook。タッチスクリーンに対応しているので、2in1のノートパソコンのようにタブレットとしても使えるのが特徴です。

本製品は全面アルミニウム合金を採用。エッジはダイヤモンドカットのアルマイト仕上げで、スタイリッシュなデザインも魅力です。液晶は14インチのフルHDで、CPUはCore m3 8100Y、メモリは4GB、ストレージはeMMCの32GBとなっています。

重量は約1.45kgで、バッテリーの駆動時間は10時間。端子はUSB Type-C×2に、通常のUSBとmicroSDスロットも搭載しているので、外出先でも十分使えます。汎用性の高いChromebookを求めている方は、ぜひチェックしておきましょう。

エイサー(Acer) Chromebook Spin 511 R752TN-N14N

エイサー(Acer) Chromebook Spin 511 R752TN-N14N

液晶サイズが11.6インチと、コンパクトな仕様のChromebook。折りたたみ仕様のフリップ式を採用しており、キー入力に適したノートパソコンモード、机上スペースを有効活用できるテントモード、画面の共有やグループ学習に便利なディスプレイモード、片手に持って手軽に使えるタブレットモードと、使うシーンに応じて変形できるのが特徴です。

CPUはCeleron N4000で、メモリは4GB、ストレージはeMMCの32GBを採用。重量は約1.25kgで、バッテリーの駆動時間は約10時間と持ち運びにも便利です。

端子はUSB Type-C×2に、通常のUSB×2を用意。さらにmicroSDスロットを搭載しており、周辺機器との連携も良好です。また、ボディ構造を強化しているのもポイント。本体をラバー製バンパーで保護しているほか、内部はハニカム構造にすることで、耐久性にも配慮しています。

また、本製品にはWacomのスタイラスペンが付属しています。端末内部に収納できる仕様で、セットで使いやすいのも魅力です。

エイサー(Acer) Chromebook C732-F14N

エイサー(Acer) Chromebook C732-F14N

耐久性に優れたChromebook。排水機構を備えた防滴キーボードを採用しており、誤ってキーの隙間に水が侵入した場合でも、ボディ底面の2つの排水孔から排出される仕様となっているのが特徴です。

液晶サイズ は11.6インチで、バッグに収納しやすいA4サイズを採用。CPUはCeleron Dual-Core N3350で、メモリは4GB、ストレージはeMMCの32GBです。

重量は約1.26kgと軽めで、バッテリーの駆動時間は約12時間とスタミナも十分。メーカーとしては教育現場の導入を推奨していますが、ビジネス用途でのサブ機としても使える、おすすめの1台です。

レノボ(Lenovo) Chromebook S330

レノボ(Lenovo) Chromebook S330

液晶サイズが14インチのChromebook。スタンダードな仕様ながら、リーズナブルな価格に設定されているのが特徴です。

CPUはMediaTek MT8173Cで、メモリは4GB、ストレージはeMMCの64GBを採用。重量は約1.5kgで、バッテリーの駆動時間は約10時間です。

端子はUSB Type-Cに、通常のUSB、SDカードリーダーのほか、HDMIにも対応。周辺機器の連携性も良好です。コスパ良好のノートパソコンを求めている方は、ぜひチェックしておきましょう。

ヒューレット・パッカード(HP) Chromebook x360 14

ヒューレット・パッカード(HP) Chromebook x360 14

ディスプレイが折りたためるChromebook。2in1のノートパソコンのように、タブレットとしても使えるのが特徴です。

液晶は14インチのフルHD。CPUはCore i5 8250U、メモリは8GB、ストレージはeMMCの64GBを採用しており、スペックが充実しているのもポイントです。

端子はUSB Type-C×2に、通常のUSBとmicroSDスロットを搭載。重量は約1.6kgで、バッテリーの駆動時間は最大約13.3時間と、モバイル用途としても十分使えます。

また、塗装に関しては「アニオン電着塗装(AED)」と呼ばれる方式を採用。金属の上に塗膜を施すことで、強度と耐久性を保ちつつも、スタイリッシュに仕上がっています。Chromebookのなかでも満足度の高いモデルを探している方は、ぜひ候補として検討してみてください。

ヒューレット・パッカード(HP) Chromebook x2 12 6VF43PA-AAAA

ヒューレット・パッカード(HP) Chromebook x2 12 6VF43PA-AAAA

ディスプレイとキーボード部分を着脱できる、いわゆるデタッチャブルタイプのChromebook。液晶サイズは約12.3インチでタッチスクリーンに対応しており、スマホのように画面をタップしたり、スワイプしたりできるのが特徴です。

本製品のCPUはCore m3 7Y30で、 メモリは8GB、ストレージはeMMCの64GBを採用。重量は約1.43kgで、バッテリーの駆動時間は最大約12.5時間と、外出先でもストレスなく使えます。

また、スタイラスペンが標準装備されているのもポイント。アイテムとしてはWacomのAES対応のペンプロトコルで、2048段階の筆圧検知が可能です。

さらに、サウンドに関しては老舗オーディオメーカーとして知られる「Bang & Olufsen」のテクノロジーを採用しており、高音質でコンテンツを楽しめるのもポイント。端子はUSB Type-C×2に、microSDスロットを搭載しています。しかし、キーボードはUS配列なので、その点は注意しておきましょう。